初めての店舗開業を成功させよう>>

部下が3年前に自律神経失調から2年して鬱状態になり、今も通院をしています。

仕事を続けているので、安心していたのですが、先日様子を伺うと処方されている薬の多さに驚きました。

ジェイゾロフト100mg/日、レキソタン2mg/日、アイミクスLDを1錠/日
SG顆粒/日に2包から3包程度服用、
ユーパン0.5mg/日に3回
を服用しているそうです。

伺った当日は通院日であったようで、
SG顆粒に変わりカロナール300mgが処方され、
バルプロ酸200/mg日に2回
が追加されたそうです。

通院して3年目になり、
処方薬が増量を続けているそうですが、
症状は平行線のままだとか。。

仕事ぶりは
至って普通というより、むしろ優れています。
だだ、社交性というか協調性は欠き、和を重んじません。
一匹狼的な存在です。

仕事ぶりからは、精神的に病んで居るとは感ぜず
むしろ完治したものだと思っていだだけに
この先、重職を担う人財だけに心配です。

薬を飲まなければどうなるかと、聞いたところ、
現在はひどい落ち込み、考え事は無く、
慢性的な偏頭痛、不眠ではなく四六時中の眠気、考えがまとまらない、
話が単発的、人にも話題にも興味がわかない、物事に無関心傾向、
いつの間にかボーっとしていることが多く、仕事に集中ができず困っていることがわかりました。

処方される薬は増え続け、
薬の影響かと医師に相談したところジェイゾロフトを50~100/日の範囲で調整する以外は特に指示がなく、
バルプロ酸が追加され、ジェイゾロフトも減らさない事になったとか。

もうすぐ40歳を迎える部下ですが、
本人にとっては年相応にまともな挨拶もできず、
あがり症で、緊張からくる逃避(会議欠席)もたまにあり、
3年前は進んで前に立っていた自信と比べ
次第に引込み思案になるのがとても恐ろしく感じているようです。
また、薬漬けになるのも怖いとか。

人それぞれ違う症状なので、処方薬も違うと思うのですが、
私自身も薬が多いのではないか?
いわゆる薬害にならないかと、心配でもあります。

うつを患った方は、こうして処方薬が増え続けるのでしょうか。

部下は改善の見込みはあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お礼拝見しました。

誤解があるようなので・・・
認知の歪みを是正する事で自己否定や個性をなくす事に繋がる事はないですよ。黒い物を白いと無理やり思い込ませる事ではありません。黒いものを違う色と捉えるような歪みがないか?ですね。

拘わりとか癖と言った方がわかりやすいかも知れません。例えば、きれい好きはいい事ですが、1日に10回もシャワーを浴びていたら異常ですよね。そういう事を異常ですよと気付いてもらう事が是正です。

完璧主義は結果ではなく、本人がどう思っているかです。こんなんじゃダメだと悩んでいたらストレスになります。完璧主義のほぼ全員が完璧な結果など残さないし、適切な努力もしません。ただ完璧でない自分を憂いているだけです。おそらく、質問者様は完璧を目指し、きちんと努力し、結果を出すのを完璧主義と捉えられてるのではと思いますが、私の言う病前性格としての完璧主義は上記のようなものです。

この回答への補足

早速、認知の歪みで検索したところ、下記が参考になりました。
http://fernwelt.net/b/10-cognitive-distortions/

ポジティブでマイナス思考が無いように見受けれる部下は、実はとてもマイナス志向であって、ネガティブに自分に高いハードルがあるのかもしれませんね。

実は上司に統合失調症を患っている方がいるのですが、その方は常にポジティブです。
部下が表裏一体でないとすれば、統合失調症の陰性なのかも・・・と。
だらか、うつ病の処方薬は効果が無く、処方量だけが増えていくのかも。。と思いつきました。

一度、設備やスタッフの揃った病院にて受診するよう薦めてみますが、本人がどう受け止めてくれるかにかかっていますね。

補足日時:2014/05/14 17:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、詳しいご説明ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/14 17:41

契約している産業医や会社が契約している相談機関があれば、そのようなシステムを利用して現状を報告し、上司としての心構えを教ええていただきましょう。



>部下は改善の見込みはあるのでしょうか。

仕事量を減らす、責任を減らすなどの配慮が必要かもしれません。
一方で本人の意思に反して いわゆる 窓際族 のような立場に急に置いてしまったら それは逆に病状を悪化させてしまうでしょう。

そのあたりの匙加減を適切に行うのが上司の役割に含まれることと思います。

ただ、おひとりで抱え込まず、相談機関を上手に利用なさって下さい。
なおプライバシー保護にも注意をなさって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

契約しております産業医はおりますが、社内検診後の産業医検診はありません。
勤めて30年になりますが、従業員100人程度の小さな会社ですので、
産業医との契約は名ばかりかと思います。

ご指摘の
プライバー保護(上層部、同僚、家族等周りへの周知)と、仕事量の調整(減量、短時間勤務やチームからの除外)、それらが本人の意志に反しての処遇だとしらた、とても辛い事になります。
悪化するでしょう。

さじ加減は難しいのです。
いずれ、本人の意向を聞き、毎日変わる仕事量の中で、本人に負担のかからない範囲で仕事を選んでもらい、やってもらう事とになりました。

お礼日時:2014/05/14 11:18

実は私も、過労から、自律神経失調症を患い、悪化させ、鬱へと移行しました。


薬の量は増え続けて10種類以上の薬を毎回10錠以上飲んでいました。
薬を飲めば飲むほど悪くなり、やがて廃人同様となりました。
今現在の精神科医療において、多剤多量は当たり前になっているようです。
症状がよくなれば薬は減るので、多剤多量であれば、いい方向に向かってないと推察します。
まずは、一旦休職させ、症状を改善させ、多剤多量にならない病院を探して転院することをお勧めします。
自律神経失調症から来た鬱病は、自律神経を回復させれば治ります。
運動療法、認知療法などを併用してください。
ただ注意しなければならないのは、無理にさせないことです。本人がやりたくなっていることが必要です。
無理は症状を悪化させるだけです。

宣伝と思われると嫌ですが、私は、赤ひげ塾と言う、自律神経を回復させて、自然治癒力を発動させる整体に一年間毎週通院して、自律神経を回復させて、鬱病を寛解させました。自律神経失調症が治ると、自然に鬱病は治りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本人も薬漬けになるのが怖いと言っておりました。

転院については私も話をしてみたのですが、今通っている病院が4つ目になるようで、
田舎町ですので、他県に行かなければもう、病院が無いそうです。

先ずは薬の減量になるよう、仕事量を調整してみます。

お礼日時:2014/05/14 11:09

社会性、協調性なし、そういうところがうつ病の原因になってるんだと思います。

その他、完璧主義とか、二極思考とか色々ありますが、それがストレスを生み、うつ病になったりします。

薬を飲む前と今とものの考え方が同じですと結局、何も変わってないですから同じような事に同じストレスを感じ、一時的によくなっても再発する可能性は大きいですね。

ご本人が気付き、少しづつでも考え方を変えていかないと難しいと思います。カウンセリングなどはそういう考え方の歪み、いわゆる「認知の歪み」を是正する為に行います。薬をただ増やすだけなのはやぶ医者です。薬をあまり出さない病院もありますので転院をお勧めします。

また、認知の歪みについては検索すれば色々出てきます。それとなくご本人にアドバイスされたらいかがでしょう?ただ、考え方がこり固まっている(私もそうでした)人が多いですから、言い方によっては「お前は間違っている!」「お前の考え方は駄目だ!」「お前の性格が悪い!」みたいに言われたと勘違いされる恐れがありますので細心の注意が必要です。

一部の回答者のように精神薬は麻薬と同じとまで言いませんが、薬はあくまでも対症療法、痛み止めに過ぎません。薬を飲んでるだけで治ることはあまり期待できないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

認知の歪みですか、初めて耳にする言葉です。

社交性無し、協調性無しというのは本人の気質だとは思うのですが、
私としては、嫌なものは嫌という、YES、NOのはっきりした言動が素晴らしいと思っております。

ただ一点、部下は完璧主義者ではありません。
企画書、段取り等は8割です。残り2割は状況に合わせて作ります。

良くありがちな立派な企画を作り、決裁しても、
肝心の実働ができないという大人がいますが。
彼の場合、常に8割なのです。

請け負っても丸投げしても、仕事についは掌握し、物事の推移をつぶ良く観察し、
また、発注者の意向もよく理解しているので、まったくコミュニケーションが取れない訳では無いのです。

私は持ち味だと買っておりますが、
認知の歪みだとして、歪みを修正することとは、方向性があるはずです。

丸くなるとか、嫌なことでも受け入れるとか、おおらかさとは程遠くなり、
ゆくゆくは自己否定につながりかねないかと、歪みを取ることの方が心配です。

彼は彼であって、彼は私の部下です。
上司の私がそのままで良い思うのですから、そのままの彼でいて欲しいし、
処方薬が減るよう、仕事量を減らしてあげたいと思います。

お礼日時:2014/05/14 11:02

私の処方量よりは少ないですね。

精神科領域は多剤大量療法です。睡眠薬が無いだけマシかもしれません。
    • good
    • 0

まず 貴方が 上司である事を 自覚してください。



部下は 仕事も出来 病気とは感じられない。。

だから 仕事量の軽減などの対処はしていますか?

大丈夫なんだ~と 以前と同じ量の仕事をさせてませんか?


部下は 「仕事だから、頑張らなくてわ。。」と無理をしているんですよ

その事に 気づいてあげて下さい。

その 無理が 症状を悪化させ 薬が増えているんでしょうね。


私は 貴方が部下の心配をする 良い上司だと思い 話しています

その点は 理解してくださいね。


部下に 「大丈夫か?」と聞いても 「大丈夫です」としか言わないでしょうね

退職させられないか。。と不安なので 口が裂けても「しんどいです」とは

言わないですよ。。。


部下が有能で 戦力なら 今は 仕事量を減らしてあげるか

「疾病休暇」でリフレッシュさせるほうが良いと思いますよ

生意気ですいません。

私も 精神疾患で悩んでいて 部下の気持ちがわかるからお話しました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。

早速、当人とも話合いまして、休暇は取らず、部署は変えないという希望を汲むことにいたしました。

病休ですと、ご近所さんの目が気なるそうですし、
部署が変わることへの不安も大きく、現状を維持したいようですので、仕事量を調整します。

お礼日時:2014/05/14 10:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング