パズルの答えがわからなくて困っています。どなたか
教えて下さい。

問題:アリスは4つの人形(ネル、エマ、べス、ドーン)を
持っています。人形たちはアリスと同じで、みんなエプロンを
着けています。ある日、アリスは人形のドレスとエプロンを
4体の中で互いに着せ替えました。着せ替えのあと、どの人形が
だれのドレスとエプロンを着ているでしょう?
(1)少なくとも1体は自分のドレスを着ていて、少なくとも
1体は自分のエプロンを着けています
(2)「ネルのドレスを着けている人形」のエプロンを着けているのはべスです
(3)「エマのドレスを着けている人形」のエプロンを着けているのはネルです
(4)「ドーンのエプロンを着けている人形」のエプロンを着けているのはエマです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

既に解が出てますから単なる蛇足ですが、パターンマッチングで解くと機械的に見通しよく扱えるものです。


問題は
11223344 問題の条件の番号
abBxNyEz 着用者
a*x*y*zD エプロンの持ち主
*b*N*E** ドレスの持ち主
$     ++
という表になります。ここでx,y,z,a,bは変数、*はそれぞれ別の(名前なしの)変数を表します。(変数が別だからと言って、同じ値になることが禁じられている訳ではありません。以下、実例を見ればその意味がお分かりになるかと思います。)
「列同士が矛盾しないように、虫食い(変数)のところをNEBDのどれかで埋めろ」という問題ですね。(解が1つあるとは限りません。)
 なお、+印の2列を見れば、z≠E,Dは明らかです。従って、$の列を見れば、a≠E,Dも明らかなんですが、これらは一応試してみることにしましょう。どこから手を付けようか迷っちゃいますが、ドレスがらみは*が多くて早く絞り込めないでしょう。ですからaから始めてみましょう。

(1) a=N としてみる。
 aのところにNを代入し、パターンが合う列を探して決められるところを決めていきます。初めは細かく操作手順を説明しましょう。まず代入しますと、
NbBxNyEz 着用者
N*x*y*zD エプロンの持ち主
*b*N*E** ドレスの持ち主
∧   ∧   印の所のパターンが合うので、y=Nと決まります。これを代入。
NbBxNNEz 着用者
N*x*N*zD エプロンの持ち主
*b*N*E** ドレスの持ち主
∧    ∧  印の所のパターンが合うので、これも代入して
NbBxNNEz 着用者
N*x*NNzD エプロンの持ち主
Eb*NEE** ドレスの持ち主
を得ます。重複する列を省くと、
NbBxEz 着用者
N*x*zD エプロンの持ち主
Eb*N** ドレスの持ち主
+   ++
です。ここまでで一段落。以下同じような要領です。
 さて、+印の3列に注目すればただちにz≠N,E,D,がわかりますから、z=Bであり、
NbBDEB 着用者
N*D*BD エプロンの持ち主
Eb*N** ドレスの持ち主
つまり
NbBDE 着用者
N*D*B エプロンの持ち主
Eb*N* ドレスの持ち主
++ +
です。+印の3列を比較すればb≠N,E,Dなのでb=Bであり、
NBBDE 着用者
NDD*B エプロンの持ち主
EBBN* ドレスの持ち主
従って、
NBDE 着用者
ND*B エプロンの持ち主
EBN* ドレスの持ち主
ゆえに*に入れられるものは一意的に決まってしまいました。すなわち
NBDE 着用者
NDEB エプロンの持ち主
EBND ドレスの持ち主
が一つの解ですね。

(2) a=Eとしてみると
EbBxNyEE 着用者
E*x*y*ED エプロンの持ち主
*b*N*E** ドレスの持ち主
#     ##
これはだめ。#印の列が矛盾しています。

(3) a=Bとしてみると --○
BbBBNyEz 着用者
B*BBy*zD エプロンの持ち主
NbNN*E** ドレスの持ち主
従って
BbNyEz 着用者
B*y*zD エプロンの持ち主
Nb*E** ドレスの持ち主
+   ++
です。+印の3列に注目すればただちにz≠B,E,Dがわかりますから、z=Nであり、
BbNDEN 着用者
B*D*ND エプロンの持ち主
Nb*E** ドレスの持ち主
つまり
BbNDE 着用者
B*D*N エプロンの持ち主
Nb*E* ドレスの持ち主
++ +
するとb≠N,E,D,Bですから、ダメですね。

(4)a=Dとしてみると --×
DbBxNyED 着用者
D*x*y*DD エプロンの持ち主
*b*N*E** ドレスの持ち主
#     ##
これもだめ。#印の列が矛盾しています。

というわけで、唯一の解が存在し、
NBDE 着用者
NDEB エプロンの持ち主
EBND ドレスの持ち主
    • good
    • 0

毎度の事ながらstomachmanもチョンボです。


他にも解がありうることを見落としていました。
NBDE 着用者
ND*B エプロンの持ち主
EBN* ドレスの持ち主
から
(a)
NBDE
NDEB
EBND
という解を出しましたが、「着せ替え」の解釈によっては、この*の所には必ずしもN,B,E,Dが入らなくてもよい。「なし(○で表す)」でも構わない。そう考えますと、
(b)
NBDE
ND○B
EBND
(c)
NBDE
NDEB
EBN○
(d)
NBDE
ND○B
EBN○
という別解が得られます。
解(b)(d)のDドーンちゃんはエプロンをしていない。
解(c)(d)のEエマちゃんに至っては「ハダカにエプロン」という究極の悩殺コスチューム。ああっ、キーボードが鼻血だらけに.....
    • good
    • 0

stomachmanさん、いつも助けていただいてありがとうございます。



私の答えとstomachmanさんの答えが合致していないように見えたので、
私の答えを補足します。(stomachmanさんが正しいです)
主語と述語が逆なのです。すいませんでした&ありがとうございます。

エプロン
E→D EのエプロンをつけているのはD
N→N NのエプロンをつけているのはN
D→B DのエプロンをつけているのはB
B→E BのエプロンをつけているのはE

ドレス についても同様に、
N→D Nのドレスを着ているのはD
E→N Eのドレスを着ているのはN
D→E Dのドレスを着ているのはE
B→B Bのドレスを着ているのはB なので、

NはNのエプロンをつけ、Eのドレスを着ている
BはDのエプロンをつけ、Bのドレスを着ている
DはEのエプロンをつけ、Nのドレスを着ている
EはBのエプロンをつけ、Dのドレスを着ている

これで合致します。
中途半端に終わらせて自己満足で引き上げてしまってすいませんでした。
    • good
    • 0

途中で間違えたので、もう一度最初からお願いします。



ネルのドレスを着けている人形をX
エマのドレスを着けている人形をY
ドーンのエプロンを着けている人形をZ とし、
ネル=N エマ=E ベス=B ドーン=D とします。
エプロンについての交換表は、
X→B
Y→N
D→Z
Z→E
ドレスについての交換表は
N→X
E→Y
です。

まずはエプロンに注目。
(4)より、Dのエプロンを付けているのがDかEだと、
(4)自身に矛盾するので、Z=BかNです。

Z=Nのとき、
エプロンの交換表を作りなおすと、
X→B
Y→N
D→N
N→E

2番目と3番目が同じになったので、Y=Dとなり、3人が交換に参加したので、
(1)の条件からX=Bです。
ドレスについての交換表を作り直すと、
N→B
E→D
4人とも交換に参加してしまっているので(1)に矛盾。(Z=Nまでさかのぼる)

また、Z=Bのとき、
X→B
Y→N
D→B
B→E
よって、X=Dとなり、Y=Nとなる。
ドレスについての交換表は
N→D
E→N
(1)の条件よりB→B

よって、

エプロン
E→D
N→N
D→B
B→E

ドレス
N→D
E→N
D→E
B→B

です。
    • good
    • 0

ネルのドレスを着けている人形をX


エマのドレスを着けている人形をY
ドーンのエプロンを着けている人形をZ とし、
ネル=N エマ=E ベス=B ドーン=D とします。
エプロンについての交換表は、
X→B
Y→N
D→Z
Z→E
ドレスについての交換表は
N→X
E→Y
です。

まずはエプロンに注目。
(4)より、Dのエプロンを付けているのがDかEだと、
(4)自身に矛盾するので、Z=BかNです。

Z=Nのとき、
エプロンの交換表を作りなおすと、
X→B
Y→N
D→N
N→E

2番目と3番目が同じになったので、Y=Dとなり、3人が交換に参加したので、
(1)の条件からX=Bです。
ドレスについての交換表を作り直すと、
N→B
E→D
4人とも交換に参加してしまっているので(1)に矛盾。(Z=Nまでさかのぼる)

また、Z=Bのとき、
X→B
Y→N
D→B
B→E
よって、X=Bとなり、Y=Nとなる。
ドレスについての交換表は
N→B
E→N
(1)の条件よりD→D

よって、

エプロン
E→D
N→N
D→B
B→E

ドレス
N→B
E→N
B→E
D→D

です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q球を体心立方格子のように並べ

球を体心立方構造になるように積み上げました。真ん中の球は下の球
図のHorizontalはそれを真上から見たものです。このときABは1段目の球の中心をすべて含む平面と45度をなす
というのは間違いなんですか?

もし45度であっているなら
図の垂直面の図で、
ABの長さは、球の半径をrとすると
AB=2r/√2=√2r 
だから水平面の図では
l=√2AB=2r
となってしまって、図と明らかに違ってます。なにが間違いなんでしょうか\?すみませんが教えてください。(ちなみに図で、Cの位置が水平面の図と垂直面の図でずれしまいました。Cは真上からみたとき、円と、円の中心間を結ぶ線との交点です)

Aベストアンサー

>図のHorizontalはそれを真上から見たものです。このときABは1段目の球の中心をすべて含む平面と45度をなす

間違いです。
verticalの図に書き込まれたものはhorizontalの図にあるAとBを通り、horizontal面に垂直な面をそれに垂直な方向から見た図だと思います。
この図にもっと多くの円を書き込んで見ましょう。
horizontalの図では円が正方形に並んでいるのがわかりますが、verticalの図ではどうでしょうか。
立法格子の長さをaとすると
Aに水平方向に隣り合う円(接触はしていない)までの距離は(√2)aとなり
Aに鉛直方向に隣り合う円(接触はしていない)までの距離はaとなります
つまり、vertical面上では円は正方形に並んでいないのです。
vertical面にある斜めの線と水平線のなす角はarctan(1/√2)となります。

図をかければよりわかりやすく説明できるのですが、これでご勘弁ください。

Q余事象「少なくとも」がない場合

余事象の問題です。

問題文に「少なくとも」がない場合でも、余事象を使うことがあります。
たとえば、4人でじゃんけんするときに、1人勝ち・2人勝ち・3人勝ちという余事象を考えるなど。

「少なくとも」がなくても余事象を使う場合ってどういうときですか?
確かに「少なくとも」がなくても余事象で考えることによって早く解けることもあるのですが、見分け方がよくわからないので、自力では絶対思いつきません。

回答よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

なんか場合分けして後で足す項目数が多くて
面倒な問題だな…と感じたら、
余事象の利用も、チラッと考えてみたら
いいんじゃないですかね。
で、余事象の確率のほうが求めやすそうなら、
そっちでいく。
そうでもなければ、別の手を考える。

Qabc、xyz、sin、log、イタリック体、ローマン体、ブロック体、筆記体

数学に英語文字を使用するときの字体を教えていただききたいです。

印刷物では主に、イタリック体、ローマン体がありますが、どの場合にどちらを使うことが習慣になっているのでしょうか?

ノートや黒板に書くときには主に、ブロック体、筆記体がありますが、どの場合にどちらを使うことが習慣になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

組版では基本的に、一文字はイタリック体、複数文字はローマン体とする習慣です。
例えば変数のxや関数のfはイタリック体、
関数のsinやその他det、max等複数文字はローマン体です。
ただし、定数のπ・e・iや微小差分のdはローマン体で書く流儀もあります。
また、図形上の点を表す時(例えば「線分AB」)はローマン体の方が一般的であるように思いますし、
ギリシア文字は大文字だけローマン体にすることもあります。

その他、ラプラス変換を表すL等は筆記体で書くケースが多いですし、
あるいは群等の名称は複数文字でもイタリックで書くケースもあります。

手書きの際には、区別して書く方もいますが、
(イタリックに筆記体、ローマンにブロック体を対応させるなど)
特に区別しない方が多いです。

Q有限体の元の追加した体もある条件で有限体の証明

体Kの上の代数拡大体の元a(1)、---、a(n-1)、a(n)について、a(1)、---、a(n-1)
がKの上に分離的であれば,K(a(1)、---、a(n-1)、a(n))はKの単純拡大であるという定理の証明にあたり、まずKが有限体であれば,K(a(1)、---、a(n-1)、a(n))も有限体であるとありますがこれはどう説明できますか。Kが有限体ならK(a)も有限体がいえればいいと思いますが。

Aベストアンサー

完全な勘違いがあったのでもう一度書きます。

体Kの上の代数拡大体の元をaとし
aがKに含まれずaのK係数最小多項式をf(x)でi次とすると
K(a)={c(0)+c(1)・a+・・・+c(i-1)・a^(i-1))|c(0),・・・,c(i-1)∈K}
です。
というのはmがi以上だとx^mをf(x)で割った余りをg(x)(i次未満)としたときa^m=g(a)(i次未満)となることと、
h(x)=c(0)+c(1)・x+・・・+c(i-1)・x^(i-1)としたとき
h(x)=0(すなわちh(a)=0)でなければ
h(x)とf(x)は互いに素だから
(f(x)が約数を持てば最小多項式の仮定に反する。)
α(x)・h(x)+β(x)・f(x)=1となるK係数多項式α(x)とβ(x)が存在するので
α(a)・h(a)+β(a)・f(a)=α(a)・h(a)=1となり
c(0)+c(1)・a+・・・+c(i-1)・a^(i-1))の逆元はα(a)となるからです。

あとはやはり数学的帰納法でしょうね?

Q互いに素って

数学の問題にある互いに素ってどういう意味ですか???

Aベストアンサー

採点の採点^^;

×「No.4 - ×。互いに約数・倍数の関係になくても互いに素である関係はあります。」

たぶん、
「...互いに素で「ない」こともあります。」
ですね。

例:
6と10。約数・倍数の関係ではないが、互いに素でもない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報