中小企業の働き方改革をサポート>>

しかも広角ではなく、望遠で撮りたいと思っています。
流行りの「ボケ」はもう飽きました。
でも、望遠レンズを見ると多くは被写界深度が浅いようです。
アオリとかを使うと、この問題は解決されるのでしょうか?
どなたか詳しい方がいらしたら、お教えねがえませんでしょうか?
尚、カメラはGH2を使っています

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

皆さんがアオリについて説明されているので、私は今持っているであろう機材でパンフォーカスにする方法を一つ。


というかこれでほぼほぼ解決出来る気がしているのですが。写真系の大学院博士なのでそれなりに信憑性ありですよ。
まず被写界深度の深い浅いをもう一度考えましょう。
被写界深度に関係するのは、焦点距離・撮影距離・レンズのF値の3つです。簡単に書いて行きますね。
焦点距離は望遠になるほど被写界深度は浅くなります。望遠 浅い - 広角 深い
撮影距離は近くなるほど浅くなります。近い 浅い - 遠い 深い
レンズのF値は開放値に近いほど浅くなります。F1 浅い - F64 深い
これらをふまえた上で、被写界深度コントロールして撮っていきましょう。
望遠でのパンフォーカスの醍醐味は背景が近くなることです。ダイナミックになる分、背景に気を配らないとなかなかどこを見たらいいのかわかない写真になってしまいますけどね。逆に広角だと背景は遠くなります。空間を写すのにはもってこいです。
上記した様にちょっと望遠は被写界深度的に不利ですので、撮影距離とF値でカバーしていきます。
何を普段撮っていらっしゃるのかわからないので、人物撮影の前提で書いて行きますね。レンズは200mmくらいの前提で。人物撮影ですので、晴れ限定でいきます。(F値に対したシャッタースピード的な意味で)
まず声が届くかどうか限界の距離くらいに離れます。200mmならそれくらいでokです。きっと人物が小さめですけどトリミングしましょう。ここが望遠でのパンフォーカスの弱点ですね。風景の場合はシャッタースピードをある程度犠牲に出来るので、三脚でカバーしてトリミング無しもいける画角に納めても大丈夫かと思います。
F値は16以降で絞りすぎない程度が望ましいです。絞り過ぎちゃうと回折という現象が起きちゃいます。F22辺りでいいんじゃないでしょうか。回折についてはここでは深く扱いませんね。
こういった感じで撮影したら被写界深度のかなり深い写真が撮れます。広角のパンフォーカスが多いのは、被写界深度を深くする要因の一つだからということです。
アオリはそれなりの理由があってアオリます。その機能がついたレンズを買う事を検討されているのなら、一度私の書いた内容を試してみてからでも遅くはないですよ。はっきりと書いておきます。アオリが必要になる撮影は一般撮影には滅多にありません。でも覚えてみたら面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ詳しくありがとうございます。実験してみます

お礼日時:2014/05/25 17:04

ご存じかもしれませんが、被写界深度は、本来、1点でしかピントはあわないが、ずれが極小なら「ピントがあった」ように見えることを利用しています。


その為、極論してしまえば、撮影倍率とレンズの有効径に依存します。

広角レンズは撮影倍率が低く・広い範囲が写るので、同じ距離なら望遠レンズより被写界深度が深くなるのであって、近距離では撮影倍率が上がり、被写界深度は浅くなります。

またレンズの口径が小さくなるほど、ピントが外れることによる像の膨張が抑えられ、被写界深度が深くなります。実際のレンズで絞りを絞れば、被写界深度が深くなります。

したがって、望遠レンズでも撮影倍率を抑え(=遠くから撮る)、絞れば、それなりに被写界深度は深くなります。

理屈の上では、絞りを絞るほど被写界深度は深くなるのですが、絞りを絞り過ぎると画質の劣化がおきる為、35mmフィルムカメラやそれに準じたデジタルカメラでは通常ではF22、一部のレンズでF32までです。かつてシグマが、実験的にF64まで絞れる135mmレンズを出したことがありますが、画質の悪さとその割には大して被写界深度が上がらない為、失敗に終わりました。

http://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=21 …

また「アオリ」を使うことで、複数の距離の被写体にピントをあわせることができるのは、ある意味で事実です。しかしそれは被写界深度が深くなるのではなく、本来、カメラの正面に展開する被写界深度の範囲の帯を、斜めにずらすことにより成立するので、その条件から外れれば、本来の距離・焦点距離(=撮影倍率)・絞りに応じた被写界深度になります。
また、その構造上、極端な望遠レンズは作れず、キャノンで90mm、ニコンで85mmがあるぐらいです。
「パンフォーカスで写真を撮りたい」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。いろいろと試しながらでないと理解しずらいですね。少しずつ、やってみます

お礼日時:2014/05/25 17:05

ティルトなどで近いところから遠いところまで広い範囲にピントを合わせられることがあります。


ただし、被写体や撮影角度が限られますから、普通にいう被写界深度を深くすることはできないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうみたいですね。みなさんのお答えいただいた話から、いろいろと分かってきました。ありがとうございました

お礼日時:2014/05/25 17:06

普通のレンズは、レンズの光軸に対し垂直の特定平面にしかピントが合いません。


広角レンズだとピントの合う幅が広く見えるのは、被写界深度の働きで、厳密には、特定の平面にしかピントは合っていません。

アオリと言うのは、レンズと結像面の関係を平行移動させたり、光軸と垂直の関係を崩しピントが合う平面をコントロールする事を言います。
とりわけ、貴方が言われるのは、アオリ機能の中で言うところのチルトとスイング。
細かい説明は、蛇腹式ビューカメラの使用経験者でないと理解し辛いので省略しますが、GH2にそのような機能はありません。

ニコン・キヤノンの一眼レフには、アオリ機能付き交換レンズがラインナップされていますが、これとて望遠レンズのカテに属するレンズはありません。
    • good
    • 0

アオリ撮影の「ティルト」「スイング」を使えば「一見すればパンフォーカス」な写真なら撮れます。


が、光軸を傾けてピント位置を送っているだけですから、被写体が平面ならいいですが
立体物なら必ずどこかにボケた部分ができてしまいます。
つまり、本来はピントの合っていない部分がレンズの光軸を傾けることでピントが合ってしまうぶん、
本来ピントが合っている箇所のピントが外れてしまうことになるんです。
そうした意味でアオリを使って「パンフォーカス」の写真を撮ることは不可能です。

が、今ならソフト的な画像合成処理でほぼ完璧なパンフォーカス画像(写真とは言えないかな)を得ることができます。

http://shuffle.genkosha.com/software/photoshop_n …

ピントを少しずつずらして撮った画像を合成しますから動くものの写真には不向きですが
風景写真や静物写真ならこれで充分です。
最近の広告写真ではアオリレンズを使うよりこっちのほうが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スチルでは有効ですね。ムービーを考えていたので、アオリを試してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/25 17:08

>アオリとかを使うと、この問題は解決されるのでしょうか?



解決「されません」。

ちょうどいいサイトが見つかりました。
http://seimas.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/can …
こちらがわかりやすいかと思います。
「写真は平面、被写体は立体」ということを頭に置くと、わかりやすいかと思います。

ただし「無限遠に近い被写体」は、そういった意味では「パンフォーカス」とも言えそうな気がしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうことなんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/25 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイクロフォーサーズ・ミラーレス何がそんなにダメ?

10年ほどに渡り3~4台のコンデジを使ってきて、昨年、ほとんど衝動買いでパナソニックのLUMIX DMC-G1を購入しました。
それまで、カメラについての知識は全くなく、このカメラがマイクロフォーサーズ規格品であること、ミラーレスという一眼レフとは異なる仕様であることも、購入後に知ったほどです。
その後、いろいろと『デジタル一眼』(敢えて”レフ”は付けません)の勉強をし、絞り・シャッタースピード・ISO・測光等々、一通りの知識を身に付け、実機で実践し、かなりのレベルまで使いこなせていると思っています。
ほぼ同時期にコンデジ(パナソニックLUMIX DMC-FX66)を購入しており、それとの比較で、やはりデジタル一眼はコンデジとは桁違いの性能だと感じています。

ところが、インターネット上では、マイクロフォーサーズは撮像素子が小さいのでAPS-C機の足元にも及ばないとか、ミラーレスは一眼レフよりはコンデジ寄りだとか、マイクロフォーサーズもミラーレスも散々な言われようです。
まるで、カメラに不可欠な要素をスポイルしてしまった、本質を理解できないナンパユーザー向けの家電品かのように言われていると思います。
私は、上記のように最新のコンデジと比較してデジタル一眼の桁違いの優位性を実感しているので、少なくとも「ミラーレスはでかいコンデジ」のような乱暴な意見には耳も貸す気はありませんが、
一眼レフというものは、マイクロフォーサーズ・ミラーレスと比較して、一体なにがそれほど優れているのでしょうか?
私でも、一眼レフというものを使ってみれば、その明らかな違いが実感できるものなのでしょうか?

10年ほどに渡り3~4台のコンデジを使ってきて、昨年、ほとんど衝動買いでパナソニックのLUMIX DMC-G1を購入しました。
それまで、カメラについての知識は全くなく、このカメラがマイクロフォーサーズ規格品であること、ミラーレスという一眼レフとは異なる仕様であることも、購入後に知ったほどです。
その後、いろいろと『デジタル一眼』(敢えて”レフ”は付けません)の勉強をし、絞り・シャッタースピード・ISO・測光等々、一通りの知識を身に付け、実機で実践し、かなりのレベルまで使いこなせていると思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

 コンデジにはコンデジの、ミラーレスにはミラーレスの良いところはあります。
 単に適材適所なんですね。

 さて、ここの質問の回答を見ていると、妙に、ミラーレスが排除されがちなのはなぜでしょう。
 答えは簡単。質問される方の目的が、ミラーレスにそぐわないように指定されていることが多いからなんです。

 「一眼レフというものに手を出してみたいと思います。」まではよしとして・・・
 良くあるのは、とかく動態を撮りたい。「スポーツを撮りたいんです。」とか、「室内で動き回るペットを撮りたいんです。」とか。コンデジで撮っていると、被写体の動きにカメラの反応が追いつかないという状況を提示される方まで・・・。
 こうなると、答える側は、AF速度の事を考えざるを得ません。(どのくらいハードな状態なのかまでは質問にないんですね。となると、とりあえず、難易度の高いレベルを想定せざるを得ない。)そして、そこら中の回答に散見されるとおり、一眼レフとミラーレス一眼では、その構造上、AF速度は一眼レフの方が速いです。
 ただし、比較の問題です。ミラーレス一眼のAF速度で十分に対応できる状況は多いと思います。どこまで必要かの問題だけ。

 次によく見られるのが、「背景をぼかした写真が撮りたいんです。」です。これを実現するには、出来るだけ大きな撮像素子があった方が有利なんです。これも、程度問題のはずなのですが、こう書かれると、出来るだけ大きな撮像素子があるものを勧めることになります。ただ、フルサイズのカメラは総じて高価ですから、予算を指定されると、次善のAPS-Cサイズのカメラを勧めることになります。

 お次は、「マクロ撮影がしたい」です。これは、AFが出来ないことが多くなります。マクロ撮影がしたい人の求める絵って、大概背景がぼけた被写界深度の浅い絵であることが多いです。この場合、ピントを合わす位置が重要で、AFでは、ピントを合わせる位置が選びきれないことが多いです。となると、必然的にMFとなるわけですが・・・・あなたのお持ちのカメラで、MFで撮影してみてください。素早くピントを合わせることが出来ますか?技術より前に、環境が悪すぎます。液晶の画面で厳密なピント合わせをしようとすると、液晶の画素数が少なすぎるため、どうしてもピントを合わせる部分を拡大表示する必要があります。のんびりとピントを合わせて、のんびりと撮って大丈夫な被写体ならそれで充分です。でも悲しいかな、そこまでは質問文からは読み取れない。勧める方は、必然、オールマイティーな方を勧めます。

 では、普通にカメラを使う人が普通に撮影するのはどんな場面なんでしょうね。普通に旅行に行って、普通に景色を撮り、普通に町中の気に入った景色のスナップを撮り、普通に記念写真を撮る。でも、コンデジの画像よりより広い表現能力が欲しい。それなら、マイクロフォーサーズやミラーレスも充分に選択範囲の中です。一眼レフより、小型で軽い機種が多いですから、手軽に持ち歩いて撮影できますから、このほうが機動力がある場合は多いと思います。(そして、単純に考えれば「普通」の場面を指定して質問してくる人は何故か意外と少ない。もしかすると、質問することに大上段に構えて、「撮る目的は?」と聞かれておろおろしているのかもしれません。)

 一眼レフのオールマイティーは、機動力を犠牲にしている面が多々あります。フルサイズの機種に至っては体力勝負ですよ(笑)(カメラが重すぎて手ぶれします。どうすればよいですか?→腕立て伏せで鍛えてください。というのは、あながち冗談ではありません。重さを生かしてバランスを取るための一定のやりかたはあるわけですが。)

 でも、ここで終わると、ミラーレスに対して悪いと思うので、もう一つ付け加えておくと、一眼レフの構造は、フィルムカメラの時代からの積み重ねで得られた、良い意味での枯れた技術です。基本的構造は歴史の積み重ねで充分に練られています。
 これに対して、ミラーレスに関しては、まだまだ発展途上だと思います。MFの障害になる液晶の画素数なんて、この最たるもの。こんなものは、半導体の技術が上がればいくらでも細かくできます。AF速度も、どんどん早くなっています。ソニーの透過型ミラーもおもしろいですしね。後、液晶画面の反応速度の問題もあるのですが、これも、繊細なタイミングを計る必要がある厳しい条件でなければ、一般的には十分な領域に達しているとおもいます。もちろん、これも発展途上。
 後、10年20年たったらどうでしょうか?一眼レフなんて重くて大きいだけの過去の遺物かもしれません。

 ちなみに、私が一眼レフを選択した最大の理由は、当時まだミラーレスがなかったです(苦笑)今なら後付けで他の理由もつけますけどね=^・。・^=

 コンデジにはコンデジの、ミラーレスにはミラーレスの良いところはあります。
 単に適材適所なんですね。

 さて、ここの質問の回答を見ていると、妙に、ミラーレスが排除されがちなのはなぜでしょう。
 答えは簡単。質問される方の目的が、ミラーレスにそぐわないように指定されていることが多いからなんです。

 「一眼レフというものに手を出してみたいと思います。」まではよしとして・・・
 良くあるのは、とかく動態を撮りたい。「スポーツを撮りたいんです。」とか、「室内で動き回るペットを撮りた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報