これからの季節に親子でハイキング! >>

 給油所によってリッターあたりの走行可能距離が一キロ前後変わるのですが、そんなに変わるものですか?
 車にデジタル表示される数字を比べてみました。通勤で使用しているので計測の誤差はそれほど無いと思います。
 給油所も有名メーカーから独自ブランドまでいろいろ試してみました。同じブランドの給油所でも違いが出たりしました。ガソリンの基準は一定だと思っていたので不思議に思いました。
詳しい方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

以前に歩いたところ閉店し照明が落ちた暗いスタンドで不自然な動きをしている人が居たので


見てみると制服を着た従業員が灯油の給油ホースをタンクローリーと接続する大口径の給油口にメーターで量を見ながら入れているのを見ました。
販売単価の安い灯油をガソリンに混ぜて粗悪ガソリンを製造?している瞬間だったようです。
何度かこのスタンドをバイクで利用した事がありますが、いつもよりパワーが無く燃費も少し落ちました。
このスタンドは小さなスタンドですがその後、潰れてました。

また、どことは言いませんが、大手の石油会社のブランドを出してない激安スタンドの中には
パワーが無く燃費が落ちるガソリンがあります。
バイクのメカに詳しい友人に、あそこのスタンドどう?と聞くとパワー出ないね
明らかにガソリン悪いでしょ、と自分が話す前に言いました。
燃費から計算すると安くガソリンを入れても、割高になってしまう計算でした。
車よりバイクの方が体感?で解り易い気がします。


10代の時に、スタンドでバイトしてた事がありましたが、
その時にガソリンの給油機の吐出量検査(正確性を検証)をしてた時がありましたが
ガソリン10Lで計測で誤差は約10cc程度で非常に正確でした。
そのスタンドで当時、乗っていたバイクでキャブにもガソリンが無いガス欠状態から
もう入れられない満タン状態で、16.05Lぐらいでしたが
東京の環7激安スタンドの中には、残りが少なくてもガス欠では無い走れる状態で行って17Lも!入った事があります。
激安のスタンドでは、16.5L程度入るスタンドも多く、
中には事情を知っているのか従業員がタンクにまだまだ余裕があるのに16Lでピタリと止めていたのも居ました。
どう検査をスリ抜けているか知りませんが、昔は吐出量を誤魔化しているスタンドは少なく無かったです。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
吐出量を誤魔化すとは知りませんでした。
が、私も「こんなに減っていたっけ?」と思うスタンドもありました。
やけに納得できました。

お礼日時:2014/05/10 22:58

激安の店では薄めてるそうですね。



そりゃあそうでしょう。
同じ石油製品を自分だけ安く仕入れる方法なんてありません。
経営努力によるコスト削減にも限界があります。

激安GSではなくても、経営が苦しくなると同じことをするでしょう。

ガソリンスタンドは基本的にどこも経営が苦しいのです。
    • good
    • 3

差があるかといえば、あるでしょう。



同じガソリンスタンドでも季節によって揮発しやすさの違うものを売っているらしいです。また同じ時期で同じ系列でも、北と南で違うらしいです(高速などで南北に長いところは分かりやすいらしい)。

また、わざと軽油を混ぜる、ハイオクにレギュラーを混ぜる、などの悪徳ガソリンスタンドも存在するようです。少し前に、軽油の入れ間違い事件で一斉調査されたときに、結構な割合(1割以上だったかな)で同様なことがあった(今までしていた)と回答していたと記憶しています。隠して数字に表れていないところもあるでしょうね。

でもまーそんなこんなで都市伝説もあるでしょう。数回の試行だけで結論を出すのは科学的ではないです。
    • good
    • 4

高オクタン価(プレミアム、ハイオク)ガソリンは、JIS規格でオクタン価96以上となっているけど、それ以外の部分は元売り(ブランド)会社ごとにの独自のレシピが多く、ブランドごとに燃費などが変化することは十分にあり得る。



レギュラーガソリンは、JIS規格に縛られているだけじゃなく、実は、ブランド名が違っていても同じ精油所から出荷されていたりして、建前上は、違うことはあり得ない。
が、現実的には、バイオマスを数%混合したバイオガソリンを扱っているスタンドがある・・・100%ガソリン成分から性能が変化する可能性がある。
また、原油は精製する際に成分別の複数の製品が同時に生産されるモノで、他の製品を作るためには、必要がなくても出来てしまう。その一方で、ガソリンは”生もの”で、出来るだけ早く販売することが望ましい・・・過剰生産されたガソリンは、正規ルートに乗せず、元売りの看板が付いていない”無印スタンド”などに供給する(”業転玉”などと呼ぶ)。
”賞味期限”が迫っている業転玉は、安く仕入れることが出来るけど、吸湿などによる性能変化も考えられる。

このほか、小数だけど韓国などからの輸入ガソリンもあり、規格や輸送に要する期間などの違いで、性能が変わっていることも考えられる。

”可能性がある””考えられる”ばかりだけど・・・意外とデリケートな生鮮商品、スタンドごとに多少の変化はあり得るでしょう。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
ガソリンは生ものだったとは言われてみるとそうですね。
売る方も仕事なのでいろいろあるのですね。

お礼日時:2014/05/10 23:05

私も通勤の燃費を見ていますが、結構差がありますよ。

気温による変動もありますし、道路の混み具合によっても違います。同じガソリンを使っていても1~2Km/Lの差はしょっちゅうあります。

さて、レギュラーは仕様が統一されているのでメーカ間の差は少ないらしいです。ハイオクは独自ですから、燃費の差が結構でるらしいですね。ただし、これはちゃんとしたガソリンを仕入れて売っていることを前提にした話ですから、メーカ系でない怪しい給油所などは何ともいえませんね。
    • good
    • 5

今はどうか分かりませんが、昔はありましたね。

メーカーによってガソリンの品質が違うというのが。

一番良いのは日本石油(現在のエネオス)、次に出光で、逆に、エッソなどのガソリンは粗悪だというのは結構言われてましたよ。事実かどうかは別にして。

個人的には、その昔の印象が今も残っていますので、未だにガソリンはエネオスでしか入れません。
    • good
    • 0

街道筋の安売りGSは粗悪ガソリンを入れている場合が多いそうです。

安いからと言って飛びつくのは考え物です。特にハイオクは何を混ぜているのか分かりません。3円安くても50リッターで150円。誤差の範囲でしょう。それでエンジンに良くない、燃費も悪いガソリンを使うのは考え物です。大手メーカーのGSなら、そう言うことはないとは言えないまでも、少ないでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
安さでなく、車を大切に乗りたいですからね。
よくわかりました。

お礼日時:2014/05/10 22:52

スタンダードなガソリンはJIS法で規制されていますから、


品質は一番安定しています。
リッター1kmの誤差って走行条件で誤差の範囲内じゃ無いでしょうか。
5kmも違うならわかりますが。
    • good
    • 3

メーカー看板上げてるGSでは、


販売量の5割~7割そのメーカーのガソリンを仕入れればいいので
それ以外のガソリンは
石油ではなくガソリンの状態で輸入された
ノーブランドのガソリンを安価で仕入れて
商売を成り立たせています。

ですので、同じGSでも
時期によって全く違うガソリンを販売しています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
10割でないことにびっくりしました。
それはそうですね、商売ですから。

お礼日時:2014/05/10 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QENEOSのガソリンは燃費が良い???

ENEOSのガソリンは燃費が良いのでしょうか?

今までは安いところを選んで(ノーブランドは除外して)給油していましたが、
しばらく前からは義理絡みでENEOSに一本化しました。

ENEOSに変えてから燃費が向上したように感じております。
車は2台あるのですが、2台ともリッターあたり1~1.5Km良くなってます。

流石は高いだけあると感心しているのですが、
メーカーによる品質の違いってあるのでしょうか?
それとも同じブランドを使い続けるメリットなのでしょうか?

車は2台とも日産の2000CCで、レギュラーガソリンです。

Aベストアンサー

こんばんは。NO.5です。

もう少し踏み入った話をしますが、流通している殆どのガソリンは国内精製の何処かしらのメーカー物です。そして安い理由の殆ども購入先を工夫した仕入れ価格の違いによる努力によるものです。

地方ではまず聞かない事例として先に申したように輸入物、もしくはまがい物(これは色々ですが・・・)によって単価を下げている場合も中にはあると言う事です。相談者様の住まいの地域は解りませんが、関東圏、大都市圏では聞く話ではあります。

数年前までは不正に精製された軽油が全国をまたいで流通していましたが、今は取り締まりにあって殆ど見なくなりました。その評価は当然安かろう&悪かろうでしたが。

ガソリンについては軽油ほどのまがい物は数量的に少ないでしょうが、間引き的に購入する事も考えられるので単価を下げるにはそれでも効果的なのです。なので、看板SSの・・・という意味を理解して頂けると思います。

ハイオクに関してはメーカーの添加剤特性でエンジンによっては確かに差異が認められます。しかしこれとて看板での判断は出荷油層所の把握が素人には出来ない為に知りえない事、ブランド判断はある意味ナンセンスって事です。

安心を求めるならばもう一度申し上げますがメーカー直営店か系列SS、全国展開するSSなどはほぼ間違いないという事です。そしてメーカーによるガソリン品質の差異もないと言えます。そして質の低いガソリンの存在も否定できないと言う事です。。

こんばんは。NO.5です。

もう少し踏み入った話をしますが、流通している殆どのガソリンは国内精製の何処かしらのメーカー物です。そして安い理由の殆ども購入先を工夫した仕入れ価格の違いによる努力によるものです。

地方ではまず聞かない事例として先に申したように輸入物、もしくはまがい物(これは色々ですが・・・)によって単価を下げている場合も中にはあると言う事です。相談者様の住まいの地域は解りませんが、関東圏、大都市圏では聞く話ではあります。

数年前までは不正に精製された軽油が全国...続きを読む

Qガソリンのブランドによって違うものですか?

質問内容はタイトルどおりなのです。

先日とあるガソリンスタンドに勤務する知人と車談義で盛り上がり、その後利用しているガソリンについて以下のような事を言われました。

知)ガソリンどこの入れているの?
私)セルフでいろんなメーカー。特に決めていないけど・・・。
知)スタンドは決めておいた方が良いよ。せめてブランドを決めておかなきゃ。
私)そんなに中身違わないでしょう?ウチの車は極々普通の大衆車だし・・・。
知)間違っても商社系や外資系のブランドは止めておいたほうがよいよ。

そこで質問ですが、
(1)色々なブランドのガソリンを使うことは車には悪いのでしょうか?
(2)商社系や外資系のガソリンは品質に問題があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

30年くらい前まで、なるべくシェルで入れろ、間違っても日本石油は入れるな、といいました。
それは別にシェルのガソリンの品質が良かったからではなく、シェルはガソリンスタンドへの目が行き届いていて、粗悪ガソリン、つまりハズレがない、という理由でした。
それに対し日石ブランドは、いいところもあるが、時々ひどい粗悪ガソリンを入れるガソリンスタンドがある、と言われていました。
つまり日石のガソリンスタンドは、正規の元売りしは別なところから、時々こっそりガソリンを仕入れることがある、ということです。
私の経験から言っても、それは事実だったと思います。

最近では、そんな粗悪ガソリンを出すところは殆どなくなり、エンジンの性能も上がって、少々悪いガソリンでも、不調になることはなくなりました。
ただ、商社系のスタンドのガソリンは、成分の関係で、燃費が悪いことはあるようです。
今は、石油元売りの、燃費を伸ばすための混ぜもの(というか成分)の研究は、恐ろしく進んでいます。

車については、たいした知識がなくても、「うんちく」を言いたい人は多く、バカげた話がいろいろあります。
たとえば、取扱説明書にはオイル交換は15000キロと書いてあるのに、3000キロに一回交換しないと、車が壊れると主張する人がいます。
ハイオク仕様車に、レギュラーを入れると、車が壊れる、出火する、と主張する人がいます。
(ごく一部、特殊な車で、エンジン不調になる場合はあります)

同じウソでも、逆に、オイルは30000キロ交換しないで大丈夫ですよ、と言ったのでは、あまり説得力はありません。
しかし、5000キロに1回とか、3000キロに1回というと、妙に信憑性が出てくるのです。
実際に、改造車系の雑誌では、5000キロに1回を主張しているケースがあります。

そうやって、車の取扱説明書を書いた人より車に詳しい(と自分で思っている)人が、誕生します。

ガソリンも同じことです。
「色々なブランドのガソリンを使うことは車には悪い」なんてのは、ヘそが茶を沸かすような話です。
車に詳しい人は、そんなことは言いません。

近所のガソリンスタンドについては、ブランドに関係なく、「どうもあそこで入れると、へんな感じだな」というところがあれば、避けたほうがいいと思います。
そうしたことは、特別車に詳しくなくても、なんとなくわかります。
しかし、そうでなければ、そんなに神経質になることはありません。

旅先では、「大ハズレ」になることか、まれにあるかもしれませんが、1回だけのことです。
その程度で、エンジンが壊れたりはしません。

30年くらい前まで、なるべくシェルで入れろ、間違っても日本石油は入れるな、といいました。
それは別にシェルのガソリンの品質が良かったからではなく、シェルはガソリンスタンドへの目が行き届いていて、粗悪ガソリン、つまりハズレがない、という理由でした。
それに対し日石ブランドは、いいところもあるが、時々ひどい粗悪ガソリンを入れるガソリンスタンドがある、と言われていました。
つまり日石のガソリンスタンドは、正規の元売りしは別なところから、時々こっそりガソリンを仕入れることがある、...続きを読む

Qレギュラー車にハイオクを入れる利点は?

(1)レギュラー車にハイオクを入れるメリットは
あるのでしょうか?
(2)またいったんハイオクを入れてレギュラーに
戻す時は注意すべきことはあるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ハイオクとレギュラーの違い

エンジンは空気と霧状のガソリンを混ぜたもの(混合気)をシリンダ内で圧縮して火花点火をすることによりパワーを得ます

パワーを上げるには単純にこの「圧縮」をどれくらいにするかで決まります(他の要素も沢山ありますが)
圧縮すればするほどパワーは上がりますが、圧縮している途中で圧力に耐えられなくなったガソリンが自然発火してしまいます(ノッキング現象を引き起こします)

そこで高圧力に耐えられるガソリンがハイオクです
オクタン価はアンチノック性能を示す度合いです
レギュラーで90前後 ハイオクで98~100です
レース用ガソリンは110~120くらいあるものもあります

これを踏まえて、ここで質問に当てはめて考えてみると

(1)レギュラーガソリンを前提としているエンジンにハイオクを入れても意味はありません

(2)混ざっても本質はガソリンです、特に注意点はありませんし問題もありません


市販のハイオクは、オクタン価以外にも各社工夫をしており、様々な添加剤やエンジン洗浄剤を添加している場合が多く、オクタン価以外の恩恵があると考えられます
しかし、ハイオク入れるよりも市販の添加剤を混ぜたほうがより期待できると思われます

ハイオクとレギュラーの違い

エンジンは空気と霧状のガソリンを混ぜたもの(混合気)をシリンダ内で圧縮して火花点火をすることによりパワーを得ます

パワーを上げるには単純にこの「圧縮」をどれくらいにするかで決まります(他の要素も沢山ありますが)
圧縮すればするほどパワーは上がりますが、圧縮している途中で圧力に耐えられなくなったガソリンが自然発火してしまいます(ノッキング現象を引き起こします)

そこで高圧力に耐えられるガソリンがハイオクです
オクタン価はアンチノック性能を示す度合...続きを読む

Qキグナスガソリンの質?

2ヶ月ほど前から近くのキグナスでガソリンを入れています。理由は以前から出光カードがあるので出光で入れていたのですが価格差が15円以上(フルサービス)あるからです。しかし、どうも気のせいか加速と燃費がキグナスの方が悪いようなのです。ガソリンスタンドで勤務経験のある同僚は出光の方が高くても品質良いから、燃費やエンジンにもいいとアドバイスされました。本当に品質の差はかなりあるのでしょうか?(価格差が品質差なのですか?)
私は車に良くて、燃費がいいガソリンがいいと思いますが価格も大事なのです。アドバイスお願いします

Aベストアンサー

♯3です。補足します。
現実的に、成分による違いがメーカーごとにあると考えるのは、逆に当たり前のことです。それぞれの私企業が独自のノウハウで精製を行っているのですから。でも、そんな差を考えるなら原油の産出地の影響だって無視できないでしょう。へんな例ですが、サントリー・モルツは、地域ごとに使っている水が違い、で、一時水系別セットを販売していましたね。石油にしても、原油の産地による違いはあって当然です。確かに、とても敏感な人にはその違いがわかるでしょうが、そんな差、多くの人にとってはあってないようなものです。調査にしても、同じブランドでも製油所による違いがあってもなんら不思議ではありません。自動車ですら、○○工場製は…なんて、まことしやかなうわさがささやかれるのですから…。チョー敏感な人ならともかく、あからさまに違うなんて、ありえないことです。ノーブランドやまだまだ実績がともなわないアルコール系燃料はともかく、もう何十年も看板を掲げている“キグナス”ブランドが一様に、品質が実用レベルで明らかに劣るとは、論理的にも考えられません。差があったとしても、それはほんのわずかなはずです。
要は15円をどう考えるかだと思います。あからさまな差がブランドではっきりしているなら、当の昔にキグナスは淘汰されているでしょう。

♯3です。補足します。
現実的に、成分による違いがメーカーごとにあると考えるのは、逆に当たり前のことです。それぞれの私企業が独自のノウハウで精製を行っているのですから。でも、そんな差を考えるなら原油の産出地の影響だって無視できないでしょう。へんな例ですが、サントリー・モルツは、地域ごとに使っている水が違い、で、一時水系別セットを販売していましたね。石油にしても、原油の産地による違いはあって当然です。確かに、とても敏感な人にはその違いがわかるでしょうが、そんな差、多くの人にと...続きを読む

Q粗悪ガソリン入れた経験ありますか?

先日、燃費の悪い燃料を給油してしまったみたいです。パワーは出ないし、燃費は悪い。
こんな経験された方おられますか?その後、どんなことに気をつけておられますか?

原油価格高騰により、こんな不良ガソリンが増えそうな気がします。納得出来ないですよね。いっそのこと、ハイオク入れるとか?

Aベストアンサー

昔、レギュラー仕様の車には3回に1回はハイオク入れてました。
その方が、10%位燃費もいい感じでしたね。セルフだとそういうことも気兼ねなくできるのでいいです。

京都の安いGS、思い当たるところあります。もう、現在は閉店してたように思いますが、全国的にも相場の安い幹線道路沿いにあっても、5円くらい周囲より安かったように記憶しています。
小さく無印で、納入のローリーも無印でした・・・

ただ、この時期だと結露などの水の混入も怪しいので、水抜き剤やガストリートメントなんかを使うのもいいんじゃないでしょうか?

Qオイル交換、ディーラーorオートバックス、どちらが良い?

トヨタ車に乗っています。
エンジンオイル交換はディーラー、オートバックス、どちらが良いでしょうか?ちなみにオイルは純正オイルと決めています。

値段的、技術的、その他の面でどうでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

ディーラーで整備士をしていました。
何度かオイル漏れするとお客様から相談されて点検すると、エンジンオイルのドレンボルトからの漏れで、原因は毎回交換する必要のあるドレンボルトのパッキンを再利用した事が原因でした。
あと、パッキンを交換しないので漏れをとめる為通常より強く締め付けた為ねじ山がなめてしまいオイルパンの交換をするはめになった事もありました。
ショップによってパッキンの交換をしない店もあるようです。
純正オイルを使うのなら安心感もあるディーラーの方が良いと思います。

Q周囲に比べて異様に安いガソリンスタンド

私の住んでいる地域では大体レギュラー128円/lなのですが、一箇所だけ117円/lのスタンドがあります。
セルフなわけでもないし(近くのセルフより安いです)、どうしてこんなに安いのか分かりません。
やはりこの様なところは他のところに比べてガソリンの質が悪かったりするのでしょうか?
それとも何らかの理由(流通経路など?)によって低価格が実現できているんでしょうか?
正直安すぎて入れるのが怖いのですが・・・

Aベストアンサー


そのガソリンスタンドは、石油会社の看板かかってますか?(エネオスとか出光などの)

もし看板がかかっていない場合はノーブランドということになります
ノーブランドのガソリンスタンドは、各石油会社系列で余ったものを安く買い叩いていたりします

ガソリンは生ものですでの、多少なりとも見込み生産せざるを得なく、予想よりも小売店からの注文が少ない場合は余らせてしまうことになります
その余った分を安く買ってるため、市販価格が安くおされられます

各社石油会社のガソリンが混ざってる事になりますが、ガソリンとしては特に問題ありません

問題のあるガソリンを販売してたら、すぐにそのガソリンスタンドは潰れますよ

(中には悪徳業者もあり、普通のガソリンと質の悪いガソリンをまぜて販売している所もあるようです)


もうひとつの理由として
そのガソリンスタンドは大きな系列店(販売会社が同じで何店舗も店を持ってる)ではありませんか?
系列店なら、その地域の他のガソリンスタンドに対抗してまたは本気で他店を潰す目的で価格を下げている場合があります。
系列店ならばその店の赤字は他の系列店で損失を補填できますから、強気の値段設定が可能です

それにしても、10円以上の差はあり過ぎると思いますけどね。



その、安い店は消費税別表示をしていませんか?
税別表示だとしても、安いですけどね。


そのガソリンスタンドは、石油会社の看板かかってますか?(エネオスとか出光などの)

もし看板がかかっていない場合はノーブランドということになります
ノーブランドのガソリンスタンドは、各石油会社系列で余ったものを安く買い叩いていたりします

ガソリンは生ものですでの、多少なりとも見込み生産せざるを得なく、予想よりも小売店からの注文が少ない場合は余らせてしまうことになります
その余った分を安く買ってるため、市販価格が安くおされられます

各社石油会社のガソリンが混ざってる事...続きを読む

Q激安GSのガソリンはエンジンに悪い?

先日、GSの話を会社の人としていたら、激安が売りのGSなんて使ってたらエンジンに悪いと言われました。

激安といっても地元ではソコソコ大きなお店なので、私は全くもって安心していれていたのですが
会社の人いわく、元売系のGS以外は信用できないという話でした。

私事ですが、最近、外車を購入したのでちょっとその話が気になってます。

やはり元売系のお店で給油する方が安全なんでしょうか?

Aベストアンサー

まず、石油元売りの関係者は、間違いなく、「激安店は品質に問題がある」と、コキ下ろすでしょう。
脅迫まがいでも、「エンジンが傷む」といわれると、さすがに考え込んでしまいます。
でも、大手元売りの看板をかかげているGSでも、不良ガソリンを売っている店は、いくらでもあるんですよね。
GSのおやじが、時々、横からいかがわしいガソリンを仕入れても、元売りは、そんなところまで把握できません。
仮に把握できて警告したとしても、GSのおやじに「そんなことを言うと、別な元売りに鞍替えするぞ」と開き直られれば、それで終わりです。

ただ、一部の商社系のスタンドで、燃費が悪い、ということはあるようです。
今のガソリンは、いろいろな「まぜもの」をして、燃費を伸ばすように工夫されています。
「まぜもの」というより「成分」といったほうがいいかもしれません。
商社系で、純粋なガソリンをそのまま出すようなところには、「あそこで入れると、燃費が伸びない」みたいなことはあるようです。

要は、ブランドに関わらず、入れてみて、「なんとなくエンジンの調子がおかしいな」と思うようなGSでは、二度と入れないことです。
「○エナジー」だろうと、「シ○ル」だろうと、独立系だろうと、おなじことです。
ただ、地方に旅行に行くと、周辺の最安値店よりさらに5円くらい安い店が、唐突にあったりします。
だいたい大手元売りの看板をぶら下げているのですが、そうしたところは避けた方がいいかもしれません。

車の世界では、やたらと「知ったかぶり」をしたい人がいます。
5000キロに一回オイル交換をしないとエンジンが壊れる、とか、ハイオク仕様車にレギュラーを入れると火が出る、とか、平気で無責任なホラを吹きます。
車の取扱説明書を書く人より、自分は車に詳しい、と、錯覚しているウマシカがたくさんいます。
あまり、迷わされないようにしたほうがいいと思います。

まず、石油元売りの関係者は、間違いなく、「激安店は品質に問題がある」と、コキ下ろすでしょう。
脅迫まがいでも、「エンジンが傷む」といわれると、さすがに考え込んでしまいます。
でも、大手元売りの看板をかかげているGSでも、不良ガソリンを売っている店は、いくらでもあるんですよね。
GSのおやじが、時々、横からいかがわしいガソリンを仕入れても、元売りは、そんなところまで把握できません。
仮に把握できて警告したとしても、GSのおやじに「そんなことを言うと、別な元売りに鞍替えするぞ...続きを読む

Qセルフのガソリンの質は悪いの?

本来、カテゴリーが違うかもしれませんが、車の知識がある方ならご存知かもと思い選択させていただきました。

またガソリンの値上げがあるそうですよね。
できればセルフで入れたいのですが、少し前に、知人から次のような噂を聞きました。

「セルフのガソリンは安いけど、減るのもはやい。」

これって本当でしょうか?一度、実際に走って比べてみましたが、エアコンの使用度や走るスピードなども完全に一致させることができず、確証を得ることはできませんでした。

本当にセルフのガソリンは、安かろう悪かろうなんでしょうか?ご存知の方いましたら教えてくださいませ。

Aベストアンサー

ガソリンの抽出してるメーカーは少ないです。出回ってるガソリンの殆んどが新日本石油や昭和シェル石油製です。ハイオクに関しても各メーカーによって添加物の混合量は若干変わりますがベースは一緒ですので「セルフだから」「無名スタンドだから」という事はありません。フルサービスとセルフサービスの価格差は約2円~3円ですが、それは人件費とサービス料です。フルサービスでは窓拭きや灰皿清掃等を行いますので若干高いですが、サービス料と考えればどっちもどっちと思います。価格重視ならセルフサービスですがサービス重視ならフルサービスですので使い分けても良いと思いますよ。

Q粗悪ガソリンについて

はじめまして。
最近悩んでいるのですが、安いところのガソリン
スタンドはやっぱり粗悪ガソリンなんでしょうか?
自分がいつも入れてるところは、太陽石油http://www.taiyooil.net/ ってところであんまり聞かないけどHPはあって結構規模は大きいみたいです。
近所の太陽石油はレギュラー119円くらいでプリペイドカードを使うと5円引きになるんで、いっつもそこで入れてるんですが、最近知り合いから聞いた話で安いところのガソリンは灯油などのわけのわからないものを、混ぜたりしてる
と聞いてとても不安です。家計は苦しいのでちょっとでも
安いところで入れるようにしてますが、クルマに影響があっては困ります。ENEOS等ではガソリンを補充しにくるタンクローリーにENEOSなどのロゴが刻印されていますが、
太陽石油は無印のタンクローリーから補充してるのも見たなどとも言ってました。実際のところどうなんでしょうか?太陽石油のHPを見る限り悪そうには見えないし、かなり困っています。長文ですいませんが、アドバイスを頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんばんはm(__)m

太陽石油は大手元売りですよ
スタンドの件数が少ないので
地域によっては知らない人が多いだけです
太陽石油は愛媛県にしか製油所が無いですから

基本的にガソリン(レギュラー)と灯油
通常の軽油は元売り同士売買しています
例えば元売りの製油所で新日本石油の製油所に
コスモ石油や出光興産のタンクローリーが入ります
(外資系は若干違いますが)

ですから製油所や油槽所が無い地域ですと
輸送コストが莫大な金額になるので
売れ筋(レギュラーや灯油)は近くの元売りから
業販経由でスタンドに運ばれるんです

新日本石油のスタンドにコスモ石油のタンクローリーが入っていたらバツが悪いでしょう?
それにマークが入っているタンクローリーだけではありません
元売り曰くなるべく使うようにと通達していますが
結局は運送業者の問題なので

今時粗悪ガソリンなってありません
もう20年も前の話です
その知り合いの話は根拠の無いデマですよ


人気Q&Aランキング