忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

はじめまして。
結婚に対する恐怖心が拭えず、
自分にとっての幸せが何か分からなくなってしまったので、ここで相談することにしました。

私は、22歳の女 大卒で、現在社会人1年目です。
私には、付き合って4ヶ月目の彼氏がいます。
彼氏は私よりも4歳上です。

最近、彼氏の周りが結婚ラッシュのようで、よく彼氏から結婚についてどう思っているか聞かれます。彼氏は周りの影響からか、結婚願望が強いみたいです。私は彼からの質問に対して、曖昧な返事や態度をとり続けています。

私は、育った家庭環境の影響で、結婚に対して恐怖心を持っています。
幼い頃から、両親の仲が悪く、喧嘩や重たい空気の絶えない家庭でした。しかし、両親は子供の為に、と離婚はしませんでした。
両親の不仲の原因は、父の浮気でした。

このような環境で、私は次第に「自分さえいなければ、両親は幸せになれたのに。」と考えるようになりました。そのため、家から離れた大学を受験し、高校卒業後に家を出ました。

しかし、幼少期からのストレスが原因で、大学入学後に、摂食障害(拒食症と過食症)、うつ病になってしまいました。
心療内科に通いながら、何とか4年で大学を卒業しました。現在は会社員として働いています。
親からは今も離れたところで生活しています。

現在は薬なしでやっていけていますが、再発率が高い病気なので、いつ再発するか分からない状況です。また、彼氏にはこの事を話していません。

結婚したら、両親のようになってしまうのではないか、という恐怖心と、自分の子供には絶対に同じ思いをさせたくない、という思いがあります。

彼氏にプロポーズされた訳ではないので、差し迫った状況ではありませんが、彼氏もいい歳なので、私と付き合うことで、時間を無駄にして欲しくないんです。
私に彼と結婚する資格がないなら、他にいいひとを見つけて幸せになって欲しいです。

このまま彼に結婚について曖昧な態度をとり続けたくないです。
何でもいいので、皆さんの意見をお聞かせいただきたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

何事も恐怖心があるうちはしない方が賢明だと思います。


でも、12歳のときには出来なかったことも
22歳の今では簡単に出来ることもあると思います。
結婚だって今は恐怖心があっても、
32歳、42歳では違うかもしれませんよ♪
とりあえず、いつまでもこのまま・・・というわけにはいかないので
彼氏にきちんと話す方が良いと思います。
まだ話せないなら、
「結婚に恐怖心があるの。理由は付き合って半年後に話すね。」
と期限を言うことによって、彼もあなた様も心の準備が出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。

なるほど!
確かに焦りすぎなのかもしれないです。
焦りすぎ…というより、結婚は私には今は早すぎすのかもしれないです。

彼にしっかり話す方がお互いのためですよね。
期限を決める、というのは考えたことがありませんでした。

具体的なアドバイスありがとうございました!

お礼日時:2014/05/20 22:12

こんにちは。

50代既婚女性です。

あなた様は「結婚生活」というものに、夢も希望も
具体的に持つことができないまま、
大人になったのだと思います。

それはご両親の結婚生活の様子を子どものころから見ていると、
そうなると思いますよ。

かく言う私も、あなた様とほとんど同じ。
ただ違う点は、「子どものために離婚しない」という事がなかったんです。
別居6年を経て、両親は私が中3の時に離婚しました。

私の子ども時代の家庭も、暗くいつも親は喧嘩。
親がお互いに微笑みあっているところや、
労りの言葉がけをしているところなど、ただの一度も見たことがありませんでした。

私は長子でしたので、母親の影響も受けやすく、
「男はずるい」「男は結婚するまではいいことを言うが、結婚すれば豹変する」
「男は信用するな」「男は男は・・・。」と
母の父に対する呪詛=全世界の男は悪
そういう刷り込みを受けました。

しかし、中学生ぐらいには私は自己克服で
男嫌いは治りましたね。
実際、周りの男子はいい子ばかりだったからです。

しかし、夫婦というものに対する価値観がゆがんだままでした。
夫婦とは勝ち負けで勝った方が、有利。
相手に絶対負けるな。
相手に楽をさせたり、良い思いをさせるなど、言語道断。
自分だけが大変な苦労をしていると、相手にわからせて
相手を平服させないといけない。

相手を助けるな。相手に苦労をさせろ。
笑顔を見せるとつけあがるから、見せるな。

夫婦はこの世で唯一、好きなだけ憎んで罵倒しあってもいい存在だ。

そういう価値観でした。

ですから、結婚して夫婦仲が悪くなるのは当たり前のことで、
夫婦いつまでも仲がいいなど、映画の世界だけの事だと思っていました。
(現実にはないから、皆が映画を観る。)
世の夫婦はただ離婚しないだけで、
好き好んで夫婦をしている夫婦など一組もいない物だと信じていました。

だから一度目の結婚の時は
前夫に対して、いたわりもしないし、笑顔も見せないし
いつも軽蔑、罵倒、にらみつけ、
自分が相手より上等な人間なんだから
自分に従え!
そういう親の夫婦のありかたそのままを、
「これで正解だ」と思ってやっていました。

その結果、離婚になりまました。

私もあなた様と同じく、
親にとって不要な人間なんだ、人生での邪魔ものなんだ
そういう想いがずっとあったので、
親にとってそうなんだから、赤の他人が自分を求めてくるはずがないと思っていました。

母は「子どもがいたから離婚できなかった」とはなりませんでしたが、
離婚後に「あんたらを育てるのがきつい」「苦しい」
そういうことをよく言いました。
一緒にいてくれて嬉しいとか、励みになるとか
そういうことを言ってもらったことがなかったし、
シングルマザーの母はいつも疲れ切って、イライラして怒鳴り散らし、
小さいときは良く手を上げられました。

子どもたちの中で一番容貌が父に似ていた私は
きっと母は私が嫌いに違いない、と思って生きていたのです。

自己評価が低いまま生きてきて、
前結婚は自分を認めさせたい一心で、
相手に勝つことばかり考えてしまい、
結果、離婚です。

私は親の間違った夫婦像をなぞっていたのです。
離婚後それに気が付き反省し、
とことん考え抜いて、
再婚しました。

再婚後は親の結婚生活を真逆の事を実行して、
夫婦円満、最高の人生を送っています。

夫が帰ってきたら、満面の笑みで迎え、
相手が少しでも助かること、相手を少しでも楽にしてあげよう。
自分の心と体のことよりも、相手のそれを一番大事にしつづけ・・・。
ええ、親がやってきたことの逆です。
労りの言葉を口に出して言う。
労りの行動を起こす。
小言を言わない。
完璧な家事よりも、少し手を抜いても、元気で笑顔でいる妻がいい。
(母はしかめっつらで、一日3回掃除機をかけていたそうです。)


女性の私やあなた様は、
母親の影響を強く受けるのです。
あなた様の父上様は、夫として不実かもしれませんが、
不実な夫には不実な妻がセットになっています。

あなた様の親御さんの夫婦のありようを真似しないように、
赤他人同士が生活するという事は、
相手をこの世で一番大事にいたわり、
思いやり、ありがとうを一番多く言うべきだということです。

あと、父上様の浮気ということですが、
それには必ず、親御さんの夫婦生活の欠落があります。

卵が先か鶏が先かわかりませんが、
出産をきっかけに、夫婦生活が著しく減少
またはまったく皆無になり、
肉体の必要上から外に女性を持たざるを得ないケースもあります。

あなた様には理解が出来にくいかと思いますが、
男性は生身の女性がSEXを受け入れてくれないと、
生きていく力が湧かないひ弱な生物なんです。

浮気をせずに、一人Hで我慢すればいいのに。など言う考えもありますが、
女性から自分の性欲と性器が受け入れてもらった!という実績が
男性にとって自信につながり、自己存在意義を持つことができるものなのです。

女性はSEX以外に、存在意義を見出す事が出来る
強い生物なんです。

残念ながら、父上様は母上様からそれを与えてもらえなかった。

そうなると、夫は妻を憎み(自分を否定する存在だから)
妻は浮気をした夫を憎みます。

幸せな結婚生活を維持するには、
コンスタントにSEXを続けるという事も
極意であります。

こういう言い方をしては身もふたもないですが、
人生何事も経験。
結婚して万が一失敗しても、いいではないですか。
それを糧に、反省して同じ失敗を繰り返さないことが肝心です。

離婚したからって、命取られるわけでもないし。

私も母も、今は幸せに笑って生きています。

昔は前記に書いたような母でしたが、
私の再婚後、いつまでも仲が良く、いたわり合う私たち夫婦を見て、
母も「私が間違っていたんだろうね・・・。」と言っている時があります。

今この年になれば、母がどういう思いで子供らを育てたか、わかりますよ。
いなくなればいいなど思ったことはないと思います。
ただ未熟で子供らに寂しい思いをさせただけです。
言葉足らずの不器用な人でしたから。

以上参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がすっかり遅くなってしまい、申し訳ありません。
いただいた回答を読んで、焦らなくても経験を積んで自分が変わることで、状況も変わるんだ!と思いました!

自分がこうなったのは誰か一人のせいではないし、子供の時と違ってこれからは自分で状況を変えることができる!
恐れなくてもいいんだ、と思いました。

それから、男女の性の関係については、初めて聞きました。
そうなんだぁ…と分かったような、分からないような…。

自分自身の恋愛経験から、男女の違いというのは多少なりとも理解しているつもりですが、浮気の心理というのは初めて聞きました。

いままでは父親の事を疎ましく思っていましたが、人間性全てを否定するほどのことでもないのかな…と思いました。

少しでも自分から変わっていけたらと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/20 21:34

こんばんは。

来週に入籍を控えた24歳♀です。

質問者様のお気持ちは勝手ながらよくわかります。私も状況は違いますが自分は結婚に向かない人間だと思っていました。何より男の人を信用できないのです。
おそらく同世代の人より多く男性とお付き合いしてきましたが、誰一人として結婚は考えませんでしたし、正直好きと思ったことすらありませんでした。
夜の接客業をしていたので、職業病もあるかもしれませんが‥

現在婚約中の彼とも全く結婚する気などありませんでした。
が、彼の方から何度もアタックしてきてくれて
そのうちにすこし自分の事を打ち明けてみようと思い、人を好きになったことがない事、拒食症なこと、今までのお付き合いの事、男性が本当は苦手な事を打ち明けたところ、
一つ一つ話を聞いてくれて、私の拒食症改善も手助けしてくれました。

元々中学時代の同級生で元彼というのもありますが、今は 恋人 というより 一番の親友 ってかんじです。肩肘張って 恋人 するよりも私は気が楽なのでこの人ならやっていけるかも?この人で無理ならもう無理なんだなって思っています。

何より母に
女は愛して結婚するより愛されて結婚する方が幸せよ。
と言われて納得してしまいました。笑

踏み出さずあきらめてしまう前に自分の現状から打ち明けてみてはいかがでしょう?
4年もお付き合いされていて年上の彼なら理解を示してくれると思います。4年間付き合えば嫌なこと、嫌なところたくさん見えてきます。それを気が付かなくても乗り越えてきた仲なのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
また、ご自身の体験を話してくださりありがとうございます。

私は彼と付き合ってまだ4ヶ月なんですけど、回答をいただいて、いつか話して見ようかな、と思えました。

打ち明ける時は、ものすごい勇気と覚悟が必要だと思うけれど、一歩進むためには必要なことだと思いました。

最後に、ご結婚おめでとうございます!

お礼日時:2014/05/13 18:58

結婚するのが怖いってことか?



そんなら、結婚すんなや 一人で生きて行けや

しかしそれができん。自分でわかっとるんじゃろう?所詮一人じゃ将来不安定なままってことを。
自分に自信もないしこの先新しい男ができるかどうかも分からん、だから、本当は自立なんて夢を見るより早く結婚して男に守られて安心して暮らしてゆきたい。だろ?それがお前の本心じゃ。


ま、悪いことは言わん、お前は結婚やめとけや。「結婚するのが怖い」という人間は、まずうまくいかん。
離婚することにでもなりゃ、相手が不幸になるし、2人の両親も不幸な思いをするじゃろう。子供がおったらもっと大変じゃけぇの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

率直なご意見ありがとうございます。

結婚すれば男に守られて安心して暮らしていけるのかが分からないから、恐怖を感じているのです。
でも、「所詮一人じゃ将来不安定なままだと思っている」のはおっしゃる通りです。

確かに恐怖心を持っているうちは、結婚生活も上手くいかないですよね…。
結婚したいと思えるように、自分自身もっと成長したいと思います。

お礼日時:2014/05/13 18:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング