自分のお店を開く時の心構えとは? >>

こんにちは、

私の母方のご先祖様は「橘小枝丸」という女紋を持っていたそうですがまったく情報が見つかりません。
何でもよろしいですから どなたか何かご存知でしたら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは NO6・7で回答したfumkumです。

誠に申し訳ありませんが、回答を読み返してみたところ、『寛政重修諸家譜』の「家紋」について、私が見落とした橘の家紋が幾つもありました。追記をさせていただきたいと思います。

三佐枝橘=長尾
丸に花橘=米倉
丸に橘(久世橘)=関宿藩主久世家の替紋
角切角の内橘=牧
橘(彦根橘)=彦根・与板藩主井伊家の定紋
鞠挟の内橘=村松
割橘=門奈
丸に橘(久世橘)=関宿藩主久世家の替紋
三橘(三つ葉橘)=保田・大原
細輪に橘=甲斐庄
丸に三橘(薬師寺橘)=薬師寺
橘文字(橘の角字)=山崎*「橘」の漢字を図案化した家紋

下に、「橘丸(花形家家紋)」と「丸に橘枝(安藤家の家紋)」の画像をUPしました。見ての通りですが、「橘枝丸」紋とほぼ大差はないように思います。『寛政重修諸家譜』には本来家紋の図はなく、家紋名しか記載がないとのことです。その記載をもとに、2万余の家紋の図が記載された資料から選択していったとの記述があります。墓石からとったものもあるとかで、図案の細部にかすれがある場合とのことです。また、細部については、一部実際と相違がある可能性があるとも記述されています。

見落としが多くて申し訳ありません。お詫びいたします。
「家紋のことを知りたい、橘小枝丸」の回答画像8
    • good
    • 0

NO6で送付した画像の内、橘枝丸は上から2段目の最右端の家紋です。



続いて、橘氏と橘門の関係についてですが、橘氏=橘紋ではありません。回答の中に次のような記述がありますが、それをもとに解説すると次のようになります。

>「山中、家紋橘和同元年(708)一月廿五日、左大臣橘諸兄(たちばなのもろえ=人名)、元明天皇ノ宴会ニ列シ、浮杯ノ橘ヲ賜ハル、勅ニ曰ク、橘ハ是レ菓物ノ長、則チ(すなわち)汝(なんじ)ノ姓ト為(な)セ、故ニ紋、之(これ)ヲ図ス」
橘諸兄は当時は葛城王(かつらぎのおおきみ)と名乗っていたが、元明天皇から授かった紋所であり、(橘は柑橘類で)、菓物(くだもの)の長であり、非常にめでたい紋である、これにより姓を橘とせよと言われた・・・とあります。

上記の引用は甲賀の山中(橘氏)系図に関する文書と思われるのです。同様な文書は『続群書類従』の「橘系図」等にもあります。しかし、いくつかの間違えがあります。『国史大辞典』の「出自を四姓などの貴種にかたよって改変偽作された系譜に適合させるために、-中略-橘氏は橘紋であるという付会の説にまどわされて創られ」た文書です。
この原典となる文書は六国史の中の『続日本紀』の天平八年(736)11月11日の上表文と同17日の勅答です。これを都合よく改作したものが「山中~」の文書になっています。
原文は長いのですが以下の通りです。
(11日)従三位葛城王(後の橘諸兄)、従四位上佐為王等、上表曰、「臣葛城王等言-中略-葛城親母、贈従一位県犬養橘宿祢(橘三千代)」和銅元年(708)十一月廿一日奉挙国大嘗、二十五日後宴。天皇(*元明)、誉忠誠之至、賜浮坏之橘。勅曰『橘者、果子之長上、人之所好。柯凌霜雪而繁茂、葉経寒暑而不彫。与珠玉共競光、交金銀以逾美。是以汝姓者、賜橘宿祢也』而今無継嗣者、恐失明詔。伏惟、皇帝陛下-中略-臣葛城等、願、賜橘宿祢之姓、戴先帝之厚命-以下略-
(17日)詔曰、「省従三位葛城王等表-中略-誠得時宜一依来乞、賜橘宿祢-略-」
1、橘の姓は、橘諸兄の母である県犬養(あがたいぬかい)(橘)三千代が、和銅元年11月25日に元明天皇から賜ったこと。
*橘三千代は葛城王の父である美努(みぬ)王と離婚後、藤原不比等と婚姻し、後の光明皇后を生む。また、後宮に長く仕え、後宮の実力者でもあったので、女帝の元明天皇とも関係が近い。
2、橘諸兄(葛城王)は臣籍降下にあたって、天平8年(736)11月11日の聖武天皇への上表文で、母三千代にならい、橘宿祢の姓を下賜されることを願い、同月17日に勅許されと記載されています。
3、姓にちなむ「浮坏之橘」も賜ったが、家紋を賜ったとの記載はないこと。
*家紋の使用は平安後期、凡そ1100年代以降とされていて、奈良時代直前の708年とは400年以上離れています。
*「山中~」の文書にも、「故ニ紋、之(これ)ヲ図ス(そういうわけ-由緒-で家紋は、これを(橘))を図案化した」とあり、「元明天皇から授かった紋所」などとは記載されていません。

つまり、国史大事典が指摘しているように、「橘氏は橘紋であるという付会の説にまどわされて創られ」た例もあったということです。ですから、NO6にも記載したように、橘紋は橘氏のみならず、源氏・藤原氏・平氏など多くの氏族、家門にわたって使用されています。また、武士だけでなく、農家・商家など幅広く使用されています。

以上長くなりましたが参考まで。
「家紋のことを知りたい、橘小枝丸」の回答画像7
    • good
    • 0

こんにちは。


家紋についてですが、今は家ごとに使用する家紋はおおよそ一つですが、近世(江戸時代)では武家などでを中心に複数の家紋を持ち、その内の主要なものを定紋(表紋)と言い、その他を替紋と言います。例えば、福岡の黒田家の場合、(黒田)藤巴紋が定紋ですが、それ以外に多くの替紋を持っていて、その中には黒田橘紋もあります。中には定紋と替紋の区別があいまいなこともあります。例えば、長州の毛利家の場合、一般には一文字三ツ星紋で知られますが、江戸時代には、(毛利)抱沢潟(おもだか)紋が使用されていることが多いようです。
このように一家で複数の紋を持ったのは、1、下賜。例えば、織田信長が足利義昭から、桐紋と二引紋を下賜された例。2、分捕り。例えば、肥前の鍋島氏の杏葉(ぎょうよう)紋は、豊後の大友氏が攻め込んだ時に、鍋島の先祖が大友の総大将を討取ったことにより分捕ったとされています。3、嫁取り・婿養子・養子縁組などにより、嫁・婿・養子が実家の家紋を持参する場合。4、創作・勝手な使用などがあったとされますが、その背景には、5として、数多くの家紋を持つことは、名家であるとの考え方があったからともいわれます。
さて、女紋ですが、上記の替紋を女紋という事もあるのですが、一般には家族の中で女性だけが使用する紋を言います。その中で、母親自身が生家の母親から引継ぎ、父系の家紋・家名などの継承とは別に、母から娘と女(母)系で継承される女紋があります。この母系で継承される女紋は、大坂・京都・兵庫などの関西地方を中心に中国・四国に見られます。この女紋の継承は、古代の招婿婚に見られる母系社会の残滓と見る見方もありますが、嫁入り道具に女紋をつける習慣があり、その後に取得したものを含め、女紋を付けた物は女の私財として認められる慣習があります。
このような母系継承の女紋とは別に、(父系の)家ごとに定まった女性用の紋も女紋と言います。この種の女紋は、家紋を小さくしたり、家紋の一部を変更(外側の丸を付けたり外したりの変更を含む)したり、家紋に関係なく別の紋を使用する場合などもありますが、父系で継承される女紋をです。ただし、嫁に出る場合に婚家に持っていくなどでこの種の女紋が女系継承されることもあります。
ところで、「橘小枝丸」についてですが、「橘枝丸」と言う家紋はあります。橘枝丸と図柄の同じものを「橘丸」と言ったり、「丸に橘枝」と言ったりしたようですが、「橘小枝丸」と「小」のつく家紋を見つけられませんでした。もしかすると、父系で継承される女紋で、家紋を縮小したものを、「橘小枝丸」と呼称した可能性があるのではないでしょうか。
話を女紋に戻しますが、女紋が盛んな要因として、商家が娘に婿を取って、商売・家系を継続させることが多かったことにもよるとされます。そのため、関西を中心に西日本に多い原因ともなっているとの説があります。
さて、家紋についてですが、橘紋を使用している家の出自が橘氏と言うのは俗説です。『国史大辞典』の「紋章」の項目に、「家格の表徴とされた家紋は、出自を四姓などの貴種にかたよって改変偽作された系譜に適合させるために、源氏は笹竜胆(ささりんどう)、平家は蝶、藤原氏は藤、橘氏は橘紋であるという付会の説にまどわされて創られ、さらに賜与や、奪取、婚姻、養子縁組などの理由とともに、単一の家に、二個以上数個の家紋が作り出された。」としている程です。ですから、橘紋を使用する家は、橘氏の系譜をひく、もしくはされている家だけでなく、井伊氏などの藤原氏出自とされる家、源氏・小野氏、紀氏、菅原氏、丹治氏、伴氏出自とされる家など多岐にわたります。逆に橘氏を出自とする楠木氏のように、菊水紋を使用する(替紋として橘紋もあるとされます)例もあります。
では、橘紋を使用しているのはどのような家があるのかという事になりますが、代表的なものを各種資料から抜き出すと次のようになります。(重複や氏族の違う同名の家名があります)
まず、徳川幕府が編纂した、大名・旗本の系譜集である『寛政重修諸家譜』の「家紋」。
「橘丸」(図柄は橘枝丸と同じ)
花形家が使用したとされています。ただし、花形家の本宗は、始祖勝重が駿府城代与力として出身し、子孫に代官などを出しますが、小普請(実態は無役)の子孫が続き、最後は天明年間に放逐され、断家になっています。そのため、系譜に家紋の記載がなく、橘丸以外の家紋があったのかどうか不明です。なお、分家が存続しますが、その家は橘丸の家紋の記載はありません。
「丸に橘枝」(図柄は橘枝丸と同じ)
安藤正重を祖とする安藤家が使用したとされています。藤原氏の支流の項に載ってはいますが、系譜の前文に、安倍氏にして朝任が末葉なり、-中略-旧家安藤帯刀次猷が今の呈譜に、朝任がとき藤原氏を賜ひ、旧氏と合せて安藤と称するといへり。」とあり、本来は安倍氏なのだけれど、「旧家のときも藤原の支流に収むるがゆへ、今其例にならふ。」としています。この家の家紋は、「上藤」「七畫」「丸に橘枝」の順に記載があります。ただ、他の安藤家の家紋には「丸に橘枝」の記載はありません。安藤正重は井伊吉右衛門某の男(方清)を養子として遺跡を継がし、方清の子孫が代々家を継いでいますので、方清が実家の井伊家から橘紋を持参し、それが家紋(替紋)として継承されたのかもしれません。
その他は家紋と使用家名を記載します。
丸に茶の実橘=米野
五葉の実橘(丸橘)=(深溝)松平・小島・水原・甲斐庄・浅井・今大路・福富・会田・新庄・門奈・瀬戸・植田・須田・山脇・中井・山中・山崎・杉浦・疋田・水谷・村上
丸に橘=赤井・蜂屋・小島・児島・水原・玉虫・仙波・長谷川・紅林・野尻・大平・牧・岡本・小野・富田・門奈・古田・桜井・山中・篠瀬・久保・井狩・小野・多田・森・羽根・浜田・山中・石井・増島・熊谷・伏木・岩沢・丹羽・岩室・稲野・袖岡・岩下・本山・小野・小櫛・浅香・小野・佐藤・佐野・木村・喜多村・宇佐美・林・大林・村上・深津・大野
三橘(黒田橘)=福岡と秋月藩主家の黒田家
丸に三橘=水原・長尾・川井
板橘=牧・門奈・江坂・辻
丸に三成枝橘=山中・長尾
三瓶子の内橘=宇佐美
丸に根なし橘=宇佐美
三橘(三つ追い橘)=末吉
丸に花橘=木村・和田
黒餅に橘=宇田川
六角の内橘=田中
抱橘=市野
源氏車の内橘=榊原

次に現代の『姓氏・地名・家紋総合事典』には次のように記載されています。
<源氏>深溝(松平)・瀬戸・小野・米倉・赤井・多田・蜂屋・梶田・小島・児島・久我・田中・石井・須田・森・宇田川・浜田・木村・羽根・植田・山中・水原・黒田・久世
<平氏>丹羽・増島・熊谷・伏木・五虫(玉虫の誤り?)・保田・岩沢・仙波
<藤原氏>新庄・富田・佐野・木村・喜多村・佐藤・川村・宇佐美・松村・門奈・浅香・疋田・小野・市野・井伊・曽谷・川井・水谷・小川・内田・山中・深津・安藤・久保・井狩・村上・大林・榊原・大野・末吉・篠瀬
<橘氏>甲斐庄・長谷川・紅林(くればやし)・山田・中井・橘・薬師寺・稲野・神岡・山崎・土田・岩下・辻・長尾・野尻・大平・牧・山中・岡本・福富・山脇・岩室・和田・米野・江坂・本山・浅井
<小野氏>小野
<紀氏>堀田
<菅原氏>前田
<丹治氏>小櫛
<伴氏>大原

『家紋の事典』では、「使用家」として次の氏族・家が挙げられています。
史上では橘氏族。『見聞諸家紋』では橘氏族の薬師寺氏と小寺氏。『阿波国旗下幕紋控』には武重氏、小倉氏、寄来(きらい)氏、篠原氏。藤原氏良門流に使用家が多く近江国彦根藩井伊氏、また井伊一族の貫名氏から出た日蓮が興した日蓮宗寺院の寺紋。『寛政重修諸家譜』には下総国関宿藩久世氏、小寺氏の家臣筋だった筑前国福岡藩黒田氏、他に幕臣100余氏。
なお、「分布」として、「西日本に多く分布し、和歌山県、広島県、高知県、長崎県、奈良県、香川県、大分県、愛媛県、大阪府、宮崎県の順である。」と記載しています。

上記の「分布」に関連して、母方のご先祖様が住んでおられた都道府県名と家名がお分かりならば、『都道府県別 姓氏家紋大事典』(東日本編と西日本編に分かれています)を見られることをお勧めします。最初に全県の家紋の使用順位があり、その後に家名・氏族別に使用家紋が記載されています。ただ、記載家紋はほぼ一つで、定紋が中心です。
これに対して、『苗字から引く家紋の事典』は、苗字・氏族ごとに定紋だけでなく替紋も記載されています。ただ、記載苗字が少なく、限定的です。

文が長くて分割になってしまいました。丁度橘枝丸を含めて2枚の橘紋の画像も分割で添付します。一つは、『自由に使える家紋大事典』。今一つは、『家紋の事典』の画像です。
「家紋のことを知りたい、橘小枝丸」の回答画像6
    • good
    • 0

父片の家紋と母片の家紋の複合紋かも知れません


茄子枝丸、撫子枝丸(なでしこえだまる)の複合とか

小枝丸=子枝丸の可能性は?
    • good
    • 0

    下記に「橘枝丸」という女紋の例が出ています。


    http://www.omiyakamon.co.jp/kamon/picture_book/t …
    • good
    • 0

母系紋 女性の母方に受け継がれる紋。

「女紋」 所属する家の紋章とは無関係に、母から娘に代々伝えられる紋章
母方の実家の紋を使います。
    • good
    • 0

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

橘紋は、いわゆる「源」「平」「藤」「橘」と称される日本古来からの由緒ある紋所です。

橘氏の系図の由緒には、

「山中、家紋橘和同元年(708)一月廿五日、左大臣橘諸兄(たちばなのもろえ=人名)、元明天皇ノ宴会ニ列シ、浮杯ノ橘ヲ賜ハル、勅ニ曰ク、橘ハ是レ菓物ノ長、則チ(すなわち)汝(なんじ)ノ姓ト為(な)セ、故ニ紋、之(これ)ヲ図ス」

とあり、

橘諸兄は当時は葛城王(かつらぎのおおきみ)と名乗っていたが、元明天皇から授かった紋所であり、(橘は柑橘類で)、菓物(くだもの)の長であり、非常にめでたい紋である、これにより姓を橘とせよと言われた・・・とあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E8%AB%B8% …

橘をかたどった紋様はそれほど多くはなく、2~3種類しか無いのではないかと思われます。
そして、橘をあしらった紋所を使用する家系は以下の通りです。

<橘氏系>
橘、中井、薬師寺、辻、稲野、柚岡、山崎、土田、岩下、長尾、野尻、大平、山中、岡本、福富、山脇、岩室、和田、米野、牧、江坂、本山、浅井、など。

<源氏系>
瀬戸、小野、米倉、森、赤井、蜂谷、梶田、児島、小島、石井、須田、羽根、宇田川、浜田、木村、植田、水原、黒田・・・など。

<藤原氏系>
新庄、富田、佐野、木村、喜多村、佐藤、川村、松村、宇佐美、門奈、浅野、疋田、小野、市野、井伊、曽谷、川井、水谷、小川、内田、深津、甲斐庄、紅林・・・など。

<平氏系>
丹羽、増島、熊谷・・・など。

添付の紋は「枝付き橘」という紋所ですが、多分、これを○で囲んだ紋所に近いと推察いたします。
「家紋のことを知りたい、橘小枝丸」の回答画像2
    • good
    • 0

meifai さん、こんばんわ。



橘小枝丸という女紋とは直接かかわりがあるかどうかはわかりませんが、多分これと同系統のものでしょう。

下記のURLを参照ください。

橘枝丸
https://x181.secure.ne.jp/~x181007/kamon/shop/22 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q家紋について知りたいのですが

留袖は女紋を入れるのだと思いますが、其れは実家の紋でしょうか?婚家先でしょうか?また女紋が分からないときはごさんの桐でよいとききました。私はごさんの桐の留袖を嫁入りに持参しましたが、義母が嫁家先の女紋の留袖を作ってくれ、其れを着ています。
さきで娘の結婚に持たせるとしたら、紋はどれにするのでしょうか?私の実家の?主人のほうの女紋?娘の嫁ぎ先の女紋?

Aベストアンサー

愛知県名古屋市在住の者です。
私は、「結婚する時に持たせる場合は実家の女紋、結婚してから作る時は婚家の女紋。家紋と女紋は別のもの。」と聞きました。
母の実家の家紋は「違い鷹の羽」ですが、母親方の女紋(母系紋)は知りません。
私の母は、結婚してから留袖を作ったそうで、留袖には婚家の女紋「藤の花」が入っています。
ちなみに私の家(=母にとっての婚家)の家紋は「蛇の目」です。

他の回答者様がおっしゃっているとおり、女紋は本当に「扱いが難しい」(地域、家で風習、考え方が異なる)ものだそうです。
http://www.omiyakamon.co.jp/onna-mon/02.html
女紋については、こちらのサイトが詳しいので、ぜひご一読ください(既にご存知かもしれませんが。特に「女紋によるトラブル」のページかな)。
http://www.omiyakamon.co.jp/onna-mon/01.html

「ごさんの桐」は「五三の桐」「五三ノ桐」のことですね。
葉の上の花(?)が左右は3つ、真ん中に5つ付いているので「五三」なんです。
これは、『通紋』といい「揚羽蝶」や「蔦」も同じように使います。

愛知県名古屋市在住の者です。
私は、「結婚する時に持たせる場合は実家の女紋、結婚してから作る時は婚家の女紋。家紋と女紋は別のもの。」と聞きました。
母の実家の家紋は「違い鷹の羽」ですが、母親方の女紋(母系紋)は知りません。
私の母は、結婚してから留袖を作ったそうで、留袖には婚家の女紋「藤の花」が入っています。
ちなみに私の家(=母にとっての婚家)の家紋は「蛇の目」です。

他の回答者様がおっしゃっているとおり、女紋は本当に「扱いが難しい」(地域、家で風習、考え方が異なる)...続きを読む

Q『よく生協(coop)は共産党系である』という話を聞きます。どういう理

『よく生協(coop)は共産党系である』という話を聞きます。どういう理由で共産党系だといわれるのでしょうか?
また、同じような意味合い、理由で共産党系のものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

生協は正式名称を『日本生活協同組合連合会』と言います。共産主義は、生産手段の社会化による搾取と階級の廃絶を、究極の目標とするものです。ですから、労働組合には多く党員・共産主義系の人が見られるのもそ一つです。ですから労働組合である「生協」にも党員が多いのもまた事実です。しかし正式には「共産党系」とはなっていない様です。共産主義は階級を無くすと言いながら現実に階級があるのですから、矛盾した思想を持ち、しかも独自の憲法を持っている極めて「危険な」主義・政党なんです。ですから日本共産党の言う事を真に受けてはなりません。共産主義のシンボル色は「赤」です。それで戦前・戦後は「アカ狩り」が盛んに行われ、共産党は目の敵にされました。宮本顕治、徳田球一、伊藤律、野坂参三は日本共産党を代表する活動家達です。この輩は仲間を裏切る行為に対しては、徹底的に制裁を加えます。宮本顕治は実際、同志をリンチで殺害してますし、野坂参三も戦中にソ連のスパイだったとして日本共産党名誉議長を解任され、その後中央委員会総会において除名処分が決定されてます。99歳の老人に対しこうゆう処分を平気で下す、そうゆう危険極まりない、情け容赦のない党なんです。戦後日本を占領下に置いたアメリカのマッカーサー元帥が徹底的に、台頭してきた共産主義者を一掃し「日本の共産主義化」を抑えてくれたお陰で日本は共産主義国家にならずに済んだのです。現在でも世界では共産主義国家は5国しか存在しません。中国・北朝鮮・ラオス・ベトナム・キューバです。しかしどの国も政情は不安定です。一見して平和に見える中国も「内モンゴル自治区」との闘争に決着が付いてません。


最後に共産党系の団体を網羅したリンクを貼り付けておきます。

http://www2.odn.ne.jp/~caq10260/kyosantoukei.htm

生協は正式名称を『日本生活協同組合連合会』と言います。共産主義は、生産手段の社会化による搾取と階級の廃絶を、究極の目標とするものです。ですから、労働組合には多く党員・共産主義系の人が見られるのもそ一つです。ですから労働組合である「生協」にも党員が多いのもまた事実です。しかし正式には「共産党系」とはなっていない様です。共産主義は階級を無くすと言いながら現実に階級があるのですから、矛盾した思想を持ち、しかも独自の憲法を持っている極めて「危険な」主義・政党なんです。ですから日本...続きを読む

Q橘氏が繁栄しなかった理由は?

源平藤橘と言えば格式の高い4家を表します

源平は言うまでもなく天皇の末裔であり平清盛や源頼朝を輩出した武士の名門
藤原氏も摂関政治を独占し隆盛を極めた家柄です
しかし橘家はどうしたのでしょう?

橘諸兄や奈良麻呂と言うあたりの名前は歴史でも出てきますが
決してその後出世して名門の家系になったとは聞きません
格式高い4家の一角をなす家柄にもかかわらずです。

橘家に何があったのでしょうか?

Aベストアンサー

>格式高い4家の一角をなす家柄にもかかわらず

その通りで、一時は「藤原一族よりも、繁栄」していました。

>橘家に何があったのでしょうか?

政敵である藤原一族の陰謀で、「地方役人として飛ばされた」のです。
飛ばされた橘一族は、土着。都に残った一族は「下級とまでは言わないまでも、中級公家」として生き残ります。
もう、藤原家に対抗する力はありませんね。
唯一記録に残るのは、土着した一族ですかね。
楠木正成は、橘一族の末裔だと伝わっています。
親鸞上人・橘逸勢・和泉式部・清少納も、橘一族の流れをくむ様です。
歴史は、勝者が作ります。
日本書紀は、藤原一族の物語。^^;
本当の事は、誰にも分かりません・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報