約束手形の支払期日を過ぎたあとの扱いについてご教授お願い致します。
得意先より約束手形を以前いただいたのですが、こちらのミスで支払期日を過ぎてしまいました。 得意先にはこれからお願 いをして小切手支払などの依頼をするのですがその場合の領収書の扱いはどのようになりますか? 手形をいただいた時点で領収書は発行しており、内訳には手形でいただいたことを記入してあります。 今回、小切手支払をしていただくとして前回発行した領収書と引き換えに新たな日付で領収書を再発行し引き換えという形になるのでしょうか?
アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

手形をいただいた際の領収書は返却してもらわず、小切手受領に対して新たに領収書を発行するのがよい。

いったん手形を受領したのは確定した事実であるためだ。新たな領収書の摘要欄には、手形の発行日や番号等を記載して手形を特定したうえで、その手形と交換して小切手を受け取った旨を記載するのがよい。

ただ、得意先が嫌がるなどであれば、手形をいただいた際の領収書を返してもらっても特段の支障はない。

新たな領収書を発行する場合、1点気を付けて欲しい。決済は、それが本来もつ機能を発揮してお金を受け取った場合に使う言葉なので、「手形の決済」は手形取立によりお金を受け取った場合を指す。今回は取立をしなかったのだから、決済と記載するのは事実に反してしまうので、質問者さんにおかれては注意されたい。
    • good
    • 0

得意先への売上代金を約束手形(満期、平成26年3月31日)で受取って領収書を発行した。

しかし、手形の満期取り立てを忘れていたため、4月10日に、得意先から小切手を受領し、同時に約束手形を返却した、との設定で回答します。

その際には、新しい領収書を発行するのが正しいでしょう。

◇領収書の日付は4月10日と記入します。領収書の但し書き欄には、「売上代金として受領」と記入するのではなく、「未決約束手形(満期H26.3.31)決済の為の小切手受領」と記入する。

◇印紙税:
・領収書の額面が5万円未満の場合は、非課税。収入印紙は不要。
・領収書の額面が5万円以上の場合は、課税。収入印紙200円を貼付する。

この場合、約束手形を受取ったときの領収書は返してもらう必要はありません。
    • good
    • 0

手形をお返しし、領収書を返して頂き、新たに頂いた小切手の領収証を発行する。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q約束手形の裏書人が解散したあとの取立期日が到来する手形

お世話になります。
質問のタイトルの通りですが、現在手元にあります、約束手形の裏書人が来年3月を以って解散することとなりましたが、約束手形の取立日(支払期日)が、来年の4月以降となっているものが数葉ありますが、この場合手形の効力に問題が生じますでしょうか。
仮に平成16年4月10日が支払期日でそのあたりに、取立に出すこととなるとおもいますが、裏書人がその時点で解散している場合に問題となるのか教えてください。
私の判断では、万が一に不渡りとなった場合に裏書していても、4月には解散していることから、裏書人としての効力が無くなるだけかなぁと考えております。
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裏書人はある意味、連帯保証人ですから
その人がいなくなっても手形の効力は変わりません
不具合は保証能力が下がる事です、振出人の義務として
新しい裏書人の追加を求めるべきです。

Q振込と約束手形で支払をして貰った場合の印紙の金額及び領収書について。

振込と約束手形で支払をして貰った場合の印紙の金額及び領収書について。
売掛金¥1,200,000を
振込 ¥ 200,000
手形 ¥1,000,000
で受けとりました。
この場合、¥400の収入印紙を貼って、受取額は¥1,200,000
内訳として振込額と手形の額を記入しています。
この方法が1番正しいのか、手形金額だけで領収書を発行する事の方が一般的なのか教えて下さい。
近頃100万200万といったキリのいい金額の手形を受け取る機会が多く、
手形の金額だけで領収書を発行した方が印紙代の節約になるような気もします。
混合している場合はトータルの金額で記入した方が、双方が分かりやすいと思って現状はこの形なのですが、一般的なケースを知りたいと思い質問します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

領収証というのは、金額も大事ですがそれ以上に受領日はいつかということが大事です。

仮に 20万が振込でなく小切手 (もちろん現金でも同じ) だったとして、小切手と手形を同時に受け取ったのなら、領収証は 1枚でそこに内訳を明記しておけばよいです。
手形と小切手を別々にもらったのなら、領収証も別々です。

さて、振込の場合ですが、振込に領収証は必用ありません。
支払い側の手元に残っている振込票の控えで支払の証拠となるからです。
しかも、ネットバンクでない限り、3万円以上の振込には印紙税相当が含まれています。
200円の印紙税相当に消費税 10円のおまけまで付いて。
下手に領収証を書くと、印紙税を 2度負担することになるのです。

それでも領収証を要求されるなら、手形受領と同時ということは考えにくいですから、手形分と振込分とは分けて書くべきでしょう。

Q約束手形の裏書人が倒産した場合の約束手形の効力について

この度、A取引先から売上げ代金として、B社の振出した約束手形にA社が裏書したものを持参しましたので、我が社は、それを受け入れることといたしました。
仮に、裏書している、取引先であるA社が倒産した場合であっても、B社が支払ってくれる手形であると解釈していますが、この考え方でよろしいでしょうか。
現在、A社の経営状態が必ずしも良好な状態でないので、最悪の場合を想定して質問させていただいておりますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

約束手形の場合、振出人が手形期日にその手形を決済する義務がありますから、裏書人が倒産しても、振出人には決済義務がありますからもんだいありません。
又、振出人が倒産などで、手形を決済できなくて不渡りになった場合は、その手形の裏書人に支払を請求(遡求権)できます。

A社の経営状況が厳しい場合は、資力のある振出人の手形を裏書きしてもらうほうが安全です。

ただし、裏書譲渡された手形を受け取る場合、手形の名宛人が裏書人になっているか確認する必要があります。

Q約束手形が引落になっておらす、その約束手形の勘定処理の仕方を教えてください。

下請の支払の為、約束手形(100万)を渡していましたが、期日に引落にならず、下請に確認したところ、取立てに回すのを忘れていたとのこと。
期日の過ぎた手形(100万)を回収し、代わりに小切手(50万)と、手形(50万)を渡しました。
その場合、戻ってきた手形の勘定処理はどのようにすればよいのでしょうか?
経理初心者で困っています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>戻ってきた手形の勘定処理はどのようにすれば…

振り出したときの逆にするだけです。

・振り出したとき
【外注費 (or適宜科目) 100万円/支払手形 100万円】
・戻ってきたとき
【支払手形 100万円/外注費 (or適宜科目) 100万円】

>代わりに小切手(50万)と、手形(50万)を…

【外注費 (or適宜科目) 50万円/当座預金 50万円】
【外注費 (or適宜科目) 50万円/支払手形 50万円】

Q割引手形・小切手の現金化の期日について

こんにちは。
よろしくお願いいたします。
小さな会社の経理を担当しています。
今月の2日に小切手、4日に手形を割り引いてもらうよう銀行に持ち込みました。
今日支払の為午前中に銀行へ行きましたが、まだ現金化されていないとの事。
2,3日で現金化されると思っていたのですが、結構時間がかかるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

ひとつ確認ですが、「小切手」は単に口座にご入金されたんですよね?2日に。
それならば、未だに現金化されていないというのは本当に変な話です。通常は確かに2・3日で現金化されます。
但し、希に小切手の不渡りもありますので(それならば尚のこと金融機関から連絡があるはずですが)
とにかく至急、銀行に詳細(理由)を確認してください。

4日の手形の割引の件ですが、これは当初に銀行と『実行日』を何時と約束していたかによります。
特にこちらから何も言わなければ、チャッチャと動かない金融機関も多いですので、これもとにかく至急、その金融機関に確認しましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報