28歳女性です。

着付けを習い始めて、ようやく一人で帯まで結んできて出られる段階になりました。
着付けの先生から、『着て出かけるのが一番の上達だから、次回のお稽古からできるだけ着物を着てきてくださいね。』と言われました。私も、着てでかける理由ができるので、できるだけ着たいのですが、私が今持っているのは、袷の着物・黒の名古屋帯•白とピンクの半幅帯・長襦袢(どれもポリエステル)のみなので、夏着物を購入しないといけません。

今、候補に上がったのは、次のような感じです。
1 リサイクル着物(正絹、紺色)2万円(デパート)
2 リサイクル着物(麻、白地に花柄)2万円(デパート)
3 小千谷縮(反物)仕立て代込み5万8000円(呉服屋)
4 綿麻(反物)仕立て代込み3~4万円程度(呉服屋)
5 綿麻(仕立てずみ)3万5千円(通っている着付け教室の関連の和裁士さんのお店)

明日、もう1件デパートを見てみますが、どうしたらよいものか分からないです。
着物の用途はこれと言って決まっていなくて、普段使い、土日に一人で出かけるときに着たいなと思っています。汚したり汗もかくので、気を使わずに着れるものが良いですし、できれば家で洗いたいです。

1は安いけれども、正絹で洗えない(紺なので汗染みはめだたないでしょうけれども)、持っている名古屋帯を合わせられなさそうです。
2もいいのですが、柄があまり好きではないのと、裄が短めです。
3は、少しお値段が高いですし、これにポリの黒名古屋帯をしていいのか?という疑問があります。呉服屋さんは構わないと言っていましたが、小千谷縮=伝統工芸品=高級!というイメージで、ちょっと不安です。
4は、本来は浴衣で、夏着物風に、ということです。
5は、今時の手作りのお店で、カジュアルなものをたくさん売っているお店(水玉の半衿など)で、失礼ですが、モノの質の良さは分からないです。

もし、次のお稽古までに仕立ててもらうなら、もう注文した方が良いので悩んでいます。
みなさんなら、どうされますか??
何かアドバイスなどあればお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.1で回答した者です。



帯にも長襦袢にも、そして半襟や帯揚げにも、夏物冬物がありますよ。

夏物は紗、絽、羅の3種類が基本です。
紗というのは、全体に薄く織目が粗い感じがする布です。
絽というのは、織り目に段のように目を飛ばしたところがあるものです。
羅というのは、布というより網のような感じに見えるものです。
絹かポリかは素材だけの話です。
麻や芭蕉布は夏限定とか、葛や楮のような自然素材は夏から秋と言ったりしますが、絹、綿、ポリは織り方によって季節を変えると思った方が無難です。
ちなみに冬限定もありますよ。ちりめんの「しぼ」と呼ばれる凹凸が目立つものは秋冬の袷シーズン限定と言われます。

夏物は厳密な事を言えば、絽の目を飛ばしている数が少ないものは梅雨時から使うことができ、目をたくさん飛ばしているものや紗と羅は梅雨が明けてから使うとされます。
実際のところで言えば、そんなに区別しないでいいと思います。紋紗といって模様のように薄くなったものは単シーズンから使っていいとも言いますしね。
茶道のようにローカルルールがきっちりと決まっている場であれば、そのルールに従うべきですが、カジュアルに着るなら、さほどこだわる必要はないと思います。

このあたりのルールは「面倒くさ~」と思いますが、実際に着るために合わせてみると納得されると思いますよ。
透け感があって涼しげな着物に、透けない帯とか半襟とかを合わせたものと、透け感がある帯や半襟とかを合わせたもの、並べてみると違和感がなくて涼しげな印象があるのはどちらか一目瞭然です。
この着物には、この帯というルールも同じです。
なかには例外もありますけれど、合わせてみた時に違和感を感じるか素敵と感じるか、それで八割方正しい判断ができます。
着物が日常のものではなくなってしまったので、理屈だけでルールを弄ぶから小難しく感じてしまうというのも大きいと思います。
洋服だって、たとえばスウェットやジャージでホテルのレストランに行く人や、パールのネックレスをジャージに合わせる人はあんまりいないと思いますが、「なぜ?」と言われると答えにくいですよね。そんなものです。

とりあえず、私流の夏冬の区別を書いてみますね。
着付けの先生にもご相談なさればいいと思いますが、一つの参考になさってください。

ポリの長襦袢は暑いです。
麻の涼しさは風通しなので、ポリの長襦袢で下に肌着類を着ていると、なんの効果もありません。
二部式襦袢にするなどの工夫が必要だと思います。
「夏 着物 下着」といったキーワードで検索すれば、色々な工夫をしている方の意見が検索できると思います。

帯は、半幅帯なら、極端に厚手の冬専用、逆に極端に薄手の夏専用以外は、オールシーズン使えます。
昔は博多の献上名古屋はオールシーズン使ったそうですが、非常に粋な着方で「素敵!」と思ってもらうには難易度が高いです。
とりあえずは外出は半幅帯で、お稽古の時に帯を持って行って練習がお勧めです。
1万までで気にいった夏帯が見つかれば、買うことも考えたらどうでしょう。
個人的には、帯はポリよりも、リサイクルやバーゲン品の安物で正絹か、夏物なら麻を買っておく方が使い勝手がいいように思います。

足袋はオールシーズン同じで大丈夫です。
というより、冬用に裏地にネルを使った暖かいもの、夏用に麻で作った涼しいものがありますが、需要が少ないのか滅多に見ませんし高いです。

半襟は目立ちますから季節に合わせている方が、お洒落になります。
真冬は、ちりめんという生地がポコポコしたものがお勧めです。温かみを感じます。
袷シーズンの春先には透け感はない平織りのツルンとした感じのものがスッキリします。秋は平織り、ちりめん、どちらでも大丈夫です。
夏場は絽という小さな穴のあいた感じがするものか、麻素材がお勧めです。
ところで半襟って、小さいくせに高いですよね。ポリでも千円近くするのも珍しくないでしょう?おまけに着物の中で一番の消耗品ですし。
実は半襟は、あまり厚い生地でなければ何を使っても構いませんので、端切れで手作りをする方が安上がりです。
安い帯揚げを半襟として使ってしまうというテもありますし、首の後ろは着物の襟に隠れて見えなくなりますから、そこで継ぐ形にすれば端切れとして売っている生地でも使えます。
綿やポリのものであれば数百円で何枚かできたりします。
夏のものであれば、無地の綿の端切れ半襟を付けたうえに、レース生地を重ねてつけると、非常に高級感と洒落感がでるうえに、お値段も安くついたりします。

帯揚げは色のイメージの方が大きくなりますが、やはり織り方で夏冬の区別はあります。
帯や半襟と違って目立ちませんから大丈夫かもしれませんけれどね。
ワゴンセールやバーゲンで千円、二千円のものがありますから、そちらで気にいった色を揃えるのがお勧めです。
帯揚げも半襟同様に手作りできますが、厚過ぎる素材も薄過ぎる素材も扱いづらいので、結局あまり安くなりません。

帯締めは、あまり安物は買わない方がいいですよ。
安いものだと締まりが悪いんですね。いくつか失敗した物を持っています。
折り曲げた状態で売っていますよね。あの状態で立ててみて、上がお辞儀をしてくるようなら避けた方がいいです。
とは言っても、帯締めの良いものって高いです。
しかも、同じ帯でも帯締めでムードが変えられるので、同じものを着ていると帯締めが欲しくなります。
安上がりにしようと思うと、お勧めなのは三部紐と細紐です。
三部紐は帯留を通して使うもので千円から二千円くらいからあります。こちらは安くてもそれほど弱くないことが多いです。
細紐は安売りの呉服屋さんなんかでバーゲンの帯締めと並んで掛けていることが多いです。私が知っているものでは、安くて三百円、高くて千円です。
下のサイトの物は少し高くなりますが、こんな感じで飾り紐として1.5メートルくらいのものが売っています。
http://item.rakuten.co.jp/kiryudo/c/0000000178/
細いので2本組み合わせて使う方がいいのですが、夏冬問わないうえに、お洒落に見えます。
ただ、帯結びの方法で帯締めで支えるタイプの着付けなら避けた方がいいですね。
仮紐を使ってから、仕上げに帯締めを使うタイプですと大丈夫です。
帯締めには夏用のものもありますが、帯締めの専門店の方に言わせれば、見るからに暑苦しいゴロっとした印象のものや、レース状で明らかにスケスケの印象のものでなければ、夏冬はないというのが元々だそうです。

コートは、真冬にはやはり欲しくなります。
雨コート兼用の物を一枚買うか、洋服用のポンチョを使ってしのぐのがお勧めですね。


着物は長く着始めると、多少の体型変化にはそのまま対応できますし、洋服ほどには流行がないので、長い目で見れば安くつくとも言えますが、一つ一つが高いので最初の出費はバカになりません。
親御さんなんかが持ってらしたら借りるのもいいと思います。
少しずつ楽しんでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます!
正直、めんどくさいと思っていました(汗)
でも、確かに洋服でも生地や色、材質で使い分けていますね。
感覚的に使い分けが出来るようになりたいです。

日曜日に、着物を色々と見に行きました。
今は、リサイクル品が割と良いのかなという感想を持っています。
リサイクルは、買い手の見る目が要求されますが、自分の出せる範囲であればあまり気にしませんし、洋服の古着は嫌ですが、着物のリサイクルはなぜか気になりませんし…。
夏帯も、リサイクルで5000円のものがあったので、それで良いかなと思っています。

小物についても、詳しい解説ありがとうございます。

着物を長く楽しむために、(嫌にならないように)、自分のできる範囲で揃え、着始めます。
身近に聞ける人がいないので、分からないことがあればまたこちらで相談します~!

お礼日時:2014/05/27 09:39

【何かアドバイスなどあればお願いします。



あのね、着付けの先生の言われることは言われることとして正論なのですが、
手持ちの物をもっているなら、着てきなさい・・・・ということに過ぎないのだとおもいます。

なぜなら、着付けを習って、やっと、自分で着る人が、シーズンごとに、フルセット持ってるはずがないでしょう?
昔だってそうです。

晴れ着として持っているだけで、普段から、きもので、過ごしていない以上、季節に合った、あれやこれやを
そろえているはずもなく、だからこその、盛夏のホテルでの正装が袷の振袖、留袖なのですから。

焦らないことです。
習って、慣れた目で、四季を通しての、着物姿を観察してからです。

今買うと、たぶん、どれも中途半端です。

それまでにあなたがどうしてもやらなくちゃならないことがある。
半襟などをちょいちょいと、取り換えるためには、針仕事にまめになることです。

日舞をやっていて、きものもあれこれと、もっている。
当然に、自分で着付けもできるお若い人を落語つながりでいろいろ知ってますが、彼女たちはなんと、’美容襟’です。

別の人は、洗える長襦袢に同じく、ポリの半襟をつけっぱなしでの、丸洗い!だとか。

着物生活を楽しむなら、まずは、針にまめになることです。

それと、小物はほとんどいりません。

半襟は、幅10cmで長さ85cm以上(実際には70cmぐらいでもなんとかなります)あれば、なんでもつけられる。
帯揚げは、反物幅で、長さ150cmもあれば、似合うなら、それで十分。
いまや、スカーフなどで代用が十分可能です。
1000円ぐらいでシルクのスカーフを売ってますし、正方形の物も半分に切って、背中でつないで、面白いものができる。
地味な感じのプリントなんかは面白いですよ。

洋服生地での白の麻・綿麻などで長じゅばんを作れば、重宝します。
何も、反物の、麻にこだわることもない。

図書館で本でも借りて、挑戦してみてください。
難しいことはありません。
全部直線。  ミシンでやってもいい。

本気で着物になじみたいなら、’針’ともなじみになることです。
’万’単位でお金を使うのなら、それ以前に、することがあるはずだというだけのことですが。

今や、’物’よりも’加工’にお金がかかる。
だから、呉服屋さんの言うような、染め替えができる、仕立て替えができる・・・は、ほとんど、嘘に近い。

新しいものより、余分にかかる、実際問題として、新しいものを縫うほうが簡単だから。
つないだり、染め替えしたりすると、元通りにできないことも多いので。

更に、リサイクルものは目利きでないと、難しいです。
見かけ、何ともなくても、絹がくされていて、身八つあたりは汗しみがあるのは普通なのだから。

今回は単衣ということですが、裾回しがすり減っていて、’とりかえろ’というのも多いが、
これも、裾回しを全部張り替えろという。
縫い代を出すということはしないし、言わない。

着物という形は、基本、元の布地を生かすための形です。
だから、いじって、そのままどんどんと、消えてなくなるまで使い切るようになってるのが、
今は、’針’を持たないので、どうしようもなく、当初の’形’を崩すことも、利用することもできないで
着付けをして、呉服屋さんで着物をつくって、それでおしまいになる。

3日かけて縫うなら、3万はもらわないと縫ってもあわない。
染めても、半日かかるなら・・・・以下同様。

私は、自分で縫って、そして、染める様にもなりました。

なるほどな・・・とも思う。
ただ、それでも、昔は、物としての生地がひと財産に近いほどに高いから、手間賃のほうが安かった。
時代劇ではよく、白絹を進物にするでしょう?あれです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

半襟付けは自分でしましたが、襦袢や着物を縫うのはハードルが高いです!すごいです…驚きました。
でも、そうしないと端まで着物を楽しめないということなんですね…

>焦らないことです。
>習って、慣れた目で、四季を通しての、着物姿を観察してからです。

分かりました。
ちょっとずつ、目を養いたいと思います。

着物を趣味にするって、本当に深いことで、一生ものの趣味にできるんだなと知れて良かったです。

お礼日時:2014/05/27 20:10

気を使わずに着れるということでは、ポリのお着物が断然いいと思います。


暑いですが、洗えますし、手入れも楽です。慣れないうちはそれでもいいかと思います。

帯や小物も夏用になりますよ。
ですので、お手持ちの黒の名古屋帯は夏は使えません。

夏着物には6月と9月に着る単衣、7月と8月に着る薄物(絽や紗など)があります。

1から5まで上げておられますが、それぞれどちらなんでしょうか?
綿朝のおきものは、おそらく浴衣風になるので7月と8月用ですね。

小千谷縮は、むしろカジュアルな帯がいいですね。
伝統工芸品であっても、着物の格としては普段着に当たりますので、帯も軽い感じの名古屋帯が合うと思います。

麻は洗えますし、夏は涼しいですが、アイロンがけが必要でメンテナンスが面倒かもしれません。

自分のお好みサイズに仕立てるのは、着物に慣れてからの方がいいかと思います。
自分サイズに仕立てたものは圧倒的に着やすいです。ただ、
もうちょっと、長い方がいいとか短い方がいいとか、着ていくうちに色々好みが出てくるので、それがはっきりしてからの方がいいかと思もしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
1~5は、全て薄物です。

着物辞典を買って勉強中ですが、知れば知るほどお金がかかることが分かりますが、同時に色々着てみたいとも思います。
気軽に買える価格じゃないのがもどかしいところです・・・!

もっと、着物に慣れて、早く楽しめるレベルになりたいです。

皆さん、懇切丁寧に教えてくださって、ありがとうございます。
着物が趣味の方が、こんなにいるとは想像していませんでした。

お礼日時:2014/05/27 20:04

着物を自分で着始めて30年という者です。


初心者だった若い頃はリサイクルやアンティークやプレタもいろいろ着ました。
でも、今残ってるものは、仕立ての着物だけです。
着物ってサイズがないと思ってる方が多いですが、まったくそんな事はありません。
洋服とちがってオーダーが当たり前なのです。
サイズの合わない洋服って結局着なくなりますよね?着物も同じです。
同様に気に入ってる洋服でないと着なくなりますよね?これも同じこと。

そういうわけで3か4をおすすめします。
洋服とちがうのは着物は流行が変わっても帯や小物合わせを変えれば一生でも着られるところ。
また仕立て変えたり染め変えたりリフォームもできるところ。
安いものを数年だけ着られれば良いと考えるのも一つの考え方ではあるのですが、それで2万は安いと言えるのか?
どうしても気に入ったから着たい、そういうものであれば多少サイズの違うものも良いかも知れません。
そうでないなら最初は出来るだけ流行や年齢に左右されなさそうな定番ものをきちんと仕立ててもらうのが良いと思います。
まあ、そうは言っても小千谷縮や綿麻の浴衣ならもっともカジュアルな着物ですから自由な感覚で好きなものを選んでください。

私も最初の夏着物は小千谷縮でした。今でも着てますしお婆ちゃんになっても着るつもりです。
帯はもちろん、長襦袢、半衿、帯揚げも夏用があります。
結局全部揃えないと着られないんですよ。
なので分割にしたりボーナス払いにしたりとなってしまうのですが…

ご参考までの意見でした。
ちなみに長襦袢も着物の寸法に合わせて作ったものが一番ですよ。
最初は贅沢に思うのですが、長年着るつもりなら十分に元がとれますから。
麻の長襦袢は一枚あると夏には本当に重宝です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も、着物はサイズがないと思っていました。オーダーメイドが当たり前なんだと知って驚きました。

良い物を一生という考え方は好きです!なので、いつかは、長襦袢も着物も仕立てたいです。
ただ、まだ着付けを習い出したばかりなので、元を取れるほどに長く着るのか、ちょっと不安なところもあります。仕事があるのでどうしても土日に限られますし、恥ずかしい気持ちが消えないかもしれません…

なので、夏物はとりあえず数千円の本当に安いものにします。
それで、この夏、着物を試してみて、長く趣味にしたいと思ったら、勇気を出して、仕立てたいと思います!
自分が気に入った反物を、自分のサイズに仕立てて、それを来て出かけることを想像するとわくわくします!

お礼日時:2014/05/27 17:44

男ですが、よく着物を着て出かけます。



私は1か2が良いと思います。

着物を着て出かけると、「着物を着て出かける」って意味が分かるようになります。
良い意味でも、悪い意味でも、洋服を着ていたころとは違う世界です。
それと同時に、練習していたころより沢山の情報や知識が入ってきます。
今まで何で見落としていたのかと思うほど、いろいろなものが見えてきます。

慣れてくれば新しいものが欲しくなるのは#1の方と同意見です。
ただ、やはり新しい着物の方を着たくなるのが人の心情でしょう。最初に買ったものはだんだん着なくなります。
ですので、最初は安いものやリサイクルをオススメします。

着物を着るようになって、今よりもっと知識が増えてから、高価なものを仕立てた方が良いです。
それと、雨の日や汚れるかもしれないときに着物を着る場合もでてきます。そういう時のために安いものがると便利ですよ。

あと、正絹でも単なら洗って大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!気づいたらこんなに回答がいっぱいで驚きました。お礼が遅くなってすみません(そのほかの回答者さんも、必ずお礼しますので少々お待ちください。)

着物を着て出かけたいですね~新しい世界を見てみたいです。
今はまだ恥ずかしい気持ちがあります。

色々と買い揃えないことを知り、安い物を買い集めてもそれなりにお金がかかるということに気付きました。
まだ、どのくらいの頻度で着物を着るかも未知数です。着たいとは思っていますが、自然と土日に限られますし、当然ながら着て出られないときもありますし…
それなのに、高い物を買ったり、仕立てるのはもったいないなぁという気持ちになってきています。
日曜日に、何軒か呉服屋さんやリサイクル着物屋さんを回りました。
本当にピンからキリまでですが、リサイクルで手が届くものを買うのが良いかなぁと思っています。

また、袷の正絹の着物で良さそうなもので、柄も割と気に入っているものが2つあったのですが…
お値段は1万5000円の方は総花柄の小紋で裄が少し短く、1万8000円の方は麻の葉柄ので…
リサイクルで、その物が値段に見合うかどうかの見分けの難しさに悩んでいます。

夏物を買わないといけないのに、袷でなんで悩んでいるんだろうかとも思いますし…!

そんなこんなで、夏物は、着物の入り口!としてお手頃な物を選び、着物を定期的に着る習慣がついたら、ちょっとイイものを買ったり、仕立てたりしたいなと思っています。

お礼日時:2014/05/26 23:37

遊びで着物を着ているものです。



3~5の中で、一番お好きなものを選べばよいと思います。
涼しいのは、3の小千谷です。
自分サイズの方が着やすいですから、長く着られるだろうと思うのは、3か4のお仕立てものです。

小千谷縮は確かに伝統工芸品ではありますが、一般に販売されているものと無形文化財になっているものは、製糸方法も織り方も違います。
一般に販売されているものは、ポリでもなんでも気軽に合わせていいんですよ。
色が合うなら、半幅帯でカジュアルに結んだって構いません。

小千谷であれ綿麻であれ、年に1回か、2年に1回くらいは、専門家に汗取りを頼んだ方が長持ちすると思いますが、それ以外は、着た後に陰干しし、何度か着たり汚れたりしたら、基本水洗いで汚れ部分だけを洗剤でつまみ洗いすれば大丈夫です。

着物は着始めると次々と欲しくなります。
ですから、「自分が気にいっている」、「使う機会が多そう」、この2つを基準に選んだほうがいいですね。
「使う機会が多い」というのは、3パターンあります。
決まったシーンだけだけれどもカジュアルなので使う回数が多い、幅広いシーンに使える、上質で長く使える、どれに重点を置くかは、その人次第です。

ご質問から少しそれますが、襦袢や帯は袷用のものではないのか、と気になります。
お稽古に使うなら季節が合ってなくても構いませんが、外に出かけるなら襦袢も帯も夏用のものにした方がいいですね。
何より、ポリの襦袢では暑いと思います。爽竹などであれば大丈夫だと思いますけれど。
また少し先になりますが、秋になれば単も、冬場になればコートなども必要になってしまうのではないでしょうか。
そのことを考えれば、最初は少しでもお値段を抑えた方がいいかもしれませんね。

着物でのお出かけ、楽しんでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
やはり、小千谷縮の仕立ては良さそうですね。
見に行ったときに呉服屋さんが、「お客さんはほっそりしているから、プレタだと身頃(?)が余るでしょう」と言われ、まさにその通りだったので、仕立てたらきっと着やすいんだろうなぁと思っていました。
私の希望は、カジュアルにたくさん着ることなので、涼しさと着たいと思えることを重視します!

帯や襦袢、帯揚げ、半襟などは冬物です。
ポリ帯でも夏物冬物があるってことですか??なんとなく、ポリ帯は一年中同じイメージでした…
小物は、呉服問屋街で安く揃えるつもりです!着なれたら、いつか長襦袢も仕立てたいです。着物は、ちょっと試してみるにはお金とルールがネックになりますね…

お礼日時:2014/05/25 12:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物のお値段教えてください

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が...続きを読む

Aベストアンサー

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫...続きを読む

Q夏の着物を一式そろえるとしたら、単?絽?

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、着物は単がいいか、絽がいいか、です。
6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

帯はどうでしょうか。

ちなみに、着るとしたら、ちょっとしたコンサートや
ショッピング、友だちとのランチなどですが、
もし6月~9月に結婚式があって着物で行くケースが
あった場合のために、付け下げなどにしたほうが
いいかもしれません、その場合のアドバイスなども
お願いいたします。

質問事項が多く、ご迷惑をおかけします。

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単衣は基本的に透けない着物です。盛夏の薄ものは絽や紗で知られるように透け感の強い着物です。
この「透け」の程度が単衣と薄ものを分ける要素ですが、最近は中間的な微妙な透け感の生地が開発されているのです。
透けるような透けないような、まさに単衣と薄ものの中間ですね。
それが変わり織りの夏物です。
他にはごく普段着になりますが綿シルクというものもあります。
名のとおり綿と絹の混紡です。これは自宅で手洗いできるメリットがあります。

また、絽ちりめんや竪絽(たてろ)は昔は単衣の時期と言われましたが、昨今は単衣から盛夏まで通して着られています。
絽ちりめんは絽目のあるちりめんです。竪絽とは、通常の絽が横に絽目が入るのにたいし縦方向に絽目の入った生地です。

以上にあげたものが単衣から盛夏まで着られる着物となります。
まず一枚目としては適したものになると思います。
またごくラフな用途であれば上等の浴衣を着物のように着るという方法もあります。

<6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

これは温暖化の事情もあり判断は人それぞれといったところです。
単衣の時期が前倒しされ5月くらいから着始めるのが最近の事情です。
そして6月でも真夏のように暑い日であれば絽を着る方もいます。
9月も残暑の残るうちは絽を着てかまわないでしょう。ただし下旬にもなれば避けたいところ。
紗は、やはり暑い盛りの着物ですから7、8月の限定にされたほうが、と思います。
普段着であれば麻や夏紬もおすすめしたいですね。
盛夏に単衣を着て悪いとは申しませんが、本当に暑い時期に単衣は着てられませんよ。
しかしフォーマルとなると、昨今は夏の結婚式でも袷を着る方が増えています。
空調のきいた場所であればそれも可能ですね。

<長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

長襦袢は上に着る着物を考慮する必要があります。
正絹の絽や紗を着る場合にはやはり長襦袢も正絹の絽が良いでしょう。
とくに紗の着物は完全に長じゅばんが透けて見えますから気を抜けません。
麻や綿麻、夏紬などかたい着物を着る場合には何と言っても涼しさ一番の麻の襦袢がおすすめです。ほかに綿や綿麻の襦袢もあります。
これらは自分で洗えるのが魅力です。
麻にも絽麻と平織りの麻がありますが、平織りであれば夏以外の暑い日にも着られて重宝です。
下から薄くしてかまわないので単衣にも絽や麻の襦袢を着て差し支えありません。
半襟、帯揚げ、はやはり絽を用います。正絹、化繊、麻や綿麻などあります。着物にあわせて選びます。
帯締めは夏専用のものでなくてかまいません。
暑苦しさを感じない色や太さのものであれば袷と共用できます。
レースなど特別に夏用に組まれたものがありますが、それを使わなければいけないわけではありません。

帯は単衣には袷用の中から薄手のものを選んで締めますが、6月後半ごろからは夏帯に変えたほうが良いでしょう。
盛夏には夏帯です。夏帯とは絽や紗をはじめ素材が夏用に薄く織られたもので、袷同様にフォーマルとそれ以外があります。
ですから着物や場にあわせてどんな帯を締めるか考える必要がありますね。

また、附け下げにした方がよいか紬や小紋にしたほうが良いかは、やはり着る頻度で決めることだと思います。
フォーマルと普段着の共用ができないのは袷となんら変わりません。
普段には着ないからこそフォーマル、なのですから。
ランチやショッピングに着る着物と結婚式の着物は別にすることをおすすめします。

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単...続きを読む

Qリサイクル着物を購入する際の注意点

着物にとても興味を持つようになりました。特に値段の安いリサイクル着物屋で、衝動買いしそうになることがちょくちょくあります。

リサイクル着物を購入する際の注意点や留意点などありましたらよろしくアドバイスください。特に次のようなことはどのように気をつければいいのでしょうか?

1)サイズ:自分の着物サイズをあまり知りません。お店では裄が合って、身丈ぐらいあればOKと聞くのですが、身幅も要チェックでしょうか?

2)価格:袋帯、名古屋帯、小紋、つむぎ(いずれも正絹)ではリサイクルの場合いくらぐらいなら高いでしょうか?またいくらぐらいであれば安い、と思われるでしょうか?皆さんの値ごろ感でお教えください。

3)その他:リサイクル着物(小紋、つむぎ、袋帯、名古屋帯)を購入される際、特にリサイクル着物について新品とは違った留意点、注意点、こだわり点などありましたらお教えください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

着物は大好きでよく着るのですが、リサイクルには恐くて手が出せない者です。
なので上手いアドバイスはできないと思いますが…。

1)サイズ
これはやはり自分の正確なサイズを一度きちんと採寸してもらうのが一番と思います。
誰か和裁のできる人に計ってもらうなどして…。
もし自分の着物を何かお持ちでしたらその実寸を計ってみて下さい。
でも、店先で細部まで物差しを当てて見るなんてのはなかなか出来ることじゃないですよね。
極端に小さかったり大きかったりしないか見ることしかできないですね。
身幅ももちろん自分のサイズに近いに越したことはありません。
昔の着物の場合、身幅もかなり小さく仕立ててある事がよくあります。

2)価格
これは非常に難しいです。価格が品物に見合っているか、それを見分けるのがワザですから。
かなり目が肥えてないとそれが安いのか高いのかわからないと思います。
リサイクルと言えどピンからキリで、いくらなら安いとか高いとか言える事ではないです。
ちなみに私はこの目利きに自信がないため、リサイクル着物に踏み切れません。

3)その他
まずは状態ですね。汚れや色あせがないか丹念にチェックする必要があります。表地だけでなく裏地もです。
あまり古い物だとちょっと引っ張っただけで裂けてしまうような生地の弱ったものがあります。
またカビが出ていないかどうかもチェック。
そのような状態に応じて価格がかなり決まっていると思います。

あとは自分の気に入るかどうかの問題ですが、気に入ったからと少々サイズの合わない物や状態の悪い物を買えば手入れや直しをしないと着れないという事になり、その費用の方がよほどかかってしまうと思います。
また、着物はそれ一枚では着られませんから、長襦袢ともサイズが合っていなければなりません。
この場合、ウソツキという袖がすげ替えられる襦袢を使ったり、袖だけ着物に合わせて作ったりという工夫が必要です。

それ以外はリサイクルだからという事でなく新品でも同じ事で、とにかくたくさん数を見て目を肥やす事が重要です。
着物と帯、小物の合わせ方も洋服の感覚とはかなり違いますからね。
(そこが魅力でもありますが)
また、着物は季節で素材が違いますから、着る季節は必ず確かめてください。
どんなに合う色柄でも袷の着物に夏帯はできませんからね。

やっぱり良いアドバイスが出来なくてすみませんが、入門編としてリサイクルの安価な物で慣れて行くのはいい事だと思います。
できるだけ名の通った信用できる店で買うようおすすめします。

そして出来れば浴衣でもいいから一枚は新品の自分にぴったりサイズの着物も誂えてみて下さい。
あまりの着心地の違いに驚くと思いますよ。

どうか楽しい着物ライフを!

着物は大好きでよく着るのですが、リサイクルには恐くて手が出せない者です。
なので上手いアドバイスはできないと思いますが…。

1)サイズ
これはやはり自分の正確なサイズを一度きちんと採寸してもらうのが一番と思います。
誰か和裁のできる人に計ってもらうなどして…。
もし自分の着物を何かお持ちでしたらその実寸を計ってみて下さい。
でも、店先で細部まで物差しを当てて見るなんてのはなかなか出来ることじゃないですよね。
極端に小さかったり大きかったりしないか見ることしかできないですね...続きを読む

Q小千谷縮の着物について教えて下さい

着物初心者です。夏の着物を持っていなかったので、頑張って小千谷縮の着物を買いました。
今お仕立て中です♪

いざ手に入れてみて疑問が渦巻いてまいりました。

(1)長襦袢について

この着物を買った時に着物に詳しそうなおば様がたまたま居合わせて、「小千谷縮を着る時はレースの長襦袢はやめてね。模様が透けるから。」と言われました。夏用の長襦袢としてポリエステルの紗の長襦袢と、木綿のレースの長襦袢を持っているのですが、どちらも小千谷縮の下に着るのはふさわしくないでしょうか?

買った着物はベージュで、生地は薄くてハンガーにかけると向こうが透けて見えます。お店では茄子紺っていうんでしょうか、渋い紺色の麻の長襦袢を勧められたのですが、経済的に着物だけで手一杯だったので買えませんでした↓
この長襦袢を手に入れるのは来年になりそうなんですが、なんとか今年着物を着たいんです・・・いかがなものでしょう?

(2)帯について

帯は手持ちの博多帯で大丈夫と教えてもらいました。
手持ちの博多帯は献上柄でカラシ色なんですが、ベージュの小千谷縮に合うと思われますか?
ちなみにお店では紺のざっくりした帯を勧められました。もちろん経済的に無理でした↓

(3)着ていける場所について

小千谷縮に博多帯を締めるとどの程度の場所まで出かけて大丈夫でしょうか?ホテルのレストランなどはいいんでしょうか?


たくさん質問してしまい、申し訳ありません。
本当は購入したお店で質問したかったのですが、長襦袢と帯の購入を断るのに必死だったもので・・・

どのような事でも結構ですので、是非アドバイスをよろしくお願いいたします。

着物初心者です。夏の着物を持っていなかったので、頑張って小千谷縮の着物を買いました。
今お仕立て中です♪

いざ手に入れてみて疑問が渦巻いてまいりました。

(1)長襦袢について

この着物を買った時に着物に詳しそうなおば様がたまたま居合わせて、「小千谷縮を着る時はレースの長襦袢はやめてね。模様が透けるから。」と言われました。夏用の長襦袢としてポリエステルの紗の長襦袢と、木綿のレースの長襦袢を持っているのですが、どちらも小千谷縮の下に着るのはふさわしくないでしょうか?

買った着物はベ...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

小千谷縮はいいですよね。
私も、最初の夏着物は小千谷でした。その後、他にも色々と買ってしまいましたが、涼しさと雰囲気の良さに、結局、最初の小千谷を一番着ています。

(1)長襦袢
透けるので、かえって遊ぶのもありなのですけれどね。
私は、無地の小千谷の下に、柄のある長襦袢を着たりしています。
襦袢が団扇で、帯が流水の雰囲気で、半襟にホタルがいたりして、ホタル狩り~とか。自己満足の世界ですけれど。
ただ、確かに良く透けますので、レースなどが見えると暑苦しく感じる人もいらっしゃるようです。あと、いかにも「下着」に思えたりとか。
ポリエステルの紗と、木綿のレースですと、とりあえずポリエステルの紗を合わせておかれては、どうでしょう?少し暑いかもしれませんが、木綿でも、あまり変わらないと思います。麻の涼しさは、麻同士を合わせてこそのものです。
質問者さまの思っておられる通り、麻の襦袢は来年以降の目標にして、まずは紗の襦袢で楽しまれたら良いと思います。

(2)帯
ベージュの小千谷に、辛子の博多、綺麗ですね。同系色ですから、夏場には涼しい雰囲気でいいと思います。
帯揚げとか、帯締めを、濃紺や深緑にするとか、朱赤を効かせるとかしても、素敵な感じがしますね。

(3)着ていける場所
柄にもよります。小千谷と言っても、訪問着になっているものもありますし、そういうものは、それなりの場所まで大丈夫です。
もともとは麻ですのでカジュアルの部類だそうです。紬と同レベルに考えれば良いと聞きました。
ただ、最近は「着物」というと本来の格より1ランク2ランク高く受け止められる場合が多いので、礼装を求められる場でなければ、小千谷に名古屋帯だと大丈夫なようです。
知人でホテルで働いている人によると、二枚歯の下駄だと、断りこそしないけれど良い気はしないけれど、草履をはいていて、お洒落に結んでいるなら半幅帯でも違和感はないよ、と言われましたね。


ご質問にはありませんが、お手入れについて、少しだけ。
夏の着物は、どうしても汗が付きます。
1シーズンが終われば、汗とりを呉服屋さんに頼まれた方がいいと思います。
小千谷は自宅でも十分洗えますが、やはり技術が違うのか、仕上がりの美しさが違います。
シーズン途中で汚したり、汗をかいたと感じる時には、自宅での水洗いで充分です。ただ、吊るしておくと、陰干しでも、あっと言う間に乾きます。私は、最初に洗った時に、30分ほどして見に行くと、ほとんど乾いてしまっており、あわてて霧吹きをして手のしをするという、わけのわからないことをしてしまいました。

ぜひ、楽しんでくださいね。

遊びで着物を着ている者です。

小千谷縮はいいですよね。
私も、最初の夏着物は小千谷でした。その後、他にも色々と買ってしまいましたが、涼しさと雰囲気の良さに、結局、最初の小千谷を一番着ています。

(1)長襦袢
透けるので、かえって遊ぶのもありなのですけれどね。
私は、無地の小千谷の下に、柄のある長襦袢を着たりしています。
襦袢が団扇で、帯が流水の雰囲気で、半襟にホタルがいたりして、ホタル狩り~とか。自己満足の世界ですけれど。
ただ、確かに良く透けますので、レースなどが見えると暑苦...続きを読む

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q【着物】色無地を買ったのに「小紋」?

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを聞いた私は「え!?色無地じゃないの?」とビックリしてしまいした。
そこでオバ様店員に色々と聞けば良かったのですが、怖くて何も言えず。。

この色無地はわりと地味な色(カラシ色)なので念のため姉からも着物を借りてみようと思い、姉宅に行った際に色無地の端切れを持参して見てもらったのですが、姉も「一瞬小紋かと思った」と言っていました。

この色無地は着付け教室に通っていたときに呉服屋見学に行きその呉服屋で「色無地」として買ったものです。

気になったのでその色無地の端切れに書かれていた「柿本市郎」という名前でネット検索してみたら私が買った色無地とほぼ同じタイプの色無地がありました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yumekimono/m-0009.html#

布のアップ写真のように少し明るい色(白っぽい)糸で梅などの花がところどころに入っています。
このサイトでも色無地としてでているので私が買ったものも色無地だと思うのですが、これを小紋と思われる方も多いのかな?と思ったのでこちらで質問させていただきました。

一応姉から借りた付け下げがあるのでそちらを着ていこうか色無地にしようか迷っています。
仮に、この色無地に1つ紋を入れて結婚式などに出席したら小紋を着てきたと思われる可能性もあるのかなと不安なのですが。。

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。25年ほど和装の道にいる者です。
写真を拝見しました。これは色無地です。
見る人によっては小紋に見えるかも知れません。
でも、いわゆる友禅や型染めによる染め技法でほどこした柄付けではなく、縫い取りという手法で織り込んである柄です。
ですから厳密に言うと「色無地」です。
そのオバ様店員の無知かそそっかしさか、ごきげんでも悪かったのか…とにかく気にすることないです。
色無地としては上等の品ですから紋を入れて上等の袋帯を締めればお友達の結婚式に堂々と着て結構です、
「それ小紋じゃないの?」という人がいたら「色無地なのよ」と教えてあげましょう。
ただし、会場によっては色無地では地味に映ってしまう場合もありますので、披露宴の格やほかの列席者とのバランスがとれるようできるだけリサーチして色無地か付下げか決めてください。

Qたんす屋で着物を買ったことありますか?

着付けを習いはじめました。着物は母からのお下がりしかありません。で、”洗える着物”が一枚あると便利だよ、と聞きますので、購入を考えています。着付けの先生に相談するときっと自分の教室の経営する呉服屋を紹介されるので、相談はしていません。
ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
近頃は、デパートでも売っているようなのですが、安いものでいいので、ネットで調べてみると、”たんす屋”というお店があることを知りました。浅草まで行ってみようかと思っていますが、実際、どうなんでしょうか?古着がほとんどで、新品はあまりない…とか。
たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出かけにはもってこいです。

>教室の経営する呉服屋を紹介される
あはは。
賢いですね。
そうです、おっしゃる通りですよ。

ほとんどの着付け教室は呉服屋さんとつながっていますから。

呉服屋さんの売値+教室(または先生)のリベート=質問者さまの購入金額

ちなみに私も暇なとき、たま~に教室の助手に入ってますが、その教室の出の呉服屋から言われますよ

「先生と同じ金額にしときますよ。」って。
生徒さんより確かに若干安い金額提示されます。

>ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
はい。
一番間違いの無い買い方です。
色や手触り、柄の見え方など、ネットの画像とまるっきり同じなんて
まずみかけません。

ネットで「こういうのがいいいな」というものを見つけて、実際に取り扱っている店舗に行く、という手もあります。
撫松庵などはデパートや問屋、小売にもおろしていますね。

>安いものでいい
もちろん、安いにこしたことはありませんが、一部外国製の粗悪品を販売しているお店もありますので、あまりに安いようなら少し気をつけてみてくださいね。

たとえば、袖幅、肩幅、おくみ幅が左右で違う。
背中心でたたんでも、襟先の位置が違う。
片方だけ八掛がついてなかった。など・・・

>古着がほとんどで、新品はあまりない
古着率はそのときのそのときの在庫状況によりますよ。

>たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。
一度だけお付き合いで伺ったことがあります。

正直言って、あまりお奨めできるような商品はその時はなかったように記憶しています。

ただ、現在は去年の大型呉服屋の連続倒産の連鎖倒産によって、
ポリでもまともな商品(たとえば東○のシル○ールなんか)も色々なリサイクル店に新古品として流れていることもありますので、そういうのを見つけられたら、ラッキーです。

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出か...続きを読む

Q着物が趣味な人

お着物が趣味という方がいらっしゃると思うのですが、だいたい、何着ぐらいお持ちですか?また、どういうとき、どういう場にそのお着物を着てでかけるのですか?
お着物にはだいたいいくらぐらいかけていますか?
着物の楽しみ方に詳しい方がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

 着物にすっかりハマってしまって、今や着ること目的よりもコレクションの域に達してる気がします。
最近はお出かけにも着物を着たりする機会が増えたことが拍車をかけています。
友達とのお食事、観劇、お茶会、美術館、京都へのお出かけ、お買いもの。。。
着物を着る機会は自分で作ればいくらでもあります。
私は、帯と着物をたいていそれぞれ別で気に入って買うことが多いので、帯は100本以上、着物も、琉球、久米島、読谷、大島、牛首、黒黄八などの紬から京友禅、加賀友禅、伊勢型小紋、小石丸などこちらも100着ほど持っています。正直、着る機会がこの先どれだけあるのかと思いつつ、きりがありません。もう、置き場が無くなったので、この先は買わないと決めました。
でも、着物を着るととっても幸せな気持ちにさせてくれるので嬉しいです。
リサイクルショップなどで買うことははほとんどありません。こちらは私のちょっとした拘りです。
でも、正直、こんなにいりませんからね。普段ちょこっと着られる方ならこだわりの訪問着、お洒落な紬、軽めの小紋、お洒落な小紋、色無地、夏もの、単衣、道中着これに、洗える着物が1枚あれば便利だと思います。帯は、それぞれに2~3本あればいいのですが、最近は両面使えるものなども多いので、うまく買うとそれぞれを生かして締めることができるでしょう。

 着物にすっかりハマってしまって、今や着ること目的よりもコレクションの域に達してる気がします。
最近はお出かけにも着物を着たりする機会が増えたことが拍車をかけています。
友達とのお食事、観劇、お茶会、美術館、京都へのお出かけ、お買いもの。。。
着物を着る機会は自分で作ればいくらでもあります。
私は、帯と着物をたいていそれぞれ別で気に入って買うことが多いので、帯は100本以上、着物も、琉球、久米島、読谷、大島、牛首、黒黄八などの紬から京友禅、加賀友禅、伊勢型小紋、小石丸など...続きを読む

Q道行、コート、羽織について

桜の散る頃に脱いで、楓の色づく頃に着るという
慣わしがあると思うのですが
具体的に言うと
11月から4月上旬までは
道行またはコートを着て
帯を隠すというのがマナーなのでしょうか?
それ以外の
5月から10月までは帯付き姿でも良いのでしょうか?
単に寒いから着るものかと思っていましたが
わきまえないと、「帯び付き」という揶揄が
背後から来るそうなので
教えていただきたいです。

また、羽織はカーディガンのようなものといいますが
洋装では、コートの下にカーディガンも有りですが
和装では道行きやコートの下に羽織は有りなのでしょうか?
厚着になってしまい、変なきもします。

帯び付き姿の時に羽織るもののようなイメージです。
結構着物は暑いので、夜とか少し冷えたけれど
春だし、コートまではいかないでしょう、と言う時に
羽織る感じで良いのでしょうか?

どなたかアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
きちんとめの小紋に無地の一つ紋の羽織を着れば、服装を整えた感がでます。
アンティークの着物のお店で、夏生地の黒紋付の羽織を見かけることはありませんか?
これなどは明らかに防寒の役割ではありませんよね。

また、同じ小紋に友禅の絵羽の羽織を着れば、お正月やちょっといいレストランへのおでかけに。
小紋の羽織ならば普通のおでかけ着です。
これらは「ただのおしゃれ」の用途です。

ご存知のようですが、洋装で言うなら道行きはコート、羽織はジャケットやカーディガンです。
道行きは汚れを防ぐために着るものなので、よそのお宅に伺うなら玄関前で脱ぎます。
これは洋装でも同じことですね。
コートを着たままお座敷に座りません。
反対によそのお宅の応接間で、勧められてもいないのにジャケットを脱ぐ人がいますか?
そんなことをしたら、「この人なんだか馴れ馴れしい」って思われてしまいます。
ビジネスマンならお客さんが訪ねてきたら、スーツの上着を着て、ボタンを留めてから応対するのと同じです。

羽織や道行きもやはり季節のものがあります。

真夏は紗や絽などのシースルーの生地で単衣仕立にします。
4~5月、9月終わりから10月半ばは、夏生地以外で単衣仕立てにします。
秋から冬は透けない生地を袷仕立てにします。
さらに真冬には綿入れ羽織にもできます。
これは真綿をごく薄く入れたもので、ほんの少しふっくらしてあたたかいのです。
鹿の子絞りの羽織も空気の層ができるせいか、すっぺりした生地の羽織よりもあたたかいものですよ。

秋から春に帯付では・・・というのは、季節的に寒々しく見えておかしい、ということではないかと思っています。
洋服でさえ、寒い季節にコートを着ずに歩いていたらみすぼらしく見えます。
季節感を大事にする和装ならなおさらだと思いませんか。

おっしゃる通り、桜の季節、日差しが明るくなったら帯付で十分なのですが、
個人的にはGW前までくらいは薄いストールくらいは羽織った方がかっこいいと思っています。
洋服ならUネックのワンピースに春っぽいカーディガンでも体感は寒くないけど、
首周りがでていると寒々しく見えて物足りないので、ストールやスカーフをふわりとあしらうかんじ。

私の場合、単衣羽織や夏羽織は自分の楽しみですね。
だっておしゃれしたいんだも~ん!というワケです。
真冬にミニスカートの裏にカイロをたっぷり貼ったり、真夏に純白の編み上げブーツをはく若い女の子と変わりません。
もちろん暑いものを我慢して羽織を着たりする必要はないのです。
でも少しくらいなら我慢して、自分が素敵に見える(と自分が思う)格好をしたいだけなのです(^^;)ゞ
そんなことありませんか?

ここ5年ほどの間に羽織の人気も盛り返してきて、素敵な羽織紐なんかも手に入りやすくなりましたよね。
うれしいことです。
あとは羽裏なんかの種類が増えてくれればいいんですけど・・・。

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
き...続きを読む

Q夏は襦袢をどのような種類にすればいいんでしょうか?!

夏は襦袢をどのような種類にすればいいんでしょうか?!

着物初心者の35歳女性です。

じつは最近着物にはまってしまい、いろいろ買い集めて楽しんでおりましたが、夏に向かうにつれ、襦袢に悩みはじめました。

汗をかいても洗えるものがいいので、ポリか麻にしようと思っているのですが、上着も洗えるポリにしようと考えています。
そうすると、

絽や紗の上着(ポリで白っぽい)の下に着る襦袢は

(1)ポリの普通の襦袢


(2)絽のポリの襦袢

(3)麻の襦袢

(4)肌着・裾よけのみ

のどれがよいのでしょうか?!

(1)については、ポリの上着にポリの襦袢だと静電気が凄くて着られない、と聞いたことがありますが本当ですか?

(2)については、(1)の静電気に加え、下着が透けないか不安です(裾よけなしで着た場合。それとも夏でも裾よけを身に着けるのでしょうか?!)

(3)については、冬に裾よけにウールのものを巻いたら皮膚がちくちくして真っ赤になってしまい、そのままウール裾よけはたんすの肥やしになっているくらいに敏感肌なので、麻の肌触りが心配です。また麻は洗っても大丈夫なのかも心配です。

(4)については、浴衣と同じく下着にキャミソールだけで着てもいいのかな?と思ったりするのですが、それではあまりに下品と思われるのでしょうか?

どなたか、夏も着物をお召しになる猛者の方、初心者の私に情報を下さい!!

宜しくお願いします!!

夏は襦袢をどのような種類にすればいいんでしょうか?!

着物初心者の35歳女性です。

じつは最近着物にはまってしまい、いろいろ買い集めて楽しんでおりましたが、夏に向かうにつれ、襦袢に悩みはじめました。

汗をかいても洗えるものがいいので、ポリか麻にしようと思っているのですが、上着も洗えるポリにしようと考えています。
そうすると、

絽や紗の上着(ポリで白っぽい)の下に着る襦袢は

(1)ポリの普通の襦袢


(2)絽のポリの襦袢

(3)麻の襦袢

(4)肌着・裾よけのみ

のどれがよいのでしょうか?!
...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。どうもお返事をありがとうございます。
再度のご質問にお答えします。

美容衿をつけて長襦袢を着ているように見せかける方法ですね。
結構と思いますよ。近年皆さんよくやられている着方です。
ただし着物風をねらっての着方なので、いかにも浴衣というものでなくそういう着方に向いたものを選んでください。
きれいに着るコツとしては美容衿をただ付けただけだと半襟が浮いてしまいますので浴衣(着物)の衿の中心(衣紋の部分)だけ縫い付けておくと良いです。

私がよくやるのは衿幅の広い肌襦袢を使用してその肌襦袢に半襟をつけて長襦袢を省略する方法です。
このようなものです。http://item.rakuten.co.jp/asanoya/0603-094/
そして麻地のうそつき袖を作って浴衣や肌襦袢の袖に袖山のところで縫い付けてしまいます。
こうすると振りから襦袢袖がのぞいていかにも長襦袢を着ているように見せることができます。
こんなサイトもあるので参考にしてみてください。和裁の知識がなくてもこれくらいは作れます。
http://www.ojara.sakura.ne.jp/kimono/tips/usotuki/002.html
このサイトでは白い布をつけていますが私はつけません。そのまま縫いつけます。
夏物の場合は軽いのでそれで十分です。
もちろん美容衿を使う方法も手軽で良いと思いますが、この方法だとより自然な感じの着上がりになります。
ただし衿は絽のものを使用してください。袷用の塩瀬などは夏向きではありません。

これも個人的意見になるのですが、浴衣や夏紬の場合は絽塩瀬よりも麻の半襟が見た目にも涼しげですよ。
麻は洗えるので、洗う際に取り外さなくても長襦袢や肌襦袢につけたまま洗うことも可能です。

さて浴衣を着物風に着た場合のTPOですが、夏の昼間のお出かけ着という位置づけで考えるのが良いと思います。
ショッピングやランチやお茶のお稽古など。
夜は浴衣として着る場合と同様の場やごくラフな場までですね。
たとえばホテルのレストランだとか歌舞伎見物など、セミフォーマルに傾いた場には向かないと思います。
浴衣自体の高級感などが着る場を左右するのは普通の着物と同じです。

こんばんは。どうもお返事をありがとうございます。
再度のご質問にお答えします。

美容衿をつけて長襦袢を着ているように見せかける方法ですね。
結構と思いますよ。近年皆さんよくやられている着方です。
ただし着物風をねらっての着方なので、いかにも浴衣というものでなくそういう着方に向いたものを選んでください。
きれいに着るコツとしては美容衿をただ付けただけだと半襟が浮いてしまいますので浴衣(着物)の衿の中心(衣紋の部分)だけ縫い付けておくと良いです。

私がよくやるのは衿幅の広...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報