「こんにちは。」などという用法は間違いだと言う記事を見かけたのですが、
私は小学生のころに「~~です」と書いてバツを貰い「~~です。」と直された経験があります。
以後、作文などで「~。」という使い方をしていましたが間違いだと指摘されたことはありませんでした。

どちらが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

1)「こんにちは」


2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun …
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談)

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい)

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。
================引用終了
    • good
    • 10

補足


不似合いなんだけど、現実には文章(文字)のため句点(、)はやはり必要かな。
    • good
    • 9

句読点は文章で使用するものとすれば、「」内は直接話法による表現(話言葉)のため、句読点は不似合い。

    • good
    • 5

 No.4の方が引用された、昭和21年3月、文部省教科書局調査課国語調査室作成「くぎり符号の使い方[句読法](案)が生きていて、今も影響を与え続けているようです。


 この21年は太平洋戦争での敗戦の次の年です。大変な変革期だった頃で、現在の「日本国憲法」の公布の年(11月3日・翌年5月施行)でもありましたし、「現代仮名づかい」や「当用漢字」が告示された年でもありました。(1946年11月16日 当用漢字・現代仮名づかい 告示)「憲法」は別格として「仮名づかい」や「当用漢字」が先立つ問題であったため、「句読法」などは案のまま終わってしまったのですね。

 しかし、この句読法案は、国定教科書の時代を経て、後の「検定教科書」にも影響しているようです。例えば「小説」などの一部が、教科書に採録されるにあたっても、これに縛られいるようです。それは端的にいえば「……………た。……………だ。」になることです。たとえば高校の教科書の中には、漱石の「こころ」が採録されることはたびたびありますが、
その原本が「……………た。……………だ」の形であっても、教科書では「……………た。……………だ。」に変えられることです。
 試みに、夏目漱石「こころ」連載当時の紙面(1914年4月26日朝日新聞デジタル版でのコピー)では
  
「若いうちほど淋(さむ)しいものはありません。そんなら何故貴方はさう度々私の宅(うち)へ来るのですか」
 となっています。(漢字の字体は新字体になおしました。またすべての漢字についていた読み仮名をはずしました。)
 その紙面では、直後に島崎藤村の「仏蘭西だより」音楽会のの夜(二)が連載されていますが、これは少し違います。 

 『欧羅巴へ来て見て、反って自分の国の方に種々(いろいろ)なものを見つけますね。自分の国の好いところを思ふやうに成りますね。』
 これは、最後の句点がついています。朝日新聞といえども、有名作家の意向は尊重せざるを得なかったのでしょう。
(これも漢字字体や読み仮名について同様の処置をしました)
 更に続いて、「美人の秘密」という広告文が載っています。これは見るも無惨。句読点など一つしかありません。

 現代に至っては、教科書以外は「括弧内句点なし」と思ったら、例外もありました。だいぶん古いものですが、昭和34年発行の「新潮社・日本文学全集-芥川龍之介集」では「括弧内句点あり」の形を取っています。
結論はどちらもありでしょう。
    • good
    • 3

 結論を先に書くと「特に決まりはないはず」になります。



 というのは、東大の2014年度の国語の第4問は 「です」。 のように最後の句点(。)は括弧の外にありますが、2009年の国語の第4問は「です」と などのように句点がない状態です。この5年で文法規則が変わったとも思えないですし、両方が出題されている以上どちらかが間違いだとするのはおかしいでしょう。
 ただ、「です。」 はありません。そういう観点から一番間違いに近いのは先生の指摘であり、間違いと言われるのは少なくともあなたではなく先生になります。

 ただ、絵本を読むなどの状況では先生の指摘が正しい可能性もあります。絵本には句点が書かれているわけで、そこを読むということは句点も読んでいることが想定されているからです(もちろん発音はありませんが)。
    • good
    • 0

自分も義務教育で「~。

」と教えられました。


どちらが正解でも構わないのですが、1つ疑問があります。1つのカギ括弧内に複数の文がある場合です。
  「こんにちは。いい天気ですね」
・・・「。」で閉じるのが誤りだとすると、これが正しいということになるのでしょうか? 途中に句点があるのに最後にだけ無いのが、自分にはどうにも見苦しいように思えます。とはいえ「こんにちはいい天気ですね」なんて論外ですし、日本文では伝統的にはスペースの概念が無いはずなので「こんにちは いい天気ですね」等もあり得ないですよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A5%E7%82%B9
「句点の省略」の項目に少しそれらしいことが触れられていますね。ここでは「省略出来る」とはなっていますが、「省略しなくてはならない」とはなっていません。前に述べたような問題が出てくるので、断言しにくいというところなのかもしれませんね
句点を使わずになんとかなるのは、読み易いように好きなところで改行が出来る漫画のフキダシ(会話文)くらいなのかな、とも。
    • good
    • 2

正式には句点は必要ですが、省略するのが多数派のようです。


http://www.bow-wow.jp/sht3/pdf/024R1_symposium20 …

私も省略した方がいいと思います。
ちなみに、原稿用紙のようにマス目規制がある場合は、同じマス目に句点と閉じ括弧を入れねばなりません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q句読点のつけ方(文頭の「また」「しかし」等)

意味が重複する質問があった場合はお許しください。

文頭に来る言葉にどのように句読点を振ればいいのか教えてください。

作成した文章をチェックを受けた時に、

○ また○○という企画では…
× また、○○という企画では…

○ しかし、□□という案件では…
× しかし□□という案件では…

という修正を受けるのですが、このような違いはどのような条件で発生するのでしょうか。

またこういった事柄について、よくまとまったwebページなどありましたらご教授ください。

Aベストアンサー

どうも、質問の文は、ビジネス文書のようです。通常の日常会話や文章とは違う要素があるのかもしれません。ビジネス文書だと、「メッセージの明確な伝達・要領の良い伝達」を「感情表現の良さ」よりも重視するのでしょう。
 
ビジネス文書で、文頭に「また」をつける必要があるのかも少し気になります。
Aの企画について(特徴・長所などを)一応説明した後で、追加補足して説明を加える場合、その段落を改めるのであれば、「また」よりは「A企画では」と始めた方が締まる気もします。その視点で考えると、「また、………」よりは「また………」の方が、【(また)が、重く強調されてしまった感覚】を軽減できるので、良いでしょう。しかし、「また」を使わないで済ませられるのであれば、使わない方が良いと思います。
 
文頭に「しかし」を使う場合は、前節で述べた内容をこれからの節では否定する意図を示す【お断りの宣言】なのでしょう。「先の節では○○であると言い切ったように思うかもしれませんが、そうではありません。それは、、、、」のような宣言を文頭で行う意図であれば、「しかし、………では」と、読点を入れ、一呼吸おく感じにするのでしょう。
 
文頭以外で使うのであれば、(ビジネス文書でなく、会話の記述などなら)「新宿に明日行くつもりだ。しかし空模様が悪ければ延期する」のような表記で良いと思います。
 
なお、ビジネス文書では「………という」のような表現は避け、A企画では、Bの案件では、Cの事例では、と表現した方が良いように思います。
 
ビジネス文書でない場合は、色々です。(この左の読点は、まさにその例です)
http://www.asahi-net.or.jp/~mf4n-nmr/touten.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1379261.html
http://blogs.itmedia.co.jp/editech/2011/12/post-c109.html
ビジネス文書でなければ、(また/しかしではないですが、読点は)
a)茶色い目の、かわいい、ぬいぐるみをもらった。
b)茶色い目の、かわいいぬいぐるみをもらった。
c)茶色い、目のかわいい、ぬいぐるみをもらった。
どれでもあります。
d)目のかわいい、茶色いぬいぐるみをもらった。 
たぶんd)は、a)b)c)とは、まったく感情が違うのです。ビジネスでは、相手に伝えたい重点ポイントは読点や語順で示すのではなくて、ストレートに示せる表現法を工夫するのが良いのです。
 
下のは、ビジネス用に限定した推奨だと理解するのが良いと思います。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110527/360777/
また、しかし、さらに、そこで、では、よって、そしてなどの文と文を繋ぐ接続句は出来るだけ使わないで、(文頭で使わくて済むことが多いです)
http://leo.nit.ac.jp/~ohki/ohki/HowtoWr.htm
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。そして、大きな桃の木の下で休みました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。そして、お婆さんは川に洗濯にいきました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。けれど、大きな桃の木の下で休みました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。けれど、お婆さんは川に洗濯にいきました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。そこで、大きな桃の木の下で休みました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。そこで、お婆さんは川に洗濯にいきました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。しかし、大きな桃の木の下で休みました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。しかし、お婆さんは川に洗濯にいきました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。また、大きな桃の木の下で休みました」
「お爺さんは山に柴刈りに行きました。また、お婆さんは川に洗濯にいきました」
 
例文が大分不自然な文章になっていますが、ビジネス文書だとすれば、こうした接続詞や接続句は、カットした方が良いことが多いです。
 
http://kokugo.j-tatujin.com/thesis/c05.html
「次にくるであろう文章の内容予測するために重要なものが接続語(接続詞)」と思うので多用しがちになります。しかし、ビジネス文書では出来るだけ使用しないようにした方が良いです。(この文の場合、前半で一般的なことを述べ、後半でそれを部分否定するので、前半を読んだヒトに注意喚起するために「しかし、」を使っています。そうしないと、わかりにくくなる恐れを感じるからです)

どうも、質問の文は、ビジネス文書のようです。通常の日常会話や文章とは違う要素があるのかもしれません。ビジネス文書だと、「メッセージの明確な伝達・要領の良い伝達」を「感情表現の良さ」よりも重視するのでしょう。
 
ビジネス文書で、文頭に「また」をつける必要があるのかも少し気になります。
Aの企画について(特徴・長所などを)一応説明した後で、追加補足して説明を加える場合、その段落を改めるのであれば、「また」よりは「A企画では」と始めた方が締まる気もします。その視点で考えると、「また、...続きを読む

Qカギ括弧内の文の最後の句点がないのは何故?

例えば

「この映画はとても面白いです。是非観てください」

のように(文章そのものに特に意味はありません。)、カギ括弧で括られた文章はたいてい最後は句点も何もなく終わってますよね?その前の文章(この例なら”この映画はとても面白いです。”の部分)にはきちんと句点が打たれているのに・・・。
一体何故なのでしょうか??昔から気になってます。ご存じの方、どうか教えてクダサイm(__)m

Aベストアンサー

 機能論的にいうと、「 」のなかの最後の文は。がついていなくても「ここでおしまい」というのがはっきりわかる(」があるから)ので、不要だ、という発想によるものです。
 「」や。がきちんと文章に用いられはじめるのは明治からですが、当初は「」のなかの最後の文にも。をつける人が多かったようです。それが明治中期ごろからだんだん。をつけないのが優勢になってきて、現代では文芸書などでは。をうたないのが一般的になっています。
 ただし文部省の御推奨は最後の文にも。をうつやりかたで(小学校の書取りのときにたぶんそう教えられるはず。国語の教科書に載っている文章もこのスタイルです)、役所の指導を重んじるか、文壇の風潮を重視するかが人によって違います。 。」だと見た目にうるさい、という意見はまだ多いようですし、

  その映画の題名は「風とともに去りぬ」です。

というような場合の「」の使いかたとつりあいがとれないから。はうたないほうがいい、という主張もあるようです。

Q句読点のつけ方

 次の文の「のです。」の句点を疑問符「?」に直してもよろしのでしょうか。上昇調で読むのでしょうね。
 よろしくお願いします。

「あいかわらず機械いじりに熱心ですね。いつまで、そんなことをやっているつもりなのです。まともに働いたほうがいいように思いますがね」

Aベストアンサー

疑問符にかえても問題ないですよ。
読むときは上昇調です。

jchenさんは、日本語のネイティブではないのでしょうか?
20年位前の小学校の教科書では疑問符はあまり使われなかった記憶がありますが、
小説や実生活では普通に使われています。

Q括弧内の句読点について

カギ括弧の中での句点(。)の使い方について教えて下さい。
閉じ括弧(」)の手前の句点は必要ないのでしょうか?
「~でした。」は間違い「~でした」が正しいという指摘を受けたのですが、小学校の国語ではつけるように習ったと記憶しています。
「」内に複数の文章が続く場合、途中には句点が入り、最後だけ入らないのもおかしいと思うのですが、ネット上や小説なども混在していてどちらが日本語として正しい表記なのか判断つきません。

Aベストアンサー

カッコのウケ(」)が文末を示すことは明白なので、句点は省略するのが書籍や雑誌等での表記ルールです。

が、児童書の類では次にウケ(」)がきても文末の原則どおりに句点をつけます。
なので、小学校の国語では
「今日学校でね、こんなことがあったよ。」
というように、カッコの前にも句点をつけて書くように教わる、というわけなのです。

ネット上では、表記ルールの統一というのは特になく、個人個人がそれぞれ自分が正しいと思うやりかたで文章を書いているので混在しているのではないでしょうか。

また、大人向けの出版物で、カッコの前に句点が来ているものがあるとすれば、それはプロの編集者やライターが書いたものではないと考えられます。実際、予算がないため、仕方なくデザイナーなどが原稿を書いている場合もあるので。

他に私が気づいたことでいえば、
本文中の?や!のあとは、1文字空けるのが原則ですが、これもネット上では混在しています。

例)
「犯人はあなたね!」
 彼女が私を指して言った。
 違う! 私は心の中で叫んだ。

カッコのウケ直前の「!」は1文字空ける必要はありませんが、
本文中の「!」のあとは空けます。
ただし、例外が…

例)
 どうやったら誤解がとけるのだろう? と、私は必死で考えた。
 彼女はポケットから手錠?を出して、私に近づいてくる。
「やめてくれ! 犯人は私ではない、あれは事故だったんだ」

2行目、手錠のあとの「?」は1文字空けていません。
疑問符、感嘆符のあとにカッコのウケがきた場合に空けないのと同様、文中に使用する場合で前後の文意に切れ目がないときも空けないで続けます。
判断基準としては、疑問符や感嘆符を句点に置き換えられるかどうか。
置き換えられる場合は1文字あけて、置き換えられない場合はあけずに続けます。

その他色々、原稿を書く際のルールがあるので、興味があれば以下のページにわかりやすく整理されていたのでのぞいて見てください。

http://www.kotono8.com/2004/01/06kutoten.html

カッコのウケ(」)が文末を示すことは明白なので、句点は省略するのが書籍や雑誌等での表記ルールです。

が、児童書の類では次にウケ(」)がきても文末の原則どおりに句点をつけます。
なので、小学校の国語では
「今日学校でね、こんなことがあったよ。」
というように、カッコの前にも句点をつけて書くように教わる、というわけなのです。

ネット上では、表記ルールの統一というのは特になく、個人個人がそれぞれ自分が正しいと思うやりかたで文章を書いているので混在しているのではないでしょうか...続きを読む

Qphp 変数名のつけ方のルール

お世話になっております。

PHPを勉強していて少し気になっているのですが、
PHPで変数名をつけるときに
$employ_nameとするか
$employNameとするのはどちらが正しいのでしょう?
正しいという言葉はおかしいのかもしれませんが
皆様はどうしてますでしょうか?
PEARとZENDのコーディング規約を漁ってもきちんと記述しているところが見当たらないのです。
一応PEARのコーディング規約に則ってコーディングしたいと思っております。
ちなみに本家ではなく、PEARとZENDのコーディング規約を纏めてくれたサイトには_(アンダースコア)は使わないと記述されておりましたが
実際PEARのソースを見ると変数名に_(アンダースコア)が使われております。(private以外の変数で)

簡単なことなのかもしれませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

がると申します。
えと…源流の違いになります。
おおよそですが、C、C++から来ている方は「employ_name」、Javaから来ている方は「employName」という命名がしっくりくる傾向にあります。

ちなみに、知っているかぎりでは、最近はJava系列の方が多いです。んで、私はばりっばりのCの人間なので、まぁ違和感も色々(笑

以上かなり蛇足な情報ですが。

Qかぎ括弧の中のかぎ括弧の中にかぎ括弧を書くには?

文章を書くとき、かぎ括弧の中に、かぎ括弧を書くときには、『 』を用いますよね。
では、更にその中にかぎ括弧を書きたいときにはどのように書けばいいのですか?

Aベストアンサー

2番目の回答者さんがおっしゃるように、「“ ”」とか「‘ ’」でもいいですし、「〈 〉」「[ ]」でもいいと思います。

とにかく、カギ括弧内では、一度使った括弧は使わない方がいいと思います。
最初の回答者さんの例でいけば、

「…『…「…『…』…」…』…」

となります。
どの始まり括弧がどの終わり括弧に対応するか、一瞬、迷います。
今は一目で分かるように、本来文章である部分を「…」で書きましたが、これが長い会話文だったら、何が何やら、となります。
じっくり見れば分かるとは思いますが、分かりやすくするためには、違う形の括弧を使う方が親切だと思います。

括弧の形は、お好みで。ただし、一つの文書の中で、ルールは作っておいた方がいいと思います。
「 」の次は、『 』、その次は〈 〉、その次は[ ]……
という具合に。

以上は、とある業界新聞社で編集の仕事をした時に、先輩から教えてもらったことです。
小説など、“表現”を重視するようなものでしたら、読みにくくなろうが、それも表現の一つですので、最初の回答者さんの方式でもかまわないと思います。

Qバージョンのつけ方

バージョン情報のつけ方のルールがいまいちよく分かりません。
みなさんはどのようにつけているのでしょうか。
インストーラーの設定で
メジャー
マイナー
リリース
ビルド
その他
と言う5つの項目がありました。
VCでプログラムをするとバージョン情報は
1.0.0.0
のように4桁になりますよね。
この4桁をどのように変更していったらよいのでしょうか。
また、そのことについて書いてあるページがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

count-d と申します。
バージョンのつけ方は企業によっても違うかもしれませんので、
参考程度に見てください。

VC で言うところの 1.0.0.0 は、左から順に
メジャーバージョン、マイナーバージョン、
リリース番号、ビルド番号 という風に見ます。

新しいアプリケーションの開発を参考にご説明します。
まず、まったくゼロから作って、プログラムを完成させます。
プログラムが一通りでき、コンパイルが正常に通ったら
それを社内でテストにまわしますよね。
この際にビルド番号を付けます。
つまり、『今回は 1.0.0.1 をテスト用にリリースする』と
なり、このコードのビルド番号は 1 (右端の番号)となります。

ここでバグなどが見つかり、プログラムを修正・再度ビルドし
もう一度テストにまわすときには、今度は『1.0.0.2』として
出すわけです。
こうすることで、どのビルドがテストにまわっているのかが
簡単に分かります。

テストが終了し、製品としてリリースすることになったら、
ここでリリース番号を付けます。

ビルド 2 をリリースするなら、『1.0.1.2』とつける。

これで開発が一応終わり、となります。

この後に、納付先別に同じプログラムを一部変更してコンパイルし、
再度リリースするのであれば、リリース番号とビルド番号を変えるだけで
いいと思います。

プログラムの仕様を一部変更したけれど、機能的にはあまり
変わらない、という時にはマイナーバージョンを、
機能を大幅に変更・追加した場合にはメジャーバージョンを
増やしていく、というのが一般的かと思います。

count-d と申します。
バージョンのつけ方は企業によっても違うかもしれませんので、
参考程度に見てください。

VC で言うところの 1.0.0.0 は、左から順に
メジャーバージョン、マイナーバージョン、
リリース番号、ビルド番号 という風に見ます。

新しいアプリケーションの開発を参考にご説明します。
まず、まったくゼロから作って、プログラムを完成させます。
プログラムが一通りでき、コンパイルが正常に通ったら
それを社内でテストにまわしますよね。
この際にビルド番号を付けます。
つま...続きを読む

Qかぎ括弧 のあとの句読点

小説などでは、台詞のかぎ括弧の最後には「。」をつけないのが一般的だと思います。
では、地の文でかぎ括弧を使う場合、台詞以外の場所で、強調の意味で
かぎ括弧を使う場合は、句読点はどうするべきでしょうか。

A・俺は確信した。花子は間違いなく、霊感を『持っている』。(かぎ括弧の後につける)

B・俺は確信した。花子は間違いなく、霊感を『持っている。』(かぎ括弧の中につける)

C・俺は確信した。花子は間違いなく、霊感を『持っている』(何もつけない)

どれが正しいでしょうか。回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

カギカッコと「。」の関係。

 一般的なルールは、Aです。
 ただし、Aが「正しい」わけでも、BやCが「間違い」というわけでもありません。一般的な文章の場合も、厳密なルールはありませんし、小説の場合はなおさらです。
 詳しくは下記をご参照ください。
 1)2)3)が関係箇所です
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11103685081

以下は一部の抜粋(重言)。
================引用開始
1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合も句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。================引用終了

かなり前に書いた下記も参考になるかと思います。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7413058.html

カギカッコと「。」の関係。

 一般的なルールは、Aです。
 ただし、Aが「正しい」わけでも、BやCが「間違い」というわけでもありません。一般的な文章の場合も、厳密なルールはありませんし、小説の場合はなおさらです。
 詳しくは下記をご参照ください。
 1)2)3)が関係箇所です
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11103685081

以下は一部の抜粋(重言)。
================引用開始
1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけな...続きを読む

Q「丁目」のつけ方

町の番地の「xx丁目yy番zz号」がありますが、この「丁目」のつけ方に何かルールがあるのでしょうか?
ところによっては、東南から時計廻りにしたり、南から北へとつけたり、一説によると、皇居に近い
方から 1丁目、2丁目……とつけるのだということがいわれていますが、どうも信憑性に疑いがあ
ります。
どなたか、ご存知でしたら、情報を下さい。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「xx丁目yy番zz号」のうち、
「yy番zz号」の部分は、住居表示という表示方式になります。
住居表示については、原則的な付番方法が法令などで示されています。
それによると、まずその市町村の市役所、町村役場などが
あるところに近いほうが基準になり、1番や1号になります。
役所の位置が移転したり、土地の形が特殊であったりして必ずしもそうはなっていないこともありますが、原則的にはそのようにするようです。
特にzz号の部分は、1番から街区を時計回りに囲むように付番されます。

↑このへんは、うろ覚えの記憶なので不正確なところがあるかもしれませんが、だいたい合っていると思います。

それで、ご質問の「xx丁目」の部分ですが、

たとえば、「緑ヶ丘一丁目」のような地名でしたら、
「緑ヶ丘」だけが地名で「一丁目」はそれを分割するための番号のように感じますが、実はそうではなく「緑ヶ丘一丁目」すべてを含んでひとつの地名(町名)になります。
「丁目」は、「番」や「号」のような「番号」ではないのです。
番号ではないので、順番という概念に縛られては無いというのが正解と思います。
なので、不規則に「丁目」が並んでいても、何かの規定に具体的に抵触するということは無いのです。
が、上述の「番」や「号」の例にならい、市役所等に近いところを一丁目にするのが一般的ではないかと思います。

なので、いろいろな市役所、町村役場を調べると、
「~~~一丁目1番1号」になっているところが非常にたくさんあるはずです。(当然、そうなりますよね?)

付け加えると、「丁目」が地名によく使われるのは単に習慣的なもので、何かの決まりごとに基づいて「丁目」をつけているわけではありません。

以上、参考になれば幸いです^-^

「xx丁目yy番zz号」のうち、
「yy番zz号」の部分は、住居表示という表示方式になります。
住居表示については、原則的な付番方法が法令などで示されています。
それによると、まずその市町村の市役所、町村役場などが
あるところに近いほうが基準になり、1番や1号になります。
役所の位置が移転したり、土地の形が特殊であったりして必ずしもそうはなっていないこともありますが、原則的にはそのようにするようです。
特にzz号の部分は、1番から街区を時計回りに囲むように付番されます。

↑このへんは...続きを読む

Q句読点を用いずに文章をかくのは間違い?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

日本語の文章を書くときに

、や。・いわゆる句読点を用います。

「。」は必要だけれども「、」を用いずに

文章を書くのは誤りでしょうか。

この質問の文章も短いですが「、」は用いておりません。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

句点も読点も文章を読みやすくするためのものですから,
短い文であれば読点「,」はいらないと思います.

個人的には2行になってしまう文には,
意味をはっきりとらえるためには読点が欲しいです.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報