ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

初めてオールデンのバーガンディのコードバン靴を買って、ある程度調べてケアグッズを調達したのですが、下のような要領で大丈夫でしょうか?

心配な点としては、
1.何回のケアに一回リムーバーを使うのか
2.二回目の馬毛ブラシを使う(クリームを馴染ませる)タイミングはどこか
(最後のワックスの後のブラッシング以外は適当なクロスで馴染ませていいのか)
です。よろしくお願いします。

最初のうち
・シューツリーを入れる
・馬毛ブラシ(1)でほこり落とし
・サフィール ノワール クレム1925(バーガンディ)をクロスで塗り、拭き取る
・馬毛ブラシ(2)でなじませる
・グローブクロスで拭く

3ヶ月~半年に一度
・シューツリーを入れる
・馬毛ブラシ(1)でほこり落とし
・サフィールレノマットリムーバーとリムーバークロスで汚れ落とし
・コロニル 1909 シュプリーム
クリームデラックス(無色)をクロスで塗り、拭き取る
・サフィール ノワール クレム1925(バーガンディ)をクロスで塗り、拭き取る
・コロンブスBoot Black SILVER LINE(バーガンディ)をクロスで塗り、拭き取る
・馬毛ブラシ(2)でなじませる
・グローブクロスで拭く

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

革靴の販売に携わるものです。


以前、オールデンなどを扱うインポートシューズショップに勤めていました。
あくまでご参考までに。

コードバンのお手入れの基本は、
乳化性クリームを塗る→油性クリーム(ポリッシュ)で磨き上げる。
です。

コードバンの革の特徴としては、表面(ぎん面)を削りとってスエードのように毛羽立った革を、寝かして平らに加工されています。
そのため、水分を含む乳化性クリームだけでは、ぬにゃけてしまい、艶が長持ちしません。必ず上から油性ポリッシュでコーティングします。また、ブラッシングのしすぎは、革を毛羽立たせてしまいます。
個人的には、リムーバーなどの汚れ落としはほとんど使用しません。よほど落としたい汚れがあった時は、汚れている場所のみ部分的に使用します。
その際も、汚れ落としを使用した場所には、油性ポリッシュで仕上げます。
普段のお手入れは下記でOKかと思います。

・シューツリーを入れる
・馬毛ブラシ(1)でほこり落とし
・サフィール ノワール クレム1925(バーガンディ)をクロスで塗り、拭き取る
(×)馬毛ブラシ(2)でなじませる ←必要ないかと思われます。
●油性ポリッシュ(無色またはバーガンディ)を塗る ←必要だと思います。
・グローブクロスで拭く


下ページは、コードヴァンのお手入れ方法です。ご参考までに。

参考URL:http://www.parashoe.com/care/cordovan.html
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京都でオールデンを取り扱っている店舗

オールデンに興味があり、実際に見て購入したいと思っています。
セレクトショップでは扱いがあるのは調べて分かりましたが
数が少なそうで二の足を踏んでいます。

そこで、東京都内、特に新宿周辺(新宿駅から電車で20分以内程度)でオールデンの品揃えが豊富な店舗をご存じの方がいらっしゃれば
教えて頂きたいと思い質問しました。
オールデンといえばなかなか高級ですができればカジュアルな服装でも入りやすいお店がいいとおもっています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

青山にある「ラコタハウス」が日本国内のオールデン輸入総代理店になっています。
http://www.lakota.co.jp/
ただフィッティングが独特だという噂もあり、できればいろいろな店舗を回ってみた方が良いかもしれません。
新宿の伊勢丹メンズ館B1の靴売り場にも売ってましたが、種類はそれほど多くなかったです。

Qオールデンは本当に良い物なんでしょうか?

私は右足の付け根に痛みを抱えており、普通の革靴を履くと右足が凝ったような状態になります。
普段はニューバランスのM996を愛用しており、趣味の観光旅行や街歩き等はほとんどこれで済ませているのですが、たまにジャケット等のキレイ目な服を着たい気分の時は流石にスニーカーだとアンバランスです。
そういう時はトリッカーズのブーツを履くのですが、これは重たい上にアッパーの革も底も堅いので、非常に足に負担が掛かってしまいます。

そこで「履き心地が良くて質の高い革靴」と言われているオールデンのコードバンシューズを考えてみたのですが、巷間言われてるように本当にいい靴なんでしょうか?
あまりに雑誌(Begin、メンズクラブ等々)で「いい!いい!」の大合唱で、逆に胡散臭く感じています。
実際、雑誌で大人気のクロケット&ジョーンズも↓のように「決して質の高い物ではない」と言われており、オールデンもひょっとしたら「大して良くも無いものを雑誌が勝手に持ち上げてるだけ」なのかなぁと疑問に思いました。
流石に10万円の靴であり、おいそれと買えるわけでもないんで、その辺りの実感を皆様にお聞きしたいのですが。
(「店で試し履きすればいい」というのは重々承知なんですが、やはり高額な靴なんで躊躇してしまいます。「履きジワが付いたから買い取って下さい」と言われるのも嫌ですし。それに、たかだか数分の試し履きじゃ分らない部分も多いと思いますので。)

http://blog.tsushin.tv/alceste/item/19857

私は右足の付け根に痛みを抱えており、普通の革靴を履くと右足が凝ったような状態になります。
普段はニューバランスのM996を愛用しており、趣味の観光旅行や街歩き等はほとんどこれで済ませているのですが、たまにジャケット等のキレイ目な服を着たい気分の時は流石にスニーカーだとアンバランスです。
そういう時はトリッカーズのブーツを履くのですが、これは重たい上にアッパーの革も底も堅いので、非常に足に負担が掛かってしまいます。

そこで「履き心地が良くて質の高い革靴」と言われているオールデ...続きを読む

Aベストアンサー

 とても日本人的な質問で興味を持ちました。あなたの言っていることは車で言えば メルセデスとBMWとジャガーとボルボなどなど、どれが一体ベストか、と言っているのと同じなのではないかと思います。この件について まず第一に検討するべきと思われるのは、それぞれのメーカーが、日本の各取引先の気まぐれなリクエストに基づいて作成している既製靴レベルにおける木型があなたの足に合うかどうかということ、二番目に各社のデザイン、ディテイル、仕上げなどがあなたの感覚に合うかどうか、つまるところ、いわば”もの”の良し悪しではなく、好き嫌いの問題となるのではないでしょうか。 こればっかりは、実際に購入をされてみて5年10年履き続けてみないと、しかもたった一足だけであるメーカーについて判断をくだすのは、いささか不公平ということもあるかと思います。 今後は、特別知的水準が高いとは言えない日本の雑誌や各ショップのセールスの言い分の全てを鵜呑みにはせず、少しずつ自分で買っては試しを繰り返し、何が、どこの靴が自分に合うのか、感覚を磨いていくしかないと思います。私自身について言えば16年ほどニューヨークに住んでおり、当地で服飾関係の仕事をしています。仕事がらマサチューセッツのオールデンの本社には何度も訪れたことがありますし、クロケットについても昔からよく知っています。社長のジョナサン ジョーンズとも話したことがあります。またグレンソンの日本でのセールスの責任者はかつて日本で仕事をしていた時代の上司でもあります。トリッカーズには友人がおり、話を聞く機会があります。これら各メーカーについて、まず私たちが認識、かつリスペクトしなくてはいけないことは、これらの会社が全て、19世紀後半以降、3世紀に跨ったビジネスを続けてきている、という事実で、浮き沈みの激しい欧米のビジネスの世界においては 極めてマレなことであり、彼らが存在し続けることが出来てきたその理由と意義について 一度ならず考えるてみるべきではないでしょうか。 個人的には、どの社にも共通していることとして、勤勉、誠実、堅実などなど、マックス ウエーバー言うところの”プロテスタンティズムの精神”を体現化しているところにその秘訣の一部があるのではと思っています。
 各社ともほんの数十年前までは、ほとんど自社の名前も出さず、取引先の靴屋やメンズショップのリクエストに応じて、日本人の好きな、いわゆる”別注品”を手がけてきていたわけです。 ここで私が何を言いたいのかというと、いい意味で不器用なオールデンはともかく、クロケットについて、メイクに関しては、必ずしも自社の主義主張ではなく、マーケットに応じて、つまり取引先の意向がかなり反映されたものもある、またはあったということです。 これは、例えば価格帯をどのあたりで設定して、販売時の利益率をどの程度見込むかというビジネスの基本の部分でもあるのですが、これに柔軟に応えられるクロケットであるからこそ取引先から重宝がられてきたわけで、そのためにクロケットのメーカーとしての真の実力を見誤るということのないようにしたいものです。 実際クロケットは、パリのジョン ロブが高級既製靴を開発する際、1980年代初頭にもかなりの貢献はしました。この際の実績は、彼らのハンドグレードラインと現在呼ばれている商品にも当然活かされていますし、パリに直営店を開いて以降、新しい木型にも積極的に挑戦をし、新境地を開いてきました。 とは言え、もしクロケットを買われるのであれば、日本の各ショップが”別注”している、そのシーズン限りの”旬”なデザインのものを買うのではなく、出来ればロンドンまで出向き、直営店において、もっとも靴をよく知っているセールスマンから購入されたら如何かと思います。
 私はオールデンのコードヴァンの靴だけで 合計40、50足は持っていますが、確かに一足一足 シワの出方も異なるし、シワの部分から色素が逃げて 白っぽくなったりするものさえありますが、逆に言えば、一足とて同じものはないということなのです。試しにお店で代表色であるバーガンディのご自分のサイズを全部出させて見るといいです。染料をあまり使わないこともあって、一足づつ全て微妙に色合いが異なっているはずです。別の言い方をすれば、コードヴァンの靴は、製品ではなく、むしろ作品に近いニュアンスを持っていること、そして購入してからか手入れを行い、自分で靴を育てていかなければいけないところがコードヴァン素材の魅力であり、大変さであると思います。手入れをきちんとしないと、日本の冬の乾燥時に皮が切れてしまうことさえ起こりえます。 以上、その靴の出来が良かろうが、悪かろうが その事実を受け入れがたいというのであれば、コードヴァンを買われるのは、しばらく見合わせておかれた方が良いかもしれません。
 オールデン社について付け加えると、オーソぺディックシューという足の形に問題のある人向けに いわゆる矯正靴を開発して業界内で認められてきた会社で、ビジネスの規模そのものは昔から決して大きくはありません。また軍靴についても有名です。こうした実績が第二次大戦後にブルックス ブラザーズ社の目に止まり、取引が始まったわけです。特にシェルコードヴァンは、その独特の風合い、色合いからブルックスを代表する商品に成長し、オールデンの評判も合せて高まっていきました。 かつてのブルックスの商品部には、靴の神様のようなバイヤーがいて、オールデンの営業マンが 新作の靴の品定めをそのバイヤー氏に依頼し、彼は指一本を靴底にあてて、重量のバランスをチェックしていました。 また当時のブルックスにおいては、コードヴァンのオックスブラッドとも呼ばれる、バーガンディの深みのある色合いは、あらゆるスーツの色に合うものと教えられたものです。但し、今でこそ希少価値ゆえに高級素材とされているコードヴァンですが、ヨーロッパ、特に英国では、昔からクラップcrapと呼ばれ、ちょっとした屑物扱いでした。私はロンドンのバーリントンモール内で、 プラダに買われる以前のチャーチ社のグラフトンという名のウイングティップを買いましたが、その名もGrafton Crapでした。店長と話をしましたが、”ものによってだが、シワがひどく出るし、皮の質も個体差が激しく(馬一頭から一足分しか取れない)、しかも履いてみないことには わからない。靴の素材としては、質のいいカーフの方が適しているのではないか。もともとこの靴もロンドンで仕事をしているアメリカ人のリクエストで生まれたようなものだ。”などということを言っていました。実際、現在 農耕馬の激減にもよりますが、質の高いコードヴァンは、ほとんどが米国製であって、そのためヨーロッパのメーカーが使用すると米国製の靴よりも日本においては、販売価格が2割以上割高となるようです。個人的には、オールデンを試されたいのであれば、Jacobson(ジェイコブスンと発音するのが正解ですが、多分日本では ジャコブソンと言われているでしょう。)という矯正靴を改良したモデルで、カーフ素材のものから試されたらよいか、と思います。それから、履き心地ということであれば、米国製のもうひとつの雄、アレン エドモンズを試されてみては如何でしょうか。米国においては、両者とも価格帯はほぼ一緒なのですが、日本での価格は オールデンの方が 総じて高めのように思えます。アレン エドモンズのパークアヴェニューは普段履きのドレスシューズとして個人的にもお薦めです。ヨーロッパのような繊細さは感じれられないかもしれませんが、男には、タフさ、力強さの方が重要なのではないでしょうか。

 とても日本人的な質問で興味を持ちました。あなたの言っていることは車で言えば メルセデスとBMWとジャガーとボルボなどなど、どれが一体ベストか、と言っているのと同じなのではないかと思います。この件について まず第一に検討するべきと思われるのは、それぞれのメーカーが、日本の各取引先の気まぐれなリクエストに基づいて作成している既製靴レベルにおける木型があなたの足に合うかどうかということ、二番目に各社のデザイン、ディテイル、仕上げなどがあなたの感覚に合うかどうか、つまるところ、...続きを読む

Q初めてのALDEN

初めてのALDENでプレーントゥを購入しようと考えているのですが、
ブラックにしようかバーガンディにしようか非常に迷っています。(990、9901どちらか)

当初はバーガンディを購入するつもりでいたのですが、
唯一気になる部分が色の抜けです。

バーガンディは非常に色が抜けやすく、
シュークリームを塗り込んでもいずれ入りにくくなって薄くなってしまうと聞いたからです。

実際に目にしたこともあるのですが、
使い込んだバーガンディの色味はかなり薄くなってしまっていました。

クリームを使っても同様のようです。

ブラックに関してはあまり知識が無いのですが、
比較的同じ状態で長く使っていけるのでしょうか?

キレイなバーガンディの色味が好きなだけに、
どちらにするべきかかなり悩んでいます。

お詳しい方いらっしゃいましたらお願い致します。

合わせる服などでは特に考えていません。

スーツ、カジュアル両方使うつもりでいますので。

Aベストアンサー

Cordovanコードヴァンの靴についてですね。コードヴァンの語源
はスペインのコルドヴァです。コルドヴァは中世における欧州の
皮革なめしの中心地であり、かつてはイスラム教国家の首都として
栄え、そのためイスラム伝統の皮なめしの技術がもたされ、発展しま
した。コルドヴァ産の皮革については、独特の赤茶色、要するに
バーガンディが最大の特徴で、欧州にも広まっていきました。
その結果、カルティエの財布の色、ロエヴェのバッグの色など、
大きな影響を与えてもきました。
 馬の皮、コードヴァンについては、伝統的に特別に染料を用いずに
仕上げてきた部分もあって、自然とコードヴァンと言えば
バーガンディであったというか、それしかなかったのです。
 黒が登場したのは、ここ25年くらいのことではなかったでしょうか。
 仕事柄コードヴァンの靴については、たくさん持っていますが、 
黒の方が色と光沢を維持するのは個人的な経験から難しいように
思います。どうしてもグレーがかってしまうのです。
 バーガンディについての色抜けは私も見たことはありますが、当時は
メルトニアンMeltonianのクリームで処理(London Tanもしくは
Burgundy色にて)をしていました。これについては個体差があり、
必ず色が抜けるとは限りません。ちなみに私の靴については一足も
色抜けはありません。色が抜けても抜けなくても味があるのが
コードヴァンの良さだとも思いますが...。
 そんなわけで個人的にはバーガンディの方をお薦めいたします。

Cordovanコードヴァンの靴についてですね。コードヴァンの語源
はスペインのコルドヴァです。コルドヴァは中世における欧州の
皮革なめしの中心地であり、かつてはイスラム教国家の首都として
栄え、そのためイスラム伝統の皮なめしの技術がもたされ、発展しま
した。コルドヴァ産の皮革については、独特の赤茶色、要するに
バーガンディが最大の特徴で、欧州にも広まっていきました。
その結果、カルティエの財布の色、ロエヴェのバッグの色など、
大きな影響を与えてもきました。
 馬の皮、コードヴァ...続きを読む

Qオールデン(ALDEN) の革靴の管理方法

お聞きします。
10万円くらいのオールデンの革靴についてです。

1ーシューキーパーの使い方について
 その正しい使い方について教えてください。汚れやクリームを使ってメンテをした後
 すぐに入れて1日くらいしたら、外して保管するのが良いのでしょうか?
2ー靴を脱いだり履いたりする際
 靴ひもをほどいて結び直し、履くときも靴べらを使用するのが、きれいに靴を
 保つための必須条件でやらなければならないことでしょうか?
3ー雨の日
 革靴は、雨の日には履かない方が無難でしょうか?
4ー防水対策
 防水スプレーは御法度でしょうか?靴底に使うだけでもダメなのでしょうか?
 そうしましたら別の方法で何か靴にダメージを与えないような防水対策はありますか?
5ー革靴の底を除いた場合、管理やメンテを上手に行えば革靴は
 どのくらい使用できるものですか?

たくさんで恐縮です。
分かる部分だけの回答でも構いません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1ーシューキーパーの使い方について
 
シューキーパーは入れたまま保管した方がよろしいかと、
特に木材のシューッキーパーは、殺菌や吸湿作用があると言われています。
100円均一ショップで購入出来るタイプ(中間部がスプリング)は、長期間放置すると、スプリングの反発力で靴の形状が変わる場合もあります。100円均一のシューキーパーを使用場合は、1~3日程度使用し、アッパーの履きシワが消えたあとに、新聞紙をクシュクシュとして、入れておく方法もあります。
半分以上の靴に、私はこの方法を採用しています。

2ー靴を脱いだり履いたりする際
 靴ひもをほどいて結び直し、履くときも靴べらを使用する、

必ず必要なことです。長く使用する必須条件です。
一度でも大きな変形を受けた場合、革はその部分がシワになります.履きシワが良い例ですが
シワになった部分は、硬さや強度が変化しその部分から変形して行きます、
特にカカト部分は、靴の性能を左右する需要な部分で、この部分のフィットが不足すると長時間歩いた場合、疲れやすくなります。
カカトの内部にはヒールカウンターよ呼ばれる補強材があり、カカトが着地した時靴全体を安定させる役割を担っています。
カカト部分が変形すると、歩行するときの着地、体重移動が全ておかしくなります。
靴ひも部分も、足と靴全体を固定するために重要な部分です。必ず緩めて脱いだり履いたりして下さい。
靴ひもは痛みますが、消耗品と考えて予備の靴ひもを用意すると良いでしょう。

外国の方は靴を履いたまま一日中生活します.忘年会だパーティだと言って靴を脱いだりする習慣がないので、朝結んだ靴ひもは家に帰ってシャワーを浴びるときに解く程度です。

ですから、欧米の靴は、足の形がフィットすれば、非常に快適ですが、履いたり脱いだりが大変なものが多いです。
日本では、ある程度脱ぎやすい靴が好まれます。

また、歩いている時、靴ひもが緩いと靴の形状に悪影響を及ぼします。

3ー雨の日
 革靴は、雨の日には履かない方が無難でしょうか?

できれば、はかない方が無難です。
革が痛む、特にコードバンには大敵、
濡れた革底は、滑って危険、擦り減ってしまう。靴底が水を吸って、乾燥させるには何日もかかる。
ダブルソールの場合1週間 新聞紙を何度も入れ替えなければならない。
雨の日用の靴を持っていると良いですよ。
ゴム底でガラス張りレザー(REGALの昔のモデル)が手入れが簡単で水に強いです。
ゴアテックスを使用し、防水性能の高いものもあるようです。


4ー防水対策
 防水スプレーは御法度でしょうか?靴底に使うだけでもダメなのでしょうか?

防汚スプレーは使いますが、防水スプレーは使用したことがありません。
雨の日、長時間使用すれば、防水スプレーを使用していても浸水するんじゃないかな?
あれは、シリコンやフッ素で水をはじく(撥水効果)原理だから、靴の使用条件ではきついかも?

5ー革靴の底を除いた場合、管理やメンテを上手に行えば革靴は
 どのくらい使用できるものですか?

靴底の張り替え可能な構造であることが前提ですが、
REGALの靴でも20年以上使用されている方もいます。
私も20年勤続の靴を持っています。
毎日同じ靴を履いた場合と、2足をローテーションした場合、7足を交互に履いた場合で結果は変わってくると思いますが
靴好きな人の中には、50年前のデットストックを履いている方もいます。

気に入ったチャッカブーツがあって、10年間メンテをしていたのですが、
新しくCHURCH'Sのサハラを購入したら、メンテがおろそかになり、カカト部分の縫い目にクラックが入ってしました。
靴に対するこだわりや、愛情が続く限り使用出来るのではないでしょうか?

ALLDEN 良いですね。きっと今後50年後も、同じデザイン、同じ品質だと思いますよ。

1ーシューキーパーの使い方について
 
シューキーパーは入れたまま保管した方がよろしいかと、
特に木材のシューッキーパーは、殺菌や吸湿作用があると言われています。
100円均一ショップで購入出来るタイプ(中間部がスプリング)は、長期間放置すると、スプリングの反発力で靴の形状が変わる場合もあります。100円均一のシューキーパーを使用場合は、1~3日程度使用し、アッパーの履きシワが消えたあとに、新聞紙をクシュクシュとして、入れておく方法もあります。
半分以上の靴に、私はこの方法を採...続きを読む

Qオールデンに合わせる靴下は何がよいでしょうか

 オールデンのコードバンのチャッカブーツ、色はシガーかバーガンディ、を購入しにいこうと思います。しかし、それにふさわしい靴下(ドレスソックスというのでしょうか)を持っていません。ふだんはスニーカーなもので…。
 なるべく老舗のメーカーの定番商品、価格は高くてもよいけど耐久性のあるもの、という条件だと、どんな靴下がよいでしょうか。
 高級靴に詳しい方、よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

靴下の老舗というとパンセレラになるんでしょう・・ただ、価格が高過ぎ!
http://blog.glober.jp/?p=6408

買うんだったらハリソンだと思います。
http://www.halison.co.jp/halison/Scripts/GoodsList.asp?i=i10&c=c60

こちらに靴下の選びの基本的なことが↓
http://fashion.adeliepenguin.info/74.html

Q帰国時に、海外で購入した2万円程度の靴を履いて帰ったら

帰国時に、海外で購入した2万円程度の靴を履いて帰ったら
それは課税されるのでしょうか?(出国時は安い靴を履いているという前提です)
 加えて高級下着なども課税されてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

法律上は海外で購入したものであれば、それが使用・未使用
あるいは着用中であるかに関係なく、課税判定対象品に該当します。
しかし、個人的に使用すると認められるものについては
一定金額までは、免税になります。
靴や下着などは、「その他の品目」という区分になりますが、
これらは合計市価が20万円以下であれば、免税となります。

例えばもし、15万円の下着と5万円の靴であれば、合計で20万円
以下なので免税ですが、16万円の下着と6万円の靴であれば、
16万円(20万に収まるもの)は免税ですが、6万円の靴は
課税されます。この場合その靴を着用して税関を通過すれば、おそらく
見つかることはないかもしれませんが、これは脱税行為に該当します。

Q革靴、店頭でのベストフィットか、ギチギチか?

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、緩くなれば紐締めまたは中敷き対応でやむを得ないのでしょうか?紐締め対応は、ちょうどいい感じが難しく全体的にきつくなったりするので苦手です。

靴は、0.5刻みでなく0.25刻みで作って欲しいと思う今日この頃です。それなら迷わず「24.75」を買うのに。

私に靴の王道パターン(明らかに大きめの作りであるリーガルを除く)は、店頭・室内で足にはめた感じでは25.0がベストで買ってくるが、100mほど歩けば伸びを感じ、数回以内の着用で中敷きを入れるようになる、です。そのパターンの失敗に懲りて明らかにギチギチの24.5を1回だけ買ったことがありますが、数回着用してもなぜかギチギチのままで、(安物だったこともあり)結局廃棄に至りました。

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、...続きを読む

Aベストアンサー

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが幅や厚みのゆるい靴を履くと、甲のところで押さえられず足が正しい位置で止まらず前に滑り、本来足を入れてはいけない「捨て寸」の部分にまで足が入ってしまいます。靴の爪先は狭くなっているので、親指が寄せられたり指が重なったり曲がったりして大変窮屈な状態となり、外反母趾やハンマー・トウの原因になります。

>甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
ワイズは、1日の疲労でむくんだり、体調によってサイズが変わるものなので、
大きめサイズを選んで、中敷などで調節する方をオススメします。

ということで別々の問題です。

爪先の捨て寸とワイズに分けて考えましょう。

という回答で・・・どうでしょう参考になりましたか?

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て...続きを読む

Q英国靴について

英国製の靴について、いくつか質問させてください。
・チャーチの靴ですが、価格は上昇している割に品質が低下しているということを耳にします。CHETWYNDチェットウィンドの購入を検討していますが、10万円近い金額を払う価値のある靴でしょうか?
・トリッカーズのカントリーブーツとチャーチのチェットウィンド、タイプが違うので優劣を決めることはできないと思いますが、どちらがお勧めですか?理由も含めて教えてください。
以上、英国靴(チャーチ)を所有しておられる方、詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ニューヨークから失礼します。質問者さんのためを考えれば
返答すべき質問なのかどうかよくわかりませんが、取り合えず
私の考えをお話しします。
 日本のメディアを見ておりますと、”このブランドはどうですか?
”どこの何々を買ったらいいのですか?”といった質問が目立つ
ように思います。いわゆる”紳士服”や”紳士靴”を身に着けよう
というのであれば、それなりに自分にも覚悟が必要です。
 つまり一人の人間、個としてのstatementを発することになるわけ
ですから。そして日本以外の世界の人からは、たんなる一般大衆で
ない、一家の言を持った人として見られるわけです。
 日本人には自分のことをあまり深く考えずサムライと自称する
人もいますが、実は歴史的に日本人の9割は農民なのです。(今でも)
 サムライは、特に江戸時代のサムライについては、今で言えば
警察、法務、財務の官僚を足したようなものであって、人口の
数パーセントの話です。(幕末の日本の人口はほぼ3,000万人。)
 従って今春行われるWBCの原ジャパンも、サムライジャパンなど
言わず、ノーミンジャパンが正しいのです。
 どうせチームワークや、チーム愛等といったことくらいしか強調
出来ないのでしょうから。お米を作るのも近所同士の協力が必要な
ことは言うまでもありませんし、そもそも”和”の精神こそが、
日本人を代表する考え方でしょう。それに今の日本にサムライと
呼べる資質、克己心のある人がそんなにたくさんいるとも思えません。
つまり自身の人生観、価値観をしっかりと定めた一人の男という
点において紳士とサムライには共通点があるのです。
 欧米とは違い、社会に平等感が満ち過ぎている日本においては
誰もが高級品が買えて真ににけっこうなことなのですが、これを
逆手にとり、つまり順番は逆ですが、いいモノを身に着けること
によって、自分もそのモノを身に着けるにふさわしい人間になる
ように向上していこう、努力をしようということも、これからは
大切なこととなるのではないでしょうか。
 さてChurch's, チャーチについては、この会社によって英国製
紳士靴が世界に広まったといってもいいくらいに貢献度の高い企業
なのです。かつてチャーチの製品については、大塚製靴が戦前
旧帝国海軍の軍靴、そして現在に至るも天皇陛下に献上する靴を
作っていること等によってチャーチ社の信用を得、戦後永い間
日本市場における独占販売権を得ておりました。今でこそエドワード
グリーンだの、ジョン ロブ等といった靴がより高価なこともあって
有名になりましたが、かつてはチャーチが文字通り日本における
高級英国紳士靴の代名詞であったのです。
 仕事で英国に何度も出かけるうちに、シティ(ロンドンの金融街)
等でチャーチを履いている人がけっこう目につき、聞いてみると、
英国内においてもそれなりの階級、立場の人が日常仕事等で履く
靴として、最も認知されているという話でした。(意外に思われる
かもしれませんが、エドワードグリーンやパリのロブ・エルメス傘下
のためこう呼ぶ については、英国人よりも、英国風な装いを好む
英国人以外の世界のアッパークラスの人達に履かれている靴、と
言って過言ではないと思います。)
 このようなチャーチ社の成功は、同社にてNo.73と呼ばれる、過去
においても現在においてもエドワード グリーンのNo.202や、米国
オールデンのBarrie等と並び称される、世界の既製靴業界における
傑作LAST(木型)を開発したことが大きかったと思います。
 1990年代後半、世界の高級ブランド各社の間で21世紀の販売戦略
との兼ね合いで、欧州の老舗メーカーの獲得合戦が勃発、チャーチも
そのあおりを受けプラダの傘下となってしまい、一時日本市場から
姿を消してしまいました。日本人とは不思議なもので、いかにも定番
英国靴といった風情のNo.73を使用したチャーチの靴をいつでも
買えると思っている間は、売り上げはジリ貧だったのですが、いざ
買えなくなるとなるとあわてて急にブームになるといった状況でした。
 昨年7月に日本に出張した際、偶然日本橋丸善の閉店セールに
ぶつかり、数年前に飽きっぽい日本市場からの要請を受け復活した
No.73の木型の靴を思い出にと、久々に一足購入しました。
 ここでようやく本題ですが、昔に比べると革質は若干落ちたか、
とも思いましたが、これは別に同社に限った話ではなく、全ての
靴メーカーに言えることでもあります。狂牛病の影響、そして
クロームなめしについて環境面への配慮から著しく減産されたこと、
そしてその代表格であったカール フロイデンベルグの廃業等、
様々な要因があるのです。
 私はチャーチについては多分まだ40足くらい所持していると
思いますが、全て現役です。(Chetwyndは5足)つまり大変頑健な
作りであるということです。かつて個人的に思ったことは日本の靴に
比べ圧倒的に底材が減りにくく、型崩れがしにくいことでした。
(昨年買った靴についてはあまり履いておらず、まだわかりません。)
 そうした、主に1980年代前半に買った靴には、内側に仕上げの際の
担当者のサインが入っており感動しましたが、1980年代後半のもの
にはサインこそ入っていましたが、工程の途中でサインをしたように
思われ、若干”これはまずいかな”と思ったこともありました。
 現在日本市場に出回っているのは、おそらくNo.173というNo.73を
modernizeしたものと思います。No.73のChetwyndも、もしかしたら
伊勢丹あたりに残っているかもしれませんが。
 価格については、1980年代のチャーチの靴については、49,000円から
55,000円、エドワードグリーンが73,000円から76,000円位の中心価格帯
(当時はビームスでPoulsen Skone名のものが多かった。)といった
状況でした。よって現在の価格については双方ほぼ倍となっている
わけで、チャーチの価格について特に割高ということはあまりないか
とは思います。
 トリッカーズとのブーツとの比較についてですが、これは御自身の
使用頻度がより高くなると思われる方を選ばれれば良いのではない
でしょうか。価格的にはトリッカーズの方が低いとは思いますが。
 いずれにせよ、購入の検討をされるのでしたら、実際に試し履き
をしてみなければ何も前へは進みません。日本においてはあらかじめ
購入を固く決心してからでないと、お店で試し履きをしない人が多い
らしいですが、おかしいです。 やはり靴はフィットが命ですから、
履いてみて買わないと自分に合いそうなのかどうかわかりせん。
そして買って何年か履いてみないと最終的に結論は出せないものです。
こうしたことが理解出来ないと、いつまでたっても”モノ”に支配
され、”モノ”を使いこなせるようになりません。おそらく、試して
買わないとお店の人が気分を害すると思われてのことなのでしょうが
試着や試し履きは、消費者にとって当然の、基本的な権利です。
どんどん試してみましょう。
 というわけで、出来れば今回のような質問は、”試しに履いてみた
のだが自分はこう思った、こう感じた.....”等といった部分があると
もっと答えやすくと思います。

 ニューヨークから失礼します。質問者さんのためを考えれば
返答すべき質問なのかどうかよくわかりませんが、取り合えず
私の考えをお話しします。
 日本のメディアを見ておりますと、”このブランドはどうですか?
”どこの何々を買ったらいいのですか?”といった質問が目立つ
ように思います。いわゆる”紳士服”や”紳士靴”を身に着けよう
というのであれば、それなりに自分にも覚悟が必要です。
 つまり一人の人間、個としてのstatementを発することになるわけ
ですから。そして日本以外の世界の人から...続きを読む

Q靴って足より0、5~1センチくらい大きいのをはいても大丈夫ですか?

靴って足より0、5~1センチくらい大きいのをはいても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

物理的な大きさなら足より1~2cm大きい靴でないとダメです。
表記されたサイズの場合は、革靴なら足の実寸と同じサイズ、スニーカーなら1~2cm大きい表記サイズの靴が基本です。
もちろん幅が広いとかならもっと大きな靴でないと合わないこともあります。

Qオールデン990

オールデン990を購入しようと思いBEAMSに行き、試着しました。

当方スニーカーを履いた時のサイズが27.0か27.5です。

海外の靴を履くと、こんな感じです。

例えばオールデンのタッセルローファーは、
9Dと8H.Dを試着、アウトソールは両サイズとも問題なしでした。
しかし、小指が両サイズともどことなく当たっている感じ.。


オールデンはよく履き込むと沈み込みが生じてかなり余裕が生じるって聞きますが、
上記のような場合.、どうでしょう?
小指の当たりを考慮してワンサイズ大きい9Hにしたほうがいいですか?
それとも8Hないし9でいいですか?

何度かBEAMSやトゥモローランドで試着させていただきましたが、
割安なネット通販.で購入しようと思いましたので、質問させていただきました。

Aベストアンサー

990ということはコードバンですよね。
だとすると、履きこんでも小指の当たりは解消しない気がします。
甲が当たっているのであればソールのコルクが沈んでなじむのですが・・・

カーフだと解消すると思いますけど、コードバンならハーフサイズあげたほうが良い気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報