薬を常用するとだんだん効かなくなってくるのは、なんでですか?
なんで慣れちゃうんでしょうか。

A 回答 (3件)

薬は毒ですから、体が抵抗し免疫を作ります。

結果効かなくなっていきます。医者は薬でしか治そうとしないので、効かなくなると量を増やしたり更に強い薬を処方する場合があります。もちろん体は弱り始めます。ホルモンのバランスを崩し、他の疾患が現れたりします。すると、また他の科に回され、あらたな薬が処方されていきます。これが今の西洋医学と資本に支配された医療の現状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
楽にしたくて飲むのに、なんともままならないものですね。

お礼日時:2014/05/02 17:12

薬と言っても生物にとっては毒であることに変わりありません。


菌類が原因で有れば、それに対する抵抗力が強い菌に変化し、体の方もそれに対応する力が働くから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
生物にとっては異物なんですね…。

お礼日時:2014/05/02 17:12

例えば地震なんかも、急に来ると怖いですが、


毎日来ると慣れてしまって怖くないでしょ。

毎日怖がっていては神経がもたないからかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
神経の自己防衛の一種なのでしょうか

お礼日時:2014/05/02 17:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報