初めての店舗開業を成功させよう>>

民法887条2項に「ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。」とあり、この「被相続人の直系卑属でない者」には、「養子縁組以前に生まれた養子の子(養子の連れ子…養親と血族関係がない)」が該当すると思うのですが、どうして、そうした分かりづらい文言(「ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。」)を使用し、「ただし、被相続人の血族でない者は、この限りでない。」といったわかりやすい表現を用いていないのでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。

(子及びその代襲者等の相続権)
第八百八十七条  被相続人の子は、相続人となる。
2  被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3  前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

例えば,AとBが兄弟であって,Aには子A1が,Bには子B1がいるとする。

さらにB1に子B2がいるとしたとき,AがB1を養子にすれば,Aから見てB2は血族ですが,直系卑属ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
また、何卒よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/05/18 02:16

「直系卑属」と「血族」とは違うからです。


直系卑属とは、直系尊属であり、かつ、「卑属」である者を言います。
卑属とは、子や孫のことです。
一方「血族」とは、自然血族もあれば「法定血族」もあります。
法定血族は養子などを言います。
元々、この条文は、代襲者を誰にするかと言う規定です。
相続人を第1項で「子」としていますが、子が居なければ、
その子の子が代襲します(これが、第2項です。)が、
法定血族全員を代襲者するのではなく、直系尊属でも卑属だけに絞っているのです。
それが、ただし書きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
また、何卒よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/05/18 02:15

子孫が卑属 先祖が尊属



子供孫曾孫と繋がってるのが直径卑属。
甥や姪などは傍系卑属
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
また、何卒よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/05/18 02:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兄弟姉妹の代襲相続における制限

民法889条2項で、民法887条2項の準用について規定しているわけですが、民法887条2項には「被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。」というただし書きがついています。この文をそのまま適用したら兄弟姉妹の代襲相続自体と矛盾してしまいますので、文どおりの意味で適用されないのは判ります。

このただし書きは「準用」によって「兄弟姉妹の代襲相続」になんらかの意味をもっているのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>このただし書きは「準用」によって「兄弟姉妹の代襲相続」になんらかの意味をもっているのでしょうか。

 解釈としては2つ考えられるでしょう。一つは、文字通りに但書を準用すると、兄弟姉妹の代襲相続はほとんど認められないことになり、本文を準用した意味がほとんどなくなるので、但書の存在は無視するという解釈です。
 もう一つは、但書の存在は無視しないが、文字通りに但書を準用するのではなく、但書を「被相続人の傍系卑属」と読み替えるという解釈です。
 「民法887条2項但書」の趣旨を、兄弟姉妹の代襲相続の場合にも及ぼすのであれば、後者の解釈が穏当でしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報