デジタルビデオカメラで撮影した画像をIEEE1394でパソコンに取り込んで簡単な編集をした後、DVテープに書き出して保存しています。編集前の画像と編集後の画像をテレビ等に映してみると明らかに編集後では鮮やかさがなくなり、ざらついた感じになります。デジタル信号なので画質の劣化はないと思っていたのですが、そんなことはないのでしょうか?パソコンの性能によって書き出し時(もしくは取り込み時?)に劣化したりするのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おそらく、書き出すファイルの形式および、書き出す際の圧縮率などの設定の問題だと思います。


たとえば、MPEGなどは、ファイルサイズを小さくできる代わりに非可逆圧縮ですし、また、その他のコーデックの場合でも、圧縮率の設定によってはかなり「荒い」データが書き出されてしまいます。
また、編集ソフトによっては、書き出す際の色数やフレームレートなどの詳細設定ができるものがありますが、そこの設定で色数がフルカラーになっていないと、やはり荒い画像になってしまいます。
ほかに、この設定で、元の画面サイズよりも小さく(たとえば640×420で撮ったものが320×210で保存など)になってると、保存後のものを見るとき、引き伸ばされたりして、荒く見える可能性もあります。

いずれにせよ、劣化させないように上記のことに気をつけると、著しくファイルサイズが肥大化します。
その点だけご注意を…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
ソフトメーカーに問い合わせたところ、DVテープへの書き出しの設定でデフォルトで画面サイズがハーフになっていることが分かりました。
このオプションをフルサイズになおしたところ、ざらつき感が解消されました。

お礼日時:2001/09/08 06:44

基本的にはDV信号を扱っている以上は、目に見えて劣化することは無いはずです。

厳密に言うと各社のコーデックによって再レンダリングした部分はオリジナルと差が出るかもしれませんが、ざらつく感じとなると、怪しいです。
私はカノープスのDV編集ボード&編集ソフトを使ってますが、編集後の画像が目に見えて落ちることはありませんが。
お使いの編集ソフトを書かれれば具体的な解答が得られるかもしれません。
    • good
    • 0

通常DVからIEEE1394経由でキャプチャしたものはDVフォーマットのまま編集して、そのままDVに保存するので、基本的には画像の劣化は無いはずなんですが、編集に使っているソフト、マシンの性能などによって劣化してしまう場合があるかもしれません。


たとえばトランジションなどを使った場合に、その部分だけ再レンダリングする場合がほとんどですが、全体を再レンダリングすると劣化しますね。レンダリングのクオリティにもよりますが。
常にテロップなどを入れるような編集をすると全体を再レンダリングすることになって画質は多少落ちるでしょうね。
無編集でも劣化するとなると、ハード的な制限か不具合かだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHTMLレンダリングエンジン

勉強で簡単なHTMLのレンダリングエンジンを作ろうと考えています。
そこで、参考になるような(仕組みを理解できる程度の)コンパクトなライブラリやソフトをご存知でしょうか。
GeckoやIEのラッパではなく、一からJavaで書かれているものを望んでいます。


http://today.java.net/pub/a/today/2004/06/14/html-pt2.html?page=1

にいくつかのJavaベースのレンダリングエンジンが載っていますが、ソースコードが置いてあるものが見つかりません。

Aベストアンサー

基本的なものでよいのであれば、Java SEに標準で内蔵されているHTMLDocument/HTMLDocument.HTMLReaderあたりが適当じゃないでしょうか。ソースコードも公開されていますし、標準のHTMLレンダラーですから、これをextendsしてオリジナルを作っていくこともできますし。

QIEEE 1394 で画像取り込みがしたいです。

現在DELLのINSPIRONというパソコンを使用しています。で、IEEE 1394端子がついていて、テレビを録音したビデオからそこへ取り込みをしたと考えています。OSはXP、pen4でメモリは256です。そこで質問なんですが、、
(1)取り込みの際のケーブルはどういったものが必要なのでしょうか?ビデオ端子とIEEE 1394端子のケーブルというのがあるのでしょうか?そして、
(2)HDの容量としてはいくらくらいの空きがあったほうがいいのでしょうか?
(3)ソフトはどんなものが必要なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、私もアナログのVTR(8ミリビデオ)などをパソコンで編集したくて、現在検討中のものです。
IEEEがあれば、デジタルビデオカメラからは、苦労せずに取り込めるのですが、アナログのVHSですと、例えば1万円前後のビデオキャプチャーボードを購入して、ビデオデッキから直接、画像・音声の各ピンジャックでパソコンに接続して、キャプチャーソフトで取り込めばOKです。
ただ、せっかくIEEEがあるし、私が現在検討中のは、カノープス製のADVC100を購入すれば、ビデオデッキ→ADVC100→IEEEケーブルでパソコンへと、デジタル変換をしてくれるという機器です。
この、機器については、私もこの質問で教えられたのですが、顕微鏡にカメラをつけて、その画像をパソコンに取り込んでいる方の回答でしたがOKとのことです。
ちなみにネット販売などの価格は、26,000円程度のようですが、一度、参考URLで商品を見てください。

HDの容量は、取り込むVTRの時間に関係しますが、30分 40分 60分と10ギガどころか、もっと必要になっちゃいますので、かなりの容量がなければ番組を録画したものであれば、取り込むのに大変だと、また、MPEG1または2というので圧縮した動画を編集することとなると思いますが、変換するのにも相当の時間をようすることを念頭に入れておかなければなりません。

ソフトについては、私は、パソコンに負担をかけない(キャプチャー時にコマ落ちの無い・少ない) Uread Video Studioというそふとを利用しております。

それでは、上手く取り込むことができるようになりますようお祈りいたします。

参考URL:http://www.canopus.co.jp/catalog/advc/advc100_f.htm

こんにちは、私もアナログのVTR(8ミリビデオ)などをパソコンで編集したくて、現在検討中のものです。
IEEEがあれば、デジタルビデオカメラからは、苦労せずに取り込めるのですが、アナログのVHSですと、例えば1万円前後のビデオキャプチャーボードを購入して、ビデオデッキから直接、画像・音声の各ピンジャックでパソコンに接続して、キャプチャーソフトで取り込めばOKです。
ただ、せっかくIEEEがあるし、私が現在検討中のは、カノープス製のADVC100を購入すれば、ビデオデッキ→A...続きを読む

QHTMLレンダリングエンジンの仕組み

HTMLのレンダリングエンジンの仕組みを知りたいのですが、
ドキュメントを公開しているページや、説明が載っている本などを知りませんか?
どうか、教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ぐぐれば似たような情報がありました。

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa3137841.html

QパソコンでIEEE1394を用いてDVビデオカメラを遠隔操作したいけど

パソコンとビデオカメラをIEEE1394ケ-ブルで繋ぎ、パソコンよりビデオカメラを録画・停止・録画・停止 というぐあいに遠隔操作できるようにするために、どうすればよいか分かりません。ソフトでもあるんでしょうか。
(ビデオカメラはNV-MX2000を使用してます。)
ご存じの方 教えて下さい。

Aベストアンサー

遠隔操作というのは、インターネットを介してという意味でしょうか?

簡単に行うのならば、「DeskTopOnCall」というリモートコントロールソフトがあるのでいいと思いますが、インターネットを介するならばセキュリティを考慮しなければなりませんね。

QHTMLレンダリングについて

お世話になります。FLASH8の質問です。

外部テキストをloadVariablesでムービークリップの中にロードする際に、「HTMLレンダリング」をonにして<font color="#cc0000">したいのですがうまくいきません。

ムービークリップは二つ(インスタンス名:「title_mc」「honbun_mc」)あり、それぞれがダイナミックテキストボックスを持ち、インスタンス名を「title_txt」「honbun_txt」としています。

テキストファイルは"text.txt"で、
内容は
title=・・・
&honbun=・・・<font color="#cc0000">・・・</font>・・・

シーン1の1フレーム目に
this.loadVariables("text.txt");
this.onData = function() {
this.title_mc.title_txt.text = title;
this.honbun_mc.honbun_txt.text = honbun;
};

プロパティパネルの変数ボックスには何も記入していません。
この方法で出来ると思うのですが・・・うまくいきません。
HTMLレンダリングはムービークリップ内では効かないのでしょうか?それとも何かコツがありますか?

よろしくお願いします。

お世話になります。FLASH8の質問です。

外部テキストをloadVariablesでムービークリップの中にロードする際に、「HTMLレンダリング」をonにして<font color="#cc0000">したいのですがうまくいきません。

ムービークリップは二つ(インスタンス名:「title_mc」「honbun_mc」)あり、それぞれがダイナミックテキストボックスを持ち、インスタンス名を「title_txt」「honbun_txt」としています。

テキストファイルは"text.txt"で、
内容は
title=・・・
&honbun=・・・<font color="#cc0000">...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。


LoadVars を使う場合は、次のようなスクリプトになります。
このスクリプトは、テキストフィールドを持つムービークリップを配置したタイムラインのフレームに設定してください。

(↓各行頭に全角のスペースが入っています。コピーする際は、全て半角のスペースかタブに置き換えてください)



 //LoadVarsオブジェクトを作成
 load_obj = new LoadVars();

 //読み込みが済んだ時の処理
 load_obj.onLoad = function( success )
 {
  //読み込みが成功したら、
  //読み込んだ変数をHTMLとしてレンダリングして表示
  if( success )
  {
   title_mc.title_txt.htmlText = this.title;
   honbun_mc.honbun_txt.htmlText = this.honbun;
  }
 };

 //Shift-JISで読み込む
 System.useCodepage = true;
 load_obj.load( "text.txt" );



var と「 : 」による型の明示は省略させていただきました。Flash Player 6 以上、ActionScript 1.0 でもパブリッシュできます。
テキストファイルの文字コードを UTF - 8 にした場合は、

 System.useCodepage = true;

↑この1行を削除するかコメントにしてください。

*******************************

loadVariables も LoadVars.load も、外部から情報を読み込むことが主な仕事です。
外部から情報を読み込む場合は、「変数名=値」という形で情報を用意し、Flash では変数として扱う方法が一般的です。

例えば、テキストファイルの内容が

 title=サンプル
 &honbun=本文:<font color='#cc0000'>ここだけ色が変わる</font>

だとします。
これを loadVariables か LoadVars.load で読み込むと、” title ”と” honbun ”という名前の変数が用意され、その内容がそれぞれ”サンプル””本文:<font color=・・・</font>”になります。


trace は、指定のメッセージや変数の内容などを「出力」パネルに表示するアクションです。
ですから、上記のスクリプトの onLoad = function の中で

 trace( this.honbun );

と書くと、読み込まれた変数 honbun の内容である、タグの付いたままの文字列が「出力」パネルに表示されます。

trace は主に、スクリプトを書く時に、変数の値が何になっているか・関数が呼び出されているかどうかなどを確認するために使います。
trace アクションによってテキストフィールドに文字列が表示されるのではありません。


文字列や変数の内容をテキストフィールドに表示したり HTML タグを解釈して文字を装飾するのは、TextField クラスという別の担当者の仕事です。
タグをレンダリングしてテキストフィールドに表示する時は、trace の代わりに、テキストフィールドが持っている htmlText プロパティに読み込んだ変数を代入するスクリプトを書きます。

-------------------------------------------------------------------

ActionScript では、変数や関数・インスタンスなどには全て持ち主がいると考えます。
この持ち主を正確に指定しないと、目的のものを利用することができません。
持ち主の指定のことを”ターゲットパス”といいます。

ターゲットパスにはいろいろな書き方があり、this を使った書き方もそのうちの1つです。
this は使う場所によって指す相手が変わってしまうクセモノです。
慣れないうちは何にでも付けてしまいがちですが、this を付けても付けなくても同じ場合もあれば、this を付けないと上手く指定できないもの、逆に this を付けたために失敗してしまうこともありますので、注意が必要です。

*******************************

先述の LoadVars を使ったスクリプトで、onLoad = function の中を見てみてください。

 title_mc.title_txt.htmlText = this.title;
 honbun_mc.honbun_txt.htmlText = this.honbun;

↑この部分が、LoadVars で読み込んだ変数の内容をテキストフィールドに表示するスクリプトです。

ご提示のスクリプトですと、ムービークリップの名前の前に this が付いていますよね。
読み込んだ変数である” title ”と” honbun ”の前にはありませんが、今回の例では逆に、こちらの方に this を付けています。


LoadVars.load で読み込んだ変数は、読み込みを担当した LoadVars オブジェクトのものになります。
先述のスクリプトですと、load_obj という LoadVars オブジェクトのものになっています。

onLoad はイベントハンドラといって、一種の変数のようなものです。
変数と似たようなものですから、イベントハンドラにも当然、持ち主がいます。
今回の例では、onLoad の持ち主は load_obj です。

イベントハンドラには関数を登録します。
登録される関数の中での this は、イベントハンドラの持ち主のことを指します。
つまり、

 this.title

は” load_obj が持っている変数 title ”という意味になり、読み込まれた変数を利用することができます。

*******************************

ステージに配置したインスタンスや、メインのタイムラインで特に何も指定せずに宣言した変数などは、通常は _root というムービークリップのものです。
先の load_obj も、スクリプトをメインのタイムラインに書いたのなら _root のものです。

ターゲットパスは省略して書くこともできます。
タイムラインでターゲットパスを省略すると、これはそのタイムラインの持ち主を表します。
ですから、メインのタイムラインで

 load_obj = new LoadVars();

と書くと、この load_obj は _root のものになるのです。


省略した時の対象は関数の中などでも同様で、この関数が定義されているタイムラインの持ち主を指します。
つまり、onLoad = function の中の

 title_mc.title_txt

↑これは、”メインのタイムラインの持ち主= _root にあるムービークリップ title_mc の中のテキストフィールド title_txt ”と解釈されます。

これに this を付けると、どうなるでしょうか?
onLoad = function の中での this は、onLoad の持ち主である load_obj を指します。
しかし、load_obj は title_mc というムービークリップを持っていません。
この場合は this を付けると、目的のテキストフィールドの持ち主を正確に指定できないために、読み込んだ文字を表示できなくなってしまいます。

同じように考えると、onLoad = function の中で、読み込んだ変数 title と honbun には this を付けなければならない理由も見えてくると思います。
this がないと、これらの変数は、関数が定義されている _root のものだと解釈されます。
ですが、読み込まれた変数は LoadVars オブジェクト load_obj のものであって、_root のものではありません。


ちなみに、loadVariables で読み込む時に使う onData もイベントハンドラです。
this.loadVariables とした時は、メインのタイムラインであれば this は _root のことを指しています。
そして、loadVariables で読み込むと、読み込まれた変数は loadVariables の持ち主のムービークリップのものになります。
this の指す相手や this を省略した時の対象から、読み込んだ変数を表示できる理由を考えてみてください。

-------------------------------------------------------------------

LoadVars クラスの登場により、loadVariables で読み込む手法は旧式になりました。
世の中後からできたものの方が高性能ということで、LoadVars にはできるけれど loadVariables だとできないこともあります。

LoadVars の優れているところは、

 ・ CGI とやりとりしやすい
   今回は変数を読み込むだけでしたが、CGI に変数を送ったり、
   送ったものを CGI で加工して再度送り返してもらうこともできます。
 
 ・読み込みの状況がいろいろと把握できる
   これにより、読み込みが失敗した時などの処理を作りやすくなりました。

 ・変数でなくても読み込める
   「変数名=値」として情報を用意するのが一般的ですが、実は、LoadVars であれば
   変数の形になっていないテキストでも読み込んで利用することができます。


などです。


これらの特長を利用しないなら loadVariables とあまり変わりません。
単純にテキストファイルから変数を読み込む・読み込みの完了を待って何かをするくらいであれば、loadVariables でも充分用が足ります。

ただ、旧式になってしまったということは、いずれは使用を避けるスクリプトに指定される可能性があります。
LoadVars はターゲットパスのこと・関数が受け取るパラメータ(引数といいます)などいろいろとややこしい点もありますので、ActionScript に慣れてきたら研究してみてください。

#1です。


LoadVars を使う場合は、次のようなスクリプトになります。
このスクリプトは、テキストフィールドを持つムービークリップを配置したタイムラインのフレームに設定してください。

(↓各行頭に全角のスペースが入っています。コピーする際は、全て半角のスペースかタブに置き換えてください)



 //LoadVarsオブジェクトを作成
 load_obj = new LoadVars();

 //読み込みが済んだ時の処理
 load_obj.onLoad = function( success )
 {
  //読み込みが成功したら、
  //読...続きを読む

Qソニーのデジタルビデオカメラをパソコンで編集したい!

ソニーのデジタルビデオカメラDCR-PC110を購入しました。
USB端子搭載しているので接続キットDPCK-US10を購入しました。
しかし、パソコンを購入した際の付属ビデオ編集ソフトMGIVIDEOWAVE(3)に映像を取り込めません。
取り込み方を教えてください。または、取り込めないんでしょうか?

Aベストアンサー

参考情報ですが、I/OデータさんのDVキャプチャボードと
サイトからダウンロードできる動画静止画キャプチャソフト(sonyリモートコントロール可能)は安定して動作します。 付属ソフトのメディアスタジオまずまずの動作
ですがDV端子経由でもcpuに負荷がかかり、HDD容量もあっという間にGB近く膨れ上がり大量消費します。ファイルが大きくなるほどフリーズするようです。
windows MeでもDV対応でwmvが編集できるようですが、wmvは画質的にハナシになりません、DVテープへ書き戻しもできるI/Oデータの機材ソフト一式がとりあえず
安定してる方だと思います。 映像編集も10分程度で考えた方が実用域だと私は
感じました。 ハリキッテ付属ソフトのプロ版を買いましたが。
アフターや安定性を考えると失敗でした。バソコンの最先端技術はリスクが大きいです。(ドボン! ここ爆笑するトコです。)
ちなみにpen3 900MHzでメモリ512MBですが、かなり待ち時間があります。
結論からすると、映像と音声は専用機(専用ハード)で処理して
なんでもパソコンでやろうと考えないことが結果的に、安定・高速・低コスト
につながるようですね。(私の経験値) デジタルノンリニア編集、理論的には理想なんですが?? どうなんでしょ??

参考情報ですが、I/OデータさんのDVキャプチャボードと
サイトからダウンロードできる動画静止画キャプチャソフト(sonyリモートコントロール可能)は安定して動作します。 付属ソフトのメディアスタジオまずまずの動作
ですがDV端子経由でもcpuに負荷がかかり、HDD容量もあっという間にGB近く膨れ上がり大量消費します。ファイルが大きくなるほどフリーズするようです。
windows MeでもDV対応でwmvが編集できるようですが、wmvは画質的にハナシになりません、DVテープへ書き戻しもできるI/Oデータの機材ソフト...続きを読む

QHTMLとブラウザについて

ブラウザは、レンダリングエンジン(TridentやWebkitなど)によって、HTMLの構文違いでちょっとした表示の違いなどを生むと思います。

そんな中、W3Cという認証がHTMLにはあると思います。


この認証は100点を取ってればいいと記載されてるかと思いますが、TridentやWebkitなど各種レンダリングエンジンでも大きな違いなくHTMLが表示されるということでしょうか。
(ブラウザ、たとえばIE,FireFox,Chromeなどでの表示に差が出なくなる?)

Aベストアンサー

いやはや・・・
HTMLは、
【引用】____________ここから
どんな環境からもWebの情報を利用できるようにすべきだという方針の下に開発されている。例えば、様々な解像度や色深度のグラフィックディスプレイを持つPCや、携帯電話、モバイル機器、音声入出力機器、帯域が広いコンピュータや狭いコンピュータ、等の環境である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[Introduction to HTML 4 (ja)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.2.1 )]より

 点字端末や、携帯電話やスクリーンリーダーで同じ表示???なんて無理でしょう。

 HTMLは、文書を読み解き,それを構成する要素(Element)に分解し、それぞれの要素(Element)が何であるかをタグを使ってマークアップする方法です。
 ひとつの段落なら<p></p>で、見出しなら<h1></h1>で、表であるなら<table>で。。。

 どのように表示するかは、HTMLにはまったく関係ありません。スクリーンリーダーでしたら段落前後で一呼吸おくでしょうし、男性の声で読むようにスタイルシートで指定してあれば男声で読み上げられるでしょう。

★また★
 W3CのValidatorであっても、本来は段落でないのに、行間を空けるために<p></p>で囲まれていても判断はできないでしょう。

>ブラウザは、レンダリングエンジン(TridentやWebkitなど)によって、HTMLの構文違いでちょっとした表示の違いなどを生むと思います。

 これは違います。従来(HTML5より前)のHTMLでは、doctypeによって構文が定められていました。
(例)P要素にはブロック要素を含むことができない。A要素は行内要素しか含むことができない。OLやUL要素にはLI要素を一つ以上持つ・・など
 この構文が誤っている場合のブラウザの処理は定められていませでしが、ブラウザはそのような場合も適当に解釈して構文として成立させてきました。(そうするべきとされていた)
 そのため、その構文解釈がブラウザによって異なっていた
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 という限定的な意味です。それをどのようにレンダリングするかとはまったく別の問題です。

>そんな中、W3Cという認証がHTMLにはあると思います。
 あくまで、文法上のチェックであって、内容との齟齬までは判断できません。またブラウザがどのように表示するべきかも無関係です。

>この認証は100点を取ってればいいと記載されてるかと思いますが、TridentやWebkitなど各種レンダリングエンジンでも大きな違いなくHTMLが表示されるということでしょうか。
 いいえ、典型的な例が、標準モードと互換モードの差です。文書宣言<doctype>とマークアップが正しかったとしても、ブラウザ(特にIE)は、それをどのように表示するかはブラウザの仕様によります。
 ⇒doctypeスイッチ - Google 検索( http://www.google.co.jp/#hl=ja&gs_rn=1&gs_ri=hp&cp=11&gs_id=az&xhr=t&q=DOCTYPE%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81&es_nrs=true&pf=p&tbo=d&sclient=psy-ab&oq=DOCTYPE%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81&gs_l=&pbx=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.&bvm=bv.41524429,d.dGY&fp=b1b54db026cf473a&biw=1024&bih=618 )

 HTML5では、基本的にDOCTYPEを文書宣言としては用いず、単に標準モードへの切り替えスイッチして用いること。間違った構文をどのように解釈するかも定められていることから、現在の多くのscreenメディアに分類されるブラウザは、標準モードで描画しますから、どのブラウザでも表示の差はなくなると期待されています。--相変わらずIEが足を引っ張ってますが---

★大事なことは、
1) HTMLではひたすら文書構造だけを正しくマークアップすることだけにすること。
  W3CのValidatorやAnother HTML-lint( http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html )では、内容との齟齬は判断できません。
  すくなくともHTML4.01strictを使用しましょう。transitinalやframesetは使わない。
  『HTML文書を作る場合には、この仕様における、他のDTDセットではなく strict DTD に適合する文書を作るよう推奨する。( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/conform.html#h-4.1 )』
2) プレゼンテーションはスタイルシートにすべて任せること
  すくなくともCSS2.1がウェブ標準とされていますから、それによって指定すること。
  IEの場合は、いまだにIE7,8も多く使われているので配慮が必要

いやはや・・・
HTMLは、
【引用】____________ここから
どんな環境からもWebの情報を利用できるようにすべきだという方針の下に開発されている。例えば、様々な解像度や色深度のグラフィックディスプレイを持つPCや、携帯電話、モバイル機器、音声入出力機器、帯域が広いコンピュータや狭いコンピュータ、等の環境である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[Introduction to HTML 4 (ja)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.2.1 )]より

 点字端末や...続きを読む

Qデジタルビデオカメラの編集ソフトについて!

SONYのデジタルビデオカメラを使っているのですが、撮った画像にタイトルや音楽を入れて、編集したいと考えています。パソコンはSONYのVAIOです。パソコンとデジタルビデオカメラの接続コードはあるのですが、その編集ソフトがありません。簡単にできる編集ソフトを教えてください。

Aベストアンサー

VAIOには#1の方も書かれてる通り、機種によってはAdobe Premiereが付属されてる場合があります。また、WindowsXPであれば、たぶんWindowsムービーメーカーが入っています。
以前、Ulead VideoStudioというソフトを使ったことがありますが、それは操作は簡単でした。(キャプチャボードに付属のソフト)
しかし、細かく編集するのであれば、やはりPremiereがおすすめです。ストレスなく高度な編集が出来ますし、VAIOのHP(バイオ活用ガイド:参考URL参照)で一から覚えられます。

Qshade:部分レンダリングについて至急!

shade8を使っています。

部分レンダリングにチェックをいれると、レンダリングしたい範囲を指定する白い枠がでますよね。
その端をドラッグしようとして、誤ってレンダリングウィンドウの外にまでカーソルを動かしてしまい、白い枠が画面から消えてしまいました。
試しに部分レンダリングにチェックをいれたまま、レンダリングしてみたのですが、どこもレンダリングされませんでした。
ウィンドウ全てがレンダリング範囲からはずれてしまったようです。

保存のし直し、再起動をしても直りません。
どうしたら枠を戻すことができるでしょうか?

Aベストアンサー

レンダリング範囲が上に移動して隠れてしまった場合は
レンダリング範囲の枠は元にもどらないようですね

今度はこれでできるはずです
新規シーンに、編集済みのshdファイルをインポートしてみてください
こちらでは、レンダリング範囲が復帰しているのを確認いたしました

方法は、新規シーンにて、ファイル/インポート/形状データにて該当のshdファイルを読み込みます。

Qデジタルビデオの画像を3倍速で見るには?

現在、実験のために細胞の動きをデジタルビデオで撮影して観察しています。ただ、標準の速度では遅くてつらいので(楽をしようという考えです。)、そのデジタルビデオで撮影した画像を3倍速で見たいと考えています。DVの画像をアナログのビデオ(VHS)にダビングしてそれをビクターさんなどのビデオデッキで見る方法もあるようですが、ビデオデッキを買い足さないといけないし、せっかくのデジタル画像ですので、そのまま処理できた方が嬉しいなと思っています。音声は不要(細胞は音を出さない)なので、画像だけでも3倍速で見ることの出来る方法、もしくはソフトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

ysujinさん、早速補足を頂き有難うございます。

わかりました。スローではなくその逆なんですね。それでしたら、倍速再生機能つきのビデオが必要になって来ます。DVカメラにその機能があったかどうかは定かではありません(DVカメラは持っていませんので)が、VHSの中にはそう言う機能付きのデッキが出ていますので、それにダビングして見ると言う手段があります。ただ、このビデオを買うのにお金がかかると言うのが最大のネックでしょうが?
(あとはサーチ機能を使うって言うのもありますが、これでは逆に早過ぎますね。)
と、言う事で回答になっていませんが、私の答えられる範囲と言うのはこれ位です。(どこかで編集してもらうのが一番かもしれません。)お粗末さまでした。

by yama585


人気Q&Aランキング