原則として打球が走者に当たった場合、守備妨害で王者はアウト、打者には安打が記録されますね。
ところが、スコア付けの勉強でいろいろなサイトを見ていたところ「満塁でこのようなケースが発生した場合、「満塁でヒットが出たのに点が入らないのはおかしい」という考えから、最近は打者はヒットでなく内野ゴロとして処理するようになった。」
という記載がありました。

これだと、いわゆる6安打で0点が不可能になりますね。上記のお話の真偽のほどはどうなのでしょうか?高野連とかNPBなどで出された正式見解なのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。



その後、色々な知り合いに聞いてみましたが、少年軟式,中学軟式,リトル,シニア
高校野球では知っていると言う人とはいませんでした。
(記録上の事と言うことも有り、関心が無い気もしましたけど)

有るとしても、私設リーグなどでのローカルルール位までで、
高校野球など、大きな組織では無さそうですね。

個人的な見解であれば、その考えを否定をする気はありませんが
高野連やNPB等の公式見解でないことは間違い無さそうです。

そのホームページが見つかったら、また質問されてください。
(個人的にも、少し興味があります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度重なる回答誠にありがとうございます。やはり私的な見解のようですね。といっても野球好きの方だからこそいろいろ考えてのことであり、それを否定する気は毛頭ありませんし、ごもっともという面も多いです。
HP見つけたらまた質問させていただきます。

お礼日時:2014/05/11 06:59

>「満塁でヒットが出たのに点が入らないのはおかしい」という考えから、


最近は打者はヒットでなく内野ゴロとして処理するようになった。」

検索かけても全くヒットしないので(ヒットするのはこの質問だけ)
サイトを補足で教えてください。

2013年度版公認野球規則では
7.09(k)で打球が走者に触れた場合
走者によるインターフェアとなり走者にアウトが記録されますが

10.05(a)(5)により安打を記録されます。

公認野球規則
7.09(k)
野手(投手を含む)に触れていないフェアボールがフェア地域で走者に触れた場合
10.05(a)(5)
野手に触れていないフェアボールが走者、審判員の身体、着衣にフェア地域で触れた場合。

なのでルールが変わっていない以上おかしな話になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。すみません、当該のHPのURLがどうしても見つかりません。
少年野球か市民野球のコーチの方の私的なHPでしたので、全国組織の野球連盟等の
公式な見解ではないようですね。ルールに変更はないし、これに対する新たな解釈も特に出されていないですよね。
「勝手な解釈」と言ったら語弊があるかもしれませんが・・・・・
サイトが見つかりましたら「こんな見解あるんですが・・・」と
再質問させていただきます。

お礼日時:2014/05/06 16:52

打球が走者に当たった場合、守備妨害で王者はアウト、打者には安打は、


公認野球規則で定められていますので、高野連等の正式見解とは
考えにくいです。

有るとすれば、高野連(もう少し大きくするとアマチュア野球連盟)の
独自の見解なら有るかもしれませんが、調べたところそのような話は
見つかりませんでした。

満塁で記録上安打にも関わらず、得点が認められないケースとしましては
3塁走者がホームベースを踏まなかった場合(アピールアウト)が有りますので、
全くない話では無いですね。


逆に、yunkyuuさんが書かれた
『最近は打者はヒットでなく内野ゴロとして処理するようになった。』が
ネットの書かれているのなら、そのサイトを教えてください。

それを見れば、何かのヒントになるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。すみません、当該のHPのURLがどうしても見つかりません。
少年野球か市民野球のコーチの方の私的なHPでしたので、全国組織の野球連盟等の
公式な見解ではないようですね。サイトが見つかりましたら「こんな見解あるんですが・・・」と
再質問させていただきます。6安打で0点のケースは参考ぬなりました。ご教示ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/06 16:50

飛球ではなく、「ゴロ」のヒットとスコア記録されます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。本来はそうですよね。

お礼日時:2014/05/06 16:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあとシングルヒットを打てばサイクル安打という打者が、ホームランを打って

あとシングルヒットを打てばサイクル安打という打者が、ホームランを打って「おれは歴史に名を残したいから。」と言って一塁で止まったらどうなりますか。マナーは別としてルールはどうなりますか。

Aベストアンサー

野球規則を読むと、「打者がプレイングフィールドの外へ本塁打を打ったときは、その打者が本塁を踏み終わるまで球審は、新しいボールを投手または、捕手に手渡してはならない」とあります。
つまり、ルール違反になりませんが、打者には一塁で留まる権利はなく、それ以上ゲームが進まないと言う事なります。つまり、ホームランを打ちベースランニングの状態が続くわけです。

ちなみに、もし質問文のような時、サイクルヒットとして記録する方法は、アウト一つを覚悟すればできます。
それは、二塁ベースを踏まないでベンチに戻り、その後相手からのアピールプレイがあることです。そうすると、当人はアウトになり、記録上ヒット(+暴走)となります。
あと、これは推測ですが、一塁ベース通過後に3フィートを超えても同様だと思います。

QMLBの打者と違いNPBの打者がテイクバックを大きく取って脚を上げて打つのは何故ですか?

その打ち方だと手元で微妙に変化する球に対応出来なくなるのに…。
以下のサイトのレスを読んでの質問です。
理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。

プロ野球でも国際球使え
http://www.unkar.org/read/schiphol.2ch.net/mlb/1219385830
『89 :名無しさん@実況は実況板で[]:2008/09/14(日) 16:38:05 ID:sVSBlZ5U
>>88
いや…あちこちで日本の打撃理論が世界の主流からズレて来てて時代遅れになってるのが打てない原因とも言われてるぞ

キューバ 韓国 アメリカはノーステップで打つ
日本は溜めたり、ステップを大きくとって打つ

手元で変化する球(ツーシームやムービングファスト)が主流の現在の世界の野球では日本の打撃技術では対応出来ない
日本人がメジャーで打てない理由の一つでもある

NPB球だとツーシームやムービングファストが投げにくいからNPBでは投げる投手が少ない→バッターも普段投げられてないから対応出来ない
また普段はそういう球が来ないので練習する必要も感じない→ますます世界から取り残される日本
って悪循環

王や野村も日本の打撃理論は世界に遅れて来てる的な事を北京後に語ってた』

その打ち方だと手元で微妙に変化する球に対応出来なくなるのに…。
以下のサイトのレスを読んでの質問です。
理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。

プロ野球でも国際球使え
http://www.unkar.org/read/schiphol.2ch.net/mlb/1219385830
『89 :名無しさん@実況は実況板で[]:2008/09/14(日) 16:38:05 ID:sVSBlZ5U
>>88
いや…あちこちで日本の打撃理論が世界の主流からズレて来てて時代遅れになってるのが打てない原因とも言われてるぞ

キューバ 韓国 アメリカはノーステップで打つ
...続きを読む

Aベストアンサー

他サイトの疑問をここに持ってくる
理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。

マジレスすれば、アマの指導者がツーシームの打ち方を念頭に置いてないからかと。
ツーシームやムービングが投げにくいのでなく投げさせる指導者が少ないからかと。
それが世界共通でなくMBLの主流であって日本野球と適合しないからかと。
日本の投手の大半がムービングを放ってくる時代が来れば
打撃もコンパクトになってホームランも年50本とか無くなるんでしょうね。

Q安打数の多い打者はどうして安打数が多いのでしょうか

野球にぜんぜん詳しくないので、教えて欲しいのですが、

野球選手で、安打数の多い打者は、なぜ安打数が多いのでしょうか?

これは、素人のあさはかな考えなんですけど、
安打数が多いのは、「 ボールの球を打つから 」でしょうか?
つまり、
  『ボールの球を打つ』→『四球が少なくなる』→『安打数が増える』
というわけでしょうか?

例えば、ピート・ローズ選手は、悪球打ちだったから、安打記録を作れたのでしょうか?
もし、ピート・ローズ選手が、ストライクしか打たない打者だったら、四球が増えて、安打数が少なくなり、安打記録は作れなかったでしょうか?

王貞治監督が選手のときは、生真面目にストライクしか打たなかったから、四球が多くなり、安打数を損していた、と聞いたことがありますが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

『ボールの球を打つ』→『四球が少なくなる』→だがボールの球を安打にするのは良い打者でも非常に困難ですので『安打数は増えない』→『凡打だけが増える(最も重要視される打者の評価数値である打率が下がる。)』

『ストライクの球を打つ(ボール球には手を出さない)』→ボール球を空振りしたりファールすることがないのでかえって『四球は多くなる』→ストライクは安打にしやすい球なので、ストライクのみ打っていれば『安打数も増える』

以上。


ボール球は見逃せば打者にとって有利になることは100%確実です。ですが安打にする確率は絶対に100%ありません。有利になることを放棄してまで、アウトになる危険を冒してまで、わざわざそれを打つことはありませんね。
明らかなボール球に手を出して仮に安打となったとしても誉められることではないと私は思います。(俗に結果オーライ)と言います。私も「結果オーライ」は指導者にきつく戒められましたし、指導者となった時もそう言い続けました。

選球眼が優れた打者に勝る「良い打者」は存在しないと思います。

QNYヤンキースの指名打者松井秀喜の打球は、何故他の左の長距離打者の様に滞空時間の長いアーチを描かないのでしょうか?

ニューヨーク・ヤンキースの指名打者松井秀喜の打球は、何故他の左の長距離打者の様に滞空時間の長いアーチを描かないのでしょうか?
松井選手の打球は本塁打性の当たりでも概ねライナーばかりなので、MLBでは本塁打が増えない気がします。
もっとアッパー気味に、掬い上げる様な打ち方に変えた方が良いのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 松井選手は右投げ左打ちです。そのため右手を主流にバッティングをしがちになってしまっている傾向にあるからだと思います。
 つまり,打球をとらえる際に,右手で押し込みがちになり,この場合左手はどうしてもかぶせ気味になって,打球に角度がつきにくい現象が引き起こされているからだと思います。人間利き手でないほうの手は,繊細で力のある利き手を超えることはできませんから,修正するのは難しいのではないかと思います。
 基本的に,後ろの手が強いほうが,バットの角度やスイングの軌道をコントロールしやすく,打球に角度もつけやすいものと考えられます。日本の球界では,右投げ左打ちのバッターが結構いますが,ほとんどが中距離バッターだということに気が付くと思います。
 過去のホームランバッターを見てみると,王貞治選手,バリーボンズ選手,などのとてつもない記録を残している選手は,同じ左バッターでも,左投げ左打ちの選手であったということが注目すべき点だと思います。
 ただ,メジャーの選手はあまり詳しくはわからないのですが,ジェイソンジアンビ選手(右投げ左打ち)のように年間40本くらい打った例外の選手も中にはいますが,真のホームランバッターになりえるのは,右投げ右打ち,左投げ左打ちの選手に限るといっても,決して過言ではないと思います。
 そういう意味では,松井選手は真のホームランバッターには成りえないという見方もできると思います。しかし,右投げ左打ちの選手で最もホームランバッターに近い選手であることは間違いなと思います。というのも,比較的打球に角度がつかなくても,スタンドまで運ぶわけですから,とてつもないパワーを持っていないと成しえない離れ業をやってのけているという見方もできるわけです。
 ある意味,ゴジラというニックネームに一番ふさわしい選手だと思います。またメジャーで30本くらい打ってほしいですし,個人的にも,松井選手を応援しています。

 松井選手は右投げ左打ちです。そのため右手を主流にバッティングをしがちになってしまっている傾向にあるからだと思います。
 つまり,打球をとらえる際に,右手で押し込みがちになり,この場合左手はどうしてもかぶせ気味になって,打球に角度がつきにくい現象が引き起こされているからだと思います。人間利き手でないほうの手は,繊細で力のある利き手を超えることはできませんから,修正するのは難しいのではないかと思います。
 基本的に,後ろの手が強いほうが,バットの角度やスイングの軌道をコントロールし...続きを読む

Q走者に打球が当たる場合の守備妨害について

昨日実に稀なケース(私だけかも)が発生しました。皆さんのお力をお貸しください。1死2塁で三遊間にゴロが飛び、3塁手が懸命にクラブを出しましたがグラブの先に当たり、打球が若干2塁方向に変わり3塁へ向かった2塁走者に当たりました。この時遊撃手は2塁走者より後方(外野寄り)で既に捕球状態にありました。審判団は3塁手の守備機会後のため1死1・3塁で続行しました。確かに3塁手の守備機会に対し妨害はありませんでしたが、襲撃手の守備機会に対する妨害はどうなるのかな?と。一つの打球に対し守備機会は一つが守られる?優先されるだけなのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。

すみません。こっちの規定の方がわかりやすかったです。


7・09 次の場合は、打者または走者によるインターフェアとなる。
(m) 野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域で走者に触れた場合。
ただし、走者がフェアボールに触れても、
(1) いったん内野手(投手を含む)に触れたフェアボールに触れた場合。
(2) (省略)
には、審判員は走者が打球に触れたという理由でアウトを宣告してはならない。
しかし、内野手が守備する機会を失った打球(内野手に触れたかどうかを問わない)でも、走者が故意にその打球をけったと審判員が認めれば、その走者は、妨害(インターフェア)をしたという理由でアウトの宣告を受けなければならない。
インターフェアに対するペナルティ 走者はアウトとなり、ボールデッドとなる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報