【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ときどき、缶(カン)のことを、「カンカン」と言う人がいます。辞書には出ていないこの言い方、どこかの方言なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんにちわ★ちょっと周りに聞いてみました。

私は「カンカン」派です(笑)もしかして、それって関西の人ではないですか??質問者様がどこ出身の方かはわかりませんが私も関西系の人間で関東に来てから結構「え?そんな言い方しないよ?」と言われる言葉があります。例えば↓

標準語??→→→関西系の人がよく使う言葉↓↓↓

「あめ玉食べる?」→「あめちゃん食べる?」

「なす」→→→→→→「なすび」
          (イントネーションが「す」にくる

「カナブン」→→→→「ブイブイ」「ブンブン」

「Yシャツ」→→→→→「カッターシャツ」

「コープ」→→→→→→「コープさん」

・・・てな感じで私の周りでは↑の言葉や缶を「カンカン」と言うのは関西人だけな感じでしたよ?絶対的にではありませんがきっとそうではないかなー?ということで参考にしてみて下さいね★(関西の人でも使わない人もいるかもしれませんが・・あくまでも私の周りの関西人たちということで・・・)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

私は関東人ですが、社会人になるまでカンカンなんて聞いたこともありませんでした。

お礼日時:2004/05/14 09:52

 缶について「広辞苑」では「英語Canから中国を経て伝来」とあり、「日本語大辞典」(講談社)では「ブリキでつくったはこ。

オランダ語kan・英語canの音訳字」となっています。

【かんかん】
「くゎんくゎん。堅い物が触れ合って発する音」(「広辞苑」)
「副詞。金属などがぶつかって立てる音。かちんかちん」(「日本語大辞典」)

 【かんから】
「堅い物のあたる音。かんかち。俗に缶詰などのあきかん」(「広辞苑」)
 
 【がんがら】
「ブリキかんの類で、あきかんになったもの。また子供のおもちゃの名。がらがら」(「国語大辞典」小学館)

 古くは「くゎんくゎん」と書く堅い物が当たる音と、蘭語は直接、英語は中国経由で入って来たブリキの入れ物とが、組み合わされて「かんかん」となり、またその空き缶をも指したり、空き缶では叩いた音が違うことから「がらんどう」をも類推させる「かんがら」「がんがら」とも訛り転化していったものと考えたらいかがでしょう。
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いろいろ調べていただきありがとうございました。

お礼日時:2004/05/14 10:02

ただの愛称でしょう。


缶を続けて読んだかもしくは転がる音がカンカンと音がするからかもしれません。
ちなみに私の地元ではお菓子などが入っている大きい缶容器を「ガンガン」と呼びます。
これからすると音のほうが有力なような気がします。

昔から全国的に使われているので昔の映画やテレビの影響かもしれませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

全国的ですか?私は関東人ですが、大学時代くらいまで周りにカンカンというひとはいませんでした。

お礼日時:2004/05/14 10:01

大阪人です。


中身が入っているときにもカンカンって使います。
「あのカンカンの中に入ってる」とか・・・
でもその場合でも、中身をのぞいた「缶」そのものを指しているのかなぁ?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こちらも関西ですね。やはり関西では日常的に使う方が多いのかなあ。

お礼日時:2004/05/14 09:59

大阪では日常使います。


で、どちらかというと子供言葉だと思います。

ケンケン(片足飛び)・ポンポン(おなか)・チ○チ○ 等
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり関西ですか。ありがとうございます。

お礼日時:2004/05/14 09:58

アホな新説を考えてみました、こじつけです。


「カンカン」というと「缶缶」じゃなくて「フレンチカンカン」から来ているのでは?
フレンチカンカンとは一九世紀後半にパリで流行したショーダンスで
長いスカートをまくりあげ、足をはねあげて速いテンポで踊る事です。

戦後直後に「銀座カンカン娘」という曲が大ヒットしました。
同名の映画もあり、やはり大ヒットしました。
高峰秀子という人が歌っていて「あの娘可愛いやカンカン娘~」っていう出だしの歌です。
その後昭和40年代くらいにも、カバーされています。

この映画および曲から、日本人は「カンカン娘」という言葉を一時期良く聞いたわけです。
その意味は良く分からんけど「カンカン娘」という響きはずっと残っている。
で、「カン」から「カンカン娘」を連想して「カンカン」と呼んでみるオヤジギャク的な
発想が広まって、いつのまにか浸透してしまった、というネタなんですが。

なお、わたくしは20代です、映画は見た事無いですねぇ。
よって根拠は無いです、カンカンでグーグル検索したときに、フレンチカンカンが引っ掛かったので。

ちなみに、私の父は関東の人間ですが、カンカンって言いますね。
じつは関西出身だったのかな、阪神ファンだし・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い説ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2004/05/14 09:57

他の方の回答を読んで自分なりに考えてみました



「カンカン」とは缶飲料や茶筒、一斗缶のように片手で持てる大きさ・重さで中身が空のもの、という結論になりました

小さくても中身が入っているものはカンカンとは言わないし、空でも大きな物はカンカンとは言いませんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

缶なら何でもカンカンというわけではないのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/14 09:56

私だけかもしれませんが、鉄製容器全般を「カンカン」と呼んでいます。


ただ、何故か中身の入っている飲料缶だけは「カン」と呼びますね。
飲み終わったのは「カンカン」です。
(今まで気にしてませんでしたが、なんでだろう?)

ちなみに三重県人です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。こちらもやはり関西系ですか・・・。

お礼日時:2004/05/14 09:54

 大阪市内ですが、ずっとまえからカンカンて言ってましたね。

しり上がりのイントネーションです。
 それからアルミ(アルマイトかな?)製の洗面器もカンカンっていってました。金属製品だからかなあ。
 関西では目(めえーと長く引き伸ばすように発音します)とか根(ねえー)などと、短い言葉をながくする傾向がありますが、カンカンもカンだけでは短いので、カンカンと二つ繋げたのだと思います。全然自信はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が聞いたのもそういうイントネーションです。やはり関西系の言葉なのでしょうか。

お礼日時:2004/05/14 09:53

小さい頃言ってました!懐かしい響きです・・・・


でもいつの間にか「カン」がとれて「カン」だけになってました。小学校ぐらいまで言ってたかな?
犬をワンワンと呼ぶようなものなのでしょうか?
あ、ちなみに私は北海道です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱりカンカンって私には幼い響きがあります。

お礼日時:2004/05/14 09:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風呂桶の呼び方

適当なカテゴリが見つからなかったので、ここで質問いたします。

皆さんは、風呂桶のことなんと呼んでいますか?


妻の実家では「かんかん」と呼んでいますが、他で聞いたことがありません。
「かんかん」って呼んでいる地域がありましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

過去の質問に出てきます。
参考URLの回答No.3です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857398

Q缶はカンカンと言うが、瓶はビンビンと言わないのははぜか?

ゴミの日に、
缶を出す日は、カンカンの日と言います。
でも、瓶はビンビンを出す日とは言いません。瓶の日と言います。
どうして缶は2回繰り返すのに、瓶は2回繰り返さないのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
今回は真面目バージョンで。

元々の理由は「音」にあると思います。
缶は投げ捨てたりしたときに、「カ~ンカン」などと響くような音を立てる場合も多い。
また、面白がって何度も叩けば「カンカンカンカン」という連続音を立てることも可能。
そうした擬音語的印象から「カンカン」と呼ぶようになった。

一方、ビンの場合、投げ捨てると割れてしまうので連続音にはならない。
また、同じく割れやすいという理由で何度も続けて叩くケースも、缶に比べて圧倒的に少ない。
つまり、「ビンビン」「ビーンビン」などのような連続音を耳にする機会が殆どない。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q銀座カンカン娘ってどんな娘?

あのこ可愛いやカンカン娘・・・と高峰秀子が歌っていたカンカン娘とは、どんな娘のことを言うのでしょうか。何か意味があるのでしょうか?どなたかご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

フランスの「フレンチカンカン」おどりから来ているようですね。
懐かしい曲ですね。
下記のHPをご覧下さい。

http://www.fujiura.com/fgod/songs/zginzakankanmusume.htm

参考URL:http://www.fujiura.com/fgod/songs/zginzakankanmusume.htm

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q芯が残ったまま炊けてしまったご飯どうしましょう

水が少なすぎたのか・・・ご飯に芯が残ったまま炊けてしまいました(T▽T)
たくさん炊いたので捨てるのはもったいないので、なんとか美味しく頂きたいのですが、いい方法はあるでしょうか?
ひじきご飯を失敗してしまったのでショックですっ゜(゜´Д`゜)゜

こうしたら、普通に炊いたご飯みたいになるよ・・・なんてことはないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

驚かれるかもしれませんが、あとこれ位お水があれば良かったなと言う水の量を、炊飯器のご飯の上から全体にまんべんなく追加します。

その後、もう一度炊飯ボタンを押してみてください。

二度炊きする焦げ焦げになると思いきや、普通に炊けますよ。
そして見事に芯は消えています。

ただし加える水分量が多すぎると、逆にベチャベチャになるのでご注意ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング