マンガでよめる痔のこと・薬のこと

「英米の料理は不味い」というのはヨーロッパでも定評になっているようで、日本人でもそう思っている人はいます。

大阪では遠くからの訪問客があったら、「美味しいものを食べに行こう!」と訪問客をもてなすことが、よく行われることです。

英米人は、来客に「腕によりをかけて美味しい食事を作って、一緒に食事を楽しもう」という感覚はあるのでしょうか?
来客はさておき、美味しい料理を味わいたいという志向はあるのでしょうか?

英米人自身はどう思っているのでしょうか? 自分たちの料理が不味いことは自覚しているのでしょうか?

ついでの質問ですが、ドイツの料理はどうなんでしょう?フランス・イタリアの料理は話題によく上りますが、ドイツ人の料理に対する考え、またその水準などご存知でしたら教えて下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

こんにちは。



イギリス人と結婚しています。 郷にいては郷に従えではないですが、自分の国の食べ物が一番おいしいですよ。 そういう意味では、妻は最初のころは日本の味に慣れず困りました。

でも、それは最初のころだけで現在は、逆に向こうから送ってくる菓子やら食品(輸入や輸送に制限があるのでなんでも送れるわけではないです)が、おいしくないといっています。

イギリスの料理は、正直おいしくないです。 向こうはレストランなどはかなり高いですから、庶民はなにか特別な時にしか行くことはないです。 日本のように気軽にファミレスがあるわけではありません。 税金も高く(現在はたしか20%)、そもそもチップが必要なところには庶民はいきません。

日本の消費税と異なるのは、生活必需品は消費税がかからない点です。 日本は、なんでもかんでも消費税がかかりますが、向こうのVATは、たしかに高いですけど、かからないものもあるので、みなさん、上手に節約しているようです。 そもそも、だいたい日本は高いものしかないです。 話がそれました。

イギリスは味付けは自分の好みでつけるのが習慣のようで、そもそも、初めは味がついていません。味付けは、基本的に自分で好みにあわして、おいている香辛料でつけます。

日本にきて、びっくり仰天されたのが「卵焼き」です。 向こうにも似たものはありますが、砂糖は使いませんから、妻は、現在でも卵焼きに砂糖はいれません。

それと、日本人も同じですが、料亭の日本料理があります。 テレビでしか日本をしらない人は、日本人は全員ああいうものを食べていると錯覚しますし、現実にそう思っている人はいます。

同じように、我々が見る西洋料理は、シェフが作った本格的なもの、あるいはそれに準じたものばかり想像しますが、現実は、あんなものは、向こうの人も食べないです。 一般の日本人が、料亭に行かないのと同じです。

日本人の食卓も簡素化されて、ひごろたべるものは、ありあわせのものや、簡単に作れるもの、また残りものが多いですよね。 その点は、向こうも同じです。 テレビに出るような豪勢なものを食べていたら、健康にもわるいし、だいたい、お金が持ちません。 

この回答への補足

回答ありがとうございます。最初の頃の回答者サンたちは絡んで来る人ばかりで、私の知りたいことは誰も答えてくれませんでした。後半になって漸く実際に結婚されている方などの忌憚ない意見を聞くことが出来るようになりました。

>妻は最初のころは日本の味に慣れず困りました。
私の妻も外人なんですが、日本に来た最初の頃は、ワサビを受け付けませんでしたが、ワサビを付けると美味しくなるということが何年かして分かったようです。
最初から好きだったのは、タクアンと玄米茶でした。玄米茶をお菓子代わりにボリボリと食べていました。

>イギリスの料理は、正直おいしくないです。
これは奥様も仰ってるんですか?それとも貴方の意見?

>イギリスは味付けは自分の好みでつけるのが習慣のようで
コレはレストランへ行った時でも、家で食べる時でもそうするんですか?

>我々が見る西洋料理は、シェフが作った本格的なもの、あるいはそれに準じたものばかり想像しますが、現実は、あんなものは、向こうの人も食べないです。

面白い事実を教えて下さりありがとうございます。

補足日時:2014/05/17 19:46
    • good
    • 0

NO13です。



>イギリスの料理は、正直おいしくないです。
これは奥様も仰ってるんですか?それとも貴方の意見?

もちろん、わたしの意見です。 はっきりいって閉口しました。 とうじ、食べ方を妻が(同時は未婚)細かく説明してくれて、なるほど思いました。


>イギリスは味付けは自分の好みでつけるのが習慣のようで
コレはレストランへ行った時でも、家で食べる時でもそうするんですか?。

レストランは味がついています。 それが商売ですから。
ただ家で食事するときは、適当に味を自分でつけているようです。 ただ、これは妻の家族の話なので、イギリス人全員がそうしているのかは知りません。

一言付け食わると、わたしが妻(結婚前)の家にいったときは、客人なので、普通の扱いではなかったと妻も言っています。 外国人だし、人間には見栄があるので、彼女の母は、最高の素晴らしいイギリス人家庭を見せたといっていました。 現実は、あんな感じではないと、彼女の家に滞在していたときのことを思い出して、イギリス文化や、両親を考えてほしくないとは言います。

いまでも、わたしは、妻の夫なので、両親は必要以上に見栄をはるようです。 これは、日本人夫婦でも同じでしょう。 奥さんの実家は、ありのままの姿を、娘の婿に見せたくないです。 どうしても外面を取り繕うのは人としての心理なのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
夫婦ならではの色々な背後に潜む心理の紹介、ありがとうございます。非常に参考になりました。

お礼日時:2014/06/13 21:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ドイツ料理を理解するのに時間がかかりそうです。

お礼日時:2014/05/18 23:37

長い人間の歴史をみると西洋人は狩猟民族、走り回って動物を捕まえ、その肉をいろいろ調理することなく食らって、移動しながら生きてきた。

それとは対照的に日本人などは農耕民族で同じ土地に住み着き収穫物をちまちま調理して食べてきた。そういうのがそれぞれの民族のDNAに染まり今でも西洋料理には東洋料理のような我々から言えば味に繊細さが欠けていると思うです。ただ西洋料理が我々の舌にはあまり美味と感じないだけであって、西洋人は美味いと思って食べてるはずです。今の世の中、誰だって不味いものは食べたくないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>西洋料理には東洋料理のような我々から言えば味に繊細さが欠けていると思うです。

そう思われますか? もう直ぐヨーロッパへ行きますので、よく味わって、観察して来ます。

お礼日時:2014/05/17 19:28

オーストラリアですが、親元から離れて住んでいる友人ばかりです。



集まる時は個人宅で持ち寄りパーティや夕食会、BBQもありますが、いい店を見つけてはレストランで集まることも多いです。

シドニーは都会なのでやはり外食が生活の一部になっていて、うまいラーメンの店ができた等の情報はローカル紙面でもよく読まれています。

家庭料理は昨今流行りで素人の料理コンテスト番組やいろいろ料理系がもてはやされています。料理は女性と決まっていなくてしたい人がするが基本です。お呼ばれしたら旦那さんの料理だった、はよくあることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

素人の料理コンテスト番組があるんですか、それは面白いですね。
日本もグルメ番組がいっぱいあるのですが、そういうのをやれば面白いのに、と思いますね。

お礼日時:2014/05/17 19:25

アメリカの事情について:



アメリカ人、と一口に言いましても、イタリア系、ロシア系、中国系などなど、移民してきてから三代目ぐらいですと、まだまだ”おばあちゃんの味”を受け継いで、アメリカの材料を使って、なんとか、故郷の味に近づけようとがんばっています。自分のところの料理がまずいとは思っていないでしょう。

夫の家族は、どうやら、アイルランド系とドイツ系が混じっているらしいですが、完全にアメリカ風になりきっています。入植したのは、南北戦争の前とのことです。夫の母は、もう八十歳を過ぎていますが、感謝祭やクリスマスには、今でも、七面鳥を焼きます。子供たち(夫の兄弟)は、”お母さんの料理が、世界で一番美味しい”と思って、育ちました。私も、チキン&ダンプリング(ちょっと日本のすいとん風)や、パイの焼き方を習いました。でも、義母のようにはうまく出来ません。

最近では、私たちが滞在すると、一度か二度、新しく出来た、評判のレストランに家族全部(15人ぐらい)で繰り出します。

同年代のアメリカ人の友人に聞きますと、彼のお母さん(やはり80歳ぐらい)は、”レストランに行こう!”というと、”私の料理が気に入らないの???”と機嫌が悪くなるそうです。親孝行のつもりなのに、引っ張り出すのに苦労するそうです。

以上、比較的田舎の事情で、ニュー・ヨーク、ロス・アンジェルス、サンフランシスコ、あたりの都会になりますと、最近は美味しいレストランもちらほら出現していますので、特別な行事。。。誕生日や結婚記念日。。。には、予約を入れて、おしゃれをして出かけます。

普通の友達が、遠くから遊びに来てくれたら。。。ですが、残念ながら、バーベキューでチーズバーガー、ポテトサラダとバドワイザーで、会話を楽しむようになるでしょう。

アメリカの一般家庭では、”豪華な食事”、”手のかかる食事”は、家族のためのもの、という、認識がありますね。

ドイツ人については。。。伝統を重んじて、食事の豪華さやバラエティにそんなに重きを置かないイメージがあります。

面白いご質問でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>面白いご質問でした。
でしょ?私はしばしば、興味ある質問ありがとうございますって言われるんですよ。しかし、私が英米の料理を不味いと断じたように思って腹を立てて絡んで来る人が多いので困ります。

外国で外人に囲まれて生活している人はおおらかになっているようですね。

三代目の移民子孫が料理に対してどういう姿勢を持っているのかがよく分かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/17 19:21

ちなみに、「自分たちの料理が不味い」と思っていたら、肥満大国にならんでしょ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。これは正解ですね。
白人は総じて自信過剰で、皆、自分、自分の国が最高と思っていますから、どんなに料理が不味くても(例えばの話です)、やはり最高と思うのでしょうね。

お礼日時:2014/05/17 19:10

おいしい料理を一緒に


つくって楽しもうと
していましたね。

自分たちの国の
料理がまずいとか自覚以前に
思ってもいないし、
まさかまずいと
定評になっていることも
知らないか、気にしていないですね。


私たちがいつもお米や
カレーとかラーメンとか、
日本食?普段食べている
ものがありますよね。

そんな感じで、その国で
良く食べる料理を
普通に食べていました。

もちろん美味しい料理を
味わいたいと思っていますよ。

今、皆さんが丁寧に
回答してくれていましたが、
もしあなたがドイツに行き
、ドイツ人に同じことを
訊いたら同じ答えが
返ってきますね。
水準というのは
統計を出して
知りたいのですか?

それとも少なくてもいいから
個々による
実際の見聞を
知りたいのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか、やっぱり美味しい料理を追及する姿勢はあるのですね。イギリス人は甘いもの、スイートは美味しいものを作る能力があるのに、料理は今ひとつなので無関心なのかなと思っていました。

本当は統計でも誰かが取って調べてくれたものがあれば、興味を持って見るのですが、ここではそんな回答は勿論期待しておりません。各国の人たちの料理に対する意識を知りたいのです。

お礼日時:2014/05/17 19:06

> 料理を好みだけで捉えてしまうと、議論の余地はありません。


料理のうまいまずいなんてのは、結局は好み次第。好み以外の要素があるというのなら、それを具体的に示してもらいたい。
好みといっても、個人レベルの好みもあれば、地域レベルの好みもある。君の質問は、地域レベルの話だ。
アメリカ人が、子供の時からアメリカ料理を食べていれば、舌はその味に慣れてそれを旨いと思うようになる。そこで他国の料理を食べてうまいと思うことはあっても、だからといって慣れ親しんだ味をまずいとは思わない。
そもそも、ローカルがまずいと思うような料理は、淘汰されてとっくの昔になくなっていると考えるのが自然。今現在残っている料理は、ローカルの口に合ったから残っている。

結論は、自国の料理は旨い。

この回答への補足

音楽も絵画も文学も何でも、人それぞれの好みというものはあります。それを「好み」という尺度だけで片付けてしまえば、偉大な音楽、偉大な文学というものは存在しなくなります。万人とはいかなくとも、世界中の多くの人を深く感動させる音楽もあれば、ごく少数の特殊な人しか感動しない音楽もある。前者は後世に伝わるだろうし、後者はしばしば途中で消えてしまう運命にあるだろう。
料理だって同じ。塩を振りかけただけのご飯と、世界の多くの人が好み楽しむ料理が全く同じということになってしまう。生まれてから塩を振りかけたご飯しか食べたことのない人は、豪華なこってりした料理は受け付けないだろう。だから料理は好みが全て、と言えるのか?

日本の演歌しか聞いたことのない人は、西洋のクラシックに感動するのは難しい。西欧音楽しか聞いたことのない人はインド音楽には感動できない。新しい味には拒否反応を起こすからだ。料理も同じ。しかし、生まれた時から、全ての音楽を聴いていればこの拒否反応は起こらない。私は幸い全ての音楽に拒否反応が起こらない。だから公平にどの音楽が素晴らしく感動的かを比べることが出来る。料理も同じ。拒否反応がない時点で、公平に各料理を比べることが出来る。インドや韓国の香辛料にも馴れないとダメだ。全てに慣れた時点なら、公平に比べることが出来る。誰が万人の舌をよりよく満足させる料理を作っているのか?
料理も芸術も同じ。好みもあるが、好みだけではない。優劣はあるのだ。

貴方たちは自分の経験だけで語り過ぎる。もっと色々対比して考えを進めろと言いたい。

補足日時:2014/05/17 18:53
    • good
    • 0

>英米人が自分たちの食文化のことをどう捉えているのか、あるいは無関心なのか?



自分たちの料理が一番美味しいと思ってると思いますよ。 そうですね、一度英語圏の国に言って、典型的な英米料理の店それも、チープなマックとかフッシュアンドチップス等の客数と、その他の料理の客の数を比べてみては? 一目瞭然ですよ、 質問者さんの考えはただの誰かの話の又聞きでしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そういうのをステレオタイプと言います。
>質問者さんの考えはただの誰かの話の又聞きでしかありません。

貴方は人をこき下ろすクセが抜けないようですね。

>自分たちの料理が一番美味しいと思ってると思いますよ。
私が知りたいのはこれだけなんです。それを根拠付ける説明があればありがたいのですが、それはなく、後は最後にこき下ろすための文が羅列されているだけです。極めて不愉快な内容です。

お礼日時:2014/05/17 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング