これからのシーズン、じめっとして嫌な日が続きます。
個人的には湿度40%以下のからっとした環境がすきなのですが、
家のエアコンの除湿では温度が下がって寒すぎたり、温度が下がることによって湿度計がかえってあがったりします。
そこで除湿機の購入を考えているのですが、買うべきか悩んでおります。
鉄筋のアパート暮らし(6~12畳)ですが、
・天気雨、外の湿度が70%、25度くらいのとき、一般的な除湿機(1日除湿量6~10リットル)で部屋の中の湿度は何%位にまでさげられますか?
・部屋の温度が上がってきたら、やはりエアコンを併用するのでしょうか?

実際に購入して使用されている方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

60%が一般的に快適とされてるようですので、その湿度で除湿運転を停止する機種が多いようです。


でもまあ探せば有るかもしれません。片っ端から家電メーカーにメールを打って問い合わせてみてはいかがでしょう?
家電で無ければ、業務用でなら強力な除湿機があります。高いですけど。

薬品を併用するタイプでない除湿機は、内蔵している熱交換器で除湿するのですが、部屋の外と内で熱交換するわけでないので、どうしても部屋の温度は上がります。ですからそのときはエアコンで温度を下げることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
インターネットで除湿機について調べてみると
やはり温度が上昇してしまうため、洗濯物はよく乾いても
快適でない、という感想が多いようです。
購入に際して参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/06/08 16:34

1戸建てで部屋数が多い、湿度が高い家・・なので、以前使用していました。


ビーバー(三菱)の除湿冷風扇とかいう名前でした。(当時6万5千円程度)

各部屋へ移動できるのと、押し入れなどを集中的に除湿できるので15年ほど前に購入しました。

それなりに使い道はありましたが、(古い型のため?)音がうるさい
消費電力が大きい(450Whくらい)
使わない時期はジャマ
1部屋を集中的に除湿すると湿気もどり?(リバウンド?笑)みたいな現象がおこり、全体としては湿度は下がっているのだけれども集中的に除湿した部屋は、かえってじめっとしているような状態になります
外に面しているドアや窓を締め切り、中の間仕切りを開けて1階のフロア全体を除湿しないと効果がないように思います。

このような不具合があり、処分しました。

そこで、エアコンを交換しました
消費電力は除湿運転では除湿機の半分程度(一部屋だけの場合)
運転音が静か
室温を変化させずに除湿できる
室温は1℃から除湿できるので利用範囲が広い
収納場所を考える必要がない

と、いいことづくめになりました。
satorare8さんはアパートとのことですので、使用しない期間の収納場所が最も問題になるのではないでしょうか
それでしたらエアコンを交換されることをおすすめします

エアコンを選ぶときにはカタログの最後のページの表(製品緒元表)をじっくりと見比べます。
この表の見方がわからないときは、カタログの1ページ目に写真の載っている商品だとまちがいないですが、付加価値とやらで値段が・・・
 バーゲン品は避けたほうがよいでしょう。消費電力が2倍もちがう製品がありますので・・・・
バーゲン品も普段使わない客間などにはおすすめです。
(設置費が安上がりですので)
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際に使用していらした方の回答には説得力があります。
温度を下げず除湿してくれるエアコンもあるようですので
再度検討してみます。

お礼日時:2001/06/08 16:29

基本的に快適指数と言うのは温度と湿度によって決まりますので、湿度40%と


いうのは、快適かと言うとあながちそうでありません。
湿度40%温度**℃が私には快適、というのが正当かと思います。

又、除湿機の性能表に6~10リットルとかかれているように、周囲温度・湿度
目標温度・湿度によってもかなりの幅がありますので、なんとも言えませんし、
部屋の状況、建材の吸湿性などによっても結果は変化すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 16:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湿度の高い家・冬場の除湿機・エアコン・ストーブの使い方について教えてください

湿気の強い木造の家に住んでいます。湿度が高いためファンヒーターを使うのはよくないといわれたのですがエアコンだけではどうしても部屋が暖まりません。(1)ファンヒーターを使って除湿機を使うのがよいのか(2)ファンヒーターを使ってエアコン暖房を使うのがよいのかそれとも(3)ヒーターを増やしてエアコンのドライ運転をしたほうがいいのか迷っています。暖房中のドライ運転も気になります。湿度の面また金額的な面から教えてください。一年中をとうして湿度が高くて困っています。

Aベストアンサー

「湿度の高い家」 「湿気の強い木造の家」 ・・・  良く意味が解らないのですが、なにはともあれ、湿度が高く、「結露してしまう!」と言う事でよいでしょうか? 

どうして「結露」するかを考えた方が良いのですが・・  換気が出来ているか? ガラスが薄くないか? お住まいの土地は昔、湿地帯とか田んぼだったか? など等・・   換気は結構効果があります。 湿った空気を外に強制排気してしまうのですから、結露はおき難くなります。  ガラスドア部をペアガラスや2重ガラスにする事でも改善は大です。 部屋を暖めた結果、温度差が生じそこに結露してしまうわけです。 壁内も断熱材も同じことが言えます。  湿地帯だった場合には、床下換気しかないのですが、ここがシッカリ出来ていればあまり結露は起こりません。  今回の提案は、普通の方が簡単に出来るような事ではありませんが、根本的な所を解決した方が、長~い目で見た場合には絶対お得になります。 良心的なリフォーム会社などにご相談される事をお奨めいたします。

暖房機についてですが・・ やはり、室内で排気装置の無い石油燃焼系の暖房機器はお奨めできません。(石油ストーブた石油ファンヒーター) 石油燃焼に伴う排水があるので・・  

エアコンの能力で十分であればエアコンだけでも良いと思いますが、寒冷地の様ですので無理なのですね。 (-_-;) 

 そうするとFF式や温水ルームヒーターになります。 最近は温水ルームヒーターの需要が飛躍的に伸びていますので、やはりお奨めできるモノですね。  
熱くない温風! 送風口が下にあるので、床を這っていくような感じ! 外部燃焼ですのでお部屋の空気は全く汚しません! マイルで温風でお部屋も乾燥しにくい!

富士通ゼネラル
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/heater/index.html

参考URL:http://www.fujitsu-general.com/jp/products/heater/index.html

「湿度の高い家」 「湿気の強い木造の家」 ・・・  良く意味が解らないのですが、なにはともあれ、湿度が高く、「結露してしまう!」と言う事でよいでしょうか? 

どうして「結露」するかを考えた方が良いのですが・・  換気が出来ているか? ガラスが薄くないか? お住まいの土地は昔、湿地帯とか田んぼだったか? など等・・   換気は結構効果があります。 湿った空気を外に強制排気してしまうのですから、結露はおき難くなります。  ガラスドア部をペアガラスや2重ガラスにする事でも改善...続きを読む

Q初めてのエアコン。設定温度は?湿度は?

今年の夏まで夏は扇風機、冬は石油ファンヒーターで過ごしてきました。
ついにエアコンを購入して夏は快適に過ごしていたのですが、冬になり少し問題が出てきましたのでご相談します。

まず、部屋の湿度には気を使っているのですがエアコンの暖房ですと一気に湿度が下がるうえに温風が気になります。あと、室温が上がりすぎるようなクセも付いてしまっています。
長年石油ファンヒーターの温風で直接手足を温めていたのでその感覚が抜けていないのかもしれません。

湿度は電池の要らないタイプの湿度計と加湿空気清浄機のセンサーで見ています。
エアコンの暖房を入れると湿度がみるみる下がります。
石油ファンヒーターはそうでもありません。


一般的に冬季のエアコンの設定温度、部屋の乾燥に対する対処方法を教えてください。
昨年までは梅雨は我慢、冬は加熱式の加湿器を使っていました。

Aベストアンサー

No.2/補足》暖房を入れてしばらくすると一気に湿度が下がりますが、乾燥状態までは下がらないので問題ない

・いや、湿度が下がったら人間の体(のども)も乾いてきますから風邪を引きやすくなったり皮膚が痒くなったりします。

・空気中に存在している水分量が同じでも温度が上がれば(相対)湿度が下がります。逆に高温時に適当湿度でも温度が低下したら湿度が上がって空気中で水分を保持出来なくなったら結露が発生するようになります。

・加湿空気清浄機は湿度を上げる働きはありますが除湿の働きはありませんね。

Q除湿器とエアコンの除湿

 室内干しをしたいので、
除湿器を購入しようと思っています。(6畳和室に)
しかし、ふとエアコンにも除湿機能があったなぁと思い出したのですが
電気代等考えると、除湿機の方が現実的かつ、乾燥も速いのでしょうか?
 ちなみにエアコンは15畳のリビングにあります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

再熱でない普通のエアコン除湿の場合、今の時期ではまだ十分な除湿力を発揮しないでしょう。室温が下がりすぎてすぐに冷却運転(除湿)を止めてしまうためです。またこのタイプは微弱な風で除湿運転するためエアコンの風で乾かす効果も期待しにくいです。
 そのタイプでもランドリーモードがあるなら今の時期でも使用できる可能性はあります。

 再熱除湿(寒くならない除湿)の機種なら今の時期でも十分な除湿が出来、除湿機より能力も大きいので効果的に衣類乾燥できると思います。

 除湿機なら熱を外に捨てないのである程度の温度があるなら閉め切って衣類乾燥するのには十分な除湿力になります。またゼオライト式(デジカント式)ならヒーターで加熱して除湿を行う方式なので寒冷時でもしっかり除湿できます。
 最近はコンプレッサ式とゼオライト式のハイブリッド機もあります。低温に弱いコンプレッサ式の短所をゼオライト式が補い、ヒーターで温まりすぎ省エネに不利なゼオライト式の短所もコンプレッサ式でカバーします。

Qエアコンのドライと除湿機の除湿の違い

「エアコンのドライ」と「除湿機の除湿」の違いはなんでしょうか?

除湿機の除湿だと、ドライのように涼しくならないのでしょうか??

我が家にはエアコンがないので、そろそろ暑さ&湿度対策をしようと思っています。

数年後に引っ越す予定もあるので、エアコンだと取り付け工事が大変なので除湿冷風機にしようか悩んでいます。

それから、エアコンの風より冷風機のほうが優しくてよいと書いてあるのをみたのですが、実際はどうなのでしょうか?
乳児がいるので気になります。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

エアコン(一般家庭におけるものを主とした場合)と
除湿機の違いは ”室内温度”にあります
除湿機にはエアコンでいう室外機に相当する熱交換器が
一体化されて備わっており
これが結果的に室内温度を上げてしまう事になります
エアコンの場合はこれが室外にあるため室温の上昇はありません
しかし涼しい陽気の場合 除湿により室内温度が下がってしまう
という欠点があります これを防ぐには”再熱”といって
一度冷たくなった空気を再度暖めてあげなければいけません
一般的なエアコンにはこの機能が備わっていません
室内温度を優先させてしまうと コンプレッサーが回らない為
除湿はできません
「ドライ」というのはつまり弱冷房運転状態なのです
これを詳しく説明するには専門的な用語(バイパスファクター)を
使い難しい説明が必要になります
ので 省略します

除湿冷房機っていうのはよくわかりませんが
窓用エアコンの床置き版でホースがついているようなやつでしょうか?
窓用エアコンをはじめ これらのものは
冷房能力が極端に低く 室内の面積が大きい場合、また断熱が悪い
建物であるとほとんど使い物にはならないといえるでしょう

室内環境と、用途をじっくりと考えて
決定する事をお勧めします

エアコン(一般家庭におけるものを主とした場合)と
除湿機の違いは ”室内温度”にあります
除湿機にはエアコンでいう室外機に相当する熱交換器が
一体化されて備わっており
これが結果的に室内温度を上げてしまう事になります
エアコンの場合はこれが室外にあるため室温の上昇はありません
しかし涼しい陽気の場合 除湿により室内温度が下がってしまう
という欠点があります これを防ぐには”再熱”といって
一度冷たくなった空気を再度暖めてあげなければいけません
一般的なエアコンにはこの機能が備...続きを読む

Qエアコンの除湿機能と扇風機と除湿器

2kアパートで暮らしています。

このアパートで梅雨を過ごすのは初めてです。カビるのが嫌なのと、洗濯物を部屋干しするのにエアコンの除湿機能を使おうと思っています。

収納があまりないのと今はお金が無くて貧乏なので、扇風機と除湿器を買おうか迷っています。

エアコンに除湿機能が着いていますが、除湿しか選べません。除湿の種類がありません。

今、除湿機能を使っていますが寒いです。

エアコンはSHARPの2009年製です。

扇風機、除湿器を買うのと
エアコンを使い続けるのはどちらがお得でしょうか…?

除湿機能では無くてエアコンにしたほうがお得でしょうか…?教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

・エアコンの除湿機能は大きく2つ
 - 冷房の送風を弱くしただけ(2000年(頃)以前の機器は、全部この方式)
 - 自動的に冷房と暖房を交互に行い、室温を下げない(2000年頃の高級機から採用された)
寒くなるとの事ですので、前者でしょう。
室温が、18~20℃以下になると除湿能力が大幅に低下します。
面倒でも、人がリモコン操作で冷房と暖房を交互に切り替えて、寒くならないようにすれば良いです。
室温は、暖かいほど除湿されますので、不快にならない範囲で、高めにした方が良いです。
室温が低い時は、暖房+換気(キッチンの換気扇を回して、部屋の対角線上の窓などを少し開ける)が良いです。

・扇風機自体には除湿能力はありません。
洗濯物の周囲の湿度が上昇してしまうので、扇風機で風を送って空気を撹拌する事で
乾きやすくしますが、雨天時のように室内全体の湿度が高い時は、あまり効果がありません。
エアコンとの併用では大きな効果が得られます。

・除湿機
 - コンプレッサー方式
 - デシカント方式
コンプレッサー方式は、室外機/室内機が一体化した低性能のエアコンと同じです。
冷房する事で除湿し、排気(汚いわけではなく、温度が高い空気)も室内に放出します。
 エアコンは、暖かい空気は室外機から外に排気する。
室温が20~22℃(機種によって変わる)以上で暑いと感じない室温なら、非常に効果的です。
エアコンに比べて、
 除湿能力に対して電気代がかかる
 うるさい
 排水を捨てる手間がかかる
 室温はやや上昇する
などのデメリットもありますが、先に述べた室温の時には非常に効果があります。

デシカント方式は、低温でも除湿する能力がありますが、コンプレッサー方式の数倍の電気代が
かかります。

長くなりましたが、
・室温が20℃~暑く感じない時には、コンプレッサー方式の除湿機
・寒い時は、エアコンの暖房+換気
・暑い時には、エアコンの冷房
が、良いです。
除湿機の代わりに、エアコンの暖房と冷房を交互に切り替える手間をかけると、
除湿機の購入費用が削減できます。

・エアコンの除湿機能は大きく2つ
 - 冷房の送風を弱くしただけ(2000年(頃)以前の機器は、全部この方式)
 - 自動的に冷房と暖房を交互に行い、室温を下げない(2000年頃の高級機から採用された)
寒くなるとの事ですので、前者でしょう。
室温が、18~20℃以下になると除湿能力が大幅に低下します。
面倒でも、人がリモコン操作で冷房と暖房を交互に切り替えて、寒くならないようにすれば良いです。
室温は、暖かいほど除湿されますので、不快にならない範囲で、高めにした方が良いです。
室温が低い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報