カテからやや外れるかも知れませんがtwitterを通してのコンサートチケット
受け渡し方法でトラブルが起きたのでご相談いたします。

定価でのチケット譲渡になります。

こちらがどんなに誠意を持って取引する意志を示しても、携帯アドレス・写メール
・LINEを所持してなければ信用できませんか?

話が決まって受け渡し方法でできるだけ「現地手渡しと同時入場」希望されました。
席はその方と連番なので隣同士です。

その譲っていただく方は過去にチケット転売の被害に遭いトラウマになってるようで
今回私に譲るのは自分名義でなくご友人の名義になってるためその旨を心配
しました。しかしお互い地方から遠征にいくので現地手渡しは難しいです…
当日私は東京に入る弟とも会う約束も入ってます。
現地手渡しですとそちらの時間も気になります。

ダメもとで尋ねてみたら、当日必ず隣に座っていただけたら郵送でも良いとの
返事を貰い約束して相手の口座に即振込しました。
翌日の夕方、書留発送したとのメールが来て貴方の携帯番号、携帯メール、LINE
を教えて欲しいと。

ここで即返事に迷いました。

というのは…驚かれるかも知れませんが、ネット環境はパソコンで充分
間に合ってますので携帯電話は家族契約のみ、携帯メールもLINEもやってません。
何と返事をするべきか考えてる間、相手のtwitterをちらっと見たら、チケットの件なのかな?
ということを呟いて「気持ちがザワザワしてならない、自分の選択が間違ってて
最悪の結果が待ってたら…友達に迷惑かかる!」と。
まさか私の件では?とちょっと気になって即、あとでメールしますとツイートしました。
携帯の件、正直に話すつもりでいしました。

でその後が問題なのでした、疲れてたのでついうっかり寝過ごしてしまい
翌朝パソコンを立ち上げたら、前の晩に相手から返事の催促が来てて
つまり私がツイートした直後にです。今日中に必ず連絡先携帯を教えてくれと。

相手のtwitterを見たら、「泣きたい気持ちだ!取戻し請求するか?」とフォロワー
に呟いてました。
慌ててお詫びと携帯番号を教えたら、予想外だったと驚かれ携帯は自分専用
でなくメールもできないLINEもないなんてびっくりしたそうです。
昨日中に返事が来なかったことと私のネット環境を知って自分とのやり方に
違和感を感じ不安になったそうでチケットの手渡し方法に気持ちが変わったそうです。
私はmixiもやってますのでIDも教えて信用して欲しい、ということとチケット配達が
家まで持出し中になってるので取戻手続きは考え直していただけないかとお願い
しましたが頑なに拒否され郵便局に手続きしてしまったそうです。
ここで私もムッとしました。
譲る立場が強いのは承知してます、しかし私も何日も音信不通にしてたわけ
ではありません。パソコンは一日に少なくとも一回以上立ち上げてますし
振込にいたっては口座先連絡後即振込しました。

今回の私の返事の遅れ…14時間後の返事ってやはり遅いですか?

私に非があるのは認めます、向こうからは何度も送られてくるメールに
即返事が追いつけなかったこともありました。
代金振り込んでないのならともかく今家に配達に向かってるチケットを
言葉は乱暴ですが取り返したいという…自分がまるで泥棒扱いされたようで
悔しいです。私のほうが泣きたいくらいです。
あと…その方は精神的に持病を抱えて通院中みたいでテンションの差を
感じるときもありました。

私は転売する気もありませんし自分が行きます。
同時入場ってなんだか監視されてるみたいです。

譲って貰う立場なので頭を下げ現地手渡しに承諾しました。
相手のtwitter見たらまた心配なことが書かれてて…なんと友達に今回の
件を相談して、やり取りの流れを見てもらった結果この選択(チケット取戻し
現地手渡し同行)が正しい、と。
私のことが晒され悪者扱いされて悲しいです。
当日会うのが辛いです。

その方の友達が判断するように非はすべて私だと思われますか?

こういったチケット譲渡は携帯アドレス、LINEは必須で持ってないと
話にならないのですか?

私から見ると異常なくらい携帯に執着してるように思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

LINE 番号」に関するQ&A: LINEを電話番号でアカウント作りました このアカウントを消してもいいので新しく同じ電話番号でLIN

A 回答 (5件)

お疲れ様でした、大変でしたね。

というかこれからもまだ大変ですね…

>その方の友達が判断するように非はすべて私だと思われますか?
流れを見ても私は質問者さまに非があるとは思いません。この場合、相手が悪かったとしか思えません。

また、相手が精神的に病んだ方というのに合わせて、質問者さまは携帯・スマホに縛られない生活をなさっていないから感じられないかもしれませんが、それに執着する方と所持しない方の温度差も原因の一つかもしれません。特にTwitterとLINEというのはネットのツールの中でも一番即時性というかスピードを要求されるツールだと思います。送ったらダイレクトに届き手元で瞬時に見られるのが当たり前なので、送ったら見てるに決まってる、というジャンルです。

そこに持ってきて、携帯は普段使わず落ち着いた時間にPCを立ち上げて一日の動きを見る、という方の生活習慣は向こうには「信じられない」かもしれません。私もガラケー持ちで外ではネットをしない人間なのでたまに絶滅危惧種を見るような目で見られることがあります(笑) 私は事前に会う約束をしたら別段その日に遅れたりドタキャンすることがない限り携帯持っていてもメールもしない方なのですが、携帯を持ち慣れた方は割と遅れたり予定変更したりします。いちいち「今から出るね」「もうすぐ着くよ」という連絡も必須らしいです。

>こういったチケット譲渡は携帯アドレス、LINEは必須で持ってないと
話にならないのですか?

チケットの譲渡はオークションを通してでも難しいカテゴリですので、相手のルールがそうでしたら、相手に合わせるしかないですね。後出し条件は酷いですが。携帯への執着が異常というより、わざわざ取り戻し請求するあたり、単にその方が異常だと思います。

心配なのは、取り戻し請求したら手数料が発生しますが、それも質問者さまに請求されると思うのです。また、一番心配なのは携帯がない状態で、当日待ち合わせできるのでしょうか。家族契約で自分専用ではない、という記述がよくわかりませんが、当日の打ち合わせをきちんとしておかないと、最悪お金は払ったものの、会えずに外で待ちぼうけ、という心配はありませんか? 最初に質問を読んだ時には「キャンセルしちゃえばいいのに」と思ったのですが、補足を見たらもう公演が近いのでキャンセルは難しそうですよね。

別の視点から見れば、競争率の激しいチケットも、そういう方が相手だから手に入ったのかもしれません。詐欺じゃなかったのもラッキーだったと思います(mixiなんかでは詐欺が多く振り込んだらドロンの人も結構いるらしいです)ちゃんと会えて入ることができたら、会場の客電が消えたら全部忘れて没頭して楽しむことが一番だと思います。

頑張って楽しんできてください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。
コンサートに行って来ました。携帯での通話のみでしたので
待ち合わせに手こずりましたけどなんとか無事会えてチケット
を受け取って来ました。

見た目はごく普通の方でした、ご心配いただていた取戻し請求
の手数料を私に求めることもなかったですし何かされた訳
でもなかったでした。
その点はホッとしましたけど、入場前の時間、なかなか離れられなくて
常に監視されてるといった感じで入場がはじまった時は
私の腕を捕んできました。

コンサート当日の朝ツイッタ―にこう呟いてました。

来なかったらおかしいはず、その時は決断するときだ と。

決断というのは他の方にお譲りするという意味なのでしょうね。

あと入場前も開演直前までずっとスマホを触ってばかりいました。
コンサートが始まったら全部忘れて楽しむことに没頭しようと
思いましたが、なかなか無理だったようでした。
こんなことにならなければ普通でしたら、見終わったあとに
また何かありましたらご一緒しましょうくらい言うつもりで
いましたが、その言葉がどうしても出てこなくて(向こうも何もなかったですし)
最後に、お陰様でありがとうございました、とだけ言って別れて来ました。

情緒不安定な面がある方なので仕方ないと思いますが
LINEとか私の目に触れないところで今でも愚痴られてると
思うと辛いです。

親身になりアドバイスいただきありがとうございました。

お礼日時:2014/04/27 05:31

>譲る立場が強いのは承知してます



本来、購入者は客です。
客の方が上じゃないの?

その販売者は異常です。
そんな輩と出くわしたのはお気の毒でした。
そして、楽しい筈のコンサートも楽しさ半減ですね。
もう進んでしまっていることなので、割り切ってコンサートを隣に居る輩より楽しみましょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。
コンサートに行ってきました、会ってみてやはり色々思うことが
起きました。回答No.4様のお礼に書きました。コンサートを楽し
むことに専念しようとしましたが無理だったようです。
私がここに相談してると同じように向こうもLINEとかで仲良しさ
んたちに愚痴ってるのかも知れませんね。

お礼日時:2014/04/26 21:00

携帯の番号、携帯のメアド、LINEのアカウントを教えること、当日は隣同士の席に着座すること。

これらの項目が譲渡に際しての絶対条件であるわけですが、臨機応変に物事に対応することが出来ず、しかもこのような強いこだわりを持つ人のなかには自閉症を抱える人が多く存在します。断言は出来ませんが、おそらくチケットの譲渡者もそれに該当するのではないかと思います。

質問者さんとしては、チケット代金を速やかに譲渡者の指定する口座に振り込み、パソコンでのメール連絡も怠っていなかったとのことですから、対応方法に問題は無かったものと思います。24時間パソコンのメールを絶えずチェックして、間髪入れずに返信するなどということは不可能です。

また、譲渡者はこの一件をご友人に相談なさり、しかも譲渡者の行為が正当なものであるとのアドバイスを頂いたとのことですが、これは自分の執った行動の正当性を強調するための詭弁ではないかと思います。つまり友人へ相談した事実は無く、そのようなアドバイスも無かったと。

コンサートの当日、譲渡者と顔を会わすことになり、その前後の時間は特に質問者さんにとって憂鬱な時間になるかもしれませんが、今回のいざこざに関する話題には触れず、さらっとした対応をなさることをお勧めします。そこで口論になっても余計に不愉快でしょうから。

ネットには色んな人がいます。そこが楽しくもあり怖くもあり・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに今はそういう気持ちになってます。
恐いです。
当日コンサート会場に向かう時間が近づいていくことを考える
と…楽しいはずのコンサートも所正直楽しめそうにもありませ
ん。
アドバイス通りこの件に関しては向こうでふってきても
振れないようにします。

お礼日時:2014/04/21 21:15

>その方の友達が判断するように非はすべて私だと思われますか?



いいえ、傍から見れば、後出しじゃんけんごっこのあげく喧嘩両成敗。

あなたの『○○するつもりだったのに』と、相手の『信用できない言い訳だ』
悔しくつらい気持ちに差があるでしょうか?
どちらにどの程度落ち度があったか、
お互いの信頼関係が壊れてしまっている今
はっきりさせたところで、どちらも納得しがたいのではないでしょうか?

相手の性格や人格に疑問をお持ちのようですが、
極端に不誠実な行動とは思えません。これはあなたの側も同じでしょう。
お互いが推測で可能と考えていたことが実行できなかったための行き違いだと思います。

引き渡し方法やキャンセルなどの条件をあらかじめ決めていたのでもなく、
細かなことに合意のないまま、取引を進めてしまったのではありませんか?
オークションや譲渡サイトのようなガイドラインも何もないSNSでは
起こるべくして起きたトラブルとも言えます。
どんな事情があるにせよ、相手の善意に期待して乗っかるのは危険です。


>こういったチケット譲渡は携帯アドレス、LINEは必須で持ってないと
話にならないのですか?

NOです。
ですが、相手の方はそう考えていなかったのではありませんか?
個人間の取引には双方の合意が不可欠です。
一般論を持ち出しても合意が無ければ成り立ちません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チケットをオークションで購入でなくこういったやり方は
難しいですね。

お礼日時:2014/04/21 21:16

今すぐ「貴方が当方を信用できなくなったのと同じく、当方も貴方の事が信用できず、それどころか、貴方の事が気持ち悪くなりました。

ここまで個人情報を晒したのに、このような仕打ちをされて、当日、現地で顔を合せたら何かされるのではないか、コンサートで座席が隣合せたら何かされるのではないかと、不安で不安で堪りません。チケットは要らないので、今すぐお金を返して下さい」って返事をしましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

取戻し請求されたときは、どれだけ信用されてなかったんだろ
うと愕然としました。

私が逆の立場だったら、お金も払ってるしまぁいいかとそのまま
にしておきますが…

人に愚痴るというか誰かと揉めると仲良しのフォロワーさん
しかも一人だけじゃなく何人もの人にその該当する人とのや
とりの流れを見てもらいたがる癖が多い方です。
私と取引する直前twitter上で別の方ともチケットで揉めてブ
ロックされてしまったそうです。
私にもメールで‘こんなことがあって…やりとりを見てもらっ
て…私には落ち度は見当たらないようです’だそうです。
おそらく私とのやりとりメール内容も含めLINEとかで晒してる
のかも知りませんね。

そのコンサートは明後日あります。
激戦公演なのでチケットが入手困難で今回やっとお譲りして
いただく方をみつけたので悔しいけど従うしかありません。
悔しいけど仕方ないです。

お礼日時:2014/04/21 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書類送検について

市原隼人とか安倍なつみが書類送検されましたが、書類送検と逮捕はどう違うのですか? また、書類送検されるとどうなるのですか?

Aベストアンサー

警察が書類(調書)を検察庁に送ること。
書類を「検」察に「送」るから「書類送検」。

人身事故起こせば、普通は誰でも書類送検されます。
人身事故でなくても、30キロ以上のスピードオーバーで赤きっぷ食らっても、書類送検されます。
私だって、書類送検されたことがあります(笑)。

そもそも交通違反は、警察には処分する権利がありませんから、検察に書類を送って処分してもらう以外ありません。

大げさに書いているだけです。

悪いことをしたら、逮捕される場合と、逮捕されない場合があります。
逮捕されるのは、ほっといたらまずそうな場合。
逮捕⇒取調べして、問題ないとわかったら釈放ですが、問題ありとなった場合は身柄を検察庁に引き渡します。
これが「送検」。

ほっといてもまずくなさそうな場合(逃げる恐れなし)は、普通は取調べの後逮捕はされず開放されます。
その後、身柄ではなく書類だけ検察に送る。これが「書類送検」。

送検・書類送検いずれも、その後の取調べは検察庁がします。
どうなるかは、検察が決めます。以下の3パターンのいずれかです。

1)証拠不十分や無罪が判明した場合⇒不起訴(釈放、無罪)
2)確かに悪いことをしているが、微罪の場合⇒起訴猶予(釈放、無罪ではないが罰は受けない)
3)悪いことしているとわかった場合⇒起訴(裁判所が罰を決める)。

警察が書類(調書)を検察庁に送ること。
書類を「検」察に「送」るから「書類送検」。

人身事故起こせば、普通は誰でも書類送検されます。
人身事故でなくても、30キロ以上のスピードオーバーで赤きっぷ食らっても、書類送検されます。
私だって、書類送検されたことがあります(笑)。

そもそも交通違反は、警察には処分する権利がありませんから、検察に書類を送って処分してもらう以外ありません。

大げさに書いているだけです。

悪いことをしたら、逮捕される場合と、逮捕されない場合があ...続きを読む

Qオークション ライブチケット トラブルについて。

ヤフオクでのチケットトラブルについて。

ファンクラブ枠ライブチケットを落札しました。落札後、出品者との特にトラブルもなく取引を進め入金し、チケットが届きました。

所が、ファンクラブ枠のはずであったのにもかかわらず届いたチケットは通常のものでした。
出品者にナビで返金を求める連絡をしましたが「取引終了につきコメントできません。
当方,依頼者ですので詳細な対応につきましては,回答できません。」との事。

オークションに通報・警察にも通報する旨ナビしますが連絡は返ってきません。
この方はもともと詐欺を働いたのでしょうか?ファンクラブ枠と偽り、高額で取引をしておきながら通常チケットを売るという・・・。

電話番号は分かりますが怖いので電話連絡はまだしていません、どのように対処するのが良いでしょうか?

Aベストアンサー

>この方はもともと詐欺を働いたのでしょうか?ファンクラブ枠と偽り、高額で取引をしておきながら通常チケットを売るという・・・。

落札価格を吊り上げるための意図的なものなら詐欺と言えるでしょうけど、
『当方,依頼者ですので詳細な対応につきましては,回答できません。』
というのがどういう意味なのか理解できません。
委託品だったのでしょうか?
まずその点から確認する必要があると思います。
推測で決めつけで先走ったことをすると逆に言いがかりや脅しと取られかねません。


>オークションに通報・警察にも通報する旨ナビしますが連絡は返ってきません。

もし単純なミスだったら詐欺とまでは言い切れません。
警察が事件として受理するようなものでもないでしょう。
オークションサイトもここの取引には介入できません。
ナビの回答から相手はこれ以上関わるつもりは無いようですし、
そもそも期限のあるチケットに腰をすえて交渉するだけの時間的余裕がありますか?

大変悔しいですが痛い勉強代を払ったと考えてあきらめるのも手段だと思います。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q長文 発送深刻トラブル(実話)です

冷蔵庫を落札されたのですが、出品の際にクロネコに確認したら小さな引越しDランクですと言われました。当方2階に住んでおりますが、玄関から出せない為ベランダから吊るして出すしかないですがDランク料金でOKですか?と聞いたらその時はOKですと言われたので出品しました。落札されて入金確認出来たので再度確認の為に聞いたらDランク料金だけでOKとの事でした。そして日程を決めて電話を切って5時間後にクロネコから電話があり吊るして下ろすのに1万円余分にかかると言われました「だったら初めから言ってくれよ」って言ったら「すいません」も言わず「無理です」と言われました。そして挙句の果てに「あなたが初めに2階のベランダから下ろすと言うのを聞いてない」と言い出しました。そして私は確かに言いましたから「最初に話した方に代わって下さい」と言ったら「手が離せない」と言われたので「手が空いたら折り返し電話ください」と伝えて掛かって来ませんでした まだキャンセルした訳では無いので予定では今日集荷に来る予定ですけど、来るのでしょうか?どうしたらいいでしょうか?読んでくださり感謝します。ご意見、アドバイスお願いします

冷蔵庫を落札されたのですが、出品の際にクロネコに確認したら小さな引越しDランクですと言われました。当方2階に住んでおりますが、玄関から出せない為ベランダから吊るして出すしかないですがDランク料金でOKですか?と聞いたらその時はOKですと言われたので出品しました。落札されて入金確認出来たので再度確認の為に聞いたらDランク料金だけでOKとの事でした。そして日程を決めて電話を切って5時間後にクロネコから電話があり吊るして下ろすのに1万円余分にかかると言われました「だったら初めか...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

ヤマト運輸のメールフォームから連絡してみて下さい。

翌日責任者クラスの人から連絡があると思います。

https://www3.kuronekoyamato.co.jp/query/

返答はメール、電話、文書で選べますがまずは電話で責任者と会話してみて下さい。

参考質問

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1421073

参考URL:https://www3.kuronekoyamato.co.jp/query/

Q書類送検ってなんですか?

よくニュースで「書類送検」という言葉を耳にします。

でも書類送検されるとどうなるのでしょうか?

たとえば会社員の場合、書類送検されると解雇されるのでしょうか。

また書類送検されると「前科あり」となるのでしょうか。

Aベストアンサー

事件を起こした人物が、その後も違法なことをしたり、逃亡するようなおそれがある場合には、「逮捕」します。
その身柄と、調書等を検察に送り、裁判にかけるのが、「送検」です。

そのような恐れがなければ、逮捕はされず、警察にて取り調べののち、調書のみが検察に送られます。
だから、「書類送検」です。

そういう段階なので、裁判で有罪と確定されるまでは、犯罪者ではないので、通常通りの勤務が出来ます。


まあ社内での立場や解雇・辞職は、また別の話ですが。

Qオークションでチケット購入

Yahoo!オークションなどで10月の鈴鹿F1グランプリの観戦チケットを手に入れたいのですが、開催日の期日にせまるほどチケットは高値となってしまうのでしょうか?
経験のある方、教えてください。
また、○ブロックの15列 10番などの場所はどのようにしてわかるのでしょうか?前列?後列?右側?左側?

Aベストアンサー

写真撮影は可能です。
ほとんどの場所で、焦点距離が35ミリカメラで500ミリ以上ないと、迫力のある写真は撮影できません。
一般的なデジカメなら、練習走行(プラクティス)で走るマシンをバックに「私は鈴鹿でF1を観た」という写真は撮影できるのではないかと思います。決勝は観戦に集中したほうが楽しめると思います。
マシンの撮影にこだわるなら、逆バンクがお勧め。ただし、前もって「流し撮り」の練習が必要ですね。(こちらは指定席ではないかも??)

参考URL:http://www.kansenzyuku.com/map/

Q書類送検て意味があるのですか?

よくニュースで事件の結果書類送検しました!と
言うのを聞きますが
書類送検された当人たちには
実質的になんの痛みもないのではないでしょうか?

一体書類送検てなんなのですか?
よく分からないので教えてください。

Aベストアンサー

>結論から言えば、有罪ではあるけれども
その罪は軽いので
書類だけですましてあげますよ。とうことですね。

違います。有罪か無罪かが決まるのは裁判の結果です。いわゆる送検(書類送検でも身柄付き送検でも)というのはあくまでも裁判の前提となる起訴の更に前の段階の捜査の話です。捜査段階ではあくまでも犯罪の嫌疑だけであって、有罪無罪は確定していません。
だからその段階で「痛み」云々を論じるのは時期早尚なのです。その後どうなるか判らないのですから。
身柄付き送検だと時間制限があるので捜査が進捗していなくてもとりあえず制限時間内に行わなければなりませんが、書類送検には時間制限がないので捜査を続けて一段落したら検察に事件を送ってその判断を仰ぐ、とそれだけの話です。元々、身柄拘束はその必要性がない場合にはやってはいけないというのが原則なので、必要がないから身柄拘束していない、身柄拘束していないからいわゆる書類送検をする、ただそれだけの話です。
身柄を拘束するのは必要だからであって、身柄拘束は制裁ではないのです。警察が逮捕した=有罪だと思うのならそれは勘違い以外の何ものでもありません。身柄拘束は、裁判をするのに必要だからやってるだけです。制裁は裁判により有罪となって初めて受けるのです。少なくとも刑事手続としては(社会的制裁はそれ以前に受けてしまうことはよくありますがね)。

どうもお解りでない様子なので刑事手続の概略を説明しておきます。

1.事件が起こる。
2.捜査機関(通常は警察)が事件を知り、捜査が始まる。
3.捜査により犯人と事件の内容が明らかになった。
4.検察が起訴するかどうか決める。
5.起訴すると公判が始まる。
6.判決が出て有罪無罪が決まる。
7.有罪の判決が確定すると刑を執行する。

というところ。ここで3と4の間で警察から検察に事件を“必ず”引き継ぎます。この引継ぎの原則形態がいわゆる書類送検です。つまり、書類送検は本来の原則としては“必ず”行うものなのです(全件送致の原則と言う。例外として微罪処分とか色々ありますが)。捜査段階で身柄拘束をした場合にはいわゆる身柄付き送検をするのですが、この場合にはいわゆる書類送検はしなくてもよい(二度手間だから)ということになっているだけで、いずれにしても検察に事件を引き継ぐことが必要です。なぜなら起訴するかどうかを決めるのは検察だから。
つまり、書類送検とは検察以外が捜査した事件について捜査が一段落付いたところで捜査機関から検察へ事件を引き継ぐことでしかないのです。その後にまだ起訴の判断、起訴すれば公判(ただし、略式の場合公判は開きません)、判決、有罪なら刑の執行と手続は残っているのです。
だから、途中の段階で「痛み」云々を論じるのは“時期早尚”なのです。
まだ終わってないんですよ。(一応)終わったのは捜査だけです。手続はまだまだ途中なのです。

>事実上形だけでなんにも効果がないように
おもえます。

当たり前です。本来そんなところに効果がある方がおかしいのです。有罪の判決を受けてそれが確定しない限り無罪なんですからそこで少なくとも法律的な「効果」があるようではおかしいんですよ。だから“時期早尚”だと言っているのです。

何度も言いますが、いわゆる送検は“途中経過”でしかないんです。途中経過の段階で「効果がない」などと言うのは、的外れもいいところです。途中経過なのですからそこに効果など期待するのがおかしいのです。「効果」なんてのは最後まで行って初めて論じるべきものであって、途中で効果がどうこうなんていうことが筋違いなんですよ。そういう発想が冤罪を産むんです。

繰返して言いますが、いわゆる書類送検後に起訴されて有罪判決が出る例などいくらでもあります(ちなみに実際に書類送検される場合、取調べを受けますが、これがかなりうっとおしいし面倒臭いです。これだけでも結構な事実上の不利益ではあるんですよ。速度違反で赤切符に署名押印している場合ですら、後で検察に行って取調べを受けなきゃならないんです)。そこまで見て初めて効果云々を論じることができるのです。
速度違反を例に挙げましたが、速度違反で逮捕しない場合は、いわゆる書類送検でほぼ100%罰金刑以上の有罪判決(罰金刑の場合多くは略式命令ですが)です。

>結論から言えば、有罪ではあるけれども
その罪は軽いので
書類だけですましてあげますよ。とうことですね。

違います。有罪か無罪かが決まるのは裁判の結果です。いわゆる送検(書類送検でも身柄付き送検でも)というのはあくまでも裁判の前提となる起訴の更に前の段階の捜査の話です。捜査段階ではあくまでも犯罪の嫌疑だけであって、有罪無罪は確定していません。
だからその段階で「痛み」云々を論じるのは時期早尚なのです。その後どうなるか判らないのですから。
身柄付き送検だと時間制限があるの...続きを読む

Qチケット引き換え

どなたか教えてください
先日ネットにてチケットを購入し、支払いも済ませ後は受け取るだけなのですが、イベント当日の席番号はいつ決定するのでしょうか?

ネットで確定した時?

コンビニで代金を支払った時?

受け取りに行ってチケットを発行された時?
まだ日にちがあるのでのんびり構えてましたが、早く受け取った方が良い席をとれるのでしょうか?(泣)

Aベストアンサー

それですと、受け取りに行った時点で、発券されるシステムですね。

その場合は、コンビになどで発券されるとき(代金支払い時)に自動で空いている席を振り分けられると思います。

仮に1000席空いていた場合には、まず2~3くらいに席がグループわけされています

前半分A枠500席+後ろ半分B枠500席に分けられた場合には、先に受け取りに来た人からA枠をランダムで当てていきます。A枠がいっぱいになった時点でB枠に移ります。

全部の席をランダムに当てると、完売でなかった時に、前のほうで空き席が目立ち興行上よろしくありません。また、逆に申し込み順ですと、初日の解禁と同時に転売屋に集中攻撃されます

それらを防ぐために枠を分けてランダムに振り割ります。

ですので早く行ったら一番前と言うことはありませんが、遅く行くメリットは何もありません。

あとFC枠とか、女性枠とかがあり主催者によってそれらを色々組み合わせていますが、基本はこんな感じです。(FC枠でも一般枠の前とは限りません。)

Q逮捕と書類送検と前科について質問です。

逮捕と書類送検はどう違うのでしょうか?「逮捕されて書類送検」と「書類送検のみ」の場合があるような気がします。
それで、どちらも前科がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

逮捕は被疑者を拘束するための手段で、拘束する必要がなければ逮捕はされません。
拘束する必要がある場合というのは、逃亡や証拠隠滅の恐れのある場合です。

書類送検は警察官が捜査した書類を検察に送ることです。
検察で起訴されて、裁判で刑罰が決まらない限りは前科はつきません。

Qチケットの落札

少し前のことなのですがオークションでチケットを購入しました。
このオークションの本文には金券ショップにも委託しているので
そちらで先に希望価格がついたらオークションを終了することもあると書かれていました。
私のほうも心配だったので締切1時間位前にまだチケットは売れていませんかって
質問欄で確認をしたらすぐに「まだ手元にあるので大丈夫です」と回答をもらいました。
チケットは全部で4枚出品されていたのですが
そのうち3枚が終了を待たずに落札希望価格の90000円で落札されていました。
それで私は残りの1枚を目指して入札に参加して結果スタート価格の8000円で落札しました。
ここまで安いのはタイトル名を間違っていたからだと思います。

それで出品者のほうから翌日になってメールが来て「本日確認したら金券ショップでチケットは売れてしまいました。
せっかく落札していただいたのに申し訳ございませんが今回はお取引自体なかったことにしてください。
また機会がございました時はよろしくお願いいたします。」と名前も住所も知らせずにメールが来ました。
ここまでならば数時間前に質問欄で確認してあったと言われて入札したとかありますが
本文に書いてあったことなので百歩譲ってまだ許せることかなと思っていました。

しかし、話はこれで終わらずに同じIDですぐにチケットが再出品され始めたのです。
今度はタイトルのアーティスト名も間違っていませんで
本文には金券ショップでキャンセルが出たのでと書かれていました。
問い合わせたら「キャンセルした時点で私とあなたのお取引は既に終了している。
なので金券ショップでキャンセルが出たからといってあなたに売る義務はない」と回答をもらいました。
別にキャンルは向こうが一方的に言ってきただけで私は了承もしていません。
このような場合、出品者は私にチケットを売る必要は特にないのでしょうか?

少し前のことなのですがオークションでチケットを購入しました。
このオークションの本文には金券ショップにも委託しているので
そちらで先に希望価格がついたらオークションを終了することもあると書かれていました。
私のほうも心配だったので締切1時間位前にまだチケットは売れていませんかって
質問欄で確認をしたらすぐに「まだ手元にあるので大丈夫です」と回答をもらいました。
チケットは全部で4枚出品されていたのですが
そのうち3枚が終了を待たずに落札希望価格の90000円で落札されていました。
...続きを読む

Aベストアンサー

 出品者は、あなたに落札価格でチケットを売る義務があると考えます。

 まず、仮に金券ショップでチケットが売れてしまった場合です。この場合でも、オークションを早期修了しなかった以上、落札の時点であなたに売るという契約が成立します。

 そして、出品者が言うように金券ショップでチケットが売れてキャンセルになった場合です。契約の合意解除は「最初からなかったことになる」のが原則です。つまり「売れた」ということ自体がなくなるので、あなたに商品を売らなければならなくなります。なかったことにしてくれというメールが出品者から来たそうですが、あなたが特にそれに応じる返事を出したのでなければ、単に契約を履行しない旨述べただけで、法的意味はありません。

 評価欄から「落札したのに、商品が手元にあるのに売ってくれない」と書いてやりましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報