出勤・退勤・休憩時間についてです。

就業規則には『9:30出勤19:00退勤、1時間30分の休憩』という内容が書かれていました。

実際には、ミーティングなどで8:30に行かなくてはならないことがよくあります。出、退勤はパソコンで管理されており、8:30に出勤しても「9:15すぎるまで出勤ボタンを押すな」と言われています。

19:00に退勤できることは絶対にありません。早くても20:30にはなります。だいたい21:00~22:00です。
退勤ボタンは、その日にレジ閉めをしている者が、勝手に全員分をまとめて押します。その後に終わっていない掃除やミーティングや残っている仕事をします。

休憩時間は1時間30分ではなく、「30分」と言われています。休憩が全くとれない日もかなりあります。
休憩時間はタイムカード管理されていません。

このように、一日8時間以上の勤務はあたりまえで、休憩もとれない日もあります。出勤・退勤については実際の労働とは掛け離れた記録にされてしまっているのですが、残業代は請求できますか?

休日なのに出勤しなければならない日もあります。この日は出勤ボタンは押しません。休んでいることになっています。


ちなみに、就業規則は職場に置かれていません。一度、見せて下さいと言ったらだいぶしぶられ、なんとか持ってきたけど賃金規定を持って来なかった。しかも、上司の監視のもと閲覧したという…。
持って帰ってしまったので、内容を簡単に見ることができない状況です。


お願いします。

A 回答 (4件)

回答1です。


どのように記録しているかわかりませんが、基本的にはご自身が間違いなくつけている記録なら争える段階まではいけますが、勝てるかといわれるとケースバイケースだとおもいます。

たとえば、その記録を毎日出勤、退社時に電波時計の電波が入っているのをわかる状態で写真をとっておくとかすればほぼ大丈夫ですが、そこまではさすがに厳しいですよね。

このあたりはネットで残業代請求の方法を検索してご自身でやれる、納得できる方法をとればいいとおもいます。まだまだ自分もひよっこなので、担当したケースでも勝敗がなんで決まったかわからないことがたまにあるためはっきりとしたことがいえずすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。大変わかりやすいご説明、有難うございました。

お礼日時:2014/04/25 18:44

元ブラック企業勤務経験者です。


私の場合はもっと悲惨でしたね。
出勤時間や退勤時間(残業)等についてはメモで大丈夫ですので、
細かく記録をしてください。いざという時には「十分な証拠」となります。
ただし、戦う時はそれなりのリスクは覚悟してください。
私は転職先の内定を取った後、勤務している会社に退職届と併せて、
すべての記録を見せ、労監へ提出すると伝えたところ、土下座して謝られました。
私は許す訳ではありませんでしたが、転職先で気持ちよくスタートしたかったので
特に争いにはしませんでした。またそんなブラック企業を見抜けなっか自分も
未熟であったと反省しました。
争うのであれば、必ず十分な準備と覚悟をされる事をお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。なんか大分疲れてしまって、どうするのか考えます。ご自身の体験まで教えて下さり有難うございました。

お礼日時:2014/05/04 00:16

完全なブラック企業ですね。

あなただけの問題ではないと思われますので、速やかに労働基準監督署に通報されるのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。やはりブラックですよね(笑)頑張るにも頑張りきれなくなりそうなので、イロイロ調べていこうかと思っています。

お礼日時:2014/04/27 02:12

残業代はきちんと記録を残しており、証明できるなら請求はできると思いますが、会社ともめる覚悟はありますか?このような請求で不利益を被ることはあってはならないと法律では決まっていますが、実際ほぼありえない話だと思います。


私なら次の会社を決めてから残業代請求をし、とりあってもらえないようなら労働基準監督署に行き、会社都合での退社を取り付けます。
会社を辞める覚悟、転職する能力、がないなら無理だとおもいます。
ですが、今は無理でも今後できるならとりあえず時間外労働時間を証明できる証拠を残しておいたほうがいいでしょう。

この回答への補足

ご回答有難うございました。
請求するなら、辞めるときにやろうと思っています。

『時間外労働を証明できる証拠』は、私自信が個人的に毎日記録していれば証拠になりますか? 会社で管理しているPCでのタイムカードが間違いで、私のが正しいと証明できるのでしょうか?

補足日時:2014/04/25 18:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実務8時間 勤務時間9:00~21:00とは?

■9:00~21:00(実働8時間、昼休憩1時間) ※残業は月5時間程
という求人広告がありました。

この会社はフレックス制で9:00~21:00の間に「8時間+休憩1時間」で働くのでしょうか?
9:00~18:00(実務8時間、昼休憩1時間)で残業が毎日3時間あると言う意味ですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

変則労働時間性かと思われます。
例えば、飲食店や旅館の調理師や仲居。
朝と夕刻の勤務で合計8時間、昼まで仕事があった場合、休息1時間。その他の仕事のない時間帯は自由。
おっしゃるようにフレックス性の可能性もありますね。

Q時間外勤務中に休憩を取り、22:00以降まで勤務した場合の深夜割増の扱いについて

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として申請する、というように指導されています。(2)の場合ですと、勤務終了が22時ですので、22時から23時まで残業した分については、実際に22時以降に勤務しているにもかかわらず深夜割増が支払われないことになります。残業時間が長時間にわたる時に食事等で休憩を取るのは、社会通念上認められる正当な行為ではないかと思いますが、これを私的な理由での休憩として、それによって22時以降に勤務した分の深夜割増を支払わない、という点に関して法的な問題はないのか、ご教示頂きたく、宜しくお願い致します。

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として...続きを読む

Aベストアンサー

使用者の(2)の指導は、事実を偽って偽装しろということですので、労基署の指導対象です。

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html

一人立ち上がってもしょうがないので、労働組合(がなければ結成するなり単独加入できるユニオンに加入して)から団交要求、使用者を徹底的に糾弾すべきでしょう。

Q休憩時間の与え方:残業を入れて8時間の場合は1時間の休憩?

労働基準法では、8時間以上の労働をする場合は、その間に1時間の休憩時間を入れなければならないとあります。
標準の勤務時間が7時間45分の場合、休み時間は45分でよいと思うのですが、その後残業をして8時間を超えた場合はその時点で15分休憩させなければならない、という解釈になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>8時間以上の労働をする場合は、その間に1時間の休憩時間を入れなければならないとあります

傍論ですけど、正確には「8時間を超えて」労働させる場合ですね。
(「8時間」なら45分でもOK)

>その後残業をして8時間を超えた場合はその時点で15分休憩させなければならない、という解釈になるのでしょうか?

そのとおりです。残業を含む含まないにかかわらず、1日の労働時間によって法定休憩時間は決まります。

Q午後から出勤した場合の休憩時間について

私の会社では以下のように勤務時間・休憩時間が決められています。
勤務時間: 9:00~18:00
休憩時間: 12:00~13:00,19:45~20:00,21:45~22:00
このような場合で例えば休日などで午後出勤し 13:00~22:00 の時間で勤務した場合には、
実際の休憩時間は 19:45~20:00,21:45~22:00 の30分となります。
ただ労働基準法では8時間以上勤務する場合には1時間休憩時間を与えることになっていますが、このようなケースは問題となり得るのでしょうか。それとも8時間に1時間の休憩時間というのは、通常の勤務時間のみに該当する内容なのでしょうか。

Aベストアンサー

労働基準法
第三十四条  使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

正確には 八時間以上ではなくて「八時間を超える場合」です
したがって例えば 全拘束時間 8時間45分 休憩45分 という勤務形態も合法です
ただし ご質問のように拘束時間は9時間なら1時間の休憩でなければ違法ということになりますね

現実の問題としては 休日だと管理職も居ないので適宜に休憩しながら作業する というのが実態でしょうけどね
どうしても気になるなら 組合に相談して職務規定等に明記してもらうということが対応策ですね

  

Q5/24 0:00「不貞に対する慰謝料を請求されました」5/25 8:53「・・・について」の件

先日相手方弁護士より、慰謝料の額と意見を聞きたいとの通知書をもらいましたが、返事はだしていませんが、その間に相手と会ったり電話で話ししていました(埒は明かないようですが、相手には娘の気持ちを伝えたようです)娘は体調も悪く(今まで2回流産していて流れやすい体質のようです)会社も休みがちで臥せっております。今日、相手方弁護士より「先日の返事がないのは反省の気持ちがないと解し、怒りを覚える、代理人んである当職まで、速やかに連絡をするよう強く要求する。もし、なんら連絡のない場合は、法的処置をとることを検討する。」と言う内容の通知書が来ました。相手に土下座をして誤って、自分の気持ちを伝えても、相手方弁護士に何らかの返事をしなければならないのでしょうか?相手の言う法的処置とは裁判の事でしょうか?もはやこちらも弁護士に相談したほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しい事情はわかりませんが、DVで別居中の「不貞」なら、実質的に婚姻関係が破綻しているとして、慰謝料の支払義務がない可能性があります。

通知書の文面を見ていないので、何とも言えませんが、直接本人と連絡をとって謝罪しているのに、「反省の気持ちがない」という弁護士の言い分も解せません。

あなたのお話のとおりならば、むしろ、こちらが被害者ではないですか。相手の暴力等を理由に慰謝料を請求できるかもしれません。

いずれにせよ、こんなところで相談するよりも、できる限り早く弁護士に相談をして、対策を練りましょう。裁判になると、後々やっかいなことになりかねません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報