親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

少子高齢化問題の最大の問題点は年金問題にありますが
これを自己責任制度にすればいいわけだし
批判の多い専業主婦などの3号制度(負担させられているのは赤の他人)
あとは勝手にベビーブームを作った世代が高齢化した時に負担のかかる
納税世代。


全てそんなのは団塊ジュニア世代以降にうまれ
共働きや単身納税者です。

どうして赤の他人の高齢者の世話をしないといけないのか
どうして何の関わり合いもない職につかない他人の主婦(無職)の年金や保険を
負担させられないといけないのか、ほんと疑問に思う。
普通に考えれば逆に義務である労働、納税しているキャリアウーマンを優遇するならまだしも
労働も納税もできないオバサンを優遇しているなんて遺憾にしか感じない。

年金なんて若者が払わされてるから仕方なく払わされているだけで
払ってきた分の年金を全額返してくれるなら、即廃止希望という若者や
単身納税者の人がほとんどじゃないのかな。

ましてやほとんど貯蓄がなく数だけは他の世代よりずば抜けて多い団塊ジュニア世代が
高齢化した時は相当な高齢化比率ですが
この世代の世話をしたら、かなり下の世代は大きな重荷になります。

自分の老後の金ぐらい自分で投資しておけって話に思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

社会保障制度の変遷を調べれば誰でも知りえることなのですが、根本原因の1つは、新潟出身の某国会議員が年金制度を現在の形式にしたせいです。


それより前は、多少の違いは有りますが、自分の納めた保険料が自分の年金として支給と言う納得できる方式でした。しかし、ジジ・ババが孫の飴玉を買う程度の年金しかもらえない。
そこで、多くの方が不満に思っている他人の為の年金を示談の保険料から捻出しているという形にしたのがその国会議員。
 ⇒あの世でも『よっしゃ~』と言っているのかな?
その為、既出ですが、現時点で潰せない理由「納めた保険料に見合う金を納付者に返還できない」が生じます。


実際とはかけ離れた高い予定運用率による年金の収支バランス予想も痛かったですね。
 ⇒世間では1億円を10年間預けても2億円[注]に為り難いのに、役人は法律に書いてあるから2億円稼げと民にマル投げしていたとイメージするといいのかな
[注]年利7%の複利運用をすると2.1倍なので可能
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
普通に考えて
自分の納めた保険料が自分の年金として支給と言う納得できる方式でした。
この制度でなければ不公平だし、成り立っている時点で不思議です、
年金を控除されていた人間が何十年と支給されるとか
多すぎる世代、少なすぎる世代とあるわけだから
例えば団塊ジュニアなどは年に約200万
それ以降の世代は100万~140万程度の出生数ですし
ばらつきもあります。

お礼日時:2014/06/13 14:27

今の年金制度やその政策がどうなるかなんて、考えてもナンセンス。

長期的見通しって外れだらけなんですよね。 ただし光明を見いだすとすれば、官僚が制度変更の骨であるし、公務員の年金でもある以上、予算の無駄使いを直したりして、国庫からの資金配分を増やして、なんとか給付されると見てもいいとおもう。公務員は自分に優しいのでね。世の中にはいろんな金銭事情があり、まともに稼げない方々の立場を理解すれば、それは、もし自分が運に見放された場合の助けになると思うんだけどさ。
    • good
    • 1

おっしゃる通りだと思います。



今は問題を先送りにしているだけで、支給の減額、65歳開始など、現行のままでは年金資産がこの先もたないことが明らかなので、そうせざるを得ない状況と判断するのが普通でしょう。

何十年か後に、きっと厚労省はそれを少子化の責任か何かにすり替えて有耶無耶にする、できなくても責任はOBの政策だったということで誰も責任をとらないのでしょう。

私はサラリーマンなので納付を止めることはできませんが、満額の納付者が今40%を切っている状況では、普通に考えて年金制度が破綻すると考えておいた方が良いと思います。

http://blog.livedoor.jp/labyrinth117/archives/10 …

今、早急に現在の給付額の見直しと(これをやらないと結局税金で補填みたいな話になるので)、民間の年金との選択制など検討するべきだと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そもそも、どうしてこのような制度を継続しているのかが理解できません。

世代扶助の制度だったら、ベビーブーム世代が高齢化したら、
必ず下の世代にしわ寄せがくるし
低所得者層が多い世代でも同様です。

お礼日時:2014/06/13 14:24

廃止にするならば、これまでの掛け金・積み金を清算しなくてはなりません。


それが出来ないのです。
使い込んでしまってないし、今でも誤払い・未払いがあって、消失した年金も多額にあるのですから。

リセットするにしても無理なんですって。

でもまあ、確かにちゃんと預金やタンス預金していれば、老後も安心っていうのは年金制度のない国でも実証はされているので、国をあてにするなっていうのはわかります。
まして、若い世代が先人を食わせなきゃならない理屈が良く理解できませんよね。
未来永劫子だくさんで、全員が就労し、納税・納付をしない限りはこういった制度はいつか破たんしますね。
同じように健康保険組合もそうなんですよ。国保にも入らない人もいる。病気にならないからいいんだっっていう。
年金もそう。将来はいらないから・・・・って未払いの人も多い。半島からの人がそうだよね。
でも、いざその時が来ると騒ぐので、今のところ手つかずなわけですね。


清算できるならやってほしいですね。

私の母は60前に死んだので国民年金から16000円振り込まれました。
なんでしょうねえ。この額は。

国の制度なんてこんなもんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくテレビでそのニュースはやっていますね。
けど、政府関係者は今でも100年安心とかと
反論してました。
どれが正しいのかはわからないけど。

お礼日時:2014/06/13 14:28

>どうして年金制度は廃止できないのでしょうか!?



社会福祉制度をトータルに整備しないと、
年金廃止⇒生活困窮者が生活保護になだれ込む
⇒年金より高いので財政をより圧迫
とこういう図式になっているのでできないのです。

つまり、ソフトランディングさせないといけないのです。
いくいくは廃止ですよ。制度自体がもたないんですから。
今、年収200万円くらいで高い年金を支払わされている
20代くらいの若者が70歳くらいになるころには
なくなっているでしようね。
    • good
    • 0

年金制度をなくすなら、労働に関して年齢で区切られるのではなく、お互いの需要が合致すれば一生でも働けるシステムにしてくれれば、あなたの言うことは現実味を帯びてくると思います。



年金とは働けなくなった年になってからの生活資金なのでね。
自分が何年生きるかわからないのに、お金は入ってきません年齢超過で働けません、そんな社会は最悪ですから。
まあそんなことになれば、それなりに優秀なジジババがいつまでたっても職を手放しませんから、若者の多くはいつまでも貧乏なままかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国も定年制度をなくして、その線でいくような政策しようとしてますよね。 働かない方がとく、長生きする方がとくなんていう社会がおかしいと思います。
だって、現状はバリバリ働いてくさん税金おさめて60、70歳で
亡くなる人が一番損をし
専業主婦だとか生活保護だとかして
ほとんど働かず税金おさめず、年金も他の労働者がたてかえてきて、80歳、90歳まで生きる奴が
一番得しているなんておかしな国だと思います。

お礼日時:2014/05/29 02:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ年金制度は、なくならないのですか?

なぜ年金制度は、なくならないのですか?

このまま行くと若者ほど少ない金額しか貰えませんが。
年金も生活保護もなくして日本人だけに、7万~8万円ぐらい毎月、国が支給したほうがいいんじゃないでしょうか?
日本人だけにすれば、在日特権の生活保護もなくせてよけいな予算がなくなります。

役人の年金は、3階建ての優遇で資金は安全な国内運用。
国民の年金は、めちゃくちゃにしてリスクの高い海外で運用。

ベーシックインカムこそ究極の日本改革

http://www.youtube.com/watch?v=exhc4lt7ETY&feature=channel

Aベストアンサー

皆さんがおっしゃってることが全てですが、1つだけ補足。

元々第二次世界大戦の戦費調達のために富裕層に年金募集しました。
返すあてなど全くありません。
あとは自転車操業です。
ねずみ講と一緒ですね。加入者が増やせるうちは良かったのですが。
国民皆年金とかで。

余談ですが若い人が老人の年金を払っていると言うのは本当は嘘です。
返す当ても無いのに年金の名で借りまくった政府・役人の大罪のゆえであり、
さらにその原資をどんどん自分達で山分けした罪の結果そう見えてしまうだけなのです。

Q年金制度は今すぐ廃止すべきですか?

年金制度は今すぐ廃止すべきと思いますか?
理由もお願いします

Aベストアンサー

今の年金制度は廃止すべきと思います。
年金制度に代わる、傷害や遺族、高齢者に対しては税金を財源とした社会保障で賄った方が税に対する不公平感も減り、破綻の不安も減るでしょう。

それに、今の年金制度は税金と別に国民から徴収し、それを分配するのではなく。それを株へ投資して、利回りで運用しています。そのため、株の上下で受け取る額が上がったり、下がったり、します。これは変です。博打の資金源になるぐらいなら、年金は廃止すべきです。

Qずっと年金を払ってきていないのですが・・・

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったかは覚えていません。

簡単に言うと、「何がなんだかわからず、めんどくさくなってそのままにしてきた」状態です。


最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。


現在サラリーマンの方と6年くらい同棲をしています。一応結婚予定はあります。

サラリーマンと結婚した場合、専業主婦もしくは働いていたとして年間130万円以上稼がなければ、夫の扶養に入っていた場合、妻が年金を払っていなくても年金がもらえるというのはつい最近知りました。(ただし25年扶養もしくは払っていないともらえませんが)。

その場合、もらえる金額は過去の支払いなどに応じた金額になるのでしょうか?

それをあてにしてるわけではありません。

ただ今から年金をきちんと納めたとしても、納めた金額より少ない金額しか支給されないのなら、自分で貯金をしていったほうがいいのではないか・・・と現実問題として思ってしまいます。

結婚したとしても、相手に負担をかけないように考えると自分の場合、どうすることが1番ベストなのかを教えていただければと思います。

年金の係りの方に相談しても結局は「払った方がいい」的なことしかいわれません。


今までいい加減にやってきたことのツケが回ってきたんだとはわかっています。
でもなんとかしたいんです。
力を貸してください。よろしくお願いします。

真剣に質問しているので、冷やかし的な意見はご遠慮願います。

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったか...続きを読む

Aベストアンサー

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
自分で年金を10年払った。
その後結婚で扶養になり15年。
合計でですので25年、年額で50万円貰えます。

今33歳で、すぐに結婚して扶養になった場合(自分では年金は払ったことがない場合。
後、25年扶養になるか、あるいは、
扶養期間と、自分で払った期間の合計が25年以上必要です。
(扶養期間中に、別途自分で年金を払っても、2ヶ月分にはなりません、当たり前ですね)。

ちなみに扶養になっても、旦那さんの給料から天引きされる保険料は変りません。
それでいて、あなたは毎月保険料を払っているのと、同じ恩恵を受けられる。
サラリーマンの妻の特権です。

一見、奥さんのいない独身者、
また、夫婦でそれぞれで保険料を払っている自営業者から見ると、
不公平で昔、国会で問題になりましたが。


損得計算。
年金は元を取るのには約10年かかります。
65才から10年で75歳。
75歳以上生きる自信があるなら、
払ったほうが得です。
これは、自分で払う場合で、扶養なら自分で一銭も払わなくていいので、
大得でしょう。

最後に国民年金は65才まで払うことが出来ます。
強制で払うのは60才までですが、支払い期間が25年に達しない場合は、
65才まで払えます。

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
...続きを読む

Q一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?

一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?


歴史的にみると昔は一夫多妻の制度はありましたが、今は普通にそのようなことを望む人はいないからですか?

Aベストアンサー

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かったこと
昔の平均年齢は二十歳を超えていません。多く生まれ多く死んでいくわけです。そして何時、病気にかかり夫が死んでもおかしくは無いわけです。
そんな世界では一生を共に添い遂げる可能性など寧ろ低いのです。


一人残された女性はどうなるでしょうか?差別や現金収入を得にくい環境で晒されながら子供を育て、働いていく人もいるかもしれませんが、飢え死にしたりする者も多かったのです。

一夫多妻制では、一人の有力な男に性関係と家事という労働と引き換えに養ってもらうことができます。

さらに女性にとって家事を分担できるため非常に楽です。
とても家事の巧い女性がいた時、第一夫人からの推薦で第ニ夫人、第三夫人を招き入れることもあるようです。



本題に入りましょうか。

日本のように明日の飯に困ることもなく、病原菌にあふれてもいない国で、
砂漠国家のように驚異的自然に囲まれており炎天下に放り出されれば間違いなく死ぬという事もない国
明日、獣に襲われたり、隣町との抗争に巻き込まれて死ぬ可能性のないよう文明が進んできた国々

そのような国では女性が一人でも生きていけるので男性に無理に付き従うことがなく、自然に権利も大きくなっていき一夫一妻になって行くわけです。

つまり現代日本では一夫多妻は
社会的に必要とされていないし合理性も無い。


一夫一妻の国々では未亡人を「キズモノ」とか「純潔が既に無い」とかそういう扱いになってしまいますね。残念なことに。


ちなみに日本は大昔は自然に恵まれ人口が500万人程度であれば田畑など耕さなくても野山に行き芋や山菜や果実をとって生きていけたわけです。

そのような国々では女が定住地として家を持ち男は蝶のように自由に飛び回っているという母系国家が形成され、子供は女性が養うもの、財産も女性に付くものでした。結婚と言う取り決めは無く。
彼氏、彼女位の恋愛関係ですね。しかし今のように町にデートに行くような関係ではありません。

女性は多くの男性と関係を持ち、男は種を付けに夜這いに来るわけです。
短歌や笛などを吹いて女の家に入ってもよいか確認をとる時に読まれるような句が今でも教科書に載ってますね。あれは短歌集というと堅苦しいですが、口説き文句集といっても過言ではないもので昔の人々はセックスをするために一生懸命短歌を勉強したわけです。

日本では廃れましたが国によっては現代でもそういう文化は残っています。


一夫一妻は現代の貞操観念を強調した宗教感によるものでもあります。
それを気にしすぎて逆に心を痛めてしまうこともありますし、一長一短ですね。
南米のある部族ではセックスは特定の相手を決めるものではなくスポーツ感覚で楽しむものであり。子供は村全体で養うものという考え方があったようですがキリスト教が入りこみ貞操観念が付いてからはなくなってしまったようです


セックスと結婚の形態はその国々の事情にあっているという事です。
脱線が過ぎましたね。そういう事です。

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かっ...続きを読む

Q収入が低いのに、住民税が高いのはなぜ?

私は鳶職人です。今高い住民税に悩んでいます。住民税は納付書が届いて払っているのですが、あまりに高くて払うのが大変です。課税総所得金額が2,772,000円に対して、区民税、都民税が278,600円でした。月に平均すると23,216円です!こんなに高いものでしょうか?調べると10%という率が出てきますが、皆さんこんなに払っているのでしょうか?私の義兄はサラリーマンですが、去年の課税総所得金額350万位で現在、毎月15,400円だそうです。私の方が年収が低いのに住民税が高いってどういう事でしょう?誰か分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

職人といったら自分の技術によって稼ぐ人のことで、だれだって個人事業主として確定申告しているものと思うと思います。ましてや住民税を自分で払っていると書かれれば、会社員とは誰も思いません。
会社勤めなら、人から職業を聞かれたら「会社員」と答えるでしょ?せめて「雇われ鳶」と名乗るべきでしょう。
それに、補足の中に「住民税の申告をしている」とありますが、他の収入もあるのでしょうか。だとすればそれも質問で明らかにすべきだったでしょう。給料なら勤め先から住所地の役所に給与支払報告書が提出されるので、それ以外の収入が無いなら申告は不要のはずです。
それはさておき、根本的に税金の計算方法をわかっていないように思います。所得税の計算は、
 (1)収入金額
-(2)必要経費(給与所得の場合は給与所得控除)
=(3)総所得金額
-(4)所得控除(基礎控除、扶養控除など)
=(5)課税総所得金額
×税率=(6)所得に対する所得税額
-(7)税額控除(住宅ローン控除など)
=(8)課税所得税額
-(9)源泉徴収済税額
=(10)納付税額
となります。
あなたの質問や補足を読んでいると、(1)の収入金額と(5)の課税総所得金額がごっちゃになっているように思われます。「課税総所得金額」という場合には、給与所得なら給与所得控除はすでに控除されています。そこからさらに給与所得控除を引くことは有り得ません。
上記は所得税の場合ですが、住民税の場合も基本的には同じです。ただし、(4)所得控除や(7)税額控除の金額や内容が変わります。税率も違います。
義兄の方と比較するに当たり、義兄の方の年収(収入金額)とあなたの課税総所得金額とを比較したのではありませんか?これらは上記のとおり全く別のもので比較になりませんよ?

職人といったら自分の技術によって稼ぐ人のことで、だれだって個人事業主として確定申告しているものと思うと思います。ましてや住民税を自分で払っていると書かれれば、会社員とは誰も思いません。
会社勤めなら、人から職業を聞かれたら「会社員」と答えるでしょ?せめて「雇われ鳶」と名乗るべきでしょう。
それに、補足の中に「住民税の申告をしている」とありますが、他の収入もあるのでしょうか。だとすればそれも質問で明らかにすべきだったでしょう。給料なら勤め先から住所地の役所に給与支払報告書が...続きを読む

Q国民年金を払わないメリットとデメリットは?

私は、国民年金がどうしても理解できません。
なぜかと言われれば、国民年金はお互い助け合いの精神で設立されたと
思うのですが、実態に合わなくなっていないかという点と
また、どうも強制力がなく払わない人が数多く存在するといった点です。
そしてまた設立当初は払う側が多いのに対してもらう側が少なかったのでは
ないでしょうか?そのような場合は当然お金がたくさん貯金されていると
考えられるのですが、どうも不透明な使い方をされていたような気がします。
どのように情報公開をしているのかもわかりませんし、まして払わない人に
対して毎月のようにたくさんの書類のようなものを送り不経済のような気もします
それと、何年もお支払いをしても死んでしまえば何か分けのわからないような
見舞金みたいな2万~3万円ぐらいでごまかされているような気もいたします
いったい何年もかけてはっらていったあの金額はなんだったのかと思われるような
不思議な気持ちになるのではないでしょうか?(もっとも死んだ人が言うわけでもないのですが)
教えてください。メリットとデメリットを・・・お願いします。

私は、国民年金がどうしても理解できません。
なぜかと言われれば、国民年金はお互い助け合いの精神で設立されたと
思うのですが、実態に合わなくなっていないかという点と
また、どうも強制力がなく払わない人が数多く存在するといった点です。
そしてまた設立当初は払う側が多いのに対してもらう側が少なかったのでは
ないでしょうか?そのような場合は当然お金がたくさん貯金されていると
考えられるのですが、どうも不透明な使い方をされていたような気がします。
どのように情報公開をしているのかも...続きを読む

Aベストアンサー

厚生年金とかじゃ無くて、国民年金ですよね。
majimeさん、こんにちは。

会社勤めの人ですと、厚生年金その他に加入できるので、退職後の収入が確保できます。
そうじゃ無い人は、国民年金に加入しないと老後の収入が確保できません。もちろん個人年金に入れば良いんですけど、昨今の金融機関の破たんなどのニュースを見ると、自分の老後を託せるか不安ですね。やはり民間企業よりは国の機関が運用する、国民年金が安心だと感じる人が多いのでしょう。
確かに老後に備え、預貯金で対処する事も可能です。また、払い込み金額が受取額を下回る場合がある事も、織込済で、そのことよりも将来確実に定期的な収入であることを重視するみたいです。
なので、実際には預貯金+年金の二重にライフプランを考えている人は多いですね。

老後の事ばっかり書きましたけど、怪我などで障害をおった場合や、自分が死んじゃった場合の子供達への保証にも国民年金が役立ってくれます。
もちろん、先の"老後"と同じく、いずれも民間の保険で対処できますが、保険会社も破たんするところ多いですしね。
国民年金に加入しておけば「老後」「障害」「遺族」の保証が得られるので、まぁ便利ですね。

払って無い人(非加入者)は、年金貰えないんだから良いんじゃ無いですか?不公平感は無いと思います。

メリット:
・国がやっているので倒産の心配が無く、比較的安心
・老後やその他不測の事態の保証が確保できる
・複数の保険会社との契約、管理を国民年金一つで代替えできる

デメリット:
・保証の内容が画一的で、自分にあったものにカスタマイズできない
・自分が死ねば払い込み分は無駄になる(これは民間でも同じかな)

厚生年金とかじゃ無くて、国民年金ですよね。
majimeさん、こんにちは。

会社勤めの人ですと、厚生年金その他に加入できるので、退職後の収入が確保できます。
そうじゃ無い人は、国民年金に加入しないと老後の収入が確保できません。もちろん個人年金に入れば良いんですけど、昨今の金融機関の破たんなどのニュースを見ると、自分の老後を託せるか不安ですね。やはり民間企業よりは国の機関が運用する、国民年金が安心だと感じる人が多いのでしょう。
確かに老後に備え、預貯金で対処する事も可能です。ま...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q年金を無くすとどうなりますか?

実際、無かったらどうなるのでしょうか?

◆補足

すでに払ってる人は同額払い戻し。

Aベストアンサー

生活保護者があふれます、
払ってる金額の払い戻しを受けても足りません、

Q国民健康保険制度は、なぜ廃止にならないですか?

国民健康保険て物凄く高いですよね。
社会保険のように傷病手当金もないですし。
なにより異常に高い。
市町村でも違うようですが、たとえば月10万円の収入の方が8千円もかかる。
8千円で1年で9万6千円。
10年で96万円。20年で192万円。
60歳以下の日本人なら、個人差はあるにせよ、そんなに病院に行くとこもないです。
一般の人がかかる病気で1番可能のある盲腸の手術を全額負担すると60万円ぐらいです。
私も通院は過去、数十回ぐらいで殆ど、歯医者でした。
1番高額な治療で全額負担なら3万円ぐらいでしょうか・・・
私は例題より多くの保険料を納めてますが・・・全額自己負担のほうが何百万円も安いですね。

特に今も増えつつあるワーキングプア1千万人の方は、国保ないほうがいいと思います。
入院とかが不安であれば県民共済など1千円代のものほうが安くていいと思いますし、余ったお金は返金されます。しかし、なぜか国の保険制度は返金がありません。
そういう議論が国会でないことが、疑問です。

Aベストアンサー

私も社会保険制度には疑問というより怒りを感じてる国民の一人です。
無駄に徴収しているのは誰が考えても明らかで、その徴収額は国民の大多数の中間層。
自営業等、国民健康保険に加入している人達は年間60万。家族4人で一カ月、25万で生活しなきゃならない。 地方や持ち家のある人達はなんとか生活していけるだろうけど都会暮らしの賃貸生活では何も残らない。 知人は滞納が続き分納していたがとうとう差押え。しかも給料全額。 生存権ってのがあるから役所に
怒鳴りこんでこいとアドバイスしたんだけど滞納分の金額が減らないので当然の行為って言われたみたい。
生活できないくらいの税金を支払うってのが納得できない。税金足りないなら無駄を省け! 使えない公務員なんて早期退職させろ。一般企業なら当たり前。 無駄な施設は閉鎖。一般企業なら当たり前。

Qそもそも年金って何のために作ったの?

そもそも年金って何のために作ったの?

公務員が私用に使ったり、無駄遣いしたり、天下りしたりするために作ったのでしょうか?
さすがにこれはないと思いますが、少子高齢化なんて深刻化する一方ですし、
なぜ維持しようとするのでしょうか?いっそのこと廃止したりしないのでしょうか?
50代が年金が心配だ。とかいうのですから、20代や現学生などは論外でしょう。
またニートやフリーターが増え、企業によっては厚生年金脱退もしています。
やはり払う方が馬鹿なのでしょうか?

破綻するとは思っていません、他の税金などから回し維持は可能でしょう。
ただ元本割れは確実ですね。
払った額よりもらえる額が多いのは現在の老人ですが(7倍程度でしたっけ)
若者になるほど元本割れは目に見えています。


保険料が高くなる一方で受給者が増えるだけ、それでも足りないので支給額を減らす。
というようになっています。でも年金の運用は無駄ばかりというのはもはや常識です。
昔は任意だったのになぜ強制になったり、主婦は払わなくていいとかになったのでしょうか?


世代間の不公平や主婦は払わなくていいという不思議な制度です。
そもそも自分で金の管理ができる人には必要ないと思います。
また障害年金なども一応生活保護などという弱者保護制度がありますよね。
時代によって金の価値が変わる。というのもありますが、現在日本円の価値は
非常に落ちています。とても円安です。対ドルでは円高に見えますがドルが弱いだけです。

借金で借金を重ねインフレが起きそうですね。

そもそも年金って何のために作ったの?

公務員が私用に使ったり、無駄遣いしたり、天下りしたりするために作ったのでしょうか?
さすがにこれはないと思いますが、少子高齢化なんて深刻化する一方ですし、
なぜ維持しようとするのでしょうか?いっそのこと廃止したりしないのでしょうか?
50代が年金が心配だ。とかいうのですから、20代や現学生などは論外でしょう。
またニートやフリーターが増え、企業によっては厚生年金脱退もしています。
やはり払う方が馬鹿なのでしょうか?

破綻するとは思...続きを読む

Aベストアンサー

年金制度は平たく言えば「保障」のためにあるというのはご存じですよね。
障害・遺族・老齢の保障ですね。

では何故国がそれを作るのかというと、

第25条
1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

と憲法で定められていますね。この第一項は生活保護の根拠であることはご存じの通りです。
でも第2項に対しても国は政策を行わなければなりません。そのように憲法が定めていますので。
そこで作ったのが年金制度です。

もう少し砕けた話しをしますと、生活保護にしても年金制度にしてもお金は必要です。
ではそのお金を誰が出すかというとやっぱり大本は国民なんですよね。
なのでこの憲法は要するに「国民からお金を徴収して生活できない人を養いなさい」「国民がみなそれなりの生活が出来る互助制度を設けなさい」という意味になります。

弱肉強食で、生活保護制度など必要ないというのであればそれも一つの価値観です。
(生活保護制度は年金よりもひどい話しで、自分の義務を果たさず怠慢なだけでも他の人から援助をもらえる制度です。みんながそれを目指したらどうなるんでしょうね。)

年金制度は一応負担する義務と利益を合わせたものですから、むしろこの方が私にはまともに見えますね。

どう思いますか?

以下ご質問に対するお答えです。

>公務員が私用に使ったり、無駄遣いしたり、天下りしたりするために作ったのでしょうか?
言うまでもないですね。丸裸にして放り出したい話しですね。

>なぜ維持しようとするのでしょうか?
>いっそのこと廃止したりしないのでしょうか?
廃止してどうしますか?
生活できない人が急増して生活保護の為の財源が必要になって税金が高額になるだけですよ。
だって憲法で生活保護をしなければならないのですから。(憲法を改正しましょうか?)

>20代や現学生などは論外でしょう。
一番深刻なのは今誕生した人です。既に20代であればまだましです。

>ただ元本割れは確実ですね。
どういう計算ですかね。マスコミに踊らされている一人に過ぎないようにしか思えません。
私は自分で計算しましたが民間の保険や年金を使うと本当に赤字になりましたね。
公的年金の方が全然条件がよいです。
計算してみましたか?

>若者になるほど元本割れは目に見えています。
断言していますが、計算していないですよね?色んなおもしろ半分というか、センセーショナルに取り上げているマスコミの口車に乗っているだけでは?
自分できちんと確認しましょうよ。

>でも年金の運用は無駄ばかりというのはもはや常識です。
でも年金の運用利率はいまだに民間の年金を凌駕していますがそれについてどう思いますか?

>昔は任意だったのに
まだ国の制度が整っていなかっただけです。

>なぜ強制になったり、
憲法で保障すべきだからです。逆に強制ではなくて任意加入だったのは国の怠慢であるという訴訟すら起きていますがご存じでしょうか?
(一審では国の怠慢を認め、二審では国の裁量権を広く認みて国勝訴です。最高裁はこれからです)

>主婦は払わなくていいとかになったのでしょうか?
厳密には払っていないわけではないです。これは勘違いしている人がずいぶんいるようですが。
きちんと保険料は支払われていますよ。
ただ、たとえば厚生年金であれば「厚生年金加入者全員で負担する」仕組みになっているだけです。
国民年金側から見ればきちんと支払われています。

年金制度は平たく言えば「保障」のためにあるというのはご存じですよね。
障害・遺族・老齢の保障ですね。

では何故国がそれを作るのかというと、

第25条
1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

と憲法で定められていますね。この第一項は生活保護の根拠であることはご存じの通りです。
でも第2項に対しても国は政策を行わなければなりません。そのよ...続きを読む


人気Q&Aランキング