いつもお世話になります。
労働基準法の休憩時間についての質問です。

労働基準法で8時間以上の就業の場合、1時間の休憩法律で決められているのは知っているのですが、その休憩時間の使い方について、教えてください。
(経営者の立場視点での質問です。母がオーナー。私はスタッフです。)

聞きたいことは・・・
☆休憩時間の外出を制限することは法令違反なのでしょうか?
(申請の上許可制で外出可能)


まず、仕事は、接客業に当たります。
(フィットネスクラブのインストラクターです)

就業は9:00~20:00
13:00~14:00がお昼休みで、18:00~が時間外手当を頂いています。
この場合の法律で決められた休憩時間は1時間ですので、法律的にも大丈夫ですよね?

休憩は問題なくもらえています。
ただ、職種的に、お昼休み中に電話がきてしまったり、13:00ぴったりにお客様が引かないことももちろんあります。
しかし、つぶれた分の休憩時間は基本的に伸ばしてもらえています。

その上で問題なのが、どうしても電話等(あっても1回程度)があり、それが会社の利益に関わることがあるため、お店を空にすることはできません。
今までのスタッフは、理由があって外へ行きたい人は許可を取ったうえで外出することで、問題はありませんでした。
今回、年配の新人が入り、お昼休みを必ず一度帰りたいということを言い出しました。
しかし、それを毎日許してしまうと、他のスタッフに不満が出てきてしまっています。

そこで、いろいろ調べたところ、
自由利用の原則というものがあり、『休憩時間は権利として労働から離れることを保障した時間であるため、その休憩時間を自由に利用されなければならい』
という記載を見つけました。
しかし、同時に『ただし、一定の拘束を受けることはやむを得ないとされています。例えば、事業の規律を保持するために必要な制限を加えたり、休憩時間中の外出に対して許可を受けさせることは、必ずしも違法とはなりません。』
とも記載がありました。

てことは、この場合は、必要な時に許可が下りた場合だけ外出を認めれば、
毎日必ず外出を認めなくても、企業的には問題ありませんか?
せめて、週に2~3回にしてもらい、他の子にも不満が出ないようにしたいのです。


いつも説明が長くて(下手で)すみません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こういうのは社内規定で決めるべきで、法律では解決しません。

社内規定で決めればそれに準拠しない場合は規定違反であり解雇の条件にもなります。
その場合は当然従業員の同意が必要なので、通常は社員の代表者との話し合いになります。
ちなみに外出のリスクとしては、時間内に戻れるかわからない。戻れない場合はどうするか?また通勤と同じでその際の事故などの保障をどうするか?つまり労災の適応外にするか適応内にするか。
たまに、なら都度判断で問題ないけど、常にであれば規定は必要なわけです。
その上で会社として責任持てないとして判断するなら禁止にしてもかまわないし、条件付きでOKにすることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

なるほど、確かに法律で規定があっても、実際にとなると、難しいことや、不可能なことって多いですよね…
となると、確かに社内規定でちゃんと決めておくのが一番ですね

今までは、暗黙の了解になっていたので、口約束?程度の社内ルールでした。
しかし、それが今回あだとなってしまったので、ちゃんと全員が納得できる条件で規定をつくりたいと思います。

法律法律と言われても、実際には臨機応変に対応しないと中小企業は回りませんので、社内規定で解決できるなら助かります!

ありがとうございました!!

お礼日時:2014/04/25 01:55

>てことは、この場合は、必要な時に許可が下りた場合だけ外出を認めれば、毎日必ず外出を認めなくても、企業的には問題ありませんか?



理由が電話対応なら駄目に決まってます。
>どうしても電話等(あっても1回程度)があり、それが会社の利益に関わることがあるため、お店を空にすることはできません。
この理由で休憩時間に外出を許可制にしているなら、外出していないスタッフは労働時間に該当する可能性があります。


行政解釈では外出を許可制とする場合には、
少なくとも事業場内に休憩室のような施設等があり、
これらを利用することで労働者が十分休憩を取り得る場合等のような、代替処置がなされている場合です。
(昭23.10.30 基発1575号)

一定の拘束とは
職場の秩序を侵害したり、同僚の自由な休憩を妨げたりすることを禁止したり、
飲酒等で労働が完遂できない行為の禁止などです。



都合の良い解釈はしないようにしたほうが良いです。

なので、昼の電話当番制を作り、当番した人は時間をずらして休憩させるようにすればいいです。
但しこの制度を取り入れるには労使協定が必要。
一斉に休憩を与えない労働者の範囲、
労働者に対する休憩の与え方を定める必要があります。
労働基準監督署への届出義務は規定されていません。


また、外出させるのであればタイムカードを打刻させるなどして時間管理する(実際に休憩時間内で戻ってきているかどうか)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>>理由が電話対応なら駄目に決まってます。
>どうしても電話等(あっても1回程度)があり、それが会社の利益に関わることがあるため、お店を空にすることはできません。
この理由で休憩時間に外出を許可制にしているなら、外出していないスタッフは労働時間に該当する可能性があります。

質問にも書きましたが、『電話対応等があった場合その分の休み時間を伸ばす』という対応をしていても、いけないのでしょうか?
電話というのは、仕事している上では仕方のないことですよね?
電話が入ってしまったことによって対応で休憩がつぶれた部分については、労働時間と納得がいきます。
しかし、だからこそ、その分の休み時間は十分伸ばしている対応をしています。
別のサイトでの回答では、同じ質問の方が、電話対応等で休み時間がつぶされた場合その分は休みをもらえばいいという記載をみました。
実際はどうなのでしょうか?

>>行政解釈では外出を許可制とする場合には、
少なくとも事業場内に休憩室のような施設等があり、
これらを利用することで労働者が十分休憩を取り得る場合等のような、代替処置がなされている場合です。

解釈が少しわかりませんでした。
十分な休憩処置をとっているなら、外出を許可制にする必要があるのですか?

意味はわからなかったのですが、
一応、電話云々を抜かせば、スタッフルームはちゃんとありますし、また、休憩時間内はお店は完全に閉めているので、全員での休憩となります。
13:00~14:00が休憩と記載しましたが、お店自体は15:00まで休業しているため、休憩を伸ばした場合であっても、環境としてはちゃんと休憩できる状態です。
また、許可制といっても、固いものではなく、お店を空にしないようにするためだけのものなので、
許可をとるのに苦労することなどはありません。

また、うちは個人営業のため、スタッフも少なく、事業としても小さいです。
その様な状態で、あるかもわからない電話の当番を作り休み時間をずらすのは難しいです・・・

しかし、実際には会食等で、全員でお店を離れることはあります。
実際の所、電話に出なくて困るのは結局現場のスタッフ自分達なので、今まで(8年間)この様な問題がこれまで発生しませんでした。

でも、何をいっても、結局経営者側の言い訳なんでしょうね^^;
私は、母の店に入る前に、大企業にいましたが、もっとひどかったので、
(サービス残業あたりまえ、休憩はお昼休みですら10分程度)
ついそれと比べてしまいました。
今回解決のために、電話当番制を作らなければならないのであれば、検討してみます。

ありがとうございました!

お礼日時:2014/04/25 01:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実務8時間 勤務時間9:00~21:00とは?

■9:00~21:00(実働8時間、昼休憩1時間) ※残業は月5時間程
という求人広告がありました。

この会社はフレックス制で9:00~21:00の間に「8時間+休憩1時間」で働くのでしょうか?
9:00~18:00(実務8時間、昼休憩1時間)で残業が毎日3時間あると言う意味ですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

変則労働時間性かと思われます。
例えば、飲食店や旅館の調理師や仲居。
朝と夕刻の勤務で合計8時間、昼まで仕事があった場合、休息1時間。その他の仕事のない時間帯は自由。
おっしゃるようにフレックス性の可能性もありますね。

Q休憩時間の与え方:残業を入れて8時間の場合は1時間の休憩?

労働基準法では、8時間以上の労働をする場合は、その間に1時間の休憩時間を入れなければならないとあります。
標準の勤務時間が7時間45分の場合、休み時間は45分でよいと思うのですが、その後残業をして8時間を超えた場合はその時点で15分休憩させなければならない、という解釈になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>8時間以上の労働をする場合は、その間に1時間の休憩時間を入れなければならないとあります

傍論ですけど、正確には「8時間を超えて」労働させる場合ですね。
(「8時間」なら45分でもOK)

>その後残業をして8時間を超えた場合はその時点で15分休憩させなければならない、という解釈になるのでしょうか?

そのとおりです。残業を含む含まないにかかわらず、1日の労働時間によって法定休憩時間は決まります。

Q時間外勤務中に休憩を取り、22:00以降まで勤務した場合の深夜割増の扱いについて

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として申請する、というように指導されています。(2)の場合ですと、勤務終了が22時ですので、22時から23時まで残業した分については、実際に22時以降に勤務しているにもかかわらず深夜割増が支払われないことになります。残業時間が長時間にわたる時に食事等で休憩を取るのは、社会通念上認められる正当な行為ではないかと思いますが、これを私的な理由での休憩として、それによって22時以降に勤務した分の深夜割増を支払わない、という点に関して法的な問題はないのか、ご教示頂きたく、宜しくお願い致します。

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として...続きを読む

Aベストアンサー

使用者の(2)の指導は、事実を偽って偽装しろということですので、労基署の指導対象です。

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html

一人立ち上がってもしょうがないので、労働組合(がなければ結成するなり単独加入できるユニオンに加入して)から団交要求、使用者を徹底的に糾弾すべきでしょう。

Q休憩時間の外出について

休憩時間についての就業規則について質問です。

調べたところ、『原則として、労働基準法により休憩時間は自由に利用できなければなりません。当然、休憩時間中の労働者の外出は自由でなければなりません。しかしながら、「事業場の規律保持上必要な制限を加へることは休憩の目的を害さない限り差し支へない』とされているようです。

この『規律保持上必要な制限』についての質問なのですが、例えば『病気の子供が心配で家に様子を見に行く以外は禁止』というように、外出理由の制限をすることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

>外出理由の制限をすることは可能なのでしょうか?
できません。
目的で制限することは、自由利用の原則に違反します。
規律保持上必要な制限の範囲で就業規則に定めることができるのは、所属長に外出の届出する、連絡先を明示させる程度までです。

Q労働基準法:労働時間と休憩時間の解釈

法律というより日本語の問題かもしれませんが。

6時間を超える労働には45分、
8時間を超えると1時間の休憩が義務となっていますが、
「時間」「超える」の解釈が分かりません。

9時から6時間労働の場合はどうなるでしょう?

日常会話では9時から15時までの6時間と言うと思いますが、
法律で考えると14時59分までが6時間になるのでしょうか?

雇用契約書などで労働時間を9時から15時とした場合は、
45分の休憩が必要ですか?

実労働時間6時間(5時間59分?)で休憩時間を15分としたい
(9時から15時15分までの勤務時間で、13時から15分休憩)場合、
書類上の表現はどのようにしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 
「を超える」・・・その時間は含みません
8時間1秒になった時に8時間を超えたと言います。
9時からの6時間勤務なら9:00~15:00まで働けば6時間勤務、この場合は休憩は不要です。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報