銀行の口座は口座名義の本人が死亡した場合に凍結されてしまう。と聞いたことがありますが、夫婦の財産をどちらかの名義の口座にしている場合について質問があります。
実家の母は長年専業主婦のため、家計管理は母が全て行っているのですが、口座の名義は父になっています。もし仮に、父が先に亡くなってしまうような場合、母は生活費も引き出せなくなってしまうのでしょうか?また、口座が凍結してしまったらその分の預金はどうなってしまうのでしょうか?
事前にこうして置いたほうがいいよ、というアドバイスもありましたらこちらもお教え頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

他の方の回答に追加すると、引き落としや振込も出来なくなります。


ガス、電気、水道、電話の料金など。ローンなどが引き落とされているならローン会社に連絡しないと気づかないうちにブラックリストとなるかもしれません。亡くなった本人がブラックになっても影響はありませんが、妻が連帯保証人になっているとやっかいなことになるかもしれませんので。

一方、入金も出来なくなるので振り込まれるべきものが振り込まれなくなってしまします。年金とか給料とか。アパート経営をしていたりすると家賃収入も振り込まれなくなってしまいます。

要は、出し入れが出来なくなるので、事前にお金の流れを確認しておいたほうが慌てなくてすむと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
引き落とし口座に指定されている場合までは気が回っていませんでした。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:44

誰が稼いで 誰か家計管理しているかなんて 銀行にとってはわからんことなんで


「口座の名義」で凍結するだけです

数十万でも母名義の口座に入れとけばそれで事足りるでしょう
もしくは yryrowtさんなり親族のなかの誰かが 手続き終わるまで建て替えとけばいい
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:45

ATMで対応できないほどの高額の預金引出しや定期預金の解約等については,


金融機関の窓口で本人確認が必要だったりしますので,
危篤になってからの資金移動では遅いかもしれません。

預金の名義人の相続開始ということで預金が凍結されちゃうと
預金の相続の手続きをしないと自由な引出し等ができなくなるので,
どちらかに何かあっても困ることがないように,
少なくとも当面の生活費に当てられる程度のお金を,
お母さんの口座に移動しておいたほうがいいような気がします。

ただ,安易にそのお金を使ってしまったりすると,
遺産隠しだとかなんだとか言いがかりをつけられて,
税務署どころか相続人間での争いに発展してしまうこともありえます。
出入りは家計簿につけておくとか,高額なものは領収書をとっておくとか,
誰に対しても説明できるような資料を残しておいたほうが良いように思います。

なお,金融機関での相続に関する手続きは,
金融機関によって多少違っていたりもするようですので,
あらかじめどんなものが必要なのかを聞いておいてもいいかもしれません。
(なるべく本人が。でないと変に勘ぐられてしまうかもしれませんから)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:44

たとえば夫が危篤になったとき、夫名義の銀行預金をすべて妻名義の口座に移します。

あるいは、
そうでなくとも、日ごろから夫名義の預金の一部を妻名義の口座に移しておいてもよいでしょう。
それ自体は贈与ではなく法律にも違反しません(名義預金として夫の財産と見なされます)。
銀行振込にして、夫と妻の貯金通帳に預金移動の記録がはっきり残るようにしましょう。その預金は
なるべくそのままにしておくのが良いのですが、妻が葬儀費用や生活費を引き出すことは構いません。

大切なこととして、夫が亡くなったときには、それを夫名義の財産に加えて税務署に相続税の申告を
することを忘れないでください。念のため、相続税ゼロでも申告書は出しておいた方がよさそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:44

>父が先に亡くなってしまうような場合、母は生活費も引き出せなくなってしまうのでしょうか?


いいえ。
必ずしもそうではありません。
口座を凍結するかどうかは、銀行によって違います。
私の地域の銀行は、以前は勝手に口座を凍結していましたが、今は相続人からの亡くなったという申し出がなければ凍結しないようです。

仮に相続人の意思に関係なく凍結する銀行でも、亡くなる直前や亡くなった直前など、銀行がその事実を知る前なら、キャッシュカードさえあれば引き出せます、

>口座が凍結してしまったらその分の預金はどうなってしまうのでしょうか?
相続人のものですから、亡くなった人の除籍謄本や相続人(お母様、貴方、および貴方の兄弟姉妹)全員の印があれば引き出せます。

>事前にこうして置いたほうがいいよ
死期が近いとわかったら、事前に引き出しておけばいいでしょう。
ただし、亡くなる前に多額の現金を引き出すというのは問題ですね。
税(相続税)逃れともとられかねません。
もちろん、生活費としてなら問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:43

確かに口座名義人が亡くなったことを銀行が知れば、口座は凍結されます。



銀行がどのようにして亡くなったことを知るかというと、誰かが銀行に言うからです。
役所が死亡の届けを受けて、とか、税務署が死亡による準確定申告を受けて、とかではありません。

通常は、相続人の誰かです。
相続財産を確定させる意味で、その口座を凍結させるのです。

従って、相続人やその他親族などで、そのようなことをする人はいない、ということであれば、そのままにしておいても何の不都合も起こりません。
通帳記入やカードでの現金の引き出しなど問題なく出来ます。

私の父の時も母の時も何の問題もなく、現在12年目になりますが口座はそのまま残して使用しています。
本当は、遺産分割協議も終了していますから、名義変更すればよいのですが、面倒なのでそのままにしています。
当然、相続人全員が知っていることですが。

まあ、気になるようでしたら、言い方は悪いですが、ギリギリのところでまとまったお金を引き出して、葬儀費用などに充てるということですね。

私の場合もそのようにしました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:45

#1さんの意見のように、危篤になったら全額引き出して


おくのが手っ取り早い方法です。

根本的な解決としては、お父さんの財産を相続する権利がある人
全員の戸籍謄本、印鑑証明などを添えて相続を放棄するという書類を
作り、銀行に提出して口座を解約することです。
それには、日にちがかかります。そこで、葬儀の費用や当面の生活費は
その手続きをしなくても引き出せるようになっているのでご心配なく。
詳しくは下記ページで

http://homepage3.nifty.com/office-mori/otoku1.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
教えて頂いたページも参考にしてみます。

お礼日時:2014/05/19 12:42

正確に言うと、


「口座名義人の死亡の事実を銀行が知った時点で」支払停止になります。

支払停止になった口座は原則として通常の支払いは出来ませんが、葬儀費用や墓の購入費用等は相続前でも便宜的に支払いに応じてもらえます。

心配なら事前に母親名義の口座を作り、預金を一部移しておくことです。
これは厳密にいうと「贈与」になりますが、生計を一にする夫婦間で生活費に当たる金額であれば、実務上は特に問題にはなりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:41

夫婦の財産とはいえ、お父様名義の預貯金は夫の財産となります。


よって、亡くなった瞬間に遺産となり、お母様、あなたなど遺産相続人の了解がないと
引き出せなくなります。

事前に、ということであれば、危篤になったら引き出しておくことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/19 12:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地を共有名義に変更した場合の贈与税は? 父名義の土地を自分名義に変更するか、自分・妻・娘・息子のう

土地を共有名義に変更した場合の贈与税は?

父名義の土地を自分名義に変更するか、自分・妻・娘・息子のうちだれかとの共有名義にしたほうがよいか下記の点で悩んでいます。
ちなみに、路線価は74,000円、敷地面積は136.18㎡です。

①土地を共有名義にしたときの将来的なデメリットは?
②妻などと共有名義に変更する場合、特例の計算表にあてはまるのか?
③共有名義にした場合の確定申告はそれぞれで行うのか?

Aベストアンサー

所有権移転の原因は何でしょうか。
売買、相続、贈与などがあります。
所有権者が今生きておられるならば、売買や贈与です。
一番の大前提が決まってないと、答えは出ませんが、とりあえず一つ言えるのは「兄弟姉妹の共有名義」は、いずれ所有権を一つにしないとめんどくさくてしょうが無くなります。
というのは、兄が家に住み着いていて結婚して子ができたとします。
それから、ずっと経って兄が死亡した時には、兄の所有権分だけが嫁さんと子に相続されますが、共有名義ですから、ウダウダになります。
 共有権者の誰かが金融機関でお金を借りようと担保に差し出そうとしても、共有者全員の承諾が必要です。
リンゴのように「等分に切って食べてしまえる」ものではないので、後々の処理はものすごく大変になります。その大変さを子孫に残して死んでいっていまう事になります。

相続が発生した時に「と、と、とりあえず法定相続分で遺産分割して、後で考えよう」と不動産を法定相続分で、つまり共有で所有権登記してしまうと、「後で考える」とした事を後悔することが、非常に多いです。

Q贈与税の対象ですか? 父がオーナのガレージ代を管理会社から父名義の口座に入金しています。父の体調が

贈与税の対象ですか?

父がオーナのガレージ代を管理会社から父名義の口座に入金しています。父の体調が悪く、亡くなった時に口座が凍結されると母の生活費が出金できなくなります。

そこで、母の口座に入金するよう変更すると贈与の対象になるのですか?

Aベストアンサー

父の口座に入金されるべきお金が母の口座に入金されることには、問題がある。
しかし、父がその入金を自分の所得だとして確定申告書に記載してあれば、父から母に生活費を渡してるという理由がつくでしょう。
 父と母の間で贈与契約がないと贈与とはいいません。
「父と母は夫婦なので、金銭の移動は問題がない」は誤りで、夫婦間でも贈与契約があれば贈与税はかかりますし、税務署長が「これは贈与行為だ」と認定すれば贈与税の決定がされうるのです。
 贈与契約があったかなかったかの判断は、ずばり「金額」が判断基準です。
家族状態や収入状態などから総合的に判断すべきでしょうが、月20万円のお金が「夫の口座に入金されるべきなのに、妻の口座に入金がされてる」「夫は不動産収入があるとして確定申告している」ならば、夫が妻に毎月の生活費20万円を渡すかわりに、直接振り込んで貰ってるのだという話は通用するでしょう。

毎月20万円夫が妻に贈与してるのだ、と税務署長が言い出すかどうか。
私は「ま、いいんじゃないんですか」と思いますが。

気を付けるべきは、ここに父の預金が1千万円あって、そこから毎月20万円づつ妻の口座に送金する場合です。
入金額が、そのまま溜まってるとなると「贈与でしょ」となります。
入金額が、きちんとおろされている、電気光熱費、その他が引き落としされてるとならば「生活費を渡してる」と言えるでしょう。

なお、現在の贈与税の基礎控除額は60万円ではなく、110万円です。
基礎控除額以内の贈与は非課税となります。「無料」とは一般的には言いません。

父の口座に入金されるべきお金が母の口座に入金されることには、問題がある。
しかし、父がその入金を自分の所得だとして確定申告書に記載してあれば、父から母に生活費を渡してるという理由がつくでしょう。
 父と母の間で贈与契約がないと贈与とはいいません。
「父と母は夫婦なので、金銭の移動は問題がない」は誤りで、夫婦間でも贈与契約があれば贈与税はかかりますし、税務署長が「これは贈与行為だ」と認定すれば贈与税の決定がされうるのです。
 贈与契約があったかなかったかの判断は、ずばり「金額」...続きを読む

Q親戚の叔父に亡き父の土地を譲りたいのですがまだ名義を母、兄弟へ変更していません。 叔父は姓が異なりま

親戚の叔父に亡き父の土地を譲りたいのですがまだ名義を母、兄弟へ変更していません。
叔父は姓が異なりますが父とは兄弟です。
自分達も財産を放棄したいので譲渡するときに掛かった金額は全て支払ってもらうつもりです。実際に手続きしようと思ったら誰かに頼むようになるのでしょうか?必要な手続き教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらが参考になるでしょう。

http://hikari-souzoku.com/souzoku-meihen/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%81%AE%E5%90%8D%E7%BE%A9%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AB%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8B%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%A8%E6%99%82%E9%96%93%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F

Q相続についてもう一つお願いします。 上場株を父が今から17年前に名義を父から兄に変えました。 その

相続についてもう一つお願いします。

上場株を父が今から17年前に名義を父から兄に変えました。
その時かかる贈与税や手続きにかかる費用はすべて父が支払いました。

配当金に関しては年に2回父の口座に振り込まれてました。
父が亡くなってからその口座には振り込まれなくなり(凍結によるものか?)証券会社に問い合せたところ、既にこの株は売られたとのことでした。
株の名義は兄なので売ろうが何しようが私には関係ありませんが、たまたま私の方に、父が兄に株券を渡した旨の日記を見つけました。兄名義になる前から父が名義であり、郵便局へ配当金を取りに私が行ったこともあります。
が、兄はガンとして自分の財産であって贈与されたものではないと言い張ってますが・・・
こうなると調停まで行って生前贈与である事を証明してもらった方がいいのか?

日記によりかなりの額が兄に渡っているのはわかっているのですが、通帳も私が持ってます。
その事は兄も兄の弁護士も知りません。
兄がちゃんと自分の弁護士に話していれば別ですが・・・

生前贈与、寄与分をしっかり取りたいのでよろしくお願いします。

相続についてもう一つお願いします。

上場株を父が今から17年前に名義を父から兄に変えました。
その時かかる贈与税や手続きにかかる費用はすべて父が支払いました。

配当金に関しては年に2回父の口座に振り込まれてました。
父が亡くなってからその口座には振り込まれなくなり(凍結によるものか?)証券会社に問い合せたところ、既にこの株は売られたとのことでした。
株の名義は兄なので売ろうが何しようが私には関係ありませんが、たまたま私の方に、父が兄に株券を渡した旨の日記を見つけました。兄名義にな...続きを読む

Aベストアンサー

[兄はガンとして自分の財産であって贈与されたものではないと言い張ってます]
???
贈与されようと、買おうと「自分のもの」なんですよね。
自分の財産であるなんて主張でなく「贈与されたものではない」と言い張ってるのですから、取得経過を調べればわかります。

上場株ですので、Aが所有する以前の所有者が誰だったかは証券会社で一発でわかります。
贈与されたら自分の所有物です。

生前贈与の分を、遺産分割協議時に加える額は民法上は相続発生前1年分です。

寄与分?
寄与分って財産形成にお兄さんが貢献しているので、その貢献分はお兄さんに余分に遺産を分けるときに使います。

Q不動産の相続について5年前に父が亡くなり母と3人兄弟で預金関係は相続しました。実家は母が住み続け

不動産の相続について
5年前に父が亡くなり母と3人兄弟で預金関係は相続しました。
実家は母が住み続けるので、父の名義のままでも母が亡くなった時に相続すればいいと思っていましたが、万が一母より先に兄弟の誰かが亡くなった時にその子供までも相続手続きに関係してくるという事に気づきました。

今からでも名義は母に変えておいた方がいいですか?

それとも兄弟の誰かの名義にしておくというのは税金上何か問題がありますか?

Aベストアンサー

>母より先に兄弟の誰かが亡くなった時にその子供までも…

そうなりますね。

>今からでも名義は母に変えておいた…

その方が良いです。

>兄弟の誰かの名義にしておくというのは税金上何か…

むしろ現状では、故人宛の固定資産税を母が代理で払っているわけでしょう。
それがこれからは、母宛の固定資産税が母に、あるいは子どもの誰か後の固定資産税がその子どもに来るようになるわけで、これで正常な状態に戻るわけです。

相続税は、その建物だけではなく、5年前に相続した現金類その他あらゆる遺産を合計して、5年前のことなので
5,000万 + 1,000万 × [法定相続人数]
を超えなければ発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

一部の遺産 (家) について名義変更が遅れていたとしても、新たに相続税や贈与税がかかることはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報