【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

130F51を直列に繋ぎ24Vで使用しています。突入電流が115Vで17Aのエアコンをインバターとともに使用したいのですが耐えらそうでしょうか? インバターの効率を考えると100A程度が流れる計算になると思います。バッテリーのCCA値は695Aのようなので突入電流というのがどのくらいの時間流れるものか知らないのですが、ごく短い時間なら耐えらそうな印象です。5時間率での容量は96Aです。因みにオルタネーターは30Aでエアコンのスイッチを入れる際にはエンジン回転を上げようかと考えています。

また別途90A程度のオルタネーターを増設することも考えています(定格でも25A程度消費する為、アイドリングでも30A発電出来るサイズ)が一つのバッテリーにオルタネーターを2つ繋いでも問題ないももでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3です。


なるほど、事情が理解できました。
2.5kWのタイプならば可能だと思います。

突入電流(過渡電流)はほんの一瞬であり、インバーターを電源とするならば17Aも流れないと思います。
もし安全装置が作動するならば、チョークコイルを始動時だけ挿入する方法が考えられます。

気がかりなのは持続時間でしょう。これはバッテリー次第です。
始動の際にエンジン回転数をあげることは無意味です。

なお、バッテリーに対してオールターネーター(発電機)を並列に接続するのは危険です(発電機間で循環電流が流れます)。ダイオードを挿入するような姑息なやり方では、いずれか片方の発電機しか活きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。だいぶ方向性がはっきりしてきました。実はバッテリーは2系統あり1系統はエンジン始動及び本質的な航海機器へ電気を供給しています(航海灯や自動操舵など)。こちらがオルタネーターに繋がっていますが、スイッチにより二つ目の系統にも充電出来るようになっております。2系統目はレーダーやGPS等に電源を供給しており結構大きなソーラーパネルをつけているので週一くらいの使用であればオルタネーターから充電しなくても次回出航時には電圧が回復する感じです。話がそれましたがオルタネーターの並列は危険との事ですので、現在ついているオルタネーターから二つ目の系統への接続を中止し代わって増設する90Aのオルタネーターをこちらの系統専用にしようかと思います。

お礼日時:2014/05/01 22:45

心配なのはバッテリーよりインバータのほうです。


鉛バッテリーは内部抵抗が非常に低いのが特徴、だからショートすると大電流が流れて壊れます、乾電池は何も起こりませんが。
突入電流せいぜい数十分の一秒?。
でもインバーターの定格はそれをカバーできる必要があります、始動に一瞬のためだけに大きなインバータが必要になるかも・・・。
24V直流電動機で駆動のほうがはるかに現実的で、費用のほうも・・・・?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。24Vを電源とするマリンエアコンは以前あったのですが廃番になってしまい小型のものは入手困難です。主機駆動のものはトータルで多少高い程度なら選択しようと思います。

お礼日時:2014/05/06 10:49

インバーターの2次電流(110V側の電流)が17Aだからといって、1次側が電圧逆比例で78A以上流れると言うことにはなりません。


インバーターの回路構成がために、過渡電流に完全に追随するものではないということです。

つまり、通常ならエアコンに17Aの電流が流れるとしても、インバーターからの供給であればその電流に達する前に定常状態の電流に落ち着くことでしょう。
むしろ、その前にインバーターの保護回路が働くと思います。

もっと大容量のインバーターとするなら、費用的に非常に高価なものとなりますが、どのような使用内容を考えておられるのでしょうか。

普通ならポータブル発電機の方が安くつきますが??

この回答への補足

有り難うございます。インバターは2.5KW定格のものを検討しております。例えば下記。

http://turtle-marine.com/aqua_techno2/marine_inv …

船で使用するため発電機はスペースや騒音の問題で考えていません(ガソリンを給油出来るようなマリーナは近隣にないので、使うとしたら船の燃料と同じ軽油が選択肢になります)。115Vのエンジン駆動の発電機は小さくてリーズナブルな値段のものがありません。対案として車のようにエンジンでコンプレッサーを回すタイプのエアコンについて価格を問い合わせています。

補足日時:2014/05/01 17:09
    • good
    • 0

>突入電流が115Vで17Aのエアコン



115V?
・アメリカ(など)の海外製のエアコンですか?
・定格電流はどれくらいでしょうか?
・エアコンは、インバーター方式ですか?

突入電流だけを考えるとギリギリ何とかなりそうですが、
・バッテリーとDC-ACインバーターまでの配線はどのようにしますか?
 38sqでも電圧降下が問題になりそう。
・DC-ACインバーターはどのようなものを考えられていますか?
 電菱 のSKシリーズだと3KWが最大ですが、エアコンの定格電流によってはこれでも不足します。
・エアコンの稼働時間はどれくらいを想定していますか?
 定格電流が分かりませんが、17Aだと仮定すると、
 バッテリーのみだと10~20分程度、発電量30Aのオルタネーターでアシストしても
 1時間は持たないです。

この回答への補足

有り難うございます。船の操舵室(1畳程度)の冷暖房が目的でKW換算がわかりませんが5000BTUと小さいものです。定格は4.4Aですのでオルタネーターの発電能力の範囲内です。但しアイドリングでの使用を考えて90Aのオルタネーターの増設を検討している次第です。ご指摘の通りケーブルは頭痛の種ですがインバターはバッテリーの隣に設置し安全な太さのものを使用します。インバターはこちら等検討しております。

http://turtle-marine.com/aqua_techno2/marine_inv …

エアコンはインバータ方式ではないと思います。

http://www.defender.com/product3.jsp?path=-1%7C2 …


よろしくお願いします。

補足日時:2014/05/01 17:19
    • good
    • 0

inverterの問題

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。インバータについてはレヴュー、口コミなども参考に検討したいと思います。突入電流<インバータ定格のもの。

お礼日時:2014/05/06 10:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラッシュカレント(突入電流)対策

 電装品取り付けで以前 質問したところ
ラッシュカレント(突入電流)という事を教えてもらいました。

Q.カーステに社外用取り付けKit配線から
ACCから「ETC、ナビ、TVチューナー、TV」の電源を取ろうと
思っているのですが ラッシュカレント(突入電流)対策として
どんな事をすればいいのでしょうか?
 車種によって違うかもしれませんが、
リレーでは対策できませんか?

消費電流を調べたところ
・オーディオ 10A
・ナビ 1~1,2A?
・ETC  400mA?
・TV   840mA?(EPSON ET-S6R)
・TVチューナー  (EEPSON TSDT8)

Aベストアンサー

他の回答者様の書き込みを見て、
『ラッシュカレント』を説明するのはムリかな・・・と思いました。

ラッシュカレントは、
微分と積分を理解していることが前提でさらに電気回路の知識が必要という、
言ってみれば電気回路を専門に習った人だけが理解できる難しい話です。

あやふやな知識で悩むよりも、気にしないことが一番です。

ちなみに車のACC電源でラッシュカレントが問題になるというと
ヒューズボックスのヒューズとハーネスのリレーぐらいのものですので
壊れてもたいしたことありません。
壊れてから考えてもだいじょうぶでしょう。

Qバッテリーの電流値

旧規格軽カー 12V車でセルを回転させた時のバッテリーからの電流はどのくらいの値になるのでしょうか?

バッテリーを室内に移設するに当たり中間のケーブルにヒューズを入れようとしていますが不要でしょうか?

Aベストアンサー

 電気電子工学が専門の車好きです。

 夏冬のエンジンの潤滑油の粘り具合の違いなども含めて、回す負荷の重さによってセルモーターの実際の消費電流は大きく変わります。負荷が重くてセルモーターが苦しそうに回るときは、セルモーターに発生する逆起電力が小さくなり、消費電流は大きくなります。
 またANo.2さんが書いておられるように、セルモーターにはイニシャルラッシュカンレント(初期突入電流)が流れ、セルモーターの動かし始めには、通常より数倍もの大きな電流が流れます。ですから電流値は幾らになるか確かなことは言えませんが、100Aはみておく必要があります(突入電流は考慮していません)。セルモーターは長時間回し続けることは想定しないので、電線サイズ(導体サイズ)は通常より1ランク小さくても発熱の点では大丈夫なのですが、長く引き回すと電圧降下が目立ってセルモーターを回すのには電圧不足になる心配があります。
 これに対応できる電線は、目安として次のようになります(あくまで目安です)。sq(スケと略称することが多い)は導体サイズ(平方ミリ)です。
3.5sq 約30A
8sq 約60A
22sq 約100A
38sq 約150A
60sq 約200A
 いずれもそうとう太い電線で、簡単には曲がりませんよ。バッテリーを室内に移設する場合には、この電線の引き回しで苦労するかも知れません。それとバッテリーから発生する水素ガス(空気よりはるかに軽い)を室内に決して溜め込まないようにしてください。水素ガスが天井付近で充満していると、タバコを吸えば爆発します。

 電気電子工学が専門の車好きです。

 夏冬のエンジンの潤滑油の粘り具合の違いなども含めて、回す負荷の重さによってセルモーターの実際の消費電流は大きく変わります。負荷が重くてセルモーターが苦しそうに回るときは、セルモーターに発生する逆起電力が小さくなり、消費電流は大きくなります。
 またANo.2さんが書いておられるように、セルモーターにはイニシャルラッシュカンレント(初期突入電流)が流れ、セルモーターの動かし始めには、通常より数倍もの大きな電流が流れます。ですから電流値は幾ら...続きを読む

Q突入電流の発生メカニズム

負荷がコンデンサ等の容量性負荷の場合、電源突入時に突入電流が流れるのは、等価的インピーダンスが低いためとどこかに記載されていたのですが、これはどういうことでしょうか。
電源ONした瞬間は電圧の時間変化が大きい、すなわち周波数が高いのでコンデンサのインピーダンスが低いということなんでしょうか?
また逆に突入電流を抑制するときにコイル等インダクタンスを用いるようですが、これもインダクタンスの特性、周波数が高いとインピーダンスが大きくなるということからなのでしょうか。
基本的な事柄かとは思いますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

考え方として電池電圧100ボルト、直列に10オームの抵抗、コンデンサーの容量が1ファラッド、充電状態はゼロとして

コンデンサーの充電がゼロなら両端の電圧も当然ゼロですから針金でショートしているのと同じ。
従ってスイッチオンの瞬間にはI=100ボルト/10オーム=10アンペアの電量が流れますがこれが突入電流の正体です。

しかし電流が流れるとコンデンサーに電荷が蓄えられのでその両端の電圧が上がり電源との電位差が小さくなるので流れ込む電流も減少します。
流れれば流れるほど電流が減っていく状態になる訳です。
理論上は電流がゼロになるには無限の時間がかかります。


>逆に突入電流を抑制するときにコイル等インダクタンスを用いるようですが、これもインダクタンスの特性、周波数が高いとインピーダンスが大きくなるということからなのでしょうか。

コイルに変化する電流を流そうとするとその電流によってコイルに逆起電力が発生しますがこれが誘導性リアクタンスの正体で抵抗のような電流そのものの妨げと言うよりは電源に対して逆向きの電圧を発生させ結果電流が流れにくくなるのです。
先ほどの回路でコンデンサーをコイルに置き換えて考えるとスイッチを入れた瞬間ゼロから定常状態になる途中の変化率は非常に大きいのでこの僅かな時間大きな反対向きの電圧が発生して結果電流が流れにくくなるのです。

考え方として電池電圧100ボルト、直列に10オームの抵抗、コンデンサーの容量が1ファラッド、充電状態はゼロとして

コンデンサーの充電がゼロなら両端の電圧も当然ゼロですから針金でショートしているのと同じ。
従ってスイッチオンの瞬間にはI=100ボルト/10オーム=10アンペアの電量が流れますがこれが突入電流の正体です。

しかし電流が流れるとコンデンサーに電荷が蓄えられのでその両端の電圧が上がり電源との電位差が小さくなるので流れ込む電流も減少します。
流れれば流れるほど電流が減っていく...続きを読む

Qバッテリーの使用可能時間を計算する方法

バッテリーの使用可能時間を計算する方法を教えて下さい。

例えば、蓄電容量80Ahのバッテリーフル充電時に消費電力100Wの電化製品を使用した場合、何時間使用可能かを出す計算式です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 蓄電容量80Ahのバッテリー

バッテリの定格電圧が不明だと、そこから何ワットの電力が取り出せるかは解りません。定格1.2Vのエネループと、24Vの車用バッテリーとでは、同じ1000mAhでも取り出せる電力は20倍も違います。と言うことを踏まえて考え方を。

1)バッテリから取り出せる電力量[Wh]=バッテリーの定格電圧[V]×畜電容量[Ah]

2)機器の消費電力量[Wh]=機器の消費電力[W]×3600 ※電流は1秒あたりの量なので

3)機器の動作時間[h]=バッテリから取り出せる電力量[Wh]÷機器の消費電力量[Wh]

余談)機器の消費電力[W]=電源電圧[V]×消費電流[A]
∴100V用の機器ならば、消費電力÷100=消費電流となる。800Wの電子レンジの消費電流は8A

実際には一般家電製品は交流100Vですから、直流のバッテリから供給するためには、インバータなどによる変換が必要となります。ここでの変換損失が10%程度見込まれるので、バッテリの実力値そのままというわけにはいきません。

Qコイルの突入電流が流れる理由について

コイル(誘導負荷)に突入電流が流れる理由を教えてもらえないでしょうか?

容量に突入電流が流れるのはわかります。
しかし、コイルに流れる理由がいろいろ調べてはみたのですが いまいちはっきりわかりません。

あと、誘導負荷には直流電源でも突入電流が流れると考えていいのでしょうか?

すいませんが教えてください

Aベストアンサー

8です、質問者さんに一言!

適切な回答がご希望ならばお礼や補足欄に貴方の気持ちを書いた方が良いですよ。
どういう事を想定しての質問なのか、回答者さんの内容で納得したのかしてないのか。
リアクションが無ければ何にも分りません。意思の疎通はとても大事です。

まさかこのまま無言で立ち去るなんて事は無いでしょうけど。

Qオシロスコープでの突入電流測定方法

あるメーカーのスイッチング電源の突入電流を測定したいのですが、どのようにすればよいか教えて下さい。
入力はAC200Vで出力はDC24Vのタイプです。

今までオシロスコープで測定したのは直流しかなく、交流での取扱いがよくわかりません。
電流プローブでもあればよいのですが・・

Aベストアンサー

オシロスコープのつなぎ方は直流も交流も関係ないんですが、オシロで電流を測る方法がわからないということでしたら、直列に抵抗を挿入して抵抗の両端の電位差から電流を換算する方法は覚えておきましょう。オームの法則の応用です。(こういう計測専用のもの http://www.alpha-elec.co.jp/data-s/data03.html もありますが、。汎用の0.1Ω/数Wぐらいの酸化金属皮膜抵抗でも意外と精度良く測れます)

交流で突入電流を見る場合、交流のどの位相でスイッチONするかによって測定結果がかなり変わってきます。なので、手動で操作する電源スイッチで交流の突入電流を測るのは、再現性に難があります。対応策としては、少々大げさになりますが電源ONの開始位相を制御する機能のついた交流電源装置を用意するのが理想的です。レンタルなら1カ月数万円です。

簡易的には、位相固定の物なら安価に売られているようですね。 
簡易型電源投入位相設定器の例
http://www.k-sd.co.jp/html/120_130_1_4_a/120_130_1_4_a.html
 
さらに言うと、突入電流は周囲温度の影響も無視できません。恒温槽があればいうこと無いのですが、とりあえず冷蔵庫・冷凍庫にでも入れて様子を見てみると良いと思います。

オシロスコープのつなぎ方は直流も交流も関係ないんですが、オシロで電流を測る方法がわからないということでしたら、直列に抵抗を挿入して抵抗の両端の電位差から電流を換算する方法は覚えておきましょう。オームの法則の応用です。(こういう計測専用のもの http://www.alpha-elec.co.jp/data-s/data03.html もありますが、。汎用の0.1Ω/数Wぐらいの酸化金属皮膜抵抗でも意外と精度良く測れます)

交流で突入電流を見る場合、交流のどの位相でスイッチONするかによって測定結果がかなり変わってきます。なので...続きを読む

Qヒューズの容量の決め方

電気機器のヒューズの容量を決めるにはどういうふうにしたらよいのでしょうか。
教えてください。

定格の消費電力、突入電流等から導くのだと思いますが
計算方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

単純な計算には乗らないので、考え方をお話します。長くなります。

ヒューズは、流れる電流と、ヒューズ自身の抵抗とにより発生するジュール熱で温度が上がり、ヒューズ材料の溶融点に達したときに溶断します。
温度が上昇するには、ある程度の時間が掛かります。電流が大きいほど早く切れます。切れ方は、電流と時間とに関わります。少し周囲温度にも関係します。速断ヒューズでは、スプリングで引っ張って早く切れるようにしてあります。

ほとんどの電気機器は、電源投入時に突入電流があり、機器が立ち上がるまでのある時間、定格電流の何倍もの電流が流れます。トランスなどが電源に使用してあるもの、モーターなどでは、商用電源(一般の家庭用)は、交流ですので、電圧は、突入電流は、投入した瞬間または、前回切ったとき(励磁)の位相でも違ってきます。

ヒューズは、溶断特性が重要なので、その特性は、規格化してあります。この規格は、ヒューズの種類により違います。流した電流と溶断時間で特性曲線になっています。また、アークの切れる速さが、電圧にも関係しますので、使用電圧も規定してあります。
上記のようなので、定格電流では切れず、突入電流でも切れず、異状時には、必ず切れるように選定することは、かなり困難です。

速断でないガラス管ヒューズでは、たぶん定格の2倍で1分だったと記憶しています。
そこで、実際の選定ですが、先ずヒューズを入れる目的を明確に整理します。どうなったら遮断するかです。例えばショートすれば、必ず切れますから、このときは、接続されている電源コンセント、コード、屋内配線、ブレーカーなどが保護できる時間で切れればよい。とかです。切れるのが遅いと発火したりブレーカーが飛んだりします。
どこかが故障したとき、それでも保護したい特別な部品などあるか。このときは、シビヤな検討が必要です。出来れば、ヒューズの遮断特性を入手してください。
無ければ、定格の2倍くらいを目安に、カットアンドトライします。

大量生産品の開発では、突入で切れないよう選定したヒューズで、特定の内部部品を保護できないときは、逆に内部部品を強化したりもします。このため、何百回もヒューズを飛ばしながら、最適値を求めたりもします。安全側に選定すると切れることもありうるので、予備ヒューズを添付することもあります。

少量の特別仕様品で一発物は、大きめに、エイヤッと決めます。(冗談)

単純な計算には乗らないので、考え方をお話します。長くなります。

ヒューズは、流れる電流と、ヒューズ自身の抵抗とにより発生するジュール熱で温度が上がり、ヒューズ材料の溶融点に達したときに溶断します。
温度が上昇するには、ある程度の時間が掛かります。電流が大きいほど早く切れます。切れ方は、電流と時間とに関わります。少し周囲温度にも関係します。速断ヒューズでは、スプリングで引っ張って早く切れるようにしてあります。

ほとんどの電気機器は、電源投入時に突入電流があり、機器が立ち...続きを読む

Q電気の単位でKVAという単位はどういう意味?

電気の単位でKVAという単位がでてきましたが、KVAというのは何?
またKVAはKWと同じ意味ですか?KVAからKWになる為には何を掛けるのですか?

Aベストアンサー

直流は 電力(W)=電圧(V)×電流(A)

交流は 電力(W)=電圧(V)×電流(A)×力率(cos θ)

交流で 電圧(V)×電流(A)を 皮相電力(VA)(見かけの電力といいます)
VAの1000倍がkVA(ケイブイエー又はキロボルトアンペア)です。

過去にも何回か似た質問が出ています。ご覧ください。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=123744)
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=114728)

これらをご覧になると、力率が低いことの弊害もわかります。

QオルタネーターB端子からバッテリーの+端子間の配線について

先日、オルタネーターのブラシを交換修理して、元通り組み付けていろいろと点検してみたのですが、オルタネーターB端子からバッテリーの+端子間に何らかの異常があり、バッテリーに充電されません。

テスターで検査してみたところ、オルタネーターに関しては、異常はありません。(ブラシを交換したおかげで、以前よりもパワーアップした事を確認済み)複雑に絡み合っているコードを丁寧に解いて確認しようとも考えましたが、とても手間がかかる作業なので、ためらっています。

そこで、素人なりに考えたのですが、B端子からバッテリー+端子間を5.5sq程度のケーブルで直結してはまずいでしょうか?

そもそも、B端子からバッテリー+端子間には、50Aのメインヒューズの他にどんな回路を経由しているのでしょうか?

また、直結する際の注意点などを教えて下さい。

Aベストアンサー

車両側のB端子の処理については取り外した上で絶縁処理をしておいてもかまいませんが、ただし、B端子の配線が2本来ているような場合は、1本がバッテリへ1本が他の電装品への電源ラインである場合があるので、取り外してしまうとそれらの電装品が動作しなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

ヒュージブルリンクを使う場合、オルタネーターの最大出力と同等または+数%程度の容量のものが適当でしょう。また、セルモーターとオルタネーターが近い位置にあればオルタネーターのB端子とセルモーターのB端子をつないでも(この場合もヒュージブルリンク等は必要です)かまいません。セルモーターのB端子までの配線は十分に太い(14sq~22sq程度あるでしょう)ので5.5sqで長く引くより電圧低下を抑えられるでしょう。

いずれにしても大きな電流が流れますので、端子の取り付けはしっかりして置かないと焼損するなどの危険があります。配線や端子ボルトにあった圧着端子を使用してさらに半田付けすることをお勧めします。

Qオルタネータが発電しているのに充電されない

関連しそうな最近の過去ログは見たのですが
当てはまるかどうか分からないので質問させていただきます。
全く正常に走行してスーパーに行き、買い物をしたあと
10分後に始動しようとしたらエンジンがかかりませんでした。

ジャンプスタートで始動するも、数分の走行で
バッテリーが上がり、停止。ハザードも付かないほど放電。
夜間で危険だったので救援車から15分ほど充電し
尾灯だけ付けてときどき後続車のためにハザードを使い自宅まで牽引。
駐車場に入れるために再度ジャンプスタートすると
ヘッドライト(HID)をつけると電圧が下がるが
電圧計を見ると14.5Vでオルタネーターは発電している模様。
うっかりしていてこの段になって初めて電圧計を意識して見たが
おそらくエンジン停止時は測定範囲外(9.5V以下?)だった。
一時間ほどアイドリングさせ充電を試みるが
エンジンを切ると全く充電されていないようで
テールランプも付かない。
バッテリーは1月に購入したオプティマ。
放電前はアクセサリー電源は付いたが、オンで
電源が切れた。セルを回そうとするとリレーの音がした。
DIYで電装品いろいろつけています。

充電(してるはず)中のバッテリーの電圧を測る、
と過去ログにあったのですが、始動できないので
まだ測ってません。
原因特定がやさしいようなら修理工場へ
手間取りそうならディーラーへ持って行こうと思っています。
何が原因と思われるでしょうか?

関連しそうな最近の過去ログは見たのですが
当てはまるかどうか分からないので質問させていただきます。
全く正常に走行してスーパーに行き、買い物をしたあと
10分後に始動しようとしたらエンジンがかかりませんでした。

ジャンプスタートで始動するも、数分の走行で
バッテリーが上がり、停止。ハザードも付かないほど放電。
夜間で危険だったので救援車から15分ほど充電し
尾灯だけ付けてときどき後続車のためにハザードを使い自宅まで牽引。
駐車場に入れるために再度ジャンプスタートすると
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
ACジェネレーター(オルタネーター)は出力電圧だけでは正常な判定は出来ません。

電圧測定は本来ならバッテリーのプラス端子でなく、ACジェネレーターのB端子から測定します。出力電圧はICレギュレーターの簡易点検でレクチャファイヤーの点検は出力電流を点検しなければいけません。一番良いのはオシロスコープを使って電流を確認できれば一番良いです。

また無負荷状態だけでなく、さまざまな負荷状態を加えながら発生電圧を確認しなければいけません。

症状が再現されるなら、エンジンが始動した状態でマイナス端子をはずしてみてはいかがでしょうか?レクチャの不良でしたらたとえ最初エンジンがかかっていても負荷を加えることでエンストを起こすはずです。

オプティマバッテリーを付けているのですね?とても高価な良いバッテリーですよね?たしか10年くらいは大丈夫なバッテリーだと記憶しています。バッテリー液が確か無かったので横に倒しても大丈夫なものだと記憶しています。

症状からおそらくACジェネレーター内のレクチャファイヤの不良がまず考えられます。それから皆さんがおっしゃっているバッテリー自体の不良も視野に入れてみてはいかがでしょうか?経験したことがあるのですが、新品のバッテリーを取り付けて1日で駄目になったことがあります。(他の新品に交換して事なきを得ましたが)バッテリーが駄目になってバッテリーそのものが負荷になってもエンストしてしまうことがありますので(セルなども回らなくなる)時折先入観が診断ミスを起こしやすいです。

この程度の修理でしたら一般の自動車屋で充分対応できると思いますよ。

こんにちは。
ACジェネレーター(オルタネーター)は出力電圧だけでは正常な判定は出来ません。

電圧測定は本来ならバッテリーのプラス端子でなく、ACジェネレーターのB端子から測定します。出力電圧はICレギュレーターの簡易点検でレクチャファイヤーの点検は出力電流を点検しなければいけません。一番良いのはオシロスコープを使って電流を確認できれば一番良いです。

また無負荷状態だけでなく、さまざまな負荷状態を加えながら発生電圧を確認しなければいけません。

症状が再現されるなら、...続きを読む


人気Q&Aランキング