自宅でカラオケを楽しむとき、CDグラフィックカラオケ
(専用の再生機とCDを使います)と
パソコンを使った通信カラオケを併用しているのですが
この通信カラオケの方の音が、何も手を加えていないので
当然のことながら、CDグラフィックカラオケに比べて非常に貧弱です。
それで以前、ハードウエアMIDI音源を使うと音色が見違えるほど変わると
聞いたことがあったので、ぜひそうしたいと思っているのですが
どのような製品を取り付けるとよろしいのでしょうか?

取り付けたいノートパソコン
  IBM ThinkPad i Series 1400 2621-44J
  CPU : モバイル Intel Celeron 500Mhz
  メモリ : 64MB
  ハードディスク : 6GB(現在の残り3.7GB) 
  OS : Windows98

私用しているカラオケソフト
  マスターネット通信カラオケソフト Singる for Windows Ver.3.2.0.17

このノートパソコンをテレビに繋いで、画像はテレビに映るようにしています。
スピーカーは使うときだけ、デスクトップマシンのをはずして繋いでいます。
予算は、一応5万円くらいまでと思っていますが、
その金額でまったく無理ならば増えてもかまいません。
ですがもちろん、もっとお安くすめばそれに越したことはありません。
目的は、音をある程度良くすることで、現在のファミコン音みたいな状態から
解放されればそれで十分です。製品は古い型式のものでいいです。
以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ノートPCで、CPUが結構よろしいので、


バーチャル音源などはいかがでしょうか?
(ソフトウエア的に音源を再現するシステムです。)

有名どころは、ヤマハのMIDIPLUG(ブラウザ専用だっけ?)
http://www.yamaha.co.jp/xg/download/midplug/inde …

とか、ローランドの製品で
http://www.roland.co.jp/top.html
から、『VSC』という名称を選んでみてください。
どうしても、外付けにこだわりたいのなら
『SC』シリーズを見てみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございます。
実は私のノートパソコン搭載の音源はステレオ8bitなので
残念ながら、16bit以上の音源が必須になっている、
ヤマハのMIDIPLUGは導入できません。
同様にローランドの製品も、たとえ導入できても
そういう理由から、良い音色は期待できないと思います。
PCカードのサウンドカードを買って、
その上でソフトシンセを使うという手もあると思いますが
それと外付け音源のどちらを選択するか
もう少し検討してみたいと思います。
SCシリーズ、良さそうですね。

お礼日時:2001/06/07 10:07

今時の流行としては、CPUの高速化とあいまってソフトシンセサイザ


(ソフトウェアで色々な波形をパソコン内部で合成)でも、いい製品の出てるみたいですねCPUへの負荷はある程度コントロールできるものが多いです。
ハード音源のMIDI(ハードシンセサイザ)もいろいろありますが、これはパソコンと
違って新しいから音が良いとはいい切れない部分があります。
楽器と考えると理解しやすいです。僕は個人的には旧 Roland88proの音好きです。最近のモデルはいかにもデジタル電子音みたいな高品位なので僕はピンとこないんです。ローファイだから味があるなんてこともたまにあります。いずれ音物ですから、音を聞いてから決めたらいいと思います。
もし、ハードシンセご検討でしたら、中古のRoland JV1080とかまひJv2080
視聴してみてください。もし6万円くらいの値段だったら、最新鋭セット物のシンセより当たりクジだと思います。ただしソフトとかは別に必要になるのでその覚悟
は必要ですが、フリーのシーケンスソフト、再生ソフトはたくさんあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございます。
なるほど、MIDI音源は楽器としてとらえた方がいいのですね。
中古品も含めて、よく検討してみたいと思います。

お礼日時:2001/06/07 10:09

XG音源を推奨しているみたいですから、SYXG100でよろしいと思いますよ。

SYXG50でも十分なのでは?とは思いますけれど、そんなに高くないですよね?

また、外付けならMU80あたりの中古でも2万円以上すると思うんですが、接続にはMIDIインタフェースが必要になりますね。
いまならUSB接続のMIDIインタフェースが利用できそうです。
http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/dtm/ux9 …

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/soft/sy …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございます。
none123さんへのお礼にも書きました通り
残念ながら現状では、SYXG100を導入できません。
USB接続のMIDIインタフェースのご紹介を、どうもありがとうございます。
みなさんのご意見を参考に、もう少し検討させていただきますね。

お礼日時:2001/06/07 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIGBTの駆動回路について

IGBTを駆動するために下図の回路を使用したいと考えているのですがいくつか質問があります。まず一つ目ですがスナバ回路の取り付け方はあっていますでしょうか。二つ目はIGBTがOFFした際に、制御側GNDとIGBTのコレクタ側の電圧関係が定まらず、コレクタ・エミッタ間やコレクタ・ゲート間の電圧が不定になり、IGBTの破壊につながってしまわないかという点です。三つ目は下図IGBTに並列に接続されているダイオードはIGBTの内部ダイオードを使用しているのですが、このダイオードはこのような使用方法でもいいのでしょうか。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、回答のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

IGBTの使い方はこの資料が詳しいです.
http://www.onsemi.jp/pub_link/Collateral/HBD871-D.PDF

何も書かれていないんですが,ここのp.374の図3双方向スイッチのような使い方をしたいんですよね.
逆阻止IGBTを使えばオン電圧が半分になるから,そちらが良いかも.
逆阻止IGBTはパワー半導体で有名なIXYSでも作ってます.
http://www.ixys.com/ProductPortfolio/PowerDevices.aspx
http://ixapps.ixys.com/DataSheet/IXRH40N120.pdf

2個逆直列にする場合は,上記図3双方向スイッチのようにコレクタを接続するのがほとんどで,エミッタを接続するのは見かけません.
スイッチング速度のものすごく遅い光MOSリレーではソースを接続しているのに不思議ですね.
http://www.semicon.toshiba.co.jp/info/docget.jsp?type=datasheet&lang=ja&pid=TLP220J
従って,
1.2組使っても良いんですが,コレクタ間に入れれば1組で済みます.
2.よくわかりませんが,やってみたらどうでしょう(無責任モードです).
3.IGBTの内蔵ダイオードはMOSFETと違って構造的にできる寄生ダイオードではありません.MOSFETの場合は遅すぎることもありますが,IGBTは回生用に内蔵されたものだから,使っても問題ないでしょう.

IGBTの使い方はこの資料が詳しいです.
http://www.onsemi.jp/pub_link/Collateral/HBD871-D.PDF

何も書かれていないんですが,ここのp.374の図3双方向スイッチのような使い方をしたいんですよね.
逆阻止IGBTを使えばオン電圧が半分になるから,そちらが良いかも.
逆阻止IGBTはパワー半導体で有名なIXYSでも作ってます.
http://www.ixys.com/ProductPortfolio/PowerDevices.aspx
http://ixapps.ixys.com/DataSheet/IXRH40N120.pdf

2個逆直列にする場合は,上記図3双方向スイッチのようにコレクタを接続するの...続きを読む

Q100GBのHDDを換装: 256GBのSSDにすると劇的に起動が速くなる?

ThinkPad T60pという少し古いノートPCを持っています。100GBのHDDが搭載されています。
http://www-06.ibm.com/jp/pc/thinkpad/tpt60p/tpt60ps.shtml

HDDが一杯になってきたので換装しようと思っているのですが、せっかくなので高速化できればと思っています。

(品切れでなければ)SSD-256SMSが5万円代で買えるようなのですが、これに換装すると劇的にWindowsの起動が速くなると思って良いでしょうか?(SSDは書き込みが遅いという情報も目にしますが)
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081213/ni_cssd256.html

それとも、5万円投資するなら、もっとHDDで速いのがあったりするでしょうか?

Aベストアンサー

SSDにはSLCとMLCの二種類があることをまず知る必要があります。
SLCは高速で高価なもので、MLCは安価な代わりに書き込みが遅く
特に、小さいファイルを大量に書き込むような処理に弱いと言われています。

そこに起因する、ディスクアクセス待ちでGUIが一時的に止まる現象があり
(プチフリーズという和製英語で呼ばれています。英語圏には無い表現)
ATA100とSATAの性能差より下のレベルでSSDの問題が出ていると言えます。
それがネットブックでのSSDモデルが少ない一因かもしれません。

5万円をつぎこむほど、画期的な速度改善があるとは思えません。
現段階で、ランダムアクセスに足を引っ張られる状況がどの程度あるか?
また、ファイル断片化が起きやすいか?その辺に鍵があるかもしれません。

SSDはデフラグを行なう必要は無く、行なうことで寿命を縮めると言われます。
断片化がおきやすい運用であれば、SSDの利点は大きくなります。

グーグルストリートビューのように、書き込みながら読み出す処理を
連続的に行なう場面でも、SSDが有用な可能性があります。

ただし、前述のプチフリーズと呼ばれる現象が
どういった状況でおきるのか、リサーチしたほうがいいかもしれません。


ちなみに、うちはOCZの32GBを先週PATAのノートに入れました。
OSはXubuntuなのですが、プチフリーズらしきものは見ていません。

そもそもPATAだと64GBモデルしか無いのですが
40GBのPATA HDDと数千円しか変わらない32GBのSSDだからこそ
実験半分で気軽に買えました。耐衝撃性という明確な利点もありますし。

ランダムアクセスが多い場面での高速化は、意識すると感じます。
メインがCore2Duoのデスクトップで、ノートはPentiumMですから
SSDで高速化していたとしても、所詮PentiumMでの速度なわけで…
それほど速くなったという気分にはならないのです。

起動時間は、数割速くなっています。
ただ、1分以下の起動時間が、数割減っても誤差って気分です。

秋葉原でSSDを探したのですが、中古もそこそこ出ていて
買ったものの「ダメだ」と思った人がそれなりにいるようです。

うちはX31とT23があって、ウルトラベイのHDDアダプターを活用しています。
HDD交換のときに、USB-HDDとか使わずに済み便利。
MLCのSSDだと特性は大容量モデルでも大差無い可能性がありますから
試しに、小容量のものを導入してみて、2nd HDD併用を考えるのもいいと思います。

SSDにはSLCとMLCの二種類があることをまず知る必要があります。
SLCは高速で高価なもので、MLCは安価な代わりに書き込みが遅く
特に、小さいファイルを大量に書き込むような処理に弱いと言われています。

そこに起因する、ディスクアクセス待ちでGUIが一時的に止まる現象があり
(プチフリーズという和製英語で呼ばれています。英語圏には無い表現)
ATA100とSATAの性能差より下のレベルでSSDの問題が出ていると言えます。
それがネットブックでのSSDモデルが少ない一因かもしれません。

5万円をつぎこむ...続きを読む

QIGBTのウェハーについて

IGBTを製造するためのシリコンウェハーについて、ご存じでしたら教えてください。

IGBTにはFZウェハーしか使えないためにウェハーの大口径化が難しく、現状では5インチウェハーで製造されていると聞きました。もしCZウェハーが使えるならば大口径化が可能になり、コストダウンが可能になります。

なぜCZウェハー+エピではIGBTを作ることができないのでしょうか。

Aベストアンサー

IGBTはエピウエハを使って作られてきました。近頃はFZウエハを使う製品が増えてきているようですが、それでもCZウエハの上にエピ成長させたものの方が多いと思います。6から8インチウエハが量産化されてます。#1の回答のようにIGBTは耐圧が高いために厚いエピ成長が必要です。厚いエピは大変高価になります。
FZウエハは大口径が難しいのですが、エピ工程が不要なことで、高耐圧用では格段に安くなります。3kVから6kVのIGBTではFZが圧倒的に有利ですが、600Vになりますとエピはさほど厚くないし、伝統的な作り方の方が今のところ易しいようです。
電気学会から出ている「パワーデバイス・パワーICハンドブック」を図書館でも見ることをお勧めします。ちょっと古く最近の動向は十分ではありませんが..。

Qipad16GB・32GB64GBどのような時にパフォーマンスが違って

ipad16GB・32GB64GBどのような時にパフォーマンスが違ってきますか?違いがよくわかりません。選択をまよいます。

Aベストアンサー

保存出来るデータの数が違ってくるだけです。
性能的には何も変わらないですよ。

Q少数キャリア密度について

P(リン)を1×10^17cm^-3ドープしたn型Siについて全てのPイオン化しているとき室温における少数キャリア密度を求めよ。

(少数キャリア密度の2乗)ni^2=N_c*N_vexp(-E_g/K_BT)
ですが式の中のE_gの値がわかりません
どうやって出せばいいのですか?

Aベストアンサー

理屈でE_g、すなわちバンドギャップの大きさを出そうと思ったらバンド計算しなければならず、プロでなければまず無理です。普通はそんな事しないで、教科書等に載っている文献値を使います。Siのバンドギャップは約1.1eVです。

Qデスクトップpcのhddは320gbの内288gb未使用です、余ってるhdd320gbを増設して

デスクトップpcのhddは320gbで内288gb未使用です、余ってるhdd320gbを増設してdドライブに
するよりもいっその事hddを改装して、c,dにパーテイションを分ける方が作業として、又管理上どちらが良いでしょうか。

因みにCドライブのバックアップはusb接続のhddに保管しています。

Aベストアンサー

320GBのHDDが2個あるんですか?

それなら増設しちゃったほうがいいかも。
放置しておいても意味ないので。
同じく余っている部分を放置するのも無意味ですね。


パーティションを分けるのは簡単なので
C:OSと主要プログラム
D:あまり使わないプログラム
E:データ
F:バックアップ

などにして例えばFにもう一つのHDDを当てるのもありですね。
それをやるとCのバックアップが効率的になります。
今のままだとCに何もかもある状態でしょうからバックアップの
効率は悪いです。

Cドライブを最小構成にしておけばSSDを導入したいと思った時にも
良いと思います。

QIGBTの消費電力の実測方法

IGBT(チップタイプ)の部品温度上昇試験を行っていて、ケース温度からジャンクション温度を推測したいときに、消費電力が必要となりますが、IGBTの消費電力の実測はコレクタ側の電流と、コレクタ-エミッタ間の電圧を見ればよいのでしょうか?
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

IGBTの消費電力の実測方法なのに

なぜ質問内容は間接で推測する質問になってまっせ

実測は温度を直接測れば良いのんです

IGBTの温度とケースの温度を測ればそれで良いんです

それでケースの温度でIGBTの温度が判るんですけどね

なんの意図があるんですかね

Q232GBの外付けHDD、中には182GBしか入ってないのに残容量が25GBと表示される

250GBの外付けHDD(IODATA HDH-250SR)を使っていて、NTFS、容量232GBと認識されています。

ハードディスク内の全データをCtrl+Aで選択してプロパティで見ると合計サイズは178GBと表示される(隠しファイルやシステムフォルダは表示されるようにしています)

のに、マイコンピュータから右クリックで該当HDDのプロパティを見ると使用領域は207GBとなっています。

この29GBの差はいったい何なのでしょうか?
内蔵HDDなら復元ポイント用の領域だったりで、実際のデータ量との違いがいろいろあるのでしょうが、
この外付けHDDはデータ保存用でOSなどは入れていません。
使っているPCのOSはWindows Vista SP1です。


どなたかご存じの方教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

すいません。私の早とちりですね。再回答します。
これはHDDへのファイルの保存の方法によるものです。
HDDの中は円盤上で、その表面をセクタ、クラスタ(セクタの集まり)、トラック(1週)サーフェース(表裏)という風に区画整理されています。
NTFSの場合、通常1セクタ=512バイト、1クラスタ=8セクタ=4Kバイトになります。(フォーマット時の設定で変更可能)
ここにデータをいれるのですが、Windowsでは1クラスタが保存の最小単位なので、たとえ1バイトのデータでも1クラスタを占有してしまうのです。
つまりファイルの実サイズをクラスタの大きさで割った数+1(余り分)×4Kが使用領域となるのです。
小さいファイルがたくさんあるとこの誤差がおおきくなってきます。
これらの合計が29GBだと思います。

ファイルのプロパティをみると、サイズとディスク上のサイズという表示があるはずです。
前者がファイルの実の大きさで、後者が使用するクラスタ換算のサイズになります

参考URL:http://support.microsoft.com/kb/314878/ja

すいません。私の早とちりですね。再回答します。
これはHDDへのファイルの保存の方法によるものです。
HDDの中は円盤上で、その表面をセクタ、クラスタ(セクタの集まり)、トラック(1週)サーフェース(表裏)という風に区画整理されています。
NTFSの場合、通常1セクタ=512バイト、1クラスタ=8セクタ=4Kバイトになります。(フォーマット時の設定で変更可能)
ここにデータをいれるのですが、Windowsでは1クラスタが保存の最小単位なので、たとえ1バイトのデータでも1クラスタを占有してしまうの...続きを読む

Q半導体におけるキャリア生成エネルギー

EDXなどの半導体検出器を考えるとき、電子-正孔ペアのキャリアの
生成エネルギーは何で決まるのでしょうか?
Siのバンドギャップは1.2eVほどですが、電子-正孔ペアの生成エネルギー
は3.6eV程度だったと思いますが、これは、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

経験則として、ばんどギャップの3倍と言われています。
直接遷移でもこれはなりたつと思いますので、
Siが間接遷移のためじゃないと思います。

ようするに入ったエネルギーが100%電子励起に費やされる
わけではないということでは。むしろ、電子励起に費やされる
分が少ないということでは。

Qメモリを4GB積みたいのですが、1GB×4と2GB×2はどちらが優れていますか?

メモリを4GB積みたいのですが、1GB×4と2GB×2はどちらが優れていますか?CPUはデュアルコアです。2GBを2本のほうが価格を
抑えられるのでそちらにしようかなとも考えているのですが・・・

Aベストアンサー

マザー側が対応してるんなら、2GB*2でも問題なし。

ただし、32bit版XP/Vistaは基本的に4GB搭載しても、OS上で使用出来るのは3GB前後ですので注意しましょう。

http://edcforum.okwave.jp/qa4576336.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報