忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

この学校はすべて英語で授業を行うために
授業の内容レベルを下げざるを得ません。

これは仕方のないことです。
仮に東大生でも東大で日本語でやっていることをすべて英語でやれば、理解される内容は下がるでしょう。


こう考えると

使用している言語が英語なだけで、学んでいる内容は同レベルの偏差値の大学よりかなり低いものになってしまいます。
大学で学んだ知識を英語でアウトプットすることはできるがその内容は同レベルの大学より低いわけです。

これはまさしく

学ぶ内容よりも英語を話せることを優先しているからです。


と私は解釈しました。

みなさんはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

他の質問でも国際教養大学について書かれていますね?今回は私の国際教養大学についての意見を書き、各々の回答としていただければ幸いです。



 私自身、国際教養大学(以下:国教大)の設立は「田舎の地域振興」という側面が強いと考えています。秋田という学術的には特徴がないようなところに若い人が(統計上だけでも)増加できる要因もあり、語学の勉強をするのに適した環境ということで秋田を選んだということではなく「秋田に作るにはどのような大学がいいか?」という秋田ありきの大学ということです。他にも埼玉にある「ものつくり大学」もなぜ蒲田などにないのかが疑問ですし(もしくは蒲田の工学院などに協力を要請して作ればよかったわけで…)、大学を作ることが前提な例は多くあります。国公立だろうと私立だろうと、税金はかなり投入されています(私立の場合、学生が払っている額と同額程度が国から補助されていると想定されています)。そのため国も大学設立には国(官僚)にメリットがないといけないことになり、大学設立にはかなりの要求がされていて、設立人が想定しているものとかけ離れるないようになることもあります(立地なども含めて)。

 こうしたことから国教大は「田舎というハンデを何とかメリットにできないか?」というスタンスから「英語漬け」ということを考えだしたのでしょう。ただ冷静に考えればわかるのですが、語学に関する研究機関は人口が多い場所にあるのが通例であり、これが変わることは考えられません。人がいないところで言語を研究することに無理がありますし、語学は使ってナンボのものである限り、使う場所が大学内だけで目標とする「リベラルアーツ」なんてできるわけありません。そこで教育した人材が世界で通用する人財と考えるのは「田舎の小さい教習所だけで練習した人が、大都会の幹線道路で運転できるようになる」くらい無意味なことです。英語をマスターするには、そもそも、あのようなところに行く必要もなく、大学受験の勉強をしっかりやれば(リスニングも含めて)ビジネス以外の英会話なんてできるようになりますし、そのマスターのためだけに4年間使うことに違和感すらあります(通常の大学はそこそこの英語の授業と専門課程をやります)。先ほど、ものつくり大学は蒲田がいいと書きましたが、国教大が目指す内容を満たすということだけを考えたら、東京外国語大に併設するなどの方がいいに決まっています。語学に秀でた人材がすでに存在し(優秀な人間を集めやすい)、そこそこ都心に近い状態であり、何なら隣の警察学校と同じような施設を作ればそれこそ外出ができない状態にもなります。

 ちなみに、「使えない人材」に関してですが、あれは「期待しているほど使えない」という枕詞が根底にあります。1位は法政になっていますが、法政生が、馬鹿なわけではなく、「法政出身でこのザマか」という法政という高い基準にその人が適っていない状態からそう考えられるだけで、その人そのものの優秀さというより「大学名から期待される能力値と本人の能力との差」を表したものです。逆に書くとそこにランキングされていない大学というのは、そもそもの期待値が低いのでガッカリされることも少ないということです。また、名門大学の学生は、優秀な人ほど大企業にいく傾向があり、中小企業にいく名門大学生はその大学の中でも比較的低レベルです(日本に限ったことですが)。しかし、中小企業ではそこまで名門大学の学生になじみがないので過度な期待をしやすいという傾向もあります(大企業であればたいていの能力は事前に把握してますから)。その結果、過度な期待をされた名門大卒の学生がこうしたランキングに貢献してしまうことになります。法政が1位にランクインした理由は「東京六大学」というブランドもあり、(心外ではありますが)東大・早慶と同じ土俵にいると考える人が多い(他にもマーチの一員、両方で法政は最下位)ことから法政の学生の能力以上に(特に年寄りが)高い期待をしていると考えられます。国教大では「英語の専門大学なのでさぞ英語ができるだろう」という期待があるのでしょう。
 国教大に関しては、過度な期待が先行していたのか、卒業生の能力がそもそも低いのかは断定できませんが(個人的には両方だと思います)、差が大きいとわかった以上、「このギャップが縮小すること=そもそも価値がない大学(大学がそこそこ、もしくは学生が優秀でない)」になっていくでしょう。これが分かった瞬間、わざわざ秋田まで苦労していく優秀な人がいるとは思えません。ただ、「使えない人材」でもランクインしているだけましです。お笑い芸人のヒロシさんのネタに「来年消えそうな芸人ランキングからも消えました」とあります。非難されるだけでも価値があるということです。大半の大学は世間に名前され知られていない大学で非難もされていないのですから…。

 そもそもですが、自分が英語をマスターしたいなら、わざわざ田舎の軟禁生活ではなく海外に行きますし、そうしない人の心理が理解できません(授業が全部英語なら国内外どっちでもいいはずですし、そこで軟禁生活をするのは僧侶になることも目指していいるのでしょうか…)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際教養大学に進学することのデメリットを教えてください。

姪っ子が高校に入学しました。漠然としてイメージなのですが将来は英語を使う仕事に就きたいそうです。
先日、国際教養大の学長さんがテレビに出演されていろいろ大学の紹介をしてくださってので興味深く拝見しました。
また、ネットや雑誌なのでいろいろ調べてみて以下のことがわかりました。

・高い就職率。しかも有名企業に即戦力として就職
・すべて英語で授業
・1年間は留学生と同部屋
・1年間の留学必須
・課題が多く、勉強している時間が他の大学生より遙かに多い
・東大並(文系)の偏差値の学生がほとんど

等々です。


国際教養大のいい面はよく理解できたのですが物事には必ずデメリットや悪い面が存在します。

国際教養大に進学して社会人になることについてデメリット、悪い面があれば教えてください。

Aベストアンサー

元塾講師です。

 悪い面を挙げるとすると(他の方が挙げられていない内容に限ると)
・立地が田舎であること
・日本企業が求める要素を吸収しにくいこと
(就職時・入社以降でのデメリット)

 立地が田舎であるということは、遊べるかどうかということではなく、「現実の社会との接点がない」ということにつながります。仏門や芸術家が都会の喧騒を避け山にこもることはありますが、これこそ「現実社会との接点をなくす」ことが目的であり、教養や英語を勉強する大学が存在する場所ではありません。もちろん、アメリカ等の大学では田舎にキャンパスがあることは多いですが、彼らはそもそも英語を勉強するわけではありませんし、学問の発祥のほとんどが欧米という観点から、自国内のどこでもいいはずです(日本の文学を研究するのは、国内のどこでもいいという考えと同じです)。
 自動車の教習所などのように、基礎部分の勉強において「隔離された空間」で勉強することは有意義です(自動車教習所でいう第一段階です)。また、それだけではダメなことも分かっており教習所では実地教習、教養大では留学を取り入れているのでしょう。しかし早慶やICU、上智や東京外大等のように言語に強みがある大学は都心では多く存在し、そこで一生懸命勉強している人は、その立地で勉強し海外の大学へ留学しています。つまり、わざわざ田舎にこもって勉強しないと英語が勉強できない人達の集まりと見なされ、そうした人が先に挙げた大学の優秀層に適うと考えるには無理があります。彼らは都心で勉強し、社会との接点を多く持ち、英語能力も持ち合わせているのですから…。

 就職試験以降でのデメリットは、端的にいって「海外文化に染まった人ほど日系企業では使いにくい」という理由からです。
 欧米では自己の権利を主張し、そのぶつかり合いの結果、物事が決まります。日本ではそうした衝突自体を避ける傾向があり、そうした衝突を求めてくる人間は「めんどくさい奴」となります。大学において、英語中心の勉強をするとそうした発想になりやすく、自分にとって「当たり前のこと」が世間とずれていきますし、田舎にいてはそのズレに気づきにくく、卒業後会社で「自分が正しくて、会社がおかしい。なぜならちゃんと大学で勉強したから」という理屈で様々な人と様々な衝突を繰り返していきます。よく、英語に力を入れている大学が宣伝する「ディスカッション形式の授業」ですが、こうしたろくな知識も持たない人が考えた結果程、めんどくさいものはありません。以前は若者は「自分に知識がなく先輩の言うことを聞く」という状態で、会社のイズムが継承されていきましたが、会社の状態を知らない若者が自分の意見を主張し、それを変えない場合、先輩は彼(の意見)を無視するようになります(最初はアドバイスをしますが、それも聞かないのでほっておくようになります)。
 近年では、欧米的な考えが浸透していますが、人気企業のほとんどは従来のままです(人気企業で変化が激しかったらニュースになるはずですし、最近の好決算は円安や原油安が原因で企業の状態が変わったわけではありません)。

 大学の人気は、まず「ブランド」であり次に「立地」「学費」になります。国際教養大はその中で、学費は安く、立地は最悪です。その中でブランドを一生懸命上げようと努力しています。
 マスコミも取り上げやすい要素が満載の国際教養大を使えば視聴率などが取れますし、大学としても宣伝してもらえるのはありがたいことです。そうしたことで志望校を決めるような人が選択しているだけであり、人気が急上昇していますが、そうした人気の上昇は一時的であったり、ある程度までの上昇はしますが、早慶や上智・ICUを凌駕することはないでしょう。それらの大学に合格するような人がわざわざ田舎に言って勉強することの無意味さは理解しており、彼らが国際教養大に進学しない限り、学力的(難易度や偏差値)は上がらないわけであり、結果「地方の公立大学の中で人気大学」というレベルになるでしょう。そもそも首都圏在住の高校生であれば、早稲田の国際教養には自宅から通え、一人暮らしをする国際教養大よりトータルでの費用は抑えられる場合がほとんどです。わざわざ秋田に行くのはモノ好きであり、そうした状態では、大学のブランドは上がりません(特に最近は青学・東京理科大なども都心にキャンパスを戻しています)。

 田舎で英語を勉強する行為は、「お坊さんがわざわざ都心で修行をするくらい不合理なもの」であるはずであり、そのメッキも近いうちにはがれるでしょう。また、そもそもですが、企業における人気度では早慶を凌ぐことは永遠に来ないでしょう。というのも、日系企業の要職は早慶と旧帝大で占められています。そのため就職・昇進において学閥が強さを発揮するわけであり、こうした部分が個人の能力に次ぐくらい大事なのが現実です。入試偏差値においては上智が明治を圧倒しますが、OBの数で圧倒している明治が上智より強いことも珍しくありません。そのため国際教養大が早慶の倍以上の学生を輩出しその勢力図を数をもって塗り替えない限り逆転はできませんし、日大の数を持ってしてもその勢力が変わらない以上、ほぼ無理と言えます。
ご参考までに

元塾講師です。

 悪い面を挙げるとすると(他の方が挙げられていない内容に限ると)
・立地が田舎であること
・日本企業が求める要素を吸収しにくいこと
(就職時・入社以降でのデメリット)

 立地が田舎であるということは、遊べるかどうかということではなく、「現実の社会との接点がない」ということにつながります。仏門や芸術家が都会の喧騒を避け山にこもることはありますが、これこそ「現実社会との接点をなくす」ことが目的であり、教養や英語を勉強する大学が存在する場所ではありません。もちろん...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報