痔になりやすい生活習慣とは?

尋常高等小学校しか出ていない人は、最終学歴は小卒ですか?

その人が大学に行こうと思ったら、中学から行かないといけないのですか?
それとも飛ばして高校から?

尋常高等小学校しか出ていない人って、何割くらいなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

小学校」に関するQ&A: 小学校の教師について

A 回答 (3件)

>最終学歴は小卒ですか…



略称するなら、「高小卒」です。
村議会議員や町議会議員の選挙などでは、今でも目にしますね。

>大学に行こうと思ったら、中学から…

高等小学校の上は (旧制) 中学校で、旧制中学校は現在の高校、旧制高校は現在の大学に相当します。
したがって、「飛ばして高校から」ということになりますが、現在の高校の入学資格として、「高小卒」が認められているかどうかが鍵になります。多くの公立高校では無理かと思いますが、私立の一部にはできるところがあるかも知れません。

>尋常高等小学校しか出ていない人って、何割くらい…

小学校が尋常科と高等科に分かれたのは、明治20(1887)年、国民学校と名を替えたのが、昭和16(1941)年です。

戦前期に旧制中学校以上へ進んだ人はごくわずかです。現在 74~75歳以上の人には、高小卒の割合もかなり高いと思います。具体的な数字は分かりません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>今でも目にしますね

自分は思いっきり初耳でした。

>高小卒の割合もかなり高いと思います

その高い割合の中の一人なんですね。
家の爺さんは気にしすぎなのかな。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/16 12:41

お年が詳しくはわからないのですが、尋常小学校6年、高等小学校2年という時期もあるようです。


その二つを一体化した尋常高等小学校もあったそうです。

戦時中は国民学校となったので、戦前?でしょうか。
当時は小学校までが義務教育で、卒業後の進路も複雑で、中等学校、高等女学校、高等小学校など色々な進路があったようですし、住む地域の貧富によって進学率は大きく違ったようです。

大学については、大検を受けなくても受験を認めている大学もあります。
その大学独自の認定方法があるようです。
その方がされてきたお仕事に関係あったりすると、認められやすいと思います。
あと、大学が社会人向けに開講している公開講座なんかも、楽しいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

せんぜんです。
何か複雑だった見たいですね。

ありがとうございました

お礼日時:2004/05/16 12:39

「尋常高等小学校」という学校の課程は無く,


尋常小学校(4年?)と高等小学校(2年?)=高等科 とに分かれていたと思います。
無理に中学校から続けなくても,「大検」を受けたらどうですか?
もっとも,その該当者は70歳を超えるくらいの年齢ですから,本当に大学に行きたいかどうか? もうすでに大学院卒業以上の豊富な知識経験をお持ちだと思います。
答えになっていなくて,ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>尋常小学校(4年?)と高等小学校(2年?)=高等科 とに分かれていたと思います。

そうなんですか。勘違いしていたようですね。

>無理に中学校から続けなくても,「大検」を受けたらどうですか?

その辺がよくわからないので教えていただきたいと思いまして。

>該当者は70歳を超えるくらいの年齢ですから,本当に大学に行きたいかどうか? 

よく、わしわ貧しくて尋常高等小学校しか出とらんが今のようになる事が出来た(エッヘン)!!しかし、学校の事を聞かれるのは辛いんじゃ~。といっております。
コンプレックスがあるようです。
ですから、自分が、じゃあ今からから学校行けよっていいました。
まあ本人は行く気はないようですが、気になったので・・・。

>大学院卒業以上の豊富な知識経験をお持ちだと思います。

確実にあります。

お礼日時:2004/05/13 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高等小学校って・・・?

本を読んでいましたら、「○○さんは明治時代に高等小学校を出ました」と書かれていました。明治時代の高等小学校とは、今でいうとどの学校を卒業したことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

「高等小学校」は年齢的には現在の小学校の高学年から中学校の前半くらいに相当する生徒が通う学校ですが、
その位置づけには今日との教育制度の違いや、明治時代でも時期によって若干の制度の違いがありますので、
仮に現在の制度に換算すると、おおむね高校~中学校くらいに相当するものと考えればよろしいかと思います。

明治19年に「小学校令」によって始めて規定されたときは、
「尋常小学校」の4年間の課程に引き続き、「高等小学校」の4年間の課程が定められていました。
(この時代の義務教育は4年間の尋常小学校のみです)

明治33年に「小学校令」が改正され、高等小学校の課程は「2年または4年」とされました。
その後、明治40年には義務教育の年限が6年に改正され、高等小学校の課程の一部が義務教育化されることとなりました。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q旧住所→新住所 検索できる方法

このごろの市町村合併に伴い、かなり住所変更があったのですが、
旧住所を入力すると新住所がわかるようなサイトはありませんでしょうか?
もしくは、旧住所入力でも、地図が表示されるサイトなど。
地図検索も、新住所でしか表示されずに困っています。

客先の住所は、以前のままのものが多く変わったのかそうでないのかの
判断すらつかない状態です。
客先によっては、変更連絡が来ていたりもするのですが。

Aベストアンサー

ゆうびんホームページの「市町村合併が行われる住所の郵便番号一覧」
http://www.post.japanpost.jp/zipcode/merge/index.html
合併による住所変更の新住所と旧住所の対応がすべて調べられます。

このページで住所検索すると、旧住所の検索もOK。
http://search.post.japanpost.jp/7zip/

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/zipcode/merge/index.html

Q戦前の学制について

NHKの朝のドラマを見ていると、中学校、師範学校、女学校、八校、上野の音楽学校、帝大などの学校が出てくるのですが、戦前の学制について詳しくないのでよくわかりません。
どなたかわかりやすく説明してください。

Aベストアンサー

戦前の教育制度は、上から見たほうが分かりやすいです。

官立(国立)、公立の学校を基準にしますと、

大学ランク:帝国大学、東京商科大学、医科大学など
高等学校ランク:高等学校、大学予科、高等専門学校、高等師範学校、女子高等師範学校、陸軍兵学校など。
中学校ランク:中学校、師範学校、高等女学校、専門学校、陸軍幼年学校など。
義務教育の尋常小学校

となっていました。

戦前の学業優秀、学資十分な子供は、例えば下記のコースをたどりました。
東京市立 麹町尋常小学校→東京府立 第一中学校→官立 第一高等学校→官立 東京帝国大学
高等学校から帝国大学に進学するのは、原則として無試験でした。

一方、家が貧しくて小学校に行くのがやっと、という子供は、例えば下記のコースを経れば、最終的には前記の裕福な子供と同じ学歴を得ることができました。
尋常小学校→高等小学校→師範学校→高等師範学校→帝国大学
師範学校は授業料が無料でした。戦前の貧しい少年は、師範学校に行って小学校訓導になることをまず目指していたようです。小学校教師になれば、少なくとも「食って行けない貧困」とは絶縁し、自分の子供にさらに上の教育を授けることができますから。2代かけて社会的上昇を果たした親子を何例か知っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%AB%E7%AF%84%E5%AD%A6%E6%A0%A1
師範学校卒業者が高等学校を受験し、エリートに合流することも可能だったはずです。

陸軍将校を志望する子供は、下記のコースが理想でした。
尋常小学校→中学校→中学1年修了で陸軍幼年学校→陸軍士官学校→陸軍将校に任官
この場合、幼年学校に入った時点で官費となり、貧しい子供にはやはり魅力的だったようです。

20年ほど前に法務大臣を務めた秦野章氏は、警察官僚のトップの警視総監から政界に入った人ですが、家が貧しかったために下記の経歴を経ています。
小学校→今で言う大検に合格→私立 日本大学の夜間部卒業→今で言う国家公務員一種試験合格→内務省官僚→戦後に警察官僚
まともな学校に通えなくても、努力すれば帝大卒のエリートと同様に扱われることが可能だった、という実例です。

戦前の教育制度は、上から見たほうが分かりやすいです。

官立(国立)、公立の学校を基準にしますと、

大学ランク:帝国大学、東京商科大学、医科大学など
高等学校ランク:高等学校、大学予科、高等専門学校、高等師範学校、女子高等師範学校、陸軍兵学校など。
中学校ランク:中学校、師範学校、高等女学校、専門学校、陸軍幼年学校など。
義務教育の尋常小学校

となっていました。

戦前の学業優秀、学資十分な子供は、例えば下記のコースをたどりました。
東京市立 麹町尋常小学校→東京府立 第一...続きを読む

Q旧制中学を卒業すれば大学に行けた?

戦前の日本では、
旧制中学を卒業すれば大学に行けたのでしょうか?
高校の立場はどうなりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>旧制中学を卒業すれば大学に行けたのでしょうか?

戦前といっても太平洋戦争末期とそれ以前では制度が違うため微妙ですね。
ただ「大学の本科」に限れば答えはNoでしょう。

戦前は数多くの学校(種別)があり、現在と比較するのは難しいです。
単純に「小学校⇒中学⇒高校⇒大学」というようなストレートな順番だけでなく、多岐にわたる選択肢があります。
小学校(国民学校)卒業後だけを見ても以下のように多岐にわたります。(太平洋戦争末期)
国民学校高等科:2年制(12~14才)
実業学校:4年制(12~16才)
青年学校普通科:2年制(12~14才)
青年師範学校予科:3年制(14~16才)
師範学校予科:3年制(14~16才)
高等女学校:4年制(12~16才)
中等学校:4年制(12~16才)
高等学校尋常科:4年制(12~16才)

大学(本科)に行くための進路だけに限定すれば以下の2ルートが正規ルートでしょう。
・旧制中学→旧制高校→大学
・旧制中学→大学予科→大学

なお旧制高校の定員は帝国大学の定員とほぼ同数だったため、専攻を選ばなければ帝国大学への入学は約束されたようなものだったようです。
逆に言えば一部の一部の帝大に人気が集中すると定員割れを起こす帝大や公立大学が出てしまうようです。

その対策として各大学が大学予科を新設して学生の確保に力を注いだとのことです。(大学予科は特定の大学の付属学校のため、他の大学には進学できません)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%88%B6%E5%AD%A6%E6%A0%A1

>旧制中学を卒業すれば大学に行けたのでしょうか?

戦前といっても太平洋戦争末期とそれ以前では制度が違うため微妙ですね。
ただ「大学の本科」に限れば答えはNoでしょう。

戦前は数多くの学校(種別)があり、現在と比較するのは難しいです。
単純に「小学校⇒中学⇒高校⇒大学」というようなストレートな順番だけでなく、多岐にわたる選択肢があります。
小学校(国民学校)卒業後だけを見ても以下のように多岐にわたります。(太平洋戦争末期)
国民学校高等科:2年制(12~14才)
実業学校:4年制(12...続きを読む

Q初孫の出産祝い金額について

後1カ月ほどで、初孫が生まれます。

出産祝い金を考えなければならない時期ですので、数人の友人にも聞いてみました。

10万・20万・40万円の出産祝い金をあげたという人もいましたし、

お金はあげないで自分で編んだおくるみのようなものを

プレゼントしたという人もいてさまざまでした。

検診・入院費でもお金がかかるので、子供の負担を軽くするためにも

20万円の出産祝い金を渡す法がよいのかなぁと思ったりもしていますが、

もっと他の人の話もお伺いしたいと思いました。


尚、お嫁さんはお腹が張るということで実家に出産2か月前に帰りました。

息子がお嫁さんがお腹が張るので実家に帰るようにすすめたらしいのですが、

お嫁さんとその実家があまりにも密着していると、私も何かをしてあげたいという気持ちが

薄くなるような気がいたします。

孫が生まれると又、自分の気持ちが変わるのかもしれませんが、

出産後又、お嫁さんが長々と実家にいれば、私の気持ちもどうなるのかなぁ?と

ふと心配になります。(つまり、孫に対して愛情がわかないなど。)

二人が住んでいる所とご実家は車で10分ほど。私の家からは1時間かかります。

男の親だから、しかたがないとあきらめるほうがいいのかなぁ?

深入りすると二人の仲が悪くなるのも悪いので、離れて見守るだけがよいのかなぁ?

とも思っています。

出産祝い金と男親としての心構えなど教えていただければ幸いです。

尚、お嫁さんの実家・親戚は創価学会にみんな入っています。

後1カ月ほどで、初孫が生まれます。

出産祝い金を考えなければならない時期ですので、数人の友人にも聞いてみました。

10万・20万・40万円の出産祝い金をあげたという人もいましたし、

お金はあげないで自分で編んだおくるみのようなものを

プレゼントしたという人もいてさまざまでした。

検診・入院費でもお金がかかるので、子供の負担を軽くするためにも

20万円の出産祝い金を渡す法がよいのかなぁと思ったりもしていますが、

もっと他の人の話もお伺いしたいと思いました。


尚、お嫁さんはお腹が張る...続きを読む

Aベストアンサー

孫が3人の還暦男性です。
長女の子が1人と次女の子が2人ですから、外孫です。
長男は独身ですので、残念ながら内孫はいません。
我が家は、長女が20歳で出来婚してしまいましたので、48歳で初孫を抱きました。
まぁ、父親としては出来婚には複雑な心境でしたが、妻に説得された感じで結婚を許しました。
そんな訳がありましたから、初孫誕生を素直に喜べませんでしたが、出産祝い金は10万円でした。
親元としては少ないと思いましたが、その他、ベビーカーやお宮参り衣装などで30万円程度は祝いました。
勿論、お宮参り当日は別途5万円のお祝い金は持参しました。
幸い、初孫は2月生まれの女子でしたから、初節句は翌年になりましたが、初節句が重なると、かなりの出費になります。
次女の初産は、年末で男子の出産でしたが、長女の子と差を付ける訳にはいきませんので、やはり10万円のお祝い金と30万円相当のベビー用品でした。
地域性もあるようですが、男子には「破魔弓」女子には「羽子板」を親元が贈る地域ですので、嫁がせた親元の方が負担は多いです。
出産祝い金を多めに祝って、ベビー用品やお宮参り衣装込みのようなら気が楽かも知れません。
ご質問者様の場合は男親の親元ですので、お宮参り衣装などを贈ることはないと思いますが、お嫁さんの親元が創価学会なら神社にお宮参りはないのではないでしょうか?
現金だけのお祝い金なら、20万円でも気楽なものです。
孫は、育児責任がないから可愛いといいますが、七五三祝いやら入園・入学祝いなどの出費も馬鹿になりませんので、孫を11人持った私の母親は大変だったようです。
ですから、経済力に合わせた無理のない付き合いをしていくことです。

孫が3人の還暦男性です。
長女の子が1人と次女の子が2人ですから、外孫です。
長男は独身ですので、残念ながら内孫はいません。
我が家は、長女が20歳で出来婚してしまいましたので、48歳で初孫を抱きました。
まぁ、父親としては出来婚には複雑な心境でしたが、妻に説得された感じで結婚を許しました。
そんな訳がありましたから、初孫誕生を素直に喜べませんでしたが、出産祝い金は10万円でした。
親元としては少ないと思いましたが、その他、ベビーカーやお宮参り衣装などで30万円程度は祝いました。
勿...続きを読む

Qメニューバーやツールバーが 見えなくなりました。

メニューバーやツールバーが 見えなくなりました。

10日ほど前に新しくパソコンを買い替えました。 NEC の LAVIE です。うれしくて かちゃかちゃやっていたら メニューバーや ツールバーが消えてしまいました。 何か設定をかえたようですが覚えていません。
インターネット ワード エクセル の画面で メニューバー等が 消えていまして メール(Windows Live Mail) では メニューバー等が ちゃんと表示されているのです。
またペイントソフトでも ファイル とか 編集 とかの 項目 が 無いのです。

自分でも 質問集などでしらべまして ALT をおして Vキーを おしてみたりとか してみたのですが
全然表示されません。

どうしてこんな重要なものが消えてしまうような設定があるのかわかりませんが、とても困っています。

どうすれば表示されるか おしえていただけませんか。 OSは ウィンドウズセブン です。

なお初心者ですので 難しい用語はわかりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLがヒントになりませんか?

参考URL:http://win7.tk/2009/10/post_16.html

Q親が子供の結婚祝に包む金額の世間相場は?

親が子供の結婚祝に包む金額の世間相場は?
来月、弟が結婚式を大阪で挙げるのですが、親が子供に結婚祝を包む場合、世間相場ではいくらくらい包むものなのでしょうか?親は100万包むといっており、そんなに包むものなのかと疑問に思い質問させていただきます。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

式代は弟さんが出すんでしょうか?
親の援助は受けていないのでしょうか?

まぁ、受けてなくても親は祝い金なんて包まなくてもいいんですが・・・。
しかし、今は祝い金を包む親も多いと聞きます。
だいたい100万のようですね。

私は親に1円も出してもらいませんでしたが、周りの友人は最低でも100万は親からもらってますね^_^;

男女共にです!

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qアンチョビとは何ですか?

イタリアン料理で
よくアンチョンビを使われますが
これは何でしょうか?
どんな味がするのですか?
スーパーで売っているのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちなみにこんな感じです。

http://www.kenko.com/product/item/itm_6511879072.html

参考URL:http://www.kenko.com/product/item/itm_6511879072.html


人気Q&Aランキング