人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私には55才になる父がいます。

私自身は20代半ばの女で彼氏と同棲しており、両親は離婚しているので父は今1人で隣町に住んでいます。

二年前に実家で飼っていた犬が死んでしまいその辺りから異常に父の事が心配でたまらなくなりはじめました。
月三回位は実家に帰りますが、ラインをして既読にならないと倒れていないかとか、事故にでもあっているのでは…と他の事が手つかない位心配です。
もし父が死んでしまったらどうしよう、そこまで考えてしまいます。
以前余りに心配で何度もメールをしたり電話をしてしまい、父に怒られたので今は何とか抑えて時々ラインを送る位です。
でも毎日元気にしてるのか心配で、落ち着きません。
彼氏には結婚しないかと言われていますが、他県に住み父と離れてしまうのが恐く決断できません。
元々父子家庭で、父のことが大好きですがここまで心配することはありませんでした。

異常ですよね…どうすれば親離れ(?)できるのでしょうか…。

長文で支離滅裂な所もありますがアドバイス頂ければと思います。

皆様にアドバイス頂きたく投稿しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

じじいの一人暮らしです。



>異常ですよね…どうすれば親離れ(?)できるのでしょうか…。

確かに親離れ出来ていませんね。

昔は医療設備や栄養事情も悪かったので、40代、50代で亡くなる方も多かったでしょうが

現在は医療設備も発達し、豊かになって栄養事情も良くなって80才、90才まで生きる方も珍しくありません。

あなたのお父様が55才と言うことであれば、まだまだ健康に気を付けさえすれば後20年は心配しなくても大丈夫だと思いますよ。

まだまだ娘に心配されたくない年でもあります。

私にも娘が遠くに住んでおり、年に1度は帰って来ますがたまにメールすれば、「元気だよー。」って返事が来る程度です^^;

また犬を飼い始めるとか、持ち家でしたら庭に野菜を植えるとか、生き物と係る事は生きる張りに繋がります。

今度実家に帰る時、そんな事を提案されてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体調を崩しており、お礼が遅れてしまいました。
有り難うございます。
そうですよね今の世の中55才ってまだまだそこまで心配する年でもないのですよね…
何か趣味を持ってもらうのはいいかもしれません!
今度提案してみます。親切にありがとうございました。

お礼日時:2014/06/15 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすぐ病気なのではと心配してしまいます

20代です。数年前に母を癌で亡くしました。それ以来、「病気」というものに過敏に反応してしまいます。少し体調に変化があったり、調子が悪くなると「すごく重い病気なのではないか?」と心配でたまらなくなるのです。たとえば、胃の調子が少し悪いと、「胃炎?胃潰瘍?・・もしかして胃がん?いや、実は膵臓とか別の臓器が悪いのでは?」と考えだしてしまい、収拾がつかなくなります。心配なときは病院には行くのですが、調子が悪くなるたびに病院に行っているときりがない気がします。それに一人暮らしなこともあり、「寝ている間に死んでしまったら?」と考えて不安になります。母が夜中に寝たまま亡くなったことが頭から離れていないのだと思います。まったく気にしないのもまずいとは思いますが、そんなことばかり考えてしまって、なんだかいつもいつも病気のことばかり考えてしまう気がします。
そして、考えてしまうようになってからは、「病は気から」の文字通り体調が悪いことが多いです。
病院にもよく行くほうだし、薬もよく飲む方だと思います。
でもみなさん普段はそこまで病気のことばかり心配していませんよね。
どうしたら病気をそんなに心配せずにすむのでしょう。
それともみなさんも実は病気のことばかり心配しているのでしょうか?
自分でも過敏に反応しすぎだとは頭ではわかっているのですが・・。
家族や彼氏を見ていると、めったに病気のことなんか考えてないし、体調が少し悪くても「寝れば治るから」ですましているようで、私だけ心配しすぎなのかなと・・。
どういう心持ちでいたらいいか、どうすればいいか、などもしアドバイスがあれば教えてください。

20代です。数年前に母を癌で亡くしました。それ以来、「病気」というものに過敏に反応してしまいます。少し体調に変化があったり、調子が悪くなると「すごく重い病気なのではないか?」と心配でたまらなくなるのです。たとえば、胃の調子が少し悪いと、「胃炎?胃潰瘍?・・もしかして胃がん?いや、実は膵臓とか別の臓器が悪いのでは?」と考えだしてしまい、収拾がつかなくなります。心配なときは病院には行くのですが、調子が悪くなるたびに病院に行っているときりがない気がします。それに一人暮らしなことも...続きを読む

Aベストアンサー

すみません、極端な言い方をします。人間は病気では死なない、全て寿命で決まる。大病をしようが、生死を境にする事故に遭おうが、寿命があれば生き残る。と私は気持ちの中で思っているものですから、多少の風邪や痛みには耐えてしまうんですね。そうすると2~3日で復帰できるんですわ。まあ多少病院の薬とかには頼りますが、基本的には自己回復力に任せます。病気なんて血を吐いたりとか、余計な所で出血しなければ大丈夫。なかなか死なないものですよ人間なんて、自ら命を絶たなければね。

Q親が死ぬことについて不安を感じています。

最近親と死別することが怖くてたまりません。

といっても、両親は40代半ばで、まだまだ働き盛りです。

しかし、父親には先天性の心臓疾患があり、母親は最近病院で頻脈気味だと診断され、健康だとは云いがたい状態です。

死ぬような年齢ではありませんが、二人とも心臓疾患がありますので、知らないところで突然死する可能性を意識してしまいます。
そう考えると、今すぐにでも別れが迫っているような心地がして、涙が止まらなくなることもしばしばです。

死んだ後に後悔しないよう、意識して親孝行をしていますが、どうしても不安がぬぐい去れません。

皆さんは、親に限らず、自分の大事な人が"今死んでしまうかも”という恐怖を感じたことはありませんか?
そういう不安でいっぱいなときは、どうしたら楽になれるのでしょうか?

私にはわかりません。どうか教えてください

Aベストアンサー

私は両親ともに「突然死」で亡くしているので、何の心の準備もないまま、ある日突然「その日」を迎えてしまったので、その立場から思うことを言わせてもらいますね。

世間一般的には、親が年をとってくると、介護の心配はするけど、突然死の心配をする人はめったにいません。

親のことだけじゃなく、自分についても、突然死はいつでも起こりえますから、自分や、自分の大切な人が突然死んでしまう危険を常々意識しておくのは、いいことなんだろうと私は思います。

大切な人が死ぬことなんて、考えるのも嫌だし、そんな縁起の悪い話をするのも嫌だから、普通は親と、死について話すことはないんだけど、元気な内にぜひ話しておくべきだと思います。

誰だって、大切な人を残して死んでしまうなら、死ぬ前に伝えておきたい話があるはずです。生きている間には言えないことなら、遺言書を書いておくとか、死ぬときに困らないように、心残りがないようにしておけば、死の恐怖が和らぎ、ストレスが減り、健康に長生きできる・・かもしれません。

ご両親に、二人が死ぬ時のことを考えると、恐くて悲しくて耐えられないって言って、いつかその時がきた時に、どうしたらいいのかって聞いてみたらいいんじゃないですか。

私は両親ともに「突然死」で亡くしているので、何の心の準備もないまま、ある日突然「その日」を迎えてしまったので、その立場から思うことを言わせてもらいますね。

世間一般的には、親が年をとってくると、介護の心配はするけど、突然死の心配をする人はめったにいません。

親のことだけじゃなく、自分についても、突然死はいつでも起こりえますから、自分や、自分の大切な人が突然死んでしまう危険を常々意識しておくのは、いいことなんだろうと私は思います。

大切な人が死ぬことなんて、考えるのも嫌だし...続きを読む

Qお金がない親の面倒について。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を使ってしまう。
透析を受ける事になり障害者になったが年金払っていないため障害年金が貰えない。
タバコがやめられない。
持ち家がない。
車が盗まれる。

このような感じで貧乏になりました。

同居してほしいと言われましたが、どうしようもない親ですし、一緒に住んだら物凄く大変になる事は確実で、妻の事を思うと、同居は絶対に出来ないと思ったので、はっきり断りました。

その後も父は、今後誰が面倒みてくれるんだ、みんな冷たい、兄弟で話し合ってくれ、などと言ってきます。

妹はまだ親と暮らしていましたが、すぐに出ていった方がいいと話し、彼氏の家に引っ越しさせました。

現在は団地に入って貰い、車は私が乗っていた車をあげました。車をあげたのは、車がないと生活が出来ないような田舎、病院等に自力で行ってもらうためです。

私の親の貧乏の事、車をあげる事について、もちろん妻とケンカになりました。親については、私も本当に困っており、お金の援助して欲しいとは今の所言ってきませんが、今後の事を考えると、どうするのがいいのかわからず、不安でしょうがないです。

妻は、今まで後の事を考えず自由に暮らしてきたんだから自業自得、老後は子供を頼りにしようと思って生きてきたなんて信じられない、同居なんて絶対に出来ないし、援助もしたくない、関わりたくないと。

私もその通りだと思いますし、関わりたくありません。私も弟も、子供がいますし、お金の援助する余裕もない状況です。

父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、お前達が面倒みろ!と言われました。母はこのような話をするといつも黙ってしまいます。


どうするのがいいのかわからず、困っています。

アドバイスを頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではないですよ。子供が扶養できないことを福祉事務所に説明すればいい。
一緒に住んでいたらだめですけど、遠方にいて仕送りをしたら自分の生活が
なりたたない。そう言うしかない。

実は、私の実の弟が脳内出血で半身まひになって働けない状況で、しかし私は
子供の教育費用住宅ローンなど負債がたくさん残っている状況で弟を世話する
余裕はないどころか、妻の母が癌で治療費がかかる。
そもそも謙虚な弟ならまだしも、親の遺産相続で大げんかし自分から兄弟の
縁を切ると言った人です。母の面倒をみたと周囲には言っているけどその実
自分は働かず父の遺族年金や貯蓄を食いつぶし、あげくのはてに母が病気の
際に二つ隣の県まで遊びにでかけていて、インフルエンザで母はなくなりました。

だいたいが、人に面倒見てもらうのが当たり前みたいなことを言う人間は
できそこないです。
面倒を見たらみたで当然だとおもうだけ。感謝の気持ちがあるなら、もうすこし
まともな生活をしてきているはず。


お父様にはこういって差し上げてください。

もし、お父さんの面倒をみることで、うちの子が大学進学できなかったら
あなたどうするつもりですか。一人東京の大学を卒業させるのに
1600万円はかかるんですよ。(生命保険会社の資料に出ています)
孫の将来まで足引っ張って自分が長生きしたいですか。糖尿だって
透析に至るまで放置しなければ、薬でコントロールできたんですよ。
自分の不摂生の結果じゃないですか。


私も、手立てがあるのなら弟の面倒をみることも考えますよ。先に遺産として
実家の土地建物と貸家一軒先の生活の手立てとして弟に渡してあるのです。
何も面倒をみないからといって恨まれる筋合いはないです。

質問者さまも、実際に無理なことをやれと言われて悩むことはないですよ。
質問者様に経済的な余裕がおありなら別ですが。

親不孝を脅しに使う親ほどひどいものはないと私は思います。そういわれるのが
子供にとって何よりつらいことがわかっていてそういうのだから。

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではな...続きを読む

Q親が高齢になったら、子供は一緒に住むべきか?ご意見ください。

これからはますます高齢化社会になると言われていますが、親が高齢者になったら、子供は一緒に住むべきだと思いますか?

高齢者になってからはじめて一緒に住むのと、もともと子供が親と同居していて自分の所帯を持つ(親と同居)とはまた意味が違ってきますが、「子供は親が高齢になったら一緒に住んでいた方がよいか?」といういう意味合いが強いかも知れません。

私は親(母は他界したので父のみ)とは一緒に住んではいませんが、この先父と同居になるかも知れません。

以前日本の多くの世帯は三世帯同居だったと聞いています。そういう家庭では高齢になった親の面倒を見ることは特別なことではなく、ただ順番だったのだろうと想像します。

しかし今は核家族の多い時代。そして親が年老いたら・・ということは、誰にも訪れることだと思います。

この件に関して賛成・反対どんなことでもよいので、ご意見ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は現在、正にこの問題の当事者です。感想を書いてみます。
「一緒に住むべきか」という設問に「べきか」「べきでないか」の正解は無いと思います。それぞれの家庭事情、個人の考え方・感性、で全く条件が異なるからです。ただ一つの正解は、親が老いたときは、まずはその子が老親の養育・介護の労をとるべきであろう、ということではないでしょうか? そして、この正解を行うための方法論としてはいろいろ個々の家庭事情によって最善の方法が選択される、ということでは無いでしょうか。どういうことを考えねばならないかと言うことを、(たぶん)先輩として気付いたことを書いてみます。
1.まず第一に老親の本音を大事にしたいですね。このごろでは子供と同居して一緒には暮らしたくない、というお年よりも結構います。子供に大変な苦労をかけたくない、ということもあろうし、子供たちに気兼ねしながら小さくなって暮らすのは嫌、という方も多いです。
2.次に大切な、無視できないことはやはり家庭事情、特に経済的事情です。この分野は本当に「金があれば」何もかもが吸収されると思います。早い話、理想的2世帯住宅も可能になる訳です。私たちが社会に出た40年以上前の時代では、人生60年と言われました。今は人生90年です。老親との同居に入ってから延々と、いつまで続くか判らない同居生活は想像以上に大変です。子供側は普通なら結婚して配偶者という他人を伴っています。3LDKに毛の生えたような住条件で世代の異なる世帯が顔つき合わせて何十年も暮らすということは、ほとんどの場合無事平穏ではあり得ないと思いますが。
3.子供側の兄弟、親戚縁者の「口」ということも、これ以上煩わしく、困難なものはありません。いざ介護、という段になってもまず手は出さないが口だけは有りっ丈で出してくる、と覚悟していなければなりません。これをどう捌くか、この一点ででも嫁からの離婚話が持ち出される、ということは多くの家庭の裏側で演じられている実話劇場です。
4.大家族制度はもともと日本が農業国であり、営農のためには多くの人手が必要、という現実的な生活のニーズから自然発生した生活様式であったと思われます。つまり、農業国としては、個人→家族→親戚・縁者→村落→地方集合体→国家というように営農を通じた助け合い共同体の組織の階層として、最終的には国家全体が自然に運命共同体との了解の下に運営されていたように思います。国全体が工業国となり、生産を維持する上での共同体が意識としても、現実的にも必要性が薄れている現在、世帯階層を積み重ねた同居方式は日々の暮らし方としてはほとんど必然性を失っていると思います。一方日本人のDNAはやはり家族というものの繋がり、情(西欧的な愛という感情とは少し違うように思います)、というものを物理的な生活距離の近さと一体化して認識しないと安心できない、という感じ方をまだまだ保っているように思います。そこで出てくる考え方は、老親の面倒を見るために、子は親と「同居するべきである」という考え方でしょう。しかし今の時代、「情」以外の部分においてその必要性がほとんど無くなっている状況で、現実的には「同居」にいろいろな条件的不備が大きく、その継続が困難な実情では、老親への孝養を果たす方法として「同居」がいかなる場合でも最善である、とは考えられないと思います。
5.今、大きな社会問題になっているのは「老〃介護」という問題です。老親はもちろん超高齢者となり、介護を受ける、しかし、一方の子にしてもすでに老境に入り、気力、体力の衰えは隠しようも無い現実になってきた。介護に疲れ果て、無理を重ねた体にはあちこち故障がある。そういう家庭が結構たくさんあるようです。つまり、老親の介護という問題はいずれ一家庭内のみの努力では果たしきれない大きな負担になってきます。そのためにこれは世の中全体で対策しなければならない問題として、大急ぎで、多少の不備には目をつぶって整備されたのが「介護保険」の制度です。私の場合も現在介護保険の制度には目いっぱいお世話になっています。それによって何とか私たち自身も精神的にも落ち着き、親の側も良好な生活環境の中で健康的な生活を維持できております。実際はグループホームという制度の介護施設で暮らしておりますが、もし、これが同居で生活するとなると、とても今のような快適な生活はさせてあげる自信はありません。代償としてはやはり別居していることによる寂しさ、ということがあります。しかしこれは頻度高く面会訪問すると言うことで十分補っています。
まとめですが、今の時代、老親に孝養を尽くすのに、同居がベストではなく、それぞれの事情に応じ、「親ー子双方にとって」最良と思われる方法をとればいい、ということではないでしょうか? なぜ、「親にとっての最良の方法」と言わなかったのでしょうか? 私の言いたかった事はここにあります。お考えください。

私は現在、正にこの問題の当事者です。感想を書いてみます。
「一緒に住むべきか」という設問に「べきか」「べきでないか」の正解は無いと思います。それぞれの家庭事情、個人の考え方・感性、で全く条件が異なるからです。ただ一つの正解は、親が老いたときは、まずはその子が老親の養育・介護の労をとるべきであろう、ということではないでしょうか? そして、この正解を行うための方法論としてはいろいろ個々の家庭事情によって最善の方法が選択される、ということでは無いでしょうか。どういうことを考えね...続きを読む

Q闘病 弱っていく母を見るのが辛い・・・

私の母74才は脳梗塞で入院して2ヶ月半です。
一時は命が危ない状態でしたが、意識レベルが一番低い状態で落ち着きました。でも最近になって反応も以前より悪くなり、全身状態も悪く、むくみや拘縮も更に進み、先日より気管支炎を起こし、高熱をだすなど不安定な状態が続いています。私は今まで一日も欠かさず病院に通いましたが、このところ日々弱っていく母を見に行くのが辛くて、また怖くてたまりません。病院へ行きたくないのです。でも、そう思う自分をひどい娘だと責めてしまったり、わけがわからなくなります。いつ病院から電話がくるかと思うとパジャマに着替えて眠れません。
 私は一人っ子で、相談できる人も少なく、夫はいまいち
他人事で危機感がないのです。
親を看取るのは誰にでも訪れることとはわかっていますがその日が迫ってくるにつれて、どうやって自分の気持ちをコントロールすればいいのでしょうか。何も手につきません。私のような経験のある方のお話を伺えたらと思います。

Aベストアンサー

親として子供にできる最後の教育は「死を見せる事」だと思うんです。
つまり、子供は親が弱っていく過程や死を経験して、自分の人生をもう一度見つめなおす機会を得るのです。

お母様はあなたに何かを教えようとしているはずです。
それを受け取る事は、あなたにしかできません。

あなたをここまで育ててくださったお母様は、ご立派な方だと思います。
最後までしっかりと見とどけるべきです。

Q家族が倒れた時に・・・休むのはありなのでしょうか?

本日、父が倒れ緊急入院しました。
脳関係(おそらく脳梗塞)なのですが、あいにく今日は休日なので詳しい検査を明日から行い、以後の治療をきめていく、とのこと・・・。(意識はまだあります)
とはいえ、私は正社員として働いているので明日から仕事があります。サービス残業ももちろんあります。
定時になったらすぐに帰れる、という状況ではございません。

そこで質問なのですが
上記の理由で明日から数日、
仕事を休んだり、早退する、ということは、常識的に考えてありなのでしょうか??
もし「あり」なのでしたら上司に相談してみようと思うのですが・・・。

私の周りをみてもこういった理由で休んでいる人はまだいなくて・・・。(私はまだ20代半ば・・で・・)
こういったことで休んだりするのは・・・非常識な行為なのでしょうか??
是非、一人でも多く意見をきかせてください

Aベストアンサー

お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。
そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。

なお、法律的な面で心配、というのであれば、
6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。
まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。

そのほか、お父様が介護が必要な状態になった場合には、最大で93日の介護休暇を取ることが可能です。(雇用保険の被保険者であるなどの細かい条件がありますが)
公共職業安定所に問い合わせれば、介護休業のことについて教えてもらえるはずです。
会社は介護休業の間は賃金を支払わなくても構わないのですが、介護休業した場合、雇用保険から給付金が支払われる制度もあります。

家族を介護する人が増えてきている時代ですし、公共職業安定所にもそういう労働者を支援する制度がありますので当てはまるようなら、その制度を活用されたほうがよいと思います。
(まだ介護が必要な状態になるとは決まったことではありませんが、念のため。)

倒れたばかりでお父様は何かと不安なことがよいでしょうから身内のかたがそばにいられたほうがよいかと思います。
とにかく早めにお見舞いに行ってあげてくださいね。

お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。
そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。

なお、法律的な面で心配、というのであれば、
6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。
まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。

そのほか、お父様が介護が必要...続きを読む

Q愚痴だらけの人の心理。教えて下さい。

母親が毎日愚痴ばかりをこぼします。
聞きたくないので、聞きたくないと言っても、また忘れているのか、同じ様な愚痴を言い続けます。

子供の頃からで大変な時期もあった為、愚痴をまともに聞いて過ごしていたんですが、数年前、真剣に自分が聞いていたのに、相手はそうはとっていなかった事を知りました。
(アドバイスしていた事を、そうとはとられていないとか、あなたには迷惑は掛けてないとか・・・そう言った事を言われました)

それからは、想像以上のショックを受け、母にも「聞くのは嫌」と伝え、まともに聞かない様にしているのですが、それでも愚痴ってきます。
日常会話で入るので、止めきれるものでもなく、大変しんどいです。
また、止めると拗ねるのか無言になり圧力をかけてきます。
(それが耐えられなくて、子供の頃から聞いていた習慣もあったので、今でもそういう風になると自分が罪悪感に捕らわれるという感じになり辛いです。他の人にも同じ感覚になるので、重症だなと思います。)


拒否しても愚痴を言い続けるのは、いったいどういった心理なのでしょうか?
答えを求めていないのは、充分わかっていますが、ストレス発散で喋っているという感じとも少し違う感じがします。

愚痴をいう人は寂しい人だと、何か聞いた事もあるんですが、本当でしょうか?
それなら、私は母の寂しさを紛らわす道具ではないので、余計聞きたくないなと思います。

愚痴ばかりいう人達って、どういった心理が隠されているのでしょうか?
なんか、そういうのが、分かるとこっちも違った目で見られるようになって、楽になれそうな気がするので、どうか教えて下さい。

母親が毎日愚痴ばかりをこぼします。
聞きたくないので、聞きたくないと言っても、また忘れているのか、同じ様な愚痴を言い続けます。

子供の頃からで大変な時期もあった為、愚痴をまともに聞いて過ごしていたんですが、数年前、真剣に自分が聞いていたのに、相手はそうはとっていなかった事を知りました。
(アドバイスしていた事を、そうとはとられていないとか、あなたには迷惑は掛けてないとか・・・そう言った事を言われました)

それからは、想像以上のショックを受け、母にも「聞くのは嫌」と伝え、...続きを読む

Aベストアンサー

臨床心理士です。
あなたのお母様に当てはまるかどうかわかりませんので、一般論としてお聞きください。
フロイトは「我々が承認できない感情を抱き、これに正面から立ち向かい得ない時、我々はその感情が存在しないものと思い込もうとする」と述べています。
これは「抑圧」と呼ばれ、抑圧は精神によくない影響を与えます。
誰でもこのような感情は持っており、それをコントロールするために人は趣味、食事、スポーツ、恋愛、娯楽、相談など様々な方法で抑圧から逃れようとします。
その中の方法のひとつに「愚痴」があります。
逆説的に述べますと、「愚痴ばかり言う」人は上のような「様々な方法論」を持っていない人です。
しかもひとつの方法に固執すればするほど、他の方法を行わなくなります。なぜならその方法で抑圧からの
開放が十分できているため、「あえて他の方法をためす」必要が無いからです。
(以上のことは全て無意識下で行われていることがほとんどです)
「愚痴」をストレートに止めてしまうのは精神状態が悪くなる恐れがあります。
抑圧からの開放を愚痴に特化する人は自己中心的性格が強い方が多い傾向にあります。
「愚痴」をやめさせるには「愚痴以外の抑圧開放手段」をコツコツ提示してあげるという地味な作業が必要になります。

臨床心理士です。
あなたのお母様に当てはまるかどうかわかりませんので、一般論としてお聞きください。
フロイトは「我々が承認できない感情を抱き、これに正面から立ち向かい得ない時、我々はその感情が存在しないものと思い込もうとする」と述べています。
これは「抑圧」と呼ばれ、抑圧は精神によくない影響を与えます。
誰でもこのような感情は持っており、それをコントロールするために人は趣味、食事、スポーツ、恋愛、娯楽、相談など様々な方法で抑圧から逃れようとします。
その中の方法のひとつに...続きを読む

Q性交後のおりものと精液の違い

こんにちは、妊娠を希望しており、何度かこちらでお世話になっています。

生理周期は、30~32日でたまに40日前後の時もあります。
4月4日から10日まで生理があり、排卵日は19日あたりだと予想し排卵検査薬を使用しましたが、なかなか陽性が出ず基礎体温も低いままで生理開始から20日目に陽性かな?(かなり微妙なものでした)という反応だったので、次の日(24日)に仲良くしました。当日はできませんでした。
でも、次の日から体温が上がらないのと、おりものが少し粘りのあるものが出ていたので、陽性反応は、陰性だったと判断しこれからが排卵期に入るのかなと思い、それから2日おきに仲良くしています。
排卵検査薬は、一箱使ってしまい、いつ反応が出るかわからないので今は使用していない状態です。

前置きが長くなりましたが、このような状態なのでおりものと基礎体温で判断したいと思っています。
排卵前のドロッとしたおりものが出れば、判断がしやすいのですが、2日おきにしていると精液なのか判断がつきません。
なにか見分ける方法はありますか?やはり粘り気ですか?

Aベストアンサー

>生理周期は、30~32日でたまに40日前後の時もあります。

私も現在妊娠希望しています、周期も質問者様と同じくほぼ一定ですが、たまにくるう時もあります。

私は27~30で38日周期の時もあります。
始めにこういう周期がある人は排卵日を想定しにくいとのこと、ご主人の協力が一番とのことです。

最近、下腹部痛が気になり婦人科を受診しました。
結果は排卵痛で排卵直後のようでした。

婦人科の先生いわく市販の排卵検査薬は精度もかなり良く、使うべき!とのことでした。
基礎体温とおりもの、排卵検査薬を併用して万全の体制で、排卵期は1日おきに夫婦生活を持つという事が大切だそうです。
(約3日間は子宮内に精子は存在するそうです)

精液は排出されるときはドロっとしていますが、射精後女性側から出てきたものはサラっとしているそうです。
あと、変な話ニオイでも判断できませんか?
精液の独特な臭い・・・です^^;

正しく排卵しているか一度調べてもらうのもいいと思います。
あと、卵管造影検査は早いうちから行っても問題なく、その検査で卵管の通りがよくなり妊娠にいたると
いう事はよくあることだそうです。

私はまだ子作りして間もないのですが、数ヶ月で婦人科を訪れる人はみな不妊治療してくださいと言うそうです。
しかし不妊治療を本格的に始めるのは夫婦生活を始めて1年後からが望ましいそうです。

最初は焦らずにゆっくりご主人と仲良くするのが、一番だそうですよ。それプラス排卵期は出来れば一日おきに・・・という事です。

ご参考までに

>生理周期は、30~32日でたまに40日前後の時もあります。

私も現在妊娠希望しています、周期も質問者様と同じくほぼ一定ですが、たまにくるう時もあります。

私は27~30で38日周期の時もあります。
始めにこういう周期がある人は排卵日を想定しにくいとのこと、ご主人の協力が一番とのことです。

最近、下腹部痛が気になり婦人科を受診しました。
結果は排卵痛で排卵直後のようでした。

婦人科の先生いわく市販の排卵検査薬は精度もかなり良く、使うべき!とのことでした。
基礎体温と...続きを読む

Q家族の死を受け入れるには

家族が残り僅かな命を宣告されて、それを受け入れる事ができずに毎日泣いてばかり。
かなりの高齢、しかも寝たきりなのでそろそろ...とはわかっていたつもりでも、いざ直面するとその時が来るのが辛くてつらくて堪りません。

迎える死を受け入れる、気持ちの整理をつけるはどうしたらできるものでしょうか。

(いただいたご回答の返事は遅れるかもしれませんが何卒よろしくお願いします)

Aベストアンサー

私は両親をガンで看取りました。
だからあなたの辛さが痛いほどわかります。

何年たっても家族の死を受け止める事も出来ないし、ずっと無理だと思う。日常生活では「笑ったり、ご飯食べたり、普通に会話」もできます。でも、どこか心の中にいつも家族の死があります。心の闇というか、家族の死に関しては心が凍ったままです。

家族の死を受け入れるというよりも、余命宣告された家族へ今までの感謝の気持ちを込めて精一杯の笑顔でお見送りするしかありません。家族との一日一日を大切にし、旅立つ人が「この子は私が死んだらどうなるんだろう」とあなたを心配しないように泣き顔は見せない事です。

私の両親も娘の私を気遣い、辛い治療の泣き言は言いませんでした。末期の病気になっても娘を気遣う両親の気丈な姿を見て、愛しくて抱き締めたくて、一人になると泣いてました。私も辛かったけど、泣いてばかりだときっと両親は残された私の行く末を心配するだろうな…と泣いてる姿は見せないようにし、元気なふりして乗り切りました。旅立つ家族としては、自分の肉親が泣いてばかりだと「この子は自分が死んだあと一人で大丈夫だろうか?」ときっと心配したまま亡くなって、心残りになると思います。

私はガンと闘う毅然とした親の姿を見ていると、そんな親がとても誇らしく「自分も負けていられないな」と思うようになりました。その親の強い思いが、今の自分を支えているような気がします。ヘタレな私でしたが「親が子供にできる最後の教育」と思い、がん闘病中の親の姿が目に焼き付いて離れません。未だにその気丈な姿に勇気をもらってます。

私は、亡くなった人はきっと自分の生きざまを天国で見ていてくれる。あの世で再会したら「よく頑張ったね」と誉めてくれることを楽しみにして、毎日をすごしています。気持の整理なんて何年たってもできないけど、時々亡くなった人の気配を感じる時があります。だから「見守ってくれてるんだな…見ててね」と恥じない生き方をしようと思ってます。

受け入れる事はできないけど辛い記憶は時間が癒してくれます。ふと…思い出して涙する時もあるけど、きっとあの世で会えると…私は思うようにして毎日を生きてます。

私は両親をガンで看取りました。
だからあなたの辛さが痛いほどわかります。

何年たっても家族の死を受け止める事も出来ないし、ずっと無理だと思う。日常生活では「笑ったり、ご飯食べたり、普通に会話」もできます。でも、どこか心の中にいつも家族の死があります。心の闇というか、家族の死に関しては心が凍ったままです。

家族の死を受け入れるというよりも、余命宣告された家族へ今までの感謝の気持ちを込めて精一杯の笑顔でお見送りするしかありません。家族との一日一日を大切にし、旅立つ人が「この子は...続きを読む

Q親の立場だと息子は地元にいてほしいですか?

現在20代後半で、関西から上京して一人暮らしをしています。
若いころは何も考えず上京しましたが、最近になって地元の家族と離れて暮らしていることに不安を感じようになってきました。

縁起でもない話しですが、家族に何かあったとき一時的に帰省しても、仕事をしにすぐまた戻らなければならないと考えるとものすごく無責任なことをしている気持ちになります。

基本的にうちの両親は好きなようにやればいいというスタンスなのですが、時折やはり帰ってきてほしそうにしているように感じます。

親の立場からするとどう思われますか?
もしくは同じような境遇の方、どうされましたか?

かなり悩んでいてなかなか結論が出せないので質問させてもらいました。
結局こういうのって人によるとしか言えない問題だと思うのですが、なんでもよいのでご意見いただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

無責任だとは 思いませんが
子供が 親を心配するより
親が心配している方が強いと思います。

うちにも 卒業してから
県外に行ったままの息子さんがいます(笑)

慌てんぼの私は、口の中の出来物に、ガンかも…って。。早合点。 自分が死んだら…って思った時

一番最初に 浮かんだのが息子でした。

冬になると、鼻をグスグスしながら
寒そうに電話をしてきて
一人の部屋に こだました声が 響きます。

私がもし死んだら
息子が寒くないように
暖かくできるように

布団でも 暖房器具でも
…とにかく それだけを
主人にお願いしなきゃと 思いました。
主人とは 血が繋がってないもので…

ただ それだけが
とっさに浮かんだ
願い事です。

貴方が そんな気持ちでいること
それを 伝えたらいいですね。

親は 離れているとき
毎朝 子供の住む 天気予報が 朝一気になります。
風邪をひかず 楽しみを持ち
しっかり食べて
楽しいよ!ってだけで
安心します。

側にいることは
私はあまり 望まないですけど
男だから それなりに
強くなってくれたら いいなぁって 思っています。
ご両親が 望まれていれば 帰ることもいいかも。

無責任だとは 思いませんが
子供が 親を心配するより
親が心配している方が強いと思います。

うちにも 卒業してから
県外に行ったままの息子さんがいます(笑)

慌てんぼの私は、口の中の出来物に、ガンかも…って。。早合点。 自分が死んだら…って思った時

一番最初に 浮かんだのが息子でした。

冬になると、鼻をグスグスしながら
寒そうに電話をしてきて
一人の部屋に こだました声が 響きます。

私がもし死んだら
息子が寒くないように
暖かくできるように

布団でも 暖房器...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング