gooID利用規約 改定のお知らせ

知人がある人(A)の連帯保証人になったのですが、Aが返済放棄したため知人に請求がきたそうです。
『迷惑は一切かけないという約束で保証人になったんだから、きちんと返済してもらわないと困る』とAにつたえたところ『俺はガンでもう余命10ヶ月しかないんだから好きにさせろ!返済はお前がやっていけ!俺は知らん!』と怒鳴られたそうです。
色々調べてそのガンというのも全くの嘘だと分かり、Aに『そんな嘘は通用しない。返済義務をきちんと果たせ』と言うと、『俺を敵に回したお前を許さない!絶対に殺してやる!お前の子供の通学路にも車を突っ込んで殺してやる!覚悟しろ!』と毎日24時間こういう電話とメールが数分置きにくるようになったそうです。
着信拒否をすると今度は勤務先まで来て待ち伏せをするようになり、知人はノイローゼになりかけています。
警察にも何百件の着歴と脅迫メールも見せ相談しましたが、『今はまだ何もされていないんだから話し合いで和解をしろ。あなたがどうしてもというのなら警察から注意はするが、逆に相手を刺激して本当に行動に移す可能性があるかもしれないからよく考えてください』とあまり親身になってくれなかったそうです。きちんと話し合いをしようとしても、自分の言いたい事だけ言って一方的に電話を切られ、かけ直しても出ない。こちらのメールはもちろん無視。待ち伏せしてる時も、こちらに一言も喋らさず、殺してやる!の一点張りで話し合いなんてとてもできるような状態じゃないようです。。

知人はとにかく連帯保証人を外してほしいらしいですが、やはり無理ですよね?
脅迫の件も、警察の言うとおり逆撫でになってしまうのが恐ろしく何もできないまま怯えた日々を送っているようです。
このような場合、一体どうすれば解決できるでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

連帯保証人の件は、本人合意の上、連帯保証契約に署名・捺印したのでしょうから、逃げてはいけません。


キチンと連帯保証をしましょう。

脅迫の件は別です。質問者さんの言うことが事実なら、必ず警察が動きます。

『今はまだ何もされていないんだから話し合いで和解をしろ。あなたがどうしてもというのなら警察から注意はするが、逆に相手を刺激して本当に行動に移す可能性があるかもしれないからよく考えてください』
このようなふざけたことを言う警察官が本当におれば、発言を録音して、県警本部に提出しましょう。
懲戒になること間違え無です。
    • good
    • 1

保証人をお願いする人は「絶対に迷惑をかけない」と言ってお願いします


それは誰も同じでしょう、「迷惑をかけるが保証人になってくれ」などとは誰も言いませんよ。

〉このような場合、一体どうすれば解決できるでしょうか?
逃げることはできません、支払いをすれば解決します、それだけです。
    • good
    • 0

> 知人はとにかく連帯保証人を外してほしいらしいですが、やはり無理ですよね?


延滞している状態では無理。

> 脅迫の件も、
「絶対に殺してやる」との文面があれば、警察の対応はもう少し違うように思います。
その警察の対応と、文面の証言がチグハグです。
その文面があるなら、弁護士等を伴って警察に行くなどで、違う対応を引き出せると思われます。
文面を保存していない等の状況が考えられますので、その場合は警察の対応も仕方ないと言えます。

> このような場合、一体どうすれば解決できるでしょうか?
保証人としての責任を果たし、主契約者に文句を言う事無く、全債務を負担する。

もともと、「Aに『そんな嘘は通用しない。返済義務をきちんと果たせ』と言う」などと言うことが法的に間違っているのです。
契約書にサインした以上、いつ請求されても仕方ない立場なのです。
保証人は、非人道的な制度として有名で、先進国でまだこの様な法律が残っているのは日本だけ。
その日本でも法改正の動きがある制度なのです。

「迷惑は一切かけない」などというのを信じて主債務者に文句を言うのは、「宝くじを買ったら5億円が当たるかもしれない、と言われて買ったのに、5億円が当たらなかったので購入にかかったお金を全額返金しろ」と文句を言うようなものです。
正当性を主張するのは非常に難しいでしょう。
だからといって、「絶対に殺してやる」と言うのは許されないですが、正直に言って「類とも」としか思えません。
相手がその様な行動に出るような人として、保証人の人も「俺を敵に回した」と言われるような事をしてしまった報復の様に思えて、同情できないです。
    • good
    • 0

<Aが返済放棄したため知人に請求がきたそうです。


知人が支払いすれば解決ではありませんか
なぜなら、保証人は返済義務がある。

<Aが返済放棄したため知人に請求がきたそうです。
支払う能力なくなれば、保証人が払うことに何か問題でもあるのですか
    • good
    • 0

警察官も忙しいなのだろうが まア事件勃発しないと動かない



かくて 日本は圧力掛けられる手筋(政・官・団体・等)に依頼する

正規人権保護組織は無いのかな 法務省の相談窓口や弁護士会に当って見たら如何
    • good
    • 0

連帯保証人というのは、抗弁の機会もなく債務者と同じ立場になります。

債権者としてはどちらに請求しても問題なく、これは債務者が払う払わないにかかわらずとなります。その友人は、それくらい重い立場になるということに同意して署名捺印したのです。請求されたら払うしかなく、払わなくても収入や財産があれば裁判等で押さえることが可能です。払えば元の債務者に請求する権利を得られはしますが…。

連帯保証人を外すことについては債権者に権利があり、信用のある代わりの人が居なければ応じることはありません。しかも既に滞納している状況ではとても無理な相談となります。借用書がある限り裁判所の同意を得てるのも同然で、その友人は払うしかありません。あとは、債権者と相談して何とか金利を負けて貰うとか、債務を減免して貰うとかくらいでしょうか。

上記したのは民事上の問題ですが、刑事的な問題はまた別の話となります。警察から話して貰うとか、少しでも何か実行しようとしたのを押さえ証拠を提示する等くらいしかありません。ただ、これを解決しても債務の方はどうにもなりませんので、こちらの問題を考える方が先決です。債務を払えば求償権を得られますので将来これを行使して回収するしかないですが、これらと迷惑行為とは関係ないので別に切り離して考える必要があるでしょうか。
    • good
    • 0

そんなもん、穏便な解決は無理に決まってるでしょ。


払えないもんは払えないんだから、何を言っても無理ですよ。
連帯保証人になるというのは、そういうことです。
諦めて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q詐欺的な手口で連帯保証人になってしまいました

母は、老舗とよばれる店(法人形態)を経営していました。
しかし、ここ数年、経営が思わしくなく、長男である私にお金の無心を
続けていました。

あるとき、「運転資金に2千万円必要だから、あなたと奥さんで連帯保証人になって」と持ちかけられました。

妻も専門職であり、妻と私であわせればそれなりの年収がありましたが、2千万円の連帯保証人というのは荷が重すぎます。

返答を渋っていたら、一日に何度も私の携帯電話に電話してきて、
おどしや、泣き落としなどでいい加減参ってしまい、ついに承諾してしまいました。

そこで、貸し手の商工ローンの担当者が言うには、「お宅の会社さんは、財務体質もしっかりしています。連帯保証といっても形式的なものです」といわれました。

ところが、契約した翌月には、「社長さん(母)がお金を返済してくれない。連帯保証人のあなたが弁済してくれ」との電話がかかりました。

私は、会社の経理を見てくれている会計士に電話したところ、「お宅の会社はすでに債務超過に陥っており、いつ倒産してもおかしくない。2千万円は運転資金などではなく、たちの悪い金融会社から借りた簿外債務だろう。お気の毒に」と言われてしまいました。

結局私は妻を守るため、自分の貯金と、足りないものは消費者ローンなどで借り入れ、自分で2千万円を返済し、数ヶ月後自己破産しました。

保証人になる際、私は、母から「○○夫婦には一切迷惑かけない。
万が一、迷惑をかけた場合は、次男(私の弟で医学部在住)を退学させ、弁済に充てさせる」との念書も書かせています。

私がこの念書をたてに、弟の退学をせまると、母は、
「あんたは自己破産したんだから、借金もなくなって迷惑なんかかかってないやろ」という始末です。

このような母を法的に懲らしめたく、母と商工ローンを詐欺罪で訴えたいのですが、可能でしょうか?
また、念書通り、弟を退学に追い込めるでしょうか?

母は、老舗とよばれる店(法人形態)を経営していました。
しかし、ここ数年、経営が思わしくなく、長男である私にお金の無心を
続けていました。

あるとき、「運転資金に2千万円必要だから、あなたと奥さんで連帯保証人になって」と持ちかけられました。

妻も専門職であり、妻と私であわせればそれなりの年収がありましたが、2千万円の連帯保証人というのは荷が重すぎます。

返答を渋っていたら、一日に何度も私の携帯電話に電話してきて、
おどしや、泣き落としなどでいい加減参ってしまい、つい...続きを読む

Aベストアンサー

連帯保証人というのは、日本以外にはない世界中でも非常に珍しいロクでもない制度です。
しかし、民法で決められているのでどうにもなりません。
詐欺罪は適用されません。

貸し手の商工ローンは取りやすいところから取ったという感じですね。

保証人には主債務者の代わりに支払った額を主債務者に請求する「求償権」があり主債務者へ請求する権利があります。
連帯保証人というのは、質問者さんとお母さんではなく、質問者さんと商工ローンとの契約ですから、口約束ということはありえませんし。
たとえば、質問者さんのお母さんが、今も、のうのうと持ち家に住んでいる、弟の学費も支払っているというなら、それを差し押さえることは可能ですよ。
まあ、いちおう親に対しての扶養義務はありますから、すぐに母親を追い出して持ち家を売り飛ばすというわけにもいかないと思いますが。。。
差し押さえておいて、相続の際は全部質問者さんがもらうとかもありです。
銀行預金を差し押さえて、その結果、弟さんの学費が支払えなくなって退学ということはありえます。
その場合は、弟さんと話し合って、将来稼げるようになったら、学費は母親でなく兄に返すという契約書を交わしておくほうがよほどよいのでは。

連帯保証人というのは、日本以外にはない世界中でも非常に珍しいロクでもない制度です。
しかし、民法で決められているのでどうにもなりません。
詐欺罪は適用されません。

貸し手の商工ローンは取りやすいところから取ったという感じですね。

保証人には主債務者の代わりに支払った額を主債務者に請求する「求償権」があり主債務者へ請求する権利があります。
連帯保証人というのは、質問者さんとお母さんではなく、質問者さんと商工ローンとの契約ですから、口約束ということはありえませんし。
たと...続きを読む

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報