初めての店舗開業を成功させよう>>

ポリフォニーとホモフォニーが混在する音楽の例を教えてください。

伴奏をともわない複数の旋律と、伴奏のみを担当している楽器の両方がおなじ場所に存在している楽曲の例を教えてください。クラシック音楽でお願いいたします。

A 回答 (1件)

 古典派以降の「フーガ」「フガート」様式の個所は、みんなそんなものではないでしょうか。



 モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」第4楽章
 ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付き」第4楽章中間部(行進曲の後半)

など。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答大変感謝致します。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/18 19:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリフォニーの例について

ポリフォニー性を持つ音楽の例を動画サイトやその他サイトから紹介していただけませんか?

有名なパッヘルベルのカノンについて調べていたら、ポリフォニーという言葉が出てきました。検索してみたのですが、私の知識不足もあるせいかどうも理解できません。ポリフォニー=輪唱??
ためしに何曲か聴けば分かるだろうと思い質問するに至りました。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「♪かえるの合唱」
♪かえるの歌が~(^^)/
 ♪かえるの歌が~(^^)/
  ♪かえるの歌が~(^^)/
   ♪かえるの歌が~(^^)/

の「伴奏“なし”」が、カノンです。。。^^
---------------------------------------------------------
ポリフォニーと輪唱は違うようですが、何がどう違うのでしょうか?
私には違いがはっきりとは分からないのですが・・・

「ポリフォニー(対位法)」の「ジャンルの一つ」が
「輪唱(カノン)」ということです。

要するに、
「ポリフォニー(対位法)」の「ジャンル」は、大別すると
「カノン」。「インベンション(シンフォニア=3声)」。「フーガ」。
です。

ちなみに、「カノン」も詳細に分類すると、たくさんありますので、
一番、簡単?なカノンの種類のものが、「♪かえるの合唱」なんかですね。

また、「カノン」。「インベンション(シンフォニア=3声)」。「フーガ」。は、「模倣」音楽です。
要するに、「同じフレーズ」を繰り返しなから、追走します。
これには、いろいろな方法があり、その違いにより、
「カノン」。「インベンション(シンフォニア=3声)」。「フーガ」。などと、分類されます。

「カノン」は、「(ほぼ)完全」模倣。の音楽。。。ということです。
「インベンション(シンフォニア=3声)」。「フーガ」は、
「提示した部分」程度を模倣し、あとは、展開したり、まったく違う自由奏などが入ります。

「♪かえるの合唱」
♪かえるの歌が~(^^)/
 ♪かえるの歌が~(^^)/
  ♪かえるの歌が~(^^)/
   ♪かえるの歌が~(^^)/

の「伴奏“なし”」が、カノンです。。。^^
---------------------------------------------------------
ポリフォニーと輪唱は違うようですが、何がどう違うのでしょうか?
私には違いがはっきりとは分からないのですが・・・

「ポリフォニー(対位法)」の「ジャンルの一つ」が
「輪唱(カノン)」ということです。

要するに、
「ポリフォニー(対位法)」の「ジャンル」は、...続きを読む

Qバロックとウィーン古典派の音楽様式の違いを。。。

バロックとウィーン古典派の音楽様式の違いを教えてください!
あと、それぞれで有名な楽曲などあったら教えてほしいです・・・。
お願いします!!

Aベストアンサー

 まず、バロックとはポルトガル語のBarroco(ゆがんだ真珠)に由来するとされている、16世紀末から18世紀半ば、ヘンデルと大バッハの時代までとされています。
 そしてウィーン古典派はただ古典派音楽とも呼ばれ、18世紀半ばから19世紀初めとされています。
 音楽史上の大まかな時代区分はこれくらいにして、音楽形式の違いですが、まずバロックには通奏低音が慣用されていました。楽譜にはcontinuoと示されているパートです。この上で、各楽器がそれぞれを主旋律として同じ比重を持ちながら演奏されていきました。従ってブランデンブルク協奏曲のように、演奏者がすべてソロパートを受け持つ形式が代表的です。この形式を「ポリフォニー(多声音楽)」と呼びます。
 一方古典派音楽ではこの形式が崩れ、主旋律と伴奏、という形式を取るようになりました。ベートーヴェンのピアノ協奏曲などのように、オーケストラ対独奏楽器、という形式が一般的になりました。モーツァルトの頃はまだ二重協奏曲などがあって、バロックの臭いも残っていたのですが。この形式を「ホモフォニー(和声的単旋律音楽)」と呼びます。

 つまり、バロックと古典派のもっともわかりやすい違いは「通奏低音の有無」になると思います。

 有名な楽曲、といわれてしまうととても困るほど多くの作品がありますが、バロックでしたらヴィヴァルディ、大バッハ、ヘンデルなどの作品群。古典派でしたら、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの作品群があげられます。

 以上は、「クラシック音楽事典」(平凡社)を参考にして書かせていただきました。

 まず、バロックとはポルトガル語のBarroco(ゆがんだ真珠)に由来するとされている、16世紀末から18世紀半ば、ヘンデルと大バッハの時代までとされています。
 そしてウィーン古典派はただ古典派音楽とも呼ばれ、18世紀半ばから19世紀初めとされています。
 音楽史上の大まかな時代区分はこれくらいにして、音楽形式の違いですが、まずバロックには通奏低音が慣用されていました。楽譜にはcontinuoと示されているパートです。この上で、各楽器がそれぞれを主旋律として同じ比重を持ちながら演奏されていきま...続きを読む

Q対位法と和声法

対位法と和声法について質問させてください。
現在作曲活動とともに、勉強もしているのですが、
いまいち、対位法と和声法がはっきりと区別できていません。
極端な話、
和声法……低音部はルートや3度を全音符等で発声、メロの土台を作る。
     低音部は川底。メロは川の流れ。
     土台と流れるメロの安定感とバランスを重視。
対位法……メインのメロに対しての複旋律で美しさを表現する。
     コード感は1拍目や、複旋律のハーモニーで表現。
     コードケーデンスは和声法ほど厳格には意識しなくてもいい。
     低音部、メインメロともに、川の流れ。
     メロの流れとハーモニーを重視。
という考え方でいいのでしょうか。
ご回答の程、よろしくお願いします。

一週間くらいは回答締め切りをしません。時間のあるときにお答えいただければ幸いです。
ちなみに、小説も書いているので、長文を読むことはまったく苦になりません。
ご教授の程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いまいち、対位法と和声法がはっきりと区別できていません。
■そもそも、「はっきり」区別しよう。とするのがおかしんです。
和声法の4声は、対位法の4声とある意味、重なることがあるんですよ。

要するに、「コード進行」自体、中身を工夫すれば、対位法が含まれます。通常、「コード進行」は、ルートの進行を重視しますが、
ルート。第3音。第5音。の関係・流れ自体、メロディックにすればするほど、対位法に近づきます。

和声法……1つのメロに、伴奏がつく。
対位法……複数のメロだけで構成され、同時に伴奏を兼ねる。ってことです。

話は長くなりますので
詳細は、下記の理論書をおすすめします。。。
■「和声学(法)」
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=102050
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=102060
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=102070
■「対位法」。
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=105000

いまいち、対位法と和声法がはっきりと区別できていません。
■そもそも、「はっきり」区別しよう。とするのがおかしんです。
和声法の4声は、対位法の4声とある意味、重なることがあるんですよ。

要するに、「コード進行」自体、中身を工夫すれば、対位法が含まれます。通常、「コード進行」は、ルートの進行を重視しますが、
ルート。第3音。第5音。の関係・流れ自体、メロディックにすればするほど、対位法に近づきます。

和声法……1つのメロに、伴奏がつく。
対位法……複数のメロだけで構成され、同時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報