人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨日、テレビ朝日のニュースでフランスとドイツの過去と現在の関係について、過去、両国は戦争をよくしていて仲が悪かったけれど、現在は良好な関係になるよう努力しているようなことを言っていました。

アジアの場合、現在、日本と中国・韓国との関係、ベトナムと中国との関係がよくありません。
私は、ベトナムと中国は、同じ共産国なので仲が良いと思っていました。

アメリカとカナダなどは友好関係にあるような気がするのですが、世界では隣国との関係は、どのような状況なのでしょうか?

良いところ、悪いところ、いろいろだと思いますが、お教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

近親憎悪という言葉があるように、お隣同士のほうが一般的には仲が悪い傾向にあります。

というか、お隣同士は仲が悪いのが基本です。

英語でフレンチレターといったらコンドームのことを指します。ダッチアカウント(オランダ式勘定)といったら割り勘を指し、イングランド人らしい皮肉がたっぷりと込められています。
イングランド人の手にかかると、周辺諸国へのジョークはブラックなものばかりです。「洋式便器(座ってうんこするタイプ)はアイルランドで発明されたんだ。それがイングランドに渡ってきたときに、イングランド人は便器に穴を開けたんだ」「スローモーションカメラ。あれはスコットランド人が金を払う様子を見てインスピレーションを受けて発明されたんだ」「天井の電球を交換するのに何人のポーランド人が必要知ってるかい?答えは3人。1人がテーブルの上に立って電球を握り、2人がテーブルを持ち上げてグルグル回すんだ」とこんなのばっかりです。
「モンティパイソン」といえばイギリスの伝説的コメディグループですが、彼らのコントのひとつに、紳士が鼻に指を突っ込むとフランス国家が流れるというのがあります。いわゆるシュールなギャグというやつですが、日韓でそれをやったら国際問題になるでしょう・笑。
さて、上記で私はあえて「イングランド人」と書きましたが、イングランドと隣り合う諸国は国家としては「連合国家」としていますが、ウェールズ、スコットランド人とも仲が悪いらしいです。らしいですというのはあまりスコットランド人やウェールズ人と直接話をしたことがないからですが、ウェールズ出身の作家C・W・ニコルさんは自分のことを「ウェールズ人」といってますし、テレビ番組でスコットランドのスコッチバーを紹介したとき、スコットランドの伝統衣装であるチェックのスカートをはいたおっさんが「スコットランド人は男らしくて、イングランド人が大嫌いだ!」と吼えていたので、ま、これは大阪人が「東京って気取っていてなんかむかつくねん」というのに近いでしょうけどね。とにかく、うっかり日本人が「イギリス人ですね」というと、「いいえ、ウェールズ人です」と訂正されます。
だから、サッカーもラグビーも「ウェールズ代表」「スコットランド代表」があります。これらの地域はスポーツでは独立国家として扱われているので、「スコットランドサッカー協会」も「ウェールズラグビー協会」もあります。

カナダとアメリカは友好といいますが、実はカナダ国内でも「ケベック州独立問題」は昔からありました。カナダのケベック州はかつてフランスの植民地だったので、ケベック人は「なんで英語を喋らなきゃいけねえんだ。ウゼえ」と言い続けています。

ドイツとフランスの不仲も有名ですね。この2国間ではアルザス・ロレーヌ地方の帰属問題があります。

またポーランドは何度もロシアとドイツに侵略されていますから、ロシアやドイツを好きになりようがない。アウシュビッツ強制収容所が今も残っているのは、ポーランドにあるからです。ドイツ人が行った鬼畜の所業はきちんと残してやろうというわけです。ドイツ領内の強制収容所はすべて解体されています。

アジアでも、インドはヒンズー教がメインですが、パキスタンはイスラム教国家。イギリスから独立したときは統一インドでしたが、その後インドとパキスタン、そして今のバングラデシュが東パキスタンという形で分離し、後にインドが東パキスタンに攻め込んで占領(印パ戦争)、バングラディシュとなりました。この2国間では世界で最もホットな帰属問題のひとつであるカシミール帰属問題が存在します。一時期インドとパキスタンが核開発でつばぜり合いをしていたのも、このカシミール問題が主な原因です。

だから世界の民族問題や国境紛争に比べると、北方領土や竹島や尖閣諸島なんて「ちゃんちゃら甘い」んです。日本で例えると「大阪弁を公用語にし、大阪独立国を目指す!」といって爆弾テロをする人がいるような国はゾロゾロあるんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
イングランドのジョークってほんとうにブラックですね。
日本で言ったら、韓国とか中国が本気で激怒しそうな気がします。
私はイギリスの中でイングランドとウェールズとスコットランドが仲が良くないということを知りませんでした。
また、カナダの中でも独立運動があるということを知りませんでした。昔、フランスの植民地かイギリスの植民地かによって言葉が違うのですね。
インドとパキスタンでは宗教が異なるのですね。それで仲が悪いのですね。イギリスから独立したときは統一インドということも知りませんでした。
世界には日本の領土問題より、もっともっと大きな領土問題などを抱えている国がたくさんあるのですね。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/05/24 20:23

一番仲の悪いのはイスラエル対近隣諸国です。


どれくらい仲が悪いかと言うと、ワールドカップ予選でイスラエルと近隣諸国が試合をすればたいへんなことになるのがわかっているのでイスラエルだけアジアではなくヨーロッパ圏に入れてるんですよ。
日本はいくら韓国と仲が悪いと言っても国際試合ができないほどではないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
ワールドカップ予選でイスラエルがヨーロッパ圏に入っているのは、近隣諸国とあまりにも仲が悪くって大変なことになってしまうからなのですね。知りませんでした。
確かに、日本と韓国中国の比ではないですね。
いろいろお教えいただきまして助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/05/24 20:41

回答ではないけど、確かに隣国と仲悪いのは自明の理ですが


フランス=ドイツのようには確かに歴史的に仲はよくありませんが、ミッテラン大統領の時代に和解外交をし、ヨーロッパの平和を目的として
・共通認識の歴史書の作成(ただし、国内の受験に不向きなのでほとんど普及してない)
・両国の兵士からなる師団の設置(主な任務に国境配備、国際紛争時の救援業務)
等の努力をしている国もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
隣国同士で仲良くなるため努力している国もあるのですね。
お教えいただきありがとうございます。

お礼日時:2014/05/24 20:37

残念ながら、険悪な関係がほとんどです。


その理由は様々で、一言では言い表せませんがいくつか分類できます。

1.利益の対立
  単純に国境近くに、資源が存在しそれを奪い合っている状態です。
  日本の尖閣諸島には、豊富な地下資源が眠っているので、日本・中国・台湾が欲しがっています。
  また、島の場合、どんなに小さい島でも、国際法上周囲の海がその国の領海になるので、争いになりやすいです。
  資源は資源でも文化遺産が国境上にあり、その所有権を争っている国もあります。

2.民族の対立
  世界では、一つの民族が一つの国を構成している国はほとんどありません。
  遠くの強大国が勝手に国境線を設定し、民族を分断してしまったりして、
  そこから、多数民族・少数民族がうまれ、差別が発生し、差別される少数民族が独立しようとし、
  同じ民族が多数派を占める隣国が応援、結果戦争という結果になります。

3.宗教の対立
  多神教はおおむね寛容なイメージですが、一神教となると他宗教は邪教であると考えるものがほとんどです。
  宗教が人生で一番大切だと考えている人はたくさんいます。そういう人にとっては、
  隣に禁忌を簡単に犯している人間がいるのは我慢できないようです。
  例えば、日本人にとっては、イランとイラクは同じイスラム教の国でしょ?という感覚ですが、
  イスラム教でも、シーア派とスンニ派で当事者にとっては、許容できないくらい違いがあるそうです。
  ちなみに、イランはペルシャ語、イラクはアラビア語で言語も違います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
隣国とは険悪な関係がほとんどなのですね。
日本だけではないのですね。
地下資源や領海での争いで、つい最近ベトナムと中国のことをニュースでみました。
大国が勝手に国境線を引いてしまって、そこから発生する民族の対立というのがあるのですね。
宗教が人生で一番大切という感覚は、私にはよくわからないのですが、そのように考えている人は他の宗教を邪教として我慢できなくなってしまって戦争になるというのはわかるような気がします。
イスラム教でもシーア派とスンニ派というものがあって、大きな違いがあるのですね。
ですから同じイスラム教の国でも仲が悪くなってしまうのですね。
いろいろお教えいただきまして助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/05/24 20:35

”私は、ベトナムと中国は、同じ共産国なので


 仲が良いと思っていました”
     ↑
ベトナムと中国は千年前から仲が悪いですよ。
ベトナム戦争の時は、対米国、ということで
中国が援助したりもしましたが、その後
中越戦争をやったりしています。
また、ベトナム戦争で韓国がメチャクチャ
やったこともあり、韓国嫌いの国でもあります。


”世界では隣国との関係は、どのような状況なのでしょうか?”
    ↑
隣国は、利害が衝突しやすいので
仲が悪いところがありますね。

例えば、インドとパキスタンなどは犬猿の仲です。
しょちゅうドンパチやっています。
そのパキスタンはアフガンとは仲が悪いです。
トルコとシリアもそうですね。
イランイラクは有名です。
スエーデンとノルウエー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
中国とベトナムは中越戦争という戦争までしたのですね。
隣国とは利害が衝突しやすいので仲が悪い国が多いのですね。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/05/24 20:07

お隣は、昔から皇帝文化で献上せよと迫ってましたから現在も変わっていないのでしょう。

不当要求があります。そこに、文士の文化で誤魔化しますから騙されるのでしょう。そして、それを利用するローマ帝国文化は、魔法を使いますから騙されて来たのでしょう。世界同時不況の背景になっていると思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/24 20:42

韓国と中国は、隣国だけじゃなくて、地球の裏側の国からも嫌われていますよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/24 20:03

>世界で隣国との関係は日本と中国・韓国のように悪い?



     ↓
時代(情報や言語と交流の緊密さ)や環境(民族・宗教・国境の未画定)で異なるが、総じて国際社会におけるトラブルや対立や差別&競争は卑近な例であるご近所トラブルにも相通じるところがあると思います。

それは、騒音問題・境界線の問題・性格の差・家族構成や子供の学力等での嫉妬&羨望・挨拶やお付き合いの仕方・縁談や聞き合わせでの対応・玄関先のゴミや清掃・ゴミ出し&地域清掃への協力度・町内会&自治会活動への対応・収入&肩書のギャップ・宗教宗派の差異と勧誘問題・歴史的な怨念や対立・選挙等での立場や利害・第3者の関与と噂からの誤解不信etc。

上記の要素や項目を国家間や隣接する民族に置き換えてみれば、その交流外交の難しさやトラブル発生のリスクが窺い知れる。
これは、情報システムや交通手段の未発達な時代の、例えば戦国時代の群雄割拠や抗争、暴力団の縄張り争い、村社会での部落差別とか水争い等、利害が対立したり相手の不正不実が良く見える場合の、人間の性であり業なのかもしれない。
それは、歴史に学ぶと「遠交近攻」という思考に、「遠くの親戚よりも近所の知人」の暮らしの知恵にも顕れているのでは・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E4%BA%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
近所トラブルにも相通ずるとのご説明、とても分かり易かったです。
騒音問題や、境界線・玄関先のゴミだしの問題、収入や肩書への羨望などほんとにそうだなと思いました。
近所のトラブルの要素を隣接する民族や国家に置き換えて交流や外交を考えると分かり易いです。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/05/24 18:38

ベトナムは昔、朝鮮半島のように、北と南に分断されていましたよ。


アメリカと旧ソ連の代理戦争があったところです。

仲が悪いのはイギリスとフランスでしょう。
フランスに関しては英語を頑として受け入れようとしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
昔、ベトナムは分断されていたのですね。
冷戦といわれた時のことでしょうか。
アメリカと、旧ソ連との代理戦争があったのですね。
お教えいただきありがとうございます。

お礼日時:2014/05/24 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本と関係の良い国、悪い国を教えてください。

日本と関係の良い国、悪い国を教えてください。

単に仲が良い悪い、利害関係、一方的なもの、なんでも構いません。

東アジア・東南アジア以外の国
でお願いします。

Aベストアンサー

 東アジアの3ヶ国以外、日本と関係が悪い国というのは思いつきません。

 まあ、エライさんが行くと卵をぶつけるとかデモをするとかいう人たちもそりゃいますが、国と国、全体としての国民対国民とすれば、その3ヶ国がダメなのと、ロシアが微妙かな。

 ロシアは領土争いして日本を挑発していても、日本ブームだそうです。

 日本では、フランス語の名前がついた店や商品は「高級」と思われているのと同じで、「日本」というと高級なイメージで、さまざまなものに日本語の名前が付いているそうです。「まさむね」とか。

 もちろん、日本料理もブーム。

 ヨーロッパももちろん友好的。

 フランスがジャポニスムの影響を受けて以来、ジャパンフェアのようなものが現地でもう・・・ 二桁の年数が開催されていますし、特筆すべきはフランス人が好きで勝手にやっているということね。

 いまやフランス料理のシェフたらんとする人間は1度は日本に来て日本料理を勉強するのが常識で、会席料理の出し方を習ったり、醤油などが隠し味になっているとのこと。

 過激なラッダイト運動の地イギリスも、昔、外国の労働者にほとんどビザを出さなかった時があったのですが、あのころも日本人は特別待遇でした(ある意味南アと同じ)。いつでもビザが取れた。

 なんでかというと、日本人は工場立ち上げなど、イギリス人にはできないことをやって、必ず帰国したから(他国人はそのままイギリスに居座ってイギリス人労働者の仕事を奪うから不可)。

 日本人を信用しているわけ。いまでもそうですね。

 サーチナだったかレコードチャイナに出ていたんじゃなかかったかと思うのですが、中国人のブログにこういうのがありました。

 中国人ビジネスマンがアフリカのどこに行ってもアフリカ人はこういう、「我々と中国人は友人、我々と日本人は夫婦」。中国はアフリカに多大な援助をしているのに、なぜだ!

 よって、アフリカは日本に対して友好的。

 アフガニスタンやトルコは、昔日本がロシアに勝ったということで非常に友好的且つ敬意を払ってくれているそうです。

 特に、今も部族間で争っているアフガニスタンは、以前ロシアに蹂躙されアメリカに利用されたことを怒っていて、両国の言うことは聞かない。けど、アメリカと戦って苦しめ、ロシアと戦って勝った日本人なら聞くというので、日本のなんとかさんが、アフガニスタンで各部族の仲介をして、お互いにいちにのさんで武器を捨てさせる活動をしているそうです。

 「世界一受けたい授業」だったかな、その「なんとか」さんが出てそう言っていましたね。

 また、昔日本が統治したパラオの国旗は、日本の国旗の意匠をもらったものだそうですし、今なお一部の州では日本語が公用語の1つだそうですよ。


 まあそういうエピソードには事欠きませんから、日本と関係が悪い国は「東アジア3ヶ国+ロシア」だけ、と言って良いと思います。
 

 東アジアの3ヶ国以外、日本と関係が悪い国というのは思いつきません。

 まあ、エライさんが行くと卵をぶつけるとかデモをするとかいう人たちもそりゃいますが、国と国、全体としての国民対国民とすれば、その3ヶ国がダメなのと、ロシアが微妙かな。

 ロシアは領土争いして日本を挑発していても、日本ブームだそうです。

 日本では、フランス語の名前がついた店や商品は「高級」と思われているのと同じで、「日本」というと高級なイメージで、さまざまなものに日本語の名前が付いているそうです。「まさむ...続きを読む

Q隣国で仲がいい国ってどこかありますか?

近く(隣国)の国って一般的に仲が悪いようなイメージがあるんですが、
逆に仲がいい国(民族)はありますか?
歴史的に多少のいざこざがあるけど、今は友好関係が良好という国でも、
昔から仲良しな国々でもかまいません。
よろしくおねがいします。(>_<)

Aベストアンサー

再び登場です。
オーストラリアとニュージーランドという回答が出ていますが、
あの周辺の大洋州諸国は、その半数が英連邦に属していることもあり、外交関係は良好です。
国防もオーストラリアとニュージーランド又はアメリカに殆ど頼っています。
海を隔てているのでお隣と言ってよいのかどうかは微妙ですが・・・

また、アジアではASEAN加盟国同士の連携も強いように思います。

同病相哀れむとありますが、隣国同士で政治体制や政治的な背景、政治的な環境などが似通った国も多々あり、そういった場合に、その国同士が相互に連帯を強めると、自然と関係は良くなるというわけです。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/pacific.html

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q実は仲の悪い国

こんにちわ。日本~韓国 フランス~イギリスのようなライバル剥き出し、または仲が悪い国を教えてください。
私の知る限りではイラン~イラク、アルゼンチン~ブラジル、スペイン~ポルトガル、インド~パキスタン、韓国~北朝鮮、フランス~ドイツ、パレスチナ~イスラエルです

Aベストアンサー

 「実は...!」という質問ですから、一般的に日本ではあまり知られていないけれども...という意味でいいんですよね。

ベラルーシとドイツ(オーストリアも同様)
ポーランドとルーマニア
チェコとルーマニア
リトアニアとイスラエル

これらは私が実際にその国々の人間との関わりの中で知った例で、単に一人二人の知り合いがその国を嫌っていたから!という自己のわずかな体験のみで勝手に思い込んでいるというものではなく、個別にその理由などを調べた結果、歴史的背景や宗教的背景等、我々日本人からはあまりピンと来ない理由などもあって複雑な事情が絡み合ってこのようになっているのだ、と多分間違っていないだろうという確信を持った例だけを挙げてみました。

 ロシアとドイツの確執は大昔から良く知られていますが、ベラルーシは91年のソ連崩壊以降独立国となってからもロシアの舎弟のような存在だけに、ウクライナやバルト三国とは「旧西ヨーロッパ」に対する感覚が異なっています。
 東欧圏ではロマ人(ジプシー)が厄介者として嫌われていますから、それらがたくさん住んでいるからなのか、それとも悪政で知られた独裁者チャウシスクの影響なのか、とにかくルーマニアという国とルーマニア人は意外と東欧と旧ソ連圏では嫌われていて、特にウクライナとチェコでは顕著で、結果国同士も仲が良いとはいえないようです。
 リトアニア人にとってはどうもイスラエルという国家というよりユダヤ人嫌いが非常に多いようです。第二次大戦期にユダヤ人7千人の日本通過ビザ発給に死力された杉原千畝駐リトアニア大使の歴史的功績があっただけに、リトアニア人のユダヤ人嫌いというのはなんとも皮肉なものだと思います。

NO,8の回答にあるように、近接する国家間においてはいくらでもこうした仲の悪い国など世界中にあると思います。「ニカラグアとハイチ」とか「タイとカンボジア」のように100くらい挙げることはできると思いますが、ここでは自分の経験を通した人々の生の声を基に確信を持ったものだけを僅かですが回答させていただきました。

 「実は...!」という質問ですから、一般的に日本ではあまり知られていないけれども...という意味でいいんですよね。

ベラルーシとドイツ(オーストリアも同様)
ポーランドとルーマニア
チェコとルーマニア
リトアニアとイスラエル

これらは私が実際にその国々の人間との関わりの中で知った例で、単に一人二人の知り合いがその国を嫌っていたから!という自己のわずかな体験のみで勝手に思い込んでいるというものではなく、個別にその理由などを調べた結果、歴史的背景や宗教的背景等、我々日本人から...続きを読む

Q香港 マカオ 台湾 すべて別の国なのか?

上記の3つはすべて中国じゃないのですか?
わけがわかりません。
香港台湾は国旗がちがうからちがう国なのですか?
マカオに入るときにもパスポートが必要みたいですが。。マカオはどこのくになのですか??
よくわかりません。きになります。教えてください。香港、マカオツアーにいこうかと迷っています。おもしろいですか?

Aベストアンサー

全て同じ国、中華人民共和国です。
台湾は色々と難しい部分がありますが、
日本・アメリカなど多くの国が中華人民共和国と認めています。

香港はかつてはイギリスの租借地、マカオはポルトガルの租借地で
ともに数年前までに中国に返還されています。
現在は中華人民共和国です。

香港やマカオは特別行政区と言って返還後しばらくは
「自治」が認められています。
もちろん中国と制度も違います。
しかし独立国家ではなく、中国の一地方に過ぎません。

香港、マカオ、中国、台湾ともに独自のイミグレーションを持ち、
往来にはパスポートが必要です。もちろんその間で免税店もあります。

日本人は条件さえ満たせば全てノービザです。
(中国人の往来は制限されています)
マカオはバスや通りにポルトガル語・漢字標記があり、色々な国籍の人がいます。
中国と陸続きにもかかわらず非常に外国の雰囲気があり、面白いかもしれません。

日本から空で入国して、マカオには海で入国して、歩いて陸から中国入国なんて
日本では経験できないことを1日で体験できますよ。

全て同じ国、中華人民共和国です。
台湾は色々と難しい部分がありますが、
日本・アメリカなど多くの国が中華人民共和国と認めています。

香港はかつてはイギリスの租借地、マカオはポルトガルの租借地で
ともに数年前までに中国に返還されています。
現在は中華人民共和国です。

香港やマカオは特別行政区と言って返還後しばらくは
「自治」が認められています。
もちろん中国と制度も違います。
しかし独立国家ではなく、中国の一地方に過ぎません。

香港、マカオ、中国、台湾ともに独自のイミ...続きを読む

Q在日韓国人などの人はなぜ祖国へ帰らないのですか?

よく在日韓国人の人は日本人と交わりたがらないくせに権利ばかり主張しているように思います、そんな彼らをみて「そんなにいやだったらさっさと国へ帰れよ!!文句いいながら日本にいすわるな!!ただ日本の経済力目当てだけにいるだけではないのか??」と正直思ってしまいます、帰化などもするようなきもないようですし。 戦後すぐには朝鮮半島が荒れていてかえれなかったという話なら十分わかるんですが最近は韓国も成長してきていっぱい職などもみつかりそうな気がするんですが・・・・。

ちなみに私は韓国や中国に対する戦前の行いはいくら建前を日本がつくろうが侵略だったことにはかわりないと思っています、が、戦後50年日本は謝り続けたにもかかわらず今現在も謝罪謝罪謝罪、日本は鬼だといいつづける彼らが正直好きではないです(中国の勝手な軍事行動や韓国の竹島の占拠などの態度もかんがみて)

荒れそうな質問ですがなるべく荒れないような真摯なご解答があると嬉しいです。

Aベストアンサー

質問:在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化したくないの?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=996194

質問:在日朝鮮人を帰国させるように政府の方針を変えることは出来ないのでしょうか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=397244

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Qチャールズがカミラさんにこれほど惚れたのは何故?

イギリス王室の世紀の結婚式を拝見してました。
もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を
ご覧になってたんでしょうか?
いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ
さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか?
男女間のミステリーを感じます。
不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに
カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。
カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ
事があります。
"君のタンポンになりたい”という信じられない言葉を盗聴されてしまった
チャールズ。
そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観?
真面目に答えて欲しいです。

Aベストアンサー

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。

ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。
しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。

チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。
チャールズは気難しく理屈っぽい。正直さ、率直な振る舞いが特徴です。
伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。

そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。
ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。
ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。
しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。
ですから元々の性格は真逆だったと思われます。
その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。

もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。

そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。
カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。
ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。

気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。
そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。
愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。

長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか?
ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。

私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠...続きを読む


人気Q&Aランキング