ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

昨年父が亡くなり、父は会社を経営しておりましたので、
計算したら資産が5億円もありました。。うち約4億は現金化可能な証券や現金です。残りの土地一億はあまり使えそうにありません。。

分け前は、半分は伴侶である母がもらい、残りの半分の2.5億円を、
長男である兄が、「おれはこの家を守っていかねばならないし、家業の会社もこれまで頑張ってきたんだ!おまえたち妹弟は1700万づつで充分だ、!」
と机をドカン!と叩き、目を血走らせて怒鳴ってきております。。
私は1700万じゃあんまりだと、極力穏やかに相談しているのですが、お金の話が出たとたんに、
すぐに暴言を言われてキレられてしまいます。。
「もう絶縁だ!」「裁判なら徹底的に、お前には1円たりとも渡らないように手を尽くすからな!」
とも言われてしまいました。。
そうなればおそらく兄は、資金はかなり持ってると思うので、一流の弁護士を雇うのだと思います。
遺書はありません。
相続人の廃除、欠格にも私はあたらないと思います。
寄与分、生前贈与などの話であれば、むしろ圧倒的に兄の方がいろいろと受けていると思います。
証拠は私は持っていません。
私はずっと一人暮らしで、実家とは疎遠で、長年貧乏暮らしをしていました。。

ここで、
もし本当にどうしても、この先話がまとまらず、調停⇒不調⇒審判にいたる過程にて、
兄が腕の良い弁護士を雇ってきた場合、
やはりこちらも弁護士を雇った方が良いのでしょうか。。
それとも案件内容的に、弁護士を雇って数百万をかけるほどの、案件でもないのでしょうか。
それとも一流弁護士は、一流だけあり、でっちあげなどの戦略も使って、こちらは手も足も出ない状況にまでなってしまうのでしょうか。。

それと、最初はこちらは弁護士なしで調停にのぞみ、もし兄が弁護士付きで、難しい不利な絶妙な質問をたくさん投げかけてきた場合、保留にして、次回までにこちらも弁護士を雇う、のような、
出方の様子を見てからこちらも弁護し雇うかどうか、の選択は、後手とはならないのでしょうか。。

最初は「絶縁なんてそんな・・・」と思ってましたが、
日を追うごとに、私の中でももう絶縁でもいいから、法定相続分の主張しようか、との考えも出てきてしまっております。。
もう1週間寝付けなく、不眠にも悩まされております。。
どなたか何かアドバイスなどいただけましたらくださるとうれしく思います。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

兄の立場になれば・・・


自分は父の家業を助け 父の資産形成にも大きく寄与してきた。また父母の面倒も見てきた。ところが、父が死んだとたん 今まで家業を手伝うどころか 実家に寄り付きもしなかった妹が出てきて 法定相続分を寄こせといってきた・・
そりゃあ簡単にウンというはずもないでしょう。欲ボケで目がくらんでしまっているのかもしれませんが、まともな人間なら兄の考えは理解できるでしょう。
やはり裁判所で 兄の財産形成寄与分を含め 第三者の目で公正に判断してもらうしかないでしょう。
    • good
    • 0

最近、遺産をめぐる争いが多くなっているようです。


とくに、貴方がたのように兄弟での”争続”が。

お書きの内容からすると、弁護士を入れても話し合いでは無理っぽいですね。
裁判所の審判によるのがいいでしょうね。
なので、まず、裁判所に「遺産分割の調停」の申し立てを行います。
おそらく不調になるでしょう。
そうなったら、裁判官が審判にしてくれます。

二次相続(お母様が亡くなった場合)でももめそうですから、今のうちに解決しておいたほうがいいでしょうね。

参考
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/05/26 20:23

だいたいANo.1さんの回答のとおりなのですが、若干補足を。



亡父が会社経営されていた、ということですが、法人でしたら、会社名義の資産は相続対象でなく、亡父所有の株式が相続の対象です。個人事業主であれば、経営資産が相続の対象ですが、事業に伴う負債(未払金等)も相続対象です。

資産から負債を差し引いた額が正味の評価額となりますので、注意が必要です。評価額0に近い、ということもあり得ます。株式での相続も、会社資産と負債から同様な考え方になります。

負債についてまったく触れておいででないので、コメントしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。。

お礼日時:2014/05/26 20:23

>私はずっと一人暮らしで、実家とは疎遠で、長年貧乏暮らしをしていました。



どういう事情があったのかは知りませんが、親も兄弟もほっぽらかしで交流を断っていたくせに、遺産が思いのほかあったとなると、自分のしたことは忘れて権利ばかり主張する! しょうもない人間ですね、少しは恥を知りなさい。

一銭も入るとは思ってなかったのに、1700万も臨時収入があるのだからいいじゃありませんか。

たんに血縁がある、というだけで、親との係わり合いを考慮せず、一律に法定相続分を認める今の法律には、欠陥を感じます。
    • good
    • 1

>残りの半分の2.5億円を…


>おまえたち妹弟は1700万づつで…

兄弟は全部で何人なのですか。
3人ですか。
3人だとしたら約 8,300万ずつという計算になりますね。

>遺書はありません…

日本語で遺書とは、自殺する人が自殺に至るまでの恨み辛みを書き連ねた文書のことです。
そんなものなくてかまいません。

>それとも案件内容的に、弁護士を雇って数百万をかけるほどの…

兄弟 3人だとして、
8,300 - 1,700 = 6,400万
数百万で済むなら充分おつりがありますね。

>日を追うごとに、私の中でももう絶縁でもいいから、法定相続分の主張しようか…

どうぞがんばってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兄弟姉妹が相続する場合 その2

QNo.3354617での質問の続きとなります。

被相続人に配偶者や子が無く、かつ、直系尊属も既に他界しているため兄弟姉妹が相続する場合において、

被相続人の全血兄弟Aと
被相続人の親が縁組みした養子(血縁関係なし)Bと
被相続人の父親の前妻との間の半血兄弟(養子縁組なし)C
の法定相続分は民法900条4の規定から

全血兄弟A 相続財産の2/5
養子(血縁関係なし)B 相続財産の2/5
半血兄弟(養子縁組なし)C 相続財産の1/5

という理解で正しいでしょうか。
兄弟姉妹の相続の場合、親の嫡出子、非嫡出子が考慮されないとするのでBが全血兄弟と同じとなることには少し違和感があるのですが他に血縁のないBが不利になるような規定はありますでしょうか。

Aベストアンサー

>兄弟姉妹の相続の場合、親の嫡出子、非嫡出子が考慮されないとするのでBが全血兄弟と同じとなることには

 Bは嫡出子になります。(民法第809条)なお、設問ではBは被相続人の親と養子縁組をしているとなっていますが、被相続人の両親と養子縁組をしていないと半血兄弟になります。

Q亡くなった父の弟の遺産相続について 亡くなった父の弟が亡くなり、親族がいない為こちらに遺産が入って

亡くなった父の弟の遺産相続について

亡くなった父の弟が亡くなり、親族がいない為こちらに遺産が入ってきました。
姉は私と姉で半分ずつだと言いますが、私は亡くなった父の妻である母が半分、残りを更に半分にしたのが私たちの相続分だと思うのですがいかがでしょうか。
少なくとも3人で公平に三分の一ずつかと思うのですが、実際の所はどうなのでしょう?
どなたか詳しい方、もしくは同じ経験を持たれる方教えて頂けまないでしょうか?

Aベストアンサー

二人で分けようとして手続しても通らないです。
お母さんの判子が必要ですね。

Q死亡直前に現金贈与と死亡後の生命保険受取で相続放棄(税金)No2

たびたびすみませんが前回(6月19日)の続きの質問です

1.死亡直前に現金贈与(以前より相続時精算課税制度利用中で2500万を超えません)

2.死亡後の生命保険受取で相続放棄
(生命保険非課税枠は使えないのは承知してます。)相続税の基礎控除は使えますよね?

1.2 ともに相続放棄しても他の遺産(土地とか)+(1+2)合計額が相続税の基礎控除枠内(1000万×法定相続人の数+5000万)に収まっていれば税金の必要はないと解釈してよろしいのでしょうか?

申し訳ございませんが ご返答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

他の遺産というのが、他の相続人が受け取る被相続人からの全ての相続財産(相続放棄されているのであればそういう意味と思いますが)、という事であれば、お書きになられている通りで間違いなく、税金はかからない結果になると思います。

税金以外の部分では、#1さんがお書きになられているような点も出てくるとは思いますが。

Q亡くなった父の弟の遺産相続について。 亡くなった父の弟が亡くなりました。親族が居ないということで、私

亡くなった父の弟の遺産相続について。
亡くなった父の弟が亡くなりました。親族が居ないということで、私達の所に遺産が入ってきました。姉は私と姉で半々だと言いますが、私は父の妻である母が半分、更にその半分が私達の遺産相続分だと思うのですがいかがでしょうか?最低でも、公平に三等分した三分の一が妥当だと思うのですが実際の所はどうなのでしょうか?
どなたか詳しい方、もしくは同じ経験を持たれる方、教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

> 亡くなった父
この状態なら、父の親族の遺産には「父の妻」は関係しません。

そういうものと納得するしか有りません。
代襲相続(だいしゅうそうぞく)と言う相続の仕方ので、法律の規定がそうなっているので。
父が相続してその後相続が発生したと考えるのではなく、血縁だけを考える事になるからです。

Q税理士費用について

相続を税理士さんに頼むと、相続額の3~5%の費用がかかると聞いたのですが、例えば、控除を除いた相続額が2億円の場合、5%とすると、税理士さんには一千万円を払うことになるのですか? ご回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>税理士紹介サイトなどで複数の税理士を紹介してもらい、複数の見積もりを出してもらわないといけないですね。

私は司法書士を30年やってます。
士業者はプライドがあります。
見積もりを出させて安い方というお客さんにあったら、そんなら自分でやりなさいと言って見積もりを出さないのが力のある税理士です。
安易に見積もりを出し仕事をねらうのは力が無く生活に困っている税理士です。

あなたは力のある税理士と力のない税理士どちらを選びますか。

税理士と言っても会社の税務が殆どで相続はまれというのが普通です。
ですから税理士によって力量の違いはかなりあります。

仕事がら沢山の税理士を知ってますが報酬については全く分かりません。
会社の顧問契約は競争原理が働き報酬について検討されそうですが現実は信頼関係の方が重視され報酬が問題にされることは皆無です。

まして相続となると競争原理が全く働きません。
報酬の競争以前に正確に相続税をしてくれる税理士を捜すことの方が先決です。

ちなみに私が報酬の値下げを要求されたら仕事自体をお断りいたします。

報酬の安い税理士を捜すなら新規開業で生活に困っている人しかいません。
ただし仕事の質は分かりませんが。

>税理士紹介サイトなどで複数の税理士を紹介してもらい、複数の見積もりを出してもらわないといけないですね。

私は司法書士を30年やってます。
士業者はプライドがあります。
見積もりを出させて安い方というお客さんにあったら、そんなら自分でやりなさいと言って見積もりを出さないのが力のある税理士です。
安易に見積もりを出し仕事をねらうのは力が無く生活に困っている税理士です。

あなたは力のある税理士と力のない税理士どちらを選びますか。

税理士と言っても会社の税務が殆どで相続は...続きを読む

Q亡くなった父の土地 名義変更書類に関して教えてください。相続について

父名義の家があり、母の名義に変更し家の売却をすることになりました。
3人兄弟共に母とは不仲です。そのような事情から母の老後の面倒をみたくなく、売却資金を母の老後資金にあてることには兄弟全員一致で賛成です。
そこで、名義を母の名前にするために、住民票、印鑑証明、謄本を送ってと言われているのですが、母に自宅住所を知られたくないのです。
今まで母には散々迷惑をかけられてきました。やっと疎遠になり平和に暮らしていたのに、母に住所を教えることでまた家族に迷惑が及ぶのが心配です。何か良い方法はありましたら教えてください。

Aベストアンサー

遺産分割協議書の作成と相続登記だね。

合法的に行うなら、質問者や兄弟の方で遺産分割協議書を作成し、登記手続きを行う。
母が協議書を作成するので、質問者兄弟の住民票などが必要になるわけで、作成を質問者兄弟側で行えば母に住所等を知られる事はない。

①母に遺産分割協議書のひながたを作成させて、署名と捺印と捨印をさせて母の証明書類等と一緒に母の家の近くの郵便局留めで郵送させる。
②質問者兄弟が郵便局まで取りに行き、協議書に自分たちの署名捺印をして、必要書類を添えて登記所で相続登記。
③全て完了したら、遺産分割協議書の兄弟たちの住所の部分を表と裏から油性ペンで黒塗りして、差出人住所未記載で母へ郵送。
 できれば消印も母の近所の郵便局になるようにする。
 更に念入りにするなら、黒塗りする油性ペンで住所を書いておくとでまず確実に解読できなくできる。



これでOK。

Q「遺留分を有する推定相続人」と「推定相続人」

民法892条では、「遺留分を有する推定相続人」とあり、一方、同893条等では、それ(遺留分を有する推定相続人)ではなく、「推定相続人」となっているのはどうしてでしょうか(「遺留分を有する推定相続人」と「推定相続人」は「同じ者」なのでしょうか。)。

(推定相続人の廃除)
第八百九十二条  遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。
(遺言による推定相続人の廃除)
第八百九十三条  被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。
(推定相続人の廃除の取消し)
第八百九十四条  被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。
2  前条の規定は、推定相続人の廃除の取消しについて準用する。

民法892条では、「遺留分を有する推定相続人」とあり、一方、同893条等では、それ(遺留分を有する推定相続人)ではなく、「推定相続人」となっているのはどうしてでしょうか(「遺留分を有する推定相続人」と「推定相続人」は「同じ者」なのでしょうか。)。

(推定相続人の廃除)
第八百九十二条  遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったと...続きを読む

Aベストアンサー

推定相続人とは、相続権を有する人全員(親、配偶者、子、兄弟、代襲相続人としての孫など)を指します。

遺留分を有する推定相続人とは、推定相続人の中で遺留分を有する人(親、配偶者、子)を指します。兄弟等は推定相続人ではあっても、遺留分を有する推定相続人には該当しません。

Q亡くなった父が20台程度の駐車場を所有し管理会社と契約をしています。 相続人は母と子2人。 駐車場以

亡くなった父が20台程度の駐車場を所有し管理会社と契約をしています。
相続人は母と子2人。
駐車場以外に自宅があります。

遺産のほとんどが不動産であるため、分割が困難であり、法人化を検討しています。

法定相続する場合と法人化する場合とで費用的なアドバイスをお願いいたします。

参考、仮に土地評価額を駐車場1億円、自宅5000万円でお願いします。

Aベストアンサー

法人化もよいですが、単純ではありません。
相続開始前に法人化したのであれば、株式などの相続としてわかりやすく分割もできることでしょう。

しかし質問ではお父様がすでに亡くなっているとのことですので、まずは、あなた方が一度不動産を相続することとなります。誰か代表者が相続のあと法人化する際に株式で按分するなどとすると、相続手続き後に贈与手卯月となってしまい、相続税を取られ、贈与税を取られるなどと言う流れにもなりかねません。

できることは、法定相続分かお母様が中心に相続し、その相続財産を現物出資として法人を設立することとなります。
ただ、現物出資には、色々な要件や制限があります。現物出資する不動産の評価をどうするかという問題になるのです。不動産鑑定士による評価などが必要となると思いますので、鑑定評価の費用がそれなりに高額となる恐れがあります。費用対効果は人それぞれ判断も異なりますし、不動産の構造・形・状況によって、鑑定費用も大きく変わる可能性もあります。売買相場はあくまでも目安ですし、固定資産税のための評価は、固定資産税課税などのためのものでしかありませんからね。

相続対策(財産を分けやすくなど)と相続税対策(合法的に節税を目指すなど)は話が異なります。専門家も変わってきます。
不動産の権利や賃貸の権利関係・法人の登記などの分野は司法書士が専門家となります。相続税などの各種税金の問題は税理士が専門家となります。
司法書士と税理士では試験の範囲などが大きく違いますので、両方の資格を持った人は少ないかもしれません。その代わり、共同事務所や総合事務所として、複数の資格者が協力し合っている事務所もありますので、そのようあん事務所で相談されるとよいかもしれません。片一方の専門家ですと、もう片方の専門家の紹介などをしてくれると思いますが、それぞれの専門家に説明が必要となったり、それぞれに基本料的な報酬が必要となってしまうことでしょう。一つの事務所で総合的に相談されたほうがスムーズであり安価になりやすいと思います。

素人では、良いところだけ、悪いところを調査しきれずに進めてしまうリスクがあります。せっかく将来を見据えた計画なのに、その結果逆にトラブルや争いの原因になってもいけませんからね。

法人化もよいですが、単純ではありません。
相続開始前に法人化したのであれば、株式などの相続としてわかりやすく分割もできることでしょう。

しかし質問ではお父様がすでに亡くなっているとのことですので、まずは、あなた方が一度不動産を相続することとなります。誰か代表者が相続のあと法人化する際に株式で按分するなどとすると、相続手続き後に贈与手卯月となってしまい、相続税を取られ、贈与税を取られるなどと言う流れにもなりかねません。

できることは、法定相続分かお母様が中心に相続し、その相続...続きを読む

Q遺産相続の対象者

遺産相続する人の連絡先がわからなければ、ほっといてもいいものですか?
例えば、主人の別れた嫁が引き取った子供達です。
子供には相続権がありますが、連絡先が私にはわかりません。
もし主人が死んだ時、そのまま無視していてもいいでしょうか?何が何でも調べないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>子供には相続権がありますが、連絡先が私にはわかりません。

法定相続人の行方不明が7年以上続いているような状況であれば、その法定相続人について生死不明として失踪宣告を申し立てることができます(民法30条1項)。失踪宣告がなされた法定相続人は、最後の音信の時から7年間経過した時点で死亡していたとみなされますから、それ以降であれば遺産分割協議に参加させる必要はなくなります。

(もっとも、失踪宣告された不在者に配偶者や子がいる場合、失踪宣告によって相続が起こりますから、その相続人が遺産分割協議に参加する必要が生じる場合があります。)

生きていることは確実であるが所在不明で連絡が不可能となっている法定相続人がいる場合には、不在者の財産管理人選任を家庭裁判所に申し立てます(民法第25条)。

不在者財産管理人の職務内容は、基本的には管理保存の範囲内で不在者の財産を管理することですが、家庭裁判所の許可を随時得ることで遺産分割の内容決定にも関与することができます(民法第28条)。この不在者財産管理人が本人の代わりに遺産分割協議に参加することで、本人が不在でも遺産分割協議を有効に成立させることができます。

http://homepage2.nifty.com/0466887194/souzoku11.html

>子供には相続権がありますが、連絡先が私にはわかりません。

法定相続人の行方不明が7年以上続いているような状況であれば、その法定相続人について生死不明として失踪宣告を申し立てることができます(民法30条1項)。失踪宣告がなされた法定相続人は、最後の音信の時から7年間経過した時点で死亡していたとみなされますから、それ以降であれば遺産分割協議に参加させる必要はなくなります。

(もっとも、失踪宣告された不在者に配偶者や子がいる場合、失踪宣告によって相続が起こりますから、その...続きを読む

Q不動産の相続について5年前に父が亡くなり母と3人兄弟で預金関係は相続しました。実家は母が住み続け

不動産の相続について
5年前に父が亡くなり母と3人兄弟で預金関係は相続しました。
実家は母が住み続けるので、父の名義のままでも母が亡くなった時に相続すればいいと思っていましたが、万が一母より先に兄弟の誰かが亡くなった時にその子供までも相続手続きに関係してくるという事に気づきました。

今からでも名義は母に変えておいた方がいいですか?

それとも兄弟の誰かの名義にしておくというのは税金上何か問題がありますか?

Aベストアンサー

>母より先に兄弟の誰かが亡くなった時にその子供までも…

そうなりますね。

>今からでも名義は母に変えておいた…

その方が良いです。

>兄弟の誰かの名義にしておくというのは税金上何か…

むしろ現状では、故人宛の固定資産税を母が代理で払っているわけでしょう。
それがこれからは、母宛の固定資産税が母に、あるいは子どもの誰か後の固定資産税がその子どもに来るようになるわけで、これで正常な状態に戻るわけです。

相続税は、その建物だけではなく、5年前に相続した現金類その他あらゆる遺産を合計して、5年前のことなので
5,000万 + 1,000万 × [法定相続人数]
を超えなければ発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

一部の遺産 (家) について名義変更が遅れていたとしても、新たに相続税や贈与税がかかることはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報