初めて質問させていただきます。読みにくかったらすみません。。。


今月11日、イギリスにて、イギリス国籍の男性と結婚しました。レジスターオフィスにて行う、イギリス式での入籍です。
入籍後3ヶ月以内に、日本での婚姻届の提出もしなければならないのですが(同時に氏の変更届も出そうと考えています)、私が5月11日より配偶者ビザの申請のため一時帰国するので、そのときに日本の役場で提出しようと思い、日本の家族に頼んで必要書類について問い合わせをしてもらいました。
その結果、

*イギリスで提出した婚姻届の原本と和訳
*彼の出生証明書の原本と和訳
*彼のパスポートのコピーと和訳
*彼の国籍証明書(婚姻届に記載されているのであれば、婚姻届でok)
*私の戸籍謄本

以上を私本人が窓口にて提出すること、という回答を頂いたそうです。


そこで質問なのですが、

(1)ここでいう”イギリスで提出した婚姻届の原本”というのは、レジスターオフィスにて入籍した際に貰った、Marriage Certificateのことを指しているのでしょうか?

(2)”彼の国籍証明書”についてですが、もし(1)の回答がMarriage Certificateであるのであれば、そこには記載がありませんでした。その場合、パスポート原本以外で国籍の証明になる書類などはありますか?コピーではやはりダメなのでしょうか?
彼は仕事の都合上、しばらく来日することが出来ないので、パスポートを持って来てもらうというわけにはいきません。彼のパスポートを預かって、というのは不安があります。


現在はイギリスにいる為、直接役場に電話で問い合わせることも出来ず、ネットで検索してもあまり情報が出てこず困っております。
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

私は中国から役場に電話しました。


イギリスからでも電話できるのでは、、?

時差で夜か早朝になるかも知れませんが。

私は比較的人口が多めの役場なので、
中国も前列が多々あるようで、
中国ならこれ、これだけあれば良い、
とはっきり確認でき間違いありませんでした。
国際基準みたいなのはないので、
この国ならこれ、と分かるもの同士で
確認が一番です。

何が必要だったか結婚証明以外には
覚えてませんが、配偶者のパスポート本体は
なかったのは確かです。

恐らくイギリス含めメジャーな国は
データがあり、間違いなく教えてくれます。
もし田舎の方なら、役場は慣れてないでしょう。
最近、田舎の、役場と初めて縁ができましたが
良い部分もあるかわり、確かな手続きは
かなりいい加減というか不慣れなんですね。

そんな感じであれば、関東か関西か
大きな市の役所に、
そこの住民のふりして聞いたらいいです。
    • good
    • 0

no3です。



わたしもno4の方のように、姓の変更は薦めません。 わたしの場合は、妻がイギリス人ですが、妻の苗字はイギリスでも変えていません。

妻の苗字の変更は最初はすこし考えました。でも次の理由からやめました。

(1) 日本人の姓は、イギリス人には馴染みにくく、妻の両親もわたしの姓が言えない。発音できない。
(2) 手続きが面倒。 イギリスで変えたあとに、日本でも変更して、さらにカタカナになる。 日本人の戸籍には読みはなく、漢字のみなので、違和感がある。 いちど苗字を変えるとすべての書類に変更が必要です。
(3) 結婚の事実のもとに、単純に通称として、わたしの姓が漢字で表記される。 住民票に外国人も登録されるようになった経緯で、現在では、住基カードも取れるので、その場合は通称名も表記される。 公的身分証が必要な場合は、それを出せばよいし、そこまでしなくても、住民票を取れば記述されている。

現実として、妻の名前は長くてややこしいので、日本人にはカタカナで書いても、たいへん難しいです。
なので、通称名を日ごろは使っています。 健康保険も通称名です。

姓の変更はいちど実施してしまうと、あとは、家庭裁判所の裁定がないと簡単には戻せません。 カタカナ表記で夫の姓にするのは、とても簡単ですが、もとにもどすのは不可能と考えて慎重にされることをお勧めします。
    • good
    • 0

>イギリス式での入籍です。



イギリスに戸籍制度はないので「入籍」はできません。「婚姻」です。

>入籍後3ヶ月以内に、日本での婚姻届の提出もしなければならないのですが(同時に氏の変更届も出そうと考えています)、

「外国人との婚姻による氏の変更届」を出す人の気が知れません。
夫の姓の発音にカタカナを当てたものでしかないのに。
戸籍上の氏を変えなくても、日本パスポートに夫の姓を併記するだけで十分だと思います。

今はイギリスで住むつもりでも、将来のことはわかりません。
日本に住むことになったとき、あなたの氏は旧姓に戻せても、
将来のお子様の氏を日本氏にするは簡単には行かない場合もあります。

日本氏をカタカナ氏にすることを安易に考えないでください。

>(1)ここでいう”イギリスで提出した婚姻届の原本”というのは、レジスターオフィスにて入籍した際に貰った、Marriage Certificateのことを指しているのでしょうか?

ご家族の聞き間違いか役所の言い間違いです。婚姻届のわけがありません。「婚姻証明書」ですよ。Marriage Certificateの原本のことです。日本のように何度も発行できるものではないと思うので、返却について確認しましょう。

>(2)”彼の国籍証明書”についてですが、もし(1)の回答がMarriage Certificateであるのであれば、そこには記載がありませんでした。その場合、パスポート原本以外で国籍の証明になる書類などはありますか?コピーではやはりダメなのでしょうか?

コピーではダメです。国籍証明書のようなものがあっても、おそらくイギリス外務省の公証か、在日イギリス大使館の公証か、又はその両方が必要になる場合があります。在英日本大使館の公証ではありません。

>彼は仕事の都合上、しばらく来日することが出来ないので、パスポートを持って来てもらうというわけにはいきません。彼のパスポートを預かって、というのは不安があります。

ならばやはり在英日本大使館へ報告的婚姻届を出すのをお勧めします。
    • good
    • 1

no2の方も書かれていますが、no1の方のように、在英日本大使館に届けを出されたほうが便利です。



外国で発行された書類は、基本的に在英日本大使館等などの公証がないと、公正な外国政府の公文書であることが、地方自他体では確認が困難だからです。
    • good
    • 0

6~7年前に、息子の国際婚姻届を代行した経験ですし、相手がイギリス人ではないので、参考程度でしかないですが。

。。

また、当時は東京都の区役所のホーム・ページに国際結婚の手続きが載っていたのですが、相手国によって、証明書類が異なるからだと思いますが、最近は、問合せて下さいとの事なので、一層分かり難くなりました。
ですから、回答は出来ませんが、知り得る範囲で推測も交えてですが。。。

(1)の”婚姻届の原本”は、”Marriage Certificate”で良かったです。

(2)の”彼の国籍証明書”については、パスポートの国籍欄(Nationality:)に記載されているもので良かったです。

唯、日本で婚姻届を提出する時に、「*彼の国籍証明書」が必要だと言われた時の為に、一応、
イギリスの「Passport Office]:https://www.gov.uk/government/organisations/hm-p …に、「国籍証明書」が発行できるのかどうか確認して置くと良いでしょう。
このページの下段に、問合せ先の電話番号やメール・アドレスが載っていましたので。
もし、イギリスでは「国籍証明書」が発行されていないようであれば、パスポートで代用出来るのではないでしょうか。

それと、どこの国でも同じですが、その国で発行された書類が公式文書であると証明されていなくては、日本の区市町村役場で結婚届けが受理されません。
その為には、イギリス政府で発行された書類を公証人役場(Notary office public/Legalisation Office)で、アポスティーユ(公印/署名の確認証)を添付して貰わなければ、公式文書として認められませんので、この手続きも行っておいた方が良いでしょう。

参照)(A) http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/shomei/
   (B) https://www.gov.uk/get-document-legalised

(B)の「(1)Check your document can be legalised.」からクリックで入って行くと、「Marriage certificate 」や「Passport (copy only) 」等の項目もありますので、チェックして見て下さい。

それと、日本の区市町村役場で届け出る時は、本人確認の運転免許証かパスポート等もお忘れなく。

手続きには、時間とお金が掛って疲れますが、届け出が済めば、一生ものですので。。。
    • good
    • 0

駐英大使館で提出できるようですので


電話で問い合わせされてはどうでしょうか?

http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/ryoji/koseki_02 …

英国大使館領事班案内
020 7465 6565 (代表)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大使館へ郵送で提出も考えたのですが、家族に頼んで戸籍謄本を取り寄せイギリスへ送ってもらう手間、さらに私が5月11日から日本へしばらく帰国しなければならないため、もしなにか問題があった際に、夫だけで対処が出来るのかどうかの不安もあり(婚姻届は日本語での記入だったりなど、、)、日本の役場での提出で考えています。

せっかく回答くださったのにすみません。

お礼日時:2014/04/30 23:43

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスと日本の家

イギリスの家の造りが日本と違うことを調べてレポートを書いています。家の造り自体のことは分かったのですが、イギリスの家がどうして道の形に沿って建てられているのかが分かりません。これが一番の疑問なのに・・・!どなたか、分かる方いらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ヨーロッパに数年居住していて感じたことは、北向きの部屋が日本ほど毛嫌いされていない、ということです。
人種や国籍、宗教、その他諸々の趣向により異なるでしょうが、現地では日本ほど南向き至上主義ではありません。

例えば色褪せながらも趣深いアンティークのタペストリーや絵画を壁一面に飾りたいからとか、
またはシルクタフタの重厚なカーテンをゆるゆると床面たっぷりにまで垂れさせて
居室に優美さを醸し出させたいから、とか、
或いは先祖代々から受け継いだ絹張りの椅子や工芸品を窓際にあえて置きたいから、とか。
イギリスもアンティークの宝庫ですよね♪

貴重なインテリアや所持する芸術的作品を「保護」するためにも、日当たりの良くない道なりに沿った小さな窓の家というのは
まさに好都合なわけです。

首都であるロンドンも緑が多く、いたるところに公園がありますよね。
散歩をして安らぐのにまさに絶好の場所といえます。
また、イギリス人が各自の庭でガーデニングに精を出して木々の緑や花々を愛でることを好むところも
周知のことかと思われます。

このような趣向というのも、イギリスの家の室内の窓の狭小さ、薄暗さ、そして
道沿いに家が建てられて内庭があることと、
何らかの関係があるかもしれませんね♪

ヨーロッパに数年居住していて感じたことは、北向きの部屋が日本ほど毛嫌いされていない、ということです。
人種や国籍、宗教、その他諸々の趣向により異なるでしょうが、現地では日本ほど南向き至上主義ではありません。

例えば色褪せながらも趣深いアンティークのタペストリーや絵画を壁一面に飾りたいからとか、
またはシルクタフタの重厚なカーテンをゆるゆると床面たっぷりにまで垂れさせて
居室に優美さを醸し出させたいから、とか、
或いは先祖代々から受け継いだ絹張りの椅子や工芸品を窓際にあえ...続きを読む

Q国際結婚 日本では入籍しない!?

国際結婚について 主人の国では入籍しているのですか・・・ 日本では入籍しないほうがいい と聞きました・・・ なぜなのでしょうか??

Aベストアンサー

そもそも国際結婚で入籍はできません。

入籍って戸籍に入ることです。外国人は日本戸籍に入れないし、ほとんどの外国には戸籍自体がないし、韓国などにはあっても、日本人は韓国戸籍には入れませんから。

【戸籍法第41条 外国に在る日本人が、その国の方式に従つて、届出事件に関する証書を作らせたときは、3箇月以内にその国に駐在する日本の大使、行使又は領事にその証書の謄本を提出しなければならない。】

ということで、外国方式で婚姻が成立した場合、三ヶ月以内に日本側へ報告的婚姻届を出す義務があります。報告的婚姻届を出すと、親の戸籍から抜けてあなたが筆頭者となる戸籍を新編成し、その婚姻事項欄に夫として彼の国籍姓名婚姻方式婚姻日などが載るのです。普通の婚姻届と同じ婚姻届用紙を使いますが、婚姻成立日=婚姻届受理日とならないところが違う。婚姻成立日はあくまで外国で作った結婚証明書の婚姻日になる。

でもその報告的婚姻届を出さない場合の罰則が

【同法第135条 正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしない者は、5万円以下の過料に処する。】

程度なんで、報告的婚姻届を出さない人も結構いるらしいです。家族が反対しているからとか、万一のとき離婚歴が残らないようにwとか。第二夫人とか、同姓婚などだとそもそも日本側で報告的婚姻届を受け付けませんしね。

尚、外国人配偶者を「日本人の配偶者等」の在留資格で日本に呼び寄せるためには、戸籍上の記載が必要なので、やっぱり報告的婚姻届は出さなきゃなりません。

そもそも国際結婚で入籍はできません。

入籍って戸籍に入ることです。外国人は日本戸籍に入れないし、ほとんどの外国には戸籍自体がないし、韓国などにはあっても、日本人は韓国戸籍には入れませんから。

【戸籍法第41条 外国に在る日本人が、その国の方式に従つて、届出事件に関する証書を作らせたときは、3箇月以内にその国に駐在する日本の大使、行使又は領事にその証書の謄本を提出しなければならない。】

ということで、外国方式で婚姻が成立した場合、三ヶ月以内に日本側へ報告的婚姻届を出す義務があ...続きを読む

Qアメリカの大学からイギリスの大学への編入

僕はいま、アメリカの大学の二年生です。最近イギリスに興味がわいてきてできればイギリスの大学に編入したいと思っています。そこで、お聞きしたいことがあります。
イギリスの大学では一年から専門課程が始まると聞きました。この場合、アメリカの大学で取得した自分の専攻に関連した科目(僕の場合数学なので数学や物理系の科目)の成績のみをイギリスの大学は編入承諾の判断材料とするのでしょうか?それともアメリカの大学で取得したすべての科目の成績を判断材料とするのでしょうか?
イギリスの大学の仕組みがよくわからないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

漫画「マスターキートン」などでオックスフォード大学は一年から専門課程が始まる、と書いてありますけど、そうでもないとおもいますよ。今の日本と同じように1年生は基礎科目と教養科目、3年生で殆ど専攻科目、4年生でゼミ。って感じだと思います。日本やイギリスと較べるとアメリカの大学は学部時代ほぼ教養教育に徹し、院で専門科目って感じのところが多いので、そう形容されるのではないでしょうか??編入は各大学によって異なりますけど、日本の著名大学の数理系2年終了程度は諸外国の卒業程度以上だったりもしますので、学部生であっても教育内容や扱いはほぼ院生や研究生という形になるのではないでしょうか??国によって研究の雰囲気や研究分野(いわゆるパラダイムとか)が違いますので、まずは今の大学の姉妹校のエクスチェンジなどを使って語学研修がてら様子を見て、慎重に対応をしたほうがいいと思います。日本人の数学力や技術力は世界トップレベルなので、国益に反することに利用されたりもしかねないので(英国ならまあ、大丈夫でしょうし、そのまま帰化したりするのならいいですが)。英国は米国よりもGPA一本で決まるものではないと聞いています。必要な語学資格取得と出来るだけ好成績での単位取得に努めてください。

漫画「マスターキートン」などでオックスフォード大学は一年から専門課程が始まる、と書いてありますけど、そうでもないとおもいますよ。今の日本と同じように1年生は基礎科目と教養科目、3年生で殆ど専攻科目、4年生でゼミ。って感じだと思います。日本やイギリスと較べるとアメリカの大学は学部時代ほぼ教養教育に徹し、院で専門科目って感じのところが多いので、そう形容されるのではないでしょうか??編入は各大学によって異なりますけど、日本の著名大学の数理系2年終了程度は諸外国の卒業程度以上だったり...続きを読む

Qイギリスのフィアンセビザの取得の可能性について

イギリスの婚約ビザに関して、困っています。よろしくお願いします。
交際期間:同棲して1年

彼氏:31才
来日1年半で会社で小中学校の英語先生のアシスタントでフルタイムの仕事
年収350万円

私:32才
日本で薬剤師5年
年収500万円

貯金800万円

彼氏の両親:結婚には賛成だが、一緒に暮らして養わないといけないのは嫌みたいです
私の両親:結婚に賛成

渡英した際の滞在先:実家ではなくどこかのアパート
渡英した際の就職先:二人とも未定

彼氏が、もう英語の先生をしたくないということでイギリスに帰国することになりました。

質問なのですが、
1、この条件(特に二人ともイギリスに行ったら無職という点)でフィアンセビザを取ることは難しいですか

2、ビザが取れない場合、1年ぐらいの学生ビザを取ってイギリスに行き半年ぐらいたってそこで結婚して現地で結婚ビザをとることは可能ですか?

3、どちらのビザ手続きの方がまだ簡単な方ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今年2月にUK配偶者ビザを申請し却下されました、一応ご参考になればと思いまして。
( ※最後はご自分でVFSまたはマニラで確認下さいね。)

1、無職でも質問者様の貯金額でしたら大丈夫ではないでしょうか。
  (移民の私達が無職でもUKにはお世話にならないよう無職でも(スポンサーも)規定の貯金額が設  定されてます。)
  
2、現地UKでビザ切替は無理なので一度日本帰国し配偶者ビザ申請しなければならないようで  す。

3、学生ビザにもいろいろあると思いますがSWは6ヶ月ESVVは11ヶ月は比較的簡単なん  じゃないでしょうか。

私達は日本で出会い交際歴5年のうち3年同棲し日本で結婚しました。
彼の帰国理由は質問者様の彼氏と同じでした。

私の主人はUKで派遣のオファーを貰っていたので申請に踏込みましたが却下、
理由はスポンサーがUKで働いて6ヶ月の給料明細出すかまたは正社員で、
または学生や無職の場合貯金額800万円くらい?ないと駄目とのこと(簡易ですみません、英語苦手なもので)

私達も最初にフィアンセビザを検討しましたが、無事フィアンセビザで入国できても6ヶ月以内には配偶者ビザ切替が必要でさらにお金がにかかります。日本で結婚し配偶者ビザ取得が一番安いのではないかと。

・英語能力検定A1以上(フィアンセビザも)取得の費用
・翻訳証明の費用(残高証明/戸籍謄本/納税書/通帳中身表紙はかならずプロでなければならな いそうです、その他はご自分で翻訳可かと)
・その他にも自分達が偽装結婚ではないという証明、一緒に住んでた証拠として光熱費の明細 引張り出したり過去の写真現像したり、ばかにならないです。


あと、ひとつ質問者様のご質問で心配なのが交際歴1年ということです。
一度弁護士に相談した方が良いかもしれません、一回無料とかメールでまずは質問してみるとか。

私達は弁護士に依頼していればと後悔してます、却下されるとパスポートにスタンプされてしまうので...


国際結婚は何をするにも時間も費用もかかり本当に大変です、が より仲も深まりますし楽しいです☆
私はこんな結果になってしまいましたがこれからはもっと慎重になれるきっかけになりました(高すぎだけど)
質問者様も頑張って下さいね。

今年2月にUK配偶者ビザを申請し却下されました、一応ご参考になればと思いまして。
( ※最後はご自分でVFSまたはマニラで確認下さいね。)

1、無職でも質問者様の貯金額でしたら大丈夫ではないでしょうか。
  (移民の私達が無職でもUKにはお世話にならないよう無職でも(スポンサーも)規定の貯金額が設  定されてます。)
  
2、現地UKでビザ切替は無理なので一度日本帰国し配偶者ビザ申請しなければならないようで  す。

3、学生ビザにもいろいろあると思いますがSWは6ヶ月ESVVは11ヶ月は比...続きを読む

Q今イギリスがEU離脱か残留かという投票中ですが、(離脱確定なのでしょうか) ①イギリスがEU離脱した

今イギリスがEU離脱か残留かという投票中ですが、(離脱確定なのでしょうか)
①イギリスがEU離脱したらユーロの信用が下がる→ユーロ売り円やドル買い  
という流れなら分かるんですが、なぜリーマンショックの再来とまでに叫ばれるほど株価が下がっているのでしょうか?
基本的に円休=株価も下がると思っているのですがそこが間違っているのでしょうか

②イギリスは大陸から離れているので大陸の国々との同調は嫌だという気持ちも分かるのですが
イギリスがEU離脱したことによるメリットはどんなものがあるのでしょうか
移民の受け入れをしなくてもすむ位しか思いつきません

Aベストアンサー

>今イギリスがEU離脱か残留かという投票中ですが、(離脱確定なのでしょうか)
ほぼ確定です。

>①イギリスがEU離脱したらユーロの信用が下がる→ユーロ売り円やドル買い 
ポンド、ユーロ、ドル売り 円買い

>基本的に円休=株価も下がると思っているのですがそこが間違っているのでしょうか
円高、輸出が多い日本では株価が下落する。

②EU各国が難民として受け入れたシリアを始めとするアラブ諸国から移民が英国に押し寄せて来ることを恐れている。今の移民問題以上に深刻である。

Q日本とイギリスの二重国籍の間に生まれた子ども

パスポートを2つ持つと、日本の法律上では22歳になる時にどちらかに決めなければいけないのは理解しているのですが、
イギリスの場合二重国籍を認めているので、もし決めずにそのまま両方のパスポートを持ち、将来日本にて結婚&出産した場合、
私の子どもも同じくイギリスと日本のパスポートを持つことができるのでしょうか?

少し複雑な質問ですが、お分かりになれる方がおりましたらご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

>パスポートを2つ持つと、日本の法律上では22歳になる時にどちらかに決めなければいけないのは理解しているのですが、

日本の法律では、そうですがイギリスの法律では国籍を本人の意志なしにはく奪することはしないので基本的には暗黙の了解で二重国籍が認められる特殊なケースになります。ちなみに、これはあくまで”子供の意志”によって国籍を取得したのではないことが前提になってますので、あとから国籍を取得した場合は日本の国籍を喪失します。

また、二重国籍にも出生に伴うものや親の国籍に付随するものなど色々あるためそれぞれのケースによって微妙に違ってくるので何もしなくても国籍が取得できるわけではありません。基本的に2個目の国籍を取得するのは手続きが無くてはさかのぼるのは困難なことも多いですが、1個目については無国籍には原則なりません。

>将来日本にて結婚&出産した場合、
私の子どもも同じくイギリスと日本のパスポートを持つことができるのでしょうか?

のケースについては、他の方も解答してないようなので、ちょっと調べてみましたが、基本的に1983年移行の法改正によって、”not
by decent"以外での片親の国籍のみ子供が受け継ぐことができるのが原則だそうです。
https://www.gov.uk/check-british-citizen/y/on-or-after-1-january-1983/yes

一方で、出生主義のアメリカの場合でも片親が国籍を持っていてもアメリカに5年以上の方法的な滞在期間(うち14歳以上で2年以上)などの条件があったりすることもあるので、仮にあなたが生まれはイギリスでもすぐに帰国して、日本にしか住んだことが無いのであれば子供がイギリス国籍を取得することはできない可能性があります。この辺は二重国籍に至る複雑なケースによって色々あるし、その後nイギリスの法律によるのでこれだけの情報で確かなことを言うのは難しいでしょう。

>パスポートを2つ持つと、日本の法律上では22歳になる時にどちらかに決めなければいけないのは理解しているのですが、

日本の法律では、そうですがイギリスの法律では国籍を本人の意志なしにはく奪することはしないので基本的には暗黙の了解で二重国籍が認められる特殊なケースになります。ちなみに、これはあくまで”子供の意志”によって国籍を取得したのではないことが前提になってますので、あとから国籍を取得した場合は日本の国籍を喪失します。

また、二重国籍にも出生に伴うものや親の国籍に付随するも...続きを読む

Qイギリス・ストーンヘンジに行くべきか??

11月初旬にイギリスへ一人旅行に行きます。
観光できる期間は4日間しかないのですが、そのうち3日間はロンドンを観光して、1日は他の地域に行きたいと思います。

候補としてはストーンヘンジに行くつもりでしたが、片道3時間近くかかると聞きました。そこに行くだけで丸1日つぶしてしまうので、時間が勿体ない気がしてきました。
一日潰してでもストーンヘンジに行く価値はあるでしょうか?それりもここ行っとけ!!というようなお奨めの場所はあるでしょうか?

また、ストーンヘンジに行く時間でパリにもいけてしまう気がするのですが、日帰りパリ旅行は可能でしょうか?時間とか出入国審査など、可能かどうかアドバイスお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

ストーンヘンジに感動する人もいます。
ストーンヘンジがただの石だと失望して帰る人もいます。
3割7割で後者のほうが多いような気がします。雨が降れば後悔します。
往復で約3時間。バースとセットで1泊する方も多いようです。
個人的な感想は「これがストーンヘンジかなるほど・・・。よく分かった。」と言った感じでした(所要30分)。

オックスフォードは交通の便がよく24時間バスがロンドンからあります。日中は一時間に5-6本 深夜は1本。1時間半から2時間。列車なら1時間。
旅行最終日前日にオックスフォードに入り観光し一泊。翌朝そのままオックスフォードからヒースローにいく手もあります。オックスフォードからヒースローは1時間半くらい。日本直通なら午後便ではないでしょうか。十分間に合うはずです。

ケンブリッジもいいところです。ただ雨が降るとオックスフォードには劣ります。そのほかカンタベリー・ドヴァーをセットで行くこともできますが、連れがいないと傷心旅行ぽっくなってしまうかもしれません。

パリに行くなら、下記URLがいいと思います。ロンドンから日帰りでツアーに参加すれば効率よく回れます。ちょっと高いですけど・・・

まぁロンドンは非常に面白い都市で、歴史・文化そして現代の最先端が味わえる町です。テイムズ川(南側)をウェストミンスターからタワーブリッジまで歩くと良くわかります。またNYと並ぶ国際都市で世界中から人が集まってくるので飽きることはないでしょう。
ただ食べの物と買い物(古着は別)だけは期待しないでください。それはパリやローマの仕事です。(とはいえハロッズの中を買わずに見学するならいいとは思いますが・・・)

参考URL:http://www.mybus.co.uk/course/eurostar.html

ストーンヘンジに感動する人もいます。
ストーンヘンジがただの石だと失望して帰る人もいます。
3割7割で後者のほうが多いような気がします。雨が降れば後悔します。
往復で約3時間。バースとセットで1泊する方も多いようです。
個人的な感想は「これがストーンヘンジかなるほど・・・。よく分かった。」と言った感じでした(所要30分)。

オックスフォードは交通の便がよく24時間バスがロンドンからあります。日中は一時間に5-6本 深夜は1本。1時間半から2時間。列車なら1時間。
旅行最終日前日にオック...続きを読む

QEU夫とともにイギリスへ移民する方法

チェコ人の夫とともにイギリスへ移民する方法を探しています。
夫とはカナダ留学中に知り合い、ともにカナダを離れてチェコで昨年12月に結婚しました。
これから日本大使館で手続きを行い日本での婚姻も成立させる予定です。

現在はチェコでテンポラリーレジデンスを申請中です。テンポラリーレジデンス取得には3ヶ月かかり、取得後は5年間有効です。取得後引き続きチェコでのパーマネントレジデンスも申請できるのですが、このままチェコで生活するつもりはあまりありません。私がチェコ語ができないので仕事が見つかりそうにないのと、将来子どもができたら英語圏で育てたいということもあり、付き合い出した当初からイギリスに移住することを話し合ってきました。

当初は夫がヨーロッパ人なので私もイギリスについて行って簡単にレジデンスを申請できるものだと甘く考えていました。
しかし現在は条件が厳しくなったようで、私がイギリスに滞在できる方法としてはやはり配偶者ビザを取得することでしょうか?
そのためにはまず夫がイギリスで住む場所と職を見つけ、条件が整ったところで私のビザは日本で申請することになるのでしょうか?それとも私が観光ビザで一緒に渡英し、ビザが切れるまでの半年間の間に夫の仕事が見つかれば英国内で私のビザも申請できるものなのでしょうか?
また、配偶者ビザでフルタイムでの勉強や仕事も可能なのでしょうか?

夫は学歴も職歴も乏しいため、年収18600ポンド以上の仕事が見つかるかどうかは分かりません。万一夫の年収が足りなかった場合は、私の銀行口座の資金証明で挑もうとも考えていますが、夫がスポンサーになるのに私の名義の銀行口座で大丈夫でしょうか?(円安の影響で預金額もギリギリの状態で、この方法もどうなるか分かりませんが…)

万一全てうまく行かなかった場合、チェコに戻りパーマネントレジデンスを所得、そのあとシティズンシップを所得、日本のシティズンシップを捨てヨーロッパ人とほぼ同じ条件でイギリスに移住、という方法もあるらしいのですが、数年がかりの計画で気が遠くなりそうです。

チェコには夫の両親の元で結婚式を挙げる目的だけで滞在していました。チェコでのテンポラリーレジデンスは、ヨーロッパに帰れる場所があった方がいいだろうという夫のススメで申請しましたが、パーマネントレジデンスまで申請しようとは考えていません。夫もチェコに数年間留まるのはできれば避けたいようです。

リサーチ不足で投稿してしまって申し訳ありませんが、少しでも情報いただけるととてもありがたいです。どうかよろしくお願いいたします。

チェコ人の夫とともにイギリスへ移民する方法を探しています。
夫とはカナダ留学中に知り合い、ともにカナダを離れてチェコで昨年12月に結婚しました。
これから日本大使館で手続きを行い日本での婚姻も成立させる予定です。

現在はチェコでテンポラリーレジデンスを申請中です。テンポラリーレジデンス取得には3ヶ月かかり、取得後は5年間有効です。取得後引き続きチェコでのパーマネントレジデンスも申請できるのですが、このままチェコで生活するつもりはあまりありません。私がチェコ語ができないので仕事が...続きを読む

Aベストアンサー

ポーランド人の嫁とイギリスに住んでいます。

まず基本的な話で、かなりの人が誤解していますが、配偶者がEU国籍の場合は、何もしなくても自動的に居住権が貰えます(EU Directive 2004/38/EC)。つまり、EU国籍の配偶者が英国でEUの規定に適合する活動(労働、求職、留学、など)をしている場合は、結婚しているという事実だけで合法的に居住できますし、最初の3ヶ月間はEU国籍者がそれらの条件を満たす義務はありません。

ただし、何か証明が無いと自分が仕事を探すときに困るし、出国して再入国する度に最初から説明しなければいけないし、政府のデータベースで勝手に不法滞在に区分けされてしまったりして、色々と非常に面倒になります。ですから、一般的にはEEA Family Permitを取得して、入国してからEEA2という申請書で"Residence card"を申請します。そうすれば非EUの妻ないし夫が入国直後から仕事をしたい場合でも求職活動で就労資格関係の問題が発生しません。EEA family permit の申請はどの英国領事館でも出来ます。プラハでも東京でも、どこでもOKです。一般のヴィザじゃないですから、日本に戻る必要は一切ありません。

ただし、もし当分働く気が無いのであれば、単に短期滞在の資格で入国して、旦那さんが就職してから(あるいはjob centreつまり職安に登録してから)EEA2でresidence cardを申請すれば全く問題ありません。

度胸と英語力があるのなら、入国審査で婚姻証明書を見せて、「これからイギリスに住みます」と言えば、"Code 1A"という6カ月有効で就労無制限のスタンプが貰えます。これは一応有効期間がありますが、切れても関係ありません。ただ、再入国が面倒なので、折を見てEEA2で書類を申請した方が良いです。

EEA国籍関連の場合は英国の国内法たる移民法は関係ありませんから、「日本に帰って申請しなきゃいけない」というのは完全なデマです。つまり、この件で貰う書類は単に元々持っている権利を証明するものであって、いわゆるヴィザの様に、その書類によって資格が発生する訳ではありませんから、そもそも「切り替え」という概念自体が無いんですね。短期滞在者だろうが何だろうが、権利が発生した時点でEEA2でレジデンス・カードが申請できます。

この手の話題はデマが多いですし、嘘を言う弁護士もいますから、気をつけて頑張ってください。

参考URL:http://www.immigrationboards.com/

ポーランド人の嫁とイギリスに住んでいます。

まず基本的な話で、かなりの人が誤解していますが、配偶者がEU国籍の場合は、何もしなくても自動的に居住権が貰えます(EU Directive 2004/38/EC)。つまり、EU国籍の配偶者が英国でEUの規定に適合する活動(労働、求職、留学、など)をしている場合は、結婚しているという事実だけで合法的に居住できますし、最初の3ヶ月間はEU国籍者がそれらの条件を満たす義務はありません。

ただし、何か証明が無いと自分が仕事を探すときに困るし、出国して再入国する度に最初か...続きを読む

Qなぜ原爆の犠牲者数が増えるのか

普通、原爆の犠牲者は、その爆風や熱波などでなくなった人か、それが下でガンなどにかかって死んだ人だと思います。しかし当時広島にいた人で60年間生き、原爆と関係ない病気等で死んだ人も犠牲者名簿に書かれ毎年毎年犠牲者数は増えます。これはなぜですか。これでは、日中戦争の犠牲者数を、外交戦略のために爆発的に増やしてる中国と同じレベルになってしまうと思うのですが・・・

Aベストアンサー

この話題は、いわゆる「原爆慰霊碑」の中におさめられている「死没者名簿」のことだとおもいます。
誤解されている方も多いのですがあれは「犠牲者名簿」ではありません。原爆を体験された方がなくなった場合、必ずしも原爆が原因でなくても申し出によりこの名簿に書き加えられます。
広島市によると「広島に投下された原子爆弾により死没した方々及びその後に死没した方々(被爆者健康手帳の有無、国籍は問いません)の霊を慰め、人類の恒久平和を祈念するため、死没した方々の氏名・死没年月日・死没時年齢を、昭和27年(1952年)から原爆死没者名簿に登載し、広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)に奉納しています。」とのことです。
原爆死を遂げた方のみならず、あのような体験をされた上でその後を生き抜いてこられた方たちに対する慰霊の心で書き加えるものですから、単なる犠牲者名簿ではないということを理解していただきたく思います。

参考URL:http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1110964099229/index.html

この話題は、いわゆる「原爆慰霊碑」の中におさめられている「死没者名簿」のことだとおもいます。
誤解されている方も多いのですがあれは「犠牲者名簿」ではありません。原爆を体験された方がなくなった場合、必ずしも原爆が原因でなくても申し出によりこの名簿に書き加えられます。
広島市によると「広島に投下された原子爆弾により死没した方々及びその後に死没した方々(被爆者健康手帳の有無、国籍は問いません)の霊を慰め、人類の恒久平和を祈念するため、死没した方々の氏名・死没年月日・死没時年齢を...続きを読む

Qイギリス配偶者ビザと代行業者

自分ですべて準備しようかと思っておりましたが、何か漏れがあったらと不安で、取得サービスを受けようと思っております。
ビザ申請時に代行業者を利用された方がいらっしゃいましたら、
1) 業者名(差し支えなければ)
2) 良かった点
3) 悪かった点
4) 申請が却下された場合に、通るまで追加料金無しで対応いただけるか
... その他気になった点など、教えていただけると助かります。

検索するとこちらのサービスもよく見かけます。こちらのこともご存知でしたらお願いいたします。
http://www.viewgrant.com/

Aベストアンサー

私自身ではないのですが、知り合いが代行業者を利用したことがあるので、その経験を書かせて頂きます。

1)IVA Visa
2)親切丁寧に対応してもらった。それからイギリスの内務省(ホームオフィス)の公認OISCアドバイザーなので、複雑なケースにも対応できる。
3)少々待たされたこと。
4)書類の不備等がない限りは基本、申請が通るまで追加料金なしで対応してくれるとのこと。

質問者様が貼っていたリンクの会社のことについては存じませんが、やはりOISCという資格があるほうが申請の際には有利のようです。

回答内容がお役に立ちましたら幸いです。

参考URL:http://www.ivavisa.com/

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング