中小企業の働き方改革をサポート>>

庭の池にらんちゅう水槽があって、

その壁面にゼリー状の卵らしきものが産みつけられているのですが、

いったいこれは何でしょうか?

よろしくお願いいたします。

「これは何の卵でしょうか」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 観賞魚等を曽祖父の代から飼育をしていますので回答をします。



 カエルやイモリ等が卵を産み付けるならば寒天状で長くなっており、ナタデココの様な感じの卵を産みます。バラバラの卵の場合はスネールと呼ばれる巻貝であり、モス(コケ)、アルジー(モ)等に卵を産み付けて可能性があります。モス、アルジー等を2月以降に導入していませんか?もしも金魚を繁殖させたいのならば駆除をしないと産卵した卵、稚魚を襲いますし、不快感を与えるだけではありません。エビ、カニを掃除要員で入れていなければ専用の駆除が可能な薬剤で駆除ができます。

 スネールは巻貝ですので見識のない者はタニシと信じ込みいれていますので危険ですし、単為繁殖ですから1匹で自慰行為で産卵、射精をして増えます。放置をすると億単位で増えますから危険ですし、処理をしないと最終的には卵を持つ個体を襲います。掃除用タニシで販売されているのはイシマキガイでこちらはつがいでないと繁殖をしませんし、淡水では短命です。

 私の家の場合はオランダ、リュウキンの飼育水槽の清掃時には見付け次第駆除しています。特にランチュウ、ハナフサは動きが鈍いので卵や稚魚が全滅する可能性が高いので、薬剤で対応をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ご提示いただいたキーワードから検索して画像を見てみました。

http://lilica.moe-nifty.com/blog/2011/07/post-c3 … にある画像がそのものでした。

スネールそのものですね。

アマゾンフロッグピットも入れたとたんにぼろぼろにかじられているので、恐らくスネールの仕業だと思います。

駆除しようと思います。

お礼日時:2014/05/17 21:40

ゼリー状の卵・・で真っ先に思いついたのが、“両生類”の卵です。



カエルなのかイモリなのか、何の卵なのかは添付画像を見る限りでは判断しかねますが、そんなところではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

カエルは周囲にはいないのですが、ヤモリはいます。

ちょっと孵してみようかとも思っています。

お礼日時:2014/05/17 16:14

画像がよくわからないのですが、真っ先に思い浮かんだのが蛙の卵です。


http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

完全に水中にあって、ゼリー部分の幅は5ミリくらい、長さ2センチ位、卵は0.2ミリくらいです。

お礼日時:2014/05/17 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタニシが爆殖して困ってます

メダカとミナミヌマエビを飼育してます。
直射日光の当たらないところに置いてますが、水草(アナカリス)にくっついてきたのか原因不明でタニシが私の水槽に密航してきました。
アナカリスにはゼリー状の卵らしき物も見つかりました。
ほかっておいても良いのでしょうか?
飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
知恵を貸してください!!

Aベストアンサー

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/13_aqua/02_re/009_gedou/page.html

> ほかっておいても良いのでしょうか?
> 飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
・スネールは、魚たちには無害ですから、リセットは最後の手段です。
爆繁殖すると、水草を食い荒らします。

スネールは、飼育水中の有機物が増える(=汚れてくると)と爆繁殖しやすくなります。
逆に、飼育水中に有機物の少ない、綺麗な水では爆繁殖することが出来ない生物です。
高水温時期である、夏場は、普段よりも飼育水が汚れやすくなります。
急に増えてきたスネールは、飼育者に水の汚れを教えてくれる、有り難い生物でもあります。

スネールが、急に増えてきた場合は、
・底砂や濾過器の清掃。
・水替え頻度を増やす。
・エアポンプによるエアレーションを強化。
・魚やエビに与えている餌を減が多すぎる可能性があるため、減らす。
・第二フィルターの追加。
などの清水化対策を実施することにより、少しずつ数を減らすことが可能です。
とりあえず、上記の清水化策を行いながら、水槽の横に瓶などを置いて、見つけ次第、ピンセットで瓶へ引っ越し。

それ以外の方法では、スネールは酸性を嫌い、繁殖できなくなります。
酸化剤(天然または化学的)を使い、水槽水のpHを5.5程度の弱酸性に下げることによりスネールを駆逐することも可能です。

天然酸化剤:使用中、水槽水は薄茶に染まります。
http://www.rva.jp/shop/sera/sera3.htm

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geociti...続きを読む

Qタニシの卵について

たぶん金魚用の藻についていたと思いますが、一匹しかいないめだかの水槽に
タニシの赤ちゃんが出現しました。2ヶ月ほど前になります。
日を追うごとに大きくなり今では1センチちょっとになりました。
お互い一匹同士、結構仲良く過ごしておりました。

で、本日突然水槽をみて、びっくりしました。赤ちゃんが一度に20匹近く
出現しているのです。前のと同じで良く見ると、1ミリぐらいのちゃんとタニシの格好
をしています。

で知りたいのは・・・

1)前のタニシは金魚用の藻に卵がついていたのでしょうか?

2)今回のタニシ群はやはり藻についていて孵化に時間差があっただけなのか?

3)雌雄同体?というか最初のタニシが産んだものなのか?

4)今後増えた場合、一匹しかいないメダカにとって危険なのか?

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 1)前のタニシは金魚用の藻に卵がついていたのでしょうか?
・ハイ。
貝高1cmのタニシに繁殖力はありません。
タニシ以外の淡水巻き貝です。
http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/13_aqua/02_re/009_gedou/page.html
http://www.tokyo-hotaru.com/jiten/kawanina.html

> 2)今回のタニシ群はやはり藻についていて孵化に時間差があっただけなのか?
・水草に卵塊が生み付けられてやって来たか、稚貝が水草についてやって来るのが一般的。

> 3)雌雄同体?というか最初のタニシが産んだものなのか?
・タニシは雌雄異体です。
・雌雄異体はあたりまえとして、雌雄同体でも一匹では繁殖できません。
繁殖にはオスとメス、または、雌雄同体が2匹以上必要です。
したがって、2匹上水槽内に進入していたと考えられます。

貝の種類が分かりませんが、最初に確認した「タニシの赤ちゃん貝」が繁殖能力を有する成体だった場合。
淡水貝は交接後、相手から受け取った精子を体内に蓄えることが出来ます。
一度交接すると、その後、半年程度は有精卵を産卵したり、体内で稚貝を繁殖させる、もの凄い能力があります。
交接後に水槽へやって来た個体ならば、一匹でも繁殖します。

> 4)今後増えた場合、一匹しかいないメダカにとって危険なのか?
・数が少なければメダカとの共存は問題ありません。

ただ、これらスネールは観賞魚飼育者の嫌われ者です。
放置すれば、水槽が真っ黒になるほど増える可能性があります。
・貝類は死亡すると、もの凄く水を汚します。
・死んだ貝殻からは、飼育水をアルカリ性の硬水に変化させるカルシウムが水槽水に溶け出します。
貝が目立つようならば、バケツなどにメダカを一時的に引っ越しさせて、水槽のリセットを行ったほうが良いでしょう。

> 1)前のタニシは金魚用の藻に卵がついていたのでしょうか?
・ハイ。
貝高1cmのタニシに繁殖力はありません。
タニシ以外の淡水巻き貝です。
http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/13_aqua/02_re/009_gedou/page.html
http://www.tokyo-hotaru.com/jiten/kawanina.html

> 2)今回のタニシ群はやはり藻についていて孵化に時間差があっただけなのか?
・水草に卵塊が生み付けられてやって来たか、稚貝が水草についてやって来るのが一般的。

> 3)雌雄同体?というか最初のタニシが産んだものなのか...続きを読む

Qみゆきメダカの卵について質問させてください。

みゆきメダカの卵について質問させてください。

質問 1
みゆきメダカ同士の交配ではみゆきメダカしか生まれないですか?

質問 2
みゆきメダカと楊貴妃メダカのMIXと言うの項目を目にしたことがあるのですが、オスが楊貴妃メダカでメスがみゆきメダカから産まれてきた楊貴妃よりの色や形(見た目楊貴妃)のF1に楊貴妃メダカを掛け合わせると楊貴妃とどうゆうメダカが出てきますか?

質問 3
オスが楊貴妃メダカでメスがみゆきメダカから産まれてきた楊貴妃よりの色や形(見た目楊貴妃)の F1 × F1 からだとどう言ったメダカが産まれて来ますか?

質問がわかりにくいですが、知っている方がいたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

前回の回答の補足を兼ねて説明をします。

 幹之のタイプで微光~弱光はヒカリが出る率は高くなり、中光~極光はダルマが種親になるメダカの種類により出る率は高くなります。この場合は楊貴妃、式部、利休、小町、琥珀の場合は血縁の関係で出ます。幹之の場合はカラーメダカの色はヒメダカと黒メダカ以外では全て誕生する確率があり、その色に合わせた輝きのある光を出しますから何色が出るかで楽しみが異なります。

 楊貴妃の場合はダルマに関しては全てのタイプが出ますし、色に関しても緑、紫(青の血縁)、琥珀(虹色の血縁)がでますので5代程進むと幹之との混血にも見受けられます。また、楊貴妃の場合は青水による飼育を除いて本来の色が出る事は少なく、琥珀の血が血縁にある場合には黄色い個体がでますが、それ以外では難しい場合が多いです。楊貴妃は成長と同時に橙の色彩が濃くなりますし、最初から濃い色をしていません。

 幹之がオスで楊貴妃や式部がメスの場合は先祖返りで他の色が出ますし、幹之の光沢は薄くなります。逆の場合には他の色が出る率は減り、光沢は薄くなる率は減ります。

 ダルマの例で説明しますと半ダルマとダルマからは普通のタイプの個体は産まれますし、本ダルマからは普通のタイプは産まれません。この個体を繁殖させると次世代にダルマや半ダルマが出ますし、ヒカリを伴う個体も誕生します。

前回の回答の補足を兼ねて説明をします。

 幹之のタイプで微光~弱光はヒカリが出る率は高くなり、中光~極光はダルマが種親になるメダカの種類により出る率は高くなります。この場合は楊貴妃、式部、利休、小町、琥珀の場合は血縁の関係で出ます。幹之の場合はカラーメダカの色はヒメダカと黒メダカ以外では全て誕生する確率があり、その色に合わせた輝きのある光を出しますから何色が出るかで楽しみが異なります。

 楊貴妃の場合はダルマに関しては全てのタイプが出ますし、色に関しても緑、紫(青の血縁)...続きを読む

Qらんちゅうを大きくするには。

最近、らんちゅう飼育を始めた初心者です。
らんちゅうは基本的には上見と言う事ですが、自分は横から見た方が可愛く愛嬌が感じられるので横見が好きです。そのため、今は90×45×45センチ水槽、上部フィルターで8センチ程度の個体を4匹飼育しています。(らんちゅうマニアの方からすれば邪道なのでしょうが)
餌はキョーリンのらんちゅうベビーゴールドを日に3~4回与えています。後、たまに赤虫です。
素人なりにらんちゅうを大きくしたいのですが、この飼育環境で大きくする事は可能でしょうか?
大きくするための飼育方法などアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

> らんちゅうマニアの方からすれば邪道なのでしょうが

日本観賞魚フェアの品評会は水槽展示なので、横見を意識したフェア・品評会のようですよ。らんちゅうも観賞魚なので横見で楽しむ人も多いのだと思います。

> 餌はキョーリンのらんちゅうベビーゴールドを日に3~4回与えています。後、たまに赤虫です。

今の飼育密度なら大きくすることはできると思いますが、1年で大きくするのと、2年で大きくするので飼育のしかたが変わると思います。2年で大きくするなら給餌は2~3回/日の方が魚が病気になったりするリスクが下がると思います。

人間でもそうなのですが、背の高い人は親も背が高く、ご飯を食べてればどんどん大きくなるのですが、親の背が低い人は同じ量を食べても大きくならなかったりするのはらんちゅうも同じです。
15cm以上になって、そのあとあまり大きくならないのは親が小さいんだなと念頭に置いて無理なく飼育された方がいいかもしれません。

らんちゅうは雑食性なので、ペレット・赤虫・アオウキクサなど複数種類の餌をバランスよく与えた方がいいと思います。また、ペレットには、高蛋白・低蛋白の餌、高脂肪・低脂肪の餌、粒の大小など違いがあり、高蛋白・高脂肪は消化に悪いとか、粒が小さい方がよく食べるとかあるので、2種類ぐらいのペレットを魚の状態とかで使い分けた方が良い結果があられることが多いと思います。
他の方も話されていますが、食欲や糞の観察をして餌の量を調節された方がいいと思います。

水深は、当歳魚から2歳ぐらいの場合、水深が20cmと40cmだと20cmの方がよく泳いでくれるように感じます。水深に対して、なるべく水面の面積が広い方がらんちゅうが活動的なので、らんちゅうの成長度合いに合わせて水深を深くするとかがいいかも知れません。
よく泳いでくれる方がおなかがすくのでよく食べ大きくなりやすいです。15cmぐらいまでになると1mとか2mといった極端な話でなければ水深はあまり関係ないように感じます。

水槽の場合、らんちゅうが十分に泳がない場合があるので、泳がすために水流を強くしたり、泳がせないようにするために弱くしたり、体調や食欲に応じて調節する場合がありますので、排水のところに靴下とかで水受けを作るとかで調節して、水流の強弱で食欲、いる場所がどう変わるか観察してみてください。なお、夜間消灯後、魚が水面や底にいつもいるようだと水流が強すぎか、具合が悪いかなので、魚の状態に合わせて水流はよわめにした方がいいと思います。

それと、水流を強くすると、5分で食べきる量の餌をいつも通り食べきれない(うまく食べられない)場合があったり、運動量に対して2回、3回の給餌では不足気味になるということもあるので、この辺は、よく観察して調節してください。このあたりでうまくいっていないのが、水槽飼育で大きくならない原因の一つだと個人的には思っています。

あとは、他の回答者も話されているとおり、魚の状態、水の匂いや色をみて適時水換えですが、なるべく水を長持ち(1週間ぐらい)させるような飼育方法を見つけた方がいいと思います。

飼育スタイルは人それぞれでどれがただしいいというものはないかもしれません。今の飼育環境にあった飼育をいろんな方から得た情報を参考にして自分自身で見つけてゆくというのを一つの楽しみとするのがいいと思います。

> らんちゅうマニアの方からすれば邪道なのでしょうが

日本観賞魚フェアの品評会は水槽展示なので、横見を意識したフェア・品評会のようですよ。らんちゅうも観賞魚なので横見で楽しむ人も多いのだと思います。

> 餌はキョーリンのらんちゅうベビーゴールドを日に3~4回与えています。後、たまに赤虫です。

今の飼育密度なら大きくすることはできると思いますが、1年で大きくするのと、2年で大きくするので飼育のしかたが変わると思います。2年で大きくするなら給餌は2~3回/日の方が魚が病気になったり...続きを読む

Qメダカにろ過装置の水流、止めるべきでしょうか

よろしくおねがいします。
室内の9L水槽(テトラ RG-20HLV)でメダカ東天光を三匹飼いはじめました(3週間目くらいです)水草はアヌビスナナとバリスネリアです。

もともとテトラのオートワンタッチフィルター AT―20を使っていたのですが動かなくなったので替わりのものを買いに行ったのですが、店員さんにメンテナンスのしやすさをおすすめされたのでOT-30というものを買ってきました。(水槽にはどちらも適合サイズでした)

設置してみると水流が結構あってメダカがわりと流されています。
ちゃんと魚の種類を伝えて聞いてから購入すべきだったんですね・・・。
とりあえず、水流のできるところをなるべく寄せて、小さい水槽のうち半分は流れがあまりない状態になっています。
1時間ほど回してだんだんメダカ達も慣れてきたように見えなくもないのですが・・・。メダカはみな元気そうです。

メダカは水流を好まないと聞くし、ストレスになるのかしらと心配です。

昨日から丸一日故障のためろ過装置無しでしたが、水替えしたばかり(1週間1/3)なのに、浮遊物など一日で目立つようになるので必須かと思っています。(昨日は念のためブクブクをしてみました)

正直また買い替えるのは出来れば避けたいのですが、
検討している内容は下記です。

・とりあえず循環して目立った汚れはなくなったので、ろ過装置を止め、一日に数時間だけ回す。
・パワーの弱い、元の、ろ過装置に買いなおす。(へたってただけという可能性もあり??)
・気にしすぎ?いい運動と信じてこのまま使う。

経験豊富な方のアドバイス頂きたく質問いたしました。

また、メダカの飼い方を調べると、水草のみで酸素補給、や、ろ過装置無しで飼育、なども見かけるのですが、昨日は今の環境で水草のみで酸素補給できるのか不安でブクブクを使用しました。(ブクブクがストレスみたいな記事もあり、少し混乱しています)
そのあたりもアドバイス頂けると大変嬉しいです。
少し心配しすぎかもしれませんが、悩んでいます、よろしくお願いします!

よろしくおねがいします。
室内の9L水槽(テトラ RG-20HLV)でメダカ東天光を三匹飼いはじめました(3週間目くらいです)水草はアヌビスナナとバリスネリアです。

もともとテトラのオートワンタッチフィルター AT―20を使っていたのですが動かなくなったので替わりのものを買いに行ったのですが、店員さんにメンテナンスのしやすさをおすすめされたのでOT-30というものを買ってきました。(水槽にはどちらも適合サイズでした)

設置してみると水流が結構あってメダカがわりと流されています。
ちゃ...続きを読む

Aベストアンサー

テトラ「ワンタッチフィルターOT-30」には流量調整弁があります。
流量調整弁を目一杯絞れば24時間駆動でも、9L水槽でなんとかメダカの飼育は可能なハズです。

ただ、ハッキリ言ってOT-30の流量は、メダカにはキツイ流量です。
OT-30の吸水口にストレーナースポンジを取り付けると、流量を10%程度減らせます。
対策としては、流量を最弱にしぼり、ストレーナースポンジの取り付けをオススメします。

参考:
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1112021500&itemId=50909

なお、暫くメダカを観察して頂きたいと思います。
水槽内流量が強すぎメダカが疲労してくると、3匹のメダカは水槽全体を泳ぐことは少しずつ減ってきます。
メダカは、水量の弱い場所に集まり、あまり泳がなくなります。

もしも、OT-30を使用していてメダカが水槽全体を泳がなくなる場合、水槽流量をもう少し減らす必要があります。
オススメの方法は、プラスチック棒やプラスチック箸を給水パイプの中に詰めること。
適当なプラスチック棒やプラスチック箸は、100円ショップ(手芸用品や園芸用品、食器売り場)で入手出来ます。

・メダカが、いつも水槽全体を悠々と泳いでいれば、心配はいりません。
・OT-30のモーターポンプは高負荷を掛けても故障する心配はありません。

テトラ「ワンタッチフィルターOT-30」には流量調整弁があります。
流量調整弁を目一杯絞れば24時間駆動でも、9L水槽でなんとかメダカの飼育は可能なハズです。

ただ、ハッキリ言ってOT-30の流量は、メダカにはキツイ流量です。
OT-30の吸水口にストレーナースポンジを取り付けると、流量を10%程度減らせます。
対策としては、流量を最弱にしぼり、ストレーナースポンジの取り付けをオススメします。

参考:
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1112021500&itemId...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報