約束手形の支払期日を過ぎたあとの扱いについてご教授お願い致します。
得意先より約束手形を以前いただいたのですが、こちらのミスで支払期日を過ぎてしまいました。 得意先にはこれからお願 いをして小切手支払などの依頼をするのですがその場合の領収書の扱いはどのようになりますか? 手形をいただいた時点で領収書は発行しており、内訳には手形でいただいたことを記入してあります。 今回、小切手支払をしていただくとして前回発行した領収書と引き換えに新たな日付で領収書を再発行し引き換えという形になるのでしょうか?
アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

手形をいただいた際の領収書は返却してもらわず、小切手受領に対して新たに領収書を発行するのがよい。

いったん手形を受領したのは確定した事実であるためだ。新たな領収書の摘要欄には、手形の発行日や番号等を記載して手形を特定したうえで、その手形と交換して小切手を受け取った旨を記載するのがよい。

ただ、得意先が嫌がるなどであれば、手形をいただいた際の領収書を返してもらっても特段の支障はない。

新たな領収書を発行する場合、1点気を付けて欲しい。決済は、それが本来もつ機能を発揮してお金を受け取った場合に使う言葉なので、「手形の決済」は手形取立によりお金を受け取った場合を指す。今回は取立をしなかったのだから、決済と記載するのは事実に反してしまうので、質問者さんにおかれては注意されたい。
    • good
    • 0

得意先への売上代金を約束手形(満期、平成26年3月31日)で受取って領収書を発行した。

しかし、手形の満期取り立てを忘れていたため、4月10日に、得意先から小切手を受領し、同時に約束手形を返却した、との設定で回答します。

その際には、新しい領収書を発行するのが正しいでしょう。

◇領収書の日付は4月10日と記入します。領収書の但し書き欄には、「売上代金として受領」と記入するのではなく、「未決約束手形(満期H26.3.31)決済の為の小切手受領」と記入する。

◇印紙税:
・領収書の額面が5万円未満の場合は、非課税。収入印紙は不要。
・領収書の額面が5万円以上の場合は、課税。収入印紙200円を貼付する。

この場合、約束手形を受取ったときの領収書は返してもらう必要はありません。
    • good
    • 0

手形をお返しし、領収書を返して頂き、新たに頂いた小切手の領収証を発行する。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q約束手形と確定申告

フリーランスで仕事をしているものです。
確定申告をする際に、わからないことがあるので質問させていただきます。今年初めて約束手形での支払いを受けました。
約束手形を受け取ったのは平成18年12月28日です。その約束手形の支払い期日は平成19年2月10日です。
そして平成18年度分の確定申告する際、この収入は、平成18年度分に含めるのか、それとも平成19年度分になるのかがわからないのです。ようするに約束手形を受け取った時点で収入となされるのか、それとも約束手形の支払い期日(約束手形から現金に換えたとき)が収入とみなされるのか、どちらになるのでしょうか?
どなたか詳しい方おられましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>約束手形を受け取った時点で収入となされるのか、それとも約束手形の支払い期日…

どちらでもないです。
「収入 = 売上」の起算日は、あなたがその仕事を終えて顧客に引き渡した日です。
仮に、それが 11月30日であったら、

18-11-30【売掛金/売上】
18-12-28【受取手形/売掛金】
19-2-10【普通預金/受取手形】

と仕訳をします。
売上としては、あくまでも 18年分ということです。

Q約束手形の裏書人が解散したあとの取立期日が到来する手形

お世話になります。
質問のタイトルの通りですが、現在手元にあります、約束手形の裏書人が来年3月を以って解散することとなりましたが、約束手形の取立日(支払期日)が、来年の4月以降となっているものが数葉ありますが、この場合手形の効力に問題が生じますでしょうか。
仮に平成16年4月10日が支払期日でそのあたりに、取立に出すこととなるとおもいますが、裏書人がその時点で解散している場合に問題となるのか教えてください。
私の判断では、万が一に不渡りとなった場合に裏書していても、4月には解散していることから、裏書人としての効力が無くなるだけかなぁと考えております。
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裏書人はある意味、連帯保証人ですから
その人がいなくなっても手形の効力は変わりません
不具合は保証能力が下がる事です、振出人の義務として
新しい裏書人の追加を求めるべきです。

Q約束手形の裏書の意味

約束手形の裏書の意味

約束手形を今日、取引先から頂いたので銀行へ預けたいのですが
預ける時にその約束手形の裏に記名、捺印をする意味はどういうことなんでしょうか?
無知な質問ですみません・・・。

Aベストアンサー

A社がB社に約束手形で100日後の期日に100万円支払う約束をしたとし手形を渡したとます。

B社は第一裏書人として裏に約束手形おもて面の受取人欄と同一の社名、屋号、名前で記入します。
その期日にならないと現金がこないので B社の取引先で支払う相手C社がいたら その手形で支払う約束をする事が出来ます。
これを回し手形と言います。
C社は第二裏書人に社名、屋号、名前で記入することになります。
表から第一第二第三と回し手形は繋がっていないといけません。

手形は期日にのみ支払う約束のものですから 銀行には遅くとも前日までに手続きしておかないとなりませんよね。

そのとき裏書の一番最後の方が受け取るので 振り出し人が貴方の所を指定したら まず貴方の会社は、第一裏書人のところに記名、捺印をする必要があるわけです。

http://www.nihonbussan.com/yakusokutegata.html

Q決済期日の過ぎた約束手形について

決済期日の過ぎた約束手形は銀行口座に預けても
資金化してくれないのでしょうか?

先方に、小切手か何かに切りなおしてもらわないと
ダメなのでしょうか?

また、取立手形に回すのに間に合わない場合、銀行は受け取ってくれないのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

1銀行は原則として、期限経過は「形式不備」として取り扱いません。
2支払人に依頼して、期日訂正してもらう、小切手差し替え、別途振込みしてもらうなど
お願いして支払人の都合の良い方法で資金回収を図るのが良いでしょう。
3例外的取扱いの手順
ⅰ支払人から銀行に期限経過の手形が呈示されれば期日訂正もしくは小切手差し替えするので支払してほしい旨連絡し銀行の了解を取り付けてもらう。
ⅱ質問者さんの取引銀行に期限経過であるが支払銀行には振出人から連絡し銀行の決済承諾を得ている旨を伝え取扱いを承認してもらう。
ⅲ持ち込み側と支払側双方の銀行が承諾すれば可能です。

Q約束手形の振出人に関することで

お尋ねします。

1、振出人として記載されている人が実在しない約束手形

2、振出人は存在するが、その署名が偽造されている約束手形

3、振出人は実在するが、その住所が記載されていない約束手形


上記3つは、約束手形として無効でしょうか?それともこういう場合は、○○として取り扱われるなどと決まりがあるのでしょうか?


六法などで調べたのですがよくわかりませんでした。どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1、振出人として記載されている人が実在しない約束手形
無効です。振出日以後に代表者が変更になっている場合は有効です。

>2、振出人は存在するが、その署名が偽造されている約束手形
偽造の内容がわかりません。もし偽造と判明しているなら無効です。
もし署名判でなく自署で金融機関に登録している場合なら筆跡で銀行員が相応の注意を持って鑑定しますので決済されてしまうかもしれません。もちろん偽造と見抜けなかった行員に責任はありません。
誰から受け取った手形か(振り出されたものなのか回ってきたものなのか)によっても話は変わってきます。

>3、振出人は実在するが、その住所が記載されていない約束手形
無効です。手形用件を満たしていません。

Q期日の過ぎた約束手形

支払手形について質問です。
支払期日が過ぎても口座から引き落としにならない手形があります。
受け取り側の会社に問い合わせたところ、
取り立てに回すのを忘れていて支払期日が過ぎてしまった。
銀行に聞いたら、期日が過ぎたものは取り立てできない、
といわれたので、そのままにしてある。との回答でした。
支払う側として、そのままにもできないので、郵便でその手形を
送ってくれれば、銀行振り込みにします。といってあるのに送ってきません。
(金額が数万円と少額ということもあり相手は破棄したのかも…)
こちらとしては、手形現物がないことには現金送金もしたくないのですが、
このあとどんなことにすれば良いのでしょうか。
どなたか、良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>送ってくれれば、銀行振り込みにします。といってあるのに

最大の親切です。

>こちらとしては、手形現物がないことには現金送金もしたくないのですが、

それは当然のことです。手形を回収しない限りは、絶対に現金を払ってはなりません。

>このあとどんなことにすれば良いのでしょうか。

手形が戻って来るのをいつまでも待つことです。因みに、商品代金の支払手形である場合は、手形の支払期日から2年が経過しても先方から請求(支払依頼)が来ない場合は、時効によって支払義務が消滅します。

Q昭和の約束手形は有効か?

20年前、現金と引き換えに昭和 年 月 日と記載のある約束手形を振出日、支払日ブランクで知人に発行した。
その後10年間数回に渡り、約束手形金額全額を現金で知人に支払ったが、その際約束手形を回収しなかった。
最近になって知人がその約束手形および架空の返済実績帳簿を持参し、貸金について一部しか返済を受けていないのでその間の利息を付して残金を返却してほしいと要請してきた。約束手形は有効か。虚偽の申し出について訴えることが可能か。

Aベストアンサー

振出日も満期(支払日)も白地である約束手形ということでよろしいでしょうか。

通常の手形ですと、「満期」から3年で、時効にかかります(手形法77条1項8号、70条1項)。

でも、満期が白地だと、満期から時効がスタートするわけにはいきません。そこで、白地を補充する権利(補充権)の時効を考えなければいけません。

判例は、補充権も3年だとしています(最判昭和44.2.20)。判例に従えば、今回の手形は時効消滅しています。


仮に、途中に時効が中断する事情があって、時効消滅していないとしても、原因関係の債務を全額弁済していますから、支払いを拒むことができます(人的抗弁)。


それと、虚偽の申し出についての犯罪ですが、手形面上の不動文字が「昭和」であることから、時効消滅していることは明らかです。

ただ、時効消滅していても、時効を潔しとせず支払う債務者も結構いるそうです。ですから、時効消滅を知っているだけでは、詐欺にはなりません。

ただ、今回は全額を弁済した後の話ですから、詐欺の余地はあります。

もし、白地手形に合意に反する補充がなされていれば、有価証券偽造に問えるかもしれません。

いずれにしても、刑事罰はまだ損害が生じていないので、ちょっと困難です。

振出日も満期(支払日)も白地である約束手形ということでよろしいでしょうか。

通常の手形ですと、「満期」から3年で、時効にかかります(手形法77条1項8号、70条1項)。

でも、満期が白地だと、満期から時効がスタートするわけにはいきません。そこで、白地を補充する権利(補充権)の時効を考えなければいけません。

判例は、補充権も3年だとしています(最判昭和44.2.20)。判例に従えば、今回の手形は時効消滅しています。


仮に、途中に時効が中断する事情があって、時効消滅...続きを読む

Q約束手形の裏書人が倒産した場合の約束手形の効力について

この度、A取引先から売上げ代金として、B社の振出した約束手形にA社が裏書したものを持参しましたので、我が社は、それを受け入れることといたしました。
仮に、裏書している、取引先であるA社が倒産した場合であっても、B社が支払ってくれる手形であると解釈していますが、この考え方でよろしいでしょうか。
現在、A社の経営状態が必ずしも良好な状態でないので、最悪の場合を想定して質問させていただいておりますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

約束手形の場合、振出人が手形期日にその手形を決済する義務がありますから、裏書人が倒産しても、振出人には決済義務がありますからもんだいありません。
又、振出人が倒産などで、手形を決済できなくて不渡りになった場合は、その手形の裏書人に支払を請求(遡求権)できます。

A社の経営状況が厳しい場合は、資力のある振出人の手形を裏書きしてもらうほうが安全です。

ただし、裏書譲渡された手形を受け取る場合、手形の名宛人が裏書人になっているか確認する必要があります。

Q約束手形

約束手形を受け取りましたが、受取人の欄が無地になっています。万一振出人が倒産などした場合、この約束手形は債権として主張できるのでしょうか。

Aベストアンサー

受取人欄空欄の手形は白地手形の一種となりますから、そのままでは破産債権などとして倒産処理手続に参加することは出来ません。

手形は、法定の記載要件を満たしていないと、無効なものとして扱われます。約束手形については、手形法75条に記載要件が列挙されており、いずれかを欠けば同76条により手形は無効となります。このうち、受取人は同条5号にて要記載と定められていますから、この記載を欠いた手形は無効です。

もっとも、いずれかの記載を欠いた手形でもそのままの状態で転々流通することが、商慣習法として認められています(大判大正15年10月18日:手形法77条2項、10条参照)。
ただ、白地手形は流通させる分にはそのままでも構わないのですが、手形上の権利行使をするには白地の補充(空欄部分の補充)をしなければなりません(最判昭和41年6月16日)。したがって、受取人欄白地の場合には、受取人欄への記入をしなければ、倒産処理手続において債権として主張することが出来ません。

この白地補充権は、手形を取得した者が同時に取得します(大判大正10年10月1日)。したがって、受取人が自己の名前を自ら受取人欄に記入すれば足ります。実務上も、このような処理がしばしばなされます。もちろん、振出人へ申し出て記載してもらっても構いません。

受取人欄空欄の手形は白地手形の一種となりますから、そのままでは破産債権などとして倒産処理手続に参加することは出来ません。

手形は、法定の記載要件を満たしていないと、無効なものとして扱われます。約束手形については、手形法75条に記載要件が列挙されており、いずれかを欠けば同76条により手形は無効となります。このうち、受取人は同条5号にて要記載と定められていますから、この記載を欠いた手形は無効です。

もっとも、いずれかの記載を欠いた手形でもそのままの状態で転々流通することが...続きを読む

Q約束手形が引落になっておらす、その約束手形の勘定処理の仕方を教えてください。

下請の支払の為、約束手形(100万)を渡していましたが、期日に引落にならず、下請に確認したところ、取立てに回すのを忘れていたとのこと。
期日の過ぎた手形(100万)を回収し、代わりに小切手(50万)と、手形(50万)を渡しました。
その場合、戻ってきた手形の勘定処理はどのようにすればよいのでしょうか?
経理初心者で困っています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>戻ってきた手形の勘定処理はどのようにすれば…

振り出したときの逆にするだけです。

・振り出したとき
【外注費 (or適宜科目) 100万円/支払手形 100万円】
・戻ってきたとき
【支払手形 100万円/外注費 (or適宜科目) 100万円】

>代わりに小切手(50万)と、手形(50万)を…

【外注費 (or適宜科目) 50万円/当座預金 50万円】
【外注費 (or適宜科目) 50万円/支払手形 50万円】


人気Q&Aランキング

おすすめ情報