親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

フリーランスの個人事業主です。
確定申告の際、いろいろ調べるとスーツやワイシャツ、靴なのど費用はよほど特殊な職業ではないと必要経費に認められないと書いてあります。
これはなぜでしょう?
働かなければ、ジーンズにTシャツで構わないわけで、仕事で客に会うからスーツやワイシャツを着ているのです。
サラリーマン時代は、そのような経費はまとめて「給与所得控除」として収入から控除されていると聞いていたので納得していましたが、フリーランスには給与所得控除がありません。ならばスーツやワイシャツ、靴なのど費用は経費として良いように思うのですが、詳しい方に教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

経費に100%出来る方法は有りますよ。



例えば、mocodne様がhogeソフトウェアと言う屋号だったとします。
そして、スーツを制服として購入するのです。
胸に「hogeソフトウェア」と刺繍が入ってれば税務署も文句の言いようがありません。

あくまで「仕事を行う為の制服です」と言い切ればOKです。

営業職で行っている会社も有ります。

ただ、何着も購入すると駄目ですけど。
    • good
    • 20

>サラリーマン時代は、そのような経費はまとめて「給与所得控除」として収入から控除されていると聞いていたので納得していましたが、フリーランスには給与所得控除がありません。

ならばスーツやワイシャツ、靴なのど費用は経費として良いように思う・・

サラリーマン(給与所得者)は、特定の者(勤務先の法人事業者又は個人事業者)に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする個人です。サラリーマンには、所得税法により、「給与所得控除」という名の法定経費の必要経費算入が認められています。この法定経費は、サラリーマンが通勤や営業活動で使用するスーツや革靴の代金を賄うために定められました。
【根拠法令等】所得税法第二十八条第二項及び第三項

質問者のようなフリーランスの個人事業主であっても、特定の者(得意先の法人事業者又は個人事業者)に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とするのであれば、租税特別措置法に定める「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」により、法定経費が認められています。
【根拠法令等】租税特別措置法第二十七条及び租税特別措置法施行令第十八条の二

その法定経費の必要経費算入限度額は65万円ですが、仕事で客に会う際のスーツやワイシャツや靴などの代金を賄うには充分な額なのではありませんか。この法定経費が、サラリーマンの「給与所得控除」に相当するものです。
(^ ^;


〔参考〕
確定申告のときに「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」の適用を申請する場合は、計算書のフォームに必要事項を記入して、申告書に添付します。

計算書のフォーム
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

なお、この方法で法定経費を利用するのであれば、実際に買ったスーツやワイシャツ、靴などの領収書は必要ありません。
    • good
    • 24

無視される私見かと思いましたが、感謝されたので、調子に乗って。


衣服費はやめたがいいですよ。
青色申告決算書には衣服費という項目がないので、あえて「衣服費」を計上すると、当局をいたずらに刺激してしまいます。
目に留まるというやつです。
衣服などは、いずれ消耗されるのですから、消耗品で良いと存じます。

できることならですが、消耗品のなかに補助科目として、衣服を作っておき、合計額の3割を期末に事業主貸処理して、経費から外しておけば、仮に当局からなにか言われたときでも「全額は経費にしておらん」と抗弁できます。
これは「全部が事業用経費ではなかろ?」という科目(今回の衣服費などは、良い例)は、按分計算して事業経費から控除してあるという「ジェスチャー」があると、当局は「じゃ、しょうがねぇな」となるからです。
「按分計算?そんなもの知るか!全部経費にするに決まってるじゃねぇか」という態度を示すのではなく「はいはい、全額経費にしてはいけないんですよね。わかってますよ」という態度を取るわけです。
ほとんどの税務調査では「按分計算をしてる」ことで「ま、ええか」となります。
按分割合が7対3という「所得税法界の暗黙の了解」を使ってあれば「なかなか、やるじゃねぇか」ってもんです。
    • good
    • 40

私は「スーツやワイシャツ、靴なのど費用は経費として良い」考えをしております。


お客様や大事な取引先その他収入に関わって来る方と会うのに、丸裸でお会いするわけにはいきません。
相手がピシっとされてるのに、こちらがジャージの上下だというのでは、まとまる話もまとまらないわけです。
見掛け倒しという言葉がありますが、実は見かけで倒せたらそれほど楽なことはないわけですし、馬子にも衣装という言葉もあります。
擦り切れた背広を着てる方と、そうでない背広を着てる方では、誰でも後者を「偉い」「立派だ」「信用できる」と思います。
百均で売ってる時計をしてる方と、グランドセイコーをつけてる方では、後者を同様に判断するものでしょう。
「そうではない」という方もいます。見かけで人間を判断してはいかんのだという理想主義者です。
誰しもが「見かけ」で、ある程度は倒されているわけです。

というわけで「見かけ」を取り繕うための費用は、まさに事業経費になってもらわないと困ります。
スーツに始まって、シャツ、靴下、靴など外から一通り見えるものは経費にしてもらわないと「見かけを作るための金」が無駄になります。
取引先の奥様からダンヒルのネクタイを頂いてしまった。さあ、大変だとなります。
それに似合うだけのスーツとシャツ、できたらカフスボタンとネクタイピンを用意しないといけません。
別に「義務」ではないですが、贈ってくださった奥様の気持ちに応えるわけです。
これを事業経費にしてもらわなくては、困るでしょう。

明らかに事業用に使われてるなら経費にしていいよと言う判断基準を持ち出すと「じゃ、まったく休日に、妻とデートする際に来たら、全額事業用経費計上があかんくなるのか?」という話になります。
それくらい、いいじゃないですか。
服にカウンターをつけて「今、何回きました。内、何回は私用です」と記録しろとでもいうのでしょうか。
それこそ「アホ抜かせ」ですよね。



国税庁でも「それくらい、いいよ」と言いたいのだと思いますが、それを言うとあれもこれもとなり袋叩きになるので、毅然として「事業用として使われてないといかん。特殊な衣料金しかダメだ」と口にしてるだけだと思います。
事業者が税務調査に「私は事業用に購入して使用してる」という主張を「ダメ。事業用として認めない」と税務当局側が言うのでしたら、その反証を揃える義務があるのは税務署サイドなのです。
「あんたは、何月何日に、どこそこのスナックでホステスとカラオケをしてるときに、そのスーツを来てた。事業用ではなく、私用であった」と証拠を出してくるべきなのです。

出せっこないのです。

几帳面に「税務署が発行した文書や、ネット情報ではあかんとなってるので」と処理しなくても良いと思います。
個人事業主は、その事業の責任者は個人です。
その責任者が「これは事業用の経費だ」として経費計上したのならば、それでいいではないですか。
他人様が「それはいかんよ。たまには私用で使うでしょ」などと、ああだこうだ言うこたぁないのです。
既述のように税務調査官が「あかんぜよ」というならば、その根拠を示すべきです。

ところで、個人所得税の世界では7対3という割合が結構有効なのだそうです。
按分すべきなのだが、その割合がどうもはっきりしないという場合には「7対3」を使うわけです。
どこから来た割合なのか知りませんが、この割合で事業用経費を7割としておくという手もあるわけです。

「その業務に携わってなかったとしたら、購入する必要がない物」は私は事業用の物だと考えます。
被服費も「その業務に関わってなかったら、およそ購入する必要がなかった」出費なら経費で良いと考えます。

応援がつかないような私見かもしれませんが、質問者さまの言いたいことは理解できるので「一票」入れるつもりで述べました。
    • good
    • 42
この回答へのお礼

私の疑問点の趣旨をご理解いただきましてありがとうございます。
今年の確定申告では衣服費は経費に入れませんでしたが、来年の申告では入れてみて、税務署が何か言ってきたら反論してみることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/27 22:32

絶対とは言っても100%というほどでもありません。

99%ならたぶん通るかと。
給与所得控除は被服費と限った訳でも、被服費として認められるものでもありません。そのへんは妥協の産物。ゼロよりはいいでしょ?
フリーランスなら、他にいくらでも経費で落とせます。あんなものやこんなものまで。無理に被服費にこだわる意味も無いのでどうでも。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに衣服費を他の経費に紛れ込ませることもできるのかもしれませんがそれでは何か釈然としません。

お礼日時:2014/04/27 22:27

#1です。


> なぜ個人事業主には認められないのかということです。
では訴訟を起こす事です。
こんな所で聞いて廻っても、私が示した判例以上の明確な回答が出るわけがありません。
仮に出たとしてもそれはその人の意見であって、それが税務署で認められるわけではない。
     
言い方が悪いですが、あなたの質問は八つ当たりですよ。
正論であると思えば訴訟を起こして、その場で裁判長に反論して認めさせるべきです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なるほど、八つ当たりですか。
そうかもしれませんね。
今年の確定申告では衣服費は経費に入れませんでしたが、来年の申告では入れてみて、税務署が何か言ったら反論してみることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/27 22:25

仕事以外に絶対着ないと証明できればOKです。


水商売のドレスなんかは認められます。普段は着られませんからね、一応。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

仕事で着るという証明はできても、仕事以外に絶対着ない証明なんてできるわけないです。
それはサラリーマンも同じでしょう。ならば、なぜサラリーマンには条件付きとはいえ「勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための費用 」が給与所得者の特定支出控除として認められたのでしょうか?

お礼日時:2014/04/27 18:38

>仕事で客に会うからスーツやワイシャツを着ているのです…



仕事でなくても、平服で良い冠婚葬祭、例えば若い方なら子供の七五三や入学式などでスーツやワイシャツを着ることはあり、そのあたりの線引きが明確でない以上、事業に必須な費用とは認められません。

家事上と業務上の両方にかかわりがある費用は、第三者を納得させられる合理的な按分ができない限り、経費にはならないのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ただ、それなら、なぜサラリーマンには条件付きとはいえ「勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための費用(衣服費) 」が給与所得者の特定支出控除として認められたのでしょうか?
それが不思議です。

お礼日時:2014/04/27 18:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ただ、そのような説明なら何度も見てり、納得できないから質問しています。
H25年度分からサラリーマンは
6 次に掲げる支出(その支出の額の合計額が65万円を超える場合には、65万円までの支出に限ります。)で、その支出がその者の職務の遂行に直接必要なものとして給与等の支払者より証明がされたもの (勤務必要経費)
(1) 書籍、定期刊行物その他の図書で職務に関連するものを購入するための費用(図書費)
(2) 制服、事務服、作業服その他の勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための費用(衣服費)
(3) 交際費、接待費その他の費用で、給与等の支払者の得意先、仕入先その他職務上関係のある者に対する接待、供応、贈答その他これらに類する行為のための支出(交際費等)
が、金額の制限があるものの認められていますよね。
ならば、なぜ個人事業主には認められないのかということです。

お礼日時:2014/04/27 18:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユニフォーム、靴代の勘定科目

仕事で使うユニフォーム、靴代などは被服費になるのでしょうか?
それとも福利厚生費になるのでしょうか?
福利厚生費の範囲も教えていただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

福利厚生費が多いでしょう。
被服費の科目を作ってらっしゃるのでしたら、
そのものズバリですから使われたらいいのでは。

参考URL:http://www.smc-net.com/knowledge/20050801.pdf

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Qスーツを購入した時の領収書

さっき、社長より「スーツ(礼服)を買った。」と言って領収書を渡されました。
この場合、帳簿上の科目は「接待交際費」になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の対外的な冠婚葬祭に、社長さまの出席時に使用する目的がある。
社長さまから説明があったのですから、使用目的から考えても「接待交際費」とする事に何も説明はいらないでしょう。
近々に社長さまが出席する予定の式などがあれば、その招待状のコピーと一緒に領収書を貼り付け保管すれば、なお良いでしょう。
しかし、親類の式に出席するためなら、他の回答者のご指摘通りに現物給与です。たぶん、こっちが本当には多いでしょう。
社長が「経費で落とせ。」と言ったのでしょう。
素直に、接待交際費で落としておきましょう。
後々に税務調査で現物給料とされたり、経費の否認を喰らっても、それは社長の責任ですから、ほっときましょう。

Q楽器・衣装の勘定科目を教えて下さい。

去年から、フリーで音楽活動を始めました。
今年、初めての確定申告を控えています。
楽器の購入に関してなのですが、10万円以下の品の場合、勘定科目に何になるのでしょうか。
まだまだ不勉強ではあるのですが、10万円以上の場合のみ減価償却にあたり、10万円以下の場合はその年の経費に計上してもよいとの認識で間違ってはいないでしょうか。(その場合の勘定科目がわからないのです・・・)
それと、衣装を購入した場合の勘定科目も合わせて教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

白色申告の場合の「収支内訳書」、青色申告の場合の「決算書」ともに適当な科目が設定されていません。
お仕事の特殊性から、費用の性格を現す科目を使っても良い、と言うか、望ましいので、空欄に、「貸スタジオ代」という科目を作って、記入なされば良いと思います。
基本的に、上記「内訳書」「決算書」に書いてあるものの中から、一番近いであろう科目を選べばよいです。
適当なものがなければ、このように新しくご自分で設定なさるか、年に何回も出てこない金額の少ないもので、どうしても他のところに入れようがないものだけ、「雑費」を使います。

Q書籍は経費で落とせますか?

結構、本が好きで、これから個人事業主になるので、経費で落とせるものは
落としたいな~、と考えています。

落とせる本と落とせない本があると思うのですが、事業主になるための経理の本とか手続きマニュアルとかは経費(開業費とか)で落とせるのでしょうか?
落とせるとすれば何勘定になるのですか?

どういった本が経費で落とせるか教えてください。

Aベストアンサー

 事業に特徴的な出費であれば研究開発費の科目を作ってそれにあててもよいと思います。消耗品ですとあまりに漠然としていますので。

 ただし、あまりに売上げに比してその額が大きいと、調査時に同業他社の経費率で推計されることもありますので、ご注意を。といっても客観的にその出費が事業に必要なものであることを証明できるなら、自信を持って申告しましょう。

>どういった本が経費で落とせるか教えてください。
 病院や美容院など客商売で待合室があり、そこに置いてある雑誌などが経費になることがあります。その時は自分や家族が読んでから待合室に置くときは、生活費按分が発生しますが、全く自分や家族が読まないときは、全額経費となります。額が大きいとまず誰が読む(消費する)のかということが、税務調査のときに争点となることがあります。(昔本当にあった話です。)

 ソフトウェア開発などで、高い公式マニュアルを買うときは研究開発費で構わないと思います。ただしソフトに付属している分厚いマニュアルの類はあくまでソフトの一部として考えます。ですから減価償却の対象になることもあります。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28867
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=200133

 また、購入した本をそのまま取引先にプレゼントすれば交際費に、従業員に与えれば研究開発費あるいは、それが娯楽関係の本なら福利厚生費になる場合も考えられます。

 金額が大きいなら、その実際の用途に応じていろいろな経費の科目にばらしておけば目立たなくなるという効果はあるかもしれません。

 細かく言うと、事業の目的と購入した書籍の内容の関連に妥当性があるか、実際に売上げに貢献しているか、その書籍の消費の実態はどうなっているのか(個人的興味の対象として消費される部分を客観的にどのように評価し按分するか)が大きなポイントになります。また、生活費按分は必ずしも事業用面積とそれ以外の生活にかかる面積との按分になるとは限りません。実質課税主義により実態を反映することができる按分比率が優先します。

 もし将来税務調査を受ける機会があればそのようなことを念頭に置いておかれたら良いと思います。ちなみに最近の実調率は3%弱と聞いています。 

 事業に特徴的な出費であれば研究開発費の科目を作ってそれにあててもよいと思います。消耗品ですとあまりに漠然としていますので。

 ただし、あまりに売上げに比してその額が大きいと、調査時に同業他社の経費率で推計されることもありますので、ご注意を。といっても客観的にその出費が事業に必要なものであることを証明できるなら、自信を持って申告しましょう。

>どういった本が経費で落とせるか教えてください。
 病院や美容院など客商売で待合室があり、そこに置いてある雑誌などが経費になるこ...続きを読む

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。

Q勉強の講座代は、個人事業主の経費にできますか

当方デザイナー兼プログラマーの個人事業主です。

仕事に直接関係する、プログラムの技術の一部を習いに講座を受けています。
価格は5万円程です。
これ経費として計上できますでしょうか?

もし出来る場合、なんという項目として書けば良いのでしょうか?
研究開発費、技術開発費。。。決まりはあるのでしょうか?

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

歯科医師です。
私たちは常に新しい知識や技術を習得するために講習を受けます。その費用は講義だけの場合、1日数千円程度ですが、実習のあるものは1日で数万円から十万円前後です。1年間の実習コースを受講すると、百数十万円になるものもあります。これらは研究費あるいは研修費として計上しています。数年前に税務署が調査に来ましたが、これに関しては問題ないと言っていました。

Qコーヒー代はどんな経費科目?

コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。

2人以上で仕事の商談すれば、交際費でしょうが、
1人で、仕事で使う場合は何費になるのでしょうか?

最近、会社ではなく、喫茶店などで仕事をする人が
増えておりますが、今回、特定のカフェで、月に
10回以上使用して、事務所のような感じで使用してます。

そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」の類は「(福利)厚生費」

○社員が勝手に買って来て飲んだ飲み物や、喫茶店を作業場にして居る際に頼んだ飲み物は、会社の経費ではない。
 それを会社の経費として処理するのであれば御社の勝手ですが、ルール作りが必要ですし、金額が張れば税務署から個人への給与として課税される可能性が考えられる。

> そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?
誰に認めてもらうのかが不明。
・経営者や上司:あなたが判断することではない。
・税理士や会計士:会計士の勉強の際に講師に来た会計士が言っていましたが、企業がどのような勘定科目名を使うのかは自由。有価証券報告書等を作成する際に、法律等に従った表示にするだけ。
・税務署:「交際費の損金不算入」絡みを想定していると思われますが、『交際費』出計上した者だけが損金不算入ではない。勘定科目名で悩むのではなく、取引内容が交際費の範囲に該当するかどうかを適切に区分して、申告書を作成することが必要。

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」...続きを読む

Qお客様への菓子折りの勘定科目を教えて下さい。

初歩的な質問になりますが、
お客様に、従業員がお渡しする、お詫びの菓子折り代としての費用は、接待交際費か雑費か教えて頂けないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

少額であれば、どちらでも構わないと思いますが、接待交際費で処理するのが一般的です。

Qお茶菓子代の勘定科目がわかりません。

専業農家です。

農作業の休憩時に出すお茶菓子代をどの勘定科目に入れたらよいのかわかりません。

以前は”雇い人費”の項目に入れていたのですが、そこには給与も入っているため、お茶菓子代と給与の区別がつかなくなっていました。

いくつか調べると、交際費・雇い人費・雑費等それぞれ書き方が違っています。

休憩時に使うお茶菓子代の費用はどのように考えればよいのでしょうか?

ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、お茶菓子代はその内容によって勘定科目が違ってきます。

会議の時のお茶菓子=会議費
従業員の福利厚生=福利厚生費
営業活動の手土産のお茶菓子=販売促進費
老人ホームの入居者のお茶菓子=介護付帯費
etc

ご指摘の雇い人費はあくまでも人件費(給与 雑給)と判断できます。(農業の会計経験が無いので間違っているかもしれませんが)故に雇い人費は馴染まないと思います。どちらかと言うと福利厚生費的な性格が強いと判断できます。従って福利厚生費、金額が少額であれば雑費でも良いと思われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング