人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

出生前診断はダウン症の判別で語られることが多いような気がしています。広くメリットや問題点、倫理的な観点など、皆さんの考えを教えていただけますか?
中絶賛成の方の意見もぜひお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

羊水検査を受けた妊婦です。



私個人の考えです。

■メリットが高いと考える出生前診断

(1)着床前診断を一般化する~体外受精であれば、受精卵の検査で流産可能性
・染色体異常の有無を判別できるとのこと。流産・中絶・着床しないリスクを軽減できる。
しかし、今は一部の医療機関でしか認められていない。
20代では3回に1回、40代では10回に1回しか、正常卵は排卵されないと聞く。
このデータを前提にすると、晩婚化の現代では、この検査方法が一番リスク対応できていると思う。

デメリット:対応医療機関が極少。高額で自費。

○着床前診断
http://www.pgd.ne.jp/

(2)新型出生前診断~血液検査だけで染色体異常を99%検査できると聞く。
ただ、私個人も医療機関に問い合わせたが、予約回線がいつかけても話し中だった。

デメリット:対応医療機関が少ない。高額で自費。

■倫理的な観点
私の中学時代の思い出です。
同級生にダウン症の妹がおり、頻繁に自宅からふらふらと出て行ってしまいました。
何度か一緒に近所を妹さんを探しに行きました。

同級生が言っていたことです。「妹だって、あんな障害があるなら生まれたくなかったはずだ」
家族や当事者でなければ、何とでも綺麗ごとを言える。
非常にショックを受けたことを覚えています。

そして、ダウン症や染色体異常の赤ちゃんが増加している一番の理由は、「晩婚化」にある。
現代の日本で、晩婚化の原因は社会的なものと、個人のライフプランです。
個人的には、自身の年齢のために子供がダウン症を背負って生まれるということは避けたいと考えました。

○遺伝子異常
http://www.sakuralifesave.com/infertilityguide/2 …

○ダウン症児の出生、過去15年で倍増 全国調査から推計
http://www.asahi.com/articles/ASG4L4R2MG4LULBJ00 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に丁寧な回答ありがとうございます。メリット、デメリット、案内いただいたサイトなど参考になりました。

お礼日時:2014/05/08 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妊娠初期 いつになったら「ひと安心」ですか?

妊娠12週半ばです。

こちらでも色々お世話になっています。
過去に1度流産しているので心配でたまりません。

妊娠反応が出た時は、色んな人に、
「心拍が確認できればひと安心だね」
と言われ、
心拍が確認できた時は、
「9週で2mmを超えたらほぼ大丈夫」
という記事を読み浮かれ、
病院では、
「12週超えたらひと安心できるからね。
 12週超えるまではなるべく安静にしていてね。
 12週超えたら、少しずつ動いていいからね。」
と医者に言われました。

12週超えて浮かれていたのですが、今日、分娩予約をした産院で予約金を払おうとしたら、
「安定期ではないのでまだ受け取れません。
 もっと安定してからお支払いください。」
と言われショックでした。

帰宅してPCで色々と調べてみると、胎盤が完成する14~15週になってやっと流産の危険性が減るという情報が多いですよね。

みなさんはいつになって「ひと安心」されましたか?

私はあと2~3週間、「ひと安心」できないのでしょうか。

もちろん、元気に産むまでは安心できないのはわかっています。
それでも、いつ友人に言って良いのやら、マタニティ用品を購入し始めて良いのやら、いつになったら不安が小さくなり本当に妊娠を喜べるのやら(もちろん今も喜んで幸せですが、不安も同じくらいあります。)、悩みます。

GWも近いことです。
友人からの誘いに、12週超えているから妊娠したと報告できると思っていたものの、このままではまたあやふやに断るしかないのかなぁ。
1日1日がとても長く感じられます。

皆さまの経験談で結構ですので、妊娠初期の「ひと安心」できた区切りを教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

妊娠12週半ばです。

こちらでも色々お世話になっています。
過去に1度流産しているので心配でたまりません。

妊娠反応が出た時は、色んな人に、
「心拍が確認できればひと安心だね」
と言われ、
心拍が確認できた時は、
「9週で2mmを超えたらほぼ大丈夫」
という記事を読み浮かれ、
病院では、
「12週超えたらひと安心できるからね。
 12週超えるまではなるべく安静にしていてね。
 12週超えたら、少しずつ動いていいからね。」
と医者に言われました。

12週超えて浮かれていたのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>帰宅してPCで色々と調べてみると、胎盤が完成する14~15週になってやっと流産の危険性が減るという情報が多いですよね。

どんな調べ方をされたか判りませんが、それは違いますよ。
流産の殆どは妊娠初期(12wまで)に起こります。そのまた殆どは心拍確認以前に起こり、心拍確認後の流産率は2-3%です。ただし経膣エコーが普及し精度が上がったため最近では心拍確認の時期が早まったことで、心拍確認後の流産率はもう少し高いだろうと言われています。心拍が確認され、妊娠10w・CRL(胎児の大きさ)30mmを超えると残りの僅かな流産率がさらに低くなります。12w以降の中期流産は、かなり稀なこととなり、しかも初期流産とは原因が違う可能性が大きくなりますので、いわゆる「流産の心配」をするのは、10w・CRL30mm超で十分と思います。

>帰宅してPCで色々と調べてみると、胎盤が完成する14~15週になってやっと流産の危険性が減るという情報が多いですよね。

これも誤解されていると思います。「流産」と「切迫流産」は別のことだということはお解りですか?胎盤が完成するまでというのは、血管豊富な子宮内膜(脱落膜)に突貫工事で胎盤を構築中ですので、とても出血しやすいんです。出血すると「切迫流産」となりますが、切迫流産は出血や腹痛等があっても胎児が順調に育っていることが確認されている状態で、然るべき処置(止血・安静等)によって妊娠継続可能なものを言います。出血自体は流産に直接結びつくものではないことが多いのですが、出血していると子宮内に感染を起こしやすくなるのでひいては流産に繋がることがあります。そのために出血はできるだけ速やかに止める必要があり、初期でも中期でも、出血→切迫流産→安静指示となることが珍しくありません。その出血も、普通は胎盤が完成するとほとんどみられなくなるので「安定期」ということになります。
なので、前置胎盤とか胎児に異常所見とか特別な指摘がない限り、もう12wということでひとまず安心されていいと思いますよ。もちろんアクシデントの可能性がない妊娠・出産はないので、無事に生まれるまで絶対ということはないですけれど。

>皆さまの経験談で結構ですので、妊娠初期の「ひと安心」できた区切りを教えていただけたら嬉しいです。

縁起でもない話で恐縮ですが、自然妊娠1回と体外受精2回で、3度の妊娠...単胎・三つ子・双子 を妊娠したことがあります。
自然妊娠した一人は、7wで胎嚢も僅かに確認できるかできないか微妙なまま出血して自宅で完全流産しました。体外受精で三つ子を妊娠した時には、一人は胎嚢のみ確認、もう一人は僅かに胎芽が見えたところまで、最後の一人は心拍確認後の11wの検診で心拍消失。CRL22mm(推定9w3d)で稽留流産しました。
三度目の妊娠も体外受精でしたが、胎嚢確認・心拍確認と順調に経過し、10w0d・CRL30mmで安心して不妊外来から産科に転院、無事に男女の双子を出産するに至りました。

こんにちは。

>帰宅してPCで色々と調べてみると、胎盤が完成する14~15週になってやっと流産の危険性が減るという情報が多いですよね。

どんな調べ方をされたか判りませんが、それは違いますよ。
流産の殆どは妊娠初期(12wまで)に起こります。そのまた殆どは心拍確認以前に起こり、心拍確認後の流産率は2-3%です。ただし経膣エコーが普及し精度が上がったため最近では心拍確認の時期が早まったことで、心拍確認後の流産率はもう少し高いだろうと言われています。心拍が確認され、妊娠10w・CRL(胎児の大...続きを読む

Q出生前診断の実施について

出生前診断を行う際に、医師が妊婦に出生前診断を行うか否かを尋ねることと示されていますが、
これは義務ではないようです。

しかし、ダウン症児を出産する確率が非常に高いとされる35歳以上の妊婦に関しては勧める医師が多いようです。

これは何を意味するのでしょう。
確かに35歳以上はダウン症児を出産する確率が高くなるのかもしれません。しかし、確率だけで出生前診断を行うかどうかを聞く対象を限定する根拠がわかりません。
あなたは高確率で出生前診断を進める根拠はなんだと思われますか?

少々わかりずらい質問ではありますが、
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなたの問題としている点がやっとわかりました。出生前診断で、生まれる前に生命を選別しているのが、理解できない行為だ、ということですね。特に30代の出産で、生まれながらにしてハンデを負っている確率が高い場合にそれを行っていて、余りにもあからさまに、命を切り捨てているのではないか、と。
それについては、原則、仰る通りと思います。出生前診断が何のためにあるかといえば#1の方の云うとおり、(1)胎児の病気を知り治療できるものはする(2)母体に異常があり胎児の状態を把握する必要があるとき(3)治療できないものについてその出生を制御する(もちろん決めるのは出産する方です)。
既にして、(3)のような用い方もあり、命の選別的な意味が含まれています。
私は専門家ではないですが、(3)はどうして出てくるかといえば、優性の保護とか、命を軽んじていたり差別によるものというより、ハンデを負った命を育てていく環境が余りにも辛いからだと思っています。これは、実際、生半可なことではないです。
ただし、貴方のこの問題点は、非常に深く広いので、答えを見つけるには相当な議論が必要です。是非とも、専門家の方に意見いただきたいところですね。回答になっておらずすいません。

あなたの問題としている点がやっとわかりました。出生前診断で、生まれる前に生命を選別しているのが、理解できない行為だ、ということですね。特に30代の出産で、生まれながらにしてハンデを負っている確率が高い場合にそれを行っていて、余りにもあからさまに、命を切り捨てているのではないか、と。
それについては、原則、仰る通りと思います。出生前診断が何のためにあるかといえば#1の方の云うとおり、(1)胎児の病気を知り治療できるものはする(2)母体に異常があり胎児の状態を把握する必要があるとき(...続きを読む

Q妊娠9週 順調な場合の流産率

よろしくお願い致します。


排卵日から数えて、現在妊娠9週に入った所です。
先週、8週1日にあたる日に検診をし、問題無く、順調でした。
また、CRLが17ミリで、8週4日相当でした。

この場合、流産率はどの位なのでしょうか?

色々検索すると、胎嚢しか確認出来なかったり、心拍確認が出来なかったり、胎芽が週数に対して小さい場合などに、9週でも流産があるようなのですが、至って順調だった場合にも、まだまだ流産の心配はあるのでしょうか?
私は不妊治療をしており、排卵誘発で妊娠に至りました。もともと妊娠しづらい体質のため、先生には、まだ安心出来ないよと言われ、不安な毎日を過ごしています。

Aベストアンサー

こんにちは。
11週の検診で心拍が消失していて稽留流産した経験があります。

>色々検索すると、胎嚢しか確認出来なかったり、心拍確認が出来なかったり、胎芽が週数に対して小さい場合などに、9週でも流産があるようなのですが、至って順調だった場合にも、まだまだ流産の心配はあるのでしょうか?

はい、ありますね...
上記の私の場合も、9週の検診までは至って順調でしたが2週後の検診で心拍消失していました。胎児の大きさから前回の検診の数日後に亡くなったと推測されました。

>私は不妊治療をしており、排卵誘発で妊娠に至りました。もともと妊娠しづらい体質のため、先生には、まだ安心出来ないよと言われ、不安な毎日を過ごしています。

私の経験も、体外受精での妊娠で当初は3つ子でしたが、一人ずつ育たなくなって、最後まで残ってくれていた一人も流産に終わったのです。実はそれ以前にも一度7週での流産(自然妊娠)もあり、医師としてもかなり注意深く診てくださっていたために心拍確認後も2週おきの検診だったのです。
色んな文献や自身のこうした経験から、いわゆる自然淘汰の結果の初期流産は「妊娠10週、CRL(頭殿長)30mm未満」に殆どのケースで起こっています。そのハードルを越えるとまず安心と言っていいのではないかと思います。
ちなみに心拍確認後の流産率は5%程度とされていますが、私自身の感じるところではもう少し多いようにも思います。

無事な経過と元気な赤ちゃんのご誕生をお祈りしています。

こんにちは。
11週の検診で心拍が消失していて稽留流産した経験があります。

>色々検索すると、胎嚢しか確認出来なかったり、心拍確認が出来なかったり、胎芽が週数に対して小さい場合などに、9週でも流産があるようなのですが、至って順調だった場合にも、まだまだ流産の心配はあるのでしょうか?

はい、ありますね...
上記の私の場合も、9週の検診までは至って順調でしたが2週後の検診で心拍消失していました。胎児の大きさから前回の検診の数日後に亡くなったと推測されました。

>私は不妊治療をしており、...続きを読む

Q障害者だと分かった時点で子供をおろす人について

妊娠している時点で、子供がダウン症とか障害者だと分かっておろす人って
どう思いますか?
私は、そんな人は健常者もまともに育てられないと思うのですが…
もちろん産んでから障害を持っていると分かる人だって山ほどいるのに。

ダウン症だと分かってておろす人は、たいがいは高年齢出産で、
自分達は年だから介護できない といっておろす人が多いと聞きました。
だったら高年齢で子供を作る方が間違ってると私は思うのですが…
障害を持っているからという理由で、おろされた子供がかわいそうでなりません。

もちろん高年齢出産で、子供が障害を持つかもしれないけど、
自分達の子供だからちゃんと受け入れよう、という人は素晴らしいと思います。

最近、世界中での胎児の多さにショックを受けています。
その中でもとくに障害者をおろした後、また妊娠して健常者だったら産む人。
子供を育てられる環境にないのに(経済的な理由や未婚だったりで)子供を作り、
その後、結婚して出産する人が多いと聞きました。

世の中は健常者の方が多いかもしれませんが、もちろん障害者が生まれる確立は
誰にだってあって、妊娠を希望する人は、障害者が生まれることも覚悟した
ほうがいいと思うのですが…
もし障害者を生み育てる自身がない人は、妊娠すべきではないと思ってしまいます。

もちろん私がこんなところで一人で語っても、世の中が変わるわけではないですが(笑)

私の個人的な意見です。自分勝手な中絶手術をする人にはもっと厳しい試練があった方が
いいと思っています。
もっと胎児について考えてあげる世の中になって欲しいと思ってます。
みなさんはどう思いますか?

私の言葉が下手なばかりに、嫌な気持ちになってしまった人がいれば
すみません。

妊娠している時点で、子供がダウン症とか障害者だと分かっておろす人って
どう思いますか?
私は、そんな人は健常者もまともに育てられないと思うのですが…
もちろん産んでから障害を持っていると分かる人だって山ほどいるのに。

ダウン症だと分かってておろす人は、たいがいは高年齢出産で、
自分達は年だから介護できない といっておろす人が多いと聞きました。
だったら高年齢で子供を作る方が間違ってると私は思うのですが…
障害を持っているからという理由で、おろされた子供がかわいそうでなりま...続きを読む

Aベストアンサー

そういう君の意見もまた、ひとつの意見ということでいいのではないでしょうか?。

ただ、一つだけ言いたいのは「痛い」ということです。
中絶するにも、出産するにも、同じように身体は痛む。
出産は喜び(私は男だし、具体的にはわからないんだけどね)を運んでくるけど、中絶は悲しみや、悔しさ、強い自戒…良いことは何も運んできてはくれないから。
試練というものが「辛さ」であるなら、それは十二分に受けてるんじゃないかと思うよ?。

重度の障害者を育てるってことはさ、筆舌に尽くしがたい苦しみもあるんだよ。
私も無縁というわけじゃなかったから、そのへんのことは知らないというわけじゃない。
いろんな人や家族にもあったけど、共通してるのはその「愛情の深さ」と、それに伴う「通常ならばありえない苦痛」だった。

親としてのエゴがあり、庇護欲がある。
立派に、他人に後ろ指さされるようにしたくない、と思う反面「そんなにまで頑張らせるのはどうなのだろう」という思いもある。
産んだことでの「後悔」もある…それは「障害を持って生まれてきたこと」が悔いなのではない。
「普通ならば背負わせることがない苦労」を、親として「させてしまうこと」が辛いんだよね。

障害を持つ人を、地域や社会が認めていけて、彼らが特別な苦労をなるべくしないような社会なら、親の労苦もないはずなんだけどね。
そうであれば、出産前診断の可否も、社会の中でもっと問われているはず。
それが盛り上がってないということの理由は、実は「社会の無関心」にあるし、障害を持つ人の生活について、ほとんどの人が日常の中で無視しているから。
だから、自分が当事者になってしまうことについて「恐れ」しか持てなくなってるんだ。

人は生まれてきてからが、人生になる。
当たり前の事実を、しかし、ほとんどの人は、日常の中で忘れるようにして暮らしてる。
忘れないと生きていけない、と、そう思い込んで日々を過ごしてる。

この問題は、当事者をどうにかしようとしても、どうにもならないことなんだ。
社会問題として問うていかなければいけない問題。
君ももう少し、展開させてみるといいと思う。

そういう君の意見もまた、ひとつの意見ということでいいのではないでしょうか?。

ただ、一つだけ言いたいのは「痛い」ということです。
中絶するにも、出産するにも、同じように身体は痛む。
出産は喜び(私は男だし、具体的にはわからないんだけどね)を運んでくるけど、中絶は悲しみや、悔しさ、強い自戒…良いことは何も運んできてはくれないから。
試練というものが「辛さ」であるなら、それは十二分に受けてるんじゃないかと思うよ?。

重度の障害者を育てるってことはさ、筆舌に尽くしがたい苦しみ...続きを読む

Q発達障害や知的障害、身体障害などは全て出生前診断で分かりますか?また、妊娠何ヶ月くらいで分かるのです

発達障害や知的障害、身体障害などは全て出生前診断で分かりますか?また、妊娠何ヶ月くらいで分かるのですか?

Aベストアンサー

発達障害や知的障害はわかりません
見てわかる奇形はエコーなどでわかることもあります

羊水検査でわかる障害は、障害の中でもいくつかのものです
遺伝子の数や形に異常があるようなものです
有名なのはダウン症をはじめとした○○トリソミーとかですね

検査できる時期は15週~18週

さらにいえば、もしも出生前診断ですべての障害がわかる世界があるとしても
分娩トラブルによって起きる障害まではわかりません。
出生前診断で異常なしでも
早い週数で生まれてしまったとか
胎盤剥離、分娩中の低酸素など、妊娠中や分娩のトラブルで障害が起こることもあります

まあもっとさらに言えば、事故や病気の後遺症
たとえばインフルエンザ脳症の後遺症から知的障害が残るとか
事故や脳疾患とか
成長過程で障害を持つこともありますね


人気Q&Aランキング