すでしょうか・・・??


将来自宅サロン開業(オイルトリートメント,フェイシャル、メイク等)が夢ですが実際されてる方いますか??

是非、お話聞かせていただきたいです。

まずは、オイルのリラクゼーションを学びたいです。
(以前専門学校でフェイシャルエステのみ約2年?学んでいましたが既に忘れてきてます・・)

あと、当方全身トリートメントが好きで実際通ううちに、自分のペースで将来できたらなと思いました。

そして、今回はボディも学びたいです。

海外(バリやタイ)では1日7時間の一ヶ月コースなどでも合計120時間以上は学べて
一ヶ月12万ほどで、衣食住ついているものが数校ありました。
(トータルでフェイシャルやリンパトリートメントやクリームバスなど含んでるコース)

しかし、日本でこのようなケイコとマナブにあるような学校の値段をみたら、全部で36時間
(2時間/1回につき)などで同じく12万とか18万とか120時間で32万とかです。。

バカ高い気がします。
でも、皆開業しました~とか、スクール終了後も開業サポートだとか書いてます。

実際開業された方の案内もあります。(一部だとは思いますが)
(やはり最初は投資で数十万は必要!と書いてあったのでそうなのかな~と思っているのですが・・
やはり初期投資は皆様結構されましたでしょうか??)


一番効率的なのは、自分がどこかのサロンにバイトか就職して学びながら研修もして
お金を稼ぐということですと聞いたことがあります。ごもっともかと思います。
(今もうすでに何かサロンされてる方は、それのプラスの施術として
例えばクリームバスやリフレなど取り入れるかたもいるようです)

実際、なにかこのようなスクールに通われたことある方いらっしゃいますか??
(国内、国外問わず*)

いらっしゃいましたら、お話聞きたいです。

私は、昔から将来自宅で人を癒すお仕事をできたらなと漠然と考えてます。

実際経験はフェイシャルマッサージをエステ学科で専門時代にしていただけです。
あとは去年までは英語圏へも海外在住していたので語学は出来ますので、今後について今悩んでます。
このまま英会話関係の仕事(貿易会社などではなく、子供に教えるお仕事など)に動き出すほうが
いいのか・・どうかということです・・


それとも、自分なりに専門学校で習ってきたメイクもいかし(卒業後は3年百貨店で美容部員
してましたので)家でアロマトリートメントやフェイシャルしてあげた後、お客さんにお化粧してあげたり、、それのプラスで小さなお子さんに英会話でもできたらな~と思ってます。

友人からは、私のイメージ?として、人と話すことや人を納得させるような素質がかなりあって
何でも○○ちゃんの言うことは本当かも!と思うような長所があると言われてきました。

ナゼか、化粧品販売員のときも、私は販売員として逆に押し売りしたくないのでほぼしていなかったのですが
私の売り上げだけが毎月店でトップでした。。
お客様には、お姉さんがつけてたら買いたくなる!とよく言われてました。
でも、押し売りはホントしてないのにスゴイねと先輩からも言われてました。

こんな私の雰囲気?性質からして、一人でもサロンはどうでしょうか??

基本的には一人でしたくて、何でも言い合える従妹が1人(1つ上の今28歳*)でいるので、
そのコにも必要があれば手伝ってもらおうかなとも考えてます。(本人は興味あるようです!)

みなさん、このような業界、あるいは自分でなにかされているかた
お時間あればいろんなお話聞かせてください!

どんなことでも、結構です!
よろしくお願いします!!!


追記*
やはりまず謝意所に、いまはボディのトリートメントが未経験(施術)ですので
これを極めるのが先ですよね??

海外で1ヶ月ほどつめて学ぼうかとも思ってますが日本でその店で働き雰囲気みて
実際慣れていくほうが先でしょうか?

今年中に再度英語圏へ語学勉強で最低半年いこうと先に目標がありまして・・
でももう27なので得尾五件へいったときにそこでのバイトとして(数時間働けるため)マッサージのお店で
働かせてもらおうと考えてます。人の体を実際触る練習もかねます。
(もしそうするなら、英語圏へいく直前に海外バリかタイで1ヶ月弱のスクールにいき、
全身トリートメントやクリームバス、リフレなど一式学びます)



このあたりもどうでしょうか??



よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自宅でサロンやられている方、増えていますよ!


色んな意見のとおりサロンで経験をつんで顧客をある程度もった上での開業が1番始めるにはラクかもしれないですね。
カウンセリングや時間の切り方お客様の回し方などは身につきますからね。
しかし、自宅でサロンの場合、形態が違うのでいざ始めるとなった場合、戸惑うかもしれませんよ。
ならば自分の強みをより強化する為にスクールを受けメインメニューにしてボディやリフレはその他のメニューにしてはいかがですか?
フェイシャルもボディも同時にレッスンしたら開業は早くできます。
でも、フェイシャルとボディでは理論もタッチも違う為に大変なので早く開業したいならば最初はフェイシャル専門でメニューを創り営業して休みなどにボディやリフレなど他に加えていきたいものを学んでみるのもありじゃないですか?
エステの仕事も職人さんと同じで数こなして身体が覚えていく仕事です。
ある程度マスターしてしまえば初めてしまった方が良いと思いますよ。
お金を頂いて日々練習はサロンで勤めている方も同じですよ。

海外で学ぶ学ばないは、貴方の感性なので意見出来ないですが即自宅サロン開業に向けてならば同じような形態のサロンさんで学んでみるのも良いと思いますよ。
実際スクール代はそれぞれですが手技が合うかと貴方が先生にリスペクトできるか
が大切だと思います。
人間性は大切ですからね。
安物買いの銭失いにならないようにして下さいね。

私も体調を崩してサロンを辞めて自宅で愉しくやってます。
うちの生徒さんには小さなお子さんがいらっしゃるママさんなどもいて自宅でアートメイクやネイル、マツエクなど空いた時間にやってる方やOLさんが転職としてマッサージなど習い自宅サロン経営されてますよ。
良い先生やアドバイザーとご縁があるといいですね。
お客様と楽しく会話できるのも特技の一つです。
頑張ってくださいね!
応援しています。
    • good
    • 2

#1です。



無責任な応援を望むなら、養成校の説明会にいけばいくらでも無責任な応援をしてくれます。
しかし、業界の中に足を踏み入れれば、私が書いた中身をご理解頂けると思います。夢を持って業界の門を叩いた人の90%以上が辞めていく業界です。
またリラクゼーション業界は、開業して1年後の生存率が50%、3年後が30%、5年後も営業しているのは5%といわれる業界です。エステサロンについていえば、2008年以降はほぼ横ばいが続いているということです。横ばいということは、開業したサロンの件数だけ、廃業しているサロンがあるということです。業界としては飽和状態であるともいえるかと思います。
つまりもし質問者さんが開業して生き残るなら、少なくともどこかのサロンを廃業させないと生き残れないということでもあります。

もしかしたら、私は質問者さんが望む業界の人かもしれません。もしそれなら、質問者さんが参入してくるということは、私は潰されるか、質問者さんを潰さないといけないかもしれません。なぜなら、前述のように業界の件数は横ばいだからです。椅子の数は決まっていて、誰かが椅子に座るなら誰かが椅子から落とされるのであれば、ね。
もしその業界の人がこの質問を見て、「開業している人はいますか?」と聞かれたときに自分の立場を危険にしてまで親切な回答を無料でくれてやるか、それとも自分が生き残るために若い人の芽を摘むかどちらがありえるだろうかと考えてもいいと思いますよ。

親切心でもう一度教えてあげますが、店舗物件として始めるならリラクゼーション業界なら開業費の目安は500万円くらいだと思います。エステの場合は専用の機械がありますから、もう少し高額になることは充分ありえます。
黒字化するまでは、1年かかるという人もいれば、3年かかるという人もいます。たぶんこのへんは「どのくらい自分の顧客を持っていて、どのくらい広告費用がかけられるか」になるかと思います。広告費用をかければそのぶん客数を増やすことはできますが、基本的に広告は10万円かけても10万円分の客は絶対来ません。来ても3万円分くらいです。つまり単純にいって広告は赤字になるということです。その赤字の山を築いても「長い目で見て黒字になる」までの間に資金が枯渇しないようにしないといけません。そこはジレンマです。広告費用をかければ短期での黒字化を目指せますが、それだけの資金が必要です。資金の枯渇を防ぐためには広告費用を抑えめにする必要がありますが、そうするとなかなか商売が軌道に乗りません。
マンションの1室で始めれば初期投資はグッと抑えられますが、広告や看板に大変な制約がかかることになります。もしそれが一番効率がいいなら、TBCとか大きな会社を除けばエステサロンは全部そうなると思いませんか。

さてそれでも「この人は私の夢を壊すために知りもしないくせにもっともらしいことを書いているんだ」と思うか「業界の内情を知っている人が書いているのか」と思うかはお任せします。でももし私が業界の人で、もし質問者さんがすぐご近所で開業してしまったら、きっと私が経営者なら自分が生き残るためにその新参者を潰しにいくんじゃないかと思います。共存共栄したくても、決まった大きさのパイを食い合っているのが現状ならね。
    • good
    • 18

No.2です。


補足がありましたので。
500万以上ある。お若いのに素晴らしい。
でも、本気で起業するならヒトケタ違います。

質問者さんのお話は、まだ夢の段階と思います。
起業と言うのは、夢を実現できるかどうか計画を立てることです。
いわゆる事業計画ですね。
どんなに素晴らしい夢やアイデアがあっても、商売にならないとなったら、計画を変更したり、時には諦めたり。
甘い計画でお店を出して失敗すると、傷つくのは自分だけでなく、家族や、従業員、従業員の家族・・・
多くの人に迷惑を掛けることになります。
厳しすぎるくらいの計画でもまだ甘いと思います。

質問者さんの夢を実現するためには、もう少し、会計や業界の動向などを勉強する必要があるかと思います。

No.1さんのおっしゃりたいこともそういうことだと思います。

一年か二年、サロンにお勤めされることをお勧めします。
技術を学ぶためではありません。
忙しいときのお客様への対応とか、ミスがあったときの対応とか、売上金をどう管理しているのかとか、
学校ではそういうことは教えてくれませんが、技術よりも大切なことです。
そのようなノウハウをつかんでください。

この回答への補足

5000万いるのですね。びっくりです

補足日時:2014/04/29 17:22
    • good
    • 3

一般的なお商売としてお答えいたします。


お店を始めるなら、自分の生活費半年分、(120万)
お店の経費(家賃、仕入れ、人件費)半年分
が必要です。
サロン系は夢が必要な商売。
インテリアとか、けち臭くてはいけません。一般のお店より、経費を多く見積もる必要があるでしょう。

No.1さんもお書きですが、お商売を始めるのは本当にお金がかかります。
しっかり貯金されることをお勧めします。

学校が顧客を紹介してくれるとか、あてにしてはいけません。
サポートはしてくれるでしょうが、
それは相談に乗ってくれる、と言うだけで、お金を出してくれるとか、お客を紹介してくれる、と言う意味ではありません。

全部、自分でなんとかする以外にありません。

私の関与したエステサロンの経営者は、みんな自分で、がんばって顧客をつかんでいらっしゃいました。

あなたは若い。可能性は無限です。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました!ありがとうございます!!

お礼日時:2014/04/29 12:27

エステ業界についてはよく知りませんが、幅広い意味でのリラクゼーション業界は知っていますので。



>バカ高い気がします

そらそうです。彼の国と日本では物価がまったく違います。あと日本であんまりいい加減なことをやると、消費者センターに駆け込まれます。バリやタイなら、訴えたいならまずインドネシア語やタイ語を勉強することから始めないといけません。

>皆開業しました~とか、スクール終了後も開業サポートだとか書いてます

「ウチがサポートするのは卒業まで。後は自分たちで頑張れ」なんて書いたら生徒が来ません。どこだって「充実のサポート体制」と謳っています。質問者さんが過去に働いた会社でも、顧客向けに「充実のアフターサービス」を謳ったところがあったでしょ。そして、その実情がどんなものかもご存じでしょ。
まあだいたいは出入りの業者を紹介してくれるというものだと思います。ただ、出入りの業者を使う人ってのは2つのパターンがあって、ひとつはその団体のお偉いさんの口添えがあるもの、もうひとつは他に業者を知らない人の場合です。
前者の場合は、業者もお偉いさんの機嫌を損ねたら大変なので、手厚くサポートします。おそらく割安な値段で売ってくれるでしょう。しかし後者の場合は他に逃げることがない客ですから、しっかり、がっつりボッタくるのが常識です。でも、私はそれは悪いこととは思わないのね。なぜかっていうと、曲りなりにも商売をしようという人が業界の人脈も持ってないってのはおかしいと思うのです。なんかやってりゃ出入り業者とのパイプってのはできますからね。

>やはり最初は投資で数十万は必要!

おいおい姉さん。チラシを数百部作るだけでもデザイン料込で何万円もするぜ。それを配るのにどこかに頼めばまたお金がかかります。広告なんて、10万20万はあっという間に飛んじゃうよ。
そもそも自宅を改造するなら、その内装費だけで少なくとも何十万円です。マンションの一室でやるなら、そこで商売をやってもいいマンションを選ばなければなりません。ただ営業してもいいマンションなんていったら、風俗店がやたら入ってるところが少なくないんですけどね。繁華街に近い営業可のマンションはそういう風俗やいかがわしい店が沢山入っているマンションというのが多いです。
少し品がいい場所にあるマンションなら、まず部屋で商売禁止が多いですし、仮にOKでも看板の類いが禁止されるケースが多いです。部屋の前くらいに看板を置いても怒られないようなマンションは、場所が悪い場合がほとんど。
だから世間じゃ店舗物件を借りるのが多いわけですが、そうなると不動産で少なくとも100万円くらいはかかるし、内装もやらなきゃいけないからこれもお金がかかります。エステ系となると、女性ウケする内装にしなきゃいけないから蛍光灯むき出しって訳にもいかないですよね。
それに専用の機械やオイル類なんかを買い揃えると、あっという間に500万円くらいは超えてしまいます。エステマシンなんて、プロ向けの機材は100万円以下のもののほうが珍しいものね。まさかお客さんからお金を取るのにディノスで売ってるような機械は使えないでしょ。

>やはり初期投資は皆様結構されましたでしょうか?

エステ業界はどうだか分からないけど、開業費用だけでも店舗なら500万円くらい、運転資金と自分の生活費で同じくらいの金額がかかってもおかしくないですね。マンションの1室でやるならもっとずっと開業資金を圧縮できるけど、看板もロクに出せないので営業で苦労する覚悟は必要です。だいたい自分が客としたら同じ料金ならマンションの1室よりちゃんとした店舗のほうに行くでしょ?ということは、単価が安くないといけないわけですよね。あと、ホットペッパーのような広告媒体では、自宅一室のお店は店舗といえないので広告掲載を拒否するという場合もあります。だからますます新規獲得に苦労するってわけ。

>一番効率的なのは、自分がどこかのサロンにバイトか就職して学びながら研修もしてお金を稼ぐということですと聞いたことがあります。ごもっともかと思います

多くのサロンは養成校と提携しているか、そのOGが経営しているので、よそ者は採用しないケースが多いかと思います。自分は養成校に多額のお金をつぎ込んでようやく技術を教えもらったのに、そういうところを出ていない人に技術を「盗まれる」のは面白くないですから、養成校を出ていない人は電話番や下働きばかりさせて技術は「見て盗んでね」なんてしれっというところも多いと思いますよ。それで辞められたらまた別の人を雇えばいいのです。
そこの経営者が「養成校で変な色をつけられてるより、自分で育成したい」と思っているなら話は別です。

>こんな私の雰囲気?性質からして、一人でもサロンはどうでしょうか??

ここの過去の質問者さんで、営業マンとして2年間ずーっとトップの成績を収めていて、その自信を基に独立開業したら4ヶ月にして資金が尽きかけているというのがありました。独立してみて初めて「今まで自分の成績が良かったのは会社の看板があったからだった」と気づいたそうです。これ、デキる営業マンが独立して失敗する典型的パターンです。
これっぱかりは実際にそういう場面になってみないと分かりません。ただ、私が今まで見てきた成功した経営者の人たちは、すさまじくタフです・笑。良くも悪くも「この人ってサラリーマンが勤まらないんだろうなあ」って個性の持ち主が多いですね。私個人は「サラリーマンが務まらない人は独立しても成功しない。サラリーマンでは収まらない人が独立して成功する」って感じます。すくなくとも販売員としては優秀なようですので、その部分の才能はあるかと思います。しかし、エステティシャンやマッサージ師としての腕がいいかどうかはまた別の才能です。

この回答への補足

私をおとしめるようなコトばかり書いてらしてびっくりです。あまり人の夢を応援できないひとなのでしょうね。。ここの掲示板はよい方が多いときいてきたのでびっくりです。資金は500以上もうたまってるし海外で働いてたのでさらに資金はあります・・

補足日時:2014/04/29 12:26
    • good
    • 19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業届の開業日と実際の事業開始日が違うのですが…

お世話になります。

2010年から事業を開始しており、収入を得ていたのですが、
2011年2月16日頃、確定申告の際に事業を開始したなら開業届の提出が必要と知り、
事業開始から1ヶ月以内に出さなければいけないと書かれていたので、
開業日欄には2011年1月17日という嘘を書いて提出しました。

過去の質問を検索してみると、
開業届は事業開始から1ヶ月以内に出さなければいけないが、
出し忘れている人も多く、特に罰則もないといったことが書かれていました。
出し忘れてしまった人は、開業届の提出日に開業日を調整するのではなく、
開業届の開業日欄には実際の事業開始日を記入して、
開業から1ヶ月以上経ってても、そのまま提出したほうがよかったのでしょうか?

私のような場合、1月17日に開業したことになっているにも関わらず、
1月15日とかに売掛金の入金があったりしてるのですが、
開業届に書いた開業日は無視して記帳しちゃって構わないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>開業届の開業日欄には実際の事業開始日を記入して、開業から1ヶ月以上経ってても、そのまま提出…

はい。

>開業届に書いた開業日は無視して記帳しちゃって構わないのでしょうか…

はい。
しかし、

>1月15日とかに売掛金の入金があったりしてるのですが…

それはいつの売上ですか。
平成 23年 (税金は和暦です) の元日以降なら 23年分で良いですけど、22年分ならあくまでも 22年の確定申告に含めないといけませんよ。

青色申告で、かつ「現金主義」の届けを出してある場合を除いて、いつ入金されたかは関係ありません。
いつ商品を売ったか、いつ仕事を終えたかが争点になるのです。
「発生主義」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕入や経費の支払いについても同様です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>開業届の開業日欄には実際の事業開始日を記入して、開業から1ヶ月以上経ってても、そのまま提出…

はい。

>開業届に書いた開業日は無視して記帳しちゃって構わないのでしょうか…

はい。
しかし、

>1月15日とかに売掛金の入金があったりしてるのですが…

それはいつの売上ですか。
平成 23年 (税金は和暦です) の元日以降なら 23年分で良いですけど、22年分ならあくまでも 22年の確定申告に含めないといけませんよ。

青色申告で、かつ「現金主義」の届けを出してある場合を除いて、いつ入金されたかは関係...続きを読む

Q海外での施術所開業について

柔道整復師として海外で整体院や整骨院として

開業するとしたらオススメの国とかありますか?

ニュージーランドやオーストラリアで考えています。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

整体院や整骨院はその国のライセンスが必要な場合がありますよ。また治療ミスとかした場合、日本とは違って怖い弁護士(数億円の訴訟を起こす連中)がいますし、PL法も日本と違って被害事実が違うを証明するのはあなたになります。

Qエステティックサロン開業について

エステティックサロン開業にあたり、規制、届け出等 必要な業務の情報を教えてください。 チェーン店ではなく個人で経営したいと思っています。 開業までのプロセスを教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

美容院等とは違い国家資格は必要なく、従って届け出も必要ありません。
規制は薬事法等に違反の無い限りありません。
必要な業務の情報と言っても幅が広すぎます。
エステと一口に言ってもどのような業務内容のエステなのかによっても違います。
技術的なこと、経営知識、人を雇う場合には雇用関係の法律知識、税務、いろいろありますね。
ご質問があまりにも漠然としていますので、もう少し具体的な質問ですと答え易いです。
ただ個人経営ではかなり難しいと思います。

Qエステサロンを開業する前に・・

エステサロンを開業する前にサロンで使用する資材(ボディーパック、ジェルなど)を
集めようと思っていますが資材を取り扱っている会社を見つけることができません。
エステ業をされている方はどのようにして良い商品を見つけるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

エステサロンは普通は既存のフランチャイズのエステサロンや美容学校でエステ技術を学んだ後に、フランチャイズ契約をしてフランチャイズ元から資材を購入するのが普通ではありませんか。多くのエステサロンはエステの施術と共に、このフランチャイズ元から納入された美用品をお客さんに売って利益を上げて成り立っていると思います。

エステサロンの開業を支援するサイトも沢山ありますが、ほどんとはこのフランチャイズ形式の宣伝です。

知人のエステサロン経営者は当初はフランチャイズ契約店として開業し、次いで別のフランチャイズ店に換わり、その間に資材の知識や常連客、仕入先の確保を行って今は独自の店として独立してやっています。

始めからまったく独力で開業されるのなら、地域の理容用品、美容用品販売店を電話帳で探されればカタログ等が沢山入手出来ると思います。

勿論このようなことは十分お分かりの上でのご質問だと思いますが、老婆心でお役に立たないアドバイスになりました。

Qエステサロン開業!!

エステを中心としたお店を開きたいのですが、どんな届け、許可が必要ですか??また、店舗構えでなくアパートの一室などを使って営業はできるのでしょうか??詳しく教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

詳しいわけではないですが、下記の「日本エステティック業協会」のページをご覧ください。
[サロンの上手な利用法]をクリックし、さらに[エステティック業の自主基準]をクリックすると、いろいろ書いてあります。
また、こういう協会に加入して、情報交換するのもいいのではないかと思います。

参考URL:http://www.esthesite.com/index.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報