No.103でピタンガについて質問したn-gumoです。
種をまいた鉢からヒョロ~っと細い芽らしきものが出てきました。
がんばって育てていきます。
どなたかピタンガを育てたことのある方
どんなことでも結構です。
アドバイスお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ピタンガとは学名ではなかったのですね。

残念ながら詳しい栽培方法は載っていませんが、参考になるサイトがありましたのでお知らせいたします。
その分類から察するに「みかん」と同じような環境、管理をすれば大丈夫なようです。
みかんの栽培方法はご存知ですか?
n-gumoさんのお住まいが関東以西の南の地域(「みかん」の産地)で、冬に霜の心配がなければ地植えで育つはずです。個人的に農薬や化学肥料をお勧めしませんが、日本にある植物ではありませんので、特に一年目は害虫に注意してください。「みかん」につく虫や病気などを園芸書で調べながら管理することをお勧めします。
今はあまり強い日光に当てず、水やりも土の表面が乾いてから与えてください。肥料も通常より薄い濃度にした液肥を10日に一回くらいの割合がいいと思います。せっかくの芽が葉焼けや根腐れを起こさないように!

参考URL:http://133.92.111.88/ik.pitanga.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

quelleさん、親切な回答ありがとうございます。
現在ピタンガは5cmほどの細い枝のような感じです。
最初は針金みたいでしたが、今は先端に葉が2枚対生しています。
私は埼玉県に住んでいますが、庭のみかんは冬でも結構元気にしてます。
でもピタンガに埼玉の冬は厳しいかも…。
夏の照り返しと、冬の寒さに耐えて1年育ってくれれば
何とかなると思っています。
引き続き成長を見守っていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/11 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒヤシンスや球根種類に詳しい方、もしくは、それらを育てている方にお尋ねします。私が鉢で育てているヒヤ

ヒヤシンスや球根種類に詳しい方、もしくは、それらを育てている方にお尋ねします。私が鉢で育てているヒヤシンスなのですが、鳥がやってきて土をほじくられ、球根の外側がほんの少しですが削れてしまいました。ちょうど芽も10㎝ぐらいに伸びてきましたが、腐ったり病気にかかったりしないでしょうか? ほじくられた痕は、前より少し多めに土をかぶせなおしてあります。どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

少しくらいなら全然問題ありません、土を多めにかけたのは正解です、あとは水をやりすぎないことです。

Q20年以上昔から育てている鉢花です。夏は太陽がちらちら当たる場所で、冬は蘭を育てている温室です。さし

20年以上昔から育てている鉢花です。夏は太陽がちらちら当たる場所で、冬は蘭を育てている温室です。さし芽で増やすます。名前と育て方を教えてください。

Aベストアンサー

エスキナンサスのように見えます。

Q3月頃からソメイヨシノの苗【約30cm】を頂き大きな鉢で育てています。

3月頃からソメイヨシノの苗【約30cm】を頂き大きな鉢で育てています。花も終わり、葉もたくさん出てきています。よく見ると葉の先端がわずかに茶色くなっています。最初は先端だけですが、次第に葉の縁全体に広がります。出たばかりの新芽のうちは平気のようですが、葉が開くと先端から枯れてきています。何か原因や対策をご存じの方いらっしゃいましたら、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

灰星病と言う糸状菌(カビの一種)が発生したために起きた病気です。
進行が早いので発見次第に薬剤散布をしますが、発見が遅れて枯れた葉
は切って処分をします。切った枝などを地面に放置すると、菌は生きて
いますので風で飛ばされて他の植物に感染し、アッと言う間に被害が大
きくなります。切ったら直ぐに指定ゴミ袋に入れて、口を固く縛ってか
ら可燃ゴミとして処分をして下さい。

薬剤としてはトップジンMやダニコール1000などを使用します。
1週間ほど間を開けて、2~3回ほど繰り返して使用して下さい。
ただし発生の初期段階のみ有効で、進行が末期の場合は先程に書いたよ
うに発病部分を切って処分します。
ほとんどがアブラムシが原因で、発病前にアブラムシを駆除すれば発生
は防げるはずです。幹や枝にアリが居たら、アブラムシが発生している
と思って間違いではありません。

Q朝顔を種から育てています。2、3週間ほど前に本葉が6.7枚出てきた時に摘芯したのですが、脇芽からでて

朝顔を種から育てています。2、3週間ほど前に本葉が6.7枚出てきた時に摘芯したのですが、脇芽からでてきた小蔓が殆ど伸びず、親蔓だけがのびていって、ひょろひょろした感じです。
マンションの南向きですがベランダなので日照時間はそんなに長くはないかもしれません。
他の原因や対処法があれば教えてください。
緑のカーテンにしようとしているわけではありませんが、それなりに見栄えよくしたいです。
株は4株、別の鉢で育てています。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

アサガオを鉢で育てて摘心して育てるって、昔ながらの行灯作りを目指しているのでしょうか??
それならチョット遅いように思うのですが、如何ですか?
理想は今日あたりから咲き出す成長を期待すべきでしょう。

親ヅルを摘心して、子蔓を伸ばして、一本の子蔓から3~5個程度花を咲かせて、全部の花を一週間から10日くらいで終わすやりかたですよね。

そうで無いなら(小学校の生徒たちが栽培しているような)鉢植えだとどうしても7月下旬でやっと子蔓が延び出したなあと言う感じです。
8月下旬から咲き出して、霜が降るまで咲くかと思いますので、そのまま管理を続けて下さい。
種は自家採取なのか、毎年買うのか判りませんが、葉が赤くなるまで実を付けていて取った方が、種が赤く成ったら取るより充実した種になるとのことです。

Qハイドロカルチャーで育てていたヒメモンステラがのびてきて鉢とのバランス

ハイドロカルチャーで育てていたヒメモンステラがのびてきて鉢とのバランスが
悪くなってしまったので大きめの鉢で土植えにしたいと考えています。ハイドロで水栽培していたものを土植えに変える際の注意点ややり方などご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

モンステラ、ヒメモンステラのハイドロから土植えの変更は未経験ですが、同じサトイモ科のスパティフィラムのハイドロから土植えへの変更は昨年やった事はあります。(他にパキラ。こちらは大きく成り過ぎた為)。
理由はもう少し株を大きくして花を沢山咲かせたかったせいもありますが、実験的な目的もありました。
結果は何も問題はありませんでした。最初は6号鉢でしたが根詰まりを起こした為、10日ほど前に7号の深鉢に植え替えしたばかりです。根の発育も順調で、株もひと回りは大きくはなった様です。
最初は「ハイドロは水根だから」という不安もありましたが、水遣りもごく普通で、土の表面が乾いてから十分水遣りするで良かったように思います。
ハイドロの植え込み材料が不明ですが、私の場合は黒炭の小片ですが、これが根にビッシリ食いついて離れません。バケツの水に浸けて指でゴニョゴニョやったりしてある程度は取れましたが、根の内部の方までは取りきれません。
しょうがないのでそのまま土に植え付けましたが、これでも特に問題はなかった様です。ハイドロ容器よりも鉢の方が高さがあったので、根の切り詰めもほとんどやらなかった様に思います。
ちなみに土植えの土は、微塵を抜いた赤玉土(小粒)5割、バーク堆肥3割、霧島ボラ土(小粒)2割ぐらいの配合土です。他には竹炭の小片と鹿沼土の小粒を少し混ぜ込んでいます。

ヒメモンステラの仕立て方はヘゴ棒仕立てが一般的でしょうか、気根がヘゴ棒に吸着するまではヒモやビニタイで結わえてやります。鉢はヘゴ棒を立てた時の安定化の為に、高さのある腰高の鉢がよろしいでしょう。鉢底石もやや多目に入れます。プラ鉢ならば懸崖型や深鉢、陶器鉢でも可ですが底穴が大きなものを選ぶようにします。
http://www.saisyokukenbi.jp/howtoraise/himemon_pe.html
植え替え後は頭から水をかけ、水遣りも2、3回ばかり十分に遣るようにします。1週間は日陰に置くようにし、もう1週間はもう少し明るい日陰に置きます。後は通常の置き場所、大変明るい日陰かレースのカーテン越しぐらいの日照量の所ですね。置き肥や薄い液肥などの施肥をされても構いません。時々霧吹きなどで葉水を与えてもよろしいですね。
植物は違いますが、多分大丈夫だろうと思いますよ。植え付け時は、深植えにならないように気をつけます。
植え替えにはちょうど良い時期ですね。やってみましょう。

モンステラ、ヒメモンステラのハイドロから土植えの変更は未経験ですが、同じサトイモ科のスパティフィラムのハイドロから土植えへの変更は昨年やった事はあります。(他にパキラ。こちらは大きく成り過ぎた為)。
理由はもう少し株を大きくして花を沢山咲かせたかったせいもありますが、実験的な目的もありました。
結果は何も問題はありませんでした。最初は6号鉢でしたが根詰まりを起こした為、10日ほど前に7号の深鉢に植え替えしたばかりです。根の発育も順調で、株もひと回りは大きくはなった様です。
最初は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報