『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

私のクレジットカードはJCBが付帯しています。スイスの友人はJCBは知らないと言ってるのですが、
ヨーロッパで使えますよね?
VISAは使えるけど、JCBは使えないなんてこともあるのでしょうか?

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>VISAは使えるけど、JCBは使えないなんてこともあるのでしょうか?



もちろんありますよ。


クレジットカードというものは、お店がそのカードに対応しているかどうかの話ですので、
・対応しているお店なら使える
・対応していないお店なら使えない
というだけです。

JCBのJはJapanを意味しており、日本クレジットビューローという会社の略称です。最初は日本国内だけでしか使えないカードでしたが、1980年代から海外でもシステム的には使えるようになっています。

でもJCBの影響力は海外では弱く、知名度も少ないし持っている人は日本人の観光客くらいなので、日本人が多く利用するホテルや日本の旅行会社のツアーで提携しているお店などでは使えるところが多いと思いますが、そうでもないお店だと積極的に導入するお店はまだ少ないのでしょう。

国内だけならJCBでもいいと思います。しかし海外に行くならVISAを持っていくべきだと思います。


過去のQAも参考にしてみてください。
[Q&A] VISAとJCB、どっちが便利? 【OKWave】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2609242.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大体の事情が分かりました。

お礼日時:2014/05/02 08:21

皆様の回答のように 日本人観光客の行くお店・ホテル・レストラン等では使えますが それ以外では厳しいかも。

JCBのステッカー自体が貼っていないところが多いです。
私はパリが多いですが RATP(パリ交通局)の窓口では JCBは断られました。
どちらかというと VISAが好まれるようです。手数料の関係でしょうか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/05/02 08:29

ヨーロッパはとても広いですが、街によって、日本人観光客がどれぐらい行っているかによって、かなり違います。



例えば、ウィーンやバルセロナは、JCBはきっと使えないだろうなぁと思いながら出してみても、問題なく使えるところが多くて、こちらが驚いたぐらいでした。
また、フランスのパリのギャラリー・ラファイエットと、モンサンミッシェル内の小さなお土産やさんでは使えて、そのへんの街のレストランは全くダメ、といった具合です。

行かれる街の名前を書いていただくと、もう少し的を絞った回答を得られると思います。

あと、JCBカードで現地で使える割引クーポンを発行していて、空港のJCBカウンターなどでもらえるのですが、クーポンの対象店舗がない街では、JCBカードも全く使えないと思っていたほうがよいです。

VISAは私は持っていないので分かりませんが、JCBよりは使えると思います。
マスターカードを断られたことはないですが、マスターよりもVISAが強いと思いこんでいる人も多いぐらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/05/02 08:27

No.1様に対する補足です。



 東南アジアを除く外国ではJCBは非常にマイナーというのは、No.1様のとおりです。また、その店がそのカードと提携していれば、(原則として)使える、というのも、No.1様のとおりです。
 

 ところが、その店がJCBと提携しており、店頭にJCBのステッカーを掲示してあっても、JCBを受け付けない、という場合もあります(←ヨーロッパで経験済みです)。とにかく外国ではJCBはマイナーなので、店がJCBと提携していても、店員が、JCBなど見たことない、ということなのでしょう。

 店によっては、「どうしてもというならJCBでもいいが、出来たらVISAにしてくれ」と言われる事もあります(←これもヨーロッパで経験済み)。

 と言うことで、使えればもうけもの、という程度に思っておけばよいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
JCBはマイナーなんですね。

お礼日時:2014/05/02 08:24

ヨーロッパでは、


まずマスター

すこし落ちてVISA

観光客が行きそうな有名店一流ホテルならアメックスやJCBですね。
海外でのJCBは、アミューズメント志向で、その方面ならJCBゴールドは
役立ちますが\(^^;)...マァマァ

一応マスターかVISAも、どうそ(^-^)/

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz「
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
よく分かりました。

お礼日時:2014/05/02 08:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

QJCBのクレジットカードについて

明日から、ヨーロッパ旅行に行きます。
ヨーロッパの国内で、JCBカードは使用できますか?
ヨーロッパは、VISA・MASTERは利用できると、とあるサイトに書いてありました。
実際に、ヨーロッパに行ってJCBカードを使用て大丈夫だった方、一報お待ちしています。

Aベストアンサー

ヨーロッパで実際にカードは使ったことはありませんが、マスター、VISA、ダイナース、アメックスとともに世界5大ブランドなので、問題はないと思います。
件数はマスター、VISAに比べると少ないと聞きますが、かなりのところで使えると聞いています。成田空港の場合、JCBの窓口があるので、寄っていくと情報冊子がもらえます。他の空港でも窓口があるところもあるので、JCBがあれば寄ってみることをお勧めします。

Qヨーロッパでのクレジットカード

ヨーロッパ、特にイギリス、スイス、イタリアでは、
アメックス、ダイナース、ビザ、
どれが一番使いやすいですか?
行くところは一流ほてるから庶民派までそれぞれです。
また、ブラック、プラチナ、などはメリットがないように感じたのでインビテーションがきても申し込んでないですが、それらのランクで海外にいた時にメリットを享受したことはありますか?

Aベストアンサー

使い勝手でその3択なら確実にVISAですね。
クレジットカード支払いOKの店舗で、AMEXやDINERSはNGと言うのはいくらでも見ますが、
VISAがNGなんて店見たことありません。

ブラックやプラチナは、提携ホテルで勝手に部屋をアップグレードしてくれたり
提携航空会社でプロモーション価格で航空券が取れたりします。
私はクレジットカードなんて単なる決算手段だと割り切っているので、
あまりブラックやプラチナに魅力は感じません。

ただ渡航先でクレジットカードを盗難紛失した際、一番対応が迅速なのはAMEXだと思います。
最近AMEXの提携オフィスが激減しているので、
日本発行のVISAの方が各国主要都市に何とかデスクがあるだけ有利かもしれないですが。

ダイナースは持つメリットを思いつきません。

PINに関しては、他の回答者さんの仰る通りです。
教えてくれないので、忘れていたら再登録になると思います。

QVISAとJCB、どっちが便利?

 こんにちは。実は楽天カードを新しく作ろうとしていて、VISAとJCBのどちらにするかで迷っています。手持ちのカードはVISAもJCBもどちらも持っているんですけど、楽天カードには海外旅行傷害保険がついているようで(手持ちのカードにはたぶんついていない可能性が高い)、その点でVISAとJCBのどちらが便利なのかな?と思いまして。

 海外で一番通用するのはVISA、トラベルデスクが親切なのはJCBという程度は知っております。ただ実際海外では正直どちらを持っていた方が良いでしょうか?私はあまり英語が得意ではないので、万が一の時に日本語で状況説明して、海外旅行傷害保険も同時に申請できるように図ることを考えると、JCBで作った方が無難ですか?それともやはり信用度が高くてヨーロッパではほとんど使えるVISAの方が良いでしょうか?迷いに迷ってわからなくなってきました(苦笑)。

 誰か良いアドバイスをしていただけないでしょうか?ご意見お待ちしております。

Aベストアンサー

欧州在住です。
他の方もおっしゃっているように、JCBというのは日本のカード会社
なので海外では使える店が限られてしまいます。ヨーロッパでは
基本的に「日本人が非常によく訪れる場所」に利用が限られると考えて
いただくとわかりやすいと思います。日系デパート、日系ホテル、
超有名ブランド店、免税店、空港などなど。

(ただ海外に行かれる時に必ず日本のツアー会社を利用するということ
であれば、移動範囲も上記の場所にほぼ限られますので基本的に
JCBカードが利用できずに困るということはありません。質問者様が
海外在住であれば絶対にVISAをオススメします。)

それから、VISAカードはすでにお持ちだということですが、こちらでは
カードを通す器械の読み取り機能があまりよくなかったり、回線が
混雑していたりして支払い時にカードが通らないということがよく
起こります(カードや利用額の限度にまったく問題が無くても
通らないことがあるんです)ので、同じVISAカードでも数枚持って
いたほうが安心かもしれませんね。

余談1)海外旅行傷害保険にも色々ありますから何が
含まれているのかよく把握してから申し込んだ方が良いと思います。

余談2)セゾンカードという入会費無料のカードがありますが、
こちらは日本語のヘルプデスクがありますよ。問題があった時以外にも、
海外でのホテル・レストラン探し、オペラやコンサートの
チケット探しなど様々な相談にのってもらえて便利です。

欧州在住です。
他の方もおっしゃっているように、JCBというのは日本のカード会社
なので海外では使える店が限られてしまいます。ヨーロッパでは
基本的に「日本人が非常によく訪れる場所」に利用が限られると考えて
いただくとわかりやすいと思います。日系デパート、日系ホテル、
超有名ブランド店、免税店、空港などなど。

(ただ海外に行かれる時に必ず日本のツアー会社を利用するということ
であれば、移動範囲も上記の場所にほぼ限られますので基本的に
JCBカードが利用できずに困るということは...続きを読む

Q1週間の海外旅行で必要な現金

フランス、ドイツに1週間ほどツアーでいくのですが
現金をいくら持っていくか迷っています。
海外旅行がはじめてなのでさっぱりです。
クレジットカードは持っていきますが、
信頼できるところでしか使いたくないので
ブランド正規店など以外では現金で払おうと考えています。
個人差はありますが、日本円でいくらくらい
もっていけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッパでは物価が高いので割とかかります。
500円(=約3ユーロ)では安めのサンドイッチしか買えませんし、観光地ならさらに値段は跳ね上がります。ファーストフードのセット(menu:ハンバーガーとポテトと飲み物)で6~7ユーロ、カフェで昼食なら飲み物付けて10ユーロ程度かかります。
昼食・移動込みなら、レストランでの追加飲み物(ノンアルコール)が3ユーロ程度、トイレが0.50ユーロ、500ml入りの水が観光地価格で1.50ユーロ程度です(スーパーなら0.20ユーロ程度です)。夕食の飲み物代を別として15ユーロ程度あれば十分でしょう。

クレジットカードでもIC付きのものでしたら複製は難しいですし、暗証番号さえ盗まれなければ万が一紛失・盗難しても止めることもできます。
10ユーロ以上かかるような店や食堂ではカード払いが普通で、マクドナルドでも使えますので、
現金は全日程通して100ユーロ程度に留め、IC付きのクレジットカードで買い物されることをおすすめします。
(ICの付いていないものだと、高額店を除いて使えないことが多いです。)
現金だといやな顔されることもありますし…。

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッ...続きを読む

Q海外旅行に持っていく現金の金額

10日間(前後の移動日を除くと実質7日)友人とイタリアに旅行に行きます。

クレジットカードは持っていますが、現金も持っていこうと思います。

どのくらいの額を持っていけばいいでしょうか?

なるべく少なめに持っていきたいのですが、小さなお土産屋さんなどでカードが使えないかもしれないと思い、足りなくなっても困るので迷っています。

ちなみにツアーですが添乗員がつかない自由行動のツアーなので、食事などはその場でお金を払う感じです。

旅行経験のある方の体験など伺いたいです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イタリアは場所による物価の差が激しいです。基本有名観光地と北部ほど高いと思ってください。

ミラノ≧ヴェネツィア≧フィレンツェ≧ローマ>ナポリというイメージです。

ツアー中のどの都市で何日間フリーの日があるかが問題になります。
大抵上述5都市のナポリ以外のどれかだと思いますが。

スリや置き引き、ひったくりが多いので、クレジットカード払いを基本にした方が良いこと、
VISAかMASTERを持って行った方が良いことは間違いないです。
ただ欧州にありがちなのは、回線都合や店舗の操作ミス等で
カード払いできるはずなのにカードが使えないということです。
最強なのは、VISAとMASTER1枚ずつ以上のカード+現金+インターナショナルキャッシュカードです。

食事はまともに座ってウェイター/ウェイトレスがいるレストランは大抵カード払いOKです。
バールやファストフード、タクシーは現金のみかもしれません。
まともなレストランは結構な料金を取り、ピッツェリアやバールで済ますなら安く上がります。

フリーがある日のご宿泊ホテルの場所によって、タクシー代も大きく変わるので
何とも回答しづらい所です。

個人的には、他の回答者さん結構現金持っていくんだなという印象があります。
ホテルが中心部に無いならタクシー代を考慮して、皆さんが回答する位の
金額があったほうがいいかも知れません。

日本の円口座から直接イタリアの提携銀行ATMでユーロ建てで引きおろしができる
インターナショナルキャッシュカードに関しては、
現時点で新規で作れるのは新生銀行、CITIバンク位だと思いますよ。
メガバンクは新規の受付を停止しています。

ユーロ現金は日本で両替しないと目減りします。
円高の日を狙って最寄りのユーロ取扱い金融機関でどうぞ。お気をつけて。

イタリアは場所による物価の差が激しいです。基本有名観光地と北部ほど高いと思ってください。

ミラノ≧ヴェネツィア≧フィレンツェ≧ローマ>ナポリというイメージです。

ツアー中のどの都市で何日間フリーの日があるかが問題になります。
大抵上述5都市のナポリ以外のどれかだと思いますが。

スリや置き引き、ひったくりが多いので、クレジットカード払いを基本にした方が良いこと、
VISAかMASTERを持って行った方が良いことは間違いないです。
ただ欧州にありがちなのは、回線都合や店舗の操作ミス等で
カード...続きを読む

Qスイス旅行に必要な現金は?

8月から8日間スイスにいきますツアー旅行です。
日程は初日は移動で7日、8日は帰宅で実質は5日間の旅行となります。

5日間のうち食事がついていないのは夕食2回で朝昼はすべてついています。
夕食ついていないときは昼からフリータイムです。

一応カードが使えるところはカードで考えていますが
お土産は一部スーパーなどでハンドクリームなどを考えています。

約3万円(300スイスフラン)ぐらいあれば十分でしょうか?
あまりあまるようなことがあると再両替になるため無駄になりそうなので
小銭が残る程度にしたいのですが。。。

みなさまどのくらいもっていかれましたか?

Aベストアンサー

私は時々海外に行きますが、あまりお酒が飲めないので食事にはソフトドリンクやコーヒーが中心です。これならば一回せいぜい400円程度かなと思います。
水はスイスでは飲めるとは思いますが念のためミネラルウォーターを買うとすれば2-300円もあればかえるでしょう。私は行きのスーツケースの余裕部分にお茶のボトルを入れていますのでこれもあまり買いません。

ということでやり方では現金は一日1000円程度でも過ごせます。
あとはあなたがどれだけ贅沢するか次第です。

殆どの土産物店はクレジットは使えると思います。
海外旅行では外貨は余った時のことを考えたほうが賢明です。
スイスフランは両替は苦労はないとは思いますが、それでもコインは国外での両替はできません。
したがって必要最低限の両替にとどめて、不足の時だけ最低限の両替を現地でするのがよいと思います。そのためには1000円札を多めに持っておくことがよいと思います。
少額であればホテルでもあまりレートを気にする必要はりません。
それでも余れば帰国時の空港の免税店で余ったお金で土産物を買い、不足額だけクレジットで払うことで完全に使いきれます。

余ったスイスフランを再両替すると手数料でかなり高くつきます。余らないようにするのがコツです。

ということで私ならばその半分でも行けそうですが。

私は時々海外に行きますが、あまりお酒が飲めないので食事にはソフトドリンクやコーヒーが中心です。これならば一回せいぜい400円程度かなと思います。
水はスイスでは飲めるとは思いますが念のためミネラルウォーターを買うとすれば2-300円もあればかえるでしょう。私は行きのスーツケースの余裕部分にお茶のボトルを入れていますのでこれもあまり買いません。

ということでやり方では現金は一日1000円程度でも過ごせます。
あとはあなたがどれだけ贅沢するか次第です。

殆どの土産物店はクレジットは使えると...続きを読む

Qスーツケースの大きさ。ヨーロッパに72センチはでかすぎ?

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…。

ちなみにいっしょにいく友人は、
ナイロン素材?の安いスーツケースの72センチをもっていくそうです。それ+大きなトートバックももっていくそうです。

私は女性で22歳で、それなりにブランド物も一つくらい欲しいし、なにより雑貨が大好きなのでおみやげは多いと思います。

ヨーロッパに旅行された方、スーツケースがでかすぎて後悔した。。なんてことはありますか?
また、スーツケースが重過ぎて、料金を撮られたりも心配です。

なお、旅慣れた相方ですので、増えた荷物は向こうの郵便局から日本に送ったりもしているそうです。。

よろしくお願いいたします。

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…...続きを読む

Aベストアンサー

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
移動するには楽です。両手がふさがることもないし
背中に負っているのでずいぶん楽だと思います。
わたしも10日間で3カ国(オランダ、ベルギー、ドイツ)
を移動した時に使いましたけど、これがあってとても重宝しましたね。
ちなみにソフトケースは60cm以内の物を使いました。
それでも石畳をゴロゴロ、トラムや列車の乗り降りに
だんだん重くなっていくケースを上げたり下ろしたりは
きつかったですね。同行者が夫だったのでずいぶん
助けてくれましたが、女性のみならなるべく荷物は
少なくを強くお勧めします。

それと他の方も同じことを書いてくれていますが
列車で移動する分には超過料金などの心配はないんですけど
ライアンエアー、など格安エアーはどんな荷物ひとつ
からでも預け荷物に対して料金を取るようになりましたし
重さによっても料金が違ってくるので飛行機で移動
するのでしたら十分考慮したほうがよさそうですよ。

あとは持って行く荷物自体を減らすこと。
下着類は旅行日数の半分にして、夜お風呂の時に
手洗いして室内に干しておく。
こうすると夏場でも冬場でも乾燥が厳しい場所なので
一晩で乾きます。洋服も着まわせる物を厳選して
持って行く。化粧品類は試供品などがあればそれを
中心に持って行くなどすれば荷物が減らせますし
かばんが小さくてもお土産を入れるスペースは確保
できるようになります。
確かに現地から郵便で日本へも送れますけど
そんなに安い料金ではありませんし、安い船便となると
1ヶ月くらいかかってしまうことも少なくはないです。

どうぞもう少し工夫なさってみてください。
快適な楽しいご旅行になりますように☆

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qパリで購入して、お得なブランドは??

パリに旅行に行きます。

バックや洋服、アクセサリーのブランドで、
「日本にまだ入ってきていないけど素敵」とか
「日本で購入するのに比べると金額的にかなりお得」とか
教えていただけると助かります!
ルイヴィトンとかアニエスベーとかって
日本とどのくらい金額違うのでしょうか?

また、お土産として買ってきて、
喜ばれたものなどあれば、教えてください!

Aベストアンサー

パリではないのですが、フランスでロンシャンのバッグを購入しました。パリでも、ラファイエットやプランタンに店舗が入っているので容易に見つけることが出来ます。

私が行ったときは、たまたまセール期間でとてもお買い得でしたので
折りたたみのできるオーソドックスな「プリアージュ」という商品の、日本で1万以上する一番大きいサイズが5000円程度で購入出来ました。
セールじゃなくても、日本よりは安く手に入りますし軽いし小さくなるし、とても便利です。
旅行に行くときに、手持ちのバックに入れていけば荷物が増えてしまっても安心です。
帰国する際にお土産で荷物が増えてしまって困りがちですが、ロンシャンなら軽いのでそんな心配も必要ないです。

お土産ですが、スーパーで売っているマヨネーズが可愛いビンに入っているので喜ばれました。使用後にグラスとして使えるものです。
空港にあった変わったマスタードや、チーズも喜ばれましたよ。
気をつけて、楽しんで来てください!

参考URL:http://www.longchamp.com/


人気Q&Aランキング