1983年代前後の中学校で歌われていた音楽の歌で「風」又は「風の贈り物」と言う題だと思ったのですが歌詞を知りたくて検索してもたどり着きませんので知っている方がいらしたら教えていただけませんか
一部の歌詞で覚えているのが
「わたしの・・・何も気付かないのあの人は・・・風よ~・・愛を伝えてね・・・・」
というような恋愛歌だったように思います。

合唱部がよく歌っていたのを覚えています。

A 回答 (1件)

おはようございます。



『風がはこぶもの』(山上 路夫作詞・菅原 進作曲)だと思います。下記URLご確認下さい。

http://www013.upp.so-net.ne.jp/chorus_at_home/so …

参考URL:http://www013.upp.so-net.ne.jp/chorus_at_home/so …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わあ、お早い回答ありがとうございます。
こんなサイトがあるんですね。
そうですそうですこの歌ですよ!

ほんと感謝します。

お礼日時:2004/05/14 10:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学校で歌った合唱曲のタイトルと歌詞を教えてください。

合唱曲

♪日は高く上る花の木立よ、水清く川を走る鮎の子~

原曲はドイツ民謡の「DRUNTEN IM UNTERLAND」という曲なんですが
上記の日本語訳で始まる題名と歌詞の全文が知りたいのです。

Aベストアンサー

その歌を知っているわけではないのですが、ネット上で検索すると、下記の情報がありました。

「懐かしのみんなの歌」
http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage10.html
モルゲンローテ(朝焼け)
杉並児童合唱団 (実写)<1月毎回>
♪~朝霧は晴れて モルゲンローテ シーハイルうたえ 朝焼け空に
 とてもさわやかなドイツ民謡である。学校では『遠い日の歌』という別のタイトルで歌った。♪~日は高く昇る 花の木立よ 水清く川を 走る鮎の子~♪という歌詞である。野上彰が詩を書いているが、「みんなのうた」は井田誠一が詩を書いている。原曲は「帰省」という歌らしい。しかし、ドイツ語が分からないのでウェブの翻訳機能で確認したところ、原題の『Drunten in Unterland』は〝低地でダウン〟ということであった。全く意味不明である。しからば「モルゲンローテ」とはどういう意味であろうか?〝山が赤く染まる朝焼け〟のことらしい。サブタイトルそのものであった。

 ここにある「野上彰・作詞、遠い日の歌」というのを調べると、下記のCDに「遠い日の歌 : スワビア民謡 / 野上彰作詞」というのが出てきます。(スワビア=シュヴァーベン:ドイツ南西部のこと)
 「解説書に歌詞あり」と書いてあります。
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA88308456

 このCDを調べてみると、2008年の発売で現状は廃盤のようですが、図書館などにあると思いますので探してみてはいかがでしょうか。音楽大学などの図書館にはある確率が高いと思います。(上記サイトは、この図書を収蔵している図書館のリストのようです)
 
↓ 下記のCD-2の18曲目(曲名一覧の右下の「+続きを見る」をクリックして全体表示にしてください)
http://www.hmv.co.jp/artist_%E6%AD%8C%E6%9B%B2%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9_000000000034633/item_%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%AE%E5%8E%9F%E9%A2%A8%E6%99%AF%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_2799932

 ご参考になれば。

その歌を知っているわけではないのですが、ネット上で検索すると、下記の情報がありました。

「懐かしのみんなの歌」
http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage10.html
モルゲンローテ(朝焼け)
杉並児童合唱団 (実写)<1月毎回>
♪~朝霧は晴れて モルゲンローテ シーハイルうたえ 朝焼け空に
 とてもさわやかなドイツ民謡である。学校では『遠い日の歌』という別のタイトルで歌った。♪~日は高く昇る 花の木立よ 水清く川を 走る鮎の子~♪という歌詞である。野上彰が詩を書いているが、「みんなのう...続きを読む

Q【合唱】歌詞の言葉を大事にしたいけど…

説明が下手なのですが精一杯説明します(>_<)
今合唱曲を作っています。歌はたいてい、歌詞の言葉を大事にしており、助詞などは普通メロディーの中でいきなり高くなったり、突き出したりしないと思います。でも、どうしても自分の気に入ったメロディー(SOP)だと、___/ ̄ ̄\(→メロディーの音の高さの流れです;)の、「/ ̄ ̄」の1番高い部分に、助詞の「にーー」がきてしまうのです。やっぱりこれは少し問題でしょうか???そこまで不自然には聞こえないのですが…。
ちなみに、「/」→は5度の音高差があります。

Aベストアンサー

うーん…それは問題と言うか…歌い手側から考えると歌いにくいですね。言葉を伸ばしたりなどでずらすわけには行かないのですか?
5度の音高差は高さにもよりますね。中音域なら繰ろう無く綺麗に歌うことも出来るでしょうけれど高音域では5度音程を上がるのは結構大変だし。

と言う訳で歌詞を大事にしたく、自分の気に入ったメロディーも生かしたいのならばずらしたら良いのでは無いかなと思います。(早めに言葉を入れきってしまって「あ」とかで伸ばしたり…)
いずれにしても歌いにくい曲だと歌う側が選ばないって言うこともありますから…。

以上歌い手側からの意見を述べさせていただきました。

Q合唱 歌詞の理解

合唱サークルに属しています。
レベルはひくいながらも歌詞を理解して歌おうと思うのですか
理解できない歌詞がいくつかあります。
1.ウェルナーの「野ばら」
 「くれないにおう のなかのばら」とありますが
 野ばらは白ではないのでしょうか。
 辞書などでは白となっていますが、ヨーロッパでは赤い野ばらがあるのでしょうか。
2.中田喜直の「夏の思い出」
 「みずばしょうのはなが におっている」とありますが
 みずばしょうは(ほとんど)におわないのではないでしょうか。
3.リシャード・ロジャーズの「エーデスワイス」 阪田寛男日本語詞
 「エーデルワイス あかるくにおえ」とありますが
 エーデルワイスも(ほとんど)におわないのではないでしょうか。

情景を思い浮かべながら歌いたいとおもうと上記の点が気になります。
どなたか知っていらっしゃる方、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。


 

Aベストアンサー

全く音楽の分野に無知ですが、適当に見てください(汗)

1~3共に、物理的にはそうでなくても、まるでそうであるかのような感情が込み上げて、そのような歌詞になっているのではいでしょうか?

2だと、タイトルが「夏の思い出」ですから、ほとんどにおうはずのない水芭蕉の香りすら鮮明に浮かぶような思い出の夏、だった…とか。

歌詞は人によって捉え方が様々ですから正解は書いた本人しかわからなかったり、外国語だと翻訳家によって捉え方が違ったりしますよね。
難しい(^_^;)

全く参考にならなかったらすみません…

Qベートーベン第九、合唱の歌詞

ベートーベンの交響曲第九番"An die Freude"の歌詞に関する疑問です。
私が持っている譜面は河合楽器の2003年第39刷ですが、"Wem der grosse Wurf gelungen, eines Freundes Freund zu sein, wer ein holdes Weib errungen, mische seinen Jubel ein!"(大いなることに成功し、一人の友の友となり、優しき女性を得た人は、歓喜の声に唱和せよ!)に続く"Ja wer auch nur eine Seele sein nennt auf dem Erdenrund"を、原文には文意を否定す単語がないにも関わらず「そうだ、この地上でただ一つの魂しか自分のものと呼ぶことができない者も」と否定的に訳しています。
全体の文意から判断してもこのフレーズは「そうだ、この地上でただ一つでも自分のものとよぶことが出来た者も!」となるべきではないでしょうか?
少なくとも私が調べた限りでは河合楽器の楽譜にあるような訳文は見当たりませんでした。
そもそも「一つの魂を自分のものにする」というのはどのような意味なのでしょうか?魂を救済するということでなのだろうと漠然と考えていますが、判然としません。
以上の点についてご教示いただければ幸いです。

ベートーベンの交響曲第九番"An die Freude"の歌詞に関する疑問です。
私が持っている譜面は河合楽器の2003年第39刷ですが、"Wem der grosse Wurf gelungen, eines Freundes Freund zu sein, wer ein holdes Weib errungen, mische seinen Jubel ein!"(大いなることに成功し、一人の友の友となり、優しき女性を得た人は、歓喜の声に唱和せよ!)に続く"Ja wer auch nur eine Seele sein nennt auf dem Erdenrund"を、原文には文意を否定す単語がないにも関わらず「そうだ、この地上でただ一つの魂しか自分のもの...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。私は学校で怠けながらドイツ語を習った者で、専門的なことはよく分かりませんが‥

> 原文には文意を否定する単語がないにも関わらず「そうだ、この地上でただ一つの魂しか自分のものと呼ぶことができない者も」と否定的に訳しています。全体の文意から判断してもこのフレーズは「そうだ、この地上でただ一つでも自分のものとよぶことが出来た者も!」となるべきではないでしょうか?

おっしゃるとおりです。河合版の訳は間違いだと思います。

nur eine Seele(= only one soul)は「1つの魂しか‥呼べない」ではなくて「1つの魂だけでもよいから‥呼べる」と解すべきです。

Q高校の合唱コンクールで歌う曲の選曲

クラス合唱の曲についての質問です。

 私のクラスは男女の比が1:1で、さらに男声の方には声の特に高い人が一人、それから低い人が二人います。女声の方にも声量がある人が数名います。去年のコンクールでは「聞こえる」を歌ったのですが、どうもいまいち、みんなの魅力が引き出せずじまいで終わってしまいました。
 そこで次のコンクール(最後のコンクール)ではみんなの魅力を最大限に引き出したいと思っています。と、いうものの、あまりいい曲がみつからず、困っています。何かいい曲がありましたら教えていただけるとありがたいです。

求めている曲は、
(1)混声四部
(2)上に挙げた男声の三人をうまく引き立てる曲
(3)大会に出てもおかしくない難易度の曲
(4)できれば無伴奏のもの

これらをすべて満たさなくてもかまいません。ただ、大地讃頌は、全校合唱でするのでNGです。

宜しくお願いします。

(ちなみにクラスのメンバーは来年も変わりません)

Aベストアンサー

大学で混声合唱のトップテナーやってました。

ピアノ無しのものをやりたいということですが、よほどの自信がない限り、ピアノつきのほうが安全だと思います。

混声合唱はただでさえハモらせにくく、しかも、男子には絶対音感のある人が少ない事情があります。美しいテナーが1人いても、ハモらなければ意味がありません。混声合唱のトップテナーというのは、合唱の中でも難しい役割にあたり、普段は和声進行の負担が中間音にかかってくるのでメロディーを覚えにくく、たまにソプラノに代わって主旋律が回ってくるという、頭の切りかえが必要なのです。アカペラで、もし、ソプラノが音を間違えたら、他パートはソプラノにあわせて一緒にずれてあげないとハモりません。あなたが指揮者ですか?でしたら、うまくテナーの人をコントロールしてください。歌っている本人が自分をコントロールできないようでは、美声も無意味です。

合唱ファンの間ではキノマキとして知られる木下牧子の「方舟」は、叙情的で美しい曲です。美声を生かす意味では、ちょうど良いかと思います。あの曲はベースがどれくらい重要だったか忘れましたが、テナーの美しさが加わると、ポイントが高くなる曲だと思います。もちろん、声が高いだけではだめで、美しい声で叙情的に歌えないと、ポイントアップにつながりません。

思いっきり別方面に走り、インパクト狙いで行くなら「祈りの虹」という歌があります。主題は、ずばり、原爆投下で、大音量と不協和音が吹き荒れる歌です。元は男声合唱ですが、混声版もあります。混声であればなおさら、男声の声量が曲のインパクトに直結します。これは、よほどの努力をしないと、音取りが出来ません。いいんです、どうせ、多少、間違ったって、不協和音の微妙な間違いを聞き分ける審査員がいるわけでもないでしょうから。いたとしても音楽教師ひとりだけでしょう。ただ、本当に大会に出るなら、やはり厳密な音取りが必要ですね。

大学で混声合唱のトップテナーやってました。

ピアノ無しのものをやりたいということですが、よほどの自信がない限り、ピアノつきのほうが安全だと思います。

混声合唱はただでさえハモらせにくく、しかも、男子には絶対音感のある人が少ない事情があります。美しいテナーが1人いても、ハモらなければ意味がありません。混声合唱のトップテナーというのは、合唱の中でも難しい役割にあたり、普段は和声進行の負担が中間音にかかってくるのでメロディーを覚えにくく、たまにソプラノに代わって主旋律が回っ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報