【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

廊下や台所の数か所にほんの5ミリくらいでしょうか足で押すとふわふわした所が有ります
一か所の範囲はほんの直径30センチも有りません
以前畳を張り替えた時に一か所は直して貰いましたが、腐ったとか湿気たはなく
木が痩せた、と言う事でした全面フローリングを上張りしバリアフリーにしたら
とも言われましたが、結構なお金もかかります、
私の素人考えですが、踏めばその下に何か当たる?支持材はあるので
その所へ10ミリくらいの穴をあけて何か硬化する樹脂を圧入してやればと思うのですが
ABS樹脂はいくらでも手に入りますが、それを圧入する工具が思いつきません、
変成シリコンをシリコンガンで圧入してもいいかな、とも思いますが
シリコンってゴムみたいなところも有りますし、カチカチになって欲しいのですが?
何かお知恵を拝借できたらと思います、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは



先ず合板の寿命だと思います。床仕上げ材の下にある根太と根太の間がフワフワするのでしょう。
一般的に根太と根太は303mmピッチでフロア材とは垂直に施されています。約30cm間隔でしっかりとした部分があり、その間がフワフワするようであれば間違いないと思います。

施工個所が1Fにあり、数か所であれば床下からの補強が簡単だと思います。

コンクリート製束石(ピンコロ)
ttp://www.nabe-san.co.jp/index.php?id=49
200*200*100 ホームセンターで400円ぐらい?かと思います。

束ボンド(根太ボンド)
ttp://item.rakuten.co.jp/doguyarisaku/ysb02/
一本1,000円ぐらい

鋼製束(上部平型)
ttp://www.tsuka-kanamono.co.jp/kst.html
サイズ色々あります。ホームセンターで500円ぐらい?かと思います。

床下にもぐって、ピンコロを設置、その上に束ボンドを塗って、鋼製束を設置。鋼製束の上に適度にサイズカットした合板などをのせて、スパナでくるくると回せば突っ張り棒のように床を押し上げてくれます。(上げすぎに注意)簡単なようでものすごくめんどくさいです。業者さんにやってもらった方が良いと思います。

以上ご参考までに
    • good
    • 0

同じようでした。



私の建物も築25年です。
やはりフロアーに同じ様なふわふわとする個所が何ヶ所かありました。

フロアー(大建工業製)幅107mm 厚み15mmの縁甲板と呼ばれるものでした。
原因は、施工ではなく、フロアーそのものの内部がボソボソになっていました。
水周りではなく廊下です。

リホーム時には、既設のフロアーを剥がさずにその上から厚さ12mmのフロアーを張りました。
結果は良好です。

参考になれば。
    • good
    • 7

イッカイナラ、床下から入れるのでは。

緩いところに、つっかえを入れればいいんだよ。

この回答への補足

本職の人に入って貰って直すのがやはり正解でしょうね、

補足日時:2014/05/21 19:08
    • good
    • 4

やはりめくってみて要因をはっきりさせたほうがいいです。


フローリングなのか、下貼りがあるのか、桟がへたっているか、
土台がシロアリにやらててるかもしれないですよ。

この回答への補足

シロアリは十分調べましたが全く気配も有りません、でもやはり本職の人に床下に入って見てもらった方がいいでしょうね。

補足日時:2014/05/21 19:07
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床が抜けた DIY

我が家は築40年以上なんですが
先日床がドーンと音を立てて
下がりました。
その部分だけ明らかに沈んでいます。

工事に頼める費用もないので
自分で修理をしたいと思っています。
DIYは初めてなんですけど
自分で修理はできるものなんでしょうか?

またどのように修理をしたらいいのでしょうか。
多分根太がダメになってると思うので
根太も変えたいのですが
どのようにしてしたらいいのでしょうか。
また自分で修理する場合の
費用はどのくらいなのでしょうか。

大工に頼める費用がないので
できるだけ自分で修理したいです。


なにもわからず申し訳ないのですが
わかる方回答お願いいたします。

Aベストアンサー

他にも危うい部分が無いかという判断も難しいので、信頼できる地元の工務店に頼むのが一番ですけど…。

今回の床は1階という前提での話です。 
音をたてて変形したってことは、大引きか根太、あるいは基礎が折れるなりしてしまったのか。
折れている場合の修理は、新たな材に交換するか正しい位置に戻して金具補強をするかといったものですが、交換は継加工もあって素人にはまず無理。素人修理なら折れた部分の完治は諦めて、基礎石+床束(ゆかづか)で大引き・根太をジャッキアップするという対処療法くらいがせいぜいでしょう。複数立てることを見込んでも、2万円前後内には収まると思いますが。

ともかく床下に潜り込んで見てみないことには始まりません。床下収納など、床下にアクセスできる点検口はあるでしょうか?
無ければ、押入れの床を剥ぐなどして点検口を作る事から始めないといけません。

破損部位や周囲の地面を良く観察し、腐敗やシロアリなど虫食いの兆候があれば他にも影響が広がっていることは容易に予想が付きます。その場合はまず素人の手には負えませんね。

参考URL:http://www.joto.com/product/?act=detl&id=37&cat=7&mode=basic

他にも危うい部分が無いかという判断も難しいので、信頼できる地元の工務店に頼むのが一番ですけど…。

今回の床は1階という前提での話です。 
音をたてて変形したってことは、大引きか根太、あるいは基礎が折れるなりしてしまったのか。
折れている場合の修理は、新たな材に交換するか正しい位置に戻して金具補強をするかといったものですが、交換は継加工もあって素人にはまず無理。素人修理なら折れた部分の完治は諦めて、基礎石+床束(ゆかづか)で大引き・根太をジャッキアップするという対処療法くらいが...続きを読む

Q普通の一戸建てですが床が抜けるというのはありえますか?

普通の一戸建てですが床が抜けるというのはありえますか?


去年の夏リフォームというか建て替えをして家が新しくなりました。
3階建てです。

私はその3階に住んでいます。
私は漫画好きで部屋にたくさんコミックがあるのですが

母に「漫画買いすぎ。床がゆけたらどうするの」
といわれますが

冗談も半分は入ってると思いますが
実際そういう事はあるのでしょうか?
そんな事を母から言われるので少し恐怖感さえ出てきました。(床が抜ける事への)

普通のコミックが部屋に
930冊ほど置いてあります(3階の自分の部屋にです)

後は、普通に部屋に
テレビとか本棚、教科書等があります。

コミック等は930冊ほどが全体でどれくらいの重さになるとか
部屋がどのくらいの重さに耐えれるとか分かりません。

材質等によっても違うと思いますが
大体どのくらいは平気なんでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

一般的なご家庭ですと、木造でだいたい1m2あたり180kgの荷重に耐えるようつくられています。

例えば、横幅60cm高さ1.8mの本棚に、文庫本をぎっしり入れると150kgくらいです。
同じ場所に辞書をぎっしりで200kgくらいになります。
市販コミックはだいたい100g~110gですので、中間の105gとして930冊で97650g=97kg。
本棚の重さを考慮しても、まあ180kg内には収まっていますね。
コミック収納場所に、別の重たい物を置いていなければまず大丈夫です。

ご心配でしたら、コミックや本は1箇所にまとめて置かず、ある程度部屋の中でも場所を分散させて収納してください。
例えば、あまり読まない本はベッドの下、よく読む本は本棚、教科書などは勉強机周辺。など
1箇所にたくさんの重さがかかるのは、床は抜けないまでも家のたてつけの為には良くありません。
1箇所にまとめて置きたい場合は、その下の階の様子を思いえがいて、下に柱や壁がある場所に置きます。
特に、1Fと2Fで同じ場所に壁や柱があるところの真上は、上記に書いた耐荷重よりもたくさんの重さに耐えます。
柱や壁が、重さを直接地面に伝えますので。

質問主さんの部屋(特に本を置いている場所)の下が広い空間(部屋)だったりして、本棚の下を支える柱や壁が無いとすると、
今後もどんどんコミックを増やしていった場合、床が抜けることはないでしょうが、天井が下がったり、扉が開きにくくなるなどの支障が出るかもしれません。
例えば質問主さんも、重たいかばんを右肩に下げると、右にちょっと傾きますよね?家でもそういうことがおこり、下の階の扉の開け閉めがしにくくなったりする可能性があります。

ちなみに、本の荷重で床が抜けた。という事故が、確かに過去にはありました。
ただ、建築法もゆるかった何十年も前に建てられた古い家の場合です。
近年建てられた家では、何トンなんて単位で溜め込まなければまず大丈夫です。

一般的なご家庭ですと、木造でだいたい1m2あたり180kgの荷重に耐えるようつくられています。

例えば、横幅60cm高さ1.8mの本棚に、文庫本をぎっしり入れると150kgくらいです。
同じ場所に辞書をぎっしりで200kgくらいになります。
市販コミックはだいたい100g~110gですので、中間の105gとして930冊で97650g=97kg。
本棚の重さを考慮しても、まあ180kg内には収まっていますね。
コミック収納場所に、別の重たい物を置いていなければまず大丈夫です。

ご心配でしたら、コミックや本は1箇所にまとめて置かず、ある...続きを読む

Q築40年の家の床の張り替え方法

築40年の家の床の張り替え方法

フローリングの床が踏むとフワフワと沈む箇所が多数あるので床を張り替えようと思ってます。
そこで、下記の通り、分からないことが多いので、教えてください。
ちなみに、DIYを趣味としてますので、フローリングの加工は可能と思われます。


1.踏むとフワフワ沈む箇所の周囲を足のカカトで踏んで調べると、30cm四方くらいの大きさの骨組みらしき堅い部分があるのがわかります。その30cm四方の枠がわかるということは、床の骨組みの上に直接フローリングを張っているのでしょうか?それとも、骨組みの上に合板等があって、その上にフローリングを張っているのでしょうか?

2.今の床を剥がさずにフローリングを張っても平気でしょうか?なんとなく、1.でも書いた通り、骨組みの上に単にフローリングが貼られてるだけの感じがするので、今の床の上にフローリングを張った方が強度が増す気がして。それともどうせ張り替えるなら今の床を剥がしてどうなってるのか確認したほうがいいですかね?

3.フローリングを張る際に、釘ではなく、ビスで留めることをお勧めしてる回答があったのですが、どんなサイズのがよいのでしょうか?

以上、床に関しては素人なので、よろしくお願いいたします。

築40年の家の床の張り替え方法

フローリングの床が踏むとフワフワと沈む箇所が多数あるので床を張り替えようと思ってます。
そこで、下記の通り、分からないことが多いので、教えてください。
ちなみに、DIYを趣味としてますので、フローリングの加工は可能と思われます。


1.踏むとフワフワ沈む箇所の周囲を足のカカトで踏んで調べると、30cm四方くらいの大きさの骨組みらしき堅い部分があるのがわかります。その30cm四方の枠がわかるということは、床の骨組みの上に直接フローリングを張ってい...続きを読む

Aベストアンサー

フローリングの床が踏むとフワフワと沈むのは、フローリングの寿命です、フローリングは薄く切った板を接着剤で重ね合わせていますが、この接着剤の効果が無くなっている状態です。

床は、束があって、大引きの(90cmから1メートルの間隔)上に根太(30.3cmの間隔)の上にフローリングが貼られています。

今の床を剥がさないで貼る場合と、床を剥がして貼る場合があります。
(どちらでも良いです)
理由は、床を剥がす場合、値段が2倍以上します、施工時間は3倍です。
気を付けることは、ドアの開け閉めが出来るか、床の段差はどうかです、
玄関はリフォーム用の玄関框がありますので、床を剥がさないでも段差無く貼ることが出来ます。
素人には、床をきれいに剥がすのは難しい場合があります、(床を貼って壁を作るため釘が抜けない位置がある)

今の床の上に貼る場合、今の床が根太より浮いているところを、釘かビスで多めに留めてください。
床は専用のボンドを付けて、専用の釘かビスで止めてください。(木工ボンドでは後で床鳴りします)
ビスの場合、頭が少し小さい物、長さ30ミリ以上は必要です。

フローリングを切る場合、ノコとかんなを使用しますが、板の表面より、下側を短く切るようにするとかんなを楽にかけることが出来ます。

フローリングの床が踏むとフワフワと沈むのは、フローリングの寿命です、フローリングは薄く切った板を接着剤で重ね合わせていますが、この接着剤の効果が無くなっている状態です。

床は、束があって、大引きの(90cmから1メートルの間隔)上に根太(30.3cmの間隔)の上にフローリングが貼られています。

今の床を剥がさないで貼る場合と、床を剥がして貼る場合があります。
(どちらでも良いです)
理由は、床を剥がす場合、値段が2倍以上します、施工時間は3倍です。
気を付けることは、ドアの開け閉めが出来...続きを読む

Q床鳴りとたわみ原因について

昨年新築で家を建てましたが、住み始めて気になりだしたのが一部の床鳴りとわたみです。原因の追求のため一度点検口から床下を確認すると桧の土台と大引に乾燥が原因と思われる割れが多数発生していました。
割れの幅は2~4mm程度が大半で、この割れが床鳴りとたわみの原因ではないかと考えています。たわみはフローリングに立っている状態で子供が走ると床のたわみが微妙に感じられる程度です。
1Fの床下仕様は大引90×90(mm)施工間隔は910(mm)、根太45×55(mm)施工間隔は309(mm)その上に12(mm)の合板が施工されています。
土台と大引の割れは致命的でしょうか。また床鳴りやたわみの原因になるのでしょうか。大手ハウスメーカーの殆どが土台や大引に集成材を使用していると思いますが、割れが生じないため床鳴りやたわみも殆ど無いのでしょうか。ご教授の程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

<床下を確認すると桧の土台と大引に乾燥が原因と思われる割れが多数発生していました>
 通常そうなります。ご質問者さんが指摘する「檜の大引き」と「檜の土台」が「芯付」であれば当然そうなります。
 日本の住宅の構造材は何百年も前からそうですし、現在も今後もその様な状態になるでしょう。何も問題はありません。これが日本の木造建築です。

<この割れが床鳴りとたわみの原因ではないかと考えています>
 全く違います。

<たわみはフローリングに立っている状態で子供が走ると床のたわみが微妙に感じられる程度です>
 「微妙に感じられる程度」であれば問題は無いのではないでしょうか。木造の床で全く撓みが無い床は存在しません。

 問題は「音」です。この板(Q&A住まい)で他の方も答えていませんし、私も質問文に対しての関係ない部分は書きませんでしたが、人が歩いた時の床の音に注目する必要があります。
 歩いている時や、床の強度を調べるために、立ったまま片足のかかとで床を叩いた時に出る音が、「ゴン、ゴン、ゴン」という低い音で余韻が短ければ、その床は強度がある床です。

<1Fの床下仕様は大引90×90(mm)施工間隔は910(mm)、根太45×55(mm)施工間隔は309(mm)その上に12(mm)の合板が施工されています>
 まともな施工じゃないですか。私も同様に施工します。大引き、土台も同様なので、ご質問者さんの御宅の施工者には「ご同慶の到りです」。
 多分前出の「音」は私が書いたとおりの音になっているはずです。問題ありません。

<土台と大引の割れは致命的でしょうか、また床鳴りやたわみの原因になるのでしょうか>
 書いたとおり問題があるどころか施工方法は完璧ではないでしょうか?
 これ以上どうしたら良いのか、私が聞きたいくらいです。

<大手ハウスメーカーの殆どが土台や大引に集成材を使用していると思いますが>
 私は知りませんが、土台から上の部分であれば床下の湿度から逃げられるため床下ほどではないとしても、土台と大引きに修正材を用いるのは私はクエスチョンです。
 修正材は床下ではなくともノリ(接着剤)が切れたらアウトです。無垢の材木と同じ寸法の修正材を比較した場合、作られた時点での強度は修正材に軍配が上がりますが、現在の修正材はそれほど長い期間の実績はまだありません。

<割れが生じないため床鳴りやたわみも殆ど無いのでしょうか>
 修正材を使用する意味は、その意味全体の或る部分には、現在木材が割れることについての強迫観念が施主全体を覆っていて(そこに付け入る業者も少なからずいます)、
 (1)法律に拠る構造材の強度を小さい材料で可能になる事
 (2)拠って同じ寸法であれば、柱が跳ばせるので間取りの設計の自由度が上がる事
 (3)割れないので家全体の精度が出る事(外壁の施工精度が出ます)。
 (4)以前と違い接着剤の品質が向上し経年変化に強くなった事
 (5)材木の切れ端でも大きな角材が作れる事

 まだあるとは思いますが、修正材が無垢の材木と違っている部分です。大手ハウスメーカーはこのどれか、或いはいくつかに自社にとってメリットがあると判断したと考えられます。
 ご質問者さんの言われる「割れ」は修正材には発生しませんが、基本的に床鳴りとは無関係です。
 *蛇足ですが、大きな角材の修正材の中には、更に強度を上げるために(体育館や、それ以上の大きな構造物の梁として使用、この場合上下の(元に戻る)たわみが無いと構造物は崩壊します)、節だらけで芯付の120ミリ~180ミリ×25ミリ(大きさは任意)の長尺の材料を重ねて造る修正材も存在します。この修正材は、各部材は芯付のため各々細かく割れます。

 床鳴りは、「木材と木材の接触している部分が動くため出る音」と「木材を留めてある釘等と木材がこすれる音」と「接着剤が切れて、歩くと接着剤が潰れる音」です。
 構造材の割れには基本的に関係ありません。

 こんにちは。

<床下を確認すると桧の土台と大引に乾燥が原因と思われる割れが多数発生していました>
 通常そうなります。ご質問者さんが指摘する「檜の大引き」と「檜の土台」が「芯付」であれば当然そうなります。
 日本の住宅の構造材は何百年も前からそうですし、現在も今後もその様な状態になるでしょう。何も問題はありません。これが日本の木造建築です。

<この割れが床鳴りとたわみの原因ではないかと考えています>
 全く違います。

<たわみはフローリングに立っている状態で子供が...続きを読む

Q家の床が鳴ります。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めてもらったものの、また今も床が「ギギィ」と鳴っています。
こちらも何度も連絡するのが面倒なので、しばらく放っていましたが、静かにしていると結構音が響くので、こないだ不動産会社に電話をしました。
するとまた「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

木造の家って本当に床が鳴るものなのでしょうか?
それとも建築に何か問題があるのでしょうか?(その会社の工法は、床板を完全に乾燥仕切ってない状態で建てていくので、音がすると言われてました)
住宅の鑑定士のような人に相談するのが一般的ですか?

建築には全くの素人なのでよく判りません。
ご存知の方がおられましたら、回答よろしくお願いいたします。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木を配置します。(小骨だと思ってください)
3:その上に荒床を(だいたい1.2センチ厚ぐらいの合板が多い)敷きます。
(じゅうたんの場合はこの上に直接貼ってしまいます)
4:フローリングの場合は言わばじゅうたん代わりですので、この上にまた品物によって色々ですが1.何センチ程度の化粧板が敷きこまれます。
…ということは、骨組みである1と2の間はかなりきっちりしてるので鳴ることはあってはならないのですが、2と3や、3と4の間というのは季節による膨張縮小などで隙間ができたりするとぎしぎし鳴る場所となります。
(これゆえに木造の床は必ず鳴ります、という返事になるわけです)

ところで心配なのは、なぜ鳴るのか?という原因ですよね。
骨組みと無関係な2と3、3と4の間で鳴っているのであれば、単に音が耳障りだから止めれば良い、という程度の考えでかまいません。
(とくに季節・湿度によって鳴る時期が決まっている場合)
しかし、たとえば家具や重いピアノなどをどすん、と置いてしまったことによって、小骨の根太がぽきん、と折れてしまうようなこともたまに起こります。
そんな場合にはきちんと修繕してもらうことが必要になります。
体重のある大人が、問題の位置で「うん、うん、」と力を入れて床を踏みつけたときに、ゆさゆさするようであれば、根太が折れているようなことが大体わかります。
または、お台所の床下収納があれば、そこから実際に潜って、問題の場所まで匍匐前進して実際に確かめてみることが出来ればそれが一番です。
(メモ用紙とカメラを持っていくといいです)
根太にひびが入っていたら、要修理ということがわかります。

>住み始めて3ヶ月くらいして

という時期から考えますと、乾燥していく経過で、施工時にはぴっちりしていた継ぎ目が、乾燥からすこしずつ隙間があいて音がするようになっているのではないか、と大抵考えられそうです。
新築当初の数年間は、天井裏からいきなり「バリっ!!」とか、誰もいないはずの二階で「どーん!」と家が壊れそうなすごい音もします。
これは大きな梁が乾燥収縮で亀裂が入る音ですが、建築基準法で定められている梁のサイズは収縮亀裂が入ることを前提としたサイズで考えられていますので、「新築の音」を楽しむようにしてみてください。

フローリングの床のぎしぎしが、季節・湿度とは無関係に続くが、床下に潜っても割れはないし、大人がずんずん踏みつけても特にぶよぶよすることもない、という場合は本当に単なる「うぐいす張り」です。でも気持ち悪いですよね、そういう場合には、問題になっている継ぎ目が確定できればそのところに水で薄く溶いた木工用ボンドを筆先や注射器などですーっと浸透していくように吸い込ませてあげると治ってくれます。これはすきまの状況によっては日を変えて3~4回ぐらいやってあげないと吸い込みきれないですが、そんなことでも改善してくれます。

(コニシボンド「フロアメンダー」という商品名でも同様のセット商品として販売されていますが結構高いので、私は水溶きボンドで安上がりに済ませています)

いずれにしましても、床下にもぐれるようでしたら、問題の個所を下から自分の目でしっかりのぞいてみて、ご家族で協力しながら上からふみつけてもらいながら下からチェック、ということをして納得してみるとよろしいと思います。

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木...続きを読む

Q家でミシッとかバキッという音はしますか?ラップ音?

今まで、色々引越しましたが木造の家でもマンションでも
ミシッとかバキッという音がしました。
それがラップ音なのでしょうか?
江原さんいわく、ラップ音によって色々メッセージがこめられているらしいですが
私はどこの家でもすると思います。
今まで、3人くらいの人に聞きましたが、しない。といわれました。
私は、聞いているけれど慣れてしまっていてわざわざ意識していないんじゃないかと思っています。
鳴るときは良く鳴るし、鳴らないときは鳴らないという感じです。
私も差ほど意識はしていませんが、ずっと不思議に思っています。
家のきしみの音ってどこでも鳴るんじゃないでしょうか?
みなさんはどうでしょう?
もし、本当にメッセージなら少し意識してみたいと思います。

Aベストアンサー

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側は内側より縮もうとする力が働くので、耐えられず表面の部分が割れてしまうのです。
樹種によっても違いますが、たとえばスギの場合、最も深い割れでも表面から4分の1位までのはずです。
そして、木材が1~2シーズンを経験すればたいてい落ち着いて、割れの音もほとんどしなくなると考えられます。

コンクリートのマンションの場合も床がフローリングであれば床鳴り、クッションフロアーや畳でも下地が木であれば同様に音はしますよ。

 主要因はこの辺にあると思います、ただし、もしほとんど木を使っていないコンクリートマンションでしたら?ですね。(断面詳細図でも見ないと確認出来ませんが)

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側...続きを読む

Q2階の床が傾いています。責任はどこに

平成5年に大手住宅メーカーの建売を60坪の土地と一緒に6000万円以上で購入しました。昨年息子の部屋にしていた2階の中央の部屋が空きましたので掃除をしたところ約6畳ほどの洋間の床が中央付近から片側の壁に向けて傾いていました。(立っていると気分が悪くなるぐらい)近くの工務店では修理ができないとのことでしたので、大手住宅メーカーのリフォーム関連会社に修理を申し出ました。2度ほど調査に来て中央から片側約1.5mが15ミリ沈んでいるとのこと。原因は詳しくは1階の天井に点検口の穴を新たにあけて見て見ないと何とも言えないが多分、床を支えるハリが乾燥して縮みさらに下がって起こったのではないか。両隣の部屋や廊下も異常はないので。結局床はがしてハリを補強して床をもう一度貼るとのこと。見積もりは来週くらい。ここで質問です、先方は購入後20年以上経っているので責任外と主張しています。全部ただとは言わないがせめて半分ぐらい負担して欲しいと私が言っています。こんな時はどうなんでしょうか。なお息子に確認したところ5年ぐらい前から大きく傾いていたが丁度ベットを置いていたので足にダンボールを噛ませて調整していたとのこと。いい知恵お教えください。

平成5年に大手住宅メーカーの建売を60坪の土地と一緒に6000万円以上で購入しました。昨年息子の部屋にしていた2階の中央の部屋が空きましたので掃除をしたところ約6畳ほどの洋間の床が中央付近から片側の壁に向けて傾いていました。(立っていると気分が悪くなるぐらい)近くの工務店では修理ができないとのことでしたので、大手住宅メーカーのリフォーム関連会社に修理を申し出ました。2度ほど調査に来て中央から片側約1.5mが15ミリ沈んでいるとのこと。原因は詳しくは1階の天井に点検口の穴を新...続きを読む

Aベストアンサー

責任の所在については安易に言えませんが、少なくとも15mmも木材が収縮する事は考えにくいと思います。

考えられる原因の一つとしては、床下地の大引(根太)を支えるのに嵩上げしていた束がわれて、支えが無くなったことで大引き(根太)が荷重に耐えられずにたわんだ可能性があります。

上記のような施工方法も考えにくいですがあり得ない事でもありません。


何れにしても、原因を追及する事は大切だと思います。
勘違いして欲しくないのは、原因追及とはHMの責任を追及する事ではありません。

あくまでも現状に至った経緯(原因)を追究する事です。

その為には、HMの調査結果だけを信じるのではなく第三者の建築士に依頼をして同様の調査をして頂くのが宜しいかと思います。


調査を受けてくれそうな設計事務所(建築士)をご自身で探す必要があり、難しい様なら建築士会にご相談をされるのが宜しいかと思います。


責任の所在や費用負担の話は原因が明らかになってからの話だと思います。

Q木造の2階の底って抜けるんでしょうか?

1人暮しの部屋から木造の
4LDKの実家の2階に戻ることになりまして、
家具や電化製品も持って帰りたいと思っています。

2階の6畳の部屋を2つ
使わせてもらうことになったのですが、

1部屋にはもともと大きな本だなが4台と
学習机、パソコンテーブルとデスクトップパソコン
==>ここへ ベッド1台

もう1部屋にはベッドと学習机
==>ここへ 食事用のテーブルと椅子2客
冷蔵庫 レンジ

以上のようにしようかと思っているのですが、
2階の底が抜けてしまわないか心配です。

実際大丈夫なのかと、
もし、心配なときは、
誰か専門に尋ねる業者さんというのは
あるのでしょうか。

できれば、あまり費用がないので、
無料で調べたいと思っています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

底が抜けるのは、本棚やピアノが原因ですね。
一般の床は、1m角に200kgまでの重量を想定しています。

本棚があまりに重いようなら、分散するか処分した方がいいかもしれませんね。
本は重いですよ。木の塊だと思った方がいいです。
ただし、これまで大丈夫だったら、今後も大丈夫です。
ベッドは軽いので。

床を補強するのは大工さんのしごとになります。
が、フローリングだったら、床を壊しますので、大変ですよ。

Qマンションの床が沈む

熊本のハウベストマンションですが、建設されて5年くらいです。台所の流しの前の足元など、人がよく利用する場所の床下が沈み込みます。また、廊下なども床鳴りがするようになって来ています。何故ですか?どういうことが床下で起こっているのですか?また、修理の必要があるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

ウチも今そういう状態です、
大工さんにうかがったのですが、床材のリノリュウム(フロアーカーペット?)の下のコンパネが湿気や経年劣化で、コンパネ合板の接着剤が剥がれて強度を失って、ぶよぶよ下がるとの事でした。
対策としては、20cmから30センチのピッチで入れてある
サンギを15センチ間隔にするか、下がる部分のコンパネを切り取って同じ厚さのボードと床材を張ると治るそうです。もしくは、その上からフローリングを張るなどがあるそうですが・・・。
湿気とか、施工状況にもよるとは思いますが、普通の家だと10年から15年くらいでおきる現象だそうで、5年目だとチョット早いのかも知れませんね!大工さんに頼むしかないですね!

Q床のきしむ音

築2年半の一戸建てです。
3階のフローリングの部屋ですが、半畳分程の部分が
歩くと、きしんだ音がするのです。
その部屋は、寝室としてしか 使っていないので
あまり、傷むことはないと思うのですが‥‥
なぜ、きしむように なったのか解らずに悩んでいます。
また、メンテナンスは どのようにしたらいいのかも
悩んでいます。
アドバイスどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あるハウスメーカーのリフォーム担当、修理担当でもあります。

床鳴りは築年数が経過するとある程度発生することがありますね。
現象としてはフローリングの下の床組み木材が乾燥して、痩せたり反ったり捩れたりなど変形することでおきる場合と、釘が僅かに浮いておきる場合、まれに床組みの補足材程度のものが固定が不十分でおきているのを見たこともあり、一概に床鳴りと言っても原因は様々で、補修経験豊富な大工ほど音で判断し原因を特定します。

具体的には一例ですが、平らなフローリングの下の根太が僅かに変形して、フローリングとの間に1mm程度の隙間が出たとしましょう。
そのフローリングを踏むと僅か1mmくらいですがフローリングは沈み、フローリングを固定している釘の貫通部分で、釘とフローリングが擦れて床鳴りがします。
これはよくあるケースの一例で、原因は様々考えられますので確かな原因を特定しないと解決は難しい面があります。

3階の床と言うことですから、床下からという方法は難しいですね。
上で例にあげた原因ですと、いろいろと補修剤が出ていて下記HPのものはその例です。
方法的にはどれもフローリングに穴をあけて補修剤を注入し硬化して隙間を埋め、あけた穴を目立たないように補修すると言うものです。
この原因以外ですとフローリングを一枚、フローリングの途中からではなく継ぎ目から継ぎ目まで丸鋸でカットして床を剥がし、床組みを見て原因を突き止めて直し、新しいフローリングを1枚そこにはることになると思います。

できるだけ経験豊富な大工さんがいるといいのですが、まず建てた工務店に相談されるのが順序ですね。

参考URL:http://www.aqura.co.jp/builder/narazu.shtml

あるハウスメーカーのリフォーム担当、修理担当でもあります。

床鳴りは築年数が経過するとある程度発生することがありますね。
現象としてはフローリングの下の床組み木材が乾燥して、痩せたり反ったり捩れたりなど変形することでおきる場合と、釘が僅かに浮いておきる場合、まれに床組みの補足材程度のものが固定が不十分でおきているのを見たこともあり、一概に床鳴りと言っても原因は様々で、補修経験豊富な大工ほど音で判断し原因を特定します。

具体的には一例ですが、平らなフローリングの下の根太...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較