閲覧者の方々が建築関係に携わる方が多いと思い、思い切って質問です。

この度仕事で建物の空調施設を携わる事になり、色々と勉強中な自分です。
既存の建物のデータを調べて、省エネルギー基準の資料に従い数値を出し、
今後の建物の新築改築に繋がる資料作りをしたいと思っております。

そこで自分なりに調べた結果、パソコン等でそのような計算をするソフトを調べたのですが、
BECS/CEC/AC 「ベックス」(住宅建築省エネルギー社)なるソフトがあるとわかりました。
他にこのような計算ソフトがあるかと、色々調べたのですがなかなか出てきません。

建築設計をなさっている先生方々も、やはり空調の計算などをしているかと思われますが
やはりこのソフトを使用されておりますか?またはもっと他のものでしょうか?

良いソフト使いやすいもの等あれば、勝手ながら助言頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

仕事は空調設備の設計を主にしている者です。



ランニングコスト等ではなく、省エネルギー法に関わる、PAL/CECの計算が出来るソフトと考えてよろしいのですよね?
でしたら、イズミシステム設計から出ているものをいつもは使っております。

負荷計算等も建設省基準対応なので、そちらの方も利用しております。

参考URL:http://www.izumi-system.co.jp/frmain.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中小機構の補助金及び助成金

3月末に中小機構(独立行政法人)から補助金と助成金を受け取るのですが、法人税は課税でしょうか?課税ならば、特殊な税率を適用するなどあるのでしょうか?現在かなりの赤字なので、補助金及び助成金が入ったとしても赤字なんですが、法人税でるのでしょうか?

Aベストアンサー

補助金、助成金は売上と同じように会社としては収益とします。
その結果、利益がでれば法人税がかかりますが、その法人税は一般の税率が適用され、特別な税率はありません。

なお、消費税は課税されません。

Q建築済みの建売。どのような資料を貰うのがベストですか?

かなり勉強不足な質問で申し訳ありません。自分なりに、調べたり本を読んだりしてるのですが
どうにも難しいし不安が募ってきてしまい・・

以前、中を見せてもらった物件について、今度は自分たちの両親も同伴で中を見せて
もらう予定です。
若輩者夫婦ですので、両親にも物件について見てもらい、私たちが聞きにくいこともズバズバ言ってもらおうと・・。
どちらも県外ということで、この1回しか一緒に説明を受ける機会はないと思います。
このときに、売主の会社からどんな資料を貰うのが良い(よくわかる)のでしょうか?
今は、配置図を貰ってあります。

地盤についてのものとか、物件を検査したものとか。(○○調査書・△△報告書みたいな・・)そういうのって、貰えるものでしょうか。

ちなみに、基礎など建築中の現場をを撮影した写真を見せて欲しいと言ったら「無い」と言われました。
すでに建ってる物件なので、目に見えてる部分しかわかりません。
しかも、大手のHMでもないとこなんで、なおさら「この会社の物件、大丈夫??」という
不安が、、、

建築済みの物件で、「ここはしっかりチェックすべき点」があれば、それも知りたいです。

かなり勉強不足な質問で申し訳ありません。自分なりに、調べたり本を読んだりしてるのですが
どうにも難しいし不安が募ってきてしまい・・

以前、中を見せてもらった物件について、今度は自分たちの両親も同伴で中を見せて
もらう予定です。
若輩者夫婦ですので、両親にも物件について見てもらい、私たちが聞きにくいこともズバズバ言ってもらおうと・・。
どちらも県外ということで、この1回しか一緒に説明を受ける機会はないと思います。
このときに、売主の会社からどんな資料を貰うのが良い(よくわ...続きを読む

Aベストアンサー

■まだ、契約前の商談の段階と思われますが、資料は何でも貰えるわけではありません。
通常もらえるのは、配布用に用意してある販売用パンフレットだけでしょう。
事業者の調査資料が事務所においてあれば、説明を受けることはできますが、
特に住宅に詳しい方でないのでしたら、「ズバズバ言ってもらおう」というのは難しいでしょう。
事業者が信頼できるか自信がないのでしたら、基本は、
購入するご本人が知識を蓄えて本気でチェックするか、プロに頼むかということだと思います。

■ご参考に、デベロッパーが複数住戸を一斉販売する時、パンフに載せる事項をあげてみます。
ご覧になって、認識していないものがあればこれらはチェック候補項目になると思います。
 ・物件概要(所在地番、用途地域、建ぺい・容積率、最寄駅徒歩分数、土地面積、建物面積ほか)
 ・街区全体の地図(道路幅員、電柱・電柱視線・ゴミ置場の位置ほか)
・建物図面(平面図、ていねいなパンフなら立面図、外構図、鳥瞰図、コンセント類の位置ほか)
 ・仕様表(室内外の屋根、壁、床の仕上素材、TV・電話・コンセント・ネット用ジャックの設置数、
   給水・給湯箇所、電力容量、附属する住宅設備器具ほか)
 ・前面道路の標準断面図(埋設管の埋設状況)
 ・周辺環境に関する情報(教育機関、利便施設、交通機関、距離、広域地図ほか)
 
■あと、おそらくパンフには載っていないけれど、口頭でも契約前に確認したいところは、
 ・基礎(通常か、防湿か、ベタか)
 ・地盤の強度(N値3以下なら、杭か土壌改良しているか。※調査資料はあっても解説してもらわないとわからないかも)
 ・元々はどんな土地か
 ・施工会社の標準仕様(⇒パンフがあればもらう)と、当物件との仕様の差
 ・矩計(かなばかり)図(建物の断面、天井高、断熱材厚さほか)
 ・日影図(多分ないと思います。購入判断の最後の絶対条件という感じなら作ってくれるかも)
 ・隣棟間隔、敷地の高低差、方位、窓の見合い

 ※上記、羅列しましたが、やはり良い悪いの判断はある程度の知識と経験が必要です。
  チェック項目を事前にしっかり整理して、時間をかけてじっくりやられることをお薦めします。

■まだ、契約前の商談の段階と思われますが、資料は何でも貰えるわけではありません。
通常もらえるのは、配布用に用意してある販売用パンフレットだけでしょう。
事業者の調査資料が事務所においてあれば、説明を受けることはできますが、
特に住宅に詳しい方でないのでしたら、「ズバズバ言ってもらおう」というのは難しいでしょう。
事業者が信頼できるか自信がないのでしたら、基本は、
購入するご本人が知識を蓄えて本気でチェックするか、プロに頼むかということだと思います。

■ご参考に、デベロッ...続きを読む

Q農家が活用できる助成金や補助金ってどんなものがあるの?

最近中小企業緊急雇用補助金が適用されて週休3日になった友達がいました。
世の中には色々な補助金や助成金があり、知らないと損してしまうなと感じました。
そこで、農家が活用できる助成金はどんなのがあるのか疑問に思いました。
僕の実家は専業農家です。
現在家族3人で営んでいます。
農家が活用できる助成金・補助金ってどんなものがあるか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農業関係は多種あり国の助成の他、県、市町村単位で独自に行っているものがあります。ほとんどが地元のJAが窓口になっていますので、管轄のJAへ問い合わせてみて下さい。
 一例として、施設整備等の資金の助成。借入金の利子助成。
 農業後継者や担い手に対する育成資金。
 (海外視察費用の助成もある)
 指定野菜の価格が基準以下になった場合の価格補償制度。
 公的ではなくJAが独自に助成や価格支援をしている場合もあります。
 地域で異なり、それぞれ条件がありますので、行政の農政担当や管轄のJAへ問い合わせてみてください。

 

Q建築条件付土地の建物の価格について

建築条件付の土地を契約しました。まもなく建物の請負契約をすることになりますが、当初の参考プランは、木造スレート瓦葺の2階建(4LDK)で約1,500万(延面積約28坪・坪単価約54万)でした。

しかし屋根を屋上にするよう希望し、間取りも変更したところ、見積の総額は約1,900万(延面積約31坪・坪単価約61万)になっていました。

価格が上がった主な理由は次のとおりです。
1)雨漏りのリスクを回避するため、屋上の材質を強化した。
2)屋上の材質を強化することで、屋根の重量が増すので、柱のサイズを変更した。

なお、多少値引の交渉もしてみましたが受け入れてもらえませんでした(この物件はもはや「注文住宅」であり、あとは買主が納得するかどうかだけですと言われてしまう)。
また、見積書は総額しか記載がないので、詳細を教えて欲しいと要望したところ「それは無理」とのことでした。

さて、前置きが長くなってすいませんが、ここで質問です。
1)ズバリ高いと感じますか?
2)建築条件付土地の場合、値引きの交渉は難しいのでしょうか?
3)詳細の見積を希望するというのは一般的ではないのでしょうか?
4)もし「足元を見られている」としたら、今後どうのような交渉が有効となるでしょうか?

建築条件付という制約の中で、自分たちの希望を反映させておいて、そのくせ値引きを要求するという自分のスタンスには多少の矛盾を感じています。
が、その一方で「イヤなら他の人に買ってもらうからいいよ」みたいな雰囲気も感じてしまい、疑心暗鬼になっている部分もあります。

なんとかクリアな気持ちで決着をつけたいと思いますので、回答(アドバイス)をどうぞよろしくお願いします。回答はすべての質問に対してでなくても結構です。

建築条件付の土地を契約しました。まもなく建物の請負契約をすることになりますが、当初の参考プランは、木造スレート瓦葺の2階建(4LDK)で約1,500万(延面積約28坪・坪単価約54万)でした。

しかし屋根を屋上にするよう希望し、間取りも変更したところ、見積の総額は約1,900万(延面積約31坪・坪単価約61万)になっていました。

価格が上がった主な理由は次のとおりです。
1)雨漏りのリスクを回避するため、屋上の材質を強化した。
2)屋上の材質を強化することで、屋根の重量が増すので、柱のサイ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。
 建築条件付きの契約とは言え、土地の売買契約と、建物の請負契約とは別になされるわけで、その請負契約の見積もりの詳細がはっきりしないのは、私には納得がいきません。
 買主の納得が必要なら、納得するためには、見積もりの詳細が必要ではないかと私は思います。
 参考プランから希望プランを別に頼むのは別にやましいことではないとはっきり言えます。普通どこでもあることかと思います。
 hanriceさんは何も後ろめたいと思われることはないと思います。
 
 重大な間違いは、値段のアップのことと、見積もりの詳細がわからないこととが、同じレベルで話されていることで、値段のアップ度合いは、みなさんが書かれているように、妥当だと思いますが(まともに施工すれば)、見積もりの詳細がないのは、全然別の次元のことです。
 というか、見積もりの詳細が無いのに、どこでその値段が妥当かどうかを判断できるでしょうか?
 屋上を作るにしても、建築工法にもよりますが、FRPで作るのか、アスファルトピッチでするのか、シート防水でするのか、そしてその上に、ちゃんと保護モルタルをしてくれるのか・・・いろいろなやりかたがあり、きちんと工事の詳細がわからないのであれば、私はとてもじゃないけど、契約はできません。
 建物の工事全てを把握されて、納得されてから、契約をされたほうがいいとおもいます。
 やましいことはないので正論で攻めればいいと思います。けんか腰になる必要もないと思います。
 むしろこれから長年住まれる家ですから、出来上がってからけんかするより、今、しっかり交渉しておきましょう。
 それで誠意がなければ、あきらめるくらいの覚悟は必要かと思います。
 長くなってすみません。結論から言えば、妥当な範囲かと思いますが、前提条件だけはしっかり整えてから、工事に臨まれることをお勧めします。
 状況が、私の考えてる状況と違っていて、トンチンカンなアドバイスになっていましたら、申し訳ありません。

 こんばんは。
 建築条件付きの契約とは言え、土地の売買契約と、建物の請負契約とは別になされるわけで、その請負契約の見積もりの詳細がはっきりしないのは、私には納得がいきません。
 買主の納得が必要なら、納得するためには、見積もりの詳細が必要ではないかと私は思います。
 参考プランから希望プランを別に頼むのは別にやましいことではないとはっきり言えます。普通どこでもあることかと思います。
 hanriceさんは何も後ろめたいと思われることはないと思います。
 
 重大な間違いは、値段...続きを読む

Q助成金、補助金のセミナー

助成金、補助金について学びたいと思っていますが、種類が多すぎよく分からないのでセミナーなどに参加しようと思っていますがネットで少し調べてみましたが助成金、補助金などのセミナーがあまりなく、どのようなセミナーに参加すればいいのか分かりません。どなたかいいアドバイスをいただけませんでしょうか。ちなみに東京でのセミナーを希望してます。

Aベストアンサー

厚生労働省系の助成金などは社会保険労務士、中小企業庁系の助成金は中小企業診断士、その他これらの助成金を含めたコンサルタントを行うコンサルタント会社などがあります。メールマガジンなどに登録すると案内が届いたりしますから、探してみてはいかがでしょうか?

私も経営者の一人として興味のある分野です。メールマガジンでの情報などから診断士のセミナーを受けたことがあります。紹介によりコンサルタント会社のセミナーも受けたことがあります。

あなたがご自身の会社のために勉強するのならば、会社が所属する法人会・商工会などでもセミナーを行っている場合もあります。

Q建築基準法上の「建物の最高高さ」とは?

自宅の南側に10階建てのマンションが建設中なのですが、建設業者の説明を聞いてもよく分からないところがたくさんあり、本当に困っています。
建物の高さに関して、下記の3点が分からないのですが、どなたか教えて頂けると助かります。

(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは、どこからどこまでの高さのことでしょうか?例えば、最上階にエレベーターが突出した所があるのですが、それも高さに含まれますか?
(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って、どういう違いがあるのでしょうか?

以上です。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで、仕方なしに「形だけこれを水平面と仮定しよう」という線を一本引くこ
とになります。これが設計GLです。(GLはグラウンドラインの頭文字です)

水平でない地盤がだらだらと長く続いてしまう場合は3メートルごとに「平均地
盤面」を算出する決まりになっています。
・・・なので、だらだら長い斜面に巨大なマンションが建つような場合には、
A地点の平均地盤面、B地点の平均地盤面、C地点の・・・と3メートルごとに
たくさん地盤面が登場することになってしまうことがあります。
(建築基準法施行令2条2項だったけど最近変わったかもしれません)

>(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは
これも私達にははてな印がいっぱい点滅してしまうんですが、「エレベーターが
突出した所」の面積が、マンション全体の建築面積の1/8以内のちいさいもの
だったら、12メートルまでは高さに含めなくてよい、といった免除の規定があ
ったりしてこれは非常に入り組んでますので、実地に図面を見る事のできる人に
相談して見てください。
(みんな12メートルかと思うと、実は低層の住宅専用地域だと5メートルとか、
変な但し書きがいっぱいありますので、掲示板だけではちょっと無理だと思いま
す)

〉(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って
これは普通の平地なら、軒の高さと最高高さしかないんですが、がけや坂に建っ
ている大きな建物だと、(1)のようにいろんな地点での高さがあることになる
ので、それで使い分けているんじゃないでしょうか。
ご質問のマンションは斜面に建っているんですね、きっと。

ちょっとネット検索して見たら、わりと私たちにも親切に書いてくれているサイ
トがありました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm
すごくいっぱい説明されていて嬉しいのですが、あまりに多すぎるので
↑ここで「平均地盤面」とかページ内検索してみてください。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで...続きを読む

Q住宅ローンの、補助金? 助成金?

御世話になります。

知人から聞いたのですが、このようなことはあるのでしょうか?

家を建てて、ローンを組んだ場合、補助金? 助成金? が受けられる
というものです。

10年間に限り 補助金? が受けられ ローン残金に対しての比率で受けられる
とのことです。

ひょっとしたら、昔はそのようなことは、あったかもしれないですが、
現在はないのかもしれません。

ご存じの方、教えて下さい。

また、別な、補助金? 助成金? があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

一時金として以下のような制度もあります。
要件を満たせば給付を受けられます。

http://sumai-kyufu.jp/


ちなみに。。。

> これって、年末調整で戻ってくるということですかね?

勤め先で行う年末調整ではなく税務署へ行って行う確定申告です。
No.1の方が示されている国税庁のWebサイトのページに「5 住宅借入金等特別控除の適用を受けるための手続」という項目があります。まずはここをしっかりお読みになられるとよいでしょう。

参考まで。

Q建築確認申請書での建物寸法線の読み方について

境界確定の交渉のため、相手方建築物(S48建築)の建築確認申請書を入手しました。ここには建物南面と境界ラインの離れ=40cmと書かれていました。

問題は建物南面のラインをどう読み解くかで、境界線の位置が微妙に変わることです。建物は鉄筋コンクリート。1F西面は開口出入り口、両サイドの北面と南面は構造壁。2F/3Fは居室で南面は窓-壁同一面で30cm飛び出しています。

下記4ケースのどれが正しいかお教えください。
(1)1Fの外表面
(2)1Fの壁芯
(3)2/3Fの外表面
(4)2/3Fの壁芯

僕は(4)と理解していますが・・・。どうでしょうか。

Aベストアンサー

配置図で表す隣地境界と建物との離間距離は一階の壁芯で表します。もし、2.3階が飛び出ていて建築面積、床面積に算入される場合は、2階の壁芯になります。外壁の表面で表すことはあり得ません。
どちらが正しい境界線かはっきりしないときは、双方の主張の中心を境界線に定める場合もあります。
お互い譲らないと、こういう問題は長引きますよ。

Q行政書士の方でも扱える公的補助金・助成金

昭和55年登録入会以降の行政書士の方でも扱える公的補助金・助成金があるとどこかで聞いた記憶があるのですが、どなたかお詳しい方はおられませんか?

Aベストアンサー

詳しくはありませんが、他士業の独占業務に該当しない助成金・補助金であれば良いのではないですかね。

そうすると簡単にイメージするのは、中小企業庁や業界団体などの助成金・補助金などではないですかね。ただ、社会保険労務士の業務である雇用関係の助成金に比べると、難易度の高い助成金かもしれませんね。

Q湿気対策で色々調べた結果なんですけど。。。

今年の4月に引っ越して来て初めての冬を迎えました。
常に湿度は80%前後で布団は湿り感ありありで布団乾燥機にて対応。
しかしちょっと怠けていたある日布団の下をめくると大量のカビが。。。
ドライペットを敷いていたので過信していたのもあって1枚布団がさようなら~
それで考えた結果除湿機を購入。
わりと布団はサラサラ感になり、湿度も60%くらいに♪
エアコンを消すと70%超えてしまいますが、まぁまぁ改善されたかな?と思う今日この頃。
でも窓の結露は大量でこの防止策を捜していて少し疑問が発生しました。
この窓の結露を発生させないようにしちゃったら、他の目に見えない所でもしや大変なことになるのでは?と、、、
と、ゆうことは!
考え方によったら、窓が結露して大量に水分を作っているからこそ、まだ他の所が大丈夫とか?
こーゆう考えに達してしまったんですけど、これって間違いですかね???

Aベストアンサー

>この窓の結露を発生させないようにしちゃったら、他の目に見えない所でもしや大変なことになるのでは?
これは対策のしかた次第ではそういうことは起きます。
つまり窓に結露するからと単純に湿度管理せずに窓の結露防止として保温材を貼り付けるなどした場合ですね。
ただ窓はどうしても温度がかなり低くなるので、湿度管理+窓の保温材という対策はしてもよいですよ。

今の時期だと出来れば50%を目指したいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報