ベランダに全長2m程度の小川を作りたいと思っています。水の流れは、滝から始まって、
池で終わり、池からはポンプで滝まで揚水するようなイメージです。
池には睡蓮を植えて、メダカを飼いたいです。
出来るだけ、安価で、自然な感じに作りたいのですが、良いアイデアを教えてください。
池の深さ(30~40cm?)を考えると川の流れの高さが結構高くなってしまいそうですが・・・・。
また、参考になるURLや本も紹介をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一番安値で効率良く出来るのが「発砲スチロール」ですね!


東急ハンズにも売ってますが、カットも創作も簡単に出来ますし川の流れる流線型も容易に楽しめますよ! 実際に水を流す所には、上から厚めの透明防水ビニールシートを覆い、さらにその上からデコレーションや色をつければ完璧です。
強度をもたせるために砂や小石を敷き詰めたり、重石を「岩」に見立てて固定させれば、まさか土台が発砲スチロールだなんてわかりません。
ポンプの配線も溝を掘って埋め込めば、完成度はかなり期待出来ます。

楽しそうですね!!!  頑張って下さい。
    • good
    • 1

立風書房のHP、ご覧になりましたか? 今号がたまたま「手作りで楽しむウォーターガーデン」という特集なので、いい情報があるかもしれません。

立ち読みしてみてください(^^)。
溝を掘れないのですから、その分、台を置くなりして高くする必要がありますね。以前読んだ雑誌の記事では、池を作るのに穴を掘って防水シートを貼る、とありました。ホームセンターでこれを探してみてください。池は夏場、直射日光が当たると、40cm程度の深さでも水温がかなり上がり、魚類は辛いです。日影を作ってあげてください。

参考URL:http://www.rippu.co.jp/dopa/index.html
    • good
    • 0

まずベランダの耐荷重を調べてください。

水は非常に重たいので、そんな重たいものを乗せて大丈夫なことを確認してからの方がいいです。
また、滝や噴水は、近隣への音の配慮も必要になります。風鈴でさえ苦情が来る場合もありますので、水の流れる音が24時間するのは問題になる場合もありますよ。
そういった面を考慮した後に、雑誌「ドゥーパ」というのがあります(立風書房)。ガーデニング関係のDIYがいろいろ載っていますので、参考記事がみつかると思います。

参考URL:http://www.rippu.co.jp/

この回答への補足

ベランダはマンションのルーフバルコニーですが、耐荷重は問題ありません。
毎夏、直径2m/水深40cm(1t越)のプールを置いています。
また、最上階ですので、音はほとんど上に逃げしまいます。

問題は、庭でないため穴を掘って流れを作ることが出来ません。
コンクリートの床の上に流れを置くことになります。プラスチック製の池は良く
ありますが、川も有るのでしょうか?
有っても安くはないですよね。何かの容器を流用できるようなアイデアは無いか?
と思っています。

補足日時:2001/06/05 15:41
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さな川の作り方

庭というか家の前の小さなスペースに、水の流れる環境を作り土をいれ植物を植える等で、小さな自然を作れないかと思っています。
スペースは横3m16cm程、縦2m10cm程、深さ25cm程の長方形で下がコンクリートになっています。

水の流れる環境は高低差を作りポンプ等で循環させればいいと思うのですが、詳しく分からないのでどんなものが必要か、また土等含め費用及び維持費はどのくらいかかるか、植物はどんなものがいいか大体で分かる方がいれば教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

同じくらいの規模で庭に池と水路のあるビオトープを作っていたことがあります。
水の循環は池のオーバーフロー分をポンプアップしてパイプで上流に戻していました。

購入したのは、防水シートとポンプ設備とフィルター(ろ過装置…これが無いとポンプが詰まります)
システムではなく全部バラで買って組み合わせました。
他に電源(当時は家から防水コードで引きました)も必要です。
全部で2万もかからなかったような覚えがありますが、家にあった資材も使っています。

池でなくても下流にはある程度ろ過やポンプアップのための余裕があったほうがいいです。
常に水面が動いていれば蚊は発生しません。
地面の堀下げが無理なら、土台をブロックなどでカサ上げして勾配を取る方法もあります。
流れで生き物を飼うなら水道水ではなく井戸水か雨水タンクを設置して使うことをお勧めします。

書店や図書館でビオトープ関係の本を探してみてください。
規模や好みによっていろいろな事例が載っています。

維持費は電気代とメンテナンス費ぐらいです。
それと設営後は恒常的な管理が必要です。
フィルターの掃除や、夏場の藻を毎日はいつくばって取り除いたり、貯まったゴミを引き上げたり、
植栽や生き物の管理も結構手間がかかりますが、それが楽しみでもあります。
我が家は池があったせいかトンボの産卵と羽化を見ることが出来ました。
うまく実現するといいですね。

同じくらいの規模で庭に池と水路のあるビオトープを作っていたことがあります。
水の循環は池のオーバーフロー分をポンプアップしてパイプで上流に戻していました。

購入したのは、防水シートとポンプ設備とフィルター(ろ過装置…これが無いとポンプが詰まります)
システムではなく全部バラで買って組み合わせました。
他に電源(当時は家から防水コードで引きました)も必要です。
全部で2万もかからなかったような覚えがありますが、家にあった資材も使っています。

池でなくても下流にはある程度ろ過やポン...続きを読む

Q小さな池の循環ポンプを探しています

大きさが100cm×60cm×40cmの池を庭に作りました。
この池の水を循環させ、ろ過器(自作)を通して濁りをなくしたいと思いホームセンター等で水ポンプを探しましたが、本体が大きく吐出量も大きい水中ポンプしかありません。
これくらいの池に適当な水ポンプをご紹介いただけませんか。
追伸
風呂の残り湯を汲み上げるポンプが4000円位で売られていますが、これは代用出来ないですよね。

Aベストアンサー

エーハイム社の1048か1250をお勧めします。1048なら9,500円くらいですね。最大揚程は1048が1.5m、1250が2mです。耐久性抜群で水陸両用、連続使用で10年以上使ってもフィルターとインペラーシャフトの交換ぐらいでびくともしません。大きな熱帯魚屋か通販で売ってます。

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~aandk/eheim.htm

Qベランダに電源を引く方法

分譲マンションに住んでいます。
水耕栽培で野菜を作ろうと思っています。
私がしたいと思っているのはホームハイポニカというもので、
電源が必要だそうですが、ベランダに電源が有りません。
どのようにすれば電源をとれるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電気工事士です。

一番簡単なのは、他の方もご回答されていますが、エアコンの穴を通す方法です。
エアコンの配管をエアコン本体裏から露出無しで取り出している場合は少し難しいですが、マンションとの事ですので、エアコン本体と外壁との貫通口は離れているかと思います。(エアコン本体から配管が露出で見えている。化粧ダクト施工の場合も有りますが。)
宅内の最寄(エアコンの下辺り)のコンセントから延長コードを使い外部に出すと言う方法ですが少し注意点が有ります。

○エアコンの穴に既にエアコンの配管が通っている場合は延長コードのプラグ部分が大きく隙間から外に出すにはプラグを一度外して(切断)線だけにしないと断面積の都合上穴に通せない可能性。

○市販の延長コードには耐候性(太陽などの紫外線や天候による乾燥や湿気の繰り返し)が少なく長期使用すると電線の被服の劣化が起こりショートなどの原因にもなる。(最悪火災の原因にも)

○宅内と宅外では起こりうる危険性が全然違う。宅外は雨水などが掛かりにくくても金属部分は錆びやすい。(漏電や火災の原因)

○分電盤から別に専用回路を引く引かない関係無しにこの回路は他の回路と別に漏電ブレーカーにする事をお勧めします。(動作電流15mA)そうすれば外部で漏電しても遮断してくれます。通常主幹が漏電ブレーカーですが、15mAだと主幹が遮断される前にこの1回路だけ遮断出来ます。)

○基本的には電気工事法で禁止されています。(資格の無い人が行うと法律違反)

等 簡単に挙げられる危険事項です。
脅かすつもりは有りませんが、私は職業柄か この様な事から事故(火災も含めて)を見た事も有ります。(どちらかと言うと古い建物ですが)

余り一般の方がされる事はお勧め出来ませんので是非専門業者に工事を依頼して下さい。上記に挙げた危険性も少なくなります。若しくは工事方法等で完全に危険性を払拭することも可能です。

最近でしたらホームセンター等でも工事を受け付けている所も有ります。

建物の構造(マンションなので木造では無いと思いますが鉄骨造ALC・鉄筋造RC 等)や工事内容により違うと思いますが1万円前後だと思います。

電気工事士です。

一番簡単なのは、他の方もご回答されていますが、エアコンの穴を通す方法です。
エアコンの配管をエアコン本体裏から露出無しで取り出している場合は少し難しいですが、マンションとの事ですので、エアコン本体と外壁との貫通口は離れているかと思います。(エアコン本体から配管が露出で見えている。化粧ダクト施工の場合も有りますが。)
宅内の最寄(エアコンの下辺り)のコンセントから延長コードを使い外部に出すと言う方法ですが少し注意点が有ります。

○エアコンの穴に既にエアコ...続きを読む

Q池の水を、4年間ほったらかしにしてますが、全く濁りません

家の庭に池が、大きいのと小さいのと二つあります。

大きい池(2m×2m、日当たり普通)は大人の金魚7匹と、勝手に卵を産みに来た蛙たちが住み、小さい池?(40cm×40cm、日陰)はメダカと子供の金魚が7匹ほど住んでます。

以前、汚れのひどかった大きい池は、赤玉土と砂利を底に敷き、水草を植え、水道水は入れずに、雨どいから落ちる水のみを流し込むようにしてます。(途中に三角コーナーのネットを装着してゴミはとってます)
今では蛙の産卵後でも全く水が濁らなくなり、2年間掃除はしていません。(水面に落ちた葉っぱぐらいは拾ってますが)

小さい池は水草のみで何もしていません。4年間水も入れてません。

大きい池は雨が降るたびに屋根伝いに水が入るので、多少の水の循環があるので何となく理解できるのですが、小さい池はどうして全くよごれないのでしょうか?

どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水が循環しなくても(見た目上は)きれいな状態であったとしても別に不思議ではありません。
汚れの原因となる物質(この場合は主に糞と仮定します)に対して、水生昆虫や植物プランクトン等による分解能力、及び水草による浄化能力(窒素、リンなどの吸着)が飽和状態を超えなければきれいな状態は維持されます。

尚、括弧書きで「見た目上は」と記載していのは、「透明度」=「水質に問題がない」ではないためです。

Q池に繁殖する緑の綿みたいなのを除去したい

庭にホームセンターで買ってきた小さな池を埋めてメダカを飼っていますが、数年前から、暖かくなると、水中に緑色の綿の様な植物?が繁殖するようになって困っています。

取り出してみると、緑色の細い糸のようなものの集合体だという事がわかるのですが、これが何だかさっぱりわかりません。

見栄えも悪いし、すごい繁殖力で増え続け、水草等にからみついているので、水草も生き絶え絶えになってしまいます。

また、たまにメダカがそれに絡まって死んでいます。

そもそもどこからやってきたのかもわからないのですが、一度池を綺麗に洗い、水草等も全部入れ替え、収まったかに見えたのですが、またしばらくしたら、同じ状況になってしまいました。

これは何で、どうやって除去したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。
すみません、もう一手、過激な方法がありました。

水草を枯らす魚病薬というのは、一般の飼育者は嫌がりますが、魚病薬は水草に安心と書いてあったとしても、少なからず水草を枯らします。

この性質を逆手にとって、ペットショップで「水草が枯れるのでお勧めしませんよ。」と店員さんが言う魚病薬を買ってくるのです。

そして、水草を全て除去したあとで、薬を投入します。
エビは薬に弱いので、微量に付着した程度でも、まず死ぬでしょう。
しかし、メダカは耐え凌ぐ可能性が高いです。
一時的にメダカを避難させてやっても良いでしょうが、コケの欠片が一緒に避難してしまえば同じことですので、万全を期して下さい。
そして、水草もろともコケも壊滅するはずです。

その後、池を綺麗に洗いリセットします。

この際、避けておいた水草に、わずかでもコケが絡みついているようなものは、容赦なく破棄します。全て破棄することになっても仕方がありません。
欠片が残っていただけで増殖しますから。

そして、池の水が富栄養化しないよう、前に書いたことを気をつけて、もう一度維持し直していくのです。

他の人からツッコミが来そうですので、一応書いておくと、
濾過バクテリアは全て死滅し、一からのスタートとなります。

一度コケが蔓延ってしまうと、完全除去はとても難しいのですが、
予防はまだ簡単な方だという理由から、こんな手を使います。

当然、水草が主力の水槽や、エビが主力の水槽では、この手は使うことができません。

No.3です。
すみません、もう一手、過激な方法がありました。

水草を枯らす魚病薬というのは、一般の飼育者は嫌がりますが、魚病薬は水草に安心と書いてあったとしても、少なからず水草を枯らします。

この性質を逆手にとって、ペットショップで「水草が枯れるのでお勧めしませんよ。」と店員さんが言う魚病薬を買ってくるのです。

そして、水草を全て除去したあとで、薬を投入します。
エビは薬に弱いので、微量に付着した程度でも、まず死ぬでしょう。
しかし、メダカは耐え凌ぐ可能性が高いです。
...続きを読む

Q黒メダカと白めだかを一緒に飼ってもいいのでしょうか?

この前から、幅23,5×奥行18,5×高さ17,2cmで水が約6リットルはいる水槽で黒メダカを3匹飼いはじめました。水草はアンブリアを5本入れています。最近白めだかも一緒に飼いたいと思っています。
それで、近所にメダカをたくさん飼ってる人にそのことを聞いてもらったら、「だめだよ!!絶対一緒に飼ったらよくないってば!!」と、言われてしまいました。
私にはどうして白めだかを黒メダカと一緒に飼ったらいけないのか理解できません。

本当によくないですか?
あと、黒メダカと一緒に飼える魚はなんですか?

Aベストアンサー

自分は一緒に飼っていますが、なんら問題ありませんが…

多分ご近所の方は混種がうまれるのではと思っていたのでしょうか…

確かに混種が生まれる場合がありますが野生の黒めだかと人工的に作られた種を混泳させてはいけません。
野生の黒めだかは絶滅危惧種で、地域ごとに違った遺伝子もっていて
他地域の黒めだかとすら交配させてはいけないようです。

売っている黒なら問題ないようですが、純粋さを保持させたいのなら混泳は避けた方が良いでしょうね。

他の魚との混泳はオトシンクルスやコリドラスなどや
ミナミやヤマトなどのエビ類でしょうね、エビは基本的に問題ないですが、★になっためだかを放置していると食べてしまいますよ(それはそれでよいのですが…)
後は石巻貝やタニシなどの貝類でしょうかね。

おとなしいものなら大抵大丈夫でしょう。
頑張って飼育してみてください。

Q金魚のブクブク(?)の電池式というか、コンセントを必要としないものはあ

金魚のブクブク(?)の電池式というか、コンセントを必要としないものはあるでしょうか?
最近、金魚を飼いたいと思い始めたのですが、水槽でブクブクと酸素を出したりしているあの装置はやっぱり必要不可欠だと思います。あれを使うにはコンセントで常に電気を入れっぱなしにしておかないわけだと思うのですが、実はあまりコンセントの数に余裕がありません。ということで、電池か何かで作動するコンセントを必要としないコードレスのブクブクっぽいのはあるのでしょうか?
あるいは、それを必要とせずに健康に金魚を飼育できる方法などはありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

乾電池式のブクブクは売ってます。
私は、魚釣りをしますから持っています。電源は単1電池2本で約10時間連続運転出来ます。
暇な時、遊びで近くの「釣り堀」に鯉(稚魚)釣りに行くとき持参してます。
ブクブクの効果は絶大です。釣った鯉は、持ち帰り自由ですが、1匹1点で引き取ってもらえるので殺さないように注意してます。

この釣り堀は、普通の人は1時間で10匹釣れば良い方です。
釣った鯉は、備え付けの小振りのタライに入れて置きます。数匹なら酸欠になりませんが、数10匹も入れて置くと酸欠になり、死んでしまう鯉がいます。
私は、乾電池式ブクブクを使って空気を水中に補給してますから、数10匹釣っても鯉が酸欠になった事はありません。
乾電池式ブクブクは、釣り道具屋か大型ディスカウントショップの釣りコーナーで売ってます。
家庭で乾電池式ブクブクを使う必要はないと思います。二股コンセントを使用して交流式ブクブクを使っても消費電力は数ワットですから電気的な負担を掛けません。

以前、自宅で金魚を飼っていた時は、夜間のブクブクは音がウルサイので、夜間のみ循環式フィルターで水槽の水を循環させるだけでしたが、酸素補給は間に合ってました。
ブクブク等の機械装置を使わないで酸素補給をするなら、水草を水槽に多く入れる事です。

乾電池式のブクブクは売ってます。
私は、魚釣りをしますから持っています。電源は単1電池2本で約10時間連続運転出来ます。
暇な時、遊びで近くの「釣り堀」に鯉(稚魚)釣りに行くとき持参してます。
ブクブクの効果は絶大です。釣った鯉は、持ち帰り自由ですが、1匹1点で引き取ってもらえるので殺さないように注意してます。

この釣り堀は、普通の人は1時間で10匹釣れば良い方です。
釣った鯉は、備え付けの小振りのタライに入れて置きます。数匹なら酸欠になりませんが、数10匹も入れて置くと酸欠になり...続きを読む

Qメダカは元気だけど水草がすぐダメになる

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買いました。
(後からネットで見たら、バコパという種類かな?と思います)
店員さんに「買ったポットのまま(土ごと)鉢に沈め、根っこがつかるくらいの水かさを保てばOK」と言われそのようにしていた所、3週間くらいでポツポツ花も咲きました。
が、1ヵ月くらいしたら粉状の(最初は花粉かと思った)大量の虫がびっしり発生し、捨ててしまいました。

その後、別のホームセンターでアマゾンソードというのを購入。
店員に「このまま鉢に全体が沈むように入れる」と言われ行いましたが、1週間足らずで茶色くなってダメでした。

現在は、小さな木に刺さったかわいい水中草(種類不明)を入れてますが、
最近、上のほうの葉が白くなり、下のほうの葉はポロポロ崩れて原型がなくなって来ました。
買った時は赤茶っぽい葉っぱでした。

質問ですが。
メダカが長生きする環境とは思われますが、水草ももう少し長持ちさせたいです。
ただ、肝心のメダカは元気ですし、うちの鉢がインテリア性の高い、かわいい楕円の花器なので、器具をつけたくないんです。
日当たりは抜群の場所に置いてます。

スペースもないので水草を沢山増やしたいほどではないですが、何が不足ですぐダメになってしまうんでしょう?
酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?
(コケは出る前に丸洗いしてるのでいらない気もしますが)
何か具体的な品名で教えていただけると助かります。

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買...続きを読む

Aベストアンサー

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば、日当たり。
部屋の奥側くらいの暗さだと光が足りず弱ってゆきます。多くの水草には日当たりは良い方が向いていますが、直射日光はコケが生えたり水温が上がりすぎたりと水槽としてマイナス面も強いので避けた方が無難です。強い光を嫌う水草もあるので、鉢の置き場所は直射光が入らない窓際などの明るい場所がベターです。
例えば、肥料分。
水草も植物なので肥料分は必要です。光合成では必要な栄養素が摂れません。少量なら魚の糞などが分解されて肥料になりますが、大量にまたは大きく育てたい場合は、魚に害のない水草用の肥料も使います。
例えば、二酸化炭素
植物は、明るい時に二酸化炭素を吸収して光合成をしますので、ある程度の二酸化炭素が必要です。水草が少量なら、飼っている魚の出す二酸化炭素である程度賄えますが、水草が多い場合は昼間だけ人工的に二酸化炭素を添加することも必要です。ちなみに、夜は水草も酸素を吸って呼吸していますが、魚が生きているのなら足りています。

>酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?

この手の物は不要です。効果はほぼありません。
それよりも、鉢の置き場所を水草に合わせる事と、鉢の環境にあった水草を選ぶ事が大切です。条件が合わない水草では枯れるのは目に見えています。まずは、マツモや金魚藻(カボンバやアナカリス)など丈夫な水草を入れてみてはいかがでしょうか。
カボンバはアルカリ性や高温に弱いなどちょっと条件にうるさいところがありますが、うまく合えばメダカの産卵場所にもなりぴったりです。アナカリスは兎に角丈夫で、よほどのことがなければ枯れません。30℃を越えるような高温では弱りますが、それ以外は丈夫で増えすぎるて困るくらいです。

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報