カウンセルをキャウンセルと発音するのは正しいのでしょうか
   

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

元の質問の方にブロックされているので回答できなかったのですが、


cat の ǽ の音は、k という子音に続くと「キャ」的な音になります。

実際に、日本語でいう「ヤ行」とか、小さいヤの音が入るわけではなく、
kǽ がどことなく「キャ」に似ているだけ。

同じように「ア」と書くしかない、cut の母音は「カット」です。

二重母音の「アウ」はどちらでもなく、発音記号としても
au という記号で、ǽu とはもちろん、異なります。

申すまでもなく、カタカナで英語の発音を書くことはできませんが、
cat はキャに近くても、council の場合に「キャ」となることはありません。

どのような英和辞典・英英辞典にも
cat は kǽt
council は káunsəl で間違いありません。

一つに、k の音の性質上、ǽ でないにしても、「キャ」的響きがなくもない、
さらには u も u: との違いが長さだけでなく、日本語の「ウ」とは違った音であり、
そういう要素が合わさって、聞きようによって、
káunsəl が「キャウンセル」というか、「キャンセル」ぽく聞こえなくもありません。

それは日本人の耳の問題であり、
council は間違いなく、káunsəl という発音です。
kǽunsəl などのはずがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

wind-sky-wind さん、ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/15 06:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の発音記号【eの反対向き】の正しい発音は次のとおりでしょうか?

あるサイトに次のような説明があるんです。
正しいでしょうか。↓

【「あいまい母音」と呼ばれ、スペルによって
「ア」「エ」「ウ」「イ」で読んだり、無視したり。
要するに「あいまい」なんです。】

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hippo/boin.htm


私は違うのでは、と思うんです。
「口を少し開いて弱く アと発音する。」のが
本来のこの記号の発音ではないかと。
(私の英語の辞書にはそのように解説されています。)

決して「あいまい」ではない、と思うんです。

日本人にとっては「ローマ字読み」するのが楽だし、
ネイティブでもそのように発音する人も
いるようですが。

どうでしょうか。
よく悩むんです。どう発音しようかと。
(いつも辞書の発音記号をあてにしています。)
教えてください。
出来るだけ根拠もつけてください。

Aベストアンサー

【eの反対向き】の発音記号は「シュワー(schwa)」と呼ばれますが、決してどのような場合でも全く同じように発音されるというわけではありません。

"about" の a
"moment" の e
"tonight" の o
これら三つの母音は全てシュワーで表されますが、果たして皆同じ発音でしょうか?
実際には、それぞれ多少なりとも「あ」「え」「う」に近い発音になります。

例えば、"about" は本来ならばローマ字読みで <abaut> と発音すべき単語ですが、最初の a にはアクセントがないので、口の形が a を発音するときの完全な形にならず、結果的になんだかよく分からない音になります。これがシュワーです。
"moment" や "tonight" も、本来ならば <moument> や <tunait> と発音すべきなのに、アクセントがないから口がはっきりと e や u の形にならず、あいまいな音になります。

また、シュワーは前後の音の影響を受けることも多くあります。
例えば "moment" の e は前後の m と n にかき消されて <moumnt> のように聞こえることもあります。この場合シュワーを聞き分けることはもはや不可能かもしれません。
シュワーとはそれだけ曖昧なものなのです。

【eの反対向き】の発音記号は「シュワー(schwa)」と呼ばれますが、決してどのような場合でも全く同じように発音されるというわけではありません。

"about" の a
"moment" の e
"tonight" の o
これら三つの母音は全てシュワーで表されますが、果たして皆同じ発音でしょうか?
実際には、それぞれ多少なりとも「あ」「え」「う」に近い発音になります。

例えば、"about" は本来ならばローマ字読みで <abaut> と発音すべき単語ですが、最初の a にはアクセントがないので、口の形が a を発音するときの完全...続きを読む

QWIDTHをワイズ と発音するのは正しいですか

はじめまして。

WIDTHをワイズ と発音するのは正しいですか。

ネット辞書で発音を確認すると、「ウィドゥス」のように聞こえます。

靴の横幅をワイズと言うそうですが、日本語英語的にワイズと発音するのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

英語として「ワイズ」と発音するのは、完全に間違いで、「ウィドゥス」が正しいです。

>>>日本語英語的にワイズと発音するのでしょうか。

そういうことです。

元の英語の発音から離れて、一部あるいは多くの日本人の間でカタカナ言葉として定着してしまった例は、「ワイズ」以外にもたくさんあります。

width(ウィドゥス) ⇒ ワイズ
heal-and-toe(ヒール・アンド・トウ) ⇒ ヒール・アンド・トゥ (車の運転テクニックの一つ)
award(アウォード) ⇒ アワード (賞)
warning(ウォーニング) ⇒ ワーニング (コンピュータ画面に出る警告のメッセージ)
smooth(スムーズ) ⇒ スムース
solitair(ソリテア) ⇒ ソリティア (トランプゲーム)
entertainer(エンターテイナー) ⇒ エンターティナー
platoon(プラトゥーン) ⇒ プラトーン (有名な映画のタイトル)
depletion(ディプリーション) ⇒ デプレッション (半導体物理学用語)
・・・・・

Q音読に正しい発音が必要ですか?

英語のリスニング力向上やTOEICのスコアアップには音読が良いということをTOEICや英会話の本やHPなどで目にするので、実践しようとしています。
ただ、私の発音は典型的なジャパニッシュのカタカナ英語の発音ですので、この状態で音読をしても効果があるのかと疑問がでています。
音読で英語力をUPさせるには、正しい発音を身につけてからやるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

 相手の音声を正しく聞き取るためには、正しい発音をある一定レベルは知らないといけません。「ある一定」というのは外国人として、自国語の癖が多少残るくらいなら許されるという意味です。そうなれば、聞き取りにも強くなると思いますし、何より自分の話す英語が相手に通じやすくなるでしょう。これが英語を勉強する本来の目的でしょうから、発音もを学ぶ価値は大いにあると思います。
 ただし実際の場面では、舌や唇を複雑に動かす単語の「発音」そのものより、「強勢」を明確に発音したり、「抑揚」を付けたりする方が伝わりやすくなります。CDや二カ国語放送などをモノマネするといいと思います。

Qアルファベットを正しく発音している音声を聴けるサイト

アルファベットのAからZまでを正しい発音で発音している音声、または、映像があればURLを教えてください。できれば、個別にではなく、A~Zまでつづけて読んでいるもののほうがいいです。

Aベストアンサー

http://www.youtube.com/watch?v=QHRWlFEjdzs&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=5p-iHgToz7A&feature=related

上記のサイトの最初のはA-Zまで連続発音です。

次のはアルファベットの中で同じ音をグループ別に分けて発音を説明してます。
これの方が役にたつのでは・・

アルファベットの発音練習は非常に大切です。ある人のアルファベットの発音を聞いただけで、その人の英語の発音が上手かどうかすぐわかります。

英語の発音のきれいな人は、アルファベットの発音も良いです。

ネイティブに自分の名前や住所を告げる時にアルファベットでスペルを言う必要が度々出てきます。頑張ってください。

Qなぜ年配の人はTをチーと発音するのでしょうか?

うちの会社の常務は70代の人ですが、なぜかアルファベットのTをチーと言います。

例えば学校のPTAはピーチーエー、電話会社のNTTはエヌチーチーです。

でも今まで常務に限らず何人かの年配の人がTをチーと発音するのを聞いた事があります。

それは昔の英語の教育方法の関係でしょうか?昔の日本の英語教育にお詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

70代ということは、教育を受けたのは1940年代、
つまり戦中から戦後にかけてでしょう。
そんな時代にまともな英語教育がなされている
わけないですよね。

「ティ」を「チー」と呼ぶのは、もともと日本語には
「ティ」という音がありませんから、日本語の発音の中で
一番それに近い(というかtがタ行の音に対応していると考えて)
「チー」を用いたからでしょう。
1954年(昭和29年)に出された「国語審議会報告」の
「外来語の表記」では、

>原音における「ティ」「ディ」の音は、なるべく「チ」「ジ」と書く。

と記されています。

平成3年の内閣告示によって、ようやくこのルールが変更されました。
「ティ」を「チ」なんてずいぶん古臭いと思うかもしれませんが、
お役所的には平成3年までそれが標準だったのです。

参考URL:http://www2.chokai.ne.jp/~assoonas/UC272.HTML


人気Q&Aランキング

おすすめ情報