どうやら小保方さんはねつ造疑惑が指摘された画像について、真正画像を何度か提出しているようです。

>理化学研究所が、STAP細胞の論文不正問題についての最終報告書を、2014年4月4日付で一部修正していると読売新聞が6日報じた。小保方晴子ユニットリーダーが、正しいデータに差し替えたいと追加提出していた画像4枚が削除されているという。

>読売新聞(4月6日朝刊)の取材に対して理研広報室は、「調査委に提出された画像であっても、論文としては未公表のデータにあたる」と知的財産の観点から掲載を取りやめたとしている。
http://www.j-cast.com/2014/04/06201352.html

☆一旦公開されたが削除された模様。

>21日、不服申し立ての内容を補充する追加資料を20日に理研に提出したと明らかにした。本来論文に掲載すべきだった画像などで、小保方氏が体調不良のため「充実したヒアリングに時間がかかる」として、再調査を行うか否かの審査にさらに2週間の猶予を求めるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00000 …

この画像が公開されれば、理研は疑惑から解放されると思うのですが知的財産権を理由に公開されていません。
しかし3/5の時点はSTAP細胞の詳細手順を公開しています。
http://www.asahi.com/articles/ASG355HWPG35PLBJ00 …

国際特許は申請中であり、普通であれば公開しても知的財産権に影響ないように思います。

(1)国際特許は申請中の状態で、新たにSTAP細胞実験の真正画像を公開することは、知的財産権が盗まれるような事態につながるでしょうか?

(2)上記がNOの場合、真正画像が公開されない理由は何でしょうか?

(3)4/1~4/4までの間は、「小保方晴子ユニットリーダーが、正しいデータに差し替えたいと追加提出していた画像4枚」が理研のページで公開されていたようです。この画像のコピーはどこかで公開されているでしょうか?

(4)「小保方晴子ユニットリーダーが、正しいデータに差し替えたいと追加提出していた画像4枚」について、専門家がコメントしているページなどあれば、URLつきでご紹介いただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問の主旨は一度公開した真正画像を削除した理由がわからない。

」と言う事ですか?

捏造と断定されたテラトーマの4枚の画像ですよね。
私もどこかで見たような気がします。

小保方氏は今頃真正画像を出してきたようですが
それで疑惑が晴れますかね?

調査委員会が判断する事です。

(4)専門家のコメントは見た事もありません。
確か真正画像はあまりパットしてなかったような。

こんな画像はどうでもよいのです。だってテラトーマができたのは事実なので。

それよりも、丹羽氏が小保方氏と共同で作ったSTAP細胞で
8株全部にTCR再構成が確認できなかったことです。

おそらくこのうちの1株でもTCR再構成が確認できていたら
若山教授は論文撤回を言い出さなかったと思うよ。
また、笹井氏も謝罪会見はやらなかったと思うよ。

このため、理研(CDB)は一年掛けて追試をやる羽目に
なったのです。7月の中間発表でも少しハッキリしてくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>質問の主旨は一度公開した真正画像を削除した理由がわからない。」と言う事ですか?

そうです。すでに特許出願中なら、後から出願されても先に出願した方が優先されるはず(理解が間違ってるかも?)なので知的財産権の心配はないと思うのです。

小保方さんは科学者のくせに証拠も出さずに何言ってるんだってことになってるので、真正画像を公開すればいいのにと思っています。


しかし、確かに真正画像が公開されたところで疑惑は消えないですね。
丹羽氏が小保方氏と共同で作ったSTAP細胞で
8株全部にTCR再構成が確認できなかったようなので。

お礼日時:2014/05/01 22:14

あるところに小保 方男と言う男がいました。



Cさん宅へ真夜中に忍び込みこっそり100万円を
泥棒しました。Cさんはそれに気がつきませんでした。

一年後に小保 方男はまたコッソリ忍び込み100万円を
金庫の中に返してきました。

このばあいでも、この小保 方男には窃盗罪が成立します。

小保方氏も真正画像を後から出して来ても捏造と言う行為は免れません。

理研は混乱を避けるため削除したと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/04 10:13

(1) 特許云々は関係ないと思われます



(2) やはり提出された画像に何らかの矛盾があったと考えるのが妥当ではないでしょうか。今回小保方さんが真正画像として提出されたのは不正だと断定されたことに対する汚名返上、またご自分の地位を確保するためですから、論文の不正画像とは全く違った意味合いを持つと思います。地位を確保するために弁護士まで介入させまたもや不正と疑われるような画像を提出したとなれば小保方さんの立場は今以上に苦しいものになるのではないでしょうか。そういった意味で理研は小保方さんを実のところ擁護するべく削除したのではないですか。引いてはそれが理研の名誉保持にもなるのでは?とかげの尻尾切りなどと言われていますが理研のHPなどの調査報告を見る限りその説には疑問を持ちます。意地の悪い見方をしても尻尾切りをしたいが出来ないといったところだと思います。
以上、科学に全く疎い私の見解ですが、小保方さんには学者としての未来が閉ざされないよう祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も知的財産権は関係ないと思ってます。
もう論文部分だけでいいので真正画像があるなら公開しないと都合が悪いことあって隠ぺいしているのだなぁという印象を持たれても仕方ない部分があると思うのです。

お礼日時:2014/05/04 10:09

iPS細胞では胎盤は出来ないと言われているが、


STAP細胞ではそれが出来る。

つまり、STAP細胞はiPS細胞よりもうワンステップ初期化が進んでいる事を示している。

iPS細胞にPrinces遺伝子を追加する事でSTAP細胞が出来る。

つまり、人の正常細胞にPrinces遺伝子+4個の遺伝子で
STAP細胞が出来る。
    • good
    • 0

質問の主旨は一度公開した真正画像を削除した理由がわからない。

」と言う事ですか?公開すれば小保方氏の疑惑は解決するのに」と言いたいわけですか?

削除した理由が知りたいわけですか?

削除したのは混乱を招くからです。
真正画像を出してきたが、これで疑惑が晴れますかね。
私にはわかりません。理研の調査委員会が決める事なので。

公開したところで小保方氏の捏造問題が解決するとも思えない。

一体理研はドンナ裁定を下すのか?トントわかりません。

知的財産権を理由は嘘です。関係ありません。

捏造と断定する理由にはSTAP細胞が存在しないかもしれないと言うことが根底にあると思います。

現時点ではSTAP細胞=Muse細胞になっているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

公開しても、しなくても混乱すると思います。
真正画像があるなら公開しないと都合が悪いことあって隠ぺいしているのだなぁという印象を持たれても仕方ない部分があると思うのです。

公開しても疑惑が複数指摘されており、そのすべてが払しょくされるわけではありませんね。
ただ、すべて疑惑指摘が正しかったという印象になりかねないので、
不当な指摘に対しては出せる範囲で証拠を提示しつつ反論すべきだと思います。

お礼日時:2014/05/04 10:13

かなりの専門家のブロッグで小保方氏のSTAP細胞で


分化細胞を作ると”重症複合型免疫不全((SCID)という特殊な免疫不全”を起こす細胞が出来、再生医療に応用できないと
嘆いていた。

まったくなー。TCR再構成の確認のためT細胞を使っただけなのにな。

成功が確認できたら皮膚細胞で作出ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「STAP細胞は安全性に問題が生じる可能性がある」という指摘ですね。

そちらの件も興味ありますが、雑談の場でなくQAサイトなので、私の質問の回答をお願いいたします。

お礼日時:2014/05/02 08:13

調査委員会は一時真正画像を公開したかもしれませんが


混乱を招くので削除したと思います。

審査途中であり、結果だけを説明すればよいので。
特許とは関係ありません。関係ないのだけど、理由付け
して言わないと、マスゴミがうるさいので。

適当に言ったまでです。

理研は疑惑から開放されると言いますが」どう言う事?
小保方氏は解放されるだろうが。
そのために真正画像を調査委員会に提出したのです。

疑惑疑惑と言いますが、調査は調査委員会がやるのであって
一般世論が調査するのではありません。

一般世論ができる事は調査結果を待つのにです。

参考URL:http://pascal.blue.coocan.jp/

この回答への補足

おしゃるとうり出願中の特許は守られるはずなので、知的財産権は関係ないと思います。

>調査委員会は一時真正画像を公開したかもしれませんが
混乱を招くので削除したと思います。

混乱を招くとは?
真正画像といいつつ改ざんの跡が確認できる画像だったということでしょうか?
不都合なことを隠したとみえて、余計混乱しているように思います。


>疑惑疑惑と言いますが、調査は調査委員会がやるのであって
>一般世論が調査するのではありません。
>一般世論ができる事は調査結果を待つのにです。


調査委員会の最終報告書で不正が認定されて、そこから小保方さん曰く真正画像が削除されたという状態なのにいまさら何を待つといっているのでしょうか?

小保方さんの論文はスタップ細胞の仮説でなく、
マウスでの実証実験ですよね?

真正の結果がすぐに出てこないってどういうことなんでしょう?
真正の結果があるなら、出せば終わる話なのに。

補足日時:2014/05/01 18:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/04 10:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実用新案と特許の違いは何??

実用新案と特許は何が違うのでしょうか。

他社が作ろうとしている製品は、
弊社が取得している実用新案に
抵触する可能性があります。

特許と同様に、
実用新案に抵触している事を理由として
他社の製品を差し止めることは可能ですか??

実用新案を取得している製品は
法の保護に値するのでしょうか。

お忙しい中、大変申し訳ございません。
恐れ入りますが、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

「特許と同様に、実用新案に抵触している事を理由として他社の製品を差し止めることは可能ですか??」という点について回答しますが、差し止めを行なうことは可能です。ただし、特許と全く同様に、というわけではありません。

#2の方の回答にあるとおり、特許が審査を経て登録されるのに対し、実用新案は無審査で登録されます。従って、本当は実用新案に値しないような登録が存在することもありえます。

したがって、実用新案に基づいて差し止め等を行う場合は、まず、「実用新案技術評価書」というものを特許庁から取得しなければならないことになっています。

(実用新案技術評価書の提示)実用新案法第29条の2 実用新案権者又は専用実施権者は、その登録実用新案に係る実用新案技術評価書を提示して警告をした後でなければ、自己の実用新案権又は専用実施権の侵害者等に対し、その権利を行使することができない。

この「実用新案技術評価書」の交付に当たって、特許庁は実用新案の中身の審査をします。そこで初めて本当に法的に保護されるかが決まるのです。

http://www.harada-pat.gr.jp/u-hyoukasho.htm


従って、「実用新案を取得している製品は法の保護に値するのでしょうか。」という質問については、「条件付でYES」ということになります。

「特許と同様に、実用新案に抵触している事を理由として他社の製品を差し止めることは可能ですか??」という点について回答しますが、差し止めを行なうことは可能です。ただし、特許と全く同様に、というわけではありません。

#2の方の回答にあるとおり、特許が審査を経て登録されるのに対し、実用新案は無審査で登録されます。従って、本当は実用新案に値しないような登録が存在することもありえます。

したがって、実用新案に基づいて差し止め等を行う場合は、まず、「実用新案技術評価書」というもの...続きを読む

QSTAP細胞の小保方晴子さんの写真集は出るか

STAP細胞で一躍脚光を浴びた小保方晴子さんの写真集は出るでしょうか?

Aベストアンサー

新しい万能細胞「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」の
作製を発表した小保方晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーら
日米研究チームの論文に不自然な画像があるなどの指摘が出ている
問題に関連し、早稲田大は19日、小保方さんの博士論文の調査を
始めたことを明らかにした。
英科学誌ネイチャーに掲載されたSTAP細胞に関する論文の一部の画像について、
理研とネイチャーが調査に着手している。
また、小保方さんらが2011年に米専門誌に発表した論文の
一部画像についても同様の指摘が出ている。
博士論文には米専門誌と同じ画像が引用されており、
早大は「調査を始めた」と説明している。

小保方晴子さんの写真集?のんきな話をしてますね。
STAP細胞の写真集が調査されてます。

Q特許と実用新案の違いは?

商品においての特許と実用新案の違いは何ですか?どちらか持っていれば、登録商品を勝手に使えないのですよね?何方か詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

以下のサイトが詳しいと思います。

http://www.furutani.co.jp/kiso/jituyou1.html

行使できる権利と、権利を行使できる期間の違いです。
実用新案は簡単に登録できるけど、それによって
行使できる権利には制限が大きいし、認められる期間も短い。
特許は特許として認められるのには審査があるけど、それによって行使できる権利はかなり広範囲。期間も長い。

そんな感じですね。
特許取れるならきちんと特許取るのが基本だと思います。

QSTAP細胞の論文って根本的に何が問題?

最近この話題を知ったんで、よく分からないのですが、
STAP細胞の論文の話って、根本的に何が
問題なんですか?
(理化学研究所の記者会見は見ました。)

写真のコピペとかだけで、まったくの捏造とは
ならないと思うのですが。

ちなみに、私は電子系の院卒ですが、
分子生物学に興味があります。

Aベストアンサー

若山教授(山梨大学)は小保方氏からSTAP細胞と言って
渡されたその細胞の発生実験を担当しました。

そしてグリーンに光るラットの胎児を再生させました。
これで万能性を証明したのです。

ところが、小保方氏の博士論文の写真がすり替えられて
Nature論文に掲載されている事がマスコミがスッパ抜いて
から、若山教授に疑問が起こります。

私に、渡されたSTAP細胞は本当にSTAP細胞なのか?と。

以来、Nature誌の論文取り下げをよびかけ、日本側は
全員承諾しました。ハーバード大学のバカンティ教授だけが
反対しています。

報道によると若山教授はすでに第三者機関に検体を送付したと言う事です。たぶん、遺伝子解析をするはずです。

遺伝子解析でリンパ球(T細胞、ラットの脾臓から採った。)由来のSTAP細胞かどうかわかるはずです。

小保方氏も笹井氏もこの点は自信がなかったようです。
何故なら、すぐに取り下げに同意したからです。
(自信があるのなら、論文取り下げはやらないでしょうに。)

要するに、STAP細胞であると言う証明がいい加減
(他の論文からの写真添付)なので、認められない
と言う事です。

若山教授(山梨大学)は小保方氏からSTAP細胞と言って
渡されたその細胞の発生実験を担当しました。

そしてグリーンに光るラットの胎児を再生させました。
これで万能性を証明したのです。

ところが、小保方氏の博士論文の写真がすり替えられて
Nature論文に掲載されている事がマスコミがスッパ抜いて
から、若山教授に疑問が起こります。

私に、渡されたSTAP細胞は本当にSTAP細胞なのか?と。

以来、Nature誌の論文取り下げをよびかけ、日本側は
全員承諾しました。ハーバード大学のバカンティ教授だけが
反...続きを読む

Q特許権と実用新案権の違いって何ですか?

特許権と実用新案権の違いって何ですか?

とある本を見ましたが
両方とも技術的創造物に対する保護 と書いてます。

※シスアドの問題でしたので、ここのカテゴリにしました。

Aベストアンサー

うが・・・やっぱ間違ってるじゃないですか・・(^^;;;;;;;;

これだから自信なしなんです。>poseidonさん

ってちゃんと条文みて確認しとけっていう感じですね。(^^;;
申し訳ないです。
訂正:存続期間の延長登録の上限は5年でした。<特67条の2第1項第3号かっこ書き

あと追加情報(笑)
登録料金について
特許料の方が実用新案登録料より高いです。

書面について
特許法では図面は必要な場合のみですが、
実用新案法では図面も必須。

特許異議の申立について
特許法においては権利化後の権利を無効にする手段は
「特許異議の申立」と「無効審判」があります。
これに対し、実用新案法では「無効審判」しかありません。

出願の単一性について
特許法は「物の発明」と「方法の発明」とが保護対象であるため、
一つの願書で出願できる発明の範囲がひろく、
実用新案法ではせまくなります。

権利化後の補正について
出願書類の補正に間して、実用新案法は項目の削除しかできません。
特許では誤記の訂正などいろいろできます。

権利行使についての追加
特許法では「過失の推定」がなされますが、
実用新案法ではなされないので、侵害に対しては、
権利者が故意または過失の立証をしなければなりません。
罪について
特許関係の方が実用新案関係より重い罪になります。

うが・・・やっぱ間違ってるじゃないですか・・(^^;;;;;;;;

これだから自信なしなんです。>poseidonさん

ってちゃんと条文みて確認しとけっていう感じですね。(^^;;
申し訳ないです。
訂正:存続期間の延長登録の上限は5年でした。<特67条の2第1項第3号かっこ書き

あと追加情報(笑)
登録料金について
特許料の方が実用新案登録料より高いです。

書面について
特許法では図面は必要な場合のみですが、
実用新案法では図面も必須。

特許異議の申立について
特許法におい...続きを読む

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

Q特許,実用新案,登録商標の違いと申請方法に関して、わかりやすい本をご紹介ください

特許,実用新案,登録商標の違いと申請方法など、知的所有権に関して、初心者向きの良書をご紹介ください

Aベストアンサー

「知っておきたい特許法」という本が初心者にはお勧めです。著者は、特許庁関係者のようです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/417217518X/qid=1136624361/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-6483282-5674768

QSTAP細胞は捏造だったのでしょうか

小保方晴子さん等が作ったというSTAP細胞は、捏造で再現不可能なものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

あれだけいろんな所属のいろんな研究者が共著になっている論文では、ねつ造とは考えにくいです。とくに小保方さんの論文のように明らかに話題を呼ぶことが分かりきっている内容の場合、仮にねつ造と仮定し、仮に後でねつ造が発覚してしまうと、共著の研究者さん達の立場が危うくなります(現状、彼らの立場は危ういでしょ?)。したがって、共著者同士で自然に自浄能力が働きますので、そういうことは考えにくいなあと、私は見ています。

再現性を問題視する報道も散見されますが、最先端過ぎる研究論文の場合、世界中探してもそこの研究室でしか実現できない実験というのもあります。私の知人が出した論文は某有名誌に掲載されましたが、未だにそこの研究室以外で同様なデータが出たという話を見たことも聞いたことがありません。たしか、同じ研究室で数報、続編の論文が発表されたのみだと記憶しています。
と、こういうこともあるので、再現性に言及する報道を目にするに、なんだかなあ~ という気分もしています。

一般の人やマスコミはともかく、この件で研究費の予算配分などがほとんど影響されない分野の日本の科学系研究者の多くは、期待を込めながらも、静かに今後の動向を見守っているというところではないかなと、思います。

あれだけいろんな所属のいろんな研究者が共著になっている論文では、ねつ造とは考えにくいです。とくに小保方さんの論文のように明らかに話題を呼ぶことが分かりきっている内容の場合、仮にねつ造と仮定し、仮に後でねつ造が発覚してしまうと、共著の研究者さん達の立場が危うくなります(現状、彼らの立場は危ういでしょ?)。したがって、共著者同士で自然に自浄能力が働きますので、そういうことは考えにくいなあと、私は見ています。

再現性を問題視する報道も散見されますが、最先端過ぎる研究論文の場合、...続きを読む

Q実用新案登録に基づく特許出願について

特許法について質問します。
46条の2で実用新案登録に基づく特許出願が可能になりました。
原則として、実用新案登録出願から3年以内にしなければなりません。
しかし、実用新案登録無効審判が実用新案登録出願から3年以上経過してから請求された場合は、最初の答弁書提出期間であれば特許出願に変更可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

46条の2第1項の規定は、優先権主張出願についての
41条1項の規定の構造と大体同じで、
「次に掲げる場合を除き……することができる」
があって、場合の列挙が続く点で共通の構造をしています。

なので、41条1項が正しく理解できていれば答えは簡単でしょう。

QSTAP細胞の論文について

STAP細胞がねつ造かそうでないかは別として、論文について質問させてください

まず第一に引用元を書いていない論文をなぜNatureは見抜けなかったのかということです
自分は文系なのですが論文やその他の文を丸ごとコピペし、引用元を書かない場合ほとんどバレます
1学部生の論文ですらそういったチェックをされるのに何故Natureのような専門誌で見抜けなかったのでしょうか?

次に「特許の関係があるから全手法を公開できない」と主張されている方がいるのですが、世界で初の発見をし論文にまとめているのに特許は申請した順になるのでしょうか?
仮にそうだとするならば、論文を出す前に特許をとらない人って学部生ならまだしも研究機関で働く人にしては間抜けすぎませんか?

最後に何故世界各国の研究者は小保方博士と同じ器具、環境で追試や再現性を確かめなかったのでしょうか?
小保方博士の使用している研究道具の一部が古いものであるという記事も見たのですが、それにしても違う環境で再現できなかったというのは少し疑問です

Aベストアンサー

Natureで引用がないのを見抜けなかったのはドイツのES細胞の方法の引用の件ですよね。

査読者は基本的に書いてあること自体は正しいものとして読みます。博士論文のイントロ部分の引用は明らかに指導教員が指摘すべきですが、投稿論文の実験方法が著者オリジナルかどうかは基本的に引用をつけていない限り、著者のオリジナルと考えます。

そのような内容が本当にオリジナルかどうか、査読者がチェックする必要があるかと言うことになると、査読者には過去の全ての論文を即時にチェックする機能を持ったものが提供される必要があります。

私のところにもしばしば学術雑誌の編集委員から査読の依頼が来ますが、基本的にボランティアです。
しかも断れば、他の査読者を推薦してくださいと言われるので、ほぼ強制的に査読のボランティアを引き
受けさせられます。しかしながら、私の手元では、過去の論文と同じが否かを検証する機能はありません。

したがって、著者が引用していない限り、基本的に著者のオリジナルと考えて、データも事実であると言う前提で、著者の論理に矛盾がないかどうかを審査するのが査読です。通常は2名あるいは3名の審査員が査読してOKになれば掲載になります。査読者の中に一人でも却下する査読者がいれば掲載否となるのが普通です。全員一致が掲載の条件と成ります。

Natureをはじめ複数の論文で不適切な画像等が使用されたと報道されており、今後はデータの真偽も問題になりそうですが、そうなると、査読はいっそう難しくなるでしょう。著者が、悪意を持って画像を捏造すれば、見抜くことは困難になるでしょう。そのようなケースが頻発すれば、もはや科学の信頼は揺らぐし、技術の進歩も止まります。

科学者、技術者の真摯な姿勢が問われる時代になってきていると思われます。

Natureで引用がないのを見抜けなかったのはドイツのES細胞の方法の引用の件ですよね。

査読者は基本的に書いてあること自体は正しいものとして読みます。博士論文のイントロ部分の引用は明らかに指導教員が指摘すべきですが、投稿論文の実験方法が著者オリジナルかどうかは基本的に引用をつけていない限り、著者のオリジナルと考えます。

そのような内容が本当にオリジナルかどうか、査読者がチェックする必要があるかと言うことになると、査読者には過去の全ての論文を即時にチェックする機能を持ったものが提...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報