グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

プジョー208のクラクションを鳴らしたところ、冴えない音であったため、ホーンを替えようと思います。
ただ、プジョーは電気系統が弱いといわれているため、下手に触って壊す可能性は非常に高いため自分で行う気はあまりありませんし、カー用品店でもやってもらえる可能性も非常に低いと思います。
ディーラーのオプションにもありませんでした。

やはり今は諦めるしかありませんか?
それとも、ディーラーオプションに追加されるのを待つしかありませんか?

A 回答 (3件)

設計上で電気系統が弱いのとホーン交換で電装が壊れるのは別問題だと思います。



プラスとマイナスの流れを把握していれば現代の車両はそうそう壊れるものではありません。ご自分で出来ないと思うのならカー用品店で取付してもらえます。もちろん「外国車お断り」の店舗があると思うのでそういうのはパスしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アフターサービスのアクセサリオプションとして追加されるのを待ちます。
それまでは諦めます。

お礼日時:2014/04/22 07:50

電装系が弱いってのは既存の部分ですから。


ちゃんと施工するんであれば問題は無いです。
むしろこの手は電装系をいじってるとコネクタなど防水されてないととか妙な部分が見つかるっていうことが多々あります。
これに対策を打つとむしろ電装系の信頼度は上がる傾向です。
ちゃんとした知識がないなら国産車だって不具合起こします。

これくらいの作業ならやってくれる車屋さんはいくらでもあるでしょう。
こういった作業を行ってくれるのはディーラーとカー用品屋だけじゃないです。
中には持ち込み可の工場もありますよ。
(当然若干割高になりますけど)

自分でできないんであれば電話帳でも探して問い合わせてみると良いかと。
仏車専門あるいは輸入車も扱いますよって工場も結構あると思います。
こういう場所を確保しておくとこの手の維持は何かと便利ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アフターサービスのアクセサリオプションとして追加されるのを待ちます。
それまでは諦めます。

お礼日時:2014/04/22 07:50

でしょうね~。



ホーンって触りにくいところにあって、触ったのが遠いむかしです。
ハーネスも上の方通ってないでしょうね。やたら鳴らされてもこまるし。他人の車でエアホーンをならしまくってヤナ顔されたことも。
消火器みたいなエアボンベにつないだホーンは後部座席に転がしてあった。
河原でホーンボタン押すのを手伝わされたこともある。トラックの運ちゃん、付けて嬉しそうだった。
クラクションってクラークソンの訛りみたいだけどダブルホーンでパイプオルガンで和音を出した時のような音?オルガンは足で出すらしいけど。汽笛の五重和音?なつかしいよね。
「ホーン取り替えて回路を壊す」というのは信じられないけど、ホーンは単体で売ってるよね、試聴用の台があって音出せるし。
電流が大きくなると思うのでリレーかませてバッチョクがいいと思うけど。リレー取付けと配線の処理が必要。
電線はカー用品店かで耐候性のを買って使わないとボロボロになってヤバイことも。
昔、後付けしたエアコンコントロールリレーの配線がボロボロになってビックリ!したことがある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/20 17:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプジョーの故障の多さは?

今、プジョーの購入を検討しています。
フランス車は故障が多い、当たり外れが多い、
など色々うわさを聞くんですけど、実際のところどの程度なのでしょうか?

Aベストアンサー

プジョーに関わらず外車の場合はある程度(かなりと言う車もありますが)の故障は当たり前と言う感覚で乗らないといけないかも知れませんね。
メージャートラブルは別にして、接触不良やセンサーの故障で警告ランプの点灯などはよくありますね。走行不能になるトラブルはそれほど多くはないですがそれでも時々起こる車もありますね。

プジョーに関して言えば、306時代のものであればシフトレバーのトラブルでDレンジから下へ下げられない、バキュームのホースの一本が破れやすくなっているためにエンジンがふけない、黒煙が出る。窓のモーターのトラブル等がよくありましたね。

307、206に関しては方向指示器のレバーがリコールが出てますが、交換しても再度出る場合がある。AT自体に問題があり、ATFを2万Km毎くらいに交換しないとバルブがつまり、変速しなくなったりショックが大きくなったり、これは保証で部品交換やAT交換に応じてくれますが、5年過ぎるとそれも無理です。交換後も改善はされていないので2万Km毎のATF交換が必要です。

後は、正規ディーラーの入れ替わりが激しいため、前のモデルの修理が現在のディーラーでは対応するコンピュータ診断ができなくて困ったり、モデル毎の固有のトラブルを知らなくて無駄な修理をされたりと言う事もあります。

上記の306の黒煙の時にはディーラーでO2センサー交換で約5万円(実際はうちでホースの交換、無料でしましたが部品代100円工賃10分くらいのもの)と言った例もあります。

正直国産並の故障の少なさを求められるのならお勧めできません。

プジョーに関わらず外車の場合はある程度(かなりと言う車もありますが)の故障は当たり前と言う感覚で乗らないといけないかも知れませんね。
メージャートラブルは別にして、接触不良やセンサーの故障で警告ランプの点灯などはよくありますね。走行不能になるトラブルはそれほど多くはないですがそれでも時々起こる車もありますね。

プジョーに関して言えば、306時代のものであればシフトレバーのトラブルでDレンジから下へ下げられない、バキュームのホースの一本が破れやすくなっているためにエンジンがふ...続きを読む

Qプジョー206の車検が高かった。。

プジョー206を新車で購入し、去年はじめての車検でした。走行距離は27000キロで、ワイパー、オイル、 エアコンのフィルターなど細かいものの交換をしただけなのですが、23万かかりました。正規ディーラーです。
来年の車検までには、国産車に変えるか、正規ディーラー以外のところでの車検を検討中です。
でも、ディーラー以外でも、プジョーをまかせて大丈夫かどうか心配もあります。できればプジョーは気に入っているのでまだ乗りたいのですが、、、。
プジョーだけど、ディーラー以外で車検したかたっていらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

私は、ちょっぴり変わった車ばかり所有していますが、そのランニングコストは国産車と変わらずに維持できています。ここから先は、なかなか皆さん知らない話です。正規ディーラーなら・・・とか、皆さんよく書かれていますが、実際に日本のディーラーが本当の正規ディーラーと言えるのでしょうか?まず、ここにあるプジョーをとりあげてみると、プジョージャパンなるものはありません。(プジョーが直接経営という意味)結局は輸入代理店から正規ディーラーとしてプジョーと契約しているわけです。つまり、正規デーラーを経営している日本の会社からすれば、クレーム処理は、部品そのものは本国から送られるものの、それにかかる手間賃は、まったくの赤字となります。なので、有償修理の場合、ほとんどが輸入車だからと言って、時間工賃単価を引き上げています。こんなからくりで、輸入車についてはほとんどが、どこへ行っても工賃が高いということになります。だから、車検のときなんかディーラーにとっては格好のカモが着た言うことになります。
お乗りのプジョー206ですが、そろそろいろんな素人には良く分からないことを言われて、ほとんどが有償修理と言われだす頃と思います。そして、これだけお金が掛かるので、今なら新車をお買いになると、○×安心パックというのがあるので・・・。とかも、言われるかも知れません。
安価にプジョーを維持したいなら、まず、自分で修理を覚えること!なんて言っても、日本はそういう文化ではないので、きっとそれなら日本車へと思うでしょう。ここからが、裏技的ですが次回、修理や点検を受けるのは、日本車のディーラーを当たりましょう。モータースはやめてください。結局同じです。近所にあるどこでもいいんです。一軒一軒足を運んで、「本当に申し訳ないんですけど、見ていただけますか?」と聞いてみましょう。今は、トヨタサービスだって他社の車を扱う時代です。日本車のディーラーの場合、日本車の時間工賃で作業してくれる場合が多いです。修理箇所に不具合でた場合でも、対応してくれるはずです。入会金でも払うつもりで、日本車ディーラーで12ヶ月点検を受けると良いでしょう。そこのサービスは不都合な箇所について相談に乗らざるを得なくなります。しかし、このときも大柄な態度を決してとってはいけません。嫌われて、正規ディーラーに行ってくれと片づけられてしまいます。

私は、ちょっぴり変わった車ばかり所有していますが、そのランニングコストは国産車と変わらずに維持できています。ここから先は、なかなか皆さん知らない話です。正規ディーラーなら・・・とか、皆さんよく書かれていますが、実際に日本のディーラーが本当の正規ディーラーと言えるのでしょうか?まず、ここにあるプジョーをとりあげてみると、プジョージャパンなるものはありません。(プジョーが直接経営という意味)結局は輸入代理店から正規ディーラーとしてプジョーと契約しているわけです。つまり、正規デ...続きを読む

QBセグメントの輸入車の車検費用

プジョー208やフォルクスワーゲンポロ、アウディA1等、Bセグメントの輸入車を所有し、車検を受けた経験のある人に質問です。
私は現在、プジョーの208に乗っておりますが、同じクラスの車でディーラーで車検を受けた場合はどのくらいかかりますか?

参考にしたく、質問をさせていただきました。

Aベストアンサー

こんにちは。

ポロ1.4に乗ってます。

昨年5月に1回目の車検をディーラーにて受けました。

総額で187000円程でしたね。

車は直接持ち込み、引取りで代車なしです。

デモカーを中古で買い約2年4か月乗りました。

法定費用と整備点検費用に2年のケアサポート延長(工賃無料)つけての金額です。

バッテリーなどもまだ使える状態でしたので、交換していません。

走行距離も車検時には55000km超してましたので、おそらくオイル交換はしたと思います。

ワイパーブレード交換を引取り時に提案が有り、交換しました。

部品代金だけ(工賃無料のため)6800円程掛りました。

車検受ける時に、部品等の交換が発生したら必ず連絡するように、担当者には話しました。

来年の車検には部品交換が出ると思われますので、出費の手当てを今からしています。

QシトロエンC3の純正ホーン

シトロエンC3を乗る機会があり、ホーンを鳴らしました。すると、なんともフランスっぽい高い音がし、日本車のただの警笛音とは違い、何度も鳴らしてしまいました。

ぜひ、ウチの車にもつけて、気分だけでもフランスを楽しみたいのですが、あの純正ホーンのメーカーとか品番とか分からないでしょうか?
シトロエンで使用しているホーンは基本的に車種が違っても同じものを使っているのでしょうか?

人の感覚なので、多少の誤差はあるにしろ、同じような高めの軽い音(?)で、お勧めなホーンなどもありましたら教えて欲しいです!

Aベストアンサー

フランス車のホーンと言えば、クラクソン(クラクションの語源になったといわれるメーカー)ではないでしょうか。私も以前シトロエンのCXに乗っていましたが、いい音をしていました。ただし80年代の車なので、最近のC3やC4と同じか定かではありません。大型自動車用品店(スーパーオートバックス等)の視聴?コーナーで確認して購入すると間違いがなさそうです。

参考URL:http://www.tonyadirect.com/items/4963811705105_8181003.html

Qフォルクスワーゲンポロとプジョー208について

車選びでとても迷っています。

車種はフォルクスワーゲンポロ(コンフォートライン)と
プジョー208(アリュール)です。

どちらの車種も、試乗し見積もりを出してもらっている状態です。
両方ともに乗った感触は良く、決めかねている状況です。
お値段もプジョー208のほうが若干安いだけで、あまり変わりがありません。

そこで、それぞれの車の良い所、残念なところを
教えてもらえるとありがたいです。

もし回答にご協力頂ける場合は、ポロ、プジョー208のオーナーさん
であるかどうかも記載していただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

VWポロおすすめします
現在、セカンドカーにコンフォートラインに乗っていますよ
外装、内装、燃費申し分ありません
7速のWクラッチでギヤの切り替えが早く、スポーツモードにするとギヤを引っ張ってくれるので又違う楽しみが味わえますよ
プジョーもいい車ですよね
ドイツ車かフランス車が大きな違いですよね
いっぱい悩むのが購入する時の楽しみですよね
最終的には自分が決断しなくてはいけませんので雑誌やネットでたくさん情報収集して下さい

Q新車の「ならし」運転について

こんにちは。
初めて新車を購入します。
今までは中古車に乗っていました。
新車は「ならし」が必要だと言われます。
回転数を上げすぎないなど聞きますが、実際具体的に良く分かりません。
また、最近の車は工場で既に「ならし」を済ませてから納車になるので必要ないということも聞いたことがあります。
実際どのような対応をすべきなのでしょうか?
ちなみに車は、スバル フォレスター XTです。 

Aベストアンサー

sirokuroさん こんにちは。

エンジンメ-カ-の機械加工屋です。 結論からいいますと特にならしは不要です ただし買ってすぐにレッドゾ-ンに入れるほどは回しちゃダメです。 
理由ですが
1,精度がならしが必要な時代より向上し 例えばシリンダライナとピストン,各軸受け,ギヤ-等々のクリアランスなどが安定している これは日本車が当たりはずれが少ないと言われているゆえんです。
2,粗度 (例えばシリンダライナ-,ピストン,リング,軸受け,ギヤ-)が向上した 粗度とは表面のつるつるの具合です コストダウンの為に 従来の数倍の切削速度(ボ-リングの回転数が上がる)で加工しますので 必然的に向上しました ちなみにサ-メットとかセラミックとかCBNとかで削ります 向上したといっても すごく拡大してみると ネジ山のようになってますが 問題はネジやまでなくその 頂上の「バリ」です 先ほどのレッドまでは・・って話しは それが無くなるまでと言う事です が 特に気にする事はないです。
3,オイル&オイルフィルタ-の性のが向上した。
もちろん日本車といえ できの悪いのもありますから 後は本人次第でしょうか。

あっそれから 回さないと 回らないエンジンになるって話しですが 理由は高回転時は クランク コネクティングロッド 
の延び変形が低回転と違い延び方向になりますから 高回転をあまり使用しないエンジンは ピストンとかリングとの当たりが付く位置が 低くなりたまに回そうとしても 当たりの無い所に行き 結果回りづらくなると 言うわけです。

話しがそれましたねm(_ _)m

sirokuroさん こんにちは。

エンジンメ-カ-の機械加工屋です。 結論からいいますと特にならしは不要です ただし買ってすぐにレッドゾ-ンに入れるほどは回しちゃダメです。 
理由ですが
1,精度がならしが必要な時代より向上し 例えばシリンダライナとピストン,各軸受け,ギヤ-等々のクリアランスなどが安定している これは日本車が当たりはずれが少ないと言われているゆえんです。
2,粗度 (例えばシリンダライナ-,ピストン,リング,軸受け,ギヤ-)が向上した 粗度とは表面のつるつるの具合です...続きを読む

Qフランス車の特徴教えてください

日本ではドイツ車と日本車の比較はよくされるので、ドイツ車の性能乗り心地はわかります。
でも、フランス車に関しては、単体での性能のち心地の情報は記載されているものの、日本車との比較特に乗り心地とハンドリングの比較は少なくて情報が少ないように感じます。
そこで、フランス車の乗り心地とハンドリングについて日本車特にトヨタ車(わかり易いので)と比較して、どうなのか教えてください。デザインは好き嫌いや趣味性の違いがあるのでここでは取り上げないでもいいです(写真や情報でわかるので)。よろしくお願いします。
とくに、プジョーのネコ足?とはどんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

フランス車とトヨタ車との比較???無理でしょ。そもそもトヨタはフランス車、特にルノーを手本にしてるんだからね?

今でこそ世界のトヨタっつってるけど、昭和30年代の国産乗用車黎明期にクラウンがようやく富士山登頂しました、っつってる時にアルプスを普通に走ってたルノーが良い手本になったんっすよ。日本は山岳地帯が多いから、っつーのが酸素が薄くなる山岳でも安定したエンジンを求めた理由なんだけどね?で、フランス車の中でもルノーは「働くクルマ」としてガッツリ働いてくれるって評判だったんっすよ。トラックの日野もこの頃ルノーのノックダウン生産乗用車を出してたからね?日野ルノーっつって。
で、ルノー5っつってシートがゴム(!)、それも自転車の荷物しばる奴みたいなゴムの紐を何本も渡したシートが採用されたり、ってフランス流のコストダウンがふんだんに行われてたクルマがあったんっすよ。今見ても「ああ!クルマってコレで充分なんだよねえ!」っつー位スッカスカです。それがトヨタの手本になって今に至ってるんっすよ。基本働くクルマって、スッカスカで充分だからね?

で、ステアリングフィールっつっても。。。そもそもトヨタはルノーの働くクルマを参考にして(ほぼ模倣って話もあり)作ってるからほぼ一緒っす。雑に言って大回りなんっすよ。フェラーリやポルシェみたいなショートストロークで弱アンダーステア、とかロータスみたいにレスポンスが素直でクイック、っつーのと異質の、トラック並の大回りなんっすよ。
逆に言えばトヨタに慣れ親しんだ皆さんにしてみれば一番親近感が持ってる、違和感というものを1個も感じないのが実はルノーのクルマなんっすよ。ステアリングどころかエンジンまでもトルクもパワーもスッカスカな非力なエンジンなんだけど踏み込めばすぐレッドゾーンに行きたがる、いわゆるぶん回すエンジンで、トヨタ(ヤマハ)はそこまで模倣してるんっすよ。理由はただひとつ、そういうエンジンは面白いから。

それにね、猫足ってのはフランス車でもシトロエンやプジョーみたいな「働くクルマじゃない」奴に良く使われるんっすよ。だからルノーでもアルピーヌは猫足っつーけどルノー5はフワッフワ、っつーんっすよ。だってね、ルノー5は運転席のドア開けるでしょ?それだけで横にフワッフワ動くからね?やっこいねえ!。。。っつって笑うのがお約束ね。

で、猫足ってのはロングストロークのサスペンションでショック吸収領域が広いんっすよ。石畳を指摘された方がいる通り、古代ローマ帝国の支配下にあってローマ帝国に忠誠を誓っていた地域は石畳で道路整備されてたから今でもそこかしこに石畳が残ってるんっすよ。だからフランス車とイタリア車はロングストロークなんっすね。逆に古代ローマ帝国時に北の果ての野蛮人(バーバリアン)と蔑まれていたドイツでは雪が多いから凍った路面でも状況を感知しやすいようにショートストロークになったんっすよ。で、トヨタはルノーを手本にしてるから今でも伝統的にロングストローク、と。

ただしなやかに駆け抜ける様が猫の敏捷性に喩えられた猫足と、トヨタのロングストロークは根本的に違うんっすよ。

猫足の場合ショック吸収領域の奥に踏ん張る領域があるからね?この領域はドイツ車とほぼ同じ踏ん張り具合だからね?だからラテンのクルマの特徴としてカーブに入るとズン!と傾いてからの粘りがすごい。フェラーリやランボルギーニはこの足回りのせいでステアリングの挙動が変わる、っつー癖が出て来るんっすよ。で、今の技術を持ってすれば制御は可能なんっすけど「それじゃうちのクルマ買った意味がねえから」ってわざと残してるんっすよ。運転する喜びに繋がってるんっすね。
だけどトヨタの足回りは働くクルマのルノー5だから。荷物フル積載以上に乗っけても石畳の上走れるように、ってただフニャッフニャなだけっす。それをクラウンに搭載してんだから。。。言ってる意味、分かります?踏ん張る領域とか、そういうのがない茹ですぎたスパゲッティみたいな奴なんっすよ。驚いた事に、今のトヨタでもほぼコレだからね?

でも特性が最もよく似てるのはトヨタとフランス車特にルノーなんっすよ。で、日産も今はルノー傘下でしょ?って事は。。。近年の日産ユーザーも実はフランス車が一番慣れ親しんだ、違和感ゼロの奴なんっすよ。それ以前の日産はイギリス車が手本だったんっすけどね。


とりあえず、こんな感じっすかね。

フランス車とトヨタ車との比較???無理でしょ。そもそもトヨタはフランス車、特にルノーを手本にしてるんだからね?

今でこそ世界のトヨタっつってるけど、昭和30年代の国産乗用車黎明期にクラウンがようやく富士山登頂しました、っつってる時にアルプスを普通に走ってたルノーが良い手本になったんっすよ。日本は山岳地帯が多いから、っつーのが酸素が薄くなる山岳でも安定したエンジンを求めた理由なんだけどね?で、フランス車の中でもルノーは「働くクルマ」としてガッツリ働いてくれるって評判だったんっ...続きを読む


人気Q&Aランキング