今年も相変わらず横浜DeNA弱いですね。
横浜は確か新潟に身売りになるかもとか過去あったときは、拒否反応が結構あって結局DeNAが横浜本拠地は変わらないまま身売りになりましたが、横浜県民の中にはこの最弱チームが横浜からなくなってほしいと思ってる人が多かったりはしないのでしょうか。

横浜は東京に近く、おしゃれで憧れもある人も多いと思いますが、その横浜に泥をぬってるチームだと考えている横浜県民もいるんじゃないかと思うのですが、あそこまで弱くても横浜県民にとってベイスターズは大切なものなのでしょうか。

自分は自分が住んでる街のイメージが弱い野球チームがある都市というイメージだったらいやだなぁと思ったのですが、実際野球チームが地元にあると弱くても応援したくなるのでしょうか。

横浜県民の方にお聞きしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 何も地元の球団だから応援するとのローカルナショナリズム的な発想もしないでしょう。

西へ行けば行くほどそうした傾向も強くなりますが、東京近郊のスポーツファンは得てしてドライです、割り切っています。好きなチームや選手を応援するとの形であって、これすらも海外のように「競技のプレーの質」にこだわる応援の仕方とは格段に違いもします。どちらかといえば、マイ・アイドル的な感覚でしょう。
 横浜といっても狸が走る場所もありますから、一概に「お洒落」ともいえない土地柄です。殊に現在のユニフォームに使われてる色はダメダメですね。以前の横浜ベイスターズ時代のマリンブルーはきれいでしたが。
 あとは「華のない」選手ばかりで、育てるべき若手を放出し将来を見据えてのチーム作りを意図してもいない部分が衰退の原因でしょう。

 1975年に巨人が最下位に沈んだ時に東京都の住民が自らの居住地域のイメージが悪化するなどといったでしょうか。それならば年来の期待を裏切り続けている関西地方の球団など真っ先に非難囂々の対象となってもしまいます。
    • good
    • 0

少なくとも、球団にとっては横浜市・横浜スタジアムは重荷でしかない。

老朽化したオーバーキャパな球場の賃料、フランチャイズ名にしている割に行政からロクな支援も得られない苛立ち。DeNAの前に買収に名乗りを上げたサッシ屋が散々毒を吐いたのも、今思えば当然だったと。
※球界のバランスを考えても、新潟はともかく北陸に1球団あれば好都合。北海道や九州に比べれば移動コストも抑えられる上、北陸4県を商圏に出来れば東北6県を商圏にする楽天以上の観客動員のメリットも有る。何より、北陸に球団が出来ればそのチームを2軍ではウェスタン・リーグに編入できるので、どこかの東北球団が余計なことした結果、歪になった2軍戦がスマートになる。

そもそも横浜球団自体が横浜発祥の球団でないことも、横浜市民・神奈川県民が一番分かっているのでは、と。今でも川崎時代からのホエールズファンからの移行組もいれば、同じ川崎時代からの(千葉)ロッテファンもいます。もちろん、現在の横浜DeNAがフランチャイズにしている地域で最大のファン層は東京を本拠にする巨大球団ですが。そもそも横浜だけだと思える、他球団のファンであることで何の問題もないフランチャイズは。阪神ファン、広島ファン、西武ファン、オリックスファンなど…それで居づらい・住みづらいなんて聞いたこともありませんし。

地元に球団があることのメリットを活かすも殺すも、本当は地元自治体の手心1つなのですが、現在の横浜市・神奈川県にDeNAを本気で使おうという機運はないようです。特にあの女性市長就任後は、目先の賃料欲しさ以外に何も行動していない。それが結果的に球団側からの不信感も招いている。ただ、長期の賃貸契約を結んでいるので、自治体側はその不満を完全に黙殺できる。

個人的にはさっさと北陸に、せめて移転先とされた新潟よりもう1回り程度大柄な野球専用スタジアムを建設してもらって(ハードオフ新潟では、楽天の県営宮城のように日本シリーズのキャパシティの問題でまた一悶着ありそうな上、毎年公式戦が行われる巨人戦中継を見ても分かる通り、ナイターに耐えられるかどうかわからないほど照明施設が暗い。グラウンドは十分明るいものの、背後に映し出される観客席が真っ暗なため、中継映像的に非常にイメージが悪い)、そこへ大手を振って本拠地移転。球団保有10年が経過すれば、機構への預り金30億円も戻ってきますし、それ+親会社の損失覚悟で会計を組んで、横浜市に叩きつけて堂々と離脱する。今のDeNAはそれまでの我慢の期間だと考えます。

(本気で勝つ気があるなら、あのベンチの陣容はないでしょう。どう考えても勝てそうにない監督コーチ陣に、各球団で勝ち運を手放し続ける悪名高きGMのT田。戦力補強という名の、他球団からの中古かき集めの現在の選手層を見ても、機構に預けた金が戻ってくる10年をとにかく凌ぐことを大前提にした布陣としか思えない)
    • good
    • 0

 ベイスターズは、そこまで地域に密着してないので、熱狂的なベイスターズファンというのは、そんなに多くないと思いますよ(よそから移ってきた横浜市民も多いので)。


 かと言って、地元から球団がなくなるのは寂しいので、地元に球団があれば良いという所では。

 サッカーは熱狂的なファンがいますね。
    • good
    • 0

横浜「市」民ですが、強いときは応援することもありますが、そうでないときは話題にものぼりませんから、泥を塗ってるとか、それ以前の話です。

大洋時代からそうでしたからね。

プロ野球そのものの人気が落ちているので、巨人はもちろんプロ野球そのものの話題も出ません。身売りやWBCのときぐらいです。だから、普段はいくら負けても、何処が勝っても負けても話題にも上がらないのです。サッカーも海外や日本代表の話題は出てもマリノスの話題は出ません。話題になったのはJリーグ発足時と合併問題ぐらいです。

まぁ、コアなファン、長年のプロ野球ファンならまた違った意見も出るでしょうけど、野球が人気あったときから、横浜市民はベイスターズより巨人ファンが圧倒的に多いですから、優勝しそうなときに「にわか」ファンが増える程度の地域です。だからといってなくなってほしいわけではありません。身売り話で横浜から出ていくかもしれないときは心配しましたから、ないよりはあったほうがいい程度にしか考えていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに私は今東京在住ですが、巨人やヤクルトが勝とうが負けようがとりたて野球の話で地域を盛り上げてる、弱いときは恥だなんて話は聞かないですね。(東京だからかもで、地方球団とか、あるいは阪神やサッカーの浦和みたいな熱狂的な地域は違うかもしれないですが)

普段あまり大きく話題にならないなら、勝ったら盛り上がるし、負けてたら別に話題にならないってことでないよりはマシなのかもしれないですね。

お礼日時:2014/04/20 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球観るのが好きで好きなチームは98年から横浜ベイスターズなんですが、

野球観るのが好きで好きなチームは98年から横浜ベイスターズなんですが、最近ふと思ったのがよく他のチームの監督ってOBの方がしてたりしてますが、横浜って今までどんなOBの方が監督してたのかなぁと、何せ昔活躍してた選手とかはほとんど知らず(自分が生まれてないので) なので昔はどんなチームだったのかも込みで教えていただきたいです。お願いします

Aベストアンサー

OB監督が少ない最大の理由は、失礼ながら「弱かった」
ことでしょう。

球団がチームを編成する上で、どうしても「強いチーム
を知る人」を監督・コーチに招きたくなるのだと思います。

横浜ベイスターズ(大洋ホエールズ)は、名将三原脩監督
が率いた1960年の優勝以降低迷を続け、1998年の優勝は
38年ぶりでした。
そこで他チームで監督・コーチとして実績のあった人を
監督として招聘する例が多くあります。

近藤貞雄、古葉竹識、須藤豊、権藤博、森祇晶などがそう
ですね。

Qプロ野球の横浜ベイスターズの身売り問題が起きてますけど個人的には横浜に

プロ野球の横浜ベイスターズの身売り問題が起きてますけど個人的には横浜に球団を残してほしいし、できたら横浜を中心にしてる企業に球団を持ってもらいたいです!あと新潟移転の話もあるみたいですが横浜ベイスターズではなくてヤクルトに行ってほしいです!それは同じ都道府県に二つも球団はいらないと思うから!皆さんはこの問題をどう考えてますか?

Aベストアンサー

ベイスターズを横浜に残すのは賛成です。

でも新潟移転についてですが、どこが行くにしてもかなりきびしいですよ。
東京近郊には、現在セパ5球団がありますが現実的に人口を考えたら仕方がないと思います。
例えば、楽天のホームであるクリネックススタジアムは2万人強の客席数しかないです。
NPBから客席を増やすように要請を受けても一向に増やす気配がないのも、お客さんが増えないのが分かっているからじゃないでしょうか?
試合は平日もありますが、平日にもあの球場へ来れるのは仙台近郊に住んでる人だけでしょう。
新潟も同じじゃないですか。
ハードオフでやる70試合ほどのホームゲームにどれだけのお客さんが来れるでしょうか?

それからヤクルトは東京フランチャイズですので、横浜とは同じ都県ではありません。

Q少年野球 弱いチームか強いチームに入るか

小4の息子の事で質問します。
今度、少年野球(スポ少)に入ろうと体験中です
2か所見学したのですが、どちらが良いのか迷っています。
息子本人も、一長一短だな~と悩んでいます。

1.学区内のチーム(小1~小4までが8人位いる。小6まで入れると20人弱)
  ベテラン層のコーチが3~4人で教えてくれている
  平日週2回夜6時半~9時、土日練習がある
  なかなか、強いチームらしい
  
2.隣の学区のチーム(小1~小6までが13人で、小4までが5人位)
  パパさんコーチで2人位で教えている
  土日のみの練習
  弱いチームらしく、コールド負けも度々?
  
息子自身は、最近キャッチボールを始めたばかりで、打つことや打ったのを取る事も、ままならない状態です

上手くなりたいけども、平日に9時まで練習するのは嫌だなと言っています。
他の習い事もあるので、結構大変かも。
2のチームでそれなりに楽しく野球するのも、ありかなと思うのですが、勝たないとつまらないよと言われ、また悩んでいます。

主人は、強いチームでボールを捕れないって事は、責められるし学校でも立場が悪くなると言っています。(クラスメイトに野球部がいる)

野球経験のある皆さんでしたら、1か2どちらが、息子にとってベストだと思われますか?

小4の息子の事で質問します。
今度、少年野球(スポ少)に入ろうと体験中です
2か所見学したのですが、どちらが良いのか迷っています。
息子本人も、一長一短だな~と悩んでいます。

1.学区内のチーム(小1~小4までが8人位いる。小6まで入れると20人弱)
  ベテラン層のコーチが3~4人で教えてくれている
  平日週2回夜6時半~9時、土日練習がある
  なかなか、強いチームらしい
  
2.隣の学区のチーム(小1~小6までが13人で、小4までが5人位)
  パパさんコーチ...続きを読む

Aベストアンサー

私も数年前に同じことで悩みました。

息子は親バカながら、野球の素質は少々あったようで2年生の時点でキャッチボールとバッティングは普通に出来ました。
「強いチームに入れてやろうか」と思い、近所のチームをいくつか親子で見学に行きました。
ところが指導方針などを拝見すると、ちょっと預けるのは不安だなと思いました。

いろいろ見学しても強いチームで魅力のあるところはなく、息子にどのチームがいいか選ばせたら最弱チームを選びました。
理由は本人の友達が強いチームにいるので、友達と対戦したいとの事です。

なるほどと思い、息子の意思を尊重しました。
最弱チームだったためすぐに選手になり、勝ったり負けたりを繰り返しています。本人はとにかく試合に出たいタイプなので、これはこれでよかったと思います。

大事なのは本人がどう考えているか。
選手になれる、なれないは別として、強いチームに属していたいなら1ですね。とにかく試合に出たいなら2ですね。

小学生のうちは勝利至上主義ではダメだと思います。
うちの息子は野球を続けてきて目が活き活きしてきてますね。
息子さんの御活躍を期待しております。

私も数年前に同じことで悩みました。

息子は親バカながら、野球の素質は少々あったようで2年生の時点でキャッチボールとバッティングは普通に出来ました。
「強いチームに入れてやろうか」と思い、近所のチームをいくつか親子で見学に行きました。
ところが指導方針などを拝見すると、ちょっと預けるのは不安だなと思いました。

いろいろ見学しても強いチームで魅力のあるところはなく、息子にどのチームがいいか選ばせたら最弱チームを選びました。
理由は本人の友達が強いチームにいるので、友達と対...続きを読む

Q横浜ベイスターズはなぜ弱いのですか?

横浜ベイスターズはなぜ弱いのですか?
詳しくないので、よくわからないです。
監督が悪いのですか?

Aベストアンサー

色々理由はあります。

1)しょっちゅう監督が代わる
=横浜ベイスターズがまだ「大洋ホエールズ」だった頃から、このチームは監督がしょっちゅう変わる事で知られていました。延べで1番長く監督を務めたのは三原脩監督と別当薫監督の8年が最長です。今年は球団創立60年に当たりますが、その間に監督になったのは述べ28人。2年半で監督が代わっている計算になります。先に揚げた三原、別当両監督の合計16年を抜きにすれば44年で26人。これは異常な数値と言えます。これではチーム力がアップする筈もありません。何せ2年やそこらで、練習方法や戦術が変わるのですから、選手の方がついていけないんです。

2)良いキャッチャーに恵まれない
=試合において一番の要になるのはキャッチャーです。優勝するチームや常勝チームは全てキャッチャーが安定した力を持っています。ヤクルトの古田しかり、巨人の阿部しかり、阪神の城島しかりです。横浜は大洋時代も含めると2回優勝していますが、最初の優勝の時は土井捕手、2回目の時は谷繁捕手と、良いキャッチャーがリードしています。何せチームの要になるべくなりつつあった相川捕手が他チームに移籍したのが痛い。相川がいれば今よりは強かったでしょう。チーム強化をしたいのなら、まず捕手を育てる事です。

3)生え抜きの監督を起用しない
=初優勝を果たした時の三原監督、2回目の権藤監督、どちらも1度たりとて大洋・横浜で選手として在籍した事は無い、言わば外様の監督です。60年の歴史の中で私の頭の中には、生え抜き監督と言えば3人しか思い当たりません。横浜でプレーしてない監督にチーム愛を求めろと言ってもそれは無理な話です。しかし現実問題、不思議な事に外様監督で優勝をしているんです。これはおそらく、横浜にチーム力があっ
た時代の監督が全て外様という所にキーポイントがあると思われます。三原監督・別当監督・権藤監督とみんな外様です。それで頭の悪い事務局は、他チームで優勝経験のある監督を起用するという「愚策」をとる様になったんです。幾ら監督自体に実績があるとは言え、肝心の選手に力が無ければ、優勝なんかできっこありません。その辺は事務局の責任です。優勝を経験した監督なら何とかしてくれるだろう、この安易な発想を何とかしないとダメです。

4)ストッパー不在
=あの大魔神、佐々木の様な絶対的ストッパーが不在なのも、弱い原因の1つです。山口が成長過程にありますが、まだまだムラだらけで、安心してリードを任せられません。絶対的ストッパーが居れば、相手チームにとっては、かなり脅威です。山口をもっと育てるべきです。

5)とにかく投手が弱い
=言わずもがなです。先発が5回ともたない、中継ぎも信頼できるのがいない、山口も今一。これではゲームになりません。

6)事務局が行う有能な選手の放出
=何故か成長過程のいい選手を放出する最近の事務局のやり方には疑問を感じざるを得ません。古木の放出、多村の放出、石井義の放出がいい例です。事務局の人事構想がチーム弱体化を招いているんです。

7)有能な外国人選手に恵まれない
=今年はカスティーヨ、ハーパー、スレッジの外国人勢が珍しくいい成績を出していますが、権藤監督の下での優勝時にいた「ローズ」以来、本当に外国人選手には泣かされ続けてきました。かつては12球団隋一の優良外国人選手の宝庫だったんですが、その選手をスカウトしてきた牛込さんという方がいなくなっちゃったのも一因です。現に3Aでくすぶっていたローズを掘り起こし、見事に日本で開花させたんですから。それから以降は本当に「不良外国人」ばかりです。そうゆう面でもかなり損をしています。


とにかく、この横浜ベイスターズというチームは「単純」なチームです。のせれば強いし、そうでなければ弱い。その辺がハッキリしているんです。ここ数年、成績が上がらなければ選手のモチベーションも下がるに決まっています。とにかく上記の事項を改善し、チームを上手くのせなければ、またいつ優勝、もしくはCSに進出できるもんなのかわかったもんではありません。どの道、尾花監督もあと1年で去るでしょう。30年来の大ファンである私にとってはもう「はぁ~~」と言うしかありません。長文回答、失礼致しました。

色々理由はあります。

1)しょっちゅう監督が代わる
=横浜ベイスターズがまだ「大洋ホエールズ」だった頃から、このチームは監督がしょっちゅう変わる事で知られていました。延べで1番長く監督を務めたのは三原脩監督と別当薫監督の8年が最長です。今年は球団創立60年に当たりますが、その間に監督になったのは述べ28人。2年半で監督が代わっている計算になります。先に揚げた三原、別当両監督の合計16年を抜きにすれば44年で26人。これは異常な数値と言えます。これではチーム力がアップする筈もありません。...続きを読む

Q横浜ベイスターズが弱すぎるのは誰のせいですか?

横浜ベイスターズが弱すぎるのは誰のせいですか?


実力通りのダントツの弱さ爆発です。

ここまで弱くなった責任は、大矢ですか?山下キューピーですか?
TBSフロントですか?
村田のようなクソ人間がチームリーダーだからですか?

Aベストアンサー

 私はフロントの責任が大きいと思っています。
 その場しのぎで将来を見たチーム編成をしていないような気がします。

 例えば、2008年のオフに石井選手をクビにしました。理由は明確ではありませんが、高年俸が理由の一つだったのは確かでしょう。石井選手は横浜よりはるかに安い年俸で広島へ入団して活躍している事から、本人は年俸に対する執着は無かったようです。
 石井選手は守備、走塁、打撃どの点を見ても良い手本ですし、野球に対する姿勢は見習うべき点がたくさんあります。広島へ行った事で横浜の若手は学ぶ機会を奪われたと思います。
 石井選手が退団した時、仁志選手、工藤投手は残留しました。残留させる選択肢は当然あったはずです。

 あと、7/9の阪神戦で思いましたが、二盗悪送球で決勝点を与える野球をしていたら勝てません。いろいろな場面を想定して守備練習をしているのかと思ってしまいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報