沈丁花が好きで、大きめの鉢に植えて三年たちます。毎年いい香りの花を咲かせてくれます。その後新芽が少しでますが、葉が黄色くなり落ち始めます。黄色くなるのは、新芽だったり古い葉だったりで、一日に二・三枚づつ今も落ちています。
植えてから特に大きくなってないような気がしますが、鉢植えで大きく丸くと言うのは、無理なのでしょうか?葉が落ちるのは、病気なのでしょうか?見た目は特に大丈夫そうなのですが・・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

病気 沈丁花」に関するQ&A: 沈丁花の病気

A 回答 (2件)

沈丁花はとても丈夫な花木です。

私も大好きで斑入りの沈丁花を部屋から眺められるところに植えています。
日陰で育てても心配ないものです。植替えを非常に嫌いますが、私は引越しのために根鉢を崩さず移植したので無事でした。
鉢土の湿度はどんな具合ですか?水はけはよいですか?風通しは?多少日陰でもやせ土地でも乾燥気味のほうが生育に適しています。
新芽まで枯れてくるとなると白紋羽病の疑いがあります。この病菌は土中にいて根を冒し、白絹状のカビを生えさせて根を腐らせます。古い庭や土の陰湿な環境になると発病しやすく、根ごと焼き捨てるしか防除法がありません。
また、一度発病した土は他の樹木にも感染しますから絶対に処分してください。
この病気かどうか、そっと鉢から抜いて調べてみてください。私の経験から、「アリ」の巣も侮れません。
病気でなければ鉢底にゴロ石を入れて園芸用培養土で十分ですから植え替えてみて下さい。根鉢はできるだけ崩さないように。肥料も当分の間控えてくれぐれも水はけのよい環境で様子を見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらくパソコンが使えなかったのでお礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
詳しい説明ありがとうございました。とってもよくわかりました。
明日にでも根を見てみます。ゴロ石はしいてますが、水のあげすぎかもしれません
他の花と同じようにあげてました・・・

お礼日時:2001/06/11 22:09

立ち枯れ病にかかっているのだと思われます。


鉢で植えているのであれば、一旦、鉢をひっくり返して、根を見てください。かびのようなものがあれば間違いなくそうです。

No.1で quelleさんもおっしゃっていますが、白紋羽病に感染している場合は処分が必要です。
ちなみに我が家も昨年、今年頭と雨が多く、土壌がしめっていることがおおかったせいか感染してしまい、枯れてしまいました。

参考URLに消毒方法など書いてありますので、御参照ください。

参考URL:http://www.nararinshi.pref.nara.jp/nrg/65-5.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらくパソコンが使えなかったので、お礼が遅くなって申し訳ありません。
参考URL見ました、とっても勉強になりました。私は水のあげすぎですね・・・

お礼日時:2001/06/11 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

病気 沈丁花」に関するQ&A: 縁起の悪い植木

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえ

沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえばちょっと元気がない様子で。 この早春には、元気に花を咲かせてくれたのですが。 大き目の花壇に、色んな植物と一緒に植えています。 何か、元気にしてやる方法はありますか? また、原因は何なんでしょうか。

Aベストアンサー

木の周りに大鋸屑のような木くずが落ちていたら鉄砲虫です
木の中を食い荒らして木を枯らせてしまいます

そういうものが見あたらなければ線虫
ごく小さいミミズに似た原虫で木に入り込んで木を枯らす毒を分泌します
他に考えられるのは過湿過肥による根腐れです

Q葉が黄色になります…

園芸初心者です、今沈丁花とくちなしの花を鉢植えで楽しんでおります、2ヶ月ほど前から其々の葉が黄色く変色するようになりました、緑色から徐々にぬけていく感じで最後は黄色くなって散ります、鉢全部ではなく数枚づつ上記のようになります、殺虫殺菌剤(土に撒くもの・スプレー)は使いました、栄養剤も使いましたがどうしても良くなりません、どうしたらいいか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

葉っぱが黄色くなって弱っている株に栄養剤与えるなんて厳禁です!  
先に回答されていた方が指摘なされた通り原因は土にあります!害虫でも、菌でもありません!
黄変する葉は頂部ではないでしょ?たぶん最下部の葉が順に落ちていってるのじゃありませんか?
もしそうだとすれば単に土の排水性に問題がるだけだで少し大きめの深鉢に鉢底石を敷き詰め排水性の良い土に植え替えてあげるだけで葉が落ちなくなるはずです。 植え替え直後に早く元気になってね!なんて栄養剤与えちゃだめですからね!w

Q地植えの沈丁花の葉が落ちてしまいました

地植えの沈丁花の葉が全部落ちてしまいました。
一月に雪に埋もれて以来葉が黄ばんでいたのですが、先月からほぼ丸坊主で今は花だけが咲いています(花房も触れるとすぐ落ちてしまいます)
木は他の植木共々二年前の春に住宅会社が植えたそうです(二年前の九月に引っ越してきた時もう植わっていた)。去年は青々していたのですが…一月に油粕と骨粉の混合肥料を周りに埋めたのがいけなかったのでしょうか?
虫がついている様子は無いので、病気なのでしょうか。回復させる方法をご存知の方お助けください。

Aベストアンサー

一体何が起きているのでしょうね。肥料を施された時期は基本通りです
から、時期としては問題はにように思えます。もしかしたら施した肥料
が生育を妨げているのかも知れません。基本としては油粕と骨粉を同量
で混ぜ合わせ、軽く1~2握り程度を幹の中心より離れた位置にバラ撒
いて、表面の土を軽く混ぜ合わせます。油粕は土中に埋めて水分を含む
と醗酵熱や醗酵ガスが発生します。この熱やガスが樹木の根を痛めてし
まう原因になるので、これらを考えて根に障害が出ないように施す距離
を考えます。もしかしたら微量でも醗酵熱や醗酵ガスの影響を受けたた
め、葉に障害が出たのかも知れません。とりあえずは開花しているよう
ですから、根は生きていて枯れてはいないように思えます。ただ根枯れ
はしていなくても、根が傷んでいる可能性はあると思います。

引越しをされた当時と比べて、沈丁花の周辺の環境や土質は変わってい
ませんか。沈丁花は極端な日陰や日照時間が長過ぎる場所を嫌い、また
水はけが悪かったり乾燥しやすい土壌を嫌う性質があります。
周囲の樹木が生い茂ったため、洗濯物の乾きが悪いため剪定を行ったた
め、沈丁花に当たる光線の日照時間が長くなった事はありませんか。
周囲が殺風景だから、引越してか沈丁花の周辺に樹木を植えられた事は
ありませんか。2年前に植栽した時に、植栽方法が不適切だったため、
今頃になって障害が発生したとも考えられます。

開花していますから、もしかしたら先程に説明した施肥の不手際か、ま
たは知識のない住宅会社が適当に植えたため今頃になって障害が出始め
たか、それらに当てはまらないのであれば一種の生理的障害を起こして
いるのかも知れません。ただ現状を見て居ないので何とも言えません。

どうしても原因が分からないのであれば、地域の造園屋さんや造園業の
方に現状を見て頂き、原因と改善方法を聞かれたらどうでしょう。
移植を嫌いますから、場所を変えると枯れる事もある樹木です。

一体何が起きているのでしょうね。肥料を施された時期は基本通りです
から、時期としては問題はにように思えます。もしかしたら施した肥料
が生育を妨げているのかも知れません。基本としては油粕と骨粉を同量
で混ぜ合わせ、軽く1~2握り程度を幹の中心より離れた位置にバラ撒
いて、表面の土を軽く混ぜ合わせます。油粕は土中に埋めて水分を含む
と醗酵熱や醗酵ガスが発生します。この熱やガスが樹木の根を痛めてし
まう原因になるので、これらを考えて根に障害が出ないように施す距離
を考えます。もしかした...続きを読む

Q沈丁花が枯れた?

土に植えている沈丁花ですが、今年2月に降った大雪から葉がすべてひからびた状態になってしまいました。枝の先を折ってみたところ、やはり水気が全くなく簡単にポリッと折れてしまいました。
これは、枯れたと判断するべきでしょうか?現在は、太い枝だけを残して小枝や葉はすべて切り落とした状態で植わっています。そうした状態からまた新しい葉が出るということはありますか?
ちなみに、雪が降るまでは異常なかったのですが、降った後は地面が10日くらい雪で覆われていました。寒さで枯れてしまったのでしょうか?

ご存じの方、よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

ウチも庭に植えて5年か6年で急に枯れました。原因不明。

ただ庭の植栽をお願いした造園業者の方も、最初に植える植物を選んでいる時に「突然、枯れることがある」と言ってました。
植え替えなどにも非常に弱く、もともと寿命の短い樹ではあるのでしょう。
私は香りがよくて大好きなので、また新たに同じ沈丁花を買ってきて植えましたが。

太い枝も切ってみて、断面の中の方が薄い緑色で生きていればもしかしたらまた葉が出てくるかもしれません。よくわからなければ半年くらい放っておいて様子見てください。

雪や寒さでも大丈夫な樹です。
新芽が出てこなければ諦めて植え替えましょう。

Qこの沈丁花はもうダメですか?

余所の沈丁花が咲いているのにうちはまだだよなぁなんてよく見たら、枯れているようです。
常緑樹なんですね...。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/9440.jpg?BCeQCPKBZEiqAZse
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/be3a.jpg?BCeQCPKBt8FhbuL9
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/eaff.jpg?BCeQCPKBObSuPclR

これはもうどうにもなりませんか?
一つだけ緑色の芽?を見つけました。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/796e.jpg?BCeQCPKBi0h8NBPG
また、枝を折ると、まだ生木の感じで、少し緑っぽいです。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/74de.jpg?BCeQCPKBfKER5paB

これは去年の8/11の写真です。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/5d54.jpg?BCeQCPKBl_xngFtW

日当たりはあまり良くないところです。
(でも水仙やジャーマンアイリスは平気で育ちます)
西日は当たるときは当たるかも知れません。
水はけが悪いことはないと思います。
買ってきて植えてから5年くらいになるようです。
原因は何でしょう?
幹の80cm先を掘り返したときに根を傷めたかも知れませんが...。
この枝を刺してもダメですよね...?

よろしくお願いいたします。

余所の沈丁花が咲いているのにうちはまだだよなぁなんてよく見たら、枯れているようです。
常緑樹なんですね...。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/9440.jpg?BCeQCPKBZEiqAZse
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/be3a.jpg?BCeQCPKBt8FhbuL9
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47f214f7_f8c/bc/45c7/__hr_/eaff.jpg?BCeQCPKBObSuPclR

これはもうどうにもなりませんか?
一つだけ緑色の芽?を見つけました。
http://proxy.f3.ymdb...続きを読む

Aベストアンサー

見事に枯れていますねぇ。残念ですがもうだめです、抜いて処分するしかないです。
原因は白紋羽病(しろもんぱびょう)の可能性が大です。
罹患してもすぐには枯れず、1年ぐらいかけて徐々に枯れていきます。
去年の夏の写真も元気がないです。このときすでに罹患していたものと思われます。
病菌は土中に潜んでおり多犯性で伝染力があります。根を痛めたか、あるいは土壌線虫(ネマトーダ)によって根を傷つけられてそこから侵入したものと思われます。
病菌もネマトーダも対処するのが難しく、株元周辺の土を掘りあげて処分し、新しい土と入れ替えたほうが無難です。
根を傷めたかもしれないと記述されていますから、多分病菌だけかもしれません。この場合は掘る深さは15cmぐらいでよいでしょう。比較的浅い所に潜んでいます。
皮肉なことに、水はけの良い肥えた土で発生し易いらしいです。やせた土では発生しにくいとの事。(ホンマかいな?、出典はNHK本。)

沈丁花が白紋羽病に犯されて、1年かかって枯れた経緯があります。
白いものがべったり幹や枝に付き膏薬病に似ています。
幸い罹患する前に、挿し木で増やしたものを色々「分家」させておいたので全て失う事は無かったのですが、こういう安全策を講じておくのも良いですね。沈丁花の挿し木は容易で、生育も割りと早めです。ご近所で挿し穂を分けてもらえるとよいですね。適期は5~6月ごろです。鉢上げしてから1年ぐらいは鉢植えで培養します。

沈丁花は半日陰で十分育ちますよ。西日も少々は大丈夫です。この病菌に犯されない限り丈夫なものです。
「ヤサシイ~」は時々、変なことを書きますね。(笑)
拙宅のものも花はもうほとんど終わりですね。良い香りでした。

画像は「分家」の15年生。北東に面しています。

見事に枯れていますねぇ。残念ですがもうだめです、抜いて処分するしかないです。
原因は白紋羽病(しろもんぱびょう)の可能性が大です。
罹患してもすぐには枯れず、1年ぐらいかけて徐々に枯れていきます。
去年の夏の写真も元気がないです。このときすでに罹患していたものと思われます。
病菌は土中に潜んでおり多犯性で伝染力があります。根を痛めたか、あるいは土壌線虫(ネマトーダ)によって根を傷つけられてそこから侵入したものと思われます。
病菌もネマトーダも対処するのが難しく、株元周辺の土...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qハナミズキが危ない!!対策を教えてください。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている部分があります。
(前に家にあったオルトランCをかけてはみたのですが、、)
なので、幹もなんとなく元気がないように思います。
植えている場所は北側のあまり日が当たらないところで、
朝早くに少しと西日が当たります。
株元にギボウシが植えてあります。

とりあえず、白く変色した葉や茶色いものはなるべく取っているのですが、ほとんどが白くなっているので全部とってしまうのもどうかと思い、そのままの状態です。

これからどのようにしてあげればよいか助言をしていただきたく質問しました。
よろしくお願いいたします。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている...続きを読む

Aベストアンサー

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我が家では、ミネラシンがよく効きました。
薬剤が葉に付きやすいように、ダインなどの展着剤を少し混ぜて、葉全体(裏も)に散布します。
2週間おきに3回ほど散布するといいですね。
ただし、これから、夏の高温時には、薬害が出易いので、比較的涼しい日の夕方に散布するのがよいと思います。
後、葉の白い色は、薬剤でカビが死んでも残ります。
ですから、白い色が広がっていかなければ、薬剤の効果があると判断します。
葉を摘んでしまうのは、木にとっても更なるダメージを与えることになるので、茶色く完全に枯れたもの以外は残しておいたほうがよいですね。
駆除できると良いですね。(^^)

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/byoki04.html

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我...続きを読む

Q沈丁花の病気

年末に植えた沈丁花(高さ40cm)の葉が丸まった状態になってしまいました。
ヒドイものはパリパリ乾燥になっています。
水はけの悪い場所に植え、水遣りが多すぎた(週1回)のが原因か
または何かの病気にかかっているのか?
と頭を悩ませています。
対処法をご存知の方、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

<ヒドイものはパリパリ乾燥>
 おそらくもう枯れてしまったのではないかと思います。生きていれば葉を落葉するはずですので。少しでも葉の残っているところがあればまだ間に合うかもしれません。
 沈丁花はもともと移植に弱い樹木ですのであまり移植をしない方がいいのですが、やむを得ず移植をする場合は、極力根を切らないように掘り取るのがコツです。根の廻りを大きく掘りとってから少しずつ根を傷つけないように土を振るって持ち運び出きる状態までにします。植え付ける場合は、根を中心にゆるく巻き付ける感覚で植え付けてください。
 まだ元気の良い葉が残っているようでしたら、その枝を残して切り詰めてください。枯れた葉の枝はもう既に枯れかかっており、幹もシワが出ていると思いますので幹の皮を上の方か少しづつ削ってみてイキイキしているところで切り詰めてください。
 全体に樹形が悪くなるようでしたら全体に切り詰め葉のない状態にしても大丈夫です。幹さえ生きていれば春になれば芽が出てきます。花を咲かせると木が疲れますので今年は花を見るのを我慢をして切り取ってください。
 植え付けるときは水をたっぷりかん水し、根を揺り動かし根の隙間にまんべんなく土が入るように植え付けてください。隙間があると活着が悪くなります。その後に支柱(竹1本)を取り付けてください。

<ヒドイものはパリパリ乾燥>
 おそらくもう枯れてしまったのではないかと思います。生きていれば葉を落葉するはずですので。少しでも葉の残っているところがあればまだ間に合うかもしれません。
 沈丁花はもともと移植に弱い樹木ですのであまり移植をしない方がいいのですが、やむを得ず移植をする場合は、極力根を切らないように掘り取るのがコツです。根の廻りを大きく掘りとってから少しずつ根を傷つけないように土を振るって持ち運び出きる状態までにします。植え付ける場合は、根を中心にゆるく巻き付け...続きを読む

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む

Qクチナシ(ガーデニア)について教えてください。

クチナシ(ガーデニア)について教えてください。

先日購入したばかりのクチナシの葉が黄色く変色してきました。つぼみも二つ落ちてしまいました。
クチナシが大好きなのですが、本当に相性が悪く、購入するのはこれで3度目です。

外側はプラスチックの鉢なのですが中にポット苗を入れるようなペラペラのビニール鉢が入っているので、今までは買ってすぐひと回り大きい鉢に植え替えしていたのですが、「北海道での植え替えは6月にするのが鉄則なので今年はもう暑いし止めた方がいい」とお花屋さんに言われ、植え替えは来年にする予定です。
また昨年は秋~冬に葉が全部落ちてしまったと話したところ、おそらく水のやり過ぎだろうと言われました。「鉢で育てるなら表面の土が乾いてもまだ水やりは早すぎる、鉢の中の水分が足りなくなると葉が下を向いてくるのでそれからたっぷり水を遣るくらいで十分」とのお話でした。

今回は3度めの正直じゃないですが、あまりにも毎年殺してしまうので今回ダメなら来年からは植物のためにも私が育てるのは止めようと思っているのもあり、ちょっと必死になっています。

葉が黄色くなってしまう原因は何でしょうか?
肥料不足でしょうか?日光不足でしょうか?
ちなみにお水は上記のお話があったので買ってからまだ一度しかあげていません。(購入したのは7/3だったと思います。)
写真添付します。是非ご指導願います。

クチナシ(ガーデニア)について教えてください。

先日購入したばかりのクチナシの葉が黄色く変色してきました。つぼみも二つ落ちてしまいました。
クチナシが大好きなのですが、本当に相性が悪く、購入するのはこれで3度目です。

外側はプラスチックの鉢なのですが中にポット苗を入れるようなペラペラのビニール鉢が入っているので、今までは買ってすぐひと回り大きい鉢に植え替えしていたのですが、「北海道での植え替えは6月にするのが鉄則なので今年はもう暑いし止めた方がいい」とお花屋さんに言われ、植...続きを読む

Aベストアンサー

質問文と写真を見ましたが明らかに水不足で黄色くなっています。
開花期に10日間で1回ならそれは黄色くなりますよ。クチナシの葉は厚いですから、1日中直射日光を当てていなければ水不足でもなかなか下は向きません。昨年の秋に枯れたのは水や根腐れのせいかもしれません。

購入間もない、北海道ということから、下記要因で水遣り不足だけでしょう。特に八重で大きい花が咲きますし、ツボミもあるのですから水を沢山必要とします。
クチナシは乾燥に弱い植物です。水をしっかり与えれば黄色化は止まります。ただし黄色くなり始めた葉が元に戻ることはありませんから、切り捨てて下さい。その他にも今のところ黄色くなっていない葉も水不足の影響を受けていますから、今緑の葉も多少の数は黄色くなると思います。それ以降はもう黄色くなりません。
水遣りですが、開花期は表面が完全に乾ききる前にたっぷり与えて下さい。開花期以外の成長期は表面が乾いてきたらたっぷり。冬場は控えめに(表面が乾いて2日後くらい、たっぷりとは与えません)暖房の効きすぎによる渇きには注意して下さい。

<7月に古くない葉が黄色くなる要因>
 ◆成長期(特に開花期)なのに水遣りが不足した。
 ◆夏なのに直射日光に長く当てた。
 ◆一時的に強い寒さに当てた。
 ◆根腐れ
 ◆アブラムシ

●八重クチナシ・大輪咲き (ガーデニア)の管理
【日照】 7月中旬~9月上旬は30~50%遮光(北海道)、西日は避けること。(または午前中日向で午後明るい日陰)
【水やり】 土の表面が乾けば与える(水切れは厳禁!)、特に開花中は絶対厳禁、下から水が流れ出るくらいタップリ与える。根元に腐葉土などを敷いて乾燥防止対策をたてておくと夏越し(枯らさずに乗り越える)が楽になります。
【肥料】 2~3月(北海道・室内)、花後すぐ(少量)、8月下旬~9月に固形肥料の置き肥(北海道)。
【剪定】 花後すぐのみ。
その他管理
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/niwaki/gardenia.html
http://www.gardenxgarden.com/p/wt-kuchinashi.html
(※質問者さんのものは八重クチナシですね。実は生りませんね)

ケースバイケースですから全ては参考になりませんが、参考になる箇所もあると思います。読んでみて下さい。
 ◆くちなしが枯れてきた---北海道、7月15日
http://botany.cool.ne.jp/log/200507/05070160.html
 ◆葉が黄色くなる、夏に枯れる
http://sodateru.hibiyakadan.com/page.jsp?f_name_kana=%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%8A%E3%82%B7&id=2917277&abc=9

参考URL:http://botany.cool.ne.jp/log/200507/05070160.html

質問文と写真を見ましたが明らかに水不足で黄色くなっています。
開花期に10日間で1回ならそれは黄色くなりますよ。クチナシの葉は厚いですから、1日中直射日光を当てていなければ水不足でもなかなか下は向きません。昨年の秋に枯れたのは水や根腐れのせいかもしれません。

購入間もない、北海道ということから、下記要因で水遣り不足だけでしょう。特に八重で大きい花が咲きますし、ツボミもあるのですから水を沢山必要とします。
クチナシは乾燥に弱い植物です。水をしっかり与えれば黄色化は止まります。た...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報