FXで月2万程度でいいので小遣い稼ぎしようと思ってます。

リスクを背負うやり方はしたくないので次の方法でやろうと思ってます。
FXをすでにやられてる方は思われますか?
当方土日休みで帰りは毎日午前様です。

(1)夜に明日の上昇トレンドか下降トレンドかを予想。
例えば今のレートが100円/ドル

(2)上昇トレンドの場合
新規指値注文 100.5円/ドル
新規逆指値注文 100.7円/ドル
を同時注文

これを毎日繰り返していく予定です。
ポイントは指値と逆指値の差額を小さくしてリスク回避をすることです。
金額は小さいですけど小遣い程度ならいけるかなと思ってますが実際このやり方をしてる方はいますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、土日休みのサラリーマンで、毎日午前様という時点で、FXの参加資格無しです。


最低、毎日数時間は、画面の前にいられるようでないと、無理です。

あと、元手ですが、月2万円目標なら、100万円で大丈夫です。
ただし、原則として1口(レバレッジ無し)でしか投資しない。
初心者がレバレッジを掛けると、必ず判断ミスします。

かなり長い間101円~107円のレンジ相場ですから、控えめなデイトレには向いている時期だと思います。

基本的な作戦は、下がってきて上がり始めたら、追いかける。
上がって来て下がり始めたら、追いかける。
です。

エントリーしたら、すぐに損切り注文を入れる、
順調に上がってきたら、それに追従して損切りポイントを上げる、
損切りが何回か続いたら、いったん1周間は間をおく、
と言った基本的なルールを自分で決めて自分で守れれば、さほど負けが込むこともないでしょう。
    • good
    • 0

No.5さん のおっしゃる


>月2万円程度ならば、営業日が20日/月と考えると、一日当たり1000円の儲けを得れば良いという計算ですので、
資金力によっては比較的容易に可能かと思います。<


確かに、簡単です、
しかし、
(1)
「含み損」が必ずでます、
つまり、「塩漬け」になっているマイナス
それと、確定利益を相殺したら、プラス・マイナスどうなっているかです。
それの回避は「損切り」をうまく使うか

私は「損切り」は今はしません、
ドル/円しかやりませんが、非常に市場が緩やかで、1日の値幅は50pip~100pipくらいで

東京市場は、値動きが鈍いので「2~5pip」の利益を何度もとる、(同じトレンドを繰り返してるので簡単です)
小さくコツコツ儲けるにはいい時期です、
この状態はまだまだ、しばらく続くと思います。
    • good
    • 0

FXは、投資です。


リスクがゼロというのは有り得ません。

リスクを極力少なくするというのであれば、方法はあるかと思います。

月2万円程度ならば、営業日が20日/月と考えると、一日当たり1000円の儲けを得れば良いという計算ですので、
資金力によっては比較的容易に可能かと思います。

FXの投資戦略は、人ぞれぞれですので、例示した方法を指示する人もいれば、そうでない人もいるかと思います。

なお、ちなみに、コツコツと少額を利益確定していく方法を私は行っています。

もしご興味があるならば、メールして頂ければ、と思います。

公開の場で、自分の手法を披露したくないので、あしからず。
    • good
    • 0

所詮は手数料を含めるとマイナスサムゲームですのでリスク無しってのは無理かと思います。


月2万円得られると言うことは、月2万円程度損をする可能性があるかと・・・
長期の時系列データを取得して、Excelなどでバックテストなどしてみると良いかもしれません。
私自身はFXではありませんが、同じような取引を長期(1年ほどプログラムに自動売買させた)で株でやったことがありますが見事に手数料分負けてしまいました。なかなか良い方法はないなぁーと言うのが感想です。(1年で20%程度の利回りを期待していました)
    • good
    • 1

複雑ではないがおもしろいトレードですね 発想がいいのかも。

がんばってください。的中率を上げれば 小使いどころか、高利回り投資間違いなしでしょう。
    • good
    • 1

問題はいくらを元にするかですね。

いくら小さい差でも100.5円からすぐ下へ下がったら。ピークなんか一瞬ですよ。そういう場面はいくらでもあります。1秒だけ100.5円を超えただけとか。そのあとは90円台突入なんてのは良くある。その時には損をしているわけで、その損を補うために深入りするのがこの世界です。まず塩漬け出来るぐらいの資金を投入しておかないと無理なのです。
1000万ぐらいを用意してやっと月2万を順調に稼げるかもと思ってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXトレード初心者です。 注文で、リアルタイム、指値・逆指値、リピート注文はできるのですが、成行注文

FXトレード初心者です。
注文で、リアルタイム、指値・逆指値、リピート注文はできるのですが、成行注文ができません。成行注文の仕方をご教示ください。
まだバーチャルトレードの段階です。

Aベストアンサー

指値・逆指値を設定しないでリアルタイムで即注文を入れられるのなら、それが成行注文です

QIFD注文の新規注文の執行条件(指値・逆指値)って何?

IFD注文の新規注文の執行条件ってなんですか?

現在1ドル100円。
もし、101円になったら買って、
102円になったら売るIFD注文をする仮定する。

102円で売る(決済条件の"指値")はわかります。
新規条件の執行条件(指値・逆指値)ってなんで存在するのですか?
しいて言えば指値しか必要ないでしょう?

Aベストアンサー

3です。
>現在値より高く買おうが安く買おうが、
>注文レートさえ入力しておけばいいのではないでしょうか?

注文のルールだと思って、なぜなんて考えたことありません。
逆指値注文は、指定のレートになったら成行注文を出す仕組なので、指値と分けているのかも?
投資家が不注意で指値と逆指値を間違えると、注意が出て注文自体入りませんので、そういう理由ではないです。

自分がわかるのはこのくらいです。

QFXでの逆指値注文時でトレール注文をだせる業者

FXに関してご質問いたします。
米雇用統計などで、逆指値注文をしたら、大きくスリッページして約定することがありますが、このスリッページが少なく、さらに逆指値注文時にトレール注文での決済注文を同時に出せる業者はあるでしょうか。

Aベストアンサー

スリッページとは指値注文をした場合、例えば、90円で約定せい、と注文した場合に注文発注から約定までに相場がちょこっと動いてしまい、実際の約定が指定値(この場合は90円)より少しズレてしまうことですね。

次に、指値注文と成行注文の違いを確認しましょう。
指値注文とは90円買いで約定しろ、という注文です。成行注文とは買い注文を入れるが、いくらで約定してもかまいません、という注文です。
ここがポイントです。

さて、逆指値注文です。これには2つのタイプがあるんです。
まず一般的な逆指値について。実は逆指値とは名ばかりで実際は逆成行なんです。多分、逆成行では何のことか分かり難いので、逆指値という名前にしたんだと思います。
ということで、一般的には90円で逆指値をする、ということは90円以上ならいくらでもいいから約定してね、というお大尽注文なんです。
成行注文なんですから、逆指値は相場の状況によってはいくらで約定するかは、、、相場にお任せです。
指標発表時などは90円で逆指値と言っても、100pips、つまり1円くらい飛んで約定するなんてことも起こりえます。一見、これはスリッページのようですが、元々が指値ではないので、スリッページとは全く別物です。簡単に言うと、スベリではないのです。

逆指値注文には2種類あると言いました。
証券会社によっては文字通り逆指値を指値で受け付けるところがあります。この場合は、許容されるスリッページを超えて値が動く場合は約定しません。よって、指標発表時などで抑え気味の注文を出しておくと約定しないわけです。

以上、失礼を承知で出来るだけ簡単に書きましたが、いかがですか。

スリッページとは指値注文をした場合、例えば、90円で約定せい、と注文した場合に注文発注から約定までに相場がちょこっと動いてしまい、実際の約定が指定値(この場合は90円)より少しズレてしまうことですね。

次に、指値注文と成行注文の違いを確認しましょう。
指値注文とは90円買いで約定しろ、という注文です。成行注文とは買い注文を入れるが、いくらで約定してもかまいません、という注文です。
ここがポイントです。

さて、逆指値注文です。これには2つのタイプがあるんです。
まず一般的な逆指...続きを読む

Qfxについての質問です。 3月17日にドル円で逆指値で売りの注文を入れました。この時の値段が112.

fxについての質問です。
3月17日にドル円で逆指値で売りの注文を入れました。この時の値段が112.947でした。
この時の112.968まで下がりましたが、112.947まではいきませんでした。しかし注文は112.947で確定していました。
なぜ注文が確定したのか教えてください。

Aベストアンサー

抜けてますね。

Qドル・円 逆指値(ストップ注文)の手法について

現在、次の自己ルールでFX取引しています。
○通貨はドル・円のみ
○注文はすべて逆指値(ストップ)注文
○時間足チャート(ローソク足)を使用し、直近の高値あるいは安値を目安にし、高値を超えたら買い、安値を超えたら売り、で発注。
○発注後の決済は利益確定は30ポイント、損切りは15ポイントで決済。(例:100.00で買いであれば、100.30で利益確定、99.85で損切り)
このように取引しているのですが、この一ヶ月での収支はややマイナスです。利益確定が早すぎるのか、損切りが遅いのか、それとももともとの注文する時点を見誤ってるのかわかりませんが、この手法を改良するにはどの点を変えていけばよいでしょうか。(もちろんみなさん独自の指摘で構いません。そんなに簡単に儲かる世界ではありませんから・・・)

Aベストアンサー

利確が早いかな?
それだと、スキャトレードになってしまう
典型的な「勝ち続けているけど、少しずつ損をしてしまう」というパターンと思う
大損してないだけ良いとは思います

時間足チャートといっても、どれを使っているのか?
多く使うと逆に方向性を見失うかもしれません(これは自分に言えますが)

まず、30PIPSで利確というのは、やはり安全に行き過ぎではないかと思います。
状況によりますが、最低でも50ぐらいは必要ではないでしょうか?
上手い人ほど、多く長期でやっていると思います
中期で非常に上手い人だと、70-100PIPSと思う

単純に、105.00L 106.00S など、キリのいいところでのみエントリーする人・手法もありそうです
現に、今だと109.00は非常に大きな意味を持ちますよね

損切りも少し甘くしてもいいかもしれませんが、わかりません
エントリーで、株だと「自分が思ったところより5つぐらい下で待つと丁度良い」という人もいます
為替でも使えると思います

Sは損切りきつめで(スワップ払う)、Lは損切りゆるくがいいかも

利確が早いかな?
それだと、スキャトレードになってしまう
典型的な「勝ち続けているけど、少しずつ損をしてしまう」というパターンと思う
大損してないだけ良いとは思います

時間足チャートといっても、どれを使っているのか?
多く使うと逆に方向性を見失うかもしれません(これは自分に言えますが)

まず、30PIPSで利確というのは、やはり安全に行き過ぎではないかと思います。
状況によりますが、最低でも50ぐらいは必要ではないでしょうか?
上手い人ほど、多く長期でやっていると思います
中...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報