今日、家に帰ると役場のほうから「三種混合と、日本脳炎の予防接種がまだ済んでいないので受けてください」との留守電が入ってました。
娘は3歳と4ヶ月です。

けど以前、予防接種は義務から勧奨に変わり、受けるかどうかの判断は保護者がすることになったと聞いていたので別にしなくてもよいものと思ってました。

ところで、百日咳やジフテリア、破傷風や日本脳炎って病気になったなんて聞いたことがないのですが、そんなにあるものなのでしょうか?
副作用の問題もあるし・・・。
みなさんは、どうされてますか?

受けておくほうが良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 ワタシの親は外科医で、ワタシが子供の頃一切の予防接種を拒否していました。



 ワタシが子供の頃は勿論予防接種が義務でしたが、医者の御家庭は予防接種を拒否するパターンが多かったです。そしてこの拒否は保健所に受け入れられ、多くの医者のコドモが予防接種を受けずに過ごしてきました。

 予防接種の副作用を軽く考えてらっしゃる方が多い様ですが、生ワクチン接種の場合など、副作用とはその病気の発病を指します。本来日本にはほとんど存在しない病気で、予防接種の為に発病するワケです。

 かつて予防接種の義務時代に厚生省が発表していた予防接種の副作用情報も、事態の深刻さを示していました。これによると、毎年捨て置けない人数の副作用報告がありました。本来日本では死滅してしまったと言ってもよい病気が、予防接種の副作用で発生していたのです。

 厚生省が予防接種を選択制としたのは、『疾病の自然発生的な報告例はほぼ皆無となり、そぅなると予防接種の副作用による発症の言訳が出来なくなるから』と理解している医者もいます。

・・・・と、これは予防接種をネガティブに捉えた意見です。次はポジティブな意見。

 一方、ワタシの兄は小児科医です。彼は予防接種を受ける事をモーレツに推奨しています(自分は全く受けてないのに・・・・)。
 その理由は以下の通り。

1.予防接種に使うワクチンはかなり機能を改質した『改造』ワクチンで、発症しても普通は症状が軽い。

2.予防接種を受けた事実が残るので、その後具合が悪くなってもすぐに対応出来る。
 今の医者は予防接種の対象となっている疾病の知識がほとんど無く、予防接種を受けずに感染した場合、医者の判断がつかず対応が遅れる。

・・・・とゆぅ事です。

 なんか結論が出なくなってしまいましたが、上記のどちらも医者の意見です。父の方は小児専門医ではありませんが、大学病院や巨大公立病院で、その疾病が当たり前だった時代や、戦後予防接種が徹底された事でナニが起きたか?を実際に見て来た経歴を持ちます。
 つまり、少なくとも予防接種はリスクの無い安全なクスリ、とゆぅ事ではなく、一方予防接種を受けないのも決して安全ではありません。

 皆様の御回答を混ぜ返す様で申し訳ありませんでしたが、予防接種の副作用を軽くお考えの方があまりに多かったので、ワタシの知る話をお伝えしたかったワケです。

 さて、どちらにするか?は、今まさに、子の親としての全責任を持って判断する時です。結果がどちらに転んでも、全ての責任は決断したアナタにあります。ヒトの親になる、とゆぅ事は、そぅゆぅ事です。

 最後になりましたが、それではワタシの子供はどぅしたか?ですが、予防接種の過去の副作用情報とワクチンの種類、それに日本に於けるそれら疾病の近年の発症事例等を勘案し、予防接種を選択しました。カンや思い込みで決定するのはイヤだったので、数学的情報を判断基準とした、とゆぅワケです。入手した情報が一方的だったり、或いは信憑性の低いモノもあったかもしれませんが、それを信じたのはワタシの責任です。

 あ、長くなりましたがあと一つだけ。
 この2人の医者の、共通の意見がある事を思い出しました。それは「破傷風の予防注射は絶対受けておけ」です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
あまりにも説得力のある回答で、後の回答が途切れちゃいましたね。
loftybridgeのご意見をじっくり読み返してみて、親の責任を持って受けることにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 10:04

確か、私の記憶でも希望者だけがやれば良いものだったようですが


子供さんにアレルギーや健康的に何らかの心配がないのなら、受けたほうが良い
のではないでしょうか?

日本脳炎なんて、掛かったら一大事ですよ!
しかも、蚊に刺されるのが(病気の豚の血を吸った蚊だったと思います)
原因だと防ぎようがありません。

副作用などの心配も確かにあるでしょうが、高熱が出て脳に異常をきたす
危険性とを秤に掛けてみて下さい。
    • good
    • 0

最近、大人が麻疹等(三種)にかかって大変なことになるというのを聞きました。


これは、今の親たちが小さいときに予防接種を受けなかったためと聞いてます。
「何故今になって」と言うことですが、子供が外でもらってきて親に感染するようです。ワクチンの菌にふれて親が発病する。
予防接種は、受けるのが一番良いようです。子供は死ぬほどいやがりますが。
「男性が大人になってお多福風邪にかかると種なしになる」とか・・・
ここの検索で「麻疹」を当てましたが、結構危ない病気ですね。
ワクチンについての説明もありました。参考にしてください。
    • good
    • 0

なかなか予防接種に熱心な?市町村ですね。


私の子供は4歳ですが、先日ようやく日本脳炎のI期(はじめ)を済ませました。三種混合も一応しています。

予防接種はゼラチンアレルギーや免疫不全症候群等がなければ、予防接種自体の危険率は少ないですし、公衆衛生上、接種している方が私は望ましいと思います。
百日咳は身近に数人経験した子供がいましたが、非常に辛そうでした。破傷風も、けがの多い子供のことですので、受けておくのに越したことはないと思います。ジフテリアもそうですね。
日本脳炎自体は、発症した人を身近で知りませんが、小学校へ上がっても接種の時期がありますし、これは就学前にI期の接種をしている前提でされているようです。

親族の中で、予防接種で不具合を生じた人がいる場合は、病院で相談されてから接種を検討したら良いと思いますが、そうでなければ、受けておいた方が良いのではないでしょうか?

受けない場合はどうなのか?ということについては、一度病院で専門医に訊かれるのが良いでしょう。(副作用の頻度等について)
    • good
    • 0

なぜ「百日咳やジフテリア、破傷風や日本脳炎って病気になったなんて聞いたことがない」のか


考えたことがありますか?

そう、周囲の方がみんな受けているから病気が発生していないだけなのです。

これらの病気は確かに今の日本ではほとんど聞かない病気ではありますが、
世界中ではまだまだ蔓延しています。
日本は島国だから病原菌が入ってきにくいだけです。
国際化の進むこれからの時代、お嬢さんが外国へ行く機会もあるでしょうし
蔓延地域からのお客さまをお迎えする可能性もあるわけです。

予防接種が義務から推奨になったのは「べつにやらなくても良いことになった」ということではありません。
「今までは法律で義務だったから親が接種を拒否することができなかったけれど
推奨になったので拒否する余地ができた」というだけですよ。

自分がどこかから伝染病をひろってきて、自分だけが発病して苦しむのならともかく、
ほかのひとにまで病気をばらまいて迷惑をかけるようなことをしないためにも
できるだけの予防接種は受けたいものですね。
親の意向で接種を受けなかったことが原因で、子供さんが苦しむことになるのもかわいそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あまりにもしらな過ぎなので、ちょっと調べてみたら破傷風菌は日本中どこでもいるそうです。
なんだか怖くなってきちゃいました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/06 10:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生後7ヶ月のインフルエンザ予防接種について。 7ヶ月の娘にインフルエンザ予防接種を受けさせようと思っ

生後7ヶ月のインフルエンザ予防接種について。


7ヶ月の娘にインフルエンザ予防接種を受けさせようと思っていたのですが、離乳食でまだ卵を与えたことがなく、インフルエンザの予防接種では卵アレルギーの人は受けれないと聞きました。

また、一歳未満のインフルエンザの予防接種はあまり意味がないとも聞きました。

私と夫のみ受ければ良いんじゃないかなーとも少し考えています。

インフルエンザは怖いので、やはり念のため受けた方が良いのでしょうか?卵アレルギーが無いかわかるまでは、今年は見送った方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

接種するインフルエンザでインフルエンザになってしまう場合もありますので、0歳児ならまだ受けない方がいいですよ

Q子供の予防接種。おたふく接種後の次の予防接種は?

もう1ヶ月もすればインフルエンザの予防接種が始まりますよね。
今月の末におたふく風邪の予防接種をする予定なのですが、接種後どれくらいあければ次の予防接種を受けれるのでしょうか?
できればおたふく→インフルエンザの順で受けたいと思っているのですが・・・。
ご存知の方、教えてくたさい。

Aベストアンサー

おたふくは4週間あければ、次の予防接種ができます。

Q破傷風の予防接種について

一回の予防接種でいいのですか?
Wikipediaには初めの予防接種から1ヶ月後にまた予防接種を受けないと効果がないとありますが…

B型肝炎の予防接種も教えて下さい

Aベストアンサー

日常的に破傷風やB型肝炎の予防接種を行っている医師としてコメントします。
--------------------------------------------------------------------------------------
成人にとっての破傷風ワクチンについて
A.青年・成人期以降に初めて破傷風ワクチンを接種する場合の原則
ステップ1:発病防御免疫を獲得するためには2回接種します。(3~8週間程度の間隔で)
ステップ2:半年から1年半程度のうちに3回目を接種すると、その後10年程度効果が持続します。
     (2回のみでは1~2年程度しか十分な効果が期待できないとの意味です)
ステップ3:10年ごとに1回追加接種すると効果が持続します。間隔が10年を超えてしまっても
      1回追加で効果が期待できます。ただし、ステップ2が未遂では保証できません。
B.小児期に破傷風ワクチンを接種済みの成人の場合
1回のみ追加接種すると10年程度効果持続(前記ステップ3まで到達済みだから)
日本では1968年以降は予防接種法の(無料)定期接種として多くの住民が以下要領で接種済み。
0~1歳でステップ1&2相当の4回を接種し、小学5~6年でステップ3相当の5回目接種。
(母子手帳は、上記4回目まで記入欄あり、5回目は欄が無く接種済み証明が見当たらない方も多い)

と言うことで、成人が業務で必要になって接種するならば、
・1969年以降生まれなら(母子手帳確認の上で)1回のみ接種(次は10年後程度)
・それ以前あるいは十分な接種歴がない人は、2回接種(次は1年後に3回目、10年後に4回目)
が標準的です。
なお、接種回数や接種間隔が大きく外れた場合や、受傷後の発病予防措置としてのワクチン接種などは、ケースバイケースで対応することが必要ですので念のため。
---------------------------------------------------------------------------------------
成人にとってのB型肝炎ワクチンについて
原則は、3回接種で1クール完了。完了後の1~2か月後に採血し抗体検査で効果確認する。
(2回目は1回目の4週後に、3回目は1回目の5~6か月後が標準)
上記の抗体検査で抗体価が低い場合は、さらに1クール3回を接種する。十分な抗体価が認められれば、以降は追加接種の必要はない。
ここまでが、職業的暴露のリスクが高い者(おもに医療従事者)への標準的接種法です。

一般の者では、2クール目までを要求することは稀です。成人においては、B型肝炎ワクチンによる抗体上昇は個人差が大きく、1クールで上昇しない者では2クール完了しても低いままのケースも多いためです。「抗体検査」も必須とはされていませんが、ご自分を「1クール完了で免疫済み」と思い込まれないように検査されることをお勧めしています。

ご質問の方は、「医療系ゴミの処理場」勤務とのことですね。少なくとも日本では十分な感染防止・リスク低減措置が取られているものと思いますので、念のための接種との立場で、1クール3回接種を就業ルール(「希望者には会社費用で接種可」のルールも聞きますね)とされるのが相当かと思います。(もし業務が医療系感染症の暴露リスクが高いと想定するならば、B型肝炎と破傷風のみをワクチン防御すれば済む話ではありません。ワクチンのない感染症・有効な治療法がない感染症だって満載なんですから)
なお、過去の接種回数や間隔の変動の際はケースバイケースの対応が必要ですし、2016年以降に乳幼児期のB型肝炎ワクチンが定期接種化されれば標準対応が変化するかも知れません。

日常的に破傷風やB型肝炎の予防接種を行っている医師としてコメントします。
--------------------------------------------------------------------------------------
成人にとっての破傷風ワクチンについて
A.青年・成人期以降に初めて破傷風ワクチンを接種する場合の原則
ステップ1:発病防御免疫を獲得するためには2回接種します。(3~8週間程度の間隔で)
ステップ2:半年から1年半程度のうちに3回目を接種すると、その後10年程度効果が持続します。
     (2回のみでは1~2年...続きを読む

Qインフルエンザ予防接種と他の予防接種・・・

いつも御世話になります。
年長の娘を持つ父親です。現在、娘は1回目のインフルエンザの予防接種を受けた後なのですが、2回目の予防接種の間に他の(麻疹、風疹混合予防接種)を受けても大丈夫なのでしょうか?
駄目な場合、2回目の予防接種の後どの位かは時間を置いた方が良いのでしょうか?
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

インフルエンザのあとは1週間あければその後に麻疹、風疹混合予防接種は受けることができますが、その後に他の予防接種(インフルエンザの2回目)を受けるためには4週間空ける必要があります。
インフルエンザは1から4週間空ければ2回目が打てます。
周りの流行状況を見て麻疹風疹を先にするか、インフルエンザの2回目を先にするか、かかりつけ医と相談されてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.wakutin.or.jp/qanda/mokuji.html

Q季節性インフル予防接種と新型予防接種の期間はどれ位あけるの?

季節性インフルエンザ予防接種と新型インフルエンザ予防接種との期間はどれ位あけるといいのでしょうか?
先月24日に季節性インフルエンザ予防接種を受けました。
そして明日急に、新型インフルエンザ予防接種を受けることになりました。
新型インフルの予約した病院の先生は季節性と新型の間は、1週間あいていれば接種して構わないとおっしゃいました。
ですが、一般的に予防接種を受けると次の予防接種を受けれるまで3週間はあけたほうがいいように聞いた事あるので、正直不安です。
病院の先生は、とにかく人数を集めて注射を打ってしまいたいように(しゃべり口調の印象からなんですが)思えてしまって、本当に大丈夫なのかな?と心配なんです。

理由等ご存知の方おられましたら、教えて下さい!!

Aベストアンサー

予防接種の間隔は予防接種のタイプによって違ってきます。
基本的には以下の2パターンで接種間隔にきちんとしたルールがあります。

ひとつは生ワクチンと言って病原体そのものを打つタイプで、この場合は次の予防接種までに一般的には4週間あける必要があります。
もうひとつのタイプは病原体そのものではなく病原体の一部や死んだ病原体などを打つものでこれは不活化ワクチンと呼ばれます。この場合は次の予防接種まで1週間。

インフルエンザの予防接種は不活化ワクチンの接種ですから次の予防接種までにあける間隔は1週間となります。ですからインフルエンザの連続接種でも同じことで間隔は1週間。

病院の先生の言っていることは正しいです。
私もインフルエンザを患者に接種する際に問診をしていて同じことを聞かれることがありますが、その先生と同じように1週間と答えています。同時接種などの例外も医師が認めた場合には可能ですが、原則的には日本ではそれが共通のルールですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報