ベンゼン環などの化学構造図を作図できるフリーソフト。
どこかにありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

rei00 です。



すみません。先の回答に参考 URL を入れるのを忘れてしまいました。下にのせておきます。

このペ-ジの「Download Free Software!」と書かれた下の青枠中の「ISIS/DRAW」を選択して下さい。後はライセンスの確認と必要事項の記入を行なえば,ダウンロ-ドのペ-ジへ移ります。下の方に日本語版がありますのでダウンロ-ドして下さい。

参考URL:http://www.mdli.com/cgi/dynamic/welcome.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「HELP」が英語なのでいまいちわかりませんが、
なんとかやってみます。
先日に続きありがとうです。

お礼日時:2001/06/08 00:04

academic use という条件がつきますが,「ISIS/DRAW」というソフトがあります。



Windows 版,Macintosh 版ともあり,日本語版もあります。MDL Information Systems(参考 URL)からダウンロ-ドできます。

このソフトに関する情報は「インフォシ-ク」等で「ISIS/DRAW」等で検索すれば多数出てくると思いますが,市販品であれば「ChemDraw」,フリ-ソフトなら「ISIS/DRAW」と言っても良いぐらいのソフトで,研究者の間でも普通に使われています。
    • good
    • 0

TeX 関連でしたら,ChemTeX というのがあります.


http://ipccext1.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/te …
私は TeX はほとんど毎日使っていますが,
ChemTeX は自分では使ったことがありません.
    • good
    • 0

マック用だそうです。

(内容未確認)

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/mac/edu/se052663.html

この回答への補足

すいません。
Win版のを探しているんです。

補足日時:2001/06/06 12:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記

ベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記述は正しいのですか?

Aベストアンサー

「何の」反応性なのかがありませんがまあ概ね正しいのでは.
「求電子置換反応に対する」反応性は低下します.
「酸化反応に対する」反応性も低下します.

Qベンゼン、ベンゼン環のハロゲン化について

質問1
比較的容易にベンゼンにハロゲンを付加させることができますよね
そうするとハロゲンが付加された物質ができますよね
(例:臭素を付加させれば 1-ブロモベンゼン)

この状態で放っておくと、どうなるのでしょうか?
次々とハロゲンが付加していくのでしょうか?
(例: 1-ブロモベンゼン から 1,2-ジブロモベンゼンへ さらに 1,2,3-トリブロモベンゼンへ)


質問2
比較的容易にフェノールへハロゲンを付加させることができますよね?
(例:臭素を付加させれば 2.4.6-トリブロモフェノール)

ここで質問1の反応と共に考えてみたのですが
もっと一般的に
「ベンゼン環を持っている物質には、ベンゼン環にハロゲンを付加させやすい」
(ベンゼンやフェノール以外でもベンゼン環をもってさえいれば、そこにくっつけられる)
と言えるのではないかと考えたのですが、正しいでしょうか?

↑(もちろん例外はあるにせよ、そういう傾向があるのではという意味です)

Aベストアンサー

そもそも大きな事実誤認があります。
ベンゼンに臭素や塩素を混ぜても反応は起こりません。通常、鉄やその塩類を加えれば反応は進みますが、付加ではなく置換です。1-ブロモベンゼンは臭素が付加したものではなく、ベンゼンのHがBrで置換されたものであり、反応の際にHBrも発生します。
反応条件によっては2個目、3個目のBrが置換する可能性はありますが、その反応は進むにくいです。

フェノールの反応性が高いのはヒドロキシ基の効果です。


>「ベンゼン環を持っている物質には、ベンゼン環にハロゲンを付加させやすい」
大間違いです。高校レベルで言うならば、アルケンやアルキンとは異なり、ベンゼン環をもつ物は付加反応を起こしにくいと教えますし、実験的にもそれが正しいです。そうした付加反応を起こしにくいことが芳香族化合物の特徴です。

なお、あなたは芳香族化合物の置換反応を付加反応と誤解していますが、置換反応にしてもそこまで単純ではありません。その反応性などはベンゼン環上にどのような置換基があるかによって異なります。

Q有機化学 環構造の不斉炭素原子

環構造の不斉炭素原子はどのように決めるのでしょうか?
環構造を形成する炭素原子が奇数個の場合は下の写真のようにわけて、R1≠R2≠R3≠R4なら赤丸の炭素原子が不斉炭素原子であるといえる、と理解しているのですが(間違っているかもしれません)、炭素原子が偶数個の場合はどのように炭素のうでを分ければいいのでしょうか。(偶数個の場合は奇数個の場合と違ってある炭素原子の向かいには必ず炭素原子がありますよね)

Aベストアンサー

着目している炭素 (この図だと赤丸をしてあるやつ) から, R1~R4 を 1つずつたどって並べていってください. その中に同じものがあれば不斉ではありません.

ただし「分子不斉」には未対応.

Qベンゼン環の側鎖の酸化

C6H5-CH2-CHOという化合物を酸化したら安息香酸ができるとある問題集でありました。
これはベンゼン環にモノ置換体の-CH2がついていたら、それを酸化すると必ず安息香酸ができると考えるのでしょか?

僕は間違って生成するのがC6H5-CH2-COOHとアルデヒド→カルボン酸だとしてしまいました。
なぜなら、C6H5-CH2OH → C6H5-CHO → C6H5-COOH
という反応を習ったからです。これとは違うのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これはベンゼン環にモノ置換体の-CH2がついていたら、それを酸化すると必ず安息香酸ができると考えるのでしょか?
そうです

仮にC6H5-CH2-COOHが生成したとしても、結局安息香酸になってしまいます。


これを防ぐには、過マンガン酸orニクロム酸カリウムなどの強力な酸化剤ではなく、もっとマイルドな酸化剤にすることです。まあ、大学受験レベルでは問われないと思いますが

Qベンゼン環は(ネットで調べると)多くの薬や多方面の化合物として有用なよ

ベンゼン環は(ネットで調べると)多くの薬や多方面の化合物として有用なようですが、あの六角形が、どうしてそんなに有用であるのか、その理由をご説明いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ベンゼン環が有用なのではなくて
有機化合物の多くがベンゼン環構造をとるからです。
有機化合物は脂肪属化合物と芳香属化合物に別れますが
芳香属化合物はベンゼン環を含んだ化合物です。
そして薬品は基本的に有機化合物ですのでベンゼン環ばかりになります。
また薬の薬理作用はベンゼン環の側鎖に依存するので
ベンゼン環に有用性があるわけではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報