出勤・退勤・休憩時間についてです。

就業規則には『9:30出勤19:00退勤、1時間30分の休憩』という内容が書かれていました。

実際には、ミーティングなどで8:30に行かなくてはならないことがよくあります。出、退勤はパソコンで管理されており、8:30に出勤しても「9:15すぎるまで出勤ボタンを押すな」と言われています。

19:00に退勤できることは絶対にありません。早くても20:30にはなります。だいたい21:00~22:00です。
退勤ボタンは、その日にレジ閉めをしている者が、勝手に全員分をまとめて押します。その後に終わっていない掃除やミーティングや残っている仕事をします。

休憩時間は1時間30分ではなく、「30分」と言われています。休憩が全くとれない日もかなりあります。
休憩時間はタイムカード管理されていません。

このように、一日8時間以上の勤務はあたりまえで、休憩もとれない日もあります。出勤・退勤については実際の労働とは掛け離れた記録にされてしまっているのですが、残業代は請求できますか?

休日なのに出勤しなければならない日もあります。この日は出勤ボタンは押しません。休んでいることになっています。


ちなみに、就業規則は職場に置かれていません。一度、見せて下さいと言ったらだいぶしぶられ、なんとか持ってきたけど賃金規定を持って来なかった。しかも、上司の監視のもと閲覧したという…。
持って帰ってしまったので、内容を簡単に見ることができない状況です。


お願いします。

A 回答 (4件)

回答1です。


どのように記録しているかわかりませんが、基本的にはご自身が間違いなくつけている記録なら争える段階まではいけますが、勝てるかといわれるとケースバイケースだとおもいます。

たとえば、その記録を毎日出勤、退社時に電波時計の電波が入っているのをわかる状態で写真をとっておくとかすればほぼ大丈夫ですが、そこまではさすがに厳しいですよね。

このあたりはネットで残業代請求の方法を検索してご自身でやれる、納得できる方法をとればいいとおもいます。まだまだ自分もひよっこなので、担当したケースでも勝敗がなんで決まったかわからないことがたまにあるためはっきりとしたことがいえずすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。大変わかりやすいご説明、有難うございました。

お礼日時:2014/04/25 18:44

元ブラック企業勤務経験者です。


私の場合はもっと悲惨でしたね。
出勤時間や退勤時間(残業)等についてはメモで大丈夫ですので、
細かく記録をしてください。いざという時には「十分な証拠」となります。
ただし、戦う時はそれなりのリスクは覚悟してください。
私は転職先の内定を取った後、勤務している会社に退職届と併せて、
すべての記録を見せ、労監へ提出すると伝えたところ、土下座して謝られました。
私は許す訳ではありませんでしたが、転職先で気持ちよくスタートしたかったので
特に争いにはしませんでした。またそんなブラック企業を見抜けなっか自分も
未熟であったと反省しました。
争うのであれば、必ず十分な準備と覚悟をされる事をお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。なんか大分疲れてしまって、どうするのか考えます。ご自身の体験まで教えて下さり有難うございました。

お礼日時:2014/05/04 00:16

完全なブラック企業ですね。

あなただけの問題ではないと思われますので、速やかに労働基準監督署に通報されるのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。やはりブラックですよね(笑)頑張るにも頑張りきれなくなりそうなので、イロイロ調べていこうかと思っています。

お礼日時:2014/04/27 02:12

残業代はきちんと記録を残しており、証明できるなら請求はできると思いますが、会社ともめる覚悟はありますか?このような請求で不利益を被ることはあってはならないと法律では決まっていますが、実際ほぼありえない話だと思います。


私なら次の会社を決めてから残業代請求をし、とりあってもらえないようなら労働基準監督署に行き、会社都合での退社を取り付けます。
会社を辞める覚悟、転職する能力、がないなら無理だとおもいます。
ですが、今は無理でも今後できるならとりあえず時間外労働時間を証明できる証拠を残しておいたほうがいいでしょう。

この回答への補足

ご回答有難うございました。
請求するなら、辞めるときにやろうと思っています。

『時間外労働を証明できる証拠』は、私自信が個人的に毎日記録していれば証拠になりますか? 会社で管理しているPCでのタイムカードが間違いで、私のが正しいと証明できるのでしょうか?

補足日時:2014/04/25 18:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q8時間を越えたときの休憩時間

8時間を越えて就労させる場合の休憩時間についてお教えください。

労働基準法では
労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、
8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を
与えなければならない。となっていると思います。
しかし「8時間」を越えて「少なくとも1時間」という事は
「1時間の休憩を与えれば」「8時間を超えて就労させても良い」と読めます。
以前勤めていた会社では定時が8時間で、間に1時間(50+10分)の休憩があり、
その後残業をする場合には 残業開始前に10分の休憩を取るようになっていました。
これって当たり前だと思っていましたが
今の会社にはそんな規則はなく、そのまま残業に突入
その後も何時間残業しようと休憩時間は有りません。
確かに上記の解釈で言えば
8時間を越えても(たとえ16時間になっても)
その後はまったく休憩を与えなくても良い ことになります。
これって何かの法には触れないのでしょうか?

Aベストアンサー

3です。

>1時間以上の休憩を挟んで8時間働いたあとの残業に
休憩時間は(あった方が良いのは当たり前ですが)なくても良い
ということでよろしいでしょうか。

ということよろしいです。
休憩時間に関しては、労働基準法違反ではないので、もし問題があるのなら、時間外労働のほうだと思いまして、3のような回答を出させていただきました。

Qタイムカードの打刻は始業・終業時刻を意味するのか?

タイムカードで労働時間管理する場合、カードの打刻が始業・終業時刻ということになるのでしょうか。
 例えば、就業規則で、始業8:30-終業17:30と定めてあるとします。
始業時刻より少し早めに出社して、8:20分にタイムカードを押した人には、10分間の超過勤務手当が必要になるのでしょうか。
また、この10分間が仕事前の個人的時間だとしたら、カードの打刻とは別に、始業時刻を8:30と認定しても良いのでしょうか。

Aベストアンサー

法律的な観点で回答します。
タイムカードは労働時間の管理方法の一つのツールでしかありません。
従って、タイムカード=労働時間ではありません。あくまで「参考」でしかないのです。
ところが、実際にはタイムカードの時間でアバウトに勤務時間を計算している会社はとても多いです。


例えば・・・
#4さんの会社、これは明らかに労働基準法違反です。具体的には15分単位での計算の部分で29分に打刻したら15分の早退扱いとか、10分前に出勤しても定時出勤扱いというのは判例上も法解釈上も違法確定です。勿論、「会社として8時半前は対象外と決めてしまえばそれは必要ないでしょう。」というのも誤りです。

#3さんのいう準備・片付けの時間については認定しなくても良い、というのも厳密には誤りで、それに指揮命令があるのであれば、労働時間と認定されるケースが存在します。具体的には出勤してから所定の更衣室で所定の作業服に着替える時間を労働時間と認定したケースがあります。


ただ、一般的には、タイムカードは仕事をする時間、つまり指揮命令下に入る前に押して指揮命令から脱してから押すものですよね?したがって、タイムカード上残業になっても残業代を払わなければいけない、ということまでは言い切れません。ちゃんと定時~定時に勤務しているのであれば、払う必要はないわけです。

ここは法律カテゴリですから、実態を答えるのは適切ではないでしょう。従って、厳密に言えば「タイムカードは労働時間そのものを意味しないが、参考にはなる」というところが妥当な回答だと思われます。
よって御質問のケースの場合、10分間が個人的な時間だということが明らかであれば支払う必要はありません。また、10分前に出勤をして仕事をしていたのであれば、支払う必要があります。
労働時間管理は会社側の義務で、こういったケースがある場合は、タイムカードではなく、実態で判断しなければなりません。疎明出来なければ「労働者に有利なようにしなければ違法」という観点から全部払うしかないでしょう。これが嫌ならちゃんと会社が労働者の「本当の」労働時間をきちんと管理することです。

ちなみに#4さんの会社の関係の補足ですが、労働時間を10分単位や15分単位で管理するのはいいのですが、労働者に不利にすることはできません。1分残業したら10分払うのはいいのですが、15分単位で端数切り捨て、というのは違法です。
遅刻の場合は、懲戒処分による減給の関係もあるので微妙ですが、やはり1分遅刻したら15分引くというのは違法です。

法律的な観点で回答します。
タイムカードは労働時間の管理方法の一つのツールでしかありません。
従って、タイムカード=労働時間ではありません。あくまで「参考」でしかないのです。
ところが、実際にはタイムカードの時間でアバウトに勤務時間を計算している会社はとても多いです。


例えば・・・
#4さんの会社、これは明らかに労働基準法違反です。具体的には15分単位での計算の部分で29分に打刻したら15分の早退扱いとか、10分前に出勤しても定時出勤扱いというのは判例上も法解釈上も違法確定です...続きを読む

Q入社1ヵ月半で辞めた会社の職歴

ちょっと長いですが、お付き合いください。

私は大学卒業単位が足りず半年留年をしました。
その際、新卒採用として内定をいただいていた企業から、在学中であっても9月に必ず卒業をするということで、そのまま入社を致しました。(学生だけど、社会人という二束の草鞋状態)
ただ、そんな厚情をいただいたにも拘らず、職場環境が合わず体調を崩したため、1ヵ月半ほどで退社しました。厚生年金・社会保険には加入していました。

昨日転職webサイトよりとある企業に応募をし、急遽明日に面接があるのですが、その際に履歴書と職務経歴書の提出を求められました。

それ自体問題ないのですが、上記した正社員として入社し1ヵ月半就業した職歴を、「3ヶ月未満なら特に職歴として書かなくてもいい」とどこかで見聞きしたので、
webで応募した際には加えませんでした。

ただ、転職サイトなどを色々見ていると、
「例え1ヶ月で辞めても、正社員として入社したなら書くべき」
とありました。

そこで質問ですが、
この場合、面接に持参する履歴書・職務経歴書には上記事実を加えて、
職歴等の話をする際に訂正させてもらうほうがいいのでしょうか。
それとも、このまま黙秘するべきでしょうか。

アドバイスをいただけたらと思いますので、よろしくお願いします。

ちょっと長いですが、お付き合いください。

私は大学卒業単位が足りず半年留年をしました。
その際、新卒採用として内定をいただいていた企業から、在学中であっても9月に必ず卒業をするということで、そのまま入社を致しました。(学生だけど、社会人という二束の草鞋状態)
ただ、そんな厚情をいただいたにも拘らず、職場環境が合わず体調を崩したため、1ヵ月半ほどで退社しました。厚生年金・社会保険には加入していました。

昨日転職webサイトよりとある企業に応募をし、急遽明日に面接があるのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのされたことは、経歴詐称ではありません。
詐称というのは、嘘をつくことです。
何も嘘をついてはいませんよね?
履歴書というのは、なかったことを有ったと書いたら「嘘」になります。これは法的にも詐称という罪になります。
が、有ったことを書かないのは「嘘」にはならないのです。
多くの人が勘違いをしていますが、履歴書というのは「書かない」分にはまったく問題ないのですよ。
すべてを書かなければならないという法的な義務はありません。
(空白期間があると評価が低くなるという問題があるだけです)

それともうひとつ大事なことですが、履歴書というのは一度提出してしまったら訂正してはいけない書類なのです。
なぜなら、訂正するということは、先に書いたものは「嘘」であったということになるからです。
あなたは嘘をついたわけではないのですから、履歴書を訂正したり出し直したりしてはなりません。
履歴書もビジネス文書のひとつですが、ビジネス文書は一度出したら訂正することは一番の非常識であることを知りましょう。

私もWEBで応募などする時、WEBで申告した内容と、持参する履歴書の内容に矛盾がないかを、いつも一番気をつけています。
それが一番大事なことなんですよ。

仮に、入社してから、何かの拍子に申告しなかった経歴が会社に知られることになったとしましょう。
私も実際にありましたが、「一ヵ月も勤めていないので、履歴書には書きませんでした」こう言えばまったく問題ありません。
私はこういう時、いつも堂々と言います。
短期間で辞めたことをうしろめたいと思っているから、それを隠すべきか言うべきか悩むのですよね。
すぐ辞めたか長く続けたかは確かに、社会人としての評価は違いますが、別に珍しいことではありません。
私は人事部にいた経験もありますが、常識的に考えて、短期間しか在籍しなかった会社を履歴書に書かないのは、まったく問題ないことです。
法的にも間違ったことはしていないのだから、堂々としていていいのです。

あなたのされたことは、経歴詐称ではありません。
詐称というのは、嘘をつくことです。
何も嘘をついてはいませんよね?
履歴書というのは、なかったことを有ったと書いたら「嘘」になります。これは法的にも詐称という罪になります。
が、有ったことを書かないのは「嘘」にはならないのです。
多くの人が勘違いをしていますが、履歴書というのは「書かない」分にはまったく問題ないのですよ。
すべてを書かなければならないという法的な義務はありません。
(空白期間があると評価が低くなるという問題が...続きを読む

Q出社時間を注意されました

転職後、3ヶ月目のものです。

今日、1人の先輩に出社時間について注意を受けました。
出社時間が早すぎる、という内容でした。

始業時刻は8時45分です。
男性陣がみなし残業の勤務体制の為か、タイムカード等はなく
書面にて出勤時間の申請を行っています。

雨の日などはとても渋滞する為、余裕を持って家を出るようにしており、
会社に到着するのは8時~8時10分くらいになっています。
始業時間までの間、当番制になっている掃除をしたり
チラシを折ったり、簡単な雑務をしながら時間をすごしています。

それについて、出社時間が早すぎるので、もっとゆっくり家を出ろと
忠告されました。
早く来られると、プレッシャーになるとも言われました。
もう1人の先輩は構わないんじゃないか、といってくれたのですが
その先輩はどうしても譲りませんでした。

私は遅刻したくないのと、ギリギリに出社して慌しく仕事を
開始することにも抵抗があるので、余裕を持って到着しておきたいと
思っているだけなのですが…。
課長が、入社したばかりの私に気を使っているのが面白くないらしく、
最近態度も非常に冷たくなっています。
なので、上司に相談すると、また話がこじれてしまう為、相談できません。
辞めたいという気持ちを抑えて毎日出社しているような状態になっており
これ以上先輩にきつい態度を取られたくないので、
やはりこの忠告には従うべきでしょうか。
近くのコンビニ等で時間を潰してから出勤すべきか迷っています。

みなさんならどうされますか?
参考までにご意見をお聞かせください。
よろしくお願いいたします。

転職後、3ヶ月目のものです。

今日、1人の先輩に出社時間について注意を受けました。
出社時間が早すぎる、という内容でした。

始業時刻は8時45分です。
男性陣がみなし残業の勤務体制の為か、タイムカード等はなく
書面にて出勤時間の申請を行っています。

雨の日などはとても渋滞する為、余裕を持って家を出るようにしており、
会社に到着するのは8時~8時10分くらいになっています。
始業時間までの間、当番制になっている掃除をしたり
チラシを折ったり、簡単な雑務をしながら時間をすごしています。

それ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。逆に生意気かと。その先輩はおかしいですね。

ちなみに自分の後輩の女子は5分前にきて涼しい顔しているのでイラつきますね^^

8時~8時10分 逆に指示にしたがわないと生意気だよなとなるのでちょい遅くすれば(20~30分)??ある程度落ち着いてきたらもとの時間に戻せばいいかと^^

 入社したばかりの私に気を使っているのが面白くないらしく、最近態度も非常に冷たくなっています

自分も先輩の立場ですが。後輩はかわいいけどね^^たまに意味不明な助言してくる方いると思うけど、うまく流しましょう^^

 上司に相談すると、また話がこじれてしまう為、相談できません。

これはいいですね。変に相談するとちくりやがったとなるのでね

 辞めたいという気持ちを抑えて毎日出社しているような状態

変に自分を追い込まないほうがいいよ^^

早く来られると、プレッシャーになるとも言われました。
その先輩はどうしても譲りませんでした。

馬鹿な先輩ですね。プレッシャーの意味がわかんないけどね。

Q出勤、出社、退勤、退社についていろいろ

日本語を勉強中の中国人です。「出勤」と「出社」、「退勤」と「退社」の違いは何でしょうか。「出勤」の反対語は「退勤」でしょうか。それとも「退社」でしょうか。「出社」の反対語は何でしょうか。

「毎日に何時に出勤していますか」の「出勤」を「出社」に変えてもよろしいでしょうか。それと反対の意味を表す文は「退社」を使うでしょうか。それとも「退勤」を使うでしょうか。ちなみに、この「何時に」という時間は家を出る時間ですか。それとも会社に入る時間でしょうか。「退社」は仕事をやめる意味もありますか。

この一連の表現は全部頭の中でごちゃごちゃになっているので、どなたか説明していただけませんか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極めて習慣的な使い分けですので、辞書などにはないことから混乱されたのかと思います。

日本のサラリーマンが「会社」という言葉を使うときには、勤務している会社という法人組織よりも、会社が所在している事務所や建物、あるいは工場などの施設のイメージが根底にあります。
このイメージをご理解いただきませんと非常に分かり難いかと思います。
「家に帰って仕事をするか会社で仕事をするかどちらにしようか」
「営業は会社の外で仕事をしているが、総務は会社の中で仕事をしている」
などという使い方をします。
この意識に基づいた発言としての「出社」「退社」は建物や施設への出入りの意味だとご理解ください。
従いまして 「毎日何時に出勤していますか」という質問と「何時に出社していますか」という質問に対する答えが各々違ってきます。
   注)ご質問の「毎日に何時に出勤していますか」の毎日の後の「に」は不要です。
「出勤していますか」は「勤めに出ていますか」ということになり、家を出る時間になります。
TVのニュースなどでも「今朝は出勤のサラリーマンで混雑しています」という言い方がされます。
これに対して「出社」は、会社の所属する建物や施設に出頭することとなりますから、つまり到着した時間を答えることになります。
この混乱を避けるために「出社するときには何時に家をでるか」と敢えて具体的に聞きます。

この逆で、会社の所在する建物や施設から出て家に帰ることを「退社」といいます。
勤務時間中に出る場合は勤務時間内に戻ってきますので、単に外出と言います。
営業のように、常時、建物や施設の外で働く場合には外勤という言葉が使われることがあります。

「退勤」は「勤めを退く(つとめをしりぞく)」ということになり「勤務をやめた=会社を辞めた」という意味と重なってしまいます。
これを嫌って習慣的に使いません。
更に、「会社を辞める」ことを言う場合には「退職」という言葉が使われます。
これは退職金などと公用語としても使われています。

以上のようにいずれの場合にも習慣的には退勤という言葉はつかわれません。

「退社」という言葉は日常的には上記のように使われますが、他に使われることもあります。
定年後の人に向かって定年になった時期を聞く際に「何時退社されましたか」と使われます。
「A社を3年前に退社したが、今はB社で働いている」という回答になります。
この場合にも若干ニアンスが含まれています。
定年満了まで働いた場合は「退社」を使いますが、途中で辞めた場合は「辞めた」と言います。
「オレは首になった訳ではない、定年で辞めたのだ」というニアンスが含まれています。
「辞めた」という言い方のニアンスに首になって辞めさせらた場合と自発的に辞めた場合の二つのケースがあります。
いずれにせよ、「退社」「辞めた」の使い分けは非常に微妙です。

なにかあれば補足質問をお願いします。

蛇足
日本は歴史的に長い間、言葉の異なる民族と接触したことがありません。
結果として文法よりも慣用的な使い分けが多い言語です。
もしご興味があればドラマや演劇の戯曲をお読みになられることをお勧めします。
庶民の言葉使いとしては、長編でギネスの記録を持つ、「男はつらいよ」というシリーズがあります。
これはDVDと文庫本がAmazonで販売されていますので、一度ご覧になられると良いかと思います。

極めて習慣的な使い分けですので、辞書などにはないことから混乱されたのかと思います。

日本のサラリーマンが「会社」という言葉を使うときには、勤務している会社という法人組織よりも、会社が所在している事務所や建物、あるいは工場などの施設のイメージが根底にあります。
このイメージをご理解いただきませんと非常に分かり難いかと思います。
「家に帰って仕事をするか会社で仕事をするかどちらにしようか」
「営業は会社の外で仕事をしているが、総務は会社の中で仕事をしている」
などという使い方をし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報